安いのに効果あり!10代20代前半におすすめの人気美容液ランキング2020

毎日のスキンケアに美容液は使っていますか?洗顔して化粧水で保湿して、乳液をぬっておわり!という方も多いと思います。

もしこれから使ってみようと思っている方は改めて、美容液の役割と使い方についてみていきましょう。そんなの知っているよ、という方も改めて美容液の役割と使い方をマスターすることで、スキンケアを基本を抑えておきましょう。

美容液の役割

それでは、まず美容液とは何か?見ていきます。

美容液とは、保湿や美白といった美容成分を多く配合したスキンケアアイテムのことです。お顔全体に使ってもいいですし、目元や口もとといった気になる部分につける使い方もあります。ただ、お肌に最も効果的といわれる順番があるので確認していきましょう。

私は、この順番を知らずに使っていたので、全く美容液が浸透せず困っていました。美容液の成分がお肌にしっかり浸透するには、この順番を守らなければ意味がないので、知っている方も知らなかった方も是非確認しておきましょう。

美容液の使い方

ステップ①:まずは、いつものように洗顔で汚れを落とします。洗顔後はなるべくぬるま湯でしっかりと皮脂や汚れを落とすことをおすすめします。

ステップ②:そして汚れが落ちたら、化粧水でお肌を保湿します。汚れを落としたお肌は乾燥しやすくなっているので、できるだけ早めにつけましょう。寝ている間にたまった汗や皮脂の汚れも付着しているので、朝の洗顔は必須です。

ステップ③:そして、化粧水で整えたお肌の後に「美容液」を使います。美容液の役割としては、保湿や美白といった成分によって変わります。

どんなお肌にしたいのか?目的に合わせて選ぶと良いでしょう。この化粧水をつけた後、というのがとても大切です。

汚れを落として化粧水でお肌を整えた後というのは、美容液の成分がお肌の奥深くまで浸透しやすくなるからです。特に目元や口元というのは、乾燥や小ジワが気になる部分です。美容液で集中ケアすることで、お肌全体のバランスを整え美しい素肌を保ってくれます。

美容液を塗る時は、丁寧に丁寧に塗ることが大切です。

ステップ④:そして、最後に乳液で整えていきます。乳液の油分で肌に潤いを閉じ込めます。これで化粧水の保湿と、美容液の集中ケア、乳液で蓋をして潤いを長時間キープするというわけです。

ただ、美容液の順番ですがメーカーによっては、化粧水の前につけるタイプのものもあります。必ずいつつけるのか?タイミングを確認してください。そうでないとせっかくの美容成分も効果を発揮できません。

私のように乳液のあとに美容液をつけていたら、べたべたになって美容液の成分もお肌の奥まで浸透しなくて勿体無いので必ず順番を確認してから使うようにしてください。

最後に乾燥が気になる方には、美容成分だけでなく保湿成分がたっぷり含まれた美容液がおすすめです。またお肌が敏感で普通の美容液は使えないという方は、医薬部外品という美容液があります。お値段は少し高めですが、お肌のことを考えると今からケアしておきたいという方もいらっしゃるでしょう。

どんな成分でどんな役割があるのか?是非確認して今のお肌をより美しくするために日々ケアしていきましょう。改めて美容液の役割と使い方をご紹介致しました。是非、参考にしてみてくださいね。

安いのに効果あり!10代20代前半におすすめの人気ランキング

第9位 ブラックペイントのヒト乳酸菌エッセンス

腸内には善玉菌と悪玉菌が棲みついていることはよく知られていますが、肌にも善玉菌と悪玉菌が棲みついていることを知っていますか。

潤いのある美肌を保つためには、肌に棲みつく善玉菌を増やすことがポイントです。人の肌に棲みつく菌に着目した美容液が「ブラックペイントのヒト乳酸菌エッセンス」です。皮膚常在菌を意識した美容液が、キメの整った潤いのある肌に導きます。

善玉菌を育てよう

人間の皮膚には皮膚常在菌が棲みついています。菌というと悪い印象があるかもしれませんが、皮膚常在菌には皮膚によい影響を与えるものとそうでないものがいます。皮膚に用影響を与えるものは善玉菌または美肌菌と呼ばれています。一方、増えてしまうと肌トラブルのもとになる悪玉菌も棲みついています。

皮膚に棲みつく善玉菌は、皮脂などをエサにして潤いを守る物質を作り出したり、皮膚表面を弱酸性にして悪玉菌が棲みにくい環境に整えてくれています。しかし、善玉菌が減ってしまうと皮膚表面はアルカリ性に傾き、悪玉菌が増えてしまうことに。そして、肌トラブルの引き金になります。

