安いのに角栓すっきり!プチプラクレンジングオイルランキング2020

クレンジングは、メイクを落とすだけでなく私達のお肌を清潔に保ってくれる意外な効果があるのをご存知ですか?

今回は、普段メイクをしている方なら欠かせないクレンジングの効果や秘訣、美肌にするためのポイントをご紹介致します。

普段何気なくやっていたクレンジングにそんな効果があったの?と驚かれる方も多いかと思います。この機会にクレンジングの基本ややり方、注意しておきたいことをまとめたので是非参考にしてみてください。

クレンジングの役割

クレンジングとは、メイクやファンデーションをオイルやジェルなどで落とすこと。

最近ではダブル・クレンジングという言葉がドイツの女性誌で取り上げられ、とても注目を集めています。ちなみにダブル・クレンジングとは、メイクなどを落としてから洗顔フォームで洗うこと。普段からこのダブル・クレンジングをされている方も多いと思います。

改めてダブル・クレンジングといわれると何?と思うかもしれませんが、アジアでは基本のスキンケアの一つになっていますね。実はこの2度洗いがアジアの女性を輝かせている秘訣だと言われています。

2段階で洗うことでお肌の表面的な汚れと、毛穴の奥の皮脂や油汚れなどをすっきり落とすことができるのでお肌が柔らかくなり、化粧水や乳液が浸透しやすくなるというメリットがあります。

ただしクレンジングをする場合、お肌を傷つけないように何度もごしごしと洗わずに、優しくなでるように汚れをかきだすようにして落とすことがポイントです。あまり何度も洗ってしまうと摩擦が起きて、お肌に傷をつけてしまうからです。最近ではダブルクレンジング不要というクレンジングが多くなってきましたね。

またしっかりクレンジングを行うことで、毛穴の汚れや皮脂といった油を洗い落とすことができます。これは毛穴の黒ずみや大人ニキビ、吹き出物の予防にも繋がります。清潔な毛穴は、肌の奥から綺麗になれるのでお肌の透明感が違います。

もし、疲れてメイクを落とさずにクレンジングをせずに寝てしまうと、その分毛穴に汚れが溜るので肌荒れの原因に繋がります。

皆さんも一度や2度は経験がある方もいらっしゃるかと思います。これは、毛穴に汚れがたまってしまうからなのです。お肌のターンオーバーも出来なくなり、ニキビや肌荒れを引き起こします。こうならないようにメイクをしたあとは、優しくクレンジングで落として化粧水や乳液でカバーすることが大切です。

クレンジングは、汚れを落とすだけでなく、美しいお肌をつくる基礎になっていることが分かりましたね。是非、洗顔も忘れずに行うことで美肌を手にいれましょう。

このダブル・クレンジングがもたらす影響は思ったよりもとても大きいです。クレンジングをして洗顔もするなんて面倒だなと思う方もいるかもしれませんが、是非このひと手間を忘れないでください。

また洗い終わった後は、ぬるま湯でしっかりオイルを落とすこと、化粧水や乳液でしっかりと保湿してあげることを忘れないでください。これだけで汚れを落とし、お肌を清潔に保つだけでなく、内側から綺麗にしてくれます。いつものスキンケアと一緒に是非試してみてはいかがでしょうか?いつものクレンジングでお肌を素敵に綺麗に保てるようになるといいですね。是非、試してみてはいかがでしょうか?

クレンジングオイルとは

ひとくちにクレンジングオイルといっても、様々な種類があります。

基本的には、肌の角質や汚れを落としてくれて、肌を清潔に美しく溜まってくれるクレンジングオイルですが、正しいものを選ばないと、逆効果になってしまう場合も・・・。

そこで、続いて肌質にあったクレンジングオイルの特徴について、ご紹介します。

乾燥肌

まず、乾燥肌で悩んでいる方にオススメなのは、あまりオイリー要素が強くない、さっぱりとしたクレンジングオイルがオススメです。

どうしても乾燥肌だと、潤いをあり戻すためにオイリーなものを使おうとしてしまいがちですが、逆効果です。肌を油分で浸してしまうことで、肌が突っ張ってしまい、更に乾燥肌になってしまうことがあります。

同様に、ニキビや肌荒れなど、お肌に悩みを抱えていたり、敏感肌の方も、低刺激のクレンジングオイルがオススメです。普段の食事と同様に、油は摂取しすぎるとマイナスに働きますが、取らなさすぎると肌が枯渇してしまうため、さまざまな低刺激のクレンジングオイルを試してみて、肌に合うものを選んでみましょう。

敏感肌

また、敏感肌さんには特に、低刺激でありながらも、クレンジング力が高いクレンジングオイルを選んでいただきたいです。どうしても顔は一番デリケートであり、こすればこするほど、傷がついてしまいがちなので、優しくこすってもするっと化粧や汚れを落としてくれる、クレンジングオイルが理想的です。

オイリー肌

オイリー肌の方や、あまりお肌にトラブルを抱えていない方も、今後トラブルを抱えてしまわないためにも、クレンジングオイルに拘ることが重要です。特に、しっかりとメイクをしたいときなどは、オイリー要素の強いクレンジングオイルを使ってしっかり汚れを落として肌のコンデションを整えた後、メイクをすることで、より一層メイク映えいたしますが、毎日刺激の強いものを使っていると、やはり、あまり肌にはよくありません。

オイリー肌だと思っていても、肌の表面に油が浮いているだけで、隠れ乾燥肌だったりすることもあるので、注意が必要です。

また、良質なオイルを選ぶことで、一層肌を輝かせてくれるものもあります。そんな良質なオイルの代表のひとつが、ホホバオイルです。ホホバオイルとは、自然由来のオイルで、肌に馴染みやすく、低刺激で使うことでクレンジングオイルとしての効果はもちろん、雑菌や紫外線からも肌を守ってくれることで、人気の高いオイルです。

ホホバオイルにはビタミンBも豊富に含まれているため、肌の老化を防ぐ効果もあると言われています。天然由来のものでいうと、オリーブオイルを使ったクレンジング方法も人気が高まっています。ホホバオイルと同様に低刺激で、またオリーブオイル独特の香りに、クレンジング中癒されます。ただし、食用のオリーブオイルの場合は、中にオリーブの細かい繊維などが残っている場合もあり、逆にそれが肌を傷つけてしまうこともあるため、注意が必要です。

クレンジングをするには手順が大事!TゾーンからUゾーン

皆さんはクレンジングをする時、どんな順番で洗っていますか?洗う順番なんて考えたことがないという方は、この機会におすすめの手順をマスターしていきましょう!手順を間違えてしまうと、皮脂分泌の多いTゾーンの汚れがしっかり落ちなかったり、何度もこすってしまってお肌に負担になってしまうことがあるからです。

今のお肌は肌トラブルがなくても、5年後10年後のお肌を考えた時に今よりも美しくいられるかどうか?これを基準にして考えてみてください。いつまでも若々しいお肌でいるためには、こうした予防が大切です。

ステップ①:Tゾーン

まずは、クレンジングをする時の手順ですが基本的には皮脂分泌の多いTゾーンから洗っていきます。

Tゾーンとは、鼻から額にかけて文字通りTになっている個所です。ここは、特に皮脂分泌量が多く汗もかきやすいので丁寧に洗っていきましょう。

ステップ②:Uゾーン

綺麗に洗ったら、次は顎ラインからフェイスラインにかけてUゾーンを中心に洗っていきます。このUゾーンは、お肌の中でも乾燥しやすく負担がかかりやすい部分なので優しく丁寧に洗うことが大切です。こするのではなく、優しくなでるようにメイクを落としていきましょう。

