毛穴に効果があるって本当?クレンジングオイルのおすすめランキング2019

美容におすすめ♪

美しいお肌の近道は日々のクレンジングからです。クレンジングをおろそかにすると酸化した皮脂やファンデーションが溜まりターンオーバーが乱れてくすみが出たり、シミやシワ、乾燥の原因になっていきます。

プチプラやデパートコスメ問わず、メイクをきちんと落とすのに潤いを逃さない、肌に優しいものを選ぶことで肌の質感が変わっていきます。

クレンジングにはあまりこだわらない人が多いのですが、それではせっかく揃えたメイクアップ化粧品も本領を発揮できません。土台がしっかりしてこそのメイクアップなので毎日化粧水などのお手入れと同じようにクレンジングも見直してみると肌が生き返りますよ。

さっそく、人気でおすすめのクレンジングオイルをご紹介していきましょう。

クレンジングオイル

ばっちりメイクもするっと落とせるクレンジングオイル。洗浄力が強いため、肌に負担がかかりやすいという印象がありますが、正しい使い方をすればメリットもたくさんあります。

クレンジングオイルとは、文字どおり油が主成分のメイク落としです。ファンデーションなどのメイクは油でできているため、油同士がよく混ざり合い汚れをしっかり落としてくれます。メイク汚れだけでなく、酸化した皮脂や角質も浮き上がらせてくれるので、毛穴汚れや顔のテカリが気になる人にも人気の高い商品です。

ミルクやクリームタイプなど、他のクレンジング剤と比べて界面活性剤が多く含まれているのも、クレンジングオイルの洗浄力が高い理由の一つです。界面活性剤は水と油をなじませる働きがあるので、クレンジングには必要不可欠な成分です。しかし、高い洗浄力ゆえに肌を守るために必要な皮脂までも奪ってしまい、乾燥の原因になってしまうのです。

肌への負担が大きいクレンジングオイルは使わないほうがいいのでは?と思われがちですが、洗浄力の弱いクレンジング剤ではメイク汚れが落としきれず、かえって肌トラブルの原因になりかねません。クレンジングオイルは、選び方や使い方さえ間違えなければとても優秀なクレンジング剤なのです。

クレンジングオイルを選ぶ際に注目したいのが、内容成分表示。オイルと一言で言っても、たくさんの種類があります。肌の負担になりにくく、かつ洗浄力も高いのが天然油脂です。ココナッツ油やひまわり油など、天然植物由来の油脂は人間の肌の脂質と構造が似ているため、肌に残っても保護成分として機能してくれます。反対に、炭化水素油と呼ばれるミネラルオイルは皮脂を落とす力が強く、乾燥などの肌トラブルを引き起こしやすいので注意が必要です。

使い方

クレンジングオイルの使い方は、手早く優しくが基本です。

最初に、オイルを出す前に手を石鹸できちんと洗いましょう。手の汚れが顔につくと洗浄力の低下の原因となります。

クレンジングオイルは顔全体を覆える程度の量をたっぷりと使いましょう。少なすぎるオイルで顔をこすると、摩擦によって肌に刺激がかかります。

まずはTゾーンから始めます。

皮脂が多く出る部分から初めて、徐々にくるくると円を描くように伸ばしていきます。全体をゴシゴシこすると洗えないところが出てくるので、部分に分けてそれぞれ優しくなじませましょう。

後は水で流すだけですが、その前に必要なのがオイルの「乳化」です。乳化とは、油と水が混ざった状態であり、洗い流す前に少量の水とオイルをなじませることで、メイク汚れを残さず落とすことができます。少しの水をまぶし、オイルが白く濁ったら全体を洗い流してください。クレンジング後は、必ず洗顔を忘れないようにしましょう。

肌を美しく保つために、絶対に欠かせないのが毎日のクレンジング。クレンジングオイルは、賢く使えばあなたのスキンケアの味方になってくれます!

たまにはクレンジングをチェンジ!

同じものをずっと使い続けていると肌はそれに慣れていきます。数種類を季節ごとや週末のみ定期的にチェンジして使うと効果を感じやすくなります。お肌は日々の体調変化を敏感に感じやすい場所なので肌状態に合わせて化粧水を選ぶのと同じ様にクレンジングも選んでみましょう。

最近はオイルクレンジングもかなり進化をとげ乾燥肌やニキビ肌の人にも優しい処方に変わっているものが多く出ています。ファンデーションをこだわるように、クレンジングにもこだわればすっぴんだって怖くありません。

疲れたお肌がみずみずしく生き返りますよ!

クレンジングオイルのおすすめランキング

「第1位のアテニア と第2位のファンケルは間違いなしにおすすめ!」

“メイクを落とすのがめんどくさい!疲れきって早く寝たい!”

お仕事で帰りの遅いOLさん。家事や育児、それに幼稚園や学校行事に日々奔走する主婦の皆さん。いつもお疲れさまです!

メイクを落とすのってなかなか手間がかかります。時間が惜しいし、それでいてお肌のためには丁寧に落とさなくてはならないのでとっても面倒ですよね。

毎日忙しいそんなあなたにおすすめするのが、するりとメイクが落ちる有能クレンジング。メイクがよく落ちるということは手間が省ける、時短になるということ。メイク落としが面倒と感じなくなれば、苦ではなくなりますよね。

ファンケル

まずは、第2位のファンケルのマイルドクレンジングオイル。この商品、有名すぎて知らない方はいないかもしれませんね。

初めて使ったときの、アイメイクがするっと落ちる気持ちの良さは忘れることができません。しかも、これだけのクレンジング力なのに肌への負担がありません!むしろつるっと手触りが良くなり、本当に衝撃でした。クレンジング市場ナンバーワンの売上を誇るだけあり、その能力は殿堂入りです!

しかも、お手頃価格でお試しボトルやトライアルセットを通販で気軽に購入できるところが良いんですよね。買い手側の気持ちに寄り添っていると思います。名前だけは知っているけれど、まだ使ったことがないという方は今すぐお試しボトルを頼んでみてください。

アテニア

そして個人的にもうひとつ愛用しているのが、アテニアのスキンクリアクレンズオイルです。こちらもファンケルに負けず劣らずのクレンジング力。そしてバオバブやアルガンのオイル配合で美肌に良いんです。

もうひとつの特徴として、レモングラスやベルガモット、ラベンダー等天然精油をブレンド、なんとアロマ効果もあるのです!実際使用していると、ほんのり柑橘系の爽やかな香り。一日の疲れもストレスもきれいさっぱり落としてしまいましょう!

私はスキンクリアクレンズオイルの専用ホルダーを購入し、毎回大容量のエコパックを使用しています。コスパは良いですが、気持ち良くてつい使いすぎているかもしれません。

第18位 無印良品のオイルクレンジング・敏感肌用

「ガンコな開き毛穴・黒ずみ毛穴をどうにかしたい!」

そう思いませんか?