ヒト乳酸菌エッセンスは、皮膚常在菌に着目した美容液です。乳酸桿菌をはじめとした、皮膚常在菌が棲みやすい環境をサポートするための成分が配合されています。

皮膚常在菌はデリケートでアルコールなどで殺菌されてしまうことがあります。また、アルコールやパラベンといった成分は肌の刺激にもなります。

ヒト乳酸菌エッセンスは、合成防腐剤、合成界面活性剤、合成着色料、合成香料、アルコール、パラベンは無添加です。肌への優しさにもこだわっています。乳酸菌というとヨーグルトのような酸っぱい匂いがしそうですが、イラニランとダマスクバラの甘い香りを楽しめます。

使い方

化粧水や乳液にヒト乳酸菌エッセンスを加えて混ぜ合わせ、顔全体に優しくなじませます。使用する化粧水や乳液は普段のお手入れに使っているもので構いません。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 肌なじみがよく、優しい使い心地です。化粧水に加えて使っていて、なんだか肌がもちもちになってきたように思います。乾燥肌なのでもちもちになってきてうれしいです。香りはフローラル系で好きです。
  • べたべた感がなく、肌にスーッと入っていくような使い心地です。どこかで嗅いだことがあるような花の香りがします。敏感肌なのですがしみることなく使えています。使って2日目ほどで肌が保湿されていることを感じました。長期的に使ったら肌がどうかわるのか期待しています。
  • ヒト乳酸菌が気になって使ってみました。べたつきがなく、さっぱりしていて気持ちがよいです。化粧水に混ぜて使うと化粧水の浸透がよくなるように感じます。翌朝の肌は調子がよいです。肌が元気になって状態が整ってきました。

肌を健やかな状態に保つポイントが、皮膚に棲みつく善玉菌を育てることです。善玉菌が元気になることで、悪玉菌が棲みにくい環境が整い、キメが整った潤い肌に近づくことが期待できます。

ブラックペイント ヒト乳酸菌エッセンスは皮膚常在菌に着目。皮膚常在菌を意識したケアによって、しっとり潤い肌に導きます。肌に棲みつく善玉菌を意識してケアをしてみませんか。

<<Amazon>>

第8位 肌美精のターニングケア美白薬用美白美容液

シミが一度できてしまうと改善には根気がいります。だからこそ、透明感のある肌を保つためにはシミができないようにケアをすることが大切です。

シミを作らせたくない人におすすめの美容液が「肌美精のターニングケア美白薬用美白美容液」です。Wの有効成分がシミの原因にアプローチをして、透明感のある肌を守ります。

おすすめポイント

シミの原因はメラニンが生成されることです。紫外線の影響や肌内部での炎症などがメラニンの生成を促します。

ターニングケア美白 薬用美白美容液はWの有効成分を配合。トラネキサム酸が炎症を抑え、ビタミンC誘導体がメラニンの生成を抑制。CHDが素早く有効成分を浸透させて、メラニンの生成を抑制してシミやそばかすを防ぎます。

また、肌の潤いを保つこともシミを作らせないためには大切です。肌が乾燥をしてしまうと紫外線から守っているバリア機能が低下をしてしまい、紫外線の影響を受けやすくなります。

ターニングケア美白 薬用美白美容液は、うるおい成分の和漢花セラミドを配合。潤いを与えて乾燥を防ぎます。

さらに、和漢花バランスセラム、はとむぎ、イソフラボン含有大豆エキスを配合。水分と油分のバランスを整えていきます。適量がわかりやすく使いやすいスポイトタイプです。最後まで清潔に使うことができます。

浸透促進成分CHD配合でスーッとなじむ使用感で肌表面はさらさらとするので、朝のメイク前にも使いやすく、メイクもスムーズに。無香料、アレルギーテスト済み、パッチテスト済み、スティンギングテスト済みです。

使い方

洗顔後に化粧水で肌を整えてから使用をします。スポイトで適量を手に取り出し、顔全体になじませます。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 海を思わせるブルーのパッケージできれいです。スポイト式なので使いやすいです。手に取ってみるとさらーっとしたテクスチャーで、肌にさーっと使えました。スーッと浸透をしてべたつくことがなく、肌の奥にまで入っているようでしっとりとします。よく浸透してべたつかないので朝のメイク前でも使えます。
  • スポイト式になっていて量を調節しやすく、最後まで清潔に使えるところがうれしいです。少しとろみのあるテクスチャーで、香りのしないクセのない使い心地です。肌に伸ばすと滑らかに広がり、べたつきはなく、スーッとしみ込むようになじみます。肌表面はさらっとするのにみずみずしい潤いは感じられるので、べたつきが苦手な人でもスキンケアに取り入れやすいと思います。気になっていたくすみや乾燥が緩和されて、肌の調子が上がってきたように感じます。
  • 透け感のある紺色のパッケージです。透け感があると残量がわかるので助かります。見た目はさらりとしているのですが、手に取り出してみると実際はとろっとしたテクスチャーです。使ってみると手が肌に張りついてもちもちとすることがわかります。べたつきがなく気持ちがよい使用感なので、普段のケアにプラスしやすいと思います。

