晩秋まで使える大人のワンピース13選とトレンド秋コーデ2020

茹で上がってしまうような暑さも落ち着いてきて、秋物が似合う季節が近づいてきましたね。

そうなると気になってくるのが秋物ファッション。秋物の洋服って着られる期間が限られているから使い勝手が悪いと思われがち。ですが実は、コーディネート次第でギリギリ年末まで大活躍してくれる優秀なアイテムが多いのです。

そんな秋物のなかで今年特に注目していただきたいのがワンピース

ここ数年、ガウンとしても使える前開きのデザインが流行ったので、もうワードローブに入っているという方も多いのではないでしょうか。

今回は秋物ワンピースの選び方とコーディネート、おすすめの秋物ワンピースをご紹介します。

ワンピースを買う前に抑えておきたい2020年秋のトレンド

クラシックブルーとブラウン

秋のトレンドで抑えておきたいのがカラー。今年の流行色に選ばれている、夕暮れの空を連想させる少し灰色がかった「クラシックブルー」。

ソフトな温かみがありこなれ感のある印象になる「ブラウン」は、シックな装いにとてもマッチしそうです。

特に今年はちょっとくすみ系カラーが豊作な年ですが、秋以降もこの傾向は続きそうなのでこれを機にトレンドカラーを取り入れてもいいですね。

レトロ感満載のチェック柄と花柄

色と一緒におさえておきたいのがトレンド柄。2020年はチェックと花柄です。両方とも大きめの柄を選ぶと子供っぽさが出てしまうので、柄の大きさは気持ち小さめのものを選ぶようにしましょう。

どちらも無地でミニマルなデザインと相性が良いので、無地のトップスと合わせてスカートっぽく着こなすのも楽しめそうです。

2020年秋のワンピースコーデに取り入れたいアイテム

パンツ

この一年ですっかり定番スタイルの仲間入りをした、ワンピースとパンツのレイヤードスタイル。

夏に活躍したワンピースとリブパンツなど秋冬物パンツを合わせるだけで、この秋ならではのコーディネートが完成。これからワンピースを買うなら薄手のニット素材でできたものを選ぶと、あったかコーディネートとして長く活躍してくれそうです。

直線的なデザインのワンピースと合わせるとなんとなく野暮ったく見えてしまう場合には、ウエスト部分にベルトを合わせることで適度なメリハリを作れます。

ストール

ちょっぴり肌寒い日に大活躍してくれる定番小物のストールも、ワンピースとの相性バッチリのアイテム。気温や天気にあわせて生地の暑さを選べるので、一枚持っていると本当に便利です。

大判ストールにはクラシックなチェック柄のものも多いので、手持ちのコーディネートに合わせるだけで手軽に

旬顔になれるのも嬉しいです。またチェック柄をはじめとした柄物と合わせても以外としっくり馴染みそう。

自宅時間で過ごす機会が増えた方ならちょっとだけ奮発して、ウールやカシミアなどの素材でできたものを選ぶと、おうちコーデをより上質なものへとランクアップできますよ。

パーカー

さらりと羽織れるパーカーも、これからのシーズンのコーディネートを考えるうえでの強い味方。特にパーカーはコーディネートを一気にカジュアルダウンしてくれますので、近所へのお出かけやランチなどのときにセレクトする機会も多くなります。

ベーシックなブラックやホワイトの他にボルドーなどのカラーを一枚持っているとかなり重宝しますよ。

ジャケット

クラシックな印象を引き立ててくれるジャケットも外せませんね。特にクラシックな雰囲気がトレンドを牽引している2020年はジャケットと好相性なデザインのワンピースが多く、ノーカラージャケットと合わせることでハンサム感とリラックス感が絶妙なバランスを楽しめそうです。

ライダース

こちらも秋冬コーデの鉄板アイテム、ライダースジャケット。パンツと合わせるとかっこよさがさらに引き立つアイテムは、ワンピースと合わせて甘辛MIXへ。

ちょっと薄手の生地でできたワンピースでも風を通さないライダースと合わせれば寒くないです。シフォン素材でできたマキシワンピースと相性がよく、足元はローファーできっちり感を出しても、スニーカーであえてはずしても。

袖なしダウン

秋冬物で一枚持っていると便利なのが袖なしダウン。

スポーティーな印象でメンズアイテムのイメージが強い袖なしダウンですが、ジャケットよりもラフな印象をプラスできるアイテムなので、カジュアルなコーディネートをすることが多い方なら一枚持っていて損はありません。

