安いのに口コミで人気!おすすめ大人ニキビ洗顔料ランキング2020

思春期からわたしたちを悩ませ続けているニキビですが、実は思春期にできるニキビと大人になってからできるニキビとでは、出来る原因が違うことが多いのです。

大人ニキビは思春期のものとは違い、必ずしも皮脂が多いからできるというわけではありません。思春期ニキビと大人ニキビを同じ対処法を取ると、悪化させてしまうことがあるので注意が必要です。

大人ニキビの特徴は、額や鼻筋など皮脂の分泌がさかんな部位に多くみられる思春期ニキビとはちがい、頬やあご、首などのフェイスラインにできやすいのが特徴です。しかも、思春期ニキビは大抵は3~4年経てばなくなりますが、大人ニキビは不規則な生活や睡眠不足、食生活の乱れ、過労、ホルモンのバランスの乱れや、ストレスなどライフスタイルが原因になっていることも多いのです。

他にも、肌の乾燥により古い角質が順調にはがれず、分厚くなって毛穴をふさぐことによって、大人ニキビの発生を招くこともあります。このように、大人ニキビの原因は複雑で症状をなんども繰り返すことも多いです。

大人ニキビの種類

大人ニキビは、症状によって次にあげる5つの種類に分けられます。

①まずは白ニキビと呼ばれる閉鎖面疱。

皮脂や老廃物が詰まって盛り上がったもので、俗に白ニキビと呼ばれています。

②開放面疱

開放面疱は黒ニキビと呼ばれ、皮膚表面に顔をのぞかせた面疱の中身が酸化して黒くなるためこう呼ばれています。

③赤ニキビとは炎症性面疱のこと。

白ニキビが悪化して炎症を起こしたもので、目立ちやすく、治りにくいニキビです。

④黄ニキビとは膿疱性面疱のこと。

ニキビが化膿して黄色い膿がたまったものです。

⑤最後に、紫ニキビ。

これは炎症が起こった後に、まわりの組織が破壊されたり、血管が再生されたり、瘢痕組織ができたりして赤紫にみえるものです。ときに内出血を起こしていることもあります。なお悪化を防ぐためには、白ニキビの段階で早めに対処することが大切です。

しかしながら、いずれが原因にせよ基本はやはり正しい洗顔をすることから始まります。なので大人ニキビのためには、どのような洗顔料を選べばよいのか、その選ぶポイントをいくつか挙げたいと思います。

まず一つ目は、当然のことですが自分の肌に合ったものを選ぶことです。ストレスや肌の乾燥、睡眠不足などが原因でできやすい大人ニキビは、皮脂を落としすぎないためにスクラブ入りのものなどは避けます。

二つ目は、医薬部外品と表示されたものを選ぶのもおすすめです。

配合されている有効成分として代表的なものは、アラントイン、グリチルリチン酸ジカリウム、グリチルレチン酸ステアリルなど炎症に効果のあるもの、シメン-5-オール(イソプロピルメチルフェノール)など殺菌に効果のあるもの、サリチル酸など角質を柔らかくする効果のあるものなどが挙げられます。

三つ目は、できればノンコメドジェニックテスト済みと表示されたものを選ぶこと。ノンコメドジェニックテストとは、配合された油分でニキビのもととなるコメドが誘発しにくいかどうかをチェックしたテストのことです。

このように大人ニキビはある意味、思春期のニキビ以上に、自分の肌やニキビの状態ににあった洗顔料を使う事、そしてその使用方法がとても重要になってくるものなのです。

洗顔しているのにニキビができてしまう?正しい洗顔の方法とは

毎日、きちんと洗顔をしていてもニキビや吹き出物が絶えない・・・とお悩みの方は、もしかしたら「洗顔のやり方」が間違っている可能性があります。

どんなにキレイにお肌を洗っても、洗顔そのもののやり方が間違っていればニキビや吹き出物が増えるだけでなく悪化してしまうこともあります。まずは、正しい洗顔方法をマスターして健やかで健康なお肌、ニキビができにくい美しいお肌を手に入れましょう。今回は、ニキビを改善してくれる洗顔方法やスキンケアについてご紹介致します。

まずは、正しい洗顔で必要となる二点についてみていきましょう。

①泡立てネット

一点目は、泡立てネットです。これは、洗顔においては必須アイテムです。もし、泡立てネットを使わずにいつも洗顔をしている、という方は是非今日から使ってください。

私達の顔の皮膚は、とても細かい細胞から作られています。その細かい皮膚に泡立てずにそのまま洗顔料をつけてしまうと、摩擦が起きたり毛穴に皮脂や油分が入り込んで、ニキビの原因になったり悪化させてしまいます。擦れによる肌荒れの原因や肌トラブルを引き起こす原因にもなります。泡立てネットを使うことで、キメ細かな泡が立つので毛穴の奥までしっかり入り込み汚れを落としてくれます。またもこもこの柔らかい泡で包み込むように優しく丁寧に洗うことで、お肌を刺激から守ります。以上の理由から泡立てネットで洗うことが必要不可欠になります。

②洗顔料の選び方

また二点目ですが、ニキビ対策として洗顔を行うのであれば洗顔料の選び方にも注意が必要です。ニキビ対策として洗う場合は、界面活性剤やアルコール、つぶつぶとしたスクラブが入ったような洗顔料は使わないようにしましょう。