透明感のある肌を保つには、シミを作らせないことが大切です。肌美精のターニングケア美白薬用美白美容液は、Wの有効成分がメラニンの生成を抑制してシミやそばかすを防ぐ美容液です。素早く浸透をしてべたつかず、それなのにしっとり潤いも与えて、透明感のある肌へと導きます。

<<Amazon>>

第7位 キュチュラのピールケア美容液

肌がかさつく、ごわつく、ザラザラする、毛穴が目立つ、こんな悩みがありませんか。これらの悩みを抱えているようなら、肌表面に不要な古い角質がたまっている可能性があります。

かさつきやごわつきが気になる人におすすめが「キュチュラのピールケア美容液」です。EF-01乳酸菌と2種類のフルーツ由来の角質ケア成分を配合した美容液で角質ケア。つるんとむきたてのような卵肌に導きます。

3つのおすすめポイント

①EF-01乳酸菌の力

お腹の調子を整えるには乳酸菌などを摂取することが大切だといわれています。乳酸菌は肌の力もサポートをすることが期待できます。

ピールケア美容液はEF-01乳酸菌を配合。角質層にまでスーッと浸透をしてい、キメの整ったつるんとした潤い肌に導きます。EF-01乳酸菌の力でイキイキとした肌に近づくことが期待できます。

②角質柔軟成分配合

ごわついた肌に働きかける成分が2種類のフルーツ由来の角質柔軟成分です。ザクロ果実発酵エキスとセイヨウナシ果汁発酵エキスがごわついて硬くなった角質に働きかけ、EF-01乳酸菌とともにイキイキとした肌に整えていきます。角質ケアをすることでつるんとしたむきたての卵のような肌に。

③化粧水の前に使うだけ

化粧水の前に使う美容液です。普段をお手入れにプラスするだけ、手軽に毎日の角質ケアを行えます。

使い方

洗顔後、化粧水の前に使用をします。手のひらに1~2プッシュを取り出し、顔全体に優しくなじませます。肌の調子を見ながら使用回数を調整してください。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • これを使うと肌がもちもちになります。子供が私の肌を触って「もちもちだねー」といっていました。同じブランドの化粧水を使うとさらに保湿されるように感じます。他社の化粧水でも保湿されるので優秀です。使うほどに肌の状態が整ってきます。
  • 水みたいにシャバシャバしたテクスチャーです。化粧水の前に使って3分おいてから化粧水を使っています。肌がつるつるになります。ケアを続けるとよさそうだなと思いました。また、塗るだけでピーリングできるところがうれしいです。ピーリングしても刺激は感じません。
  • 夜のケアで化粧水の前に使っておくと、翌朝にはいつものごわつきがなくなっています。しみたり、赤くなるといった肌への刺激は感じていません。ピーリングしても優しいように感じました。2本目リピートしていて、ずっと肌の調子がよいです。
  • ごわつきがひどくて、2プッシュをなじませたあとに3分経ってから化粧水をつけています。化粧水をつけたときに変化を感じました。ザラザラやゴワゴワがなくて、つるつるな手触りなんです。肌が柔らかくもっちりします。ここまで変化を感じられた美容液ははじめてです。肌の調子がよいのでずっと使い続けたいです。

かさつき、ごわつき、ザラツキなどが気になるようなら、古い角質がたまっている可能性があります。キュチュラのピールケア美容液は、EF-01乳酸菌配合で潤いを与え、フルーツ由来の角質柔軟成分で柔らか肌へと導く美容液です。

化粧水の前に使えば、むきたて卵のようなつるつるな肌に。つるつる、すべすべ、もっちり手触りの肌に導きます。

<<Amazon>>

第6位 チューンメーカーズのVC-6 ビタミンC誘導体配合エッセンス

肌がどんより、毛穴が開いて目立つ、こんな悩みにはビタミンCがおすすめです。でも、ビタミンCは不安定で肌に浸透しにくい性質があります。

安定性が高く肌の中にまで届くビタミンCを配合した化粧品が「チューンメーカーズのVC-6 ビタミンC誘導体配合エッセンス」です。毛穴の引き締まった明るい肌に導きます。

