明るめ肌に!テカからない!乾燥する人におすすめCCクリーム8選

夏を過ごして迎える秋は、肌の老化が1年進むといわれ、肌のくすみが一段と気になる方も増えるのではないでしょうか。

また肌が乾燥して白っぽい粉がふく、テカリがひどくなったような気がする、血色が悪く体調不良に見えてしまう。そんな悩みも夏から秋には起こりやすくなっています。

使ってすぐ

  • ワントーン明るい肌に調整してくれて、
  • 保湿効果も高い、
  • 乾燥肌にも安心な

CCクリームは、夏から秋の肌悩みにこそおすすめしたいアイテムです。

厚塗り感もなく、自然な仕上がりのCCクリームは、コントロールカラーから、普通のファンデーションのようなベージュまで、色のバリエーション豊富なのもポイントです。

今回ご紹介したアイテムは、肌に優しい一枚のベールをつけるような、ミネラルベースや自然由来のものを中心に選んでみました。

夏肌をいたわる、そんな気持ちでCCクリームを選んでみてください。

BBクリームとCCクリームは仕上がり感が違う

BBクリームはカバー力があって、CCクリームは素肌のようなナチュラルな仕上がりというのが、BBクリームとCCクリームの大きな違いです。

BBクリームはリッチな質感で、ファンデーションと同じカバー力がありますが、CCクリームは肌の色をコントロールすることで、光を反射させ色ムラを修正してくれるので、なにもつけない素肌のような仕上がりを目的としたものです。

また保湿などスキンケア効果の高いものや、紫外線カットして、肌に優しいものが多いのも特徴です。

CCクリームを使うとこんなうれしい効果が?

①とっても楽に、肌に優しくメイクが仕上がる

CCクリームは、スキンケア効果も期待できる下地コスメなので、ベースメイクを楽にすませたい人や、肌に負荷をかけずないでメイクをしたい人にぴったりです。

乾燥して肌荒れの目立つ夏疲れの肌に、ファンデーションを塗り込んでいくと、摩擦で肌を傷め、うるおいも奪われていきます。そこで、疲れた肌にはもう一枚ベールをつけるように、うるおい成分を配合したCCクリームをつけると、化粧の刺激から肌を守り包んでくれといった効果があります。

お化粧を落としたときにも肌がつっぱらず、しっとり感がキープできますよ。

②素肌でいるより素肌っぽく、つややか肌に仕上がる

メイクをしない方が肌にとっては負担にならず良さそうですが、素肌メイクを目指すならあえて、CCクリームを塗った方が良いといえます。

CCクリームは、色ムラや赤みを補正してくれるので、健やかな自分本来の素肌に仕上がります。なおかつUVカットもしてくれますから、つけていた方が肌にとっては負担がないといえるのです。

③乾燥肌の人がCCクリームを使うメリット

乾燥が深刻で、本当はなにも塗りたくないという方こそ、使っていただきたいのがCCクリームです。夏を過ごして乾燥肌が深刻になると、肌が白い粉が吹いたようになってしまうことがありますよね。

これは、ターンオーバーが上手くいかず、肌の古い角質がはがれ落ちずに、表面についたままになっているため起こるものです。この粉が吹いたような状態は、肌のターンオーバーを正常に戻してあげなければなりませんが、すぐに治るものでないのが悩みどころです。

こんな時CCクリームがとっても便利。スキンケア効果も高く、肌の凸凹を潤しながらキメを整えてくれます。

テカリが気になる時のCCクリームの使い方

夏疲れの乾燥肌は、水分が足りていないため、余分な皮脂分泌が起きてテカリも気になってきます。そんな時に試していただきたいCCクリームの使い方をご紹介してみましょう。

ステップ1:塗った後、両手で顔を包み肌になじませる

CCクリームは、肌のうるおいケアも考えられているため、水分と油分が多めに配合されています。テカリが気になる場合は、CCクリームをつけたら両手で顔を包み込み、しっかりと肌になじませましょう。

ステップ2:余分な油分はティッシュで押さえる

CCクリームを塗ってなじませたら、余分な油分をティッシュで軽く押さえましょう。さらにTゾーンにはルースパウダーをつける、こんなひと手間でテカリを防止、崩れにくいメイクができます。

ステップ3:明暗の色を使い分けてみる

もし、CCクリームのカラーバリエーションがあるときは、明るい色と暗い色を使い分けることで顔に自然な立体感がでてきます。

ステップ4:つける時は少しずつ何回も重ねる

つけるときは、一度につける量を少なくして、重ねづけすると厚塗りせずにすみます。ただ塗るだけではなく、ちょっと手間を加えるだけでより一層肌をキレイに見せることができます。

CCクリームの選び方

CCクリームを選ぶときに、ちょっと気をつけたいポイントを3つご紹介します。

①肌をワントーンアップしてくれるものを選ぼう

CCクリームは肌のトーンを統一して見せることを目的としたアイテムです。地肌の色を整えることで光を反射し、いつもの素肌を一段ときれいに見せてくれます。

ピンク系はくすみを跳ね返し、血色の良く、イエロー系はシミをカバーし、グリーン系は赤みを抑えます。ブルー系は透明感を出したいときにおすすめです。

②テカリが気になる人は、シリコン系成分配合がおすすめ

夏の疲れを引きずっている乾燥肌は、テカリやすく、メイクもすぐ崩れがちです。そんなメイク崩れにも、CCクリームを使うことで解消できます。

テカリ肌には、シリコン成分が含まれているものを選んでみましょう。よくわからない時は、テクスチャーを試してみてください。シリコンが配合されている場合は、サラッとした肌触りで、伸ばしやすいです。

③乾燥が深刻な場合は保湿重視のもの

乾燥により水分バランスが崩れると、肌荒れやくすみ、テカリ、化粧崩れなどの肌トラブルが起こります。そこで、乾燥が気になる方は、スキンケアの力もあってうるおいをキープしてくれるような、CCクリームを選びましょう。

保湿力を期待できる成分としては、ヒアルロン酸、セラミド、コラーゲン、スクワラン、アミノ酸などがあります。

また、自然派オーガニックを原料とするものは保湿成分も多く、私たちの皮脂にも近く、密着度や肌なじみがよいものが多いので、オーガニック系を検討してみるのもおすすめですよ。

ワントーン明るめ肌へ!乾燥しない、テカらないおすすめCCクリーム8選

①つむぎのCCクリーム

  • 商品名:薬用CCクリーム
  • 容量:30g
  • 価格:2,916円

日本製化粧品専門店の「つむぎ」の、毎日使えることにこだわったプラセンタエキス配合のCCクリームです。

有効成分プラセンタエキスのほかに、2種類のヒアルロン酸が加わって保湿効果もあります。 

国産原料による11種類の植物由来成分を配合し、 SPF30PA++の紫外線防止効果を持ちますが、紫外線吸収剤を使わず、紫外線散乱剤のみ使用。 毎日使えることにこだわった無添加処方で、パラベン(防腐剤)、 紫外線吸収剤 、鉱物油、 合成香料、合成色素などすべて入っていません。

これ1本で美容液、日焼け止め、ファンデーション、コンシーラー、化粧下地、クリームの6役。

とてもサッパリとした、軽い付け心地で、厚みを感じさせないのに、くすみを隠し、色白ベース肌の仕上がりになります。

⇒ホームページ:薬用美白CCクリーム

<<Amazon>>

②ナチュラグラッセのメイクアップクリーム

  • 商品名:メイクアップクリームN 02 (ナチュラルベージュ)
  • 容量:30g
  • 価格:3,080円

1本で素肌がきれいなったことを実感できる、下地とファンデーションの機能を兼ね備えたCCクリームです。

本来の肌を活かして、美しさを引き出してくれるので、どんな人でもワントーン明るい肌印象に整えてくれます。

とにかく肌に負担がない使い心地で、配合されているラメが肌につや感と立体感が出て、良い仕上がりになります。光りすぎる感じも抑えられているので、みずみずしくて軽やか、健やか、ありのままに心地よく無理せず美しくなれるベースメイクです。

植物オイルが皮脂のように肌をうるおし、肌の調子はとても良くなったという声も多いです。紫外線ブロック力もSPF44 PA+++と高めで、肌を守ってくれます。

⇒ホームページ:メイクアップクリームN02

<<Amazon>>

③初雪の雫のCCクリーム

  • 商品名:CCクリームUVファンデーション
  • 容量:35g
  • 価格:1,470円

エイジングケアブランドとして口コミを中心に支持される初雪の雫のCCクリームです。

ファンデーションを塗ると老けた印象になる方 きれいな肌を演出したい方に特におすすめです。

保湿効果の高い梅果実エキスや、シミの原因に働くカンゾウ根エキス、12種類のアミノ酸やプラセンタなど、エイジングケア成分をたっぷり配合。SPF50+ PA++++で紫外線から肌をしっかり守ります。

ピンクオークルの色がカラーコントールしてくれ、シミやくすみをカバー、ハリのある若々しい自然肌を実現します。

さらにうれしいのが、これ1つで化粧下地、コンシーラー、ファンデーション、カラーコントロール、日焼け止め、クリーム、美容液までOKのオールインワンタイプ。

肌に負担がかかる成分、バラベン・合成着色料・鉱物油などは使用していません。

⇒ホームページ:CCクリームUVファンデーション

<<Amazon>>

④エスプリークのCCベース

  • 商品名:CCベースモイスト
  • 容量:30g
  • 価格:3,070円

ぽっかり毛穴や黒ずみ毛穴などあらゆる毛穴をしっかりカバーし、マットな肌を一日中保ってくれるCC化粧下地です。

ヒアルロン酸、コラーゲン、オリーブ果実オイル、スクワランなど濃厚保湿成分で乾燥を防ぎ、カサつく肌も、ふっくらやわらかにしてくれます。

水分をしっかりと抱え込む、アミノ酸由来のバーム(保湿)が必要に応じて肌に潤いを与え、くすんだ肌を、光を反射させながらワントーン明るい自然なツヤ肌へ。

ほんのりピンク色が、キメの整った透明感を出して、のびとつきも良いので毛穴レスな仕上がりを13 時間持続してくれます。

SPF50 + / PA++++の 高い紫外線カット効果で日やけによるシミくすみを防いで、ひと塗りで軽やかに毛穴と色ムラをカバーし、素肌そのものが美しく仕上がりが持続します。

⇒ホームページ:CCベースモイスト

<<Amazon>>

⑤エトヴォスのミネラルCCクリーム

  • 商品名:ミネラルCCクリーム
  • 容量:30g
  • 価格:3,520円

乾燥から肌を守る植物由来の美容成分配合で、メイク中も肌をケアし、SPF38 PA+++で紫外線から肌を守ってくれるCCクリームです。

紫外線にも乾燥ストレスにも立ち向かう、美容液・化粧下地・コントロールカラー・UVケアなどもOKの多機能で、透明感のある自然なツヤ肌に仕上げます。

エトヴォスでは紫外線対策だけでなく、タバコや排気ガスなど環境による乾燥ダメージにも着目。肌を守る美容成分のオウゴン根エキス、ドクダミエキスや、うるおい成分のヒト型セラミドとマンダリンオレンジ果皮エキス、肌のキメを整える甘草エキス、ヒナギク花エキスなどを配合。

気になる凸凹もカバーし、ツヤのあるつややかな肌に仕上がります。ノンケミカル処方で石っけんでも落とせる肌にやさしい低刺激処方です。

⇒ホームページ:ミネラルCCクリーム

<<Amazon>>

⑥メイベリンのピュアミネラルCC

  • 商品名:ピュアミネラルCCブライトアップ01ブライト オークル
  • 容量:30ml
  • 価格:900円

今の肌色をワントーン明るく整えて、透明感をだしてくれる肌色補正のCCクリームです。

肌に伸ばすと、すぐに色ムラ補正カプセルが弾けて発色して、極薄カバーなのに気になる色ムラと毛穴を目立たなくしてくれます。

化粧水と乳液などで肌を整えた後に、軽くたたきこむようになじませ、特にカバーしたい箇所には必要に応じて重ねづけできます。さらにメイベリン ピュアミネラルシリーズと一緒に揃えて使えば、自然派ミネラルメイクがさらに効果的!

リキッドファンデが苦手な場合は、このCCクリームをスポンジで肌に密着させ、薄づきのパウダーファンデですますこともできます。

肌が軽く息苦しさもなく、ワントーン明るくなり、ツヤもあり、紫外線対策もしてくれ、コスパも最高ですが、現在ネットのみで購入できるとのことです。

<<Amazon>>

⑦トランシーノのCCクリーム

  • 商品名:薬用ホワイトニングCCクリーム
  • 容量:30g
  • 価格:2,600円

トラネキサム酸がメラニン生成を促す働きをブロックして、美白しながら肌を自然に明るく見せるCCクリームです。

SPF50+PA++++の高いUVカット力で、紫外線から肌を徹底的に防ぎ、かつウォータープルーフなので汗や水で崩れにくいのも特長です。

さらに美白、乳液、日焼け止め、化粧下地、色補正の1本5役を実現、ひと塗りで明るくなって、毎日ぬるたびに透明感ある肌になっていきます。

また紫外線のほかにPM2.5による日中の肌ダメージにも着目。ボタンエキスとコウキエキスで保湿力を強化し、オウゴンエキスでPM2.5対策もしっかりしながら、ベース肌を演出してくれます。

肌へのやさしさを考えた処方にも配慮し、低刺激性、無香料、アレルギーテスト済みです。

⇒ホームページ:薬用ホワイトニングCCクリーム

<<Amazon>>

⑧ラナレイのプリズムCCクリーム

毎日忙しくて、朝のメイクが大変だと悩んでいる女性もいるかもしれません。特にベースメイクに時間がかかってしまうことはありませんか。

化粧下地、コンシーラー、BBクリーム、ファンデーションなどを使うことで、時間がかかりイライラしてしまうということもありますよね。

朝メイクがサっと終わり、時間に余裕ができると楽になるかもしれないと思ったことがある人もいるでしょう。

ベースメークでアイテム一つを使うことでOKなら、すごく気持ちが楽になりますよね。

ここでは、そんなアイテムをご紹介します。

時短メイクをする時に、カバー力、ナチュラル感などしっかりと効果を感じることが出来なければ意味がありません。ベースメイクをする時に、これ1本で美肌になれるおすすめのアイテムは、「ラナレイのプリズムCCクリーム」です。

このラナレイのプリズムCCクリームは、1本で8役をこなす多機能CCクリームなんですよね。機能は、ファンデ、化粧下地、カラーコントロール、コンシーラー、さらに美容液、乳液、毛穴カバー、日焼け止めと多機能です。

実際にこれを手に取った時に、本当にこれ1本でそんな機能があるのかなと思ってしまいました。毎日化粧下地やコンシーラーなどを使って、時間をかけてベースメイクをしていた私としては、初めはこれ1本で美肌になれるかと疑問に思ったんです。

まずは使ってみることにしました。

標準的な肌色に馴染むオークルを選んだのですが、自然な仕上がりになるのでやっぱりいいです。プリズムCCクリームはポンプ式です。私はこのポンプ式というのがとても気に入っています。何故なら、出しすぎる不安がありませんし、とても清潔感があるからです。

顔に付けて伸ばしてみましたがが、スルスルっととても良く伸びていくなぁと感じました。

時々つけにくいアイテムもありますし、ベタついて嫌だなと思うアイテムもあるのですが、プリズムCCクリームはすごく使いやすく、肌になじみやすくていいなと感じました。

濃いシミや大きな毛穴の開きをカバーできるかはわかりませんが、ある程度のシミや毛穴だったらしっかりとカバーすることができると感じました。これ一本でとてもナチュラル感のある顔に仕上がることができたので、大満足です。

さて、これ一本でどこまでメイクが崩れず良い状態をキープすることができるのかなと思って試してみたのですが、寝るまでメイクが崩れることはありませんでした。

一日何度かメイクが崩れていないかなと鏡を見たのですが、メイクが崩れたりカサカサ乾燥したるすることがなく、本当にこれ1本でベースメイクOKなんだとしみじみ思いましたね。

日焼け止め効果も期待できるということですが、確かにこれを使っている時に日焼けしたなと思ったことはありませんでした。忙しい朝に、ファンデーション、コンシーラー、化粧下地などの複数のアイテムを使わずにすむようになり、ゆっくりとコーヒーを飲むことができるように。朝メイクがすごく楽になりました。

ベースメイクにすごく時間がかかり、毎朝イライラしている女子には、この1本で8役をこなす多機能CCクリームであるラナレイのプリズムCCクリームを使ってみてはどうでしょうか。

⇒ホームページ:プリズムCCクリーム

<<Amazon>>

関連記事:ベースメイクはCCクリーム1つでOK!おすすめデパコスとプチプラCCクリーム10選