ステップ③:目元と口元

そして、Uゾーンが終わったら最後は目元と口元です。目元や口元というのは、お肌の中でも特に皮膚が薄く負担がかかりやすい箇所なので、クレンジングは一番最後に行います。

お肌の状態に合わせて、この部分だけは弱いタイプのクレンジングに変えてみてもいいですね。乾燥が気になる方、お肌が弱い方はなるべく刺激の少ないものを選ぶことが大切です。

またクレンジングをする時は、なるべく1分以内で汚れを落とすように気を付けましょう。メイクが落ちるまでだらだら洗うのではなく、なるべく短時間で必要最低限で済ますように心がけましょう。必要最小限のクレンジングで済ませられるようにこころがけると、お肌にかかる負担も最小限で済むのでいつも美しく健康なお肌でいられます。

そしてクレンジングをした後のお肌は、とても乾燥しやすいのでしっかりと化粧水で保湿してあげてください。たっぷりと使ってお肌の潤いを与えてあげます。

そして気を付けたいのが、乳液を塗るタイミングです。化粧水はなるべく早くつけてあげることが大切なのですが、乳液をぬる時は化粧水がしっかりお肌に浸透してから、お肌にまだ残っている状態で乳液をつけてしまうとべたつきの原因になり、せっかく塗った乳液がお肌に浸透しないうちに乳液をぬることであまり効果がなくなってしまいます。そうならないために、乳液を塗るときはしっかり化粧水がお肌に浸透してから塗るようにしましょう。

乳液の役割は、お肌を乾燥しないようにするためです。化粧水の潤い成分を閉じ込める働きもあるので、しっかりと浸透したことを確認してから塗るようにしてくださいね。これで、お肌の基本的なスキンケアのポイントはばっちりでしょう。今まであまり順番を考えていなかった方は、この機会にTゾーンからUゾーン、お肌の薄い目元口元を意識して洗うようにしてください。これだけでも、お肌にかかる負担が減るので今までよりも綺麗に美しく健やかなお肌を手に入れられるはずです。是非試してみてくださいね。

安いのに角栓すっきり!プチプラクレンジングオイルランキング

第15位 ドゥサンクィルのクレンジングオイル

メイク落としが肌に負担をかけていると感じることがありませんか。クレンジング後に肌がつっぱる、肌がくすんでいる、そんな悩みを抱えているなら肌に負担をかけている可能性があります。

肌への優しさを考えたクレンジングが「ドゥサンクィルのクレンジングオイル」です。ツバキオイルを贅沢に使用したクレンジングが、優しくメイクを落とします。

特徴

ドゥサンクィルのクレンジングオイルは、ツバキオイルを贅沢に使用。使用しているツバキオイルは、五島列島で栽培された椿から抽出をしています。

五島列島は、九州の最西端、長崎港から西に100kmの場所に位置する、大小140もの島々からなる列島です。澄んだ太陽の恵みや青い海から吹き抜ける風を受けて、1000年前から椿が自生してきました。

オイルは「玉締め式」という余分なものを抽出しない製法で絞られています。人の皮脂に近いオレイン酸を豊富に含み、肌を保護しながら潤いを与えます。さらに、ローヤルゼリー、モモ葉エキス、カンゾウ根エキス、キダチアロエ葉エキス、スクワランなどの美容成分も配合。メイク落としをしながら健やかな肌をサポートします。

毎日使うものだからこそ肌への優しさを考えて、香料、着色料、鉱物油、パラベンは不使用です。椿のような赤いパッケージが素敵です。ポンプ式で取り出しやすくなっています。

使い方

手のひらに適量を取り出して、くるくる円を描くようにマッサージしてメイクとなじませます。メイクとよくなじんだら、拭き取るかぬるま湯で洗い流します。その後に洗顔をすることをおすすめします。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 真っ赤な容器がかわいいです。手に取り出してみるとさらさらしていて、メイクとじんわりなじんでいきます。あっという間にメイクとするするとなじんで、つっぱることなく洗いあげてくれました。小さいサイズなので持ち運びに便利です。今まで使ったクレンジングオイルの中でも気に入っています。
  • オイル特有の臭いや重たさがなく、さらっとした使用感です。マッサージするようになじませていると、驚くほどするすると落ちます。マスカラも落ちました。オレイン酸のおかげなのか、洗いあがりがつっぱりません。クレンジング力がしっかりとあり、それでいながらしっとり洗いあげてくれるので、しっかりメイクをしているときによさそうです。
  • さらさらしたテクスチャーのオイルでメイクとのなじみがよいです。力を入れる必要がなく、どんどんメイクとなじんでいきます。汚れが浮いてきたらぬるま湯で洗い流し、その後に洗顔をしています。目の下にうっすら汚れが残ることが気になっていたのですが、このクレンジングはきちんと落としてくれました。洗顔後もつっぱらず、ローションでケアをした後のように潤っていることが不思議です。

いつものクレンジングが肌に負担をかけている可能性があります。クレンジング後のつっぱりや肌の不調が気になるなら、クレンジングを見直してみませんか。ドゥサンクィルのクレンジングオイルは、人の皮脂に近いオレイン酸を豊富に含むツバキオイルを贅沢に使用しています。メイクをきちんと落としながらも、しっとりとした洗いあがりです。優しくメイク落としをしませんか。

第14位 然のぼんたんクレンジング

クレンジングの目的はメイクや皮脂汚れを落とすことですが、しっかり落とすクレンジングは肌への負担が気になります。優しさにこだわったクレンジングが「然のぼんたんクレンジング」です。植物由来100%、肌をいたわりながらしっかり落としたい方におすすめです。

特徴

然のぼんたんクレンジングは植物由来100%、美容成分は85%以上配合をしています。一般的なクレンジングは界面活性剤やpH調整剤なども配合されていますが、然のぼんたんクレンジングは石油系界面活性剤、防腐剤、合成香料、合成着色料、エタノール、鉱物油は使用していません。

ベースとなるものが、オリーブオイル、グレープシードオイル、ホホバオイル、スクワランなどの美容オイルです。これらのオイルには、潤い肌に導くナリンギンや水分保持を助けるギャバ、肌本来の力をサポートするオーラプチンなどが含まれています。オイルの力が肌に優しく汚れを落とします。

そして、ぼんたん果実も使用。ぼんたんは大きな実をつけることが特徴ですが、実をつけるまでには15年もの年月がかかるのだそうです。雑草取りや間引きなど、農家さんが丁寧に愛情込めて栽培をして、やっと大きな実をつけます。

愛情いっぱいに育てられたぼんたんは、一つ一つ丁寧に皮をむき、果皮に含まれる成分を壊さないように、大分県の胡椒屋さんが細かく裁断、福岡県のお醤油屋さんがエキスを抽出します。

柑橘系の果皮にはリモネンという成分が含まれていますが、大きな実をつけるぼんたんはリモネンを豊富に含んでいます。リモネンには脂を落とす働きがあります。さらに、ぼんたんはビタミンCも豊富です。ビタミンCが年齢肌に働きかけて、ワントーン明るい肌に導きます。

柑橘系の香りが漂い、気分のリフレッシュにも。

使い方

手のひらに3から4プッシュを取り出します。手のひらで温めるとなじみがよくなります。顔の内側から外側に向かって、くるくると円を描くようにメイクとなじませていきます。小鼻の周りやあごは指先を使って特に丁寧に洗いましょう。その後にぬるま湯で洗い流します。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • ぼんたんのよい香りがします。人工的な香りではなく、自然な香りで癒されます。毎日のクレンジングのときによい香りで癒されることで、疲れが吹き飛んでいきそうです。べたつくことはなく、なじみがよくて、洗いあがりがするんとします。つっぱりは感じません。ウォータープルーフも落ちました。
  • オイルタイプのクレンジングは苦手なのですが、試しに使ってみました。本当にオイル?と思うほど使い心地がよいです。軽くなでるだけでマスカラが落ちます。洗いあがりはつるんとしっとりです。ほんのり柑橘系の香りがするところも気に入っています。ずっと使い続けています。

