崩れない!と人気のプチプラファンデーションブランドランキング2018

美容におすすめ♪

アイライン、マスカラ、リップなどメイクには数多くの種類があります。もしも1つしかメイクできなかったら、どれを選びますか?と聞かれた時に、その答えは様々だと思います。しかし、アイメイクもリップも重要ですが一番のカナメは肌、ファンデーションだと思う方も多いのでは無いでしょうか。

家でも外でも、仕事でもデートでも肌がキレイだとすべて上手くいくような気がしてきます。先日、電車に乗っていた時に「最近この時間になるとファンデーションがヨレてきちゃうんだよね」と一緒にいた女性に話していました。時間は夜の8時過ぎ、確かに一日の終わりも近づきメイクがヨレてくる時間です。しかし、まだ8時です。本来なら、もう少ししっかりキープしたいところです。

もしかしたら、女性は季節に合わせてファンデーションを使い分けていないからヨレてしまっているのかもしれません。

季節や肌のコンディションに合わせてファンデーションを使い分けることで、美肌効果、夜までしっかり美しさがキープされた状態、そのメイクの効果が最大限に期待できます。特定の季節にファンデーションがヨレてしまったり、粉が吹いてしまうことも解決できます。時間が経っても透明感、健康的でキレイな肌にとってファンデーションは最も重要な土台です。

季節に応じてファンデーションを使い分けて、崩れない美肌メイク

今使っているファンデーションはどのタイプでしょうか?

リキッド、パウダー、BBクリーム、CCクリームなどファンデーションの種類も多様です。

※ここで注意したいのが、夏に使うリキッド系ファンデーションと、冬に使うパウダー系ファンデーションです。

どちらにも言えることなのですが、つけた時の肌はキレイに仕上がりますが時間が経つとメイクが崩れてくる可能性が高い組み合わせです。

夏は時間が経つと肌が油っぽくなってきます。暑さから汗や皮脂が分泌され、ファンデーションと混ざり肌の上でヨレてくる原因になります。

冬にパウダー系を使うと、乾燥や水分不足などから肌の水分が足りなくなり、粉っぽくなります。肌本来の水分不足に加えて、パウダーに水分が奪われることでどんどん乾燥が進みます。季節や肌の状態でファンデーションを使い分けることで、季節特有の肌トラブルを回避し、足りない物を補うことでキレイな肌を作り上げます。

季節に応じたファンデーションの選び方

季節に応じた美肌の秘訣は、夏はパウダー、冬はリキッドを使うことです。

夏にパウダーを使うことで汗や皮脂を吸い取ってくれる効果が期待できます。リキッドを使うと肌とファンデーションの水分と油分のバランスが崩れてくるのが早く、ヨレてくる原因になります。

冬はリキッドタイプで保湿しながら、肌に含まれる水分もしっかりキープして潤んだ肌をつくります。パウダーやお粉を乗せると水分がそちらに奪われていってしまい、肌がカサカサになってしまいます。

季節に応じてファンデーションを使い分けることは、一日を通した時の肌のコンディションを観察することです。乾燥肌、オイリー肌だと思っていても季節や朝晩で変化することも多く、その季節の肌を考えたメイクが理想的です。

季節や肌のコンディションと相談してファンデーションを選ぶことで、薄づき美肌が長時間キープできます。夏肌、冬肌に合わせて使い分けるだけで肌印象はぐっとアップします。いつもキレイな肌には、ひと工夫がかなり効果を発揮してくれます。

ファンデーションを塗る時は、五角形のスポンジがおすすめ!