ビタミンCの力

ビタミンCには、メラニンの生成を抑制する、コラーゲンの生成を促す、皮脂分泌を抑制するなどの働きがあります。しかし、不安定な物質で化粧品に配合しにくく、肌に塗っても浸透しにくい性質があります。届けたい場所に届けなければ、ビタミンCの働きは期待できません。

チューンメーカーズのVC-6 ビタミンC誘導体配合エッセンスは、壊れやすいビタミンCを安定して配合。安定性の高いリン酸型のVC-6ビタミンC誘導体を高濃度で配合しました。レシチンでカプセル化することで安定性を高めています。

角質層にまで浸透してくすみを集中的にケア。皮脂分泌をコントロールして、毛穴の引き締まった滑らか肌へと導きます。

使い方

洗顔後に化粧水で肌を整えた後に使用をします。

適量を手に取り、その日の肌の状態に合わせて顔全体やTゾーンになじませます。水分と油分のバランスを整えるので、バランスが崩れていると思うところに使用することがおすすめです。

集中的にケアをするならフラーレンと組み合わせることをおすすめします。フラーレンは紫外線ダメージを集中ケアする美容成分です。VC-6ビタミンC誘導体でケアをした後には乳液やクリームなどでケアを行います。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • ニキビ跡に悩んでいて、これまでいろいろなビタミンC誘導体の化粧品を使ってきました。どれも透明感や毛穴をケアしてくれるのですが、ニキビ跡にダイレクトに効いている感じがしません。でも、この美容液でニキビ跡が目立ちにくくなってきました。長年悩んでいたので感動しました。自身を持って顔を出せるような肌を目指してケアを続けていきたいです。
  • 毎日ケアを丁寧に行っているのに毛穴の目立ちがひどいです。みかんの皮のようです。何かいいものはないかなと思って、やっぱり毛穴にはビタミンCだろうと思ってこの美容液を使いました。すると、みるみる毛穴が目立たない状態に。肌がイキイキとしてきています。もっと早く使っていればよかったです。
  • くすみケアのための美容液といったらこれです。何年もこの美容液に頼りっぱなしです。透明感は確実にでています。目に見てわかる変化です。変化がわかることがうれしいです。シミが目立ちにくくなったし、新たにシミができていません。ずっと悩んでいたニキビ跡も薄くなっているように感じます。この美容液のおかげです。

くすみや毛穴のケアにはビタミンCがおすすめです。ビタミンCは不安定な物質ですが、チューンメーカーズのVC-6ビタミンC誘導体配合エッセンスは安定しているビタミンCを配合しています。

肌の中にまで届いてくすみを集中ケア、水分と油分のバランスをコントロールして毛穴をケア。透明感があり毛穴のきゅっと引き締まった肌へと導きます。くすみや毛穴に悩んでいる方におすすめです。

<<Amazon>>

<<楽天>>

 

第5位 レシピストの水があふれるバランス美容液

美容液はシミ、シワ、たるみ、乾燥など気になる肌悩みをケアしたいときにおすすめです。でも、美容液のべたっとする使用感が苦手という方もいるのではないでしょうか。しっかりと美容液でケアをしたい、でもべたつくのは嫌。

そんな方におすすめが「レシピストの水があふれるバランス美容液」です。みずみずしい使用感の美容液が潤った肌に整えます。

おすすめポイント

美容液ってべたっとする使用感のものが多いと感じませんか。べたべたしているものを朝のスキンケアに使うと、その後のメイクがうまくできないし、メイクがヨレやすくなってしまいます。

水があふれるバランス美容液はみずみずしい使用感です。ジェルのような見た目で水のようにみずみずしい使用感、塗った後は肌はさらさらに。肌がさらさらしていれば、その後のメイクが楽にできます。スキンケア化粧品が乾くまで待っていると時間がかかってメイクが大変です。でも、べたつかず肌表面がさらっとすれば、朝のメイクも素早く行えることでしょう。

配合している主な成分は、うるおいバリア機能を助けるローズエキスと、肌の水分と油分のバランスを整えるハトムギエキス、キイチゴエキス、グリセリンです。

肌がべたついてしまう原因の一つに水分と油分のバランスの乱れがあります。べたつくから保湿ケアよりもさっぱりケアをした方がよいイメージがありますが、べたつく肌こそ水分と油分のバランスを整えるために保湿ケアが必要です。ハトムギエキスやキイチゴエキスなどには保湿作用があり、肌に潤いを与えることで過剰な皮脂分泌が治まってくることが期待できます。

