大人30代40代の花柄スカート、フラワースカートの春夏おしゃれコーデ2020

花柄スカートは今年も人気です。春夏らしい、ふんわりした印象がありますね。大人の女性が着るなら、可愛らしすぎない装いに仕上げましょう。

2月になると少しずつ春らしさを感じられるようになります。でも、まだまだ2月は寒いです。そうはいっても、一足先に春ファッションを楽しみたいですよね。

そんなときにおすすめのアイテムが、花柄スカートです。花柄スカートで春ファッションを楽しんでみましょう。

「花柄スカートで気分を明るく華やかに!」

冬には黒やグレーなど暗い色、ダウンやニットなど厚手で重たい服を着る機会が多くなります。暗くて重たいものを着ていると、気分まで重たくどんよりとしがちです。

そんな冬から一転、春になると気温が上昇し始め、花が咲き乱れるようになります。明るく温かい春にピッタリなアイテムが花柄スカートです。

春のスカートは冬のスカートと違って、ふんわり軽やかな素材を使用したものが多く登場します。色ではパステルカラーや暖色系など明るめのものが多いです。明るい色の軽やかな服を着ていると、気分まで明るく軽やかに。季節にあった華やかさも感じられます。

花柄スカートの選び方

・明るい色が苦手な人

パステルカラーは、ピンクや黄色などの花が咲き始める春にピッタリな季節感のある色です。でも、明るい色が苦手という方もいますよね。

明るい色が苦手なら、レトロな花柄スカートがおすすめです。ベージュやグレーなど落ち着いた色合いなら着こなしやすいことでしょう。落ち着いた色ですが、花柄がアクセントになって華やかさを与えてくれて、暗く重たくなりすぎることを抑えてくれます。

・とにかく明るくしたい人

手軽に明るさをプラスしたいなら、ビビットカラーの花柄スカートがおすすめです。パッと目を引くビビットカラーが明るい雰囲気を作り出してくれます。

ただし、ビビットカラーは子供っぽく見えてしまうことがあるので注意が必要です。スカーフ風な素材を使用したスカートを選んだり、トップスにベージュ、グレー、カーキなど落ち着いた色合いを持ってくると、子供っぽさを抑えられます。

・かわいらしい雰囲気を作りたい人

かわいらしい雰囲気を作りたいなら、パステルカラーがおすすめです。淡い色彩が柔らかくかわいらしい印象に仕上げてくれます。また、赤や黄色のようなはっきりした色を着こなすことに自信がない人でも、淡い色なら着こなしやすいことでしょう。

素材も意識してみよう

スカートの素材によって印象が変わります。

・薄手素材

透け感のある薄手素材は、軽やかな雰囲気を作り出してくれます。肌寒さが気になるときには、タイツやブーツとあわせてみてください。

・ゴブラン織

ゴブラン織は重厚感がある素材です。寒さが気になるときにおすすめです。レトロな柄が多いので、落ち着いた雰囲気に着こなしたいときにもおすすめです。

・麻素材

麻は吸湿性と速乾性に優れた素材です。夏になると麻素材の服が多く登場するのですが、暑い季節でも快適に着こなせる着心地となっています。春に麻素材を取り入れれば、軽やかな雰囲気になります。

花柄スカートは、明るく華やかな雰囲気を与えてくれるアイテムです。気温が上昇をして花々が咲き始める季節にピッタリです。花柄スカートといっても、色や素材はさまざまあるので、お気に入りを見つけてみてください。季節を意識しながら春ファッションを楽しんでくださいね。

花柄が似合わないと思っている人に選び方にポイント

春らしいファッションアイテムの一つが花柄のスカートやトップスですが、いつも同じ花柄を着ていませんか。大人の女性が花柄を着こなすには、避けたいものがあります。似合う花柄を見つけて、春のおしゃれを楽しみましょう。

花柄といっても、大きな花柄、小さな花柄、派手な花柄、レトロな花柄など、いろいろなものがあり、それぞれ雰囲気が違います。つまり、どんな花柄の服を着るかによって、コーディネート全体の雰囲気が変わってくるのです。

似合わない花柄を着てしまうと、おばさんくさくなったり、浮いてしまったりすることに。こうならないために、自分にあった花柄を選ぶことが大切です。似合うものを選ぶと華やかな雰囲気になるし、大人の雰囲気も生まれますよ。

NGな花柄とOKな花柄

・大きな花柄はNG

大きな花柄は子供っぽく見えてしまったり、色によっては老けて見えてしまったりします。大きな柄が流行したことがありますが、今もそれを着続けているようだと時代感が出てしまうことに。他は流行のアイテムを取り入れていても、大きな花柄アイテムによって台無しになってしまいます。

・小さな花柄はOK

柄の大きさが違うだけで印象がまったく変わります。小花柄なら控えめな大人の女性の雰囲気に。黒やグレーなど落ち着いた色合いのロング丈スカートなら、より大人っぽく仕上がります。