これらは、洗浄力が強すぎるのでお肌の潤いを保つために必要な皮脂まで洗い流してしまうことがあり、洗顔をすることで乾燥を招き、ニキビの原因になってしまうからです。適度に皮脂を残しながら、優しく洗ってあげることが必要です。どうしても迷った時は、ニキビケア用の洗顔料を使うといいですね。

また洗顔をする回数ですが、朝と夜の二回行うようにしましょう。一回だけだと皮脂汚れが落ちにくいですし、これより多く洗ってしまうと洗いすぎによる乾燥を招きやすくなります。朝は、寝ている間にかいた汗や皮脂を落とすために、夜の洗顔は日中の汗や皮脂をキレイに落とすために必要です。もしこの回数よりも多かったり少ない場合は、必ず守るようにしてくださいね。

また洗顔をする時の温度も非常に大切です。油分が多い皮脂肌の方は、36~38度がベストです。

乾燥肌の方は、この温度よりも少し低い34~36度、少しの刺激でもお肌が荒れやすく敏感な方は28~32度のぬるま湯で洗ってあげるといいですね。そうするとことで、毛穴の開きがよくなり汚れも落としやすくなります。お肌に合った温度で丁寧にすすぎを行うことが大切です。

そして、洗い終わったら必ず化粧水と乳液で保湿をしっかり行うようにしてください。洗い終わった後のお肌は、非常に乾燥しやすいのでなるべくすぐに化粧水を塗って、乳液で蓋をし乾燥を防ぐことがニキビ対策にはとても重要です。是非正しい洗顔方法をマスターして、綺麗なお肌を手に入れましょう。

安いのに口コミで人気!おすすめ大人ニキビ洗顔料ランキング

第8位 DUAL ORGANICのアクネハーブウォッシュ

古くからの植物療法にも近代医学にもどちらも長所があります。この2つを融合させた洗顔料が「DUAL ORGANICのアクネハーブウォッシュ」です。ニキビに悩む肌をすっきりと洗いあげます。

特徴

植物にはフィトケミカルという成分が含まれていて、さまざまな可能性が注目されています。そして、植物は古くから人々に利用されてきた歴史があります。
DUAL ORGANICは、農薬などで植物の力を損ねないようオーガニック植物を採用しています。

アクネハーブウォッシュに配合をしている植物は、ラベンダー、セージ、タイム、ハトムギです。日本メディカルハーブ協会認定資格を持つ開発責任者が悩みにあわせて監修をした植物たちです。肌全体のバランスを整えるサポートをします。

そして、特定の肌悩みには薬用の力が働きかけます。悩みに働きかける成分が、薬用有効成分のグリチルリチン酸ジカリウムとイソプロピルメチルフェノールです。グリチルリチン酸ジカリウムは炎症を鎮め、イソプロピルメチルフェノールは抗菌・殺菌をサポートして、大人ニキビにアプローチをします。

ニキビで悩む敏感な肌のことを考えて、合成香料、着色料、動物原料、合成界面活性剤、パラベン、鉱物油は不使用です。パッチテスト済み、ノンコメドジェニックテスト済みです。優しいストレスフリーな洗い心地で、すっきり汚れをオフします。

使い方

手のひらに適量を取り出してよく泡立てて、泡で顔を包み込むように洗います。ニキビに刺激を与えないように、こすらずに泡を転がすように洗ってください。その後に水またはぬるま湯で十分に洗い流します。洗い流すときにも肌をこすらないようにします。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 泡立てネットを使うとキメ細かな泡ができて、優しく洗うことができます。いつも使っている固形石けんと泡立ちが違います。洗い流すとさっぱりするのに、肌が乾燥してつっぱることがありません。さっぱりする洗顔料は必要な皮脂まで落としてしまうことがあるけれど、この洗顔料は必要なものは残してくれている点がよかったです。
  • キメ細かな泡立ちで、ハーブのすーっとする香りが心地よいです。泡は手のひらをひっくり返しても落ちないほど弾力があります。洗いあがりはすべすべで、不要な皮脂だけを落としてくれているようです。生理前はニキビができやすいので、ニキビができないように使いたいです。
  • チューブから出したときは固めのテクスチャーですが、泡立てネットを使うとふわふわでキメ細かな泡になります。洗顔中に泡が崩れない弾力があります。洗いあがりはさっぱりしていて気持ちがよいです。ハーブの香りがするので刺激を感じるかなと思ったのですが、刺激はまったくなくて、洗いあがりにつっぱることがありませんでした。お手頃価格だし、リピしたいです。

ニキビに悩んでいる肌は、しっかり汚れを落としながらも優しく洗ってあげましょう。DUAL ORGANICのアクネハーブウォッシュは、ニキビ肌のことを考えた成分を配合した洗顔料です。キメ細かな泡が優しく洗いあげます。

ニキビのないつるつるな肌にあこがれませんか。毎日の洗顔でニキビのできにくい肌を目指しましょう。

第7位 ユースキンのルドー薬用アクネウォッシュ

大人ニキビはさまざまな要因が絡み合って発生をします。そのため、過剰な皮脂分泌が原因の思春期ニキビとは違い、大人ニキビには大人ニキビにあったケアが必要です。間違ったケアで肌に刺激を与えてしまうと、ニキビが悪化をしたりニキビ跡を作ってしまう心配があります。

