毛穴の角栓がごっそり!口コミで人気のおすすめパックランキング2020

最近、毛穴のボツボツが気になる、指で押して無理やり毛穴の汚れをとっていませんか?誰でも一度は経験があるかと思います。

でも、毛穴の汚れは落ちても汚れを落とした鼻は真っ赤に・・・なんてことはありませんか?私も今までずっとこのやり方で毛穴の汚れを落としてきました。

結果、鼻が赤くなりヒリヒリして痛みが増すばかりでした。しかも、時間が経つと毛穴が広がっていて悪化するばかりでした。

そんな時、毛穴のスキンケアにはやり方があることを知り、改めてお肌を痛めないスキンケア方法を試してみました。すると、あんな痛い思いをする必要はなかったことを知り愕然としました。

今回は、そんな私の経験をもとに毛穴のスキンケアでお悩みの方、汚れを落とすにはどうしたらいいの?とお困りの皆さんの参考になればと思い、お肌を痛めない毛穴のスキンケアについてご紹介致します。

まず毛穴の汚れが気になっている方は、触った時のブツブツ感やざらざら感が気になっていませんか?

実は、この毛穴の汚れの原因は角栓にあります。角栓とは、毛穴に皮脂や汚れが溜ることで固まりとなったもののことです。固まって固形物になっているので落としにくいといった性質があります。

この固形物になってしまった汚れは、洗顔では落としきれない場合が多く、汚れとして残ってしまうのです。

それで今回は、洗顔で落とすという方法ではなく「毛穴パック」についてみていきましょう。

まずは毛穴の角栓のスキンケアについて

毛穴に角栓が溜まるのはどうしてなのでしょうか?

今回は、その原因と対策法についてみていきたいと思います。毛穴を開いてくれるホットタオルや毛穴を引き締めてくれる効果のあるスキンケアアイテムも一緒にご紹介するので、参考にしてみてください。

まずは毛穴に角栓が溜まる原因についてみていきましょう。

毛穴に角栓が溜まるのは、皮脂線と呼ばれる皮脂を分泌する腺があるのですが、そこから分泌された皮脂は、毛穴のホースを通って外へと分泌されます。正常に分泌されて、外へ排出されれば毛穴から出た皮脂が毛穴に詰まることはないのですが、気温が上がる時期や体温が上がると皮脂は多く分泌されやすくなります。

また乾燥しやすい時期も皮脂が過剰に分泌されやすいです。そのため、過剰に分泌された皮脂が毛穴の周辺で溜まってしまい、詰まった汚れが酸化して固くなることで黒ずんだり角栓となって毛穴の周辺で固まってしまうのです。角栓は、お肌に付着した汚れや汗、皮脂が混ざり合ってできたものなので、十分に汚れが落とせていなくて角栓となっている可能性が高いです。

そのため、皮脂が分泌された角栓とならないように毛穴が詰まらないようにケアしてあげることが大切です。

毛穴ケアのポイントとしては、汚れをしっかち除去して毛穴を引き締めてあげることが大切です。毛穴を引き締めることで、汚れが毛穴回りに付着するのを防ぎ、毛穴が目立たなくなるという効果があります。化粧水や美容液を選ぶ時は、毛穴を引き締めてくれる「収れん化粧水」がおすすめです。他にも美容液にも毛穴引き締め効果があるものものも売っているので、是非チェックしてみましょう。

それでは毛穴に角栓が詰まってしまった時の具体的な対策法についてみていきます。

①毛穴を開けるホットタオル

まずは、毛穴に詰まってしまった汚れを落とすことが大切なので、閉じている毛穴をしっかりと開かせます。毛穴を開かせるためには、ホットタオルを使ってお顔全体を温めてあげると良いですね。濡らしたタオルを電子レンジで温めてお顔の上にのせましょう。お顔の上にのせて、お肌全体を温めるだけで毛穴のホースが開きます。皮脂腺からお肌の外へと流れるこのホースがしっかり開けば、溜まってしまった汚れを綺麗に取り除くことができます。

もし、毎日洗顔をしていても汚れがしっかり落ちていないなと感じる方は、ホットタオルをのせて毛穴をしっかり開く、という手順をくわえてみてください。このひと手間をやるかやらないかで、お肌の状態は変わってきます。毛穴に詰まった汚れを取り除くことができれば、触った時のザラつきや黒ずみも改善されていきます。