毛穴パックやスクラブ洗顔など、毛穴ケア用のスキンケアは多々あります。ですが、「毛穴ケア」を謳っているスキンケアは逆に毛穴にダメージを与えてしまうことになります。

毛穴にダメージを与えず、目立ちにくくする方法を1つ、ご紹介したいと思います。

しつこい開き毛穴、黒ずみ毛穴には『クレンジングオイル』がおすすめです。

毛穴が開く原因は、肌の角質と皮脂が混ざり合って、「角栓」ができてしまうからです。角栓が大きくなると毛穴から出てしまい、それが空気に触れることで黒ずみます。これが開き毛穴、黒ずみ毛穴となるのです。

毛穴パックやスクラブ洗顔を使うと、毛穴に刺激を与えることになります。角栓は刺激を受けると、もっと作るようになるので、いつまでたっても角栓がなくならず、毛穴が開きっぱなしになります。なので、毛穴ケア用のスキンケアを使うほど、毛穴悩みはなくならないということです。

毛穴を目立たせなくするには、毛穴から飛び出ている角栓をなくせば良いだけです。油は似ている成分同士だと溶け合う性質があるので、角栓の成分に近いクレンジングオイルを使うのがおすすめなんです。

角栓って全部取りたくなりがちですが、毛穴の中にある程度残しておかないと、雑菌や刺激成分が毛穴の中に入ることになるので、肌荒れが起きてしまいます。また、角栓を全て取ってもすぐに次の角栓が出来るだけなので、なくなることはありません。

では、クレンジングオイルを使った毛穴ケアの方法についてご紹介します。やり方はとても簡単です。

適当にクレンジングを手に出して、毛穴の気になる部分に乗せるだけです。3分〜5分放置したら、お湯で流して、必要であれば洗顔をしてください。

たったこれだけです。はじめは1ヶ月ほど毎日行ってください。途中でとくに毛穴が気にならなくなったら1週間に1度でも大丈夫です。コツは「肌に乗せる」こと。擦ったりすると肌への刺激になるので、優しく乗せてください。

 

クレンジングオイルはお値段も高くなりがちですが、コスパの良いクレンジングオイルが「無印良品のオイルクレンジング敏感肌用」です。油脂系のオリーブオイルが成分の一番はじめにあり、価格も200mlで950円(税込)です。

200mlを実際に使ってみましたが、毎日使っても1ヶ月以上は持ちました。しかも毛穴も目立ちにくくなり、白い角栓も徐々になくなっていきました。コスパ・毛穴ケアともに、もっとも良い油脂系クレンジングだといえます。

毛穴ケア専用のスキンケアは数多くありますが、そういったものを使っても毛穴悩みは解決されません。

油脂系クレンジングで優しくケアをして、毛穴の目立たないキレイな肌を目指しませんか?

第17位 USUALのクレンジングオイルNH

肌の変化を感じるようになったら、シンプルなスキンケアをはじめてみませんか。シンプルだからこそ毎日使えます。

「USUALのクレンジングオイルNH」は忙しい女性のためのシンプルなスキンケアです。

これから何年後かの肌のことを考えて、クレンジングを変えてみませんか。

特徴

主成分は4つのナッツオイル、マカダミア種子油・アーモンド油・ククイナッツ油・ヘーゼルナッツ油とハチミツです。

ナッツオイルには皮脂を構成する成分でもあるパルミトレイン酸やオレイン酸が豊富に含まれています。オイルなのに軽やかなテクスチャーです。

ハチミツにはアミノ酸、ビタミン類、ポリフェノールなど美容に欠かせない成分が含まれています。ハチミツは保湿力が高く、唇のハチミツパックなど潤いを保つために使われることもあります。

年齢を重ねるとクレンジング後に肌のつっぱりを感じるようになることが珍しくありませんが、クレンジングオイルNAは保湿作用を持つナッツオイルやハチミツを配合しているため、洗い上がりはしっとり滑らかです。

1本でクレンジングも洗顔もできるのでダブル洗顔は不要です。ダブル洗顔をやめるだけでも肌はつっぱりにくくなります。マツエクをしていても使えます。

使い方

手が濡れていない状態で使用をしてください。

2~3プッシュを手に取りだし、クレンジングオイルを顔全体に広げます。少量の水またはぬるま湯を加えて乳化させます。白っぽくなったら乳化されたサインです。

その後に水またはぬるま湯で十分に洗い流します。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

クレンジングはしっかりしたい派で、このクレンジングオイルはしっかりと落とせました。汚れはきちんと落とすのに潤いはキープされています。ナッツオイルやハチミツが配合されているところが気に入っています。べたべたすることはなく、力を加えずに洗えるので肌への負担が少ないように感じます。ダブル洗顔不要で最初はこれでいいのか不安だったけれど楽です。

長年悩んでいた小鼻の角栓が取れてきました。一番よかったことはお風呂上りに肌がつっぱらないことです。これまではお風呂でクレンジングをすると、お風呂上りに体を拭いているときに肌がつっぱったのですが、それがありません。しっとり感がよいです。

乳化が早くて水をつけてちょっとなじませたらすぐに洗い流せます。ごしごししなくても汚れは取れています。ウォータープルーフにマスカラも落ちるのに潤いはキープされています。急いで化粧水をつけなくちゃということがなくなりました。朝の洗顔にも使っています。ダブル洗顔が不要なので時短になって助かります。

いろいろな美容成分が配合されているコスメも魅力的ですが、シンプルなスキンケアもはじめてみませんか。シンプルなものだから毎日使えます。

USUALのクレンジングオイルNHは、ナッツオイルとハチミツを配合したシンプルケアにおすすめのクレンジングです。パルミトレイン酸やオレイン酸を含むナッツオイルと、アミノ酸やビタミン類などを含むハチミツを配合しているので、汚れをきちんと落としながらも洗い上がりのしっとり感を守ります。

毎日のスキンケアで数年後のきれいを守っていきませんか。

第16位 クレパシーのクレンジングオイル

クレンジングオイルのべたつきが気になる、毛穴の汚れやざらつきが気になる、マツエクをしている、ウォータープルーフのコスメを使っている。こんな方におすすめのクレンジングオイルが「クレパシーのクレンジングオイル」です。

天然由来成分99%のクレンジングオイルが、メイクや皮脂汚れ、くすみをするんと落として、クリアな肌に導きます。

4つのナチュラルサイクル

①ビタミンハーブブレンド

ローズヒップ、ティートリー、カモミール、ローズマリー、月桃、ジュニパーベリーの6種類のハーブを配合。ビタミンCを豊富に含み、毛穴の引き締め効果が期待できるハーブです。洗うたびにくすみ、ざらつき、黒ずみの目立たない、クリアで毛穴のキュッと引き締まった肌に近づきます。

②厳選したキャリアオイル配合

オリーブ、ホホバ、アーモンド、アルガン、グレープシード、イブニングプリムローズ、アボカドの7種類のキャリアオイルを配合。ビタミンEを豊富に含む肌なじみがよいオイルが、ふっくらとした肌に整えます。