香りはフレッシュ感のあるヴァーベナです。ノンコメドジェニック、アレルギーテスト済みです。

使い方

洗顔後に化粧水で肌を整えてから使用をします。適量を取り出したら、乾燥が気になる部分を中心に塗布します。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 超乾燥肌で乾燥を改善したくて高価な化粧水を使っていたのですが、こちらの美容液の方がカサツキの悩みに対応してくれました。肌のゴワツキやカサツキがなくなりました。肌なじみがとてもよく、肌表面はさらさらになります。香りも心地よいです。
  • 今までいくつかプチプラの美容液を使ってきましたが、こんなにすごい美容液ははじめてです。ぷるぷるとしたテクスチャーで、肌に伸ばすと水のようになります。潤いを感じられてしっとりするけれど、べたつきはありません。使い心地が気に入っています。
  • 化粧水の後はこれだけでスキンケアは完了させています。水があふれるジェルのような不思議な使い心地で、ぐんぐんと保湿されていく感じがします。保湿されているのにべたつきません。朝のメイク前に最適です。肌が不安定でニキビができやすかったのですが、これを使うようになって肌が安定してきました。

レシピストの水があふれるバランス美容液は、べたつきが苦手な方におすすめです。みずみずしい使用感で潤いを与えるのに、べたつかない使用感で肌表面はさらさらに。朝のメイク前にも使いやすい使用感です。水分と油分のバランスが整った肌に導きます。

毎日使うものだからこそ、使い心地がよいものを選びませんか。

<<楽天>>

 

<<Amazon>>

第4位 ウテナのルミーチェ美白オイルエッセンス

透明感のある肌にあこがれたことがありませんか。けれども、年齢を重ねるとともに肌がくすみがちになってきますよね。美白はあきらめてしまっている方もいるのではないでしょうか。

あきらめてしまった方をサポートする美容液が「ウテナのルミーチェ美白オイルエッセンス」です。ふっくらツヤ肌、透き通るような肌に導きます。

美白肌に導く秘密

肌表面は皮脂という油分で覆われています。皮脂膜がバリア機能の役割を果たし、紫外線・細菌・異物などから肌を守ったり、肌内部の水分が逃げないように守っています。

そのため、水分は油分となじみにくく水溶性成分は肌に浸透しにくい性質があります。一方、油は油となじむので油分なら皮脂膜を通過します。

一般的な美白アイテムの多くは水溶性ビタミンCを配合していますが、ルミーチェ美白オイルエッセンスは油溶性ビタミンCを配合しています。美白有効成分の油溶性ビタミンCがメラニンの生成を抑制してシミやそばかすを防ぎます。

オイルなのにさらっとしてべたつかない使い心地。皮脂膜にも含まれるスクワランと人の皮脂に近い構造をしているホホバオイルのWオイル処方で、角質層にまで浸透をします。

スクワランはサメ肝油由来が主流なのですが、ルミーチャは環境に配慮してサトウキビ由来のシュガーースクワランを採用しています。

肌に直接触れるものなので、素肌のことを考えてシリコン、合成香料、着色料、鉱物油、紫外線吸収剤、動物由来原料は使用していません。

香りがしますが精油によるものです。イランイラン、ローズ、ゼラニウムを組み合わせたラグジュアリーハーブの香りです。

使い方

美容液として、ブースターとして、2つの使い方ができます。

美容液として使用する場合、スキンケアの最後に2~3滴を顔の中心から外側に向かって顔全体になじませます。

ブースターとして使用する場合、洗顔後、化粧水の前に1~2滴を手のひらに取り出し、オイルを両手で温めてから、手のひらで顔を覆うようになじませます。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 「攻め」のシミ対策というキャッチフレーズに惹かれて購入をしました。これを使う前は他社の美白美容液を使っていたのですが、肌が乾燥していました。ルミーチェの美容液は乾燥しません。保湿されているからなのかくすみが気にならなくなったように感じます。
  • 美容液って高いなと思いながらドラッグストアを見ていたら、低価格のルミーチャの美容液を見つけて飛びつきました。油溶性ビタミンCが入っているところも惹かれた点です。サラサラしたテクスチャーでオイルなのにべたつきません。香りは好きなゼラニウムです。2週間くらい使っていたら肌の調子がよくなり、シミが薄くなった気がします。

透明肌をあきらめていませんか。あきらめる前に使って欲しいものが油溶性ビタミンCを配合した美容液です。油溶性なので肌なじみがよい特徴があります。

ルミーチェ美白オイルエッセンスは油溶性ビタミンCを配合した美容液です。素早く浸透するWオイルも配合をしています。オイルなのにべたつかない使い心地なので、べたべたするものが苦手な方でも使いやすいと思います。