然のぼんたんクレンジングは、植物由来100%、美容成分85%以上、成分と優しさにこだわったクレンジングです。メイクを落とした後に肌がつっぱったり、クレンジングが肌に負担をかけていると感じることがありませんか。そんな悩みを抱える方におすすめです。毎日肌に触れるものだからこそ、優しさにこだわってクレンジングを選びませんか。

第13位 DHCのVCクレンジングオイル

凹凸の目立ち、くすみ、ハリ不足、こんな悩みがありませんか。肌悩みケアのポイントは、しっかり汚れを落とすことと、美容成分でケアをすることです。「DHCのVCクレンジングオイル」は、汚れを落とすとともに、4種のVC配合で肌悩みに働きかけるクレンジングです。クリアな肌に導きます。

3つのおすすめポイント

①4種類のビタミンC配合

凹凸が目立ったり、くすんでいたりすると、メイクがうまく決まりませんよね。毎日のメイクに苦労をしている方もいるはず。そんなときにはビタミンCがおすすめです。

凹凸目立ちの原因、ふっくらハリ、透明感、キメに働きかける4種類のビタミンCを配合。気になるデコボコ、肌のざらつき、くすみなどに働きかけて、つるんとした肌作りをサポートします。

②毛穴の汚れも落とす

肌に伸ばしていると優しい温かさを感じる温感作用のあるクレンジングです。落としにくいマスカラも優しく包み込み、すっきりと汚れを落とします。さらに、角質クリア成分配合で毛穴の黒ずみや古い角質にもアプローチ。とろんとしたテクスチャーだから液ダレしにくく、優しくマッサージしながら洗えます。

③保湿成分配合

桜の花エキス、イラクサエキス、コラーゲン、ヒアルロン酸などの保湿成分を配合。年齢を重ねた肌は皮脂分泌量が減り乾燥しがちです。クレンジング後に肌がつっぱることがあります。そんな肌にとって保湿成分配合だとしっとりした洗いあがりでうれしいです。

着色料、鉱物油、パラベン、アルコールは不使用です。

使い方

手のひらに3プッシュを取り出し、メイクと優しくなじませます。その後に水またはぬるま湯で十分に洗い流します。濡れた手や顔でも使用できますが、非常に濡れているときには軽く水気を拭き取ってください。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • とろんとしたテクスチャーで柑橘系の香りがするオイルです。肌になじませているとじんわりとした温かみを感じられて、メイクとなじんでいきます。洗い流した後は肌がふっくら柔らかく感じられ、1回の使用でも手触りの違いがわかりました。使い続けて毛穴どう変わるか楽しみです。
  • 手に取り出したときには重たさを感じたのですが、なじませているとオイルがゆるくなってきて、メイクを落としてくれるだけでなく、角栓もきれいになりました。洗いあがりはすっきりするのにつっぱりません。オイルだけれど洗い流しが楽です。汚れ落ちに満足です。柑橘系の香りに癒されます。
  • ビタミンCが配合されていて、毛穴対策になるかと思って購入しました。肌の上でくるくるなじませているとぽかぽかしてきて、毛穴の汚れを落としてくれます。メイク落ちがよく、角栓でざらざらしていた肌がつるつるになりました。でも、乾燥してつっぱることがなく、しっとりした洗いあがりです。

DHCのVCクレンジングオイルは、肌の凹凸やくすみなどが気になるときにおすすめです。温感作用のあるオイルがメイクや毛穴の汚れを落とし、美容成分配合で透明感やキメなどをサポートします。洗いあがりはつるつる滑らかなのに、適度なしっとり感が。汚れを落としながら肌悩みをケアしていきませんか。

第12位 アーキュンのクレンジングオイルローズヒップ

オイルタイプのクレンジングは汚れ落ちがよいことが特徴ですが、必要な潤いまで奪ってしまって肌がつっぱったり、洗い流した後にオイル特有のべたべたが残ることがあります。つっぱるのも、べたべたするのも不快ですよね。

「アーキュンのクレンジング オイル ローズ ヒップ」は、気持ちよくメイク落とししたい方におすすめのクレンジングです。毛穴の汚れをサッと浮かせて、肌に負担をかけずに洗いあげます。

3つのおすすめポイント

①天然オイルをブレンド

ローズヒップオイルをベースに、スクワラン、ホホバ種子油、チャ種子油、コメヌカ油などをブレンド。特に注目の成分がローズヒップオイルです。ローズヒップはビタミンCが多く、ビタミンCの爆弾ともいわれています。必須脂肪酸も含んでいて、乾燥肌にもおすすめです。

保湿作用の高いさまざまなオイルが、肌の潤いを守りながら毛穴の汚れをサッと浮かせます。オイル特有のべたつきはなく、快適な使用感です。

②保湿エキス配合

カミツレ花エキスとオタネニンジン根エキスの保湿エキスを配合。汚れをサッと浮かせるのに、つっぱりの気にいならない洗いあがりです。肌の負担を抑えて汚れを落としていきます。

③無添加&オーガニック

ホホバ種子油、ローズマリー葉エキス、カミツレ花エキスなど、オーガニック認証成分を積極的に使用しています。

防腐剤やパラベンは使用せず、ローズマリー葉エキスなど複数のハーブをブレンドすることで、常温で未開封の場合は2年間、開封後は3か月間保存ができます。合成防腐剤は製造段階から徹底的に排除をしていて、キャリーオーバーも含めて使用していません。合成香料、合成着色料、鉱物油も不使用です。

使い方

手のひらに適量を取り出し、メイクとよくなじませます。その後に水またはぬるま湯で洗い流します。クレンジングの後に洗顔をすることをおすすめします。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 濃いメイクをしっかり落としてくれるクレンジング力なのに、肌がかさつくことがありません。ローズヒップオイルなど天然のオイルが配合されているからなのかしっとりします。滑らかで気持ちがよい肌触りです。オイル特有のべたつきがなく快適に使用できます。
  • サラサラしたテクスチャーで使いやすいです。クレンジング力があって毛穴の汚れも浮かせてくれます。オイルをくるくるなじませている間に、肌が滑らかになってくることを感じられました。すすぎをサッと済ませられるので、本当にオイルなのかと思いました。乾燥もしなくて気に入っています。
  • 一度できちんとメイクを落とせて、オイルのぬめりが肌に残ることがありません。メイクがちゃんと落ちるのに肌がつっぱることがなく、潤いを守ってくれています。穏やかにメイク落としができて肌ストレスが少ないです。洗い流した後は肌触りがよいです。

アーキュンのクレンジングオイルローズヒップは、ローズヒップオイルをはじめとした保湿力の高いオイルをブレンドしたクレンジングです。メイクをきちんと落とすのに、肌の潤いは守って洗いあげます。べたつきは残らないので心地よい使用感です。毎日使うものだからこそ、快適にメイク落とししたいですね。

<<Amazon>>

第11位 エスコスのシトラスクレンジングオイル

洗いあがりに肌がつっぱり、カサカサする、こんな経験がありませんか。毎日のクレンジングが肌に負担をかけていることが。

肌への負担が気になる方におすすめのクレンジングが「エスコスのシトラスクレンジングオイル」です。オーガニックオイルを配合したクレンジングが、こすらずするんとメイクを落とします。

3つのおすすめポイント

①オーガニックオイル配合

ホホバオイル、オリーブオイルなどをベースにして、オーガニックオレンジオイルとレモンオイルを配合。

口紅やマスカラを強くこすらずにするんと落とします。ゴシゴシ洗いは肌に大きな負担をかけて、毎日負担をかけ続ければ肌トラブルにつながることも。でも、こすらずするんと落とせるタイプなら肌に優しい使い心地です。オイルをたっぷりと配合しているのにヌルヌルせず、毛穴の奥まですっきりと洗いあげます。