ファンデーションを塗るときに使用する一般的なスポンジは、四角形をしています。この形に疑問を持ったことはあまりないと思いますが、四角形だと小鼻や目の周りなど塗りにくくありませんか。

小鼻など細かな部分も塗りやすいスポンジが「シュウウエムラ 五角スポンジ」です。このスポンジで細部まで塗ることができます。

「五角形だと塗りやすいんです!」

小鼻のように細かな部位は、スポンジの広い面と使うときれいに塗ることができません。スポンジでしっかりフィットさせないと、化粧が崩れやすくなります。また、小鼻の周りは皮脂分泌が多く、毛穴が目立ちやすい部位なので、フィットしていないと毛穴をカバーしきれません。

しかし、四角形のスポンジでは小鼻のような細かな部位をきれいに塗ることができず、困ってしまいますよね。

そんなときに便利なものが、シュウウエムラの五角スポンジです。このスポンジは、立体的な独特の形状をしています。角を使えば細かなところも塗りやすくなります。小鼻にたまってしまったファンデーションも、角を使えば取り除くことができます。ファンデーションのタイプを選ばない万能スポンジです。

使い方

化粧下地で肌を整えてからファンデーションを塗ります。

●パウダーファンデーションの場合の塗り方

まずは両頬と額にファンデーションをなじませます。五角スポンジの広い面にファンデーションを取り、顔の中心から外側に向かって広げます。一度に取りすぎると厚塗りになるので、取りすぎないように注意をしてください。スポンジの3分の1くらいにつけるとよいでしょう。

顔の広い面にファンデーションを広げたら、鼻すじや口周りなど細かな部位に広げていきます。小鼻のような細かな部位は、五角スポンジの角を使うと塗りやすくなります。

目の周りはスポンジに残ったファンデーションを広げます。目元はよく動くため崩れやすく、厚塗りをするとすぐに崩れてしまいます。そのため、ファンデーションをつける量は少しにしておくのです。

●リキッドファンデーションの場合の塗り方

リキッドファンデーションの場合、指で広げてからスポンジでなじませます。両頬と額はスポンジの広い面を使用します。鼻すじにつきすぎてしまったリキッドファンデーションは、スポンジの角で押さえて余分なものを取り除きます。

広い面を塗ってから、小鼻や目の周りなど細かな部分に塗ります。

口コミ

以下のような声があります。

  • 4つ入りで500円で安く購入できます。スポンジは消耗品だと思って汚れたらこまめに交換をしているので、安く購入できるのは助かります。スポンジは柔らかいけれどやや弾力があり、ファンデーションを吸収しすぎることがありません。小鼻の周りや目の際は角を使うとちょうどよいです。
  • テクニック要らずできれいに塗れます。リキッドファンデーションは吸収してしまい、どうやって塗ったらいいのか戸惑ってしまいましたが、そのまま塗ってみたらスポンジからファンデーションがしみだしてきました。均一にしみだしてきて、ムラなく塗れます。

五角形のスポンジは、角を使って小鼻など細かな部位を塗れるので便利です。ファンデーションをしっかりフィットさせれれば、化粧が崩れにくくなります。上手に五角スポンジを使いこなして、メイクの仕上がりがきれいになるように目指してみてください。

<<シュウウエムラのAmazon公式ショップ>>

続いて、崩れにくいと人気のプチプラファンデーションブランドをランキング形式で紹介します。

第6位 艶肌が長く続く「エストのパウダーファンデーションシルキースムース

しっかりカバーするファンデーションは厚塗りになったり粉っぽくなったり、乾燥肌や脂性肌は化粧が崩れやすかったり、ファンデーションの悩みを抱えていませんか。

シルクのように肌を包み込みなめらかツヤ肌を作る、さらにその仕上がりが長時間続くファンデーションが、「エスト パウダーファンデーション シルキースムース」です。長時間ツヤ肌を維持したい方におすすめです。