あきらめる前にシミ対策をしてみませんか。

<<Amazon>>

第3位 カルテクリニティのスタビライズエッセンス

季節の変わり目や体調が悪いとき、肌が不調になることがありませんか。普段は何でもないのに一時的に不調になってしまうと、どんなケアをしたらいいのか迷ってしまうし、肌不調に焦りを感じてしまいますよね。

そんな肌には「カルテクリニティのスタビライズエッセンス」がおすすめです。肌荒れの予防と外部刺激を防ぐサポートをします。

特徴

普段は何でもないのに、花粉症がひどくなる時期や季節の変わり目、生理前など、一時的に起こる肌不調。昨日は調子がよいと思ったのに、次の日は調子が悪いと落ち込んでしまいますよね。普段使っている化粧品が肌にあわなくなってしまったり、メイクがきれいに決まらなかったりして、焦ってしまうこともあるはずです。

そんな一時的な肌不調に悩む女性のための美容液が、スタビライズエッセンスです。

肌にはバリア機能が備わっています。肌表面の角質層の角質細胞が規則正しく並び、そのすき間を細胞間脂質がびっしりと埋めることでバリア機能が正常に働きます。一時的に不調になる肌は、角質細胞の並びが崩れてバリア機能が低下をしています。そのため、細胞のすき間から外部の刺激が侵入をして肌荒れを起こしたり、肌の水分が逃げて乾燥したりするのです。

カルテクリニティは肌のバリア機能を支える「肌コレステロール」に着目しました。肌コレステロールは、細胞間脂質を構成する成分で、肌のバリア機能を保つために欠かせません。

うるおいバリア成分の美肌コレステロールcp、ゼニアオイエキス、オリーブ葉エキスを配合。成分は保湿効果を発揮する黄金バランスでカプセル化しています。うるおいバリア成分が肌表面を保護して、外部刺激から守ります。

さらに、有効成分のグリチルリチン酸ジカリウムも配合。炎症を鎮めて肌荒れを予防します。不調になりやすい肌は肌の力が低下をしているので、ちょっとした刺激に敏感です。敏感な肌のことを考えて、香料・着色料・パラベン・アルコールは不使用、パッチテスト済み、アレルギーテスト済み、スティンギングテスト済みです。

みずみずしく滑らかな使い心地で、摩擦による肌負担が抑えられています。肌不調が気にならない肌なら、スキンケアも、メイクも、おしゃれも楽しくなりそうですね。

使い方

洗顔後、化粧水の前に使用をします。手のひらに2~3プッシュを取り出し、顔全体になじませます。強くこすらないように気をつけてください。気になる部分は重ねづけがおすすめです。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 何をしても乾燥してしまう肌を救ってくれた美容液です。オフィスでは砂漠肌になってしまいます。さらりとしたテクスチャーなのですが、これだけで乾燥しなくなったので驚いています。肌が滑らかな手触りだし、安定するようになりました。
  • 肌の不調を感じたときのお守りとして使っています。ミルクジェル状になっていて、すーっと肌になじみます。次に使う化粧水のなじみもよいです。洗顔後の水運が蒸発しやすく、刺激を受けやすい肌を守ってくれるように感じます。肌不調のときは、この美容液を使って乗り越えています。

一時的に不調になる肌はバリア機能が低下をしています。カルテクリニティのスタビライズエッセンスは、不調気味の肌を外的刺激から守り、肌荒れを予防する美容液です。敏感な肌のことを考えて低刺激処方になっています。洗顔後すぐの肌に使って、元気な肌に近づきたいですね。

<<Amazon>>

第2位 オバジのC5セラム

20代になると歳を重ねる毎に肌の質が顕著に変わって来ます。それはホルモンバランスが安定した事や、就職を期に生活リズムが変わる事など、様々な要因が関係しているのです。なので、10代の頃のままのスキンケアをしていると、肌が乾燥してきたり、シワの増加、ハリの減少など、肌は十分な栄養を吸収できずに衰えていってしまうのです!

