梅雨や汗やマスクで滲む!夏におすすめの滲みまないアイライナー8選

ジメジメとした梅雨が始まり、湿気と汗や皮脂で崩れやすくなるのがアイライナーです。

マスクが手放せない今はマスクから漏れる息のせいで、さらにアイメイクが崩れがちになってしまうという新しい悩みまで増えてきましたね。

気がついたら目の下にしっかりと色移りしたアイライナーは疲れた顔を助長して老け顔に見せてしまいます。清潔感も失われてしまうのでせっかくのメイクも台無しです。

マスクをすることが増えた最近ではアイライナーは必須アイテムです。

少しだけラインを引くだけでもぼんやりとした印象を払拭でき、顔の陰影や凹凸を強調してくれるので小顔効果も生まれます。

テレワークから出勤に戻り、たまった仕事に追われてメイク直しどころではなかったり、仕事後の子供のお迎えなどで忙しくてメイクを直す時間もままならないのが現実です。

そのまま夕方まで過ごしてしまい鏡を見て愕然とする前に・・・。滲みに強いアイライナーでストレスを一つ減らしてしまいましょう。

アイライナーの効果

アイライナーの効果は、

  • 目を大きく見せたり
  • 白目を綺麗に見せたり
  • 顔立ちをはっきりさせたり
  • 目の形を理想的な形へと変化させたり

などと顔の印象を大きく変えるアイテムの1つです。

アイライナー1つでモードもナチュラルも可愛くもなれるので、メイクには欠かせない存在です。

特にマスクをして外に出ることが多くなっている現在、いつものメイクでは顔がのっぺりと見えてしまうため、目元を強調するメイクがトレンドの1つとなっています。

色の選び方

ネイビーやダークグリーンなどのカラーアイライナーもじわじわと人気になってきていますが、やはり人気なのは、茶色の2色です。

黒色のアイライナー

黒のアイライナーは顔立ちを大人っぽく見せて目力をアップさせて華やかな印象に仕上げてくれます。

黒と言っても漆黒だったり、グレーっぽい透け感のあるものなど質感は様々なので日によって使い分けたり、ファッションに合わせて選んでみると顔の印象がガラッと変わってメイクのマンネリを解消することができます。

茶色のアイライナー

最近トレンドの薄い系のメイクや抜け感を出したり、ナチュラルに仕上げたい、白目を綺麗に見せたい場合には茶色のアイライナーを使う事で優しい印象なのに顔の陰影をしっかりと作ってくれるので近頃は使う人が多いカラーとなっています。

黒では目元が強くなりすぎるとお悩みの場合は、茶色のアイライナーがおすすめです。

アイライナーの種類

アイライナーにもペンシルタイプ、リキッド、ジェルなど質感も様々で仕上がり具合も変わります。

●ペンシルは、ナチュラルで柔らかな印象になるので目元を丸く優しく仕上げたい時におすすめ!書きやすく直しやすいので初心者さんにも使いやすいのがペンシルタイプです。

●リキッドは、大人っぽく、凛として華やかな印象を作り上げてくれます。

目尻に細く描きたい時にも線が引きやすいのでペンシルと併用して使うのもおすすめです。

●ジェルタイプはペンシルよりもはっきりとした仕上がり。

リキッドよりも少し柔らかな印象に仕上がりますよ。また、ペンシルよりも落ちにくいのも特徴です。スルスルと描きやすいのでどんな人にも扱いやすい質感です。

シャープに見せたいのか、柔らかな印象に仕上げたいのかなど自分の好みによってタイプを選んでみましょう。

アイライナーの使い方

イマドキメイクは

  • 抜け感と
  • さりげなさ

が命です。

ガッツリ上瞼に引くのは不自然な印象になります。

ステップ①:まつ毛の間を埋めるようにまつ毛の粘膜の部分へ細く描いていきます。

ステップ②:目頭は控えめに、黒目から目尻を主に描いていきます。

横幅が強調されて全体に同じように描くよりもデカ目効果がアップします。

ステップ③:目尻側のハネも飛び出しすぎはNGです。

目尻から5ミリほど伸ばすくらいがナチュラルで上品な仕上がりになります。つり目の人は5ミリより更に短くすると優しい印象に仕上がります。

ステップ④:一重や奥二重の描き方もチェックしていきましょう。

まぶたを持ち上げて内側のインラインを引くことによってナチュラルに仕上がります。

しっかりとまつ毛の間を細めのラインで埋めていきます。この際も目頭側は控え目に、目尻側をしっかりと。カラーライナーを使うと二重の人には出せないクールな色っぽさが出ます。

二重の人とは逆で、目尻のハネは長めに7ミリ程度伸ばすと横幅が強調されて目が大きく見えます。

最後に、ワンポイント!