・カラフルな花柄

常夏の島でのリゾートならよいかもしれませんが、日常的に着こなすには、はじけた印象が強すぎます。また、カラフルな花柄はコーディネートが難しいです。

・控えめな色の花柄はOK

黒、グレー、ネイビー、ベージュ、カーキなど控えめの色は、さまざまな色とあわせやすく、コーディネートの幅が広がります。落ち着いた雰囲気の色なら、仕事用として着ることもできます。

・はっきりした花柄はNG

黒字に黄色の花柄といったようなはっきりしたものは、プチプラだと思われてしまう可能性があります。

・強く主張しない花柄はOK

ベージュ地にグレーの花柄といったようなものなら、強く主張しすぎることがありません。小花柄も控えめです。

スカートはロング丈がおすすめです。膝が見えてしまうほどの丈では、大人の女性の品がありません。ベージュやグレーは着回ししやすい色です。ベージュやグレーの花柄スカートに、ニットやパーカーをあわせればカジュアルコーデの完成です。

春になるとたくさんの花が咲くようになりますね。ファッションにも花をプラスしてみませんか。ここでは、NGな花柄とOKな花柄、おすすめのアイテムを紹介しました。上手に着こなすポイントは、小さな柄で控えめな色を選ぶことです。大人の雰囲気がグッと高まりますよ。春になったら花柄ファッションを楽しんでみてください。

花柄スカートでおしゃれに大人ガーリーコーデを楽しもう!

暑い季節でもオシャレを楽しみたい!そんなオシャレ女子の皆さんにオススメしたいアイテムが「花柄スカート」です。

花柄スカートといっても様々なデザインがありますが、今年のトレンドはロング丈、花は小ぶりな柄がトレンドです。花柄のアイテムはトップスの合わせ方が難しそう、あまりガーリーなアイテムを着こなしたことがない、という方にも是非挑戦して頂きたい夏のおすすめアイテムです。

今年は、是非花柄スカートで涼しく動きやすいのに可愛い!いいとこどりな夏のコーデを楽しみましょう。

ネイビーやパープルのブラウスと合わせて可愛く着こなす

まずおすすめの組み合わせは、ネイビーのブラウスに合わせてカジュアルだけど大人可愛いスタイルです。足元もブラウスに合わせてネイビーのサンダルを合わせると統一感が出て素敵です。

バッグやピアスは女性らしく、カゴバッグで夏らしくまとめましょう。ピアスは大ぶりのものを選ぶとバランスがとれますよ。花柄スカートは、ウエストよりも上にくるハイウエストになるように丈感のあるものを選ぶと、脚長効果抜群です。裾の長さはくるぶしが見えるか見えないかくらいのロング丈を選びましょう。脚をあまり出したくない方、下半身が気になる方もすっきりと着られます。

何より夏は、暑いので足にまとわりつくような素材のパンツはそれだけで動きにくくなってしまいますし、夏の蒸し暑さに負けてしまいます。薄手の花柄スカートならさらりと着こなすことができますし、何より動きやすいです。沢山歩く日やフェスにもおすすめのアイテムです。もちろん、ヒールサンダルを合わせてデートスタイルにもおすすめです。

またトップスにパープルの明るいブラウスを合わせても素敵ですね。サンダルやバッグは黒で統一すると、パープルのトップスが引き立ちます。女子会などあまり気どりすぎないスタイルでお出掛けしたい時や、動きやすさ重視で選びたい時に是非取り入れてみてください。

それから、ふんわりとした花柄スカートを選ぶ時はなるべく優しい色合いのものを選ぶとトップスも合わせやすくなります。全体的に黒がベースになっていて、花の白い部分が水玉のようなデザインだと初心者の方でも合わせやすいです。

カジュアルな印象にしたい時は、トップスにベージュのタンクトップを持ってきましょう。ゆったりとしたデザインなら女性らしさがアップします。小物はベージュのトップスに合わせてカゴバッグにしたり、茶色のベルトが目立つショルダーバッグなどにするとバランスがいいですね。足元は甘くなり過ぎないように黒のサンダルで引き締めると全体が引き締まって見えます。顔まわりを華やかにするために、大ぶりピアスは必須ですね。暑いので髪はまとめてアップして、後れ毛を出すスタイルがおすすめです。

花柄スカートは、意外にも女性らしさを出しながらカジュアルにも着こなせます。普段合わせるアイテムがTシャツなどカジュアルで動きやすいものが多いという方は、ロング丈でも動きやすく、トップスを選ばないシンプルなデザインを選んでみてください。