かく言う私も、20代になって急に肌の衰えを感じて慌てていた身です。そこで、私の体験談を元に、20代になって肌の衰えを感じてきた方にオススメのスキンケアをご紹介致します。

今回オススメするのはロート製薬から出ている美容液の「オバジCセラム」シリーズです。最近ではTVCMなども放映している「オバジCセラム」シリーズ。
これを使う事で、衰えてきた肌にハリを与え、シワが無くなります。

「オバジCセラム」という名前の通り、この美容液にはビタミンCが豊富に含まれています。医薬品等でも活躍しているロート製薬の商品なので、説得力がありますよね。

このオバジCセラムシリーズは、C5やC25など、このCの後に付く数字が高ければ高いほど、含まれるビタミンCが多く本格的なケアの商品になります。私が20代の方にオススメするのは「C5」です。

C5は高級なオバジシリーズの中でも3000円程度と比較的安価です。何より、衰えて来たと言えども20代の肌。過度なビタミンCの取り過ぎはあまり良くないのです。C5は公式HPでも、肌の衰えを気になり始めた方にオススメと謳っています。なのでまさに、20代の衰え始めた肌に最適なのです。

オバジC5セラムは美容液ですので、単体で使うよりも化粧水等と合わせて使用する事が肝心です。私の場合は、【洗顔→導入液→化粧水→オバジC5セラム→乳液】という順で使用しています。美容液を吸収しやすい肌に整えてあげる事が大事です。1回の使用で3〜4滴が適量です。手に馴染ませて気になる部分をせめながら肌全体にビタミンCを染み渡らせていきましょう。

私は現在24歳で、最近になって急に肌のたるみ、ほうれい線が急に気になり始め、必死でスキンケアの改善を行なっていました。導入液を入れてみたり、化粧水を変えてみたり、美容液を変えてみたり。しかし、改善には至りませんでした。

ですが、口コミで人気だったオバジCセラムを知り、思い切って使ってみると、1週間ほどで肌の調子が全然違いました!肌にハリが回復し、気になっていたほうれい線も薄くなりました。正直、美容液一つでこんなに変わるものだとは思ってなかったのでびっくりです。

筆者がオバジに救われたのは事実ですが、だからといって万人に合うかと言われればそうではありません。私は食生活的にビタミンC不足である事を自覚していたので、ビタミンCを豊富に含むオバジシリーズが合いました。

人によってはビタミンは足りているがコラーゲンが足りない、など、個人差があるので、大事なのは「自分には今なにが足りてないか」を知る事だと思います。もし私と同じようなビタミン不足で肌の衰えを感じている方は、ぜひオバジCセラムに頼ってみてはいかがでしょうか?

<<Amazon>>

第1位 オルビスユー

肌の張り、特に頬っぺたの張りが少し物足りなくなってきたなと思われている方に、是非使っていただきたいものがあります。

口コミが良い様々な美容液を試してみても、使ってすぐ肌に合わなくて断念せざるを得ないものも少なくありません。

どの化粧水も美容液もつけてすぐはしっとりするのですが、少し時間が経つと乾燥してしまったり、べたべたした感触が残ったりと、自分に合う本当に良いなと思うものを見つけるのは大変なことです。

しかし、本当に良いものがあるのです。まだ自分に合ったものが見つかっていない、自分に合っていると思うけどもっと良いものがあるかもしれないと思っているなら、インスタグラムをはじめ各種SNSで話題のオトナ女子におすすめ、オルビスユーを試していただきたいです。

良い口コミが多いので逆に怪しいなと感じられるかもしれませんが、まさに騙されたと思って試してみる価値のあるものです。

特徴

オルビスユーは、まずパッケージがシンプルで透明感があり、使い始める時から少し心がウキウキします。さらに、初めて使ったときは、これまで使ってきた化粧水や美容液よりさらっと馴染んでいくことに驚くことでしょう。顔も手もしっとりすること間違いなしです。

いつもはお手入れしてから寝るまでにしっとり感がなくなり、寝る直前にもう一度美容液をつけてから寝るということをされている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

オルビスユーは寝る直前までしっとりしており、さらに朝起きてからも肌の調子が良いなと感じてもらえます。

1度使ってみると、マスクを着けて寝たときみたいに肌がしっとりしていて保湿力がすごいのにべたべたしないので、肌自体が潤っていることがすぐに分かります。

特に魅力的なのは。ファンデーションの肌への馴染みが本当によくなることです。ファンデーションをつける時、油断すると逆に毛穴を目立たせてしまう危険性があるのはご存じかと思います。だから下地から工夫しながらメイク技術を駆使して、地肌から綺麗に見せる自術を磨かなければなりません。

しかし、肌の調子がよくなると心配なく安心してファンデーションを塗れることを知ってほしいのです。肌の調子が良くなる、綺麗になると厚塗り感がでてしまう心配もなくなりメイクしながら肌を見るのが楽しくなります。