③シトラス&グリーンハーブの香り

9種類の天然精油をブレンドしたシトラス&グリーンハーブの香りです。心地よい香りで1日の疲れをリフレッシュ。

④クレイ&フムスエキスで汚れを吸着

ミネラルやアミノ酸を豊富に含む、クレイ&フムスエキスを配合。クレイは小さな粒子をしており、汚れを吸着する性質があります。毛穴汚れを吸着して洗い上がりはすっきりに。

香料、合成ポリマー、アルコール、シリコン、合成香料、合成着色料、パラベン、石油系界面活性剤、動物由来原料は使用していません。W洗顔は不要、マツエクをしていても使えます。

使い方

乾いた手に適量を取り出し、顔の中心から外側、下から上に向かって伸ばしてなじませます。少量の水またはぬるま湯を加えて乳化させます。肌全体が白くなってきたらメイクが落ちたサインです。水またはぬるま湯でよく洗い流します。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • クレンジングオイルでさっぱり乳化できて、ここまでべたつきが残らないのはすごいです。乳化してからの汚れ落ちはよく、肌に汚れが残るのが嫌な私には大満足です。洗い流し後に肌をこすって汚れ残りがないかチェックしたけれど、残っていませんでした。
  • 最近のクレンジングオイルはすごいなと実感しました。さらっとしたオイルが素早くなじみ、摩擦が少ないので肌負担を感じません。W洗顔不要とだけあってすっきりとします。気になっていた小鼻のざらつきが軽減してうれしいです。
  • 肌に負担をかける成分はほぼ無添加なので気になって購入をしました。手に取りだしてみるとさらさらとした黄色いオイルです。メイクと素早くなじんで、ウォータープルーフのマスカラや眉マスカラを落としてくれます。乳化するのが早く、ストレスなく洗い流せます。鼻の黒ずみやざらつきがなくなり、化粧水の入りがよくなったように感じます。

クレンジングオイルはべたつきそうと思っていませんか。でも、クレパシーのクレンジングオイルはさらっとしたオイルで素早くメイクとなじんで、さーっと流せるオイルです。洗うたびにくすみやざらつきのないクリアな肌に近づきます。

<<Amazon>>

第15位 アユーラのメークオフオイル

メイクはしっかり落としたい、でも優しさも欲しい。そんな方におすすめのクレンジングが「アユーラのメークオフオイル」です。優しいのに素早くしっかりオフ。敏感肌にもうれしいクレンジングです。

おすすめポイント

敏感肌にもうれしい優しい使い心地の秘密は、肌なじみがよいさらさら天然オイルベースだからです。

クレンジングのオイルには、皮脂の構造に近い組成の米ぬか油・トウモロコシ胚芽油、精油の香りのベルガモット・ゼラニウム・スイートオレンジを使用しています。

肌にオイルを伸ばすと毛穴の黒ずみや汚れに素早く働きかけて浮かします。水を加えるとオイルが汚れを包んだまま分散。べたつきなく素早く簡単に流せます。洗い上がりはすべすべ滑らかに。保湿剤ベースの洗浄成分を使用しているので、洗い上がりの肌の潤いを守ります。

肌なじみがよく軽くてさらさらなので、メイクオフしている間の摩擦が軽減。肌に心地よく洗えます。

敏感肌に優しい低刺激設計。合成着色料・合成香料・アルコール・パラベン・鉱物油は無添加、敏感肌の方の協力によるパッチテスト済み、アレルギーテスト済みです。

天然精油配合でクレンジングしている間は爽やかな香りが広がります。毎日のクレンジングで気分リフレッシュに。

使い方

手のひらに2~3プッシュを取り出し、顔全体に広げてメイクとなじませます。なじみがよいオイルですが、ゴシゴシこすって洗うと摩擦によって肌が傷つくので、優しくマッサージをするように汚れとなじませてください。メイク汚れとなじんだら水またはぬるま湯で洗い流します。

濡れた手でも使用できます。マツエクをしていても使用できます。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 手に取りだしてみると黄色っぽいクレンジングです。天然由来成分99.6%使用でダメージ肌に優しい使い心地です。クレンジングオイルは洗い流した後につっぱるイメージがあったのですが、このオイルはつっぱることがなく、肌がふっくら柔らかく感じます。ベルガモット、ゼラニウム、スイートオレンジの精油配合が心地よくリラックスできます。敏感肌の私でも使えて、これまで使ったクレンジングオイルの中で一番気に入っています。
  • 敏感肌に優しい低刺激設計です。肌にあわないクレンジングもあるのですが、これは大丈夫でした。パッケージはシンプルで洗礼されたデザインで、黄色味のある半透明のオイルです。さらさらと水のようなテクスチャーで肌なじみがよいように感じます。強力なウォータープルーフのマスカラも落ちて、これには驚きました。洗い上がりはつっぱらないです。天然精油の香りで心が和みます。
  • 乾燥しないクレンジングオイルがないかと探していたとき、肌に優しそうなアユーラのクレンジングを見つけました。さらさらとしていて軽い使い心地で、メイクとのなじみがよいです。洗い流すのは楽で、流した後つっぱりません。それでいて皮膜感はないです。敏感肌はクレンジングオイルはダメなのかと思っていたけれど、低刺激なものを見つけられました。

しっかり落ちるクレンジングは優しくないし、優しいものはメイク落ちが悪かったりしますよね。アユーラのメークオフオイルは、優しくしっかり落とすクレンジングオイルです。敏感な肌を優しく洗いあげます。

<<Amazon>>

第14位 ピュフェのクレンジングオイル

クレンジングオイルで洗うと肌がつっぱるからと、乾燥肌や敏感肌はクレンジングオイルを避けがちです。クレンジングオイルはメイク落ちがよいという特徴があるのですが、洗浄力が強すぎて洗い上がりのつっぱりを感じることがあります。

でも、「ピュフェのクレンジングオイル」なら洗い上がりはしっとり。クレンジングオイルを避けていた方にもおすすめです。

肌を守りながら洗う

クレンジングオイルはメイクとのなじみがよく、するっとメイクオフできることが特徴です。しかし、クレンジング時に摩擦が生まれてしまったり、洗浄力が高いため、洗い上がりに肌がつっぱることが珍しくありません。

ピュフェのクレンジングオイルは洗い上がりの肌はしっとり。

ピュフェのクレンジングオイルは、吸着型ヒアルロン酸とパルミチン酸デキストリンの2種類のクッション成分を配合しています。肌を優しく包み込んでクッションのようになるので肌への負担が少なく、潤いが逃げないように守ります。

さらに、アーチチョーク葉エキスが毛穴に働きかけて、キュッと引き締まった毛穴に。肌なじみのよいオリーブ果実油が洗い上がりのつっぱり感を防ぎます。

敏感肌でも毎日使える優しさにこだわり、パラベン、アルコール、紫外線吸収剤、合成着色料、合成香料、鉱物油は無添加です。天然のラベンダー香料を使用しています。

使い方

濡れた手でも使用できます。手のひらに1~2プッシュをとり、顔全体をくるくるマッサージするように広げてメイクとなじませます。メイクとよくなじんだら水またはぬるま湯で洗い流します。

