時間がかからず早い!髪が痛まない!タオルドライヤーの乾かし方

驚くほどすぐに乾く!髪に優しいタオルドライヤーのやり方を鍾愛します。

入浴後に髪を乾かすのが面倒に感じる時はありませんか?

ショートやボブならまだしも、ロングヘアの人が完璧に乾かすなら20分以上かかります。顔や体を保湿するスキンケアだけでも大変なのに、ヘアケアまで時間を割いていたら小一時間かかっていまいます。

育児中の人はそんな時間の余裕がないですから、何とか髪を早く乾かしたいと考えるでしょう。

そこでお勧めの方法がタオルドライヤーで、最短5分で髪を乾かすことができるのです。

忙しい人や体調が悪い時には、タオルドライヤーの方法を使って、手早く乾燥させましょう。

これまで髪を乾かす時間が10分以上かかっていたのなら、今後はたった5分で乾かせるようになります。タオルドライヤーの方法を使うと、ヘアケアの時間をグンと削減できるので、余裕がない人にはかなりお勧めです。

特別なアイテムを使うわけでもなく、普段使っているタオル1枚で簡単にできるテクニックですから費用はかかりません。コツさえ掴めば誰でもすぐに挑戦できますし、驚くほど簡単に早く乾きますから、一度は試して欲しい方法です。

タオルドライヤーのやり方

①髪を洗った後、あらかじめタオルで水分を吸収させておきます。

②乾いたタオルをもう1枚用意して、半乾きの髪を覆うようにして頭から被せます。

タオルの上からドライヤーをあてていると、内側に熱風がたまって、根元から髪が乾かしやすくなるのです。ドライヤーをあてる時間は5分程度で、タオルを取ると髪がしっかり乾いているのを感じるでしょう。

この方法が効果的な理由は、半乾きの髪に巻いたタオルの内側が、サウナのような状態になって、水分が吸収されやすくなるからです。タオルドライだけではなかなか乾きませんが、この方法なら水分吸収を早めることができるので短時間で済みます。

イオンドライヤーなどのダメージが少ないものでも、長時間あてると髪に負担がかかります。髪は濡れいても頭皮は乾燥していることが多いため、熱を与えすぎるとかえって髪や肌にストレスを加えることになるのです。

タオルを1枚挟むだけでこのようなストレスを避けられますし、5分程度なら髪だけがしっかり乾くという理想的な状態になります。タオルドライヤーをやり始めてから、頭皮の乾燥が治まったり、髪にハリや艶が戻ったという意見もあります。口コミではかなり高評価を得ており、テレビで紹介されたこともあるほど有名なテクニックです。

タオルキャップでやると楽なのでおすすめです↓

 

<<髪を乾かす際のポイント!>>

髪が長い人の場合、髪を乾かすだけで一苦労…と言った声が多いです。その際、まず十分なタオルドライを行っておく事をおすすめします。

髪を乾かす際、多くの人は、さっとタオルドライした後、ドライヤーを使って乾かす事と思います。しかしそのタオルドライこそ、重要な第一歩なのです!吸収性の高いタオルを使用し、十分に水分を拭き取ってから乾かすだけでも早く髪を乾かす事が可能です。

タオルドライをする際、大きなタオルでさっと水分を拭き取るだけではなく、小さめのタオルを2枚使い、濡れたら新しいタオルを使うといった感じで、使用することが大切です。なぜならそうする事で、より早く水分を吸収させる事が可能になり、パサつきを抑えることができるからです。

また、それだけでは水分を十分に吸収する事ができない場合は、キッチンペーパーを使う方法もおすすめです。キッチンペーパーの吸収率は非常に優れているため、すぐに髪の水分も吸収する事ができます。

そして、髪をタオルで挟み、その上からドライヤーの熱をあてる事で、何もなしで熱をあてるよりも早く髪を乾かす事が可能になります。

また、ドライヤーを使う場所は、洗面所などは避け、風通しのよい乾燥した場所がおすすめです。そうする事で、より早く髪を乾かす事ができます。

以上が、髪を正しく&手早く乾かす方法です。毎日の事となる髪のドライ作業。その為、少しの工夫で時短する事ができれば、とても、嬉しい事と思います。髪を乾かす事が面倒だと思っている人でも手早く乾かす事ができれば、そんな苦痛も減らす事ができます。また、時短する事で大切な夜の時間を他の時間にあてる事もでき、本当にお勧めです。

髪を洗った後、どうしても、面倒だと思ってしまい、そのまま自然乾燥と言う人も少なくありません。しかし、髪の自然乾燥は髪がパサついてしまう大きな原因にもなります。その為、どれだけ面倒だと思っても、髪は乾かす必要があるのす。そうする事で髪のキューティクルは守られ、ツヤのある髪を維持する事ができます。

髪を乾かさないといけないと思っても、ロングヘアーの人や髪の量が多い人などにとっては、時間もかかって、本当に面倒な作業になります。中には、せっかく、お風呂に入ったのに髪を乾かす事で、また、汗をかいてしまったという人もいるでしょう。そんな、面倒な事が多い髪の乾かし方は、少し工夫をすれば、時短する事ができ、結果、余った時間を有意義に使う事ができます。また、髪を早く乾かす事ができれば、それだけキューティクルを守る効果も得ることができ、ツヤのある髪を維持する事も可能です。

髪と言うものは、いくら美容院でケアしてもらっても、日々のケアが十分でなければ意味がありません。その第一歩が”髪の乾かし方”と言えるのです。いつまでも美しい髪を維持するためにも、濡れた髪は必ず、自然乾燥ではなく、ドライヤーを使ってしっかりと乾かすと言った習慣を付けましょう。

その後、ドライヤーを使い髪を乾かします。その際、温風と冷風を交互に使って乾かすといった方法をおすすめします。なぜならそうする事で、髪に負担をかけることなく、手早く乾かす事ができる他、頭皮にも良い刺激となり、心地良く髪を乾かす事ができます。

髪を手早く乾かす際のポイントとしては、場所選びも重要なポイントです。湿気の多い脱衣所では、手早く乾かす事の邪魔になる為、リビングや部屋など湿気の少ない場所で乾かす事が大切!また、髪を乾かす際は、根元から乾かすといった事を忘れてはいけません。

また、お子さんの髪も自然乾燥は厳禁となるため、自分で乾かす事ができるまでは手伝ってあげると良いかと思います。

まとめ

シャンプー後、面倒だからと自然乾燥している人はいませんか?また、ドライヤーの熱で髪を傷めるのがいやだと言う理由で、自然乾燥を選んでいる人もいるかもしれませんね。しかし、それらは大きな間違いです!

髪を自然乾燥させると言う事は髪に対し、良い事は一つもありません。それはドライヤーの熱で髪を乾かした場合と比較しても、そうと断言できます。そのため、必ずシャンプー後の髪は正しい方法で乾かす事が重要になってきます。

その理由は、”髪のキューティクルを大切にする”ためです。

髪を健康的で美しく維持させる為には、このキューティクルが非常に重要になります。そして、このキューティクルは自然乾燥によって傷つき、失われていきます。

髪を正しい方法で乾かす事で、

①髪に重要なキューティクルを守る事が可能。

②また、しっかり乾かす事で寝癖を防ぐ事ができ、翌朝、忙しい時間に慌てて髪を直す手間も省く事が可能。

③その他、根元からのうねりも予防する事ができ、まとめやすい髪を維持する事も可能。

以上のような効果を得ることができます。

スキンケアもヘアケアも、時間をかければ美しくなるとは限りません。

ポイントを掴んで短時間で済ませたほうが、ストレスが少なくなると思いませんか?

時間を減らせばストレスも減りますから、毎日のケアが面倒で挫折することもなくなります。

タオルドライヤーは時間だけでなく、髪ダメージも減らして、精神的なストレスも和らげてくれるのでお勧めしたいです。

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
芸能人も愛用!2017年大人気の化粧品をまとめています
失敗しない!2017年の新感覚ベストコスメはこれ!←クリック