シルキースムースの2つの秘密

シルキースムースでツヤ肌が続く秘密は2つあります。

①1つめは、スキンシルクヴェール処方です。

スキンシルクヴェール処方とは、しっとり滑らかな膜を作る処方のことです。ミクロレベルにまで磨きあげたパウダーが肌の凹凸を埋めて、滑らかな仕上がりにします。

②もう一つの秘密は、持続力です。

シルキースムースは8時間も明るい肌を持続させます。こんなにも長持ちするのは、トリプルブロック技術を採用しているからです。

テカリやヨレを防いでくれるのが、皮脂固化粉体です。皮脂固化粉体は皮脂をピタッと瞬時に固めるので、皮脂によって化粧が崩れにくくなります。

くすみをブロックしてくれるのがピュアホワイトパウダーです。汗や水に濡れても色が変わらないのでくすみにくくなっています。

保湿成分のカミツレエキスとヒアルロン酸も配合をしています。保湿成分が配合されていることで、パウダータイプにありがちな粉っぽさがありません。

しっかりカバーするのに粉っぽさがなく、ツヤ肌を作ってくれるファンデーションです。

使い方

化粧下地で整えた後に使用をします。

スポンジに適量のファンデーションをとり、頬に円を描くように広げて、顔全体になじませていきます。目の周りや、鼻すじ、口元など細かな部分は、少量をスポンジにとってなじませます。

赤みのあるピンクベージュや黄みのあるベージュオークルなど、6色が用意されています。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 薄つきなのにきれいな仕上がりです。崩れにくく、くすみません。夕方ころでもテカっているのではなくてツヤ感があります。疲れてげっそりする夕方でも、肌が明るみ見えることに感動しました。もともとリキッド派でしたが、パウダータイプもいいなと思いました。
  • サンプルを使用して軽い使い心地がよかったので、すぐに現品を購入しました。肌に何もつけていないような軽い使い心地です。ファンデーションが重くならずストレスフリーで感動しました。軽いのに崩れることがありません。
  • 乾燥肌ですがきれいにパウダーがのります。テカテカせず、自然なツヤがでます。8時間明るい肌とありますが、本当の夕方まで崩れません。サラッとした使用感で、毛穴が目立たなくなりました。

長時間ツヤ肌が続くファンデーションが、エスト パウダーファンデーション シルキースムースです。軽い使い心地なのに崩れにくく、8時間明るい肌を持続させます。

その秘密は、スキンシルクヴェール処方とトリプルブロック技術です。スキンシルクヴェールが肌を滑らかに多いツヤ肌を作り、トリプルブロック技術がヨレ・テカリ・くすみをブロックします。

しっかりカバーするのに粉っぽくなりにくく、崩れにくく明るい肌が続くファンデーションです。

第5位 オルビスのタイムレスフィットファンデーションUV

春夏ころになると皮脂分泌量が多くなり、メイクがドロドロになることがありませんか。皮脂が多く分泌されるほど、メイクはドロドロになります。しかし、「オルビス タイムレスフィットファンデーションUV」は逆転の発想。皮脂が分泌されるほど崩れにくくなります。朝塗って夕方までさらさら肌を持続させます。

さらさら肌が続く秘密

メイクがドロドロしてしまうのは、皮脂が多く分泌されてメイクとの密着力が低下をするからです。そのため、皮脂分泌量が多いほどメイクがドロドロすることが一般です。しかし、タイムレスフィットファンデーションUVは逆転の発想。皮脂を味方につけることでドロドロ崩れを防ぎます。

粉体の皮脂吸着力は従来品の1.4倍にアップしています。

一般的な粉体は皮脂と混ざると分離してしまうのですが、タイムレスフィットファンデーションUVに配合されている粉体は皮脂を抱え込んでピタッと凝固させます。

さらに、粉体をアミノ酸コーティングすることで密着力が高まり、肌にピタッとフィットするから崩れにくいです。厚塗り感なく軽い仕上がりです。10時間化粧持ちデータ取得済みで、朝塗って夕方まで肌がさらさらな状態に。

閉塞感が苦手な人のために、素肌のような気持ちい使用感にもこだわっています。素肌っぽさを叶える2つのパウダーを配合することで、カバーをするのに肌が心地よく呼吸をするを実現しています。肌に密着をして透明感のある肌を作るのに、閉塞感なしの軽い使い心地という矛盾するものを両立させています。