②柑橘系の香り

仕事や家事で1日頑張った後、「疲れたー」と思うことがありませんか。そんなときに、よい香りを嗅ぐとすっきり気分がリフレッシュしますよね。シトラスクレンジングオイルは、爽やかな柑橘系の香りです。クレンジングしながら気分のリフレッシュに。

③肌に負担のかからない設計

合成香料、合成色素、鉱物油、保存料は無添加です。軽いメイクならダブルクレンジングは不要です。ダブル洗顔によって肌の潤いが失われたり、摩擦で肌を傷つけてしまうことが。ダブル洗顔不要なら、何度も洗うときの摩擦の影響が軽減されます。

使い方

乾いた手で使用をしてください。ポンプをプッシュして手のひらに適量を取り出し、メイクとなじませてから水またはぬるま湯で洗い流します。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 今まで使ってきたオイルと使い心地が全然違います。オイルクレンジングはさらさらしすぎて垂れてきてしまうものがあるけれど、これは程よい密着感で肌になじませやすいです。ゴシゴシこすらなくてもアイメイクやリップが落ちました。香りは柑橘系で、オイル特有のニオイを感じさせずにとてもよいです。オーガニック成分配合で肌に優しく、洗い流し後に乾燥しません。香りも使用感もとっても気に入っています。
  • クレンジングオイルは乾燥するという考えを覆してくれた製品です。きれいさっぱり落としたいけれど乾燥はしたくないという、わがままな私の望みを叶えてくれました。きれいに落とすのに乾燥せず、こんなクレンジングオイルにははじめて出会いました。肌に負担をかけるようなものは配合されていないので、敏感肌にもよさそうです。
  • オイルをのせて2回くるくるしただけで口紅が消えてしまいました。洗浄力があるのにこする回数を減らせるので、肌への負担が少ないように感じます。普段ならクレンジングオイルで洗った後にヌルツキが残るのでダブル洗顔が必要ですが、さっぱりした洗いあがりなのでこれだけでもよいように感じます。肌の負担を減らせるところがとってもよいです。

クレンジングが肌に負担をかけていると感じるなら、今使っているクレンジングを見直してみませんか。エスコスのシトラスクレンジングオイルは、ヌルツキなく洗いあげるのに優しい使用感が特徴です。柑橘系の香りに包まれながら、口紅や毛穴の汚れを洗いあげます。

<<Amazon>>

第10位 ドクターイノーベルのクレンジングオイル

ドクターイノーベルは富山のお薬屋さんが作った無添加化粧品です。「ドクターイノーベルのクレンジングオイル」は、しっかり落ちしながらも優しさを考えて作られています。さらに、美容成分配合で美容面もサポート。しっかり落としたいけれど肌への負担が気になる方におすすめです。

特徴

コメヌカ油、コメ胚芽油、オオミテングヤシ果実油などのオイルを使用しています。これらのオイルにはビタミンEが豊富に含まれていて高い抗酸化力を持っています。さらに、オオミテングヤシ果実油はカロテンやオレイン酸も豊富。メイクや皮脂汚れ、毛穴の汚れをしっかり落とすのに優しい使い心地です。

オイルはオレンジ色をしていますが、これはアスタキサンチンを配合しているからです。アスタキサンチンは、オキアミ、エビ、鮭など自然界にも存在する色素成分で高い抗酸化作用を持っています。その抗酸化力はビタミンEの1000倍、ビタミンCの6000倍ともいわれています。抗酸化作用が注目されて、化粧品やサプリメントなどに使用されています。そんなアスタキサンチン配合だから、メイク落としだけでなく美容面もサポートします。

オイルにはクッション性があり、摩擦を抑えて肌負担の少ない使い心地です。滑らかに伸びてメイク汚れとなじんでいきます。パラベン、アルコール、合成香料、合成着色料は不使用です。ラベンダー油配合で優しい香りが漂います。

使い方

手のひらに適量を取り出して、くるくるとマッサージするようにメイクとなじませます。その後に水またはぬるま湯で十分に洗い流します。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • メイク落ちが爽快でさっぱりと洗いあげてくれます。オイルクレンジングはぬるぬるが苦手だったのですが、べたつきが残らず毛穴の奥まで落ちたという感じがします。がっつりとしたアイメイクも落ちました。しかも、パラベンやアルコールなど使っていなくて肌に優しいです。続けやすい価格だし、とっても気に入っています。
  • 敏感肌でも使えそうだったので購入しました。肌をこすらずにするする落ちて、肌負担を感じるに洗いあげてくれます。しっかり落ちているのに肌がつっぱりません。アスタキサンチンのオレンジ色に最初は驚いたのですが、使い続けていると慣れてきました。香りはラベンダーで私好みです。気に入って4本目を使っています。
  • オイルクレンジングを使うと肌が乾燥するので避けていたのですが、美容部員さんの間で評判だと聞いて使ってみました。鼻の毛穴のつまりがすごく気になっていたのですが、だんだんきれいになってきました。毛穴の汚れがちゃんと落ちています。翌朝はメイクノリがよいです。1か月使用し続けていますが乾燥は気になりません。私の肌にもあっているようなのでリピ決定です。

ドクターイノーベルのクレンジングオイルは、抗酸化作用の高いオイルとアスタキサンチンを配合したクレジングです。しっかり汚れを落とすのに、洗いあがりの乾燥を抑えてくれます。そして、アルコールなど肌に負担をかけやすいものは無添加です。富山のお薬屋さんが作った無添加の化粧品です。肌のことを考えながら優しくしっかりメイク落とししませんか。

<<Amazon>>

第9位 Larネオナチュラルのモイストクレンジングオイル

クレンジング後は肌がつっぱる、メイクがきちんと落ちていない気がする、肌トラブルに悩まされ続けている。こんな悩みがあるならクレンジングを見直してみませんか。

メイク落ちにも肌への優しさにも使った方の90%以上が満足してくるクレンジングが「Larネオナチュラルのモイストクレンジングオイル」です。メイクを落としながら、しっとりした手触りの肌へと導きます。

3つのおすすめポイント

スキンケアの最初のステップがクレンジング(洗顔)です。メイクをしっかり落とすことは、肌トラブルを防ぐために大切なことですが、メイク落ちがよいものは肌が乾燥してしまいますよね。そうかといって、優しい洗い心地のものではメイク汚れが残ってしまうことがあります。

Larネオナチュラルのモイストクレンジングオイルは、素肌のことを考えたクレンジングです。おすすめポイントは3つあります。

①自然素材100%

クレンジングオイルで洗った後に肌がつっぱってしまうのは、脱脂力が強いオイルや石油由来成分を使用しているからです。そのため、肌の健康を考えるならどのようなオイルを使っているのかが重要になります。

Larネオナチュラルのモイストクレンジングオイルは100%自然由来の成分で作られています。石油系合成界面活性剤、鉱物油、香料、保存料、BG、パラベンは不使用です。植物由来オイルと大豆レシチンの力でメイクを落とすので、洗いあがりのしっとりした潤いを守ります。

②こすらず落とす

植物由来のオイルはメイク落ちが悪いイメージがありませんか。しかし、ベースメイクはなでるだけでするんと。一部のウォータープルーフやティントリップは落ちにくいことがありますが、毛穴の中のメイクまでオフします。

③さらっと流せる

クレンジングオイルを使っていて気になる点が、洗い流しの際のべたつきではないでしょうか。しっとり感が残るものは、ぬめりが残っていることが珍しくありません。しかし、Larネオナチュラルのモイストクレンジングオイルは大豆レシチンで乳化をしているので、べたつきが残らずさっぱりした洗いあがりです。