大人ニキビにおすすめの洗顔料が「ユースキンのルドー薬用アクネウォッシュ」です。余分な皮脂を取り除きながらも潤いを守ります。

特徴

思春期ニキビは成長ホルモンの影響による過剰な皮脂分泌により、毛穴がつまってアクネ菌が繁殖することが原因です。一方、大人ニキビは皮脂分泌、ホルモンバランスの乱れ、睡眠不足、ストレス、乾燥など、さまざまな要因が絡み合っています。

特に気をつけたいことが乾燥です。ニキビだからと洗顔をしすぎると、肌の乾燥が進行をしてニキビができやすい肌状態になってしまう心配があります。

乾燥をすると肌の生まれ変わり(ターンオーバー)が乱れて、古い角質がたまって毛穴がふさがれやすくなります。この状態でわずかにでも皮脂が分泌されると、毛穴がつまってニキビが発生してしまいます。

洗顔で大切なことは、余分な皮脂を落としても必要な潤いは守ることです。

ユースキンのルドー薬用アクネウォッシュは余分な皮脂を落としながらも、保湿成分配合で洗いあがりの潤いを守る洗顔料です。保湿成分には、ダイズエキス、オウバクエキス、ラベンダーエキスを配合しています。肌に潤いを与えます。

また、有効成分のグリチルリチン酸ジカリウムを配合。ニキビや肌荒れを防ぎます。香料、着色料は無添加、低刺激性です。

使い方

手または泡立てネットに適量を取り出し、空気を含ませるようにしながら泡立てます。泡を顔にのせて手が顔に触れないようにしながら洗います。その後に水またはぬるま湯ですすぎ残しのないように洗い流します。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • ニキビ跡とニキビで悩んでいて藁にもすがる思いで購入をしました。ジェル状になっていて泡立てネットで泡立てました。洗っているという実感がすごいです。ひどかったニキビが次第にひいていきました。今まで重ね塗りをしていたコンシーラーは少量でも済むようになりました。
  • ドラッグストアで見つけて購入をしました。期待はしていなかったのですがニキビへの効果がすごいです。ストレスで肌荒れがひどい状態だったのですが、ニキビができにくくなりました。洗いあがりはもちもちで、刺激は感じることはなくつっぱりません。旅行などで洗顔料が違うものになってしまうとニキビができるので手放せなくなり、何本もリピートしています。
  • 泡立てネットで泡立てると柔らかな泡ができます。ちゃんと汚れを落としてくれるのに低刺激で乾燥しません。洗顔後に乾燥しなくなったからなのか、ニキビの腫れと赤みが治まってきました。この洗顔料を使って皮脂を取ることに一生懸命だった考えが改まりました。

大人ニキビは複雑で、思春期ニキビとは違って大人ニキビにあった対策が必要です。洗眼では余分な皮脂を落としても潤いは守ることがニキビ予防のためには大切です。

ユースキンのルドー薬用アクネウォッシュは、不要な汚れを落としても潤いは残す洗顔料です。ニキビができにくい環境に整えていきます。

<<Amazon>>

第6位 ラロッシュポゼのエファクラ フォーミングクレンザー

ニキビを防ぐために大切なことの一つが洗顔です。洗顔をして汚れをためないようにしましょう。ニキビ肌にはニキビに適した洗顔料がおすすめです。「ラロッシュポゼのエファクラ フォーミングクレンザー」は、ニキビ肌のための洗顔料です。さっぱりと洗いあげます。

特徴

ホルモンバランスの乱れやバランスの悪い食事などの影響で皮脂の分泌が活発になったり、ターンオーバーが乱れて古い角質が蓄積をすると、毛穴内部に皮脂がたまりやすい状態になります。毛穴に皮脂がたまって出られなくなった状態が白ニキビです。毛穴内部に棲みつくアクネ菌が繁殖をして炎症を起こすと赤ニキビになります。

ニキビの始まりは汚れの蓄積なので、ニキビ予防のためには洗顔をして清潔に保つことが大切です。エファクラフォーミングクレンザーは、ニキビの原因となる皮脂をさっぱりと落とす洗顔料です。

角質軟化作用のあるサリチル酸を配合。古い角質を柔らかくすることで取り除きやすくし、毛穴つまりの予防をサポート。つるんとした肌に洗いあげます。

サリチル酸を配合している洗顔料は、洗いあがりの肌がつっぱることが珍しくありません。しかし、エファクラ フォーミングクレンザーはグリセリン配合で肌の乾燥を防ぎます。

アクネ菌はオイルが好物なので、ニキビができているときにはオイルを使った化粧品には気をつけましょう。エファクラ フォーミングクレンザーはオイルフリーです。着色料、パラベン、アルコールも使用していません。皮膚科学的テスト済み、にきびができやすい肌でテスト済みです。