・アイライナーを瞳の色と合わせるとさらに肌馴染みが良くなるので、カラーコンタクトをしている場合などはその色に合わせてアイライナーを選んでみるのがおすすめです。

・滲みくさをアップさせるためにアイメイクをする前にルースパウダーをサッと軽く乗せておくと崩れにくくなります。

余分な皮脂を吸収して滲みや落ちを防ぐことができます。

・一重や奥二重の人はグレーやカーキ、ネイビー、ダークグリーン系のアイライナーを黒目の上から目尻にかけて入れると横幅が強調され、目が大きく見えてクールさと色っぽさがアップします。

・前から見るより斜め上からや横顔を見られていることの方が生活の中では多いので、正面だけ見てメイクをせず、鏡を顔の下、上、横に置いてあらゆる角度から見てラインを引く練習をするのがおすすめです。

滲みまないおすすめアイライナー8選

①デジャヴュのラスティンファインaクリームペンシル

ペンシル史上最細、0.65mmの芯を採用。

肌あたり優しく滑らかに描けるルースピグメント処方のクリームペンシルアイライナーです。

ルースピグメントって何だろうと思いながら使ってみましたが、このアイライナー本当にスルスル描けます。

芯がかなり柔らかく肌あたりもストレスフリーです。柔らかいので出しすぎると折れるので要注意です。

ペンシルなのに時間が経つとともに密着してどんどん落ちにくくなり一日中滲み知らず、パンダ目知らずです。うっかり擦ってしまっても落ちませんでした。

カラー展開が豊富なのでモーヴやカシスを使えば今風の抜け感メイクになりますし、一重の人には優しげなのにクールで凛とした印象に仕上がるカーキブラックなどもおすすめだと感じました。

⇒ホームページ:ラスティンファインクリームペンシル

<<Amazon>>

②UZU BY FLOWFUSHIのUZUアイオープニングライナー

人間工学に基づいた持ちやすい8角形の形。

色素沈着しない染料不使用のアイライナー、お湯で落とせます。

ピンクやイエロー、ネイビー、パープルなど、色展開が多いのがとても魅力的です。

筆にしっかりとコシがあってとても描きやすいと感じました。

汗をかいても滲みにくく、パンダ目になることもありません。たくさん汗をかくと多少は落ちますが、汚く落ちることがなく消えている程度なので滲みにはかなり強いです。

⇒ホームページ:UZUアイオープニングライナー

<<Amazon>>

③エクセルのスキニーリッチライナー

ブラウンの展開が絶妙な色合いのリキッドアイライナーです。

リキッドはツヤ感があるものが多い中、こちらはセミマットな仕上がりなので肌馴染みがよく、ナチュラルな仕上がりだと感じました。

筆のコシがちょうどいい硬さで先端が細く目尻のハネも描きやすいです。

眉毛やアイシャドウに赤を使うことが増えたので、黒のアイラインがどうにも不自然だと感じこちらのテラコッタを使ってみたところとても垢抜けます。

落ちにくさもかなり優秀です。エクセルのアイテムは何を使っても大人っぽく上品に仕上がるのでこのアイライナーも年齢問わず使いやすいと感じました。

⇒ホームページ:スキニーリッチライナー

<<Amazon>>

④マキアージュのロングステイアイライナー

13時間仕上がりが持続するというアイライナー。カートリッジ式で繰り出しタイプなので持ち運びにも便利です。

これはジェルライナーのような色のつき方と、滑らかな描き心地で長年愛用しています。黒が特におすすめで、ペンシルライナーですが、薄すぎずぼやけず、はっきりとした濃い黒のアイライナーだと感じました。