②収れん化粧水

毛穴を開いて洗顔料で汚れを落としたあとは、毛穴を引き締めるために収れん化粧水を使ってみてください。開いた毛穴をしっかり引き締めて、汚れが毛穴の中に入るのを防ぎ角栓ができるのを防いでくれます。そして最後にお肌が乾燥して皮脂が過剰に分泌されるのを防ぐために、保湿ケアをすればOKです。クリームや乳液を使ってお肌の乾燥を防ぎましょう。

まずは角栓ができてしまう原因をしっかりとつきとめ、ホットタオルをつかって毛穴を開き汚れを除去してあげること、その後に開いた毛穴を引き締めて保湿ケアをしてあげること、これを繰り返していくことで角栓が綺麗になり毛穴が目立ちくくなります。是非、今日から試してみてくださいね。

毛穴パック

毎日しっかり洗顔をしていても、毛穴の黒ずみやボツボツ、角栓が綺麗にならないとお悩みの方も多いと思います。もしかしたら、毛穴に詰まった汚れが溜りすぎてどうしようもない状態になっている可能性もあります。そういう時は、指で押して潰したりすると肌を痛めてしまうので絶対にしないでくださいね。

まず、毛穴パックとは洗顔だけでは落としきれなかった毛穴の奥の汚れを吸着し、取り除いてくれるパックのことです。毛穴汚れが気になって一度は使ったことのある方も多いでしょう。確かに毛穴の汚れは落ちますが、それに伴い肌に大きなダメージがかかってしまうことも事実です。メリット、デメリットも合わせてみていきましょう。

  • まずメリットですが、毛穴に詰まってしまった角栓を一度に綺麗にできる点と、毛穴の奥深くまで詰まってしまった皮脂汚れも取り除くことができる、この二点です。
  • デメリットは、本来お肌の潤いを保つために分泌されている皮脂や水分まで奪ってしまうこと、パック剤がお肌に残ってしまうと肌トラブルの原因になることもあるといった点が挙げられます。

また毛穴に角栓や黒住ができる原因としては、毛穴から分泌される皮脂やお肌に付着した汚れ、お肌に溜まってしまった古い角質が混ざり合って毛穴の奥に溜まってしまい角栓となってしまうのです。これらは、クレンジングでしっかり落としきれなかったメイク汚れや乾燥や保湿不足によるもの、新陳代謝の乱れが原因となり起きています。

洗顔をしっかりしていてもこうした、毛穴の詰まりが起きてしまうという場合は、生活習慣を改めることも大切です。どんなにスキンケアを頑張っても、新陳代謝の乱れが起こっていると古い角質を外へ排出し、新しい細胞へと生まれ変わるサイクルが乱れているので、毛穴汚れとして残ってしまうのです。こうなると、スキンケアだけではどうしようもありません。

まずは、生活習慣を見なおすこともこの機会に考えてみましょう。

そして、毛穴パックを使う時の注意点ですが、シートタイプでもピーリングタイプのものでもどちらにしても、毛穴の奥深くの汚れまで取り除くため、パックをした後は必ず保湿ケアをしっかり行うようにしてください。

必要な皮脂まで一緒に取り除いてしまっては、乾燥の原因にもなりますし、お肌に大きなダメージが出てしまうので化粧水をいつもよりもたっぷりぬること、美容液や乳液もいつもよりも念入りに丁寧に行うことが大切です。

なるべくなら、毎日のスキンケアで毛穴の黒ずみや角栓の詰まりを防ぎたいものです。どうしても毎日のスキンケアだけでは落としきれないといった場合に、毛穴パックを使うようにしましょう。以上の注意点を抑えることで、気になる黒ずみや角栓を綺麗に落とし健やかなお肌を目指しましょう。

毛穴に汚れが詰まらないように、洗顔をする時は毛穴周りを丁寧に洗うこと、洗った後のケアを十分に行い保湿対策を十分にするなど工夫していきましょう。

毛穴パックの使い方

毛穴パックは、この固まった汚れである角栓をパックの力で取り除いてくれるものです。パックを剥がす時に角栓がくっついてキレイにしてくれるという仕組みです。

毛穴の汚れを落としやすくするために、ぬるま湯で毛穴を開かせたり、暖かい蒸しタオルを毛穴の上において開いてからパックをすると効果的です。しっかりと毛穴を開かせることで、汚れが取れやすくなるので一度のパックでもかなりの量をとることができます。