使い方

朝晩の洗顔に使用をします。顔を濡らし、手のひらに適量を取り出して洗顔料を泡立てて顔を洗います。ニキビができているときには、ニキビに触らないように気をつけて洗ってください。その後に水またはぬるま湯で洗い流します。洗顔料が肌に残っているとニキビを悪化させるので、十分に洗い流しましょう。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 大人ニキビに悩んでいたとき、ドラッグストアで見つけて購入をしました。思春期ニキビに悩んでいたときにお世話になっていて、また出会えたことに感激しました。数日洗っていたらニキビが少なくなり、今ではほとんどできません。これからも使い続けたいです。
  • 泡立てネットを使うともこもことすごい量の泡ができます。泡が気持ちよくてずっと洗っていたくなります。きちんと洗えた感があるのですが、洗いあがりにつっぱりません。毛穴の黒ずみや肌のくすみが目立たなくなったように思います。
  • 泡立ちがよくて、初めて使ったときは使用量がわからず、ものすごい泡にビックリしました。敏感肌ですが肌にあっているみたいで、ヒリヒリすることがありません。汚れをしっかり落としてくれて、洗いあがりの肌がつるつるします。少量でよく泡立つのでコスパがよいと思います。

ニキビに悩み続けているなら、スキンケアの最初のステップの洗顔を見直してみましょう。ラロッシュポゼのエファクラフォーミングクレンザーは、サリチル酸を配合したニキビ肌のための洗顔料です。さっぱり洗いあげるけれど、つっぱりを防ぎます。毎日の洗顔でニキビ予防をしませんか。

<<Amazon>>

第5位 ビオレのスキンケア洗顔料薬用アクネケアとオイルコントロール

薬用アクネケア

大人ニキビを刺激の少ない方法で対処したい女性におすすめです。

大人ニキビとは思春期ニキビと違い、皮脂の過度な分泌だけではなく、ストレスやホルモンバランスの崩れ、肌の角化や乾燥などの原因も関わってきます。そういった中、大人ニキビはできるだけ刺激が少ない優しい成分で対処して緩和したいものです。

プチプラながらも刺激を与えず潤いも保ちながら大人ニキビと戦ってくれるおすすめの洗顔料がビオレの「スキンケア洗顔料薬用アクネケア」です。

花王から出ているビオレの「スキンケア洗顔料薬用アクネケア」は、ビオレがこだわっている「洗う際に肌に負担をかけない優しさ」と「しっかりと汚れを落とすこと」の二点を両立させた洗顔料です。肌に付着している余分な皮脂や汚れをしっかりと落としながらも肌本来の潤いを守ると言われている「SPT」と呼ばれる技術をこの商品は取り入れています。

アクネケア重視のこの洗顔料はニキビを防ぐための殺菌・消炎成分が配合されている上、ノンコメドジェニックテスト済みです。肌の潤いを守ってくれながらもアクネ菌と戦ってくれる大人ニキビの味方です。

使用法は至って簡単で、顔と両手を濡らして約2センチぐらいの洗顔料を手にとり、水を少量足しながら両手で泡立て、顔中に丁寧に馴染ませてしっかりと洗い流すだけでOKです。小鼻や額、顎などニキビが特に気になる部分には泡を丁寧に馴染ませることがおすすめです。

私は去年まで結構頻繁にこのビオレの「スキンケア洗顔料薬用アクネケア」を使っていました。ビオレは化粧水やクレンジングも使用経験があったため馴染みがあるブランドでした。オイリー肌である上思春期の頃からずっとニキビができやすかった私ですが、大人になってからもやはり生理周期に合わせて大人ニキビができることが今でも決して少なくありません。

これを使って朝晩洗顔していると、毎日のテカリが緩和される上、ニキビができやすい時期にニキビができることは変わらないのですがニキビの酷さは緩和されているように感じました。そして治りも早まりました。洗浄力は穏やかめで、洗いあがりもツッパリ感がありませんでした。皮脂の過度な分泌が原因である思春期ニキビには向いていない洗顔料に感じましたが、私のように大人ニキビで悩んでいる女性にはありがたい存在です。

気分的にはもう少し「洗った」という感覚を味わうことができる洗顔料の方が私自身の好みではありましたが、年齢と肌の状態を考えるとやたらと洗浄力の強さばかりにこだわることは避けた方が良いように感じるので、これぐらいの洗浄力が賢明です。

大人ニキビ、それも女性の大人ニキビとはデリケートなものなので、やたらと強力すぎる洗浄力のものを選ぶよりは、やや穏やかなものを選ぶ方が賢明です。

大人ニキビには乾燥も敵なので、落とす必要がある汚れは落としながらも肌本来の潤いは保ち、炎症や肌荒れを防いでくれる成分のものを選びましょう。そういった要素を叶えてくれるのがビオレの「スキンケア洗顔料薬用アクネケア」です。大人ニキビに悩んでいる女性には実にお勧めの洗顔料です。

<<Amazon>>

オイルコントロール

テカリがちなオイリー肌に悩む女性におすすめです。

思春期を過ぎて20代以降になっても、まだまだ肌のテカリに悩み続ける女性は決して少なくありません。オイリー肌の人なら20代や30代でも毛穴から常に皮脂が多めに分泌されて顔がテカってしまいます。思春期の頃はニキビやオイリー肌に悩まされる際強めの洗浄力の洗顔料を使ったり余計な保湿を避けたりなどの対策で良かったかもしれません。しかし大人の肌は思春期の頃の肌とは違うものなので、それに合ったケアが必要です。