出しすぎると折れるので要注意ですが、とにかく柔らかい描き心地でブレにくく、上瞼のインラインもしっかりと色がついてかつ落ちにくいと感じました。

メイクを落とすときには少し色残りするほど夜までしっかり密着してくれるので、アイメイク専用リムーバーで落としています。

⇒ホームページ:ロングステイアイライナー

<<Amazon>>

⑤ヒロインメイクのスムースリキッドアイライナースーパーキープ

お湯でオフできて染料不使用のアイライナーです。

先端が0.1mmの超極細ライナー。とりあえず何を使おうか迷ったにはこれを買っておけば間違いないので、アイライナージプシーをしていてもまた戻ってきてしまいます。

先が細く描きやすいので目尻のハネがキレイに決まります。

黒はきちんと真っ黒に発色してくれておすすめなのですが、さらにおすすめなのは02番のビターブラウンというカラーです。黒すぎず茶色すぎずでナチュラルに仕上がってやりすぎ感がありません。

発色がいいことと、減りも遅いのでコスパは最高です。真夏でも落ちにくく、パンダ目にならないので夏の登場回数もついつい多くなります。色素沈着しにくくお湯でオフできるのも高ポイントです。

⇒ホームページ:スムースリキッドアイライナースーパーキープ

<<Amazon>>

⑥キャンメイクのクリーミータッチライナー

1.5ミリの超極細ジェルライナーです。

トレンドのバーガンディやブラウン系などもラインナップに入っていて、超プチプラなので全色揃えたくなる使いやすさでした。

びっくりしたのは滑らかさ!柔らかな描き心地、芯も細くスルスル描けて摩擦を感じません。

手ブレすることなくスーッとラインが描けます。色が1回ではっきりとついてくれてそのまま夕方まで落ちていないのでかなり滲みや落ちに強いと感じました。どの色も肌馴染みがよかったです。

特にビターキャラメルは茶色が薄すぎず優しいのに目力が出てくれるので、茶色だとどうしても物足りない・・・という悩みも解消できます。

⇒ホームページ:クリーミータッチライナー

<<Amazon>>

⑦メイベリンのハイパーシャープライナー

ブラシの根元が従来より10%太くなったことで、絶妙なコシで手元のブレを吸収する手振れ吸収ブラシにリニューアルしました。

フィルムタイプでウォータープルーフなのにお湯で簡単に落ちるアイライナーです。

発売当初から書きやすく落ちにくいので他のものを使ってもついつい定期的にこれに戻ってきてしまいます。

とにかく筆のコシと細さが絶妙で描きやすくブレにくいです。

カラー展開も濃い黒もあれば薄いグレーの様な黒もあり、ブラウン系はアッシュやカーキなどトレンドをしっかりおさえているのにプチプラなのでとてもおすすめです。

落ちにくさも優れていて乾きも早いので忙しい朝にもとても使いやすいです。時間が経って乾くほどどんどん落ちにくくなると感じました。

まつ毛の間を埋めるときに粘膜部分に当てても毛先が痛くないのでペンシルと併用するときにもよく登場させています。

⇒ホームページ:ハイパーシャープライナー

<<Amazon>>

⑧オルビスのリキッドアイライナー

特徴は長い持ち手と短めの軸。描きやすいバランスの筆を採用したリキッドアイライナーです。

お湯でオフできる処方となっています。1500円以下のプチプラですがオルビスということでなんとなく安心できるなぁと買ってみました。

キャップの部分が筆になっているタイプですが、先端が細いので描きにくいということはありませんでした。

ブラックとブラウンの2色とも試してみました。

ブラックは濃い目でくっきり、ブラウンは明るすぎず暗すぎずなのでイエベ、ブルベ問わず使いやすいと感じました。とにかく落ちにくいので夏は重宝します。

うっかり擦ったときにも全く滲みませんでした。顔を洗うとスルンと落ちてくれるのでまぶたに負担がかからず助かります。

⇒ホームページ:リキッドアイライナー

以上、いかがでしたか?

汗や皮脂が溜まりやすい目元は崩れの悩みのタネですよね。しかも一度崩れると綺麗に拭き取ることも難しく直しにくいのがアイライナーです。滲みに強いアイライナーを使って悩みを一つ解決してみてくださいね。

関連記事:

濃いマスカラやアイラインも落とす!人気のポイントリムーバーと使い方

毎日メイクにおすすめコスメだけ!ローラメルシエの人気化粧品ランキングTOP10

コスメ初心者にもおすすめ!NARS(ナーズ)のベストセラー化粧品ランキングTOP10

30代のポーチの中身におすすめ!保湿系のメイク直しコスメアイテム10選