ウォータープルーフのマスカラも落ちますが、ウォータープルーフのマスカラに使用する場合は乾いた手で使用することがおすすめです。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • ウォータープルーフのコスメも強くこすらずにオフできました。メイクとのなじみがよく、肌の上で手を滑らせていると自然とメイクがオフできるといった感じです。アーチチョーク葉エキスが配合されているからなのか、オイルにありがちなべたつきはありません。しっかり塗ったマスカラも落ちているので満足しています。
  • オイルなのにさらさらしたテクスチャーです。濡れた手でも使用できるので、お風呂場で使えることが助かります。グロス、アイライナー、アイシャドウなどが、オイルとなじませるとスルスルとほどけて落ちていきます。強くこすらなくても簡単に落とせました。また、ラベンダーの香りが心地よいです。つっぱりは全く感じませんでした。
  • がっちりメイクもするんと落ちました。ゴシゴシしなくても落とせます。オイルはさらさらで肌の上をスルスル伸びます。洗い上がりはさっぱりするけれど、つっぱり感がありません。ラベンダーの香りに癒されるので、1日終わりにクレンジングするの楽しみになりました。

クレンジングオイルはつっぱると思っていませんか。でも、ピュフェ クレンジングオイルは肌への負担を減らしながら洗うので洗い上がりはしっとりに。アーチチョーク葉エキス、オリーブ果実油、吸着型ヒアルロン酸配合で、毛穴の引き締めやしっとり感が期待できます。

オイルはつっぱるから苦手という方にもおすすめです。

<<楽天>>

 

第13位 ミュオのクレンジングオイル

ほぼ毎日のように行うクレンジングです。毎日のように行うものだからこそ、クレンジングによる肌への負担を減らしたいものですね。

無添加は肌への負担を軽減した処方です。その無添加に女性に欠かせない潤いをプラスできないだろうかという発想で生まれてブランドがミュオです。

毎日のクレンジングには「ミュオのクレンジングオイル」がおすすめです。無添加にこだわる方や潤いが欲しい方におすすめします。

ウォータプルーフ-のマスカラも落とすのに潤う

ミュオのクレンジングオイルはとろっとしたテクスチャーです。オイルがメイクにからまり、ファンデーションもマスカラも口紅も落とします。

ウォータープルーフのマスカラは専用のリムーバーが必要なこともあり、落とすのに苦労をしていませんか。落ちにくくてゴシゴシこすってしまうと目元に負担をかけます。

ミュオのクレンジングオイルはウォータープルーフのマスカラを落とす力が。部位別にクレンジングを変える必要がなければ、クレンジングが楽になります。ゴシゴシこすらないように洗うことで目元の負担は軽減します。

濡れた手でも使用できます。お風呂場での使用に便利です。

メイクは落としても潤いは守ります。クレンジングオイルには保湿成分のコメ胚芽油を配合。うるおいキープ処方でクレンジング後の肌のつっぱりを防ぎます。

7つの無添加、着色料・合成香料・防腐剤・品質安定剤・鉱物油・シリコン・アルコールは使用していません。アレルギーテスト済み、スティンギングテスト済みです。

香りがしますが、天然アロマの香りです。ラベンダーにベルガモットとオレンジでアクセントをつけています。

使い方

適量を手にとりだし、メイクとなじませます。よくなじんだらぬるま湯でしっかり洗い流します。濡れた手でも使用できますが、ウォータープルーフのマスカラを落とすときには乾いた手で使用することがおすすめです。W洗顔は不要です。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 毎日使うものだから、お肌をいたわってあげたくて無添加のクレンジングを選びました。W洗顔不要なこともうれしいです。洗い上がりですが、オイルにありがちなぬるつきは気にならず、さっぱりするのに潤いが残ります。マスカラもきれいに落ちました。
  • オイルなのに全然乾燥しなくて、むしろ潤います。ミュオのクレンジングオイルを使い始めてから、毛穴の汚れが取れて肌が明るくなりました。ウォータープルーフのマスカラもスルスル落ちます。毎日使っていますが肌負担を感じません。手に取りやすい価格も魅力的で、もうずっとこれを使っています。
  • サラッとしたテクスチャーのオイルです。顔の上でくるくるしていると素早く乳化をします。お湯を手に取るなどの手間を省けます。洗い流し後はべたつくことがなく、つっぱりもありません。敏感肌でも荒れることなく使えています。2本目を使っているところです。

無添加は肌に優しいイメージがありますよね。その無添加に女性に欠かせない潤いもプラスしたクレンジングが、ミュオのクレンジングオイルです。

肌負担のことを考えたものは汚れ落ちが悪そうですが、ウォータープルーフのマスカラも落とします。肌への負担を気にしている方やクレンジング後の乾燥が気になる方におすすめです。

<<Amazon>>

第12位 アンドミライのスキンアップクレンジングオイル

20年前と現在の女性の肌を比較すると、肌の弾力は低下をしています。肌の調子がイマイチ、化粧のノリが悪いなど、肌不調を感じている方もいるのではないでしょうか。

今どきの女性の肌不調に着目したクレンジングが「アンドミライのスキンアップクレンジングオイル」です。今も未来の肌も応援します。

日々の肌ストレスケアに

今どきの女性の肌トラブルの原因は主に2つあります。

①1つめは、ブルーライトを浴びることです。

スマホやパソコンからはブルーライトが発せされています。ブルーライトの影響はすぐに目に見えませんが、肌の奥深くにまで到達をしてじわじわとダメージを与えていきます。肌の奥に届いたブルーライトは、肌を乾燥させて、ハリやくすみの原因となります。

②もう一つは、無表情になりがちなことです。

スマホに夢中になっていると無表情になりがち。表情が動くことで分泌されるきれいのもとが低下をしてしまいます。

アンドミライのスキンアップクレンジングオイルは、今どき女性にありがちな肌へのストレスに着目。

独自の桜発酵チャージエキスを配合。桜は日中の日差しや夜間のライトアップのもと美しく咲き誇ります。アンドミライは独自の技術で八重桜由来の酵母を抽出しました。ブルーライトによる乾燥をケア、肌の奥からきれいをサポートします。

さらに、表情を動かさないことで眠っている肌感度にもアプローチ。ローズマリー、カモミール、乳香樹の3種の精油、温感効果、マッサージ効果によってきれいのスイッチに働きかけます。

メイク汚れや毛穴の汚れを素早く浮かび上がらせて、洗い流せばナノサイズに乳化したオイルが汚れをオフ。くすみのもとをケアします。マツエクにも使用できます。

使い方

手のひらに適量を取り出し、顔全体に広げて優しくマッサージをするようにメイク汚れとなじませます。よくなじんだら水またはぬるま湯で洗い流します。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 滑らかで弾力のあるテクスチャーです。柑橘系の香りがふわっと漂って癒されます。ベースメイクは素早くなじんで、ウォータープルーフのポイントメイクは時間がかかりましたが、スッキリと落とせました。パソコンやスマホなどからはブルーライトがでていますが、そういった日々の肌ストレスのケアができるところがうれしいです。
  • ポンプ式で使いやすいです。とろみのあるクレンジングオイルでメイクとよくなじみます。スルンとメイクが落ちるのに洗い流した後につっぱりません。べたつかずしっかり洗いあげて、もっちりを感じられました。柑橘系の香りがして癒されるところも気に入っています。
  • アンドミライの洗顔料や化粧水を使っていたので、クレンジングオイルも楽しみにして使いました。なんといってもブルーライト乾燥をケアしてくれるところが魅力的です。強くこすらずにするんと落としてくれます。メイクは落ちても乾燥を感じません。天然精油の香りが癒してくれて落ち着きます。