テカる大人の肌にお勧めなのがビオレの「スキンケア洗顔料オイルコントロール」です。

花王から出ているビオレの「スキンケア洗顔料オイルコントロール」は、「スキンケア洗顔料」のシリーズの中の一つですが、他のラインのもの同様、ビオレがこだわっている「洗うスキンケア」がモットーになっています。余分な皮脂や汚れをしっかり落としながらも肌本来の潤いを守る、その点にこだわりを置いています。それを実現するためには「SPT」と呼ばれる技術がこの商品には採用されています。そしてこの「オイルコントロール」ラインのものはベタ付きやテカリの原因である毛穴やキメの奥の皮脂汚れを泡で優しく取り除いてくれます。

柔らかい泡で毛穴やキメの奥から皮脂汚れを取り除き、必要な洗浄をしてくれながらも肌本来の潤いを守ってくれてつっぱりを防いでくれる、大人のオイリー肌には非常にありがたい効果をもたらしてくれる洗顔料です。

使用法は至って簡単です。

顔や両手を濡らした状態で、2センチぐらいの洗顔料を手にとり泡立て、顔全体に馴染ませてから洗い流すだけでOKです。テカリが特に気になりがちな額や鼻などには特に丁寧に泡を馴染ませることがお勧めです。

私はもう数年前から何度もこの洗顔料にはお世話になっています。私も正にオイリー肌で常にテカリに悩まされています。ほんのりとフローラルな香りがする洗顔料ですが、洗浄力は思ったよりややおだやかめでありながらも皮脂も汚れもしっかり落ちたように感じます。

そしてさっぱり感を与えてくれながらも適度にしっとり感も残してくれる、正に大人肌向けの洗顔料です。気分的にはもう少し皮脂を落としたいと思ってしまう私ですが、年齢と肌のバリアのことを考えると思春期のときに使っていた強力な洗顔料よりはややマイルドなこちらの方が今の私には合っています。

洗い終わった直後はもちろん、日中のテカリもこの洗顔料のお蔭で大幅にではありませんが自覚できるレベルまでは改善してくれました。

ちなみにこの同じ洗顔シリーズのアクネケアラインのものも何度も使っていますが、ニキビへの効果は大体同じに感じます。こちらの方が毛穴をもう少し狙っている泡に感じます。

大人の肌はデリケートなので、オイリー肌だからと言ってむやみに思う存分皮脂を落とすような洗顔料を選ぶことは避けましょう。肌の潤いを守ってくれながら、刺激をあまり与えずに余分な皮脂や汚れを落としてくれる洗顔料を使うことにより、肌を守りながら洗いましょう。そしたら自然とテカリが改善するものです。それを叶えてくれる洗顔料がこのビオレの「スキンケア洗顔料オイルコントロール」です。

<<Amazon>>

第4位 石鹸 3選

石鹸洗顔の口コミを見てみると、「ツッパリ感を感じる」「肌が乾燥する」というマイナスな口コミが目立ちます。そんな中、給料日前の金欠ピンチを救ってくれたのは、石鹸でした。私の肌質はニキビができやすい敏感肌で、普段は肌に優しいオルビスの化粧品を使っているのですが、金欠の1週間はプチプラな石鹸洗顔で過ごすこととなりました。

するとなんと、乾燥肌が改善されて1週間でニキビが消えたのです!

今回は誤解されがちな石鹸洗顔の魅力をご紹介します。

「乾燥する」という口コミが目立つ石鹸洗顔ですが、実際に石鹸の洗浄力は高いものが多いです。そのため、石鹸洗顔を避けている方が多いのですが、洗顔フォームと同様に石鹸にも高保湿タイプは存在します。

そして、「洗い上がりのツッパリ感」=「乾燥肌」とは限りません。石鹸洗顔は「ツッパリ感」を感じるものが多いのですが、これは肌が乾燥しているのではなく、石鹸の弱アルカリ性に反応して肌が活性化している証拠なんです。このツッパリ感に抵抗を感じて石鹸洗顔をやめてしまいがちですが、肌に優しい石鹸洗顔だからこそ起こる現象なので、乾燥肌の心配は必要ありません。

私は肌の状態によって3つの石鹸を使い分けています!

Doveのビューティクリームバーホワイト

乾燥肌の方におすすめしたい石鹸です。もう洗い上がりのしっとり感が大好きで、今年の秋冬もこの石鹸を愛用しようと思っています。

人によっては外国の香水のような、人工的な香りに感じるかもしれませんが、私は長く続く高級感のある香りがお気に入りです。

カウブランドの青箱(さっぱり)

肌のテカリや肌のほてりを感じた時に愛用している石鹸です。

さっぱりした洗い上がりですが、肌の皮脂を必要以上に奪わない、絶妙な使い心地で、思春期ニキビに悩んでいる方におすすめです。夏でも肌が乾燥しやすい私でも、肌の乾燥を感じませんでした。

カウブランドの赤箱(しっとり)

カウブランドの赤箱と青箱は、もう定番ですよね。100円と続けやすい価格で、肌に優しく、全身にも使えるので買って損はしない優秀な商品です。赤箱は泡がモッチリしていて、程よく肌を潤してくれます。