使い方

乾いた手のひらに5プッシュ取り出し、顔全体に広げてメイクとなじませます。汚れが浮き上がってきたら、少量の水を加えて乳化させながら洗い流します。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • オイルなのにさらさらしたテクスチャーです。香料や防腐剤など不使用なので安心して使えます。ほのかな香りがして癒されます。潤いが残るのにべたつかず、さっぱりした洗いあがりです。たまに他のクレンジングを使うことがありますが、やっぱりこれに戻ってきます。
  • 月桃の自然な香りが好きです。オイルのなのにべたつかず、さっぱり洗い流せます。今までクレンジングには気を遣っていなかったのですが、クレンジングを変えただけでその後に使う化粧品の感覚が違うので驚いています。ずっと使い続けたいと思うクレンジングです。

Larネオナチュラルのモイストクレンジングオイルは、100%自然素材でできた肌に優しい使い心地のクレンジングです。優しいのにメイク落ちにも満足できるはずです。肌トラブルに悩んでいるなら、スキンケアの最初のステップのクレンジングを見直してみませんか。

<<Amazon>>

第8位 Deveのオリーブ&アルガンクレンジングオイル

クレジング後に肌が乾燥したりつっぱったり、乾燥による毛穴の目立ちがあったり、こんな悩みがありませんか。毎日のように行うクレンジング。今のクレジングは肌にあっていますか。

「Deveのオリーブ&アルガンクレンジングオイル」はクレンジング後の乾燥やつっぱりに悩む方におすすめです。しっとりした洗いあがりをサポートします。

特徴

オリーブ&アルガンクレンジングオイルは、アルガンオイルやオリーブオイルなどの天然オイルを贅沢に使用。

アルガンオイルはモロッコに生育するアルガンツリーの実から得られるオイルです。30kgの実から1Lしか得ることができない希少なものです。ビタミンEやオレイン酸を含んでいて、潤いケアやエイジングケアが期待できます。

オリーブオイルもビタミンEやオレイン酸が豊富なオイルです。オイルの力が毛穴の汚れにアプローチをします。

ホホバ種子油はホホバの種子から得られるオイルです。他の植物油とは違ってロウを含んでいることが特徴です。ホホバ種子油は古くからアメリカ先住民にやけど、傷、湿疹の治療、スキンケア、ヘアケアなどに利用されてきました。

さらに、保湿成分のグリセリンも配合。贅沢なオイルや保湿成分配合でしっとりとした洗いあがりに。

青りんごのような爽やかな香り、W洗顔不要、濡れた手でも使用ができます。ポンプ式で大容量500mlです。ポンプをプッシュするだけで、お風呂場でも使用ができると助かりますね。

使い方

手のひらに適量を取り出し、メイクとなじませます。よくなじんだら水またはぬるま湯で洗い流します。濡れた手や顔でも使用できますが、落ちにくいメイクをしているときには乾いた手や顔で使用することをおすすめします。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • こっくりしたオイルでメイクとよくなじみます。ほどよく厚みがあるのでメイクとなじませやすいです。くるくるマッサージをしていると毛穴の汚れが取れてきました。そして香りがよいです。使用感、香り、価格どれも満足していて、リピ決定です。
  • たっぷりとクレンジングを使って落としたいので、大容量なことがうれしいです。ウォータープルーフのマスカラはリムーバーを使っていますが、ベースメイクやウォータープルーフでないアイメイクは落ちました。オイルは固めのテクスチャーで洗っているときにたらーっと垂れてくることがなく使いやすいです。安くて使いやすいところがうれしいです。
  • 大容量で1000円もしないで購入できて、それでいて心地よい使用感です。もう4本くらいリピートしています。とろみのあるオイルでほのかに爽やかな香りがします。香りは気になるほど強くはありません。手のひらに適量を出して、くるくるマッサージをしていると、メイクが溶けていくような気持ちよい心地でクレンジングできます。洗いあがりはしっとりですが、オイルが残っているような感じはなく、きちんと落とせている感があります。

毎日使うクレンジングだから、気持ちよく使用したいですよね。Deveのオリーブ&アルガンクレンジングオイルは、贅沢にオイルを配合したクレンジングです。しっとりした洗いあがりなのでクレンジング後のつっぱりが気になる方におすすめです。

<<Amazon>>

第7位 うる肌うるりの毛穴クレンジングオイル

毛穴の黒ずみ、角栓、凹凸、開き、こんな悩みがありませんか。その原因は毎日使っているクレンジングかもしれません。時間をかけてこすり洗い、ファンデーションで毛穴を隠せない、乾燥するのが嫌で洗浄が不十分、これらに当てはまる人は要注意です。

「うる肌うるりの毛穴クレンジングオイル」は、毛穴の悩みを抱える方におすすめのクレンジングです。するりとオフして、つるんとした肌に導きます。

3つのおすすめポイント

洗浄力の高いクレンジングは肌に必要な潤いを奪って乾燥を進行させます。しかし、洗浄力が不十分ではメイク汚れが残ってしまい、汚れが酸化をして肌にダメージを与えます。

しっかり落とすためにこすり洗いをするのも肌に負担をかける行為です。こすり洗いは、紫外線や花粉などの外部刺激や乾燥から守ってくれている肌のバリアを弱めてしまいます。こういったことが原因で、毛穴の黒ずみ、角栓、凹凸などのトラブルを招くことがあります。

クレンジングで重要なことは、こすらずに落とす洗浄力と乾燥させない優しさです。うる肌うるり 毛穴クレンジングオイルが、潤ってつるんとした毛穴に整える秘密は3つあります。

①毛穴クリア成分配合

皮脂やメイク汚れとなじみのよいメドウーフォームとマカデミアナッツ油が、毛穴の汚れをつるんと浮かせてオフ。ビタミンAとビタミンCが働きかけて、滑らか肌に整えます。

するっとした洗浄力だから、ウォータープルーフの日焼け止めやフィルムマスカラも強くこすらずにオフ。ダブル洗顔は不要です。

②美容成分97%

アルガンオイル、アボカド、ヒマワリ、甘草、カミツレなどのボタニカル成分を配合。97%が美容成分で洗いあがりの潤いを守ります。

③敏感肌に優しい

肌への優しさを考えた無添加・低刺激処方です。着色料、香料、鉱物油、防腐剤、エタノールは無添加、パッチテスト済みです。香りがしますが、ラベンダーやローズマリーなど植物によるものです。

使い方

手のひらに適量を取り出します。使用量が少ないと摩擦が生まれてしまうので、適量を使うように気をつけてください。メイクとなじませたら、水またはぬるま湯で洗い流します。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • メイクをしっかり落とすにはオイルクレンジングがよいのだろうとは思っていても、オイルは重たくて苦手でした。このクレンジングは軽い使い心地で伸びがよく、メイクとのなじみがよいです。こすらず落とせることも大切だと思います。濃いメイクをするりと落として、肌の潤いを守ってくれるところがすごいです。
  • 乳液をなじませているような、スキンケアをしているような感覚のクレンジングです。さらさら~っと洗い流せてすすぎが楽です。洗いあがりは肌がすべすべで、キメが整うように感じます。朝起きたときや夕方に角栓が目立つ状態だったのですが、毛穴がきれいになってきました。おかげでメイクのノリがよいです。

毛穴を隠すためにファンデーションを厚塗り、汚れを落とすためにごしごし洗い。こんな経験がありませんか。毎日の毛穴への対処に苦労をしている方もいるはず。毛穴の悩みの原因はクレンジングかもしれません。クレンジングを見直して、つるんとした毛穴を目指しませんか。