現代には現代特有の肌ストレスが存在します。それが、今どき女性の肌トラブルの原因に。アンドミライのスキンアップクレンジングオイルは、今どきの悩みに着目。ブルーライトによる乾燥などをケアします。毎日のクレンジングで未来のきれいを作っていきませんか。

<<Amazon>>

第11位 ハイピッチのディープクレンジングオイルW

クレンジングオイルは肌によくないと思っていませんか。けれども、オイルはめいくとなじみやすいため、クレンジングオイルでしっかりと落とすことができます。

肌への負担が気になる方におすすめが「ハイピッチのディープクレンジングオイルW」です。優しさを考えているのにマスカラも落とせます。

おすすめポイント

メイクにはオイル系の成分がたくさん配合されているので、クレンジングオイルはメイク汚れとなじみやすい性質を持っています。すっきりと無理なく落とすには、クレンジングオイルが適しているのです。

ディープクレンジングオイルWは肌への優しさを考えた処方です。ニキビのもとになりにくい、ノンコメドジェニックテスト済み、アレルギーテスト済み、スティンギングテスト済みです。香料、着色料、パラベンは配合していません。

毛穴や黒ずみトラブルの原因は皮脂やメイクの油分です。皮脂やメイクが毛穴にたまってしまうと、汚れによって毛穴が押し広げられて目立つようになります。たまった汚れが酸化をすると黒っぽくなり、さらに目立つことになります。

ディープクレンジングオイルWなら汚れをすっきり。ウォータープルーフのマスカラやアイライン、日焼け止めもオフします。べたつきにくいオイルでさっぱりと洗い流せます。

濡れた手でも使えるのでお風呂場でのクレンジングに便利です。マツエクにも使えます。

使い方

手のひらに3~4プッシュを取り出し、顔全体に広げてメイクとなじませます。

少量の水またはぬるま湯を手に取り乳化させます。水とオイルは混ざりにくく、クレンジングオイルを乳化させないと毛穴にクレンジング量が残ってしまうことがあります。また、肌にはホコリなど水系になじみやすい汚れも付着していて、こういったものを落とすためにも乳化が必要です。白っぽくなったら乳化のタイミングです。

水またはぬるま湯でしっかりと洗い流します。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 数多くあるクレンジングオイルの中で一番気に入っているものです。以前は数千円するクレンジングオイルを使っていたのですが、ハイピッチはリーズナブルなのにしっかり落としてくれて、それでいてつっぱりません。サラサラさ伸びがよいオイルが気に入っています。1000円もしないのに高いクオリティーだと思います。
  • とても柔らかくサラッとしたテクスチャーのオイルです。優しい使い心地なので肌ストレスなく洗えます。化粧となじみやすく、しっかりメイクも落としてくれます。汗をかく季節はメイクをしっかりしているのですが、くるくるなじませるだけでオフできました。洗い上がりはオイル特有のべたつきがありません。オレンジオイルやユーカリオイルの香りでリラックス効果も期待できそうです。

ハイピッチのディープクレンジングオイルWは、肌への優しさを考えてクレンジングオイルです。オイルだからメイク汚れとしっかりとなじみ、ウォータープルーフのマスカラや日焼け止めもオフします。汚れは落としても洗い上がりはつっぱりが気になりません。しっかり落とせば毛穴や黒ずみのトラブルの予防につながります。

クレンジングオイルは肌によくないと思っている方にも使って欲しいクレンジングです。

<<Amazon>>

第10位 ホメオバウのクレンジングオイル

さらっとしたオイルが素早くメイクと皮脂になじむ。そんなクレンジングが「ホメオバウのクレンジングオイル」です。

クレンジングの役割は、素早くメイクとなじんで落とすことです。ホメオバウ クレンジングオイルはこだわりのオイルと美容成分でメイクや皮脂を落とします。

特徴

乳化とは本来混ざりあわないものが互いに均一に混ざり合うことです。クレンジングの役割は、メイクや皮脂を乳化によって肌から落とすことです。水と油(メイク)は本来混ざらないのですが、クレンジングが仲介役となって乳化をすることでメイクや皮脂を落としてくれます。

クレンジングに使用される乳化剤はさまざまありますが、ホメオバウ クレンジングオイルは肌への負担が少ない乳化剤を厳選しています。潤いを残しながらメイクと皮脂を洗いあげます。

ホメオバウのクレンジングオイルが使用しているオイルは、美容成分豊富なアルガンオイル、ホホバオイル、スクワランオイルです。

  • アルガンオイルは、抗酸化作用を持ち、汚れを落としながらもエイジングケアをサポートします。
  • ホホバオイルは、角栓を柔らかくする働きが期待できます。毛穴にたまった汚れを柔らかくすることで汚れが落ちやすくなるので、毛穴の黒ずみやニキビに悩む肌におすすめの成分です。
  • スクワランは、皮脂に近い成分で肌なじみがよい特徴があります。肌を乾燥から守ります。

美容成分が豊富な3つのオイルを使用しているので、洗い上がりはヌルつくことがなく、潤いを残します。

合成香料、着色料、鉱物油、アルコール、石油系界面活性、パラベンは不使用です。

使い方

手と顔が乾いた状態で使用をします。使用目安量は2~3プッシュです。使用量が少ないとメイクとなじませる際に肌をこすってしまい肌の負担になるので、適量を使うようにしてください。

顔の上でくるくるとメイクとなじませます。白っぽくなってきたら乳化されたサインです。ぬるま湯で洗い流します。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • ボトルのデザインがかわいくて、洗面所に置いておいてもおしゃれです。オイルはメイクとなじみがよくきれいになりました。洗い流し後は手触りがつるつるすべすべです。メイクをきれいに落としてくれるのに乾燥しません。季節を問わずに使える使用感だと思います。
  • さらさらと軽いテクスチャーのクレンジングオイルです。肌にのせて軽くなじませるだけで簡単にメイクが落ちます。他のクレンジングオイルと比べて、断然メイクの浮きが早いです。クレンジング後には肌がつっぱらず、しっとりとしています。肌負担を感じないクレンジングは初めてです。
  • べたべたしない質がよいクレンジングオイルを探していました。こちらはサラサラしていて余計なものが入っていないので、まさに私が求めていたものです。ポンプタイプで使いやすく、メイク落ちがよいです。朝の洗顔前にも使っていて、メイクのノリがよくなるように感じます。

メイクとのなじみがよい、洗い流し後にしっとりしている、こんな口コミをもらっているクレンジングが、ホメオバウのクレンジングオイルです。美容成分豊富な3つのオイルを使用していて、メイクを落としながらも潤いは守ってくれます。

