小物はレディースファッションを格上げする!おすすめ秋の小物8選

まだ暑いから夏物を着ているけど、そろそろ秋っぽさを取り入れたくなってくる時期です。

毎日のコーディネートにちょっとだけ変化をつけたい方、服装で秋らしさを楽しみたい方に向けて、明日からコーディネートに取り入れたくなる秋向け小物の選び方とイチオシアイテムをご紹介します。

おしゃれな人は小物上手

プチプラアイテムも多いのでお財布に優しい

おしゃれな人をよく見ると、服や靴といったベーシックアイテムを使いまわしながら、靴下やアクセサリーをうまくつかってコーディネートに変化をつけていることが多いです。こうした小物類なら洋服を買うよりも安く、いろいろなテイストに挑戦できるので自分に似合うものがわかるようになって、自然とおしゃれの幅が広がります。

昨年に引き続き今年も、クラシック調のエレガントなテイストがトレンドになるともいわれています。最近ではちゃんと高見えするプチプラアイテムが多いので、ちゃんと吟味すれば安っぽく見えて失敗したということもありませんよ。

季節の変わり目なので気温に合わせて調整できる

真夏の日差しが影を潜めてだんだん肌寒くなってくる秋は、気温の変化を楽しみながらより快適に過ごしたい季節でもあります。

日中は七分袖のワイシャツで朝晩は涼しいからストールを合わせる、パンプスに少し厚手の靴下を合わせるなど、コーディネートを楽しみつつ体温調整にも使える小物は、温度変化の激しい季節の変わり目こそ欠かせないアイテムなのです。

トレンドのデザインやアイテムを気軽に取り入れられる

流行中のデザインに挑戦したくても、洋服は高いから失敗したときがこわい・・・。

小物ならそんな心配もありません。小物はあくまでもコーディネート全体のアクセントなので失敗する可能性も低いですし、アイテムによっては外出中に鏡を見て「ちょっと違うかも」と思ったらその場で取り外せます。

洋服ではできないことなので、小物から流行を取り入れるって一見ハードルが高いようでいて実は新しいテイストを試したいときのメリットも大きいのです。

小物の組み合わせ次第で、できるテイストは無限大

合わせる服装と小物にもよりますが、小物が主張するのはコーディネート全体の中で限られた部分。なので、顔まわりで1点、腕や指先で1点といったように、一回のコーディネートで複数のアイテムを取り入れてもくどくなりません。

手持ちの小物が増えてくると、小物同士の組み合わせの幅もひろがるので、コーディネートの幅がグッと広がります。

その日のテーマを決めたり、小物同士の色を揃えたりなど、洋服とアイテム同士の相性を考えながら組み合わせできるようになって、毎日のコーディネートがより一層楽しめるようにありますよ。

秋向け小物をコーディネートに取り入れる時の注意

気温に合わせて少しずつ取り入れる

秋は朝晩と日中の寒暖差が激しい季節。朝、身支度するときに肌寒かったからストールを使うコーディネートをしたけれど、日中はストールを羽織っていると暑くて仕方ない!なんてこと、ありますよね。

おしゃれも大切ですが、暑さや寒さを我慢することなく自分にとって快適に過ごせるよう、そのときどきに応じて臨機応変に楽しみましょう。

こまめなメンテナンスを忘れない

バッグや靴などのアイテムを長持ちさせる秘訣は、毎日のこまめなお手入れです。プチプラのものでもお手入れをしていればそれだけ長持ちするようになりますし、ほつれや変色といったトラブルにも気づきやすくなります。

特に秋冬向けの小物はレザー調などリッチな質感を意識したものが多いので、いつでも綺麗な状態で使えるようにお手入れをするようにしましょう。

一日履いた靴は除湿剤をセットして翌日は休ませる、バッグは乾いた布で表面をサッとふいて形崩れしないよう保管しましょう。

肌に直接触れることの多いアクセサリーは皮脂よごれがついたままの状態が続くとくすみや色落ちの原因になることがありますので、こちらも表面の汚れを落としてジュエリーケースにしまいます。