暑い夏でも快適に過ごせる夏のおすすめアイテム「花柄スカート」で是非お出掛けを楽しんでみてください。

大ぶり花柄プリーツスカート

今年の春はどんなスタイルでお出掛けしようかなと思っている皆さんにおすすめは、「花柄プリーツスカート」です。

昨年から人気のプリーツスカートに、今年は新しく花柄が加わっています。ポイントは、小ぶりの花柄よりも大ぶりでインパクトのあるデザインが注目です。

例えば、黄色いベースカラーに緑や青といったアクセントになった柄が入っているものが今年のトレンドになっています。

合わせるトップスは、無地のTシャツやカットソーがおすすめです。プリーツスカートを主役した大人可愛いコーデに仕上げるととっても素敵です。足元は、デートならパンプスやヒールを合わせて女性らしく仕上げましょう。

動きやすさを第一にしたコーデなら、綺麗めのスニーカーでも素敵です。スニーカーを合わせる場合は、とことんカジュアルダウンしてパーカーなどを合わせるといいですね。フード付きのパーカーなら、綺麗めなプリーツスカートも動きやすくカジュアルな印象に仕上げてくれます。

綺麗めに仕上げる時は、バッグも小ぶりなものを選んでとことんレディーに仕上げましょう。お仕事をしている方は、offの日にも使える万能アイテムです。また小さなお子様がいるママには、カジュアルにも綺麗めにも使える一枚として是非この春持っておきたいおすすめアイテムです。

ちなみにプリーツスカートとは、広がりのある立体感が特徴のスカートで動きやすさに重視して作られたデザインなので、ウエスト部分がゴムになっていて脱ぎ着もしやすいのが特徴です。ウエストから裾にかけて、山折りと谷折りが交互になった「飛騨(ひだ)」であるプリーツがエレガントで女性らしい印象にしてくれます。ウエストがゴムでできているので、お腹を締め付けない点も魅力です。

ウエストラインから裾までプリーツでできているので、綺麗なラインを作ってくれます。履くだけで女性らしく仕上げてくれる万能アイテムは、いっぱい食べたい時のランチコーデや、産後の体系カバーにもおすすめです。ヒップラインをひろわないスカートなので、お尻の形が気になる方にもおすすめです。

プリーツスカートなんて似合うか不安という方は、長さを意識して選んでみましょう。

最近のプリーツスカートは、ロング丈から膝丈のものまで長さも様々です。大人らしくエレガントに仕上げたい時は、ロング丈を選んで足をだす部分を少なくしてヒールを合わせれば足元は完璧です。身長が低めの方は、膝たけを選んで思い切って脚を出すスタイルに挑戦してみましょう。そうすることで、適度な肌みせができるので身長が低い方でもスタイルアップしてみえます。

柄も大ぶりなものを選んでトップスを無地にするだけで、プリーツスカートが主役になった素敵な大人コーデの完成です。

髪型は、女性らしく少しカールさせるとふんわりとした印象になり柔らかな優しいスタイルに仕上がります。

この春夏は、ちょっといつもと違う私を演出してみませんか?

花柄が苦手な方でも大ぶりなデザインならきっと挑戦しやすいはずです。色もはっきりとしたカラーを選ぶことでメリハリが出るので春のお出掛けスタイルにはぴったりです。久しぶりに特別な日のコーデを楽しんでみてはいかがでしょうか?

淡いカラーの花柄スカート

ベージュやアイボリーなどの淡いカラーの花柄スカートなら、上には同系色の濃いベージュのマウンテンパーカーを合わせてみてください。ほどよくカジュアルダウンできて、余裕のある雰囲気になります。

足もとには淡い色のパンプスやサンダルのほうが大人っぽく決まります。ベージュや白など、ワントーンでまとめると統一感が出て、春らしい印象も作れます。

濃いカラーの花柄スカート

ネイビーや黒など、濃いカラーに花柄のスカートなら、きれいに柄が映えてくれますよね。トップスには、ホワイトやアイボリーのパーカーを合わせると、甘さとカジュアルさのあるファッションになります。

もう少しフェミニンに仕上げるなら、淡いイエローのニットやカーディガンなど、軽やかな色の羽織ものを合わせるといいですね。ブラックやネイビーのスカートに、淡いイエローは春らしい組み合わせになります。

基本的に、スカートにふんわり軽い素材やカラーを選んだときには、スカートを主役にして、ほかはシンプルなアイテムにすると目立ちすぎず、まとまりがよくなります。またスカートがフェミニンなら、アウターはカジュアルなパーカーなどを選ぶことで、バランスがよくなります。

違うテイストを合わせることで、甘すぎずハードすぎず、こなれたファッションになりますよ。ふんわりスカートコーデ以外の機会にも使えるコツなので、どんどん取り入れて使ってみてくださいね。センスアップはいろんなコーデにチャレンジすることで磨かれますよ。

関連記事:

【30代40代ロングスカートコーディネート】どのコーデとブランドが好き?

春夏のプリーツスカートをおしゃれに着こなす!トレンドコーデ

グレンチェック柄のレディーススカート,ワンピース,ジャケット,コートのコーデ秋冬

透け感の服を着こなす!ブラウスやニットのトップス透け感コーデとスカートコーデ