クレンジングの肌負担が気になる方や洗い流し後のつっぱりが気になる方におすすめです。

<<Amazon>>

第9位 ビフェスタのクレンジングオイルポアクリア

クレンジングの役割は落とすことですが、ビフェスタは美容オイルのうるおい効果に着目しました。

「ビフェスタのクレンジングオイルポアクリア」は、毛穴に詰まった汚れにもアプローチをするクレンジングです。汚れを落としながらも肌を柔らかくほぐし、うるおいとツヤのある肌に導きます。

3つのポイント

①天然由来の美容オイル配合

ビフェスタは天然由来の美容オイルの力に着目をしました。

柔軟美容成分のコメ胚芽オイルがごわついた肌を柔らかくほぐします。また、ひまわり油、ラベンダー油、ローズマリー油などの天然植物由来のオイルが肌のうるおいを守ります。

毛穴ケア成分としてアーティチョークエキスも配合をしています。

皮脂やメイク汚れを肌をほぐしながら落とし、うるおって艶めく肌に導きます。

②まつげ・目元を守る

目元はデリケートな部位です。クレンジング後に目元の乾燥を感じたことがあるのではないでしょうか。クレンジングオイルポアクリアは、まつげや目元を保湿・保護するビタミンB誘導体とビタミンE誘導体を配合しています。

③W洗顔不要

クレンジングオイルは洗い流してもぬるつきが気になるので、W洗顔が必要なことが珍しくありません。しかし、クレンジングオイルポアクリアはW洗顔不要の洗い流すタイプです。

濡れた手でも使うことができ、洗い流しは簡単、洗い流し後はすっきりとしながらもうるおいは守ります。

使い方

手や顔の水気は軽く拭き取ります。濃いメイクをしているときには、しっかりと水気を拭き取って使用することをおすすめします。

手のひらに2プッシュほど取り出します。クッション性のあるオイルですが、使用量が少ないと摩擦で肌を傷つけるので適量を使ってください。顔全体にクレンジングオイルをなじませます。小鼻の周りなどは特に丁寧になじませます。

少量の水またはぬるま湯を加えて白くなるまで乳化させます。

水またはぬるま湯でしっかりと洗い流します。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 普段からクレンジングオイルを使っているので違和感なく使えました。さらさらとしていてべたつきはありません。よく伸びて使いやすいです。頑固なマスカラやアイシャドウも落ちたし、毛穴の汚れもきれいになっているように感じます。W洗顔不要なのでクレンジングが楽です。
  • 毛穴の奥の汚れまで落としてくれることを実感しました。オイルのべたつきはなく使いやすいです。洗顔後はつるつると手触りがよいのに、つっぱることはなく柔らかく仕上がっています。すっきり洗い流せるのでW洗顔は不要です。化粧のノリがよくなり、満足度が高いです。
  • なじみがよいオイルで、あっという間に毛穴の汚れを浮かせてくれます。オイル特有のぬるぬる感はなく、つるつる手触りな仕上がりです。気になっていた毛穴のざらつきがなくなったように感じます。肌を触るといつもより柔らかくてうれしいです。

クレンジングの役割は落とすことが基本で、クレンジングオイルは汚れ落ちがよいけれど洗い上がりのつっぱりが気になることがあります。

ビフェスタのクレンジングオイルポアクリアは、美容オイルのうるおい効果に着目しました。肌をほぐしながら汚れを落とし、それでいながらうるおいとツヤのある肌に導きます。

<<Amazon>>

第8位 ピュフェのクレンジングオイル

オイルクレンジングにはメイクをしっかりと落とす力があります。でも、洗浄力が強すぎて肌に負担がかかっている感じがすることがありませんか。かといって優しいクレンジングではしっかり汚れを落とすことができません。

肌を守りながら汚れを落とすオイルクレンジングが「ピュフェのクレンジングオイル」です。しっかりメイクを落としたい方、ツッパリ感が気になる方におすすめです。

しっとりと洗いあげる

オイルクレンジングを使うと肌がかさつくことがありませんか。しっかり落としたいけれど乾燥が気になるので、乾燥肌の方はオイルクレンジングを避けているのではないでしょうか。でも、ピュフェのクレンジングオイルならしっとりとした洗い上がりです。

ピュフェのクレンジングオイルはオリーブ果実油を配合しています。オリーブ果実油にはオレイン酸が約75%含まれています。肌なじみがよい性質があり、洗い上がりのツッパリ感を防いで、しっとりとした肌を保ってくれます。

オイルクレンジングで肌がかさついてしまうのは、クレンジング時に手が顔に触れて摩擦が生まれ、乾燥から守ってくれているバリア機能が低下をしてしまうことも関係をしています。

ピュフェのクレンジングオイルは摩擦を防ぐために、2つのクッション成分・パルミチン酸デキストリンと吸着型ヒアルロン酸を配合しています。2つの成分が肌を包み込んでクッションのようになり、摩擦を軽減して乾燥から守ります。

さらに、アーチチョーク葉エキスも配合。毛穴トラブルに働きかけるシナロピクリンという成分を含んでいて、毛穴の黒ずみを目立たなくし、毛穴を引き締める働きが期待できます。
肌のことを考えて、パラベン、アルコール、合成香料、合成着色料、鉱物油、紫外線吸収剤は無添加です。濡れた手でも使用できるのでお風呂場でも簡単にメイクオフできます。

使い方

手のひらに1~2プッシュ取り出し、メイクと優しくなじませた後、水またはぬるま湯で洗い流します。メイクとなじませるときにゴシゴシと肌をこすらないように気をつけてください。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 透明でさらっとしたテクスチャーのオイルです。メイクとよく絡んでグングンとメイクが浮かび上がり、メイク落ちがバツグンです。軽くくるくるとなじませるだけで簡単なのでストレスなく洗えます。ウォータープルーフのコスメも簡単に落とせました。
  • なじみがよくて、肌の上を滑らせている間にメイクがスルッとオフしてしまいます。オイルにありがちなべたつきは感じません。ウォータープルーフコスメも強くこすらずにオフできました。4回塗りのマスカラもきれいに落ちて満足しています。
  • クレンジング後に肌のツッパリを感じません。優しくなじませていくとスルスルと落とせました。強くこすらなくても落とせます。濡れて手でも使えるところはうれしいです。洗い流すとアーチチョーク葉エキスの働きで肌の引き締まりを感じました。天然のラベンダーの香りがふわーっとして癒されます。

オイルクレンジングを使うと肌が乾燥しやすいイメージがありますが、ピュフェのクレンジングオイルはしっとりした洗い上がりが特徴です。なじみがよくクッション成分配合なのでするっとこすらずに落とせます。肌を守りながら汚れを落としてくれるクレンジングオイルです。

<<楽天>>

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クレンジング 毛穴 メイク落とし ピュフェ クレンジングオイル 1本 無添加 乾燥肌 洗顔
価格:2916円(税込、送料別) (2018/10/8時点)

 

楽天で購入

 

 