アイテムの旬は1~2年

意外と見落としがちなのがアイテムの賞味期限。洋服でも小物でも、どのようなアイテムにも旬というものが必ずあります。

流行を先取りして購入したアイテムでも、その流行が続くのはせいぜい1~2年。流行を意識した小物を使ったコーディネートが最も輝くのは長くても来年までと心得て。

トレンド満載の秋向け小物8選

①ninonのバッグ

  • 横長ワイドな大人かわいいフラップハンドバッグ/ショルダーバッグ
  • 税込:2,780円

スレンダーな台形のフォルムが印象的なワンハンドルハンドバッグです。

プレーンなデザインとツヤを消したマットな質感をまとったシックなカラーリングが主張しすぎないので、ラフなパンツスタイルからワンピースまでコーディネートを選ばず使えます。

見た目はちょっとこぶりですが、しっかりしたマチのおかげで収納力は抜群。横長デザインで長財布やチケットも無理なく入れることができるので、小さめバッグにありがちな形崩れの心配が少ないのも嬉しいです。

肩掛けできるくらい長いハンドルは取り外し可能。肩掛けバッグにしても、ハンドルをとってクラッチバッグにしても使いやすそうです。気のおけない友達とのランチやちょっとしたおでかけにも持っていきたいですね。

<<楽天>>

 

②GUのバッグ

  • フリンジバッグ+E
  • 税込:2,189円

この夏に引き続きトレンド入りしているフリンジバッグも狙い目です。

秋物コーデにしっくりなじみつつ、ほどよいボリューム感がコーディネートのアクセントになる、ちょっと変化をつけたいときに合わせたい鉄板アイテムですね。実はオールシーズン使えるアイテムですので、この機にゲットがおすすめです。

ブラックとベージュの使い勝手のよさ抜群の二色展開。どんなコーディネートにも合わせやすい万能カラーで、気軽に取り入れやすいです。

コロンとしたフォルムとフリンジの動きがラフな印象を引き出してくれるので、ワンピースやセットアップのワントーンコーデに加えてこなれ感を出したいときにぴったりです。

⇒ホームページ:フリンジバッグ+E

③フェリシモのショール

  • 心も軽やか!奈良の蚊帳生地ちょい巻きショール〈濃〉の会
  • 税込:1,650円

秋から冬への季節の移り変わりを連想させるこっくりした色合いの、綿の蚊帳生地でできたショールです。

伝統的な手法で丁寧に織られた生地は、使うほど肌にしっくりなじんできます。使い勝手のいいダークグレー、ワインレッド、ネイビーの三色展開で、まとうだけでシックなコーディネートの完成です。

蚊帳生地なので軽やかで風通しが良く、肌触りの良さも文句なしです。バッグに入れてもかさばらないので、エアコンの効いた映画館で使ったり、よく晴れた日には頭からかぶって日除けにしたりなど、使い方が広がります。

コーディネートで使うときには、シャツやカットソーの上からはおるように肩掛けてもいいですし、少し肌寒くなってきた季節には首元にぐるぐるっとラフに巻いても楽しめそうです。

⇒ホームページ:フェリシモの雑貨

④KATHARINE ROSSのスカーフ

  • レトロフラワー花柄ミニスカーフ
  • 税込:2,970円

今年の秋のコーディネートを一気に旬顔にしてくれるスカーフです。

コーディネートにきちんと感と華やかさを添えてくれるアイテムとして、クラシックな柄を一枚押さえておきたいところです。

スカーフの素材は、シルク、サテン、ポリエステルのものがあり、はじめてスカーフを買うならポリエステルのものをおすすめします。

比較的プチプラのものが多くお手入れも簡単なことに加えて、首元やそれ以外の部分にも遠慮なくガンガン使えるからです。スカーフを選ぶときは、広げた状態とある程度細幅に畳んだ状態でそれぞれ合わせてみると、実際に使用した時のイメージをしやすくなりますよ。

今年の秋冬ファッションもざっくりニットの人気は続きますので、サラッと巻いて楽しみたいところです。スカーフは首元に使う以外に、細めに折りたたんでヘアバンド、斜め半分に折って三角形になるようにしてゆったり首元に巻く、ロングスカートのベルトがわりといった使い方もあります。またバッグにむすんでちょい足しもかわいい。