私の大人ニキビを改善してくれたのも、この赤箱の石鹸でした。

石鹸は清潔に保管しないと、菌が繁殖して肌トラブルの原因になってしまいます。石鹸を使い終わった後は、必ずしっかりと水気を切って、清潔な状態を維持できる石鹸専用のホルダーで保管しましょう。石鹸の保管場所は、シャワーの水や蛇口の水がかかる場所を避けるようにすると、石鹸が乾きやすくなって菌の繁殖を防ぎます。

最近では肌に優しいオーガニックの石鹸や、アロマの香りの石鹸、プレゼントに喜ばれる外国のオシャレな石鹸など、石鹸の人気が上昇中です。コスパ抜群で肌に優しく、使い方によっては長持ちするので、「金欠だけど手抜きはしたくない!」という方に、ぜひ石鹸洗顔を試していただきたいです。

これから肌が乾燥しやすくなってくるので、今から乾燥対策として石鹸洗顔が活躍しますよ。

第3位 ビオレのマシュマロホイップ薬用アクネケア

20代後半を過ぎても大人ニキビに悩まされ続ける大人の女性は決して少なくありません。そのためにはニキビ対策の化粧水に頼ったり皮膚科にお世話になったり食べ物に気を付けたり、色々できることはあります。

最も身近な毎日の習慣の一つは「洗顔」です。朝晩の洗顔だけでも肌トラブル対策に大いに貢献することができます。大人ニキビに悩まされがちな女性のためにお勧めなのがビオレの「マシュマロホイップ薬用アクネケア」です。

花王から出ているビオレの「マシュマロホイップ薬用アクネケア」はビオレのチューブ入りの「スキンケア洗顔料」の進化版と言えます。ポンプ式のもので泡アが出てくるため自分で泡立てる手間がありません。その上もっちりした泡であるにも拘わらず「スキンケア洗顔料」シリーズよりはやや洗浄成分を減らすことにより、よりマイルドに仕上げ、よりすすぎやすくなりました。

この「マシュマロホイップ薬用アクネケア」はマシュマロホイップの洗顔シリーズの中でも大人ニキビ対策に重点を置いたものです。

殺菌・消炎成分が配合されており、「スキンケア洗顔料」同様、SPTといった技術がこの商品にも採用されています。この技術とは肌の刺激となる余分な皮脂や汚れをしっかり落としながらも肌本来の潤いを守るといった二つのことを実現させてくれる技術です。そしてこの洗顔料はニキビができやすい肌の人にはありがたいノンコメドジェニックテスト済みです。

泡立てる手間がない楽な洗顔料である上、ニキビ対策も行ってくれて適度な潤いも残してくれる、ニキビに悩まされがちな大人肌には持って来いの洗顔料です。

使用法は至って簡単です。

顔と両手を濡らした状態で、ポンプ2回プッシュ分ぐらいの泡を手にとり顔全体に馴染ませてから丁寧に洗い流すだけでOKです。ニキビや皮脂が特に気になる部分には両手の指をクルクル回しながら丁寧に泡を馴染ませることがおすすめです。

私はアラサーになった今でもオイリー肌で定期的にニキビに悩まされています。やはり生理周期と密接な関係を感じます。

今年の春にこの洗顔料が発売されてから春中ずっと朝晩使用していた時期がありましたが、何と言っても泡立てる手間がなくて楽です。元々ビオレのスキンケア洗顔料を使っていましたがそちらは自分で泡立てる手間があるので、こちらの方が時間短縮に便利です。そして柔らかい濃密な泡であるにも拘わらず、すすぐのも楽です。何度もすすがなくてもしっかり落ちてくれます。洗浄成分がスキンケア洗顔料より21%ダウンしたと言っても、十分汚れは落ちているように感じます。

ニキビができたときも一昔ほど酷いニキビにはなりませんし、これを使用することにより常に予防にはなっているように感じます。

ビオレのスキンケア洗顔料の方がマシュマロホイップよりも洗浄力そのものは強いかもしれませんが、毎日の洗顔はそこまで洗浄力が強くない方が刺激が少なくて大人肌には良いものです。泡が出てくるため手軽に洗顔できるこの「マシュマロホイップ薬用アクネケア」で、大人ニキビ予防を毎日優しく行いましょう。

<<Amazon>>

第2位 ロート製薬のメンソレータムアクネス薬用毛穴すっきり粒つぶ洗顔

メイクがきれいにできない、マスクを手放せない、人の視線を意識してしまう、ニキビでこんな悩みを抱えていませんか。治ったと思ったのにすぐにできてしまったり、生理前や季節の変わり目などはできやすかったり、ニキビの悩みは厄介ですよね。

ニキビ肌に悩む方をサポートする洗顔料が「ロート製薬のメンソレータムアクネス薬用毛穴すっきり粒つぶ洗顔」です。有効成分配合でニキビを予防します。

特徴

皮膚から分泌される皮脂や皮膚に残った汚れは毛穴をつまらせます。毛穴がつまるとニキビができやすい状態に。

ニキビには、白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビの4つの種類があります。毛穴に皮脂がたまっただけの状態のときには、白ニキビや黒ニキビです。アクネ菌が繁殖をすると、炎症を起こして赤ニキビや黄ニキビになります。