第7位 AGBアルガンクレンジングオイル

どんなに高級な化粧品を使っても、肌に汚れが残っているようでは効果は低減してしまいます。まずはクレンジングで肌の汚れを落として、美容成分を受け入れる準備をすることが大切です。

でも、ただ汚れが落ちればよいのではありません。洗浄成分によっては肌を傷つけてしまうことがあるので、どんなクレンジング剤を使うのか選ぶことが大切です。

極上オイルを使用したこだわりのクレンジングが「AGBアルガンクレンジングオイル」です。従来のクレンジングの問題点である、洗浄力と洗いあがりの問題を解決したクレンジングオイルです。

極上オイルを使用

クレンジングオイルには、油分が素早く汚れを落としてくれる特徴があります。しかし、使用している乳化剤によっては肌を傷めたり、べたつきが気になることがあります。
アルガンクレンジングオイルは、2種類の極上のオイルを使用しています。

①1つめは、アルガンオイルです。

アルガンオイルはモロッコの南西部に育つアルガンツリーの実から得られるオイルです。100kgの実からわずか1kgしか得られない貴重なオイルで、オイルを抽出するには10時間もの作業が必要になります。アルガンの木は過酷なサハラ砂漠でも育つ力があり、現地のベルベル族生命の実として大切にされています。

②もう一つは、米ぬかオイルです。

米ぬかは江戸時代からクレンジングや髪油など美容に役立てられてきました。コメヌカセラミドとも呼ばれるコメヌカスフィンゴ糖脂質を含んでいて、この成分は肌が本来持っている保湿成分とのなじみがよい特徴があります。また、美容には欠かせないビタミンB1、B2アミノ酸などを含んでいます。

クレンジングには油性の汚れを落とす働きがあります。しかし、洗浄力が強すぎれば肌を傷めることになり、洗浄力が弱すぎればべたつきが気になります。アルガンクレンジングオイルは、何度も試行錯誤を繰り返して低刺激ながらもべたつきは抑えた絶妙なバランスとなっています。

さらに、アルニカ花エキス、セージエキス、カミツレ花エキス、スクワランオイルを配合。自然の恵みが肌を健やかに保ちます。

使い方

乾いた手に2~3プッシュ取り出し、Tゾーンやポイントメイクなど汚れが気になるところからなじませます。手のひらに少量のぬるま湯をを取り、手のひらの上でオイルと乳化をさせます。白っぽくなったら乳化できたサインです。

乳化したオイルを顔全体になじませて、顔全体のオイルを乳化させます。

最後にぬるま湯で洗い流しを丁寧に行います。

口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • 何をしてもダメだったのですが、これを使うようになってニキビが改善されました。肌が柔らかくなり、毛穴ケアもできて、角栓が目立たなくなってきました。クレンジングジプシーから卒業できました。
  • 乾燥せずツッパリ感がありません。一般的なクレンジングオイルとは違って、洗い流しが楽です。鼻の汚れがきれいになってきて、クレンジングが楽しみです。気に入っていて4本目をリピート中です。

スキンケア化粧品の力を感じるためには、まずはクレンジングで汚れを落とすことが大切です。アルガンクレンジングオイルは厳選したオイルを使用したクレンジング剤です。クレンジングオイルにありがちな洗浄力の問題と洗いあがりの問題を解決。しっかり落とすのに洗い上がりはスキンケアした後の肌のようです。

肌の悩みを抱えているならクレンジングを変えてみませんか。

第6位 イニクスのクレンジングエマルジョン

化粧水や美容液を使う前にはメイク汚れを落とすことが大切です。クレンジングはスキンケアの最初のステップです。でも、汚れを落とすことは大切でも必要な潤いは守る必要があります。

メイク汚れを落とすだけでなく潤いをサポートするクレンジングが「イヌクス クレンジングエマルジョン」です。こすらずにメイクオフ、柔らかな肌へと導きます。

4つのこだわり

①負担をかけずにメイクオフ


エマルジョンが肌に伸び広がり汚れをキャッチ。メイクとなじませているとオイル状に変化をして汚れが溶けだしてきます。スルスル伸びてメイクとなじませやすいので、肌に負担をかけずにすっきりとメイクオフできます。

②3つの機能性オイル配合

肌をほぐすエモリエントオイル、汚れをすっきりさせるリムーバーオイル、肌のバリア機能をサポートするセラミド類似オイル、この3つの機能性オイルを配合しています。肌を守りながら流れ汚れを落として、柔らかな肌をサポートします。

③2つのヒアルロン酸を配合

密着型ヒアルロン酸と角層親和型ヒアルロン酸の2つのヒアルロン酸を配合しています。密着型ヒアルロン酸は肌をヴェールのように覆って肌の外側に潤いを、角層親和型ヒアルロン酸は肌に浸透をして内側に潤いを与えます。洗い流した後は2つのヒアルロン酸が潤いを守ります。

④低刺激処方

香料、着色料、アルコールは無添加、ノンコメドジェニックテスト済み、乾燥肌の方の協力によるパッチテスト済みです。肌への優しさにもこだわっています。

使い方

マスカット大が使用目安量です。手や顔は濡らさずに使用をします。

手のひらに適量を取り出して、両手に広げてメイクとなじませやすくします。顔をマッサージするようにメイクとなじませます。ポイントメイクは特に丁寧になじませましょう。水またはぬるま湯で洗い流します。

口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • 白く滑らかなクリーム状のクレンジングです。柔らかなテクスチャーでスルスルとメイクとなじむので使いやすいです。ベースメイクはあっという間に落ちて、ポイントメイクもくるくるとよくなじませると落ちました。洗い上がりはしっとりなのに、メイクは落ちていて理想の仕上がりです。
  • クリーム状のクレンジングですが、肌に伸ばすとオイル状に変化をします。ウォータープルーフも丁寧になじませて落ちました。ゴシゴシこする必要はありません。乾燥肌なのですが、2種類のヒアルロン酸が入っているのでクレンジング後は肌がつっぱりません。しっとりしているので季節の変わり目によいと思います。
  • 肌なじみがよくてすぐにオイルに変化をするので、肌への負担が軽いように感じます。落ちにくいメイクをしているのですが、すっきりするところがうれしいです。なおかつ洗顔後につっぱり感がありません。使い心地がよいので快適にクレンジングできます。毎日のクレンジングが楽しくなりそうな商品です。

スキンケアの最初のステップがクレンジングです。クレンジングで大切なことは、汚れを落としても必要以上に潤いは奪わないことです。

イクニスのクレンジングエマルジョンは、肌に伸ばすとオイルに変化をして肌に負担をかけず、潤いを守りながら汚れを落とすクレンジングです。肌負担が気になる方、乾燥が気になる方におすすめします。

第5位 シャネルのサブリマージュデマキヤンコンフォート

1万円越えのご褒美クレンジングです。

毎日使うのは勇気がいるので肌へのご褒美として週末やお肌の調子が絶不調の時にだけ使うのもおすすめです。なじませているうちにジェルからだんだんとオイル状に変わっていきます。