ただし、このパックはやりつ過ぎるとお肌を痛めてしまうので、多くても週に一度、二週間に一回くらいがベストです。

使い方はとっても簡単です。洗顔をして綺麗にしたお肌に水をつけて、毛穴パックのシール状になったものを貼ります。完全に乾いたらゆっくりと剥がすだけで終わりです。毛穴パックを剥がした後は、角栓が取れて毛穴が開いた状態になっているので必ず保湿してあげることが大切です。開いた毛穴はそのままにしておくと、汚れがたまりせっかく綺麗になった毛穴も台無しになってしまうからです。

指で押して毛穴の汚れを出していると、お肌に負担がかかり傷みが増すだけでなく、傷つけてしまうので絶対にやらないでください。

どうしても洗顔だけで毛穴の汚れが落ちない場合は、毛穴パックをおすすめします。時間があるときは、週末に一度毛穴パックで集中的にケアしていきましょう。普段のスキンケアは、洗顔で十分です。

必ず洗顔の後には、化粧水で保湿し、クリームや乳液で油分を補い吸収した保湿成分がとばないように油膜でしっかり保護してあげましょう。これだけで毛穴のスキンケアはばっちりです。どうしても黒住やザラザラ感が気になっていた方は、このやり方を是非試してみてください。少しでも気になる汚れが落ちるといいですね。

毛穴パックをする時の注意点!スキンケアのポイント

毛穴の黒ずみやブツブツが気になって、毎週のように「毛穴パック」をしているとという方は、もしかしたらお肌のダメージが強すぎて肌トラブルの原因になっている可能性があります。

汚れを落とすことはとても大切ですが、毛穴の黒ずみと角栓を落とすために何度も「毛穴パック」をしてしまうと、お肌にはとてもダメージが大きくおすすめできません。

もし、お肌の状態があまりよくないな、乾燥しやすいといった肌トラブルがある方は、一度毛穴パックの使い方を見直してみましょう。また、スキンケアをする時に注意しておきたいポイントもご紹介するので参考にしてみてくださいね。

毛穴パックは、皆さんもご存じのように毛穴に詰まった汚れを落とし、お肌の状態を健やかに保つことが目的です。別名、ケミカルピンセットとも呼ばれ毛穴に詰まった角栓や皮脂汚れをピンセットのように摘まんで汚れを落としていきます。そのため、週に何度も毛穴パックをしたり、あまり使いすぎるとお肌にダメージを与えてしまいます。

毛穴パックを使った後は、乾燥を防ぐために化粧水や美容液、乳液をしっかり使って十分な保湿ケアをしていくことが大切です。

ちなみに、毛穴のブツブツが気になる場合は角栓が毛穴に詰まっていることが原因です。そもそも角栓とは、毛穴に詰まった古い角質と皮脂が混ざりあってできたものです。これは、アクネ菌を何とかしようと、皮脂とタンパク質が混ざりやいアクネ菌を牢屋のように閉じ込めようとします。これが「角栓」の正体だったのです。

お肌のターンオーバーが正常に行われ、古い角質と新しい角質がきちんと交換されれば自然のお肌の外へと排出されるようになっています。ただし洗顔不足だったり、古い角質が外へと排出されず毛穴の奥に詰まってしまうと、ブツブツの原因になったり、角栓が詰まってお肌の状態が悪くなる原因になります。そうならないように、丁寧に洗顔を行い汚れを適度に落としていくことが大切です。

毛穴パックは、そうした洗顔だけでは落としきれない汚れを落とすことが目的で使われるアイテムです。汚れを落としたいからといって頻繁に利用してしまうと、お肌の状態が悪くなることもあります。基本は、洗顔で汚れを落としていくこと、お肌のターンオーバーを正常に保つことが何よりも大切です。

毛穴パックをした後のお肌はヒリヒリすることがあると思います。これは、毛穴以外にもお肌の傷つけていることがあるので乾燥しないように丁寧に保湿ケアをしげあげることが大切です。まずは、毛穴パックの正しい使い方をマスターすること、お肌の状態をキレイに保つための工夫をしていきましょう。

毛穴の汚れを落とすだけがスキンケアではありません。毛穴パックも洗顔だけでは落としきれない汚れを落とすために使うものだということを意識して使っていきましょう。

あとは、お肌の状態に合わせてクリームをつけてみたり、保湿ケアを徹底していきましょう。これから秋になるので、ますます乾燥しやすい時期に入ります。毛穴パックは二週間に一度程度にとどめ、洗顔で汚れをしっかり落とすようにしてみましょう。

お肌が綺麗になれば、メイクも楽しくなります。是非試してみてくださいね。

毛穴の角栓がごっそり!口コミで人気のおすすめパックランキング

鼻回りを触った時に、ザラザラしている白いポツポツが気になる方