ニキビが悪化をして引き起こされた炎症の刺激は、コラーゲンにダメージを与えたり、メラニン色素の生成を促したりします。そして、ニキビ跡が残ってしまうことが。ニキビの予防のためにも、ニキビ跡を残さないためにも、洗顔をして常に肌を清潔に保つことがニキビ予防のポイントです。

薬用毛穴すっきり粒つぶ洗顔は、有効成分のイソプロピルメチルフェノールとグリチルリチン酸ジカリウムを配合。イソプロピルメチルフェノールがアクネ菌を殺菌、グリチルリチン酸ジカリウムが炎症を抑えて、ニキビを予防します。

さらに、大小の粒つぶも配合。大きさが違う2つの粒で落としにくい毛穴の奥の汚れをすっきりとさせます。うるおい成分のビタミンC誘導体、製品の抗酸化剤のビタミンEも配合しています。

使い方

適量を手に取り出し、少量の水またはぬるま湯を加えて泡立てます。泡を顔に乗せたら皮脂分泌量が多いTゾーンから洗い、頬、目元、口元なども洗います。その後に水またはぬるま湯で洗い流します。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 高校生のころからずっとニキビに悩んでいて、数多くの皮膚科に通い、ドクダミ茶、炭酸パック、泥洗顔などいろいろなことも試しました。薬で落ち着いたものの、やめてしまうと再発します。この洗顔料は運命的な出会いでした。これまでスクラブは使ったことがなかったのですが、私にはスクラブが必要だったようです。
  • 朝の洗顔で使っていて、1日中顔がべたべたすることがありません。スクラブが入っているので、毛穴の奥の汚れまでしっかり落ちている感じがしてさっぱりします。アクネスの化粧水も使っていますが、ニキビを防げています。
  • いろいろな洗顔料を試してきましたが、この洗顔料が私のニキビには一番あっています。もう5年間は使い続けています。粒つぶが入っていますが痛くはなく、汚れが落ちている感じが気持ちよいです。さっぱりした洗いあがりで、脂性肌の私にとって必需品になっています。

ニキビを予防するポイントは、洗顔をして肌を清潔に保つことです。メンソレータムのアクネス薬用毛穴すっきり粒つぶ洗顔は、ニキビ肌のことを考えた洗顔料で、ニキビ予防をサポートする2つの有効成分と大小の粒つぶを配合しています。

毎日使う洗顔料を見直して、肌を清潔に保ち、ニキビができにくい肌を目指しませんか。

<<Amazon>>

第1位 ビーグレンのクレイウォッシュ

ビーグレンのニキビケアは薬学博士が開発した、大人ニキビの改善に特化したスキンケア商品です。

リピート率は脅威の98.5%で、美容・ファッション誌などの各種メディアで話題になっているこのビーグレンのニキビケアですが、

「本当に効果があるの?」

「他のニキビケア商品と何が違うの?」

という疑問を持った方も多いと思います。

ここではビーグレンのニキビケアの特徴や使い方、口コミを紹介していきます。

ビーグレンニキビケアの特徴

①「吸着洗顔」

マイナスイオンを帯びた超微粒子の泥が、メイク汚れや古い角質、余分な皮脂を吸いつけることで、肌をこすることなくニキビの原因を取り除いてくれます。

泥の主成分「モンモリロナイト」

泥の主成分である「モンモリロナイト」は超微粒子(毛穴の直径の約2000分の1)の整肌成分なので、するすると毛穴に入り込み汚れを取り除きます。

②ピュアビタミンCと「QuSome」

QuSomeとはビーグレン独自の浸透テクノロジーのことです。一般的に化粧品に配合するのが難しいとされている成分でも、QuSomeが包み込んで成分を安定させることで角質層のすみずみまで浸透し、長時間効果を持続させることが可能となっています。

ビーグレンはピュアビタミンCにQuSomeを施すことで、肌トラブルの元まで成分を浸透させ、悩みに直接アプローチすることを可能にしました。

ビーグレン ニキビケアのラインナップ

STEP1:クレイウォッシュ(洗顔料):4,290円(税込)/150g

モンモリロナイト(整肌成分)配合の洗顔料。肌に必要な油分やうるおいは残したまま、余分な皮脂や汚れを吸着して落とし、なめらかな肌へと導いてくれます。

STEP2:クレイローション(化粧水):4,070円(税込)/120ml

薬用成分のグリチルリチン酸ジカリウムが配合されており、肌荒れを防いでくれます。また、天然クレイのモンモリロナイトがうるおいの膜を作ることで外部刺激から肌を守ってくれます。

STEP3:cセラム(美容液):5,170円(税込)/15ml

高濃度のビタミンCが配合された美容液。QuSomeの効果で角質層のすみずみまで浸透し、皮脂バランスを整えながら、キメ細やかでつややかな肌へと導いてくれます。

STEP4:QuSome モイスチャーゲルクリーム(ゲル):6,600円(税込)/30g

肌本来の水分を生み出す力と保水力を高め、肌のみずみずしさを保つサポートをしてくれる保湿ゲル。QuSomeを応用したQuSomeハイドレーションコンプレックスが、4種類の美容成分を角質層のすみずみまで浸透させて肌にうるおいを与え、乾燥知らずの肌へと導いてくれます。