⇒ホームページ:レトロフラワーミニスカーフ

⑤IEDITのサングラス

  • デミカラーが上品なUVカットサングラス〈ブラウン〉
  • 税込:3,278円

夏の盛りを過ぎたとはいえ、まだまだ日差しの強い日もある秋は意外とサングラスが活躍する季節です。

ボストン型のフレームとクラシカルなべっこう調のリムを採用、正面から見たときに目がいくブリッジとテンプルはゴールドづかいのデザインで、ひかえめだけどツボを抑えたディテール。

UVとブルーライトカット機能のあるレンズが付いているので、お洒落しながらこっそり瞳ケアもできる優れモノ。リモートワーク中でメイクが薄い日に買い物へ行くなど気軽なおでかけなど、一度使ったら手放せなくなりそうです。

カジュアルな装いにはもちろん、ほかにもジャケットコーデの外しアイテムとしてサッと加えても。

⇒ホームページ:上品デミサングラス

⑥Tabioの靴下

  • シアーラメウォール柄ショートソックス
  • 税込:1,045円

靴下はコーディネートによっては見えにくいこともあって、消耗品と割り切ってシンプルなものを選ぶか、きちんとこだわって選ぶかは人によって大きく異なるアイテムだと思います。

ふだんは靴下にこだわりがないという方も、ものは試しにちょっとデザイン性の高い物を取り入れてみませんか。

シアーラメを使ったレーシーな壁紙ベースにビジュー風のデザインがのった一色。落ち着きのある色味とデザインで、主張しすぎることなく足元を華やかに彩ってくれます。

フェミニンな持ち味を生かして、スカートにフラットシューズやスニーカーをあわせてもいいですし、ローファーでマニッシュにしあげた足元のはずしアイテムとして投入しても。

⇒ホームページ:シアーラメウォール柄ショートソックス

⑦ Rustalのネックレス

  • シンプルチェーンネックレス
  • 税込:3,289円

目を引く強めなデザインのものから華奢なチェーンが上品きれいなシンプルなデザインのものまで、じわじわきているチェーン素材のアクセサリーです。

シンプルコーデが流行したことでアクセサリーにインパクト大を求める人が多いのかもしれません。

華奢すぎないほどよい太さのチェーンでできたシンプルなネックレスは、シャツやVネックなど服装をえらばず使えます。

秋冬のコーディネートでは特にタートルネックやふかふかの厚手ニットと相性がいいので、コーディネートがちょっと物足りないというときに大活躍する予感です。一本だけでシンプルにする以外に、太さや質感の異なるネックレスやペンダントをいくつか重ね付けするのもおすすめです。

⇒ホームページ:シンプルチェーンネックレス

⑧e.m.のイヤーカフ

  • オーバルイヤーカフ
  • 税込:13,200円

ウールやなど素材の質感を大切にした洋服を着ることが多くなる秋冬のコーディネートに取り入れたい、メタル素材のイヤーカフです。

デコラティブなデザインが多いイヤーカフが多いなかでは珍しい、すっきりした縦長のフォルムで、独特の存在感と抜け感がコーディネートに変化を付けてくれます。

片耳用なので、ひとつだけ着けて存在感を楽しんでもいいですし、ピアスのように複数つけてMIX感で遊んでみるのも楽しそうです。

現代アートのようなキリッとしたシャープなデザインをいかして、パンツルックのコーディネートに加えたくなるアイテムです。ツヤ感のある生地を使ったワンピースとも意外と相性が良さそうです。

以上、秋向け小物を取り入れるメリットとコツ、この秋おすすめのアイテムについてご紹介しましたがいかがでしたか。

ファッション小物をうまく取り入れると、一気に旬顔のコーディネートを楽しめるようになります。

「これ、私に似合うかな」と思うような個性的な柄物でも、小物なら気軽にチャレンジできます。今まで気づかなかったけれど実は相性のいい柄物が見つかって、コーディネートの幅が広がるかもしれません。季節の変化を感じながら毎日楽しく過ごしましょう。

関連記事:

秋冬に人気の女性の小物を知る!レディースのおしゃれアクセサリー,バッグ, 素材,デザイン

秋冬トレンドカラー「流行色や柄、ファッションデザインは?」

秋冬のトレンドファッション「流行ファッションは?」

20代30代女性の秋冬着回しコーデと人気のレディースアイテム