デパートコスメなのになんとダブル洗顔不要なので疲れた日にもサッと使えます。べたつきがないのに洗った後にきちんと落ちている!という不思議な感覚ですが、超がつく乾燥肌に使ってもかなりしっとりな仕上がりで肌がワントーン明るくなります。

<<Amazon>>

第4位 シュウウエムラのアルティム8∞スブリムビューティクレンジングオイル

シュウウエムラのクレンジングと言えばこちらです。

まつ毛エクステにも使えるクレンジングですよ。

オイルなのに洗い流しも簡単でオイル特有のいやなぬめりがありません。

ダブル洗顔不要で忙しい人におすすめです。とてもよく落ちるのに洗顔後慌てて化粧水をつけなくてもいいほど洗い上がりしっとりします。

<<Amazon>>

第3位 Aesopのフェイシャルクレンジングオイル

オイルは乾燥肌には使えないと思っている人も多いのですが、実はこちら敏感肌、乾燥肌用のオイルクレンジングです。

使った後の肌がオイルクレンジングではありえないほどとてもしっとりするので効いているなという実感がある商品です。使う量がティースプーン一杯に水数的で乳化させて使うので減りも遅くコスパもすぐれています。

オイリーな人も冬の乾燥の季節のみ、こちらを使うのもおすすめです。

<<Amazon>>

第2位 ファンケルのマイルドクレンジングオイル

ファンケルのマイルドクレンジングオイルです。

このクレンジングは肌に負担をかけずにメイクを落とすことができます。

クレンジングで肌に負担をかけていて、肌がボロボロになっているような人にオススメ!様々なオイルクレンジングを試してみても、なかなか納得がいかないという人向けのものがファンケルのマイルドクレンジングオイルです。

クレンジングを使っていても、なかなかしっかりとメイクを落とすことができないと悩んでいるような女性に向いています。

ファンケルのマイルドクレンジングオイルは顔が濡れた状態でも使えるのですが、やっぱり乾いた状態で使う方がメイクがよく落ちます。このマイルドクレンジングオイルを使ってメイクをオフすると、ゴシゴシこすらなくてもすんなりとメイクが落ちるので肌への負担がなくてすごくいいです。肌がしっとりとするので、オイルクレンジングが苦手の人でも気に入ってもらえるようなクレンジングです。肌に優しいので、肌が敏感になっている時でもクレンジングすることができますし、簡単にメイクオフすることができるので、とっても使い勝手がいいです。

実際にメイクをした状態でマイルドクレンジングオイルを2プッシュ、手にとって顔全体に伸ばします。ゴシゴシこする必要がなく、優しくメイクと馴染ませるようにして、アイメイクなども一緒に落とすことができるので指先でくるくると優しく馴染ませるようにして使います。

一通り馴染ませることができたら、あとはぬるま湯を少し足して乳化させます。そして、ぬるま湯ですすぎます。肌はしっとりとして、メイクはしっかりと落とせます。

ダブル洗顔の必要はありませんが、もし、もっとしっかりと洗顔がしたければ、同じファンケルのパウダーウォッシュを使ったり、洗顔フォームを使ってダブル洗顔をすることもできます。

口コミ

私はメインクレンジングとしては④で紹介したDUOと、②で紹介したマナラのクレンジングを使用していますが、ファンケルのマイルドクレンジングオイルも薄メイクを落とす際や外出先で使っています。

薄メイクの時はメイクがするっと落ちるので、肌に負担をかけずにクレンジングができるところがとても良くて、軽いメイク落としには必ず使っています。他のオイルクレンジングと違って、すすいだ後にオイル分が肌に残らないですし、ダブル洗顔が必要ないところも気に入っています。

肌がしっとりとして、次に使う化粧水の吸収もよくなって、肌のためにはとてもいいようです。手が濡れていても使えるのですが、私は乾いた状態で使うようにしています。その方がよりメイクがキレイに落とせるような感じがするからです。メイクとのなじみがよくて、洗い流すととってもスッキリするのに、お肌はしっとりとしていて、使い心地がすごく良いです。

忙しい時にも簡単にメイク落としができるのがファンケルのマイルドクレンジングオイルです。クレンジング次第で洗顔後の肌の状態が変わることがあるので、クレンジングは自分の肌に合ったものを選びたいものです。

マイルドクレンジングオイル

第1位 アテニアのスキンクリアクレンジングオイル

今年最も人気のクレンジングと言っても過言ではない『アテニアのスキンクリアクレンジングオイル』。

メイクを落とすだけじゃない。肌色を明るくする。大人女性のためのクレンジング

アテニアのスキンクリア クレンジングオイルがすごい理由

クレンジング効果だけでなく、「肌のくすみ」も改善されると話題なんです!

肌ステインに着目したら効果抜群のクレンジングが完成!

肌ステインとは?

紫外線や外的ストレスなどの刺激を受けると、その刺激から肌を守るため、肌に取り込まれた酸素は活性酸素に変化します。肌のために増えすぎた活性酸素は、角層のタンパク質に付着し、酸化物質になって肌の黄ばみに。この黄ばみが「肌ステイン」です。

肌ステインは、年齢を重ねた肌でより多く溜め込まれ、洗顔料や美白化粧品ではなかなか落とすことができません。

⇒肌ステインを取り除くと、顔が明るく若々しい肌に生まれ変わります!

①「ロックローズオイル」が角質にこびりつき、肌のくすみの原因となる肌ステインをゆるめ切り離します。
クレンジング 人気 2016
②「イモーテルオイル」が肌ステインを作らせません。

肌を守るために作らせる活性酸素のバランスを保つ働きがあります。

③「ロックローズオイル」と「イモーテルオイル」の働きを強化する「オイル状クレンジング」

上記の2つの成分と最も相性の良いスキンアイテムがオイルクレンジングでした。

もちろんクレンジング力も好評で、ウォーターキャッチオイル処方で、粒子レベルのメイクを浮き上がらせ、わずか10秒でメイクオフ♪さらに、4つの高級美容オイルで、アインチエイジングケアの効果も期待できます!

メイク落とし おすすめ

口コミ

オイルクレンジングなのに肌への負担がなく、本当にスルりとメイクが落ちると好評です。香りも良く、癒されます♪

コスパ最強!たったの1,836円(送料無料)

メイク落とし 人気 2016

数量限定です!!

2ヵ月分の量で、さらにスキンローションも付いて、”1,836円(送料無料)”。すごくコスパの良いですね!数量限定ということなので、打ち切られる前に試しておきたいクレンジングですね。

⇒アテニア「スキンクリア クレンズ オイル
」の公式ホームページを見てみる。


【アテニアのクレンジングオイルの良い点と悪い点】最新口コミ2019

2017年1月4日

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
・美容家による今年一番のおすすめスキンケアです。
SK-Ⅱや資生堂ホワイトルーセントを使っている女性たちも絶賛!今年一番おすすめしたいオルビスユーのスキンケアの特徴・比較・口コミ←クリック

・ファッショニスタによる今月一番おすすめしたい服装です。
【今月の女性の服装】大人レディースファッションコーデ2019←クリック