大人女性の脚を長く見せ、お腹をカバーするレディースファッションと服装春夏

脚を長く見せるファションのポイント

脚が短い、スタイルをよく見せたい、こんな悩みを抱えていませんか?

流行にのっておしゃれを楽しむのもよいですが、自分流のスタイルを楽しむこともできます。自分にあったアイテムを選べばコンプレックスをカバーできます。少しの工夫で脚案がに見えることができます。

やってはいけないファッション

脚長に見せるためにやっていることが、実は脚を短く見せている可能性があります。

①タイトパンツ

タイトパンツはスッキリとしたスタイルに見せてくれます。毎年流行も登場しています。しかし、脚長に見せるためには履いてはいけません。タイトパンツは脚がどこで終わるのかはっきりとわかってしまうため、脚長には見えないのです。

②丈が長いスカート

丈が長いスカートは寸胴のように見えてしまいます。フレアスカート、Aラインスカート、マーメイドスカートなど、どのような形でも丈が短いスカートはダメです。

③短いシャツ

短めシャツはかわいいおしゃれアイテムですが、これも脚長に見せるためには着てはいけないものです。裾が短いシャツでは上半身と下半身の境目がはっきりとわかってしまいます。

おすすめのファッションアイテム

①フレアパンツ

パンツを履くならフレアパンツがおすすめです。裾が広がっているフレアパンツなら、脚がどこで終わっているのかはっきりとはわかりにくくなります。また、底が高いヒールを履いても裾が隠してくれます。

②もも丈のスカート

スカートを履くなら短めがおすすめです。丈が短いほど脚を長く見せてくれます。しかし、ミニすぎるスカートを履くことにためらいを感じる方もいるはずです。そんな方は、もも丈のスカートを履くとよいでしょう。膝よりやや上の丈なら脚を長く見せてくれます。

③トップスは上下をぼかすもの

トップスは上半身と下半身の境目をぼかすものがおすすめです。裾がふんわりしたトップスだと、上半身と下半身の境目をうまくカモフラージュしてくれます。

④単色のファッション

色を統一するとまとまりができてスッキリとするだけでなく、一つのラインに見せてくれるので全体を長い印象にしてくれます。さまざまな色を楽しむのもよいですが、脚長に見せるためには頭から脚まで同じような色でまとめることがコツです。

全く同じ色だと不自然なので、濃い色、薄い色などわずかに色を変えてください。

ポイント!

ファッションアイテムを工夫するだけで脚長に見せることができます。しかし、流行を追っているようでは脚長効果を得ることはできません。コンプレックスをカバーするためには、自分にあったファッションアイテムを選ぶことが重要です。

それでも流行に乗り遅れたくないということがあるでしょう。そのよう場合は、服装はコンプレックスをカバーするものを選び、小物を流行アイテムにすることがおすすめです。小さなものでも工夫をするとおしゃれになります。コンプレックスを隠す服装にあった小物を活用してみてください。

以上、コンプレックスを解決することはそれほど難しくはありません。ほんの少しの工夫で脚は長く見せることができます。

ポイントは、フレアパンツ、もも丈スカート、ふんわり裾のトップス、単一カラーです。これらのアイテムを使って上手に脚長を手に入れてみませんか。

気になるお腹をカバーする服装のコツ!

自分の体型にコンプレックスを持っている女性は少なくありません。とくにお腹周りが気になっている方は少なくないはずです。でも、ダイエットをしている時間はない。そんなとき、服装を工夫することで気になるお腹周りを隠すことができます。

では、どのようの服装がコンプレックスを隠してくれるのでしょうか。

服装に工夫をすることで自信が!

お腹周りが気になって自分に自信を持てない、好きな服装ができない、好きな人に近づけない、こんな悩みを抱えていませんか。体型にコンプレックスを感じていると、積極的にはなれませんよね。

体型を何とかしたい、でもダイエットをしている時間がない、ダイエットに挑戦をしても失敗ばかり、こんな経験もあると思います。

ダイエットは難しいかもしれませんが、服装に工夫をすることは誰でも簡単にできることです。服装に少し工夫をするだけで気になるお腹周りを隠せるのです。気にしていた部位が目立たなくなれば、自分に少しだけでも自信を持てるようになるのではないでしょうか。

服装のポイント

アイテムや柄などに工夫をすることでお腹周りが目立ちにくくなります。

縦ストライプ

ボーダー柄は横に広がった印象を与えてしまうので、スリムに見せたいときにはおすすめできません。同じ縞々でもストライプならスリムな印象になります。ストライプとは縦の縞々です。一本の線がスッと通ることでスリムな印象を与えます。

ベルト

ベルトはスカートやズボンを止めるだけのものではありません。ウエストにベルトを使うことでくびれを強調できます。トップスでベルトを隠してしまうのではなく、ベルトを強調するような服装がおすすめです。

ベルトでウエストを強調するのとは逆の発想、ウエストに目を向けないようにさせるという方法もあります。ネックレスやイヤリングなどで体の上の方に目線が向くようにすることで、他人にお腹周りを意識させないようにします。この場合はベルトでウエストを強調せず、アクセサリーで上半身に目線が行くようにしましょう。

だぼだぼした服装で体型をカバーしたくなりますが、だぼだぼしているものはかえって太く見せてしまいます。ピタッとフィットする服装は体型を強調してしまいますがこれも避けた方がよいのですが、ほどよい伸縮性とフィット感があるものなら、メリハリが出て体型がきれいに見えます

ポイントとしては、いくつものアイテムを組み合わせるのは難しいので、どれか一つを選んでファッションを楽しんでみましょう。コーディネートに自信があるようなら、いろいろなアイテムを組わせるのもよいでしょう。自分流のおしゃれを楽しんでください。

ダイエットをしてお腹周りをすっきりさせるには時間がかかりますが、服装を工夫することならあっという間に行うことができます。誰でも簡単にできることです。

お腹周りが気になって自分に自信を持てない場合でも、服装に工夫をして体型を隠せば、いつもより自信を持てるようになるのではないでしょうか。

ちょっとの工夫で体型はカバーできるので挑戦してみてください。着られるものが少ないとあきらめるのではなく、自分ができるものを取り入れておしゃれを楽しみましょう。

関連生地:

【体型に自信がない女性必見!】着痩せコーデで痩せて見える

2018.01.01

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
・美容家による今年一番のおすすめスキンケアです。
SK-Ⅱや資生堂ホワイトルーセントを使っている女性たちも絶賛!今年一番おすすめしたいオルビスユーのスキンケアの特徴・比較・口コミ←クリック

・ファッショニスタによる今月一番おすすめしたい服装です。
【今月の女性の服装】大人レディースファッションコーデ2019←クリック