使用方法

STEP①:クレイウォッシュ
  1. ぬるま湯で顔をぬらす。
  2. さくらんぼ大をぬれた手に取り、両手で軽くなじませる。泡立てなくてOK。
  3. 顔全体をやさしくマッサージするようにして汚れとなじませる。強くこすらないのがポイント。
  4. たっぷりのぬるま湯で、ぬるつきがなくなるまで洗い流す。
STEP②:クレイローション
  1. 直径3cmほどの量を手のひらに取り、両手で軽くなじませる。
  2. 両手で顔全体を包み込み、やさしく押さえるようになじませる。ポイントは、細かい部分(目元・口元・鼻まわり等)は、中指と薬指を使って押さえるようになじませる。

③手で顔全体を包み込み、やさしく押さえながら肌になじませる。

STEP③:cセラム
  1. 直径2cmほどの量を手のひらに取り、両手に軽く広げる。
  2. 両手で顔全体を包み込み、やさしくなじませる。ポイントは、細かい部分(口元・鼻まわり等)は中指と薬指を使って押さえるようになじませる。
  3. 手で顔全体を包み込み、やさしく押さえながら肌になじませる。
STEP④:QuSomeモイスチャーゲルクリーム
  1. パール1〜2粒大を手のひらに取り、額・顎・両頬・鼻の5点に乗せる。
  2. 顔の内側から外側に向かってやさしく伸ばす。ポイントは、目の周りは円を描くように伸ばす。
  3. 手で顔全体を包み込み、やさしく押さえながら肌になじませる。

口コミ

クレイウォッシュ

「繰り返し使ってもお肌が傷む事なく、毛穴ふくめなめらかな手触りになります。最初に洗って鏡で見たら、なんだかお肌がワントーン明るくなった?ってびっくりしちゃいました。吹き出物が出来やすかったのに、毛穴詰まりがしにくくなってきたのもあって、このところ新しく出来ていません。小鼻やあごのざらざらもこちらを使う様になってから、明らかになめらかになりました!保湿状態もとても良いから、洗顔後つっぱらないし、温泉に入った後みたいにつるつるです。」(乾燥肌/30代前半)

「とてもなめらかで潤いがあるのでお肌がつっぱりやすいこの季節にも無敵!しっかり保湿されるので安心して冬にもお使いいただけます。においとかもないのでにおいが苦手な方、妊娠中のかた、男性にもお使いいただけるのもいい点ですね!」(脂性肌/40代前半)

クレイローション

「ニキビ用に買いましたが、とてもトロトロっで使い心地がいいです。あまりペタペタするのが好きではない方はおすすめできません。」(敏感肌/20代前半)

「生理前などニキビがポツっと出来た時、季節の変わり目に突然ニキビの大量発生に悩まされたとき、こちらを使用したら綺麗にニキビが消えていきました。お守りアイテムです。お肌が乾燥したり突っ張ることもないのでいいです。」(乾燥肌/30代前半)

cセラム

「一度塗ってみただけで毛穴の開きが少し小さくなりました!びっくりして毎朝晩使っていたら、10日もたつと、メイクしていて毛穴落ちがあまりしなくなり、小じわも目立たなくなりつつあります。まだ完全に効いたとは思わないけど、日々使う事ですっとお肌になじみ、出来かけの吹き出物も小さくなってきました。」(混合肌/30代後半)

「乾燥肌で毛穴もぱさぱさしていたんですが、こちらのおかげでしっとりして、引き締まってきました。洗顔後、鼻にすぐ塗ると、じんわりあたたかくなって、その後毛穴の奥から引き締まってきた様に見えます。刺激は殆どありませんし、すぐにしっとりとします。その後、毛書水をつけてもとても馴染みが良いです。小じわもだいぶ目立たなくなってきました。これは継続して使う意味がありますね。」(乾燥肌/40代前半)

QuSomeモイスチャーゲルクリーム

「乳液や保湿クリームを塗ると、ベタついた肌になってしまうので、苦手で困っていた私の救世主です!サッパリした使い心地で、肌にスーッと吸い込まれるのに、しっとりモチモチ肌になります。 時間が経ってもしっとりが続いて、 使うほどにキメが整ってツヤ肌になれます。」(乾燥肌/40代前半)

「潤うのですが、乾燥が気になる私には少し物足りなかった。サラッとした使い心地はべたつくのが嫌な人にはお勧めだと思います。」(乾燥肌/30代後半)

ホームページではお得なトライアルセットを販売しています。

ビーグレンは注文日から365日間返金保証付きで、万一肌に合わない場合でも、商品容器を捨てていなければ各商品1回まで返品可能なので、気軽に試すことができます。(返送料は自己負担)

また、電話でのセールスが一切ないので安心して利用できます。

⇒ビーグレンホームページ:ニキビ肌修復 サイエンスコスメb.glen


関連記事:

プチプラだけどおすすめ!大人ニキビや吹き出物に効く洗顔ランキング

大人ニキビに効果大!オルビスのスキンケアクリアシリーズ最新口コミ

大人ニキビにノブACアクティブのトライアルセットを使ってみた効果

大人ニキビとシミに効果的と人気!おすすめオールインワンランキング

混合肌や脂性肌の大人ニキビに人気でおすすめの化粧水ランキング

毛穴で凸凹?肌がデコボコしている時の原因とおすすめスキンケア

20代30代にマジでおすすめ!基礎化粧品プチプラブランドランキング