厚塗り感ゼロ、さらさら肌を作るファンデーションです。

使い方

パフに適量のパウダーをとり、顔に広げていきます。付属のパフはきめが細かく、ファンデーションを均一にのせられるようになっています。また、肌当たりが柔らかいので肌の負担が軽減します。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 外で過ごすことが多くよく汗をかきます。でも、外に出ていても崩れることがありません。汗をかいても平気です。厚塗り感がなくて使用感が気に入っています。ケースは涼しげなところもお気に入りです。
  • サッと塗るだけで毛穴を隠してきれいな仕上がりになります。ジムで運動をして汗をかいても、崩れていませんでした。汗を拭いたところは少し取れてしまいますが、不自然な感じにはなりません。また使いたいです。
  • 混合肌でいつも肌がベタベタになるのですが、これを使ったら1日中外出しているときでも肌がベタベタになることがありませんでした。汗をかいてもほとんど崩れず優秀です。重ね塗りをしても厚ぼったくなりません。崩れにくいことと厚塗り感がないことに感動しています。

皮脂はドロドロ崩れの原因です。暑い季節になってくると皮脂分泌量が多くなるので、ドロドロ崩れには困ってしまいますよね。

ドロドロに崩れにくいファンデーションが、オルビス タイムレスフィットファンデーションUVです。皮脂を味方にするファンデーションで、皮脂が分泌されるほど崩れにくくなります。汗をかいたり皮脂が分泌されても安心感があります。

夏場はドロドロ崩れてお直しが頻繁に必要で大変ですよね。でも、このファンデーションならきれいな状態が長続きします。

<<オルビスのAmazon公式ショップ>>

第4位 きれいに早くカバーしてくれる「ミシャのテンションパクト」

カバー力が欲しい、時短メイクをしたい、こんな願いを叶えてくれるファンデーションが、「ミシャ テンションパクト」です。

ミシャといったらクッションファンデーションが有名ですが、さらに崩れにくくなったものがテンションパクトです。短時間できれいにメイクができるのに崩れにくい特徴があります。

テンションネットがポイント

クッションファンデーションとテンションパクトの大きな違いは、パクト内の構造です。

クッションファンデーションには、名前の通りパクトの中にクッション台が入っています。このクッションにファンデーションが浸みこませてあります。一方、テンションパクトにはネットが張られています。

このネットには3つのメリットがあります。

①1つめは、クリームタイプのファンデーションをパクトに入れることができることです。

②2つめは、ムラなく塗れることです。ネットを張ることでパフに均一にファンデーションがつくため、肌にムラなく伸ばすことができます。

③3つめは、カバー力が高いことです。ファンデーションはクリームタイプなので、なめらなテクスチャーで高いカバー力があります。

ファンデーションは、トーンアップグロウとパーフェクトカバーの2種類があります。

  1. トーンアップグロウは気になる部位をカバーしつつツヤ感がでます。ツヤや潤いを与えるボタニカルエキスと、輝く肌を作るパールパウダーを配合しています。
  2. パーフェクトカバーは、コンシーラー機能を備えた高いカバー力があることが特徴です。カバー力に優れた特殊カバーパウダーが肌にピタッと密着をして、崩れにくく毛穴が目立ちにくい肌を作ります。

テンションパクトは、カバー力に優れたクリームファンデーションと、ムラなく均一にファンデーションをとれるテンションネットにより、素早くきれいで崩れにくいメイクが可能です。

使い方

パフでファンデーションを適量とり、パッティングするように肌になじませます。伸ばすようにするよりもパッティングをした方が肌への密着力が高まり、崩れにくくなります。

ネットを破らないように、パフにとるときに強い力を加えないでください。

口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • ずっとミシャのクッションファンデーションを使っていて、テンションパクトが出てからはこちらを使っています。ツヤがでてカバーをしてくれて、化粧崩れしにくいです。そして、パフが気持ちいいです。時間がないときでも、パッティングすればすぐにきれいなメイクができます。
  • クッションファンデーションよりもこちらの方が、ツヤ感、保湿力、伸びがよいです。上からパウダーをつけていますが、メイクが崩れにくくなります。毛穴もくすみも自然にカバーしてくれます。紫外線カット効果もあるので紫外線対策にもいいと思います。

早くきれいにカバーできたらいいと思いませんか。そんな願いをかなえてくれるものが、テンションパクトです。

テンションパクトがきれいにカバーしてくれる秘密は、テンションネットを使用していることです。パクトにネットを張ることで、クリームファンデーションを入れることができて、パフに均一につき、ムラなく塗ることができます。毛穴もカバーしてツヤのある自然な仕上がりにしてくれます。

<<ミシャのAmazon公式ショップ>>

第3位 4つの機能を備えた「セザンヌのウルトラカバーUVファンデーション」

高いカバー力、崩れにくい、厚塗りにならない、潤いキープ、こんなファンデーションがあったらいいと思いませんか。1つで4つの機能があったらうれしいですよね。そんなファンデーションがあったのです。

それが「セザンヌ ウルトラ カバー UVファンデーション」です。従来品に比べて3つの機能がバージョンアップをしています。1つのファンデーションでいろいろな機能が欲しい方におすすめです。

4つの機能の特徴

①カバー力

ウルトラ カバー UVファンデーションのカバー力は、従来品に比べて20%アップをしています。シェイドオフパウダーが光を反射してくすみをカバー、肌のアラを目立たなくさせます。ダブルブロックパウダー配合で、紫外線A波・B波からも守ります。SPF35、PA++です。

②崩れにくい

皮脂をブロックする成分を新たに配合して、崩れにくさがアップしています。シーバムクリアパウダーが皮脂や汗を吸着、皮脂固定化パウダーが皮脂をブロックします。

③潤うキープ

潤いキープ成分を新たに2つ配合をしています。潤いがある化粧品はべたつくことがありますが、ウルトラ カバー UVファンデーションはサラサラが続く、なのに潤いをキープします。スクワラン、キトサン、ハイビスカスエキス、テンニンカエキスが潤いを守ります。

④厚塗りにみせない

カバー力があるファンデーションは厚塗りになりがちですが、ウルトラ カバー UVファンデーションはしっかりカバーするのに厚塗りにみせません。カバー&ナチュラルパウダーが透明感を出して自然な仕上がりにします。

肌のことを考えて、紫外線吸収剤、香料、アルコール、タール系色素、鉱物油、界面活性剤は不使用です。肌のアラを隠すカバー力があるのに厚塗りにならず潤いも続くファンデーションです。

使い方

水なしでも水ありでも使用できます。

水なしで使用する場合、乾いたパフで軽くパウダーを取り、顔の中心から外側に向かって伸ばします。

水ありの場合、パフに水を含ませて固く絞り、パウダーを取って顔に広げます。

カラーは4種類あるので、肌の色にあわせて選んでください。

口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • 値段が安いのにカバー力があり崩れにくいです。ニキビも隠してくれます。肌荒れが悪化することがなく、ニキビが増えることもありません。百貨店のブランドコスメを使ったこともあるけれど、このファンデーションの方がよいです。
  • 仕事柄大量の汗をかくのですが、汗をたくさんかいてもドロドロになることがありません。カバー力が高いのに毛穴目だったりひび割れすることなく、きれいな状態が続きます。安いのに肌荒れしません。これだけでカバーできるので、コンシーラーを使わなくなりました。

カバー力、崩れにくさ、潤い、厚塗りにみせないという4つの機能を備えたファンデーションが、セザンヌ ウルトラ カバー UVファンデーションです。

カバー力があると肌がかさついたり厚塗りになったり、薄つきだとカバー力が足りないことが一般的ですが、このファンデーションはカバー力があるのに潤いが続き塗りにならず、さらに崩れにくい特徴があります。しっかりカバーして潤いも欲しい方におすすめです。

<<セザンヌのAmazon公式ショップ>>

第2位 崩れと優しさを気にする人に「レイチェルワインのファンデーション」

「乾燥肌だからパウダーファンデーションを使うと肌がカサカサになる」

「脂性肌だからメイクが崩れやすい」

こんな悩みがありませんか?

肌に優しいファンデーションは崩れやすく、カバー力が高いと肌への負担が大きい。崩れと肌への負担を気にする女性から支持されているファンデーションが、レイチェルワインのミネラルファンデーションです。

3つの秘密

レイチェルワインのミネラルファンデーションが支持される理由は3つあります。

①1つめは、シンプルなことです。

レイチェルワインミネラルファンデーションには、これ一つにファンデーション、根シーラー、日焼け止め、化粧下地、フィニッシングパウダーの役割があります。多機能なので、つけた感じがゼロと感じるほとです。

シンプルだけれどカバー力はあります。自然にカバーをして透明感のある仕上がりになります。パウダーが皮脂を吸着するので1日中崩れにくいです。

②2つめは、肌に優しいことです。

レイチェルワインミネラルファンデーションは、肌の負担となるアルコール、界面活性剤、防腐剤、油分などは配合していません。油分を含んでいないためクレンジングは不要で、洗顔料で落とすことができます。つけているときだけでなく、落とすときも肌に優しいです。

③3つめは、やわらかいブラシです。

ファンデーションをきれいにつけるには、スポンジよりもブラシがおすすめです。

レイチェルワインのブラシは人工毛で、上質天然毛と変わらない柔らかさがあります。微粒子パウダーを均一に伸ばしやすく、きれいな仕上がりになります。人工毛は耐久性があり、においが気にならず、カビが生えにくいという特徴があります。肌にダメージを与えないためには、清潔なブラシを使用することが大切です。

カラーは12色もあります。国産ミネラルファンデーションでNO1のカラーバリエーションを誇っています。

肌に優しく、軽さ、カバー力、崩れにくさを併せ持つミネラルファンデーションです。

使い方

付属のシャーレに少量のパウダーを取り出します。ブラシを軽く押し付けながらクルクルと動かして、ブラシにパウダーを万遍なくつけます。

カバーしたいところから、ポンポンと軽くブラシを押し当ててパウダーをつけます。肌にのせたパウダーを均一に広げるために、ブラシをクルクルと動かします。

口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • 軽い付け心地だけれどフィット感があります。夕方まで崩れません。カバー力があるのに、石けんで落とせるところも気に入っています。石けんで落とせると肌への負担が少ないのでうれしいです。
  • 1回の使用量が少なく化粧崩れしにくいので長持ちします。ミネラルファンデーションは肌に優しく、子供についてしまっても安心できます。短時間でメイクができるので、ササッとメイクしたいときに助かっています。
  • 1日中しっかりカバーをしてくれます。サラサラな肌触りが気持ちよいです。病気がちで肌色が悪いといわれることがありますが、このファンデーションを塗ると肌色がよくなります。

肌に優しいものは崩れやすく、カバー力があるものは肌の負担が大きい、そんな悩みがありませんか。

崩れや肌への優しさを気にする方におすすめのファンデーションが、レイチェルワインミネラルファンデーションです。油分やアルコールなどは配合していなくて肌に優しいけれど、崩れにくくカバー力があります。

肌の負担を考えながらカバーしてくれるファンデーションです。

公式ホームページではトライアルセットを安くご購入できます。

⇒公式ホームページ:天然ミネラル主成分のファンデーション レイチェルワイン【ミネラルメイクアップ トライアルセット】

第1位 渡辺直美さんも絶賛のセフィーヌのファンデーション

やさしく軽い付け心地、時間が経ってもくずれにくい。プロ用のファンデーションが「セフィーヌ シルクウェットパウダー」です。

シルクパウダー配合でさらさらな肌が持続、気になる肌の悩みをカバーします。

さらさらが続いてカバーする秘密

シルクウェットパウダーには、シルクパウダーが配合されています。

シルク素材の服はさらさら手ざわりがよいですよね。ファンデーションにたっぷりとシルクを配合することで、肌の上はさらさらな肌触りになります。

シルクには、肌と同じアミノ酸が含まれています。だから、肌なじみがよく毛穴やくすみなどをカバーしてくれます。

そして、シルクは多孔質な特徴もあります。たくさん開いている孔が皮脂や汗などを吸着するので、さらさらで崩れにくい特徴があります。

自然の植物は美しい発色をしています。このことにセフィーヌは注目をして、シルクを和漢植物(くちなし・紅花・紫根)で染めています。自然な美しい発色が朝も夜も続きます。

さらに、メイクをしながらスキンケア効果も。ユキノシタエキス、オウゴンエキス、トウキエキス、カミツレ花エキスなどさまざまな成分を配合をしています。メイクをしながら肌をいたわり、潤いのある肌を持続させます。

そして、ソフトフォーカス効果により毛穴や色ムラをカバー。サイズや形が異なるひとつひとつの粒子が肌表面の凹凸に密着をして、光を反射して気になる部位を目立ちにくくします。

使い方

カラーは全10種類です。なりたい肌にあわせて選ぶことができます。

ブラシまたはスポンジでファンデーションの上を軽く2~3回なでます。頬の中心から外側に向かってファンデーションを広げて、次に小鼻や口の周りなど細かな部位に広げていきます。シミや毛穴など気になる部位は重ね塗りをします。

口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • 肌が弱くてあわないファンデーションを使うと肌がかぶれてしまうことがあります。でも、このファンデーションは使っても肌の状態が悪化することがありません。そしてカバー力がすごいです。ちらほらとある肌の赤みをファンデーションだけでカバーしてくれるし、ぽつぽつ毛穴も目立たなくなります。
  • やけど跡、シミ、くすみなどいろいろな悩みがあるので、カバーしてくれるファンデーションを探していました。つけてすぐは毛穴が目立ったのですが、時間が経つと肌となじんで目立たなくなります。小ジワに粉がたまることはなく、肌が粉っぽくなることもありません。そして、夜までほとんど崩れませんでした。
  • プロ仕様の仕上がりで満足しています。肌にピタッと密着をして、毛穴やくすみをカバーしてくれます。厚塗り感がなく、素肌がきれいなように見せてくれる仕上がりです。薄つきでカバーしてくれることに満足しています。

やさしく軽い使い心地、夜までくずれにくい、そんなファンデーションがセフィーヌのシルクウェットパウダーです。

シルクパウダーを配合することでさらさらが持続、くずれにくくなっています。染料には和漢植物を使用しています。さらにメイクをしながらスキンケア効果まであります。1日中乾燥から守ってくれます。さらさら肌が好みの方は優しくカバーしたい方におすすめです。

<<セフィーヌのAmazon公式ショップ>>

仕上げに!メイクアップ後にひと吹き!崩れなくなる魔法のミスト

だんだんと暑くなってきて、日差しや汗が気になる季節になってきましたよね。

そんな中特に気になるのがメイク崩れです。

日中汗や、暑さで開いた毛穴から出る皮脂によって崩れるメイクにげんなりした方も多いのではないでしょうか?

最後にそんな方にオススメしたい、ひと吹きするだけで崩れなくなるミストを5つご紹介いたします。

クラランスのフィックスメイクアップ

こちらはかなり細かい粒子のミストで、摘みたてのダマスクローズのいい香りがします。気持ちもリフレッシュしながら、メイクも崩れなくしてくれるミストとなっています。整肌成分の作用があるアロエなどの植物性の成分を配合してあり、大気汚染や花粉からも肌を守ってくれ、肌が敏感なときにも使用することができます。

色々なミストを使ってきましたが、今までで一番崩れにくさを実感できたのもこのミストでした。少々値段も高いものですが、持っていて損はしないミストですよ。

ディオールのイドラライフモイスト&フィックスミスト

こちらはディオールのガーデンで生まれた3種類のお花のエキスが配合されたいい香りのミストです。こちらもかなり粒子が細かいので顔に吹きかけるととても気持ちいいですよ。

粒子が細かい分、肌への密着が高く、崩れにくくしてくれることはもちろん、乾燥しにくいこともこのミストの特徴です。

クラランスのものより保湿力に優れたミストです。

また、夕方の疲れてきた頃につけてあげることでハリも出してくれるので、お出かけの際は持ち歩くことをオススメします。

売り切れ。

メイクアップフォーエバーのミスト&フィックス

こちらは肌に見えない皮膜を覆うことで、メイクを崩れにくくしてくれるミストなのですが、しっかりと保湿をしてくれ、ツヤを出してくれます。

また、ノウゼンハレンエキスが肌の酸素供給を促進してくれるものとなっているので、肌への負担も軽いものとなっています。

今年の春から30mlのトラベルサイズも販売されたので、持ち歩きにもオススメです。

マキアージュのビューティーロックミスト

こちらは限定発売になっています。

クラランスのミストと比べると粒子は荒いものの、Tゾーンのテカリやチークの薄れを防いでくれるミストとなっています。シトラスフローラルの香りなのですが、キツくない爽やかな香りなのでリフレッシュしたいときにもオススメです。

マジョリカマジョルカのワンダーフィクサー

こちらはドン・キホーテ限定の発売のミストです。無香料のものなので場所を問わず使うことができます。

美容成分としてバラエキスが配合されているので、保湿をしながらメイクをキープしてくれます。

化粧水のような感覚なのですが、手のひらで馴染ませるように包み込むと、サラッとした粉状に変わるのがこのミストの特徴です。

かけすぎると顔が白い粉が吹いたようになるので気をつけてくださいね。よく振ってから使用しましょう。

こちらはメイクキープしながら、マスクにファンデーションが付かないことでもSNS等で話題になりました。

まだ花粉症やアレルギーが気になる方でマスクが手放せない方に是非オススメしたいミストです。お値段も手頃な価格なので、試しやすいというのも嬉しいですね。

メイクが崩れなくなるミストをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?今年の夏はミストを使用して汗や皮脂に負けない、メイク仕立ての肌を保ちましょう。

それでも崩れる人は、ノーファンデーションも!

汗をかきやすい夏のメイクは、メイク崩れが気になる。

パウダーを利用して、崩れの原因になるファンデーションをカットする、ノーファンデーションメイクをしてみませんか。

メイク崩れで気になるのは、汗をかきやすいおでこや鼻周り。ファンデーションのよれや剥がれが目立ちやすい箇所でもあります。

これをやめることで、メイク崩れを気にせず、肌を活かしたナチュラルメイクを目指せます。

化粧水、乳液、クリーム(またはこれらのオールインワン)で肌を整えたあと、夏に欠かせない日焼け止め効果のある化粧下地を使います。

このあとに使用するクリームファンデやパウダーファンデをやめて、パウダーで化粧下地のベタつきを整えて完了。

最近の化粧下地は本当に性能がよく、肌を均一になめらかに整えてくれるため、これだけでほとんど肌が完成すると言っても過言ではありません。

化粧下地が、ファンデーションの吸着や直塗りによる肌荒れを防ぐため程度に考えている方は、この機会にぜひ下地を見直してみてください。

パウダーの後にアイシャドウやチーク等をのせますが、せっかくのナチュラル肌なので、これらも控えめにすると自然な感じにまとまります。

アイラインを引かずにシャドウで深みを出す、ミックスカラーのチークで手軽に立体感を出す等、色もシンプルな手順で済ませるのがポイントです。

このナチュラルメイクをする際、パウダーを選ぶときに薄付きの肌色を選んでいました。しかし、そんな薄付きのパウダーですら汗でよれが気になることもごく稀にありました。

そこで、現在はカラーレスのパウダーを使用しています。パウダーに色がないことでよれが気になることはなくなり、真剣に鏡に向かってメイク直しをしなくとも、ササッとパウダーをはたくだけですぐにすっきりとした肌に戻すことができます。

メイク直しに時間がかからないからこそ、気になったらすぐこまめに直すことができるので、きれいな肌をキープすることができます。

メイクが軽くなると肌への負担も減るので、いつものスキンケアがもっと効果を発揮します。汗をかいて汚れが溜まりやすい夏の肌、しっかりと洗顔をしてスキンケアを重視することで、日中の肌を活かしたナチュラルメイクをより際だたせることができます。

関連記事:崩れない!化粧ノリが良くなる!おすすめの化粧下地の塗り方

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
芸能人も愛用!2018年大人気の化粧品をまとめています
失敗しない!2018年の新感覚ベストコスメはこれ!←クリック