使い続けていく中で、自分の持っている美しさを引き出してくれるとはこういうことなのだと知ることができます。

乾燥して顔がぱさぱさになってしまうことも、ほとんどありません。

使い方

ステップ①:オルビスユーウォッシュ

使い方はメイクを落としたらオルビスユーウォッシュをしっかり泡立てて顔を洗います。

しっかりと泡立ちやすく、泡もしっとり柔らかいのが特徴です。柔らかい泡に包まれるので、それだけでも簡単フェイスエステをしているようにリラックスして洗顔できます。洗い流してもつっぱる感じはないのに、顔のトーンが上がり透明感が出て、さっぱりします。

ステップ②:オルビスローション

顔を綺麗にしたら、次にオルビスユーローションをつけます。

じわっと浸透していくのを感じることができるくらい、しっとりしているのに付け心地は軽やかです。ゆっくり押し込むようにつけ馴染ませてください。丁寧に付けることで顔全体の肌の弾力があがります。

ステップ③:オルビスモイスチャー

最後にオルビスユーモイスチャーで、さらにしっとりさせてツヤツヤの肌の完成です。

健康的なつややかな張りのある肌に、テンションがとても上がると思います。顔は変わっていないのに、肌の調子が良くなるだけで美人になった気持ちになれます。毎日のお手入れが楽しくなるのです。

口コミ

どんなにお手入れしていても、これまで日焼けをしたりしていた肌のダメージが徐々に蓄積されていき、肌のトーンが年を重ねるごとにトーンダウンしてしまうのは自然の摂理です。ファンデーションの色もメイクを始めた当初より最近はワントーン下げたもの、化粧品によってはもう少し色をおとしたものを使われる方も少なくないと思います。

しかし、オルビスユーを使い始めると、今使っているファンデーションの色だと少し暗く見えるようになります。

使い続けていく中で肌はトーンアップしていくのです。保湿され透明感が出てくるのを感じることができます。

肌が綺麗になったな、調子がいいなと思うとメイクするのも楽しいですし、出かける時も日焼け止めは丁寧にしますがファンデーションは薄付けで良いかなと思えるようなります。

乾燥して肌荒れしていたりするとメイク直しもちょっと時間が必要になりますが、調子が良くなると短時間でささっと済ませることができるので、楽しいお出かけの時も気持ちは上向きのままです。肌の調子が良くなるとちょっと嫌なことがあっても大きな心で受け止められます。

実際にオルビスユーを使い始めて、自分が思っている以上に肌に潤いが無くなっていたことに気が付きました。

頬の毛穴が目立ち始めてきたのも、潤いが足りないというところまで考えが及んでおらず、兎に角ファンデーションをしっかり付けていかないとだめだ…!と思っており、毛穴を綺麗に隠せるファンデーションを探していました。

しかし、化粧品を探しているときにオルビスユーの公式ホームページを見る機会があり、肌が綺麗にならないと隠すだけじゃダメなのでは・・・と気が付きました。

これまでスキンケア商品も結構試していましたが、肌に合わず赤くなってしまったり痒くなってしまったりすることもあり、あまり化粧品よりも重視していませんでした。とりあえず肌に合い続けて使えるものを探していました。

オルビスユーも口コミでは良いとあるけど、口コミが良くても自分に合うか分からないかなと思い購入するか悩んでいましたが、以前オルビスの薬用の化粧水を使っていたことがあり、肌が痒くなることも無かったことを思い出し、試しに使ってみようと思ったのがきっかけで、体験セットから使ってみました。

使い始めてから朝のメイクの時に徐々に肌の調子が良くなっていくのを感じ始めました。痒くなったりすることもなく、体験セットだけで終わらせるのは惜しいと思い、続けて使うことにしました。

使い続けていくうちに、あんなに気になっていた頬っぺたの毛穴がほとんど気にならなくなり乾燥しすぎてファンデーションが粉っぽく浮くこともなくなりました。使ってみて本当によかったです。

公式ホームページではお得な体験セットがあります。

7日分のトライアルセットと、ふわふわで抗菌・防臭加工の今治タオルが付いて「980円(税込み、送料無料、翌日発送)」です。大人気のオルビスユーを試してみてください。

⇒公式ホームぺージ:“見た目を変える”化粧水があなたの肌運命を変える



関連記事:

20代30代のほうれい線におすすめ!プチプラで人気の化粧水ランキング

20代30代のシミやくすみに効果ある?夏に本気でおすすめ美白コスメ

【忙しい20代30代女性が美肌になる方法は?】おすすめのスキンケア

20代からのアンチエイジング効果とおすすめスキンケア化粧品(美容液,化粧水,洗顔,クリーム)

20代30代たるみ,シワ,乾燥に効果的!プチプラ&デパコス目元美容液

20代30代の肌への浸透が口コミで人気のオイル美容液とおすすめの使い方

20代30代乾燥肌にはセラミドがおすすめ?口コミが良い美容液ランキング