カラフルすぎるとアウトドアっぽいレジャー感が一気に出てしまうので、はじめての1枚はシックなブラックがおすすめです。

2020年秋のトレンドワンピースコーディネート13選

①スナイデルのコットンシャツワンピース

  • 価格:15,620円

スナイデルらしいフェミニンな雰囲気のシャツワンピです。

従来よりも太めに作られている付属のリボンベルトが、ウエスト部分を強調してくれて自然にスタイルアップ。肘まである五分丈のパフスリーブと膝下よりも長いスカートが、この秋冬に欠かせないエレガントな印象に。

深めのVネックによるすっきりした印象の上半身と、たっぷりの生地で作られたスカートなので動くたびに強調される下半身の華やかさとのコントラストが印象的な、今年のトレンドを詰め込んだ一枚です。

⇒ホームページ:コットンシャツワンピース

②D HOLICのタートルネック鞍馬ランスニットワンピース

  • 価格:4,675円

プチプラ価格でトレンド感満載のファッションを楽しめるD HOLICのmニットワンピースです。

少し暖かい日なら一枚で着てショートブーツと合わせて、肌寒さを感じるようになってきたらダークネイビーのロンパースとスニーカーとセットにしても楽しめる一枚です。

インナーの色が透けにくいこっくりとしたキャメルカラーで、インナーの色味が響きにくいのもポイントが高いです。

⇒ホームページ:タートルネック鞍馬ランスニットワンピース

③IRADOWLのサイドスリットロングTシャツ

  • 価格:5,880円

まだ暑さを感じる日に嬉しいノースリーブのロングTシャツです。

腰まで届くくらい深めのスリットが今年らしいデザインです。落ち着きのあるブラウンなので、ホワイトやアイボリーのパンツの合わせるときれいですね。

ちょっと変化球を加えたいなら、昨年から見かけるようになったアフリカンファブリックと合わせて、歩いたときにチラッと柄が見えるようにするのも楽しいかも。

⇒ホームページ:サイドスリットロングTシャツ

④miniyuのリーフ柄スタンドカラーワンピース

  • 価格:5,390円

オレンジとホワイトのリーフ柄によるヴィンテージ感が楽しめるワンピースです。

スタンドカラーの、長袖、ロング丈で秋が深まってきたころから大活躍してくれそうです。フルレングスのストレートパンツと合わせるとシックな雰囲気に決まりそうです。

ワンピースとして着る以外に、前のボタンを全て外すとガウンにもできるので黒目のストレートデニムとローファーとあわせてピリッとしたマニッシュ感を楽しむときのアクセントにも使えそうです。

⑤niko andのダンボールフード付きワンピース

  • 価格:4,851円

余計なデザインを一切排したシンプルなフードつきワンピースです。

ダンボールフードというユニークな名前は、梱包材などで使用される段ボールを参考にした表糸・裏糸・両方を繋ぐ中糸による3層構造の生地を使用しているところから付けられました。

滑らかな肌触りでとても着心地がよく、リラックスしたい日やゆっくり過ごしたい日のワンマイルウェアとして大活躍してくれそうです。足元はスニーカーでもサンダルでも合わせやすそうですね。

⇒ホームページ:ダンボールフード付きワンピース

⑥Plageのplume paisleyドレス

  • 価格:15,400円

高級感のあるスエード生地にヴィンテージ生地を参考に作られたオリジナルのペイズリー柄がプリントされたワンピース。にじみ感の効いた柄で、全身に柄を纏っても重くなりすぎることがありません。

パールやゴールド調のアクセサリーと合わせたシックなコーディネートでちょっとしたディナーへ、ラフにまとめた髪型にスニーカーでラフに外して女子会コーデにしても映えそうです。

⇒ホームページ:plume paisleyドレス

⑦FREAK’S STOREのネルチェックシャツワンピース

  • 価格:5,995円

2020年秋のトレンドでもあるブラウンとチェック柄を一枚で楽しめるワンピースです。

秋冬シーズンの鉄板素材でもあるネル素材を使用。抜け感のあるワイドシルエットとドロップショルダーのおかげで、シルエットと少し大きめの柄模様もほどよい感じに着こなせます。