<<Amazon>>

第6位 ミアロッテのブライトアップクレジングオイル

鏡を見たときに自分の肌の調子がよいと気分もよくなりませんか。

自分の肌に自信を持ちたい方におすすめが「ユメバンク Mialotte(ミアロッテ)のブライトアップクレンジングオイル」です。肌負担を最小限に抑えたクレンジングオイルが、くすみの気にならない「いいね」と言いたくなるような肌に導きます。

3つのおすすめポイント

①くすみにアプローチ

肌にたまった古い角質は、ゴワゴワでくすんだ肌に原因です。オレンジ果実エキス、レモン果実エキスなど5つの果実植物エキスが、ゴワゴワ固くなった角質を柔らかくして、古い角質を落とします。

乾燥もくすみの原因です。肌が乾燥をするとキメが乱れて光の乱反射が起こり、くすんだような印象になります。乾燥くすみにはホホバ種子油、ツバキ種子油などの保湿成分がアプローチ。天然由来成分を90%以上配合しています。

②肌負担を軽減

クレンジングオイルはもったりとしていて、伸びがよくないことがあります。しかし、ブライトアップクレンジングオイルはさらさらなテクスチャーです。素早くメイクとなじみ、水切れもバツグン。すっきりとした洗い心地です。

③肌への負担を考えた設計

毎日使うものだからこそ、肌への負担を考えた7つの無添加です。パラベン・シリコン・合成香料・エタノール・合成色素・紫外線吸収剤・タール系色素は無添加です。グレープフルーツのような香りがしますが天然アロマの香りです。塗れた手でも使用できます。W洗顔不要で何度も洗顔をする負担が軽減されます。

使い方

ポンプをプッシュして適量を手に取り出し、顔全体に広げてメイクとなじませます。よくなじんだら水またはぬるま湯で洗い流します。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 落ちがよくて、3度塗りしているマスカラが落ちたことに感動しました。毛穴汚れも落ちて優秀です。ザラザラ感がなくなるのに乾燥しすぎるということはなく、心地よい使い心地です。天然アロマの香りで気持ちも落ち着きます。
  • こすらなくてもするっと落とせて、洗い流した後は肌が明るくなっているように感じます。オイルなのにべたべたしないし、マツエクにも使えるところがうれしいです。汚れがよく落ちるのにしっとりしてつっぱらず使いやすいです。気になっていた毛穴も汚れが落ちてきたようで、やっと気に入ったものに出会えました。
  • パッケージがかわいいです。無添加なので優しい印象があり、安心して使えそうです。オイルは柔らかなテクスチャーで、こすらなくても隅々まで洗ってくれます。乾燥肌・敏感肌ですがクレンジング後につっぱりがありません。しっとりするけれど、オイルの変なぬめりは感じません。W洗顔不要なので面倒くさがりな私にはうれしいです。

明るく澄んだ肌を鏡でみると思わず「いいね」と言いたくなりませんか。ミアロッテのブライトアップクレジングオイルは、くすみをケアして明るい肌に導くクレンジングです。オイル特有のもったり感がなく、さらっと柔らかなオイルが素早くメイクとなじんですっきりと落とします。天然由来成分90%以上だから、洗い流した後の肌はしっとりに。汚れをしっかり落としながらも潤いを守る洗いあがりです。

<<Amazon>>

第5位 メイク汚れと毛穴のケアにラボラボのスーパー毛穴オイルクレンジング

毛穴の汚れや肌のザラツキ、メイクオフと一緒に毛穴のトラブルもケアできたらうれしいと思いませんか。

目立つ毛穴や肌のザラツキは、メイクのノリを悪くする原因です。毎日のメイクに手間がかかっている方もいるのではないでしょうか。

メイクオフと毛穴のケアにおすすめのクレンジングが「ラボラボのスーパー毛穴オイルクレンジング」です。メイクと同時に毛穴の汚れもオフすれば、つるんと滑らかな肌に。もっちり肌に洗いあげます。

3つのおすすめポイント

①ウォータープルーフのマスカラもするん

ウォータープルーフのマスカラは落としにくいですよね。専用のリムーバーを使わないと落とせないこともあり、メイクオフに手間がかかります。しかし、スーパー毛穴オイルクレンジングならウォータープルーフのマスカラもするんと。

植物由来のオイルが毛穴やに入り込み、メイク汚れを浮かせて洗いあげます。バツグンのクレンジング力でありながらも、肌の負担を軽減します。

②ピーリング効果

肌にたまった古い角質は、角栓を形成したりザラツキの原因になります。不要な角質に働きかける成分が、天然由来の乳酸とリンゴ酸、低刺激性なパパイン誘導体です。古い角質や角栓を柔らかくほぐし、ターンオーバーをサポート。つるんとした滑らかな肌に導きます。

③スキンケア成分

キュッと引き締まった毛穴に導く4種類の成分、ノイバラ果実エキス、アーチチョーク葉エキス、ハマメリスエキス、コショウソウ芽エキスを配合。皮脂の分泌を抑えるローヤルゼリー酸も配合をして、毛穴の目立ちにくい肌をサポートします。

さらに、保湿成分のヒアルロン酸とコラーゲンを配合しているので、洗い上がりはもっちりです。

人工香料、着色料、鉱物油、パラベン、アルコールは無添加です。

使い方

濡れた手でも使用できます。3~4プッシュを手に取り出し、顔全体に広げてメイクとなじませます。よくなじんだら水またはぬるま湯で洗い流します。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 気に入っているところが、さっぱり洗えるのに潤いが残っていることです。潤いが残るクレンジングオイルはヌルヌルした感じがするのですが、これはさっぱりなのにつっぱりません。メイク落ちがよくてつるんと落ちました。
  • 角栓がとれたし、肌のザラツキもなくなりました。確実に肌が変わっています。続けていると毛穴がきれいになってきます。メイクは一度で落とすことができました。すっきりと落とせるのに洗い上がりは保湿感があります。
  • 私は皮脂分泌が多くてメイク崩れしやすいので、アイライナーやマスカラはウォータープルーフを使っていて、落とすときに専用のリムーバーが必要でした。しかし、このクレンジングオイルなら専用リムーバーを使わなくてもアイメイクを落とすことができます。また、肌のザラツキや毛穴がきれいになるので、メイクのノリがよくなります。

ラボラボのスーパー毛穴オイルクレンジングは、メイクを落としながら毛穴のケアも同時に行えるクレンジングオイルです。

ウォータープルーフーのマスカラもするん、毛穴の汚れや角栓もすっきり。すっきろ洗い流すのに洗い上がりはもっちりです。使い続けるほどに滑らか肌に近づくことが期待できます。

<<Amazon>>

第4位 クレンジングリサーチのオイルクレンジング

クレンジング後、まだ毛穴に汚れが残っていると感じることがありませんか。メイク汚れだけでなく毛穴汚れオフもサポートするクレンジングが「クレンジングリサーチのオイルクレンジング 」です。洗い流した後には、つるっとすべすべ肌に。

3つのおすすめポイント

①こすらずにオフ

メイクも毛穴の汚れも落とそうとすると、ついごしごしと力を入れがち。でも、ごしごしこすって洗うと肌に負担をかけてしまいます。

クレンジングリサーチのオイルクレンジングは、こすらずになでるだけでするっとオフ。とろみにあるオイルが摩擦を軽減して、汚れをキャッチして洗いあがりはすべすべ肌に。

②角質・角栓ケア成分配合

くすみの原因となる角質にアプローチをする角質ケア成分・フルーツ酸と、毛穴つまりにアプローチをする角栓クリア成分・ローヤルゼリー酸やローズヒップ油を配合。角質と角栓を柔らかくしながら、明るい肌に整えます。

③保湿ケア&肌の引き締め

保湿成分のリンゴ果実水とリンゴ果実エキスを配合。メイクや毛穴の汚れをオフするのに、みずみずしい肌を守ります。

さらに、肌の引き締めをサポートするアーチチョーク葉エキスも配合。アーチチョークにはシナロピクリンという成分が含まれていて、この成分が美肌にアプローチすると注目されています。

肌のことを考えた成分を配合していても、肌への負担が気になるアルコール、鉱物油、着色料は無添加です。弱酸性です。

使い方

手のひらに2から3プッシュを取り出し、メイクとよくなじませす。その後に水またはぬるま湯で洗い流します。適量を使うことで摩擦を抑えてくれるので、適量を使うように気をつけてください。濡れた手や顔でも使用できます。

口コミ

角栓対策ができるクレンジングオイルは高い、メイク落としをする時に肌が突っ張るのが気になる、オイルクレンジングはニキビが悪化しそう・・・というお悩みをお持ちの女性もいるかと思います。

そんなお悩みの解決には、「クレンジングリサーチのオイルクレンジング」がおすすめです。がっつりメイクをしていて角栓が気になったり、クレンジングジェルでは落とせない濃いメイクをしているけどオイルクレンジングは苦手という人、肌に負担をかけない角栓ケアをしたい人はチェックしてみてください。

角質や角栓を除去するのに効果的なAHA配合で、なかなか落とすことができない毛穴にこびりついた汚れを柔らかくし肌に負担をかけず効果的に除去することができます。肌をスッキリ清浄に保ち、ザラつきのない滑らかなキメの肌に整えます。固めのテクスチャのオイルが肌に密着し、落ちにくいウォータープルーフのマスカラやリップも擦らずに落とすことができます。

メイクを落としたい肌に使う場合は、まず1から2プッシュ手に取って顔に満遍なく塗ります。その後1分、濃いメイクやウォータープルーフアイテムを使っている場合は2分ほど放置します。

その後、水もしくはお湯を加えながら、メイクと馴染ませるように優しくマッサージをするように念入りに洗い流してください。その後化粧水や美容液などで肌を保湿します。

角栓や角質ケアをする時は、それらが気になる箇所にオイルを馴染ませます。そして2分ほどパックした後、クルクルと指で円を描くようにマッサージします。その後よく洗い流して、最後に保湿をしてください。

私は角栓がすぐに溜まってしまい、黒ニキビになりやすいことやコスパよく角栓ケアができるオイルクレンジングを探していて、気になったため購入しました。オイルクレンジングではありますが、かなり硬めのテクスチャで濡れた顔に使っても垂れてこなくて使いやすいです。

メイク落としとして使う時は1分ほど放置してから優しくマッサージして洗い流しますが、力を入れて擦らないでもスーッとメイクが落ちます。アイメイクはそこそこガッツリやっているのですが、ベースを塗って濃い目につけたアイシャドウも刺激無しでスッキリ落ちます。

週に3回ほど角栓ケアのためにも使っていて、黒ずんで目立つ鼻と小鼻、顎の角栓も目立たなくなりました。少しでもサボるとまた角栓が復活するので、定期的に使うのがポイントですね。

毛穴の詰まりがなくなったことでほくろのような目立つ黒ニキビも減りましたし、痛い赤ニキビや白ニキビもできにくくなったのを実感しました。オイルなのに使用後の肌は適度にしっとりするだけで、脂ぎったりベタついたりしないところがお気に入りです。

今まで他社のクレンジングオイルを使っていましたが、クレンジングリサーチのクレンジングオイルはその半分以下の価格で使用感もほぼ一緒です。なので別のオイルクレンジングから乗り換えを検討している人には、十分にその候補に入る商品と言えます。

オイルクレンジングはメイクを落とすのと同時に角栓や余分な角質も落とせるので、美肌作りのためには大切なアイテムです。もし角栓が詰まりやすい悩みがあったり、メイク落としをする時の突っ張りが気になったりニキビができやすいなどのお悩みがある人は、オススメするこちらのオイルクレンジングを使ってみてください。

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • シンプルなデザインのポンプ式の容器です。とろっとしたオイルで、手に取り出すとリンゴの香りが広がります。ベースメイクとあっという間になじみ、ポイントメイクも落ちました。とろみがクッションとなって摩擦を抑えてくれているように感じ、快適な使用感です。
  • オイルクレンジングは角栓が取れてくる使用感が好きです。最近角栓がたまってきたので使ってみました。指に触れる角栓の感じとメイク落ちが気持ちいいです。マスカラと口紅もしっかりと落ちて、さっぱりとした洗いあがりです。リンゴの香りも心地よく感じます。濡れた手で使用できるので楽です。
  • とろっとしたテクスチャーのオイルがメイクとしっかり密着してくれます。落ちにくいウォータープルーフのマスカラも、ごしごしこすらずにするんと落としてくれました。角栓がきれいになったし、洗いあがりにぬるつきが残らずさっぱりとします。1000円くらいでプチプラなのに、メイクが落ちるし、肌がきれいになるし、たくさん使いたいと思いました。

日々たまっていく角栓や古い角質。メイクと一緒にオフできたらうれしいと思いませんか。クレンジングリサーチのオイルクレンジングは、メイク汚れにも角栓や角質にもアプローチをします。それなのに、とろみのあるオイルだから肌の負担を軽減。すっきりとしたメイク落ちと、洗いあがりのすべすべ肌を感じてみませんか。

<<Amazon>>

第3位 潤いを守る7つの無添加のミュオのクレンジングオイル

洗浄力の高いクレンジングオイルはウォータープルーフーのマスカラもしっかり落としてくれますが、洗い上がりは肌がつっぱってしまいます。乾燥は肌負担になります。負担が増えれば、敏感肌、シワ、ニキビなど肌トラブルを引き起こすことも。

肌の負担を減らしたい、潤いを守って洗いたい、そんな方におすすめのクレンジングが「ミュオのクレンジングオイル」です。7つの無添加のクレンジングオイルが、潤いを守りながら洗いあげます。

3つのおすすめポイント

①7つの無添加

着色料・合成香料・防腐剤・品質安定剤・鉱物油・シリコン・アルコールの7つの成分は無添加。優しい香りがしますが、これは天然アロマの香りです。

肌が弱い方は香料やアルコールなどに対して敏感に反応することがあります。肌にあう化粧品が見つからないという方もいるのではないでしょうか。ミュオのクレンジングオイルは7つの無添加で肌への優しさが考えられています。

②ウォータープルーフーのマスカラもオフ

とろんとしたテクスチャーのオイルがメイクとなじみ、ウォータープルーフーのマスカラもオフ。するすると肌の上に伸び広がり、マスカラや毛穴の汚れを落とします。

濡れた手でも使用できます。W洗顔は不要です。

③潤いを守る

汚れ落ちがよいクレンジングは、洗い上がりにつっぱりませんか。肌がガサガサになってしまうことも。ミュオのクレンジングオイルは、汚れを落としても潤いは守るうるおいキープ処方。保湿成分のコメ胚芽油配合で、洗いあがりの肌の潤いを守ります。

使い方

手のひらに適量を取り出し、顔全体に広げてメイクとなじませます。使用量が少ないと摩擦が生まれて肌負担になるので、適量を使用するように気をつけてください。メイクとなじんだら水またはぬるま湯で洗い流します。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 軽めのテクスチャーのオイルがスルスルと伸びていきます。たっぷり2度塗りしたマスカラもきれいに落ちました。きれいに落としてくれるのに、洗い上がりはしっとり感が残っています。リラクゼーションサロンの香りのようないい匂いがして癒されます。リピートしたいなと思えるクレンジングでした。
  • 手に取り出してみるととろみがありました。アロマのようないい香りがします。落ちにくいジェルライナーをまつげのすき間を埋めるように使っているのですが、一度でスッキリ落とせて、メイク落ちがよいことに驚きました。洗い流すとしっとり感が残っているところがうれしいです。濡れた手で使えて、W洗顔は不要、続けやすい価格も魅力的です。
  • 無添加のクレンジングを過去に使ったことがあり、汚れ落ちがイマイチだったのでこれもそうだろうと思っていました。オイルはとろみがあってメイクと絡み、マスカラや毛穴の汚れが落ちていきます。ウォータープルーフのマスカラも落ちるので助かっています。洗い流した後には潤いが残っています。乾燥しやすいので普段クレンジングオイルを使わないのですが、このクレンジングはよかったです。

肌のことを考えるなら無添加がおすすめです。ミュオのクレンジングオイルは7つの無添加なクレンジングです。潤いを守りながら汚れだけを落とします。汚れがすっきり、なのにしっとりを感じられるクレンジングです。

<<Amazon>>

第2位 ALL-Jのスムースリッチスキンクレンジングオイル

しっかりメイクを落としたい、クレンジング後は肌が乾燥する、肌に優しいものを使いたい。そんな方におすすめのクレンジングが「ALL-Jのスムースリッチスキンクレンジングオイル」です。しっとり滑らかなオイルがメイク汚れを落とし、潤った肌に整えます。

3つのおすすめポイント

①大豆油でメイクを落とす

大豆オイルは必須脂肪酸のリノール酸を豊富に含んでいることが特徴です。リノール酸は肌なじみがよく、肌に軽く伸び広がっていきます。

ウォータープルーフのメイクは落ちにくく、ゴシゴシこすってしまうことがありませんか。こすって洗うと肌に負担になります。でも、ALL-Jならウォータープルーフのメイクともなじんで、汚れがするっと。厚みのあるオイルなので肌への摩擦を抑えながら洗えます。

②ツバキ種子油配合

クレンジングオイルは洗浄力の高い合成界面活性剤を配合していることが珍しくなく、洗いあがりの肌がつっぱることがあります。

ALL-Jは伊豆大島産の椿の種子から昔ながらの玉締め製法で抽出したツバキ種子油を配合しています。ツバキ種子油はオレイン酸、リノール酸、サポニンが豊富なことが特徴です。水分を抱え込んで洗いあがりの肌を乾燥から守ります。

③5つの無添加

パラベン、石油系界面活性剤、合成香料、鉱物油、アルコールは無添加です。香りがしますが、ユズのアロマオイルの香りです。すっきりした香りが気持ちを解きほぐします。

使い方

手のひらに適量を取り出し、オイルを顔全体に広げてメイクとなじませます。メイクとよくなじんだら、水またはぬるま湯で洗い流します。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • とろんとしたジェルはメイクとのなじみがよく、肌に密着をして摩擦が少ないところがうれしいです。2度洗いしなくてもきちんと落とせるので、洗いあがりにつっぱることがありません。潤いを適度に残してくれました。日本製なので安心感があります。敏感肌でも使えると思います。
  • とろ~んとしたオイルでメイクとよくなじんでくれます。大豆油を配合しているので、肌の水分を保ちながらメイクと落としてくれました。そして、柚子の香りでリラックスできます。ウォータープルーフのメイクを落とすのに洗いあがりがつっぱらず、気持ちがよい使用感のクレンジングオイルでした。
  • オイルを軽くくるくるとなじませるだけで落とせました。ほとんど負担をかけず二メイク落としできるなんてすばらしいです。柚子の香りに包まれて癒されながらクレンジングができます。潤いを残しながら汚れを落としてくれて、洗いあがりはしっとり柔らかです。また、配合成分にこだわって日本で製造をしているので安心感があります。

クレンジングは毎日のように行うもので、クレンジング後に肌が乾燥するようだと日々肌に負担をかけることになります。ALL-Jのスムースリッチ スキンクレンジングオイルは、大豆油やツバキ種子油を配合した、しっとり滑らかに洗いあげるクレンジングです。洗いあがりがつっぱらいないという声が寄せられています。そして、5つの無添加で肌への優しさが考えられています。毎日使うものだからこそ、肌への優しさを考えたいですね。

<<Amazon>>

第1位 アテニアのスキンクリアクレンジングオイル

今年最も人気のクレンジングと言っても過言ではない『アテニアのスキンクリアクレンジングオイル』。数々の美容メディアでベストコスメを受賞し、口コミでも非常に高評価のクレンジングです。

メイクを落とすだけじゃない。肌色を明るくする。大人女性のためのクレンジング

アテニアのスキンクリア クレンジングオイルがすごい理由

クレンジング効果だけでなく、「肌のくすみ」も改善されると話題なんです!

肌ステインに着目したら効果抜群のクレンジングが完成!

肌ステインとは?

紫外線や外的ストレスなどの刺激を受けると、その刺激から肌を守るため、肌に取り込まれた酸素は活性酸素に変化します。肌のために増えすぎた活性酸素は、角層のタンパク質に付着し、酸化物質になって肌の黄ばみに。この黄ばみが「肌ステイン」です。

肌ステインは、年齢を重ねた肌でより多く溜め込まれ、洗顔料や美白化粧品ではなかなか落とすことができません。

⇒肌ステインを取り除くと、顔が明るく若々しい肌に生まれ変わります!

①「ロックローズオイル」が角質にこびりつき、肌のくすみの原因となる肌ステインをゆるめ切り離します。
クレンジング 人気 2016
②「イモーテルオイル」が肌ステインを作らせません。

肌を守るために作らせる活性酸素のバランスを保つ働きがあります。

③「ロックローズオイル」と「イモーテルオイル」の働きを強化する「オイル状クレンジング」

上記の2つの成分と最も相性の良いスキンアイテムがオイルクレンジングでした。

もちろんクレンジング力も好評で、ウォーターキャッチオイル処方で、粒子レベルのメイクを浮き上がらせ、わずか10秒でメイクオフ♪さらに、4つの高級美容オイルで、アインチエイジングケアの効果も期待できます!

メイク落とし おすすめ

口コミ

オイルクレンジングなのに肌への負担がなく、本当にスルりとメイクが落ちると好評です。香りも良く、癒されます♪

コスパ最強!たったの1,870円(送料無料)

数量限定です!!

2ヵ月分の量で、さらにスキンローションも付いて、”1,870円(送料無料)”。すごくコスパの良いですね!数量限定ということなので、打ち切られる前に試しておきたいクレンジングですね。

⇒アテニア「スキンクリア クレンズ オイル
」の公式ホームページを見てみる。


【アテニアのクレンジングオイルの良い点と悪い点】最新口コミ2019

2017.01.04

関連記事:

毛穴に効果があるって本当?クレンジングオイルのおすすめランキング

メイク落としのクレンジングオイルで髪&頭皮スパ?やり方とおすすめオイルクレンジング

デパコスなのに安いし人気!おすすめクレンジングランキング

【芸能人愛用でメイク落としも】おすすめクレンジングランキング

30代40代の角質もメイクも落としすべすべ肌に!おすすめクレンジング

乾燥肌や敏感肌に優しい保湿力のあるおすすめクレンジングランキング

クレンジングバームは新感覚で乾燥肌にも効果あり!おすすめ12選

肌に優しい!プチプラでおすすめのクレンジングミルクランキング

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
・美容家による今年一番のおすすめスキンケアです。
SK-Ⅱや資生堂ホワイトルーセントを使っている女性たちも絶賛!今年一番おすすめしたいオルビスユーのスキンケアの特徴・比較・口コミ←クリック
・ファッショニスタによる今月一番おすすめしたい服装です。
【今月の女性の服装】大人レディースファッションコーデ2019←クリック