デニムと合わせるスタイル以外にも、トップスにオフホワイトのパーカーと合わせてカジュアル感を楽しめそうです。

⇒ホームページ:ネルチェックシャツワンピース

⑧グリーンレーベルリラクシングのWTO CS PE ウエストギャザーワンピース

  • 価格:6,600円

きちんと感が欠かせないビジネスウェアが得意なグリーンレーベルのモノトーン調のワンピースです。

主張しすぎない色味とデザインのおかげで、ジャケットやカーディガンと合わせたオフィススタイルからパーカーとスニーカーで楽しむカジュアルスタイルまででお仕事にも遊びにも使いやすい、コーディネートで困ったときについ手が伸びてしまいそうな一枚です。

⇒ホームページ:ウエストギャザーワンピース

⑨ROSE BUDのバンドカラーシャツワンピース

  • 税込:2,646円

トロッとしたシルエットと着心地がこなれ感を演出してくれるバンドカラーシャツワンピースです。

ほどよいボリューム感のある袖とたっぷり入った背中のギャザーのデザイン、体のラインをさらわないよう生地の相乗効果で、隠したい部分を隠してすらりとした印象に。生地に少し透け感があるので、下に着た服の色があえて透けるようにしてもコーディネートが楽しめそうです。

⇒ホームページ:バンンドカラーシャツワンピース

⑩AMERICAN HOLICの襟ケーブルニットワンピース

  • 税込:2,970円

ONにもOFFにも等身大で楽しめる大人の日常着をテーマにしたAMERICAN HOLICのニットワンピースです。

ゆったりめシルエットの襟元にケーブル編みをあしらうことで、可愛い印象になりがちなオフホワイトのニットもスタイリッシュに。パンツスタイルと辛口小物でクリーンかつマニッシュにも、チュールスカートやシューズを加えてフェミニンにも着こなせるワンピースなので、手持ちの服と合わせるとコーディネートがさらに広がりそうです。

11.B:MING by BEAMSのバンドカラーシャツワンピース

  • 税込:7,343円

スタンダードなデザインのシャツワンピースです。

先染め糸で織られた生地はほどよいツヤとハリ感で、どんなアイテムとも好相性です。ストライプは初夏のアイテムに多いイメージですが、ベージュなど温かみを感じる色合いのものなら秋冬でもワードローブに取り入れやすいですよ。

王道デザインなので、インナーに同系色のハイネック、ストレートパンツにバブーシュ、縦ラインを強調できるようチュール素材のスカートと合わせるなど、あえて外しアイテムを入れて見るとコーディネートのアクセントになりますよ。

⇒ホームページ:バンドカラーシャツワンピース

12.AUNT MARIE’Sのバックスリーブロングシャツワンピース

  • 税込:2,970円

動くたびにフワッと広がるシルエットがきれいなロング丈のシャツワンピース。とろみ感と艶感のある生地をたっぷり使用しているので、ロングワンピースのコーディネートにありがちな重さを感じさせません。

軽やかさをいかしてストールをふんわり巻いたスタイルや、柔らか素材でできたジャケットと合わせて天気の良い日のお出かけコーディネートに。

⇒ホームページ:バックプリーツロングシャツワンピース

13.CORNERSの花柄プリーツカクシュールワンピース

  • 税込:4,455円

生地全体を埋め尽くすように散らされた小さめの花小紋が、レトロさと上品さを引き立てるワンピースです。

甘くなりすぎないデザインなので、花柄ワンピースは子供っぽくなりがちと避けがちな方でもデイリーづかいしやすいです。

レザーのライダースとショートブーツとあわせた思いっきり辛口コーデから、パーカーとフラットシューズの甘めカジュアルまで、どんなコーディネートにも合わせやすいです。普段はやらないようなアイテム同士を組み合わせて自分だけの着こなしを。

以上、これからのシーズンに向けて大活躍してくれそうな秋向けワンピースについてご紹介しましたがいかがでしたか。

きちんと感のあるおしゃれ感がありながらラクチンに過ごせるので、仕事にもプライベートにも忙しい女性にとって嬉しいアイテムです。一枚でサラッと着てもいいし他のアイテムとのコーディネートが楽しめるワンピースは、何枚あっても困ることはありません。

まだまだ暑い日が続きますが、ワンピースコーデでこれからのシーズンを楽しんでくださいね。

関連記事:

小物はレディースファッションを格上げする!おすすめ秋の小物8選

秋冬のトレンドファッション「流行ファッションは?」

秋冬トレンドカラー「流行色や柄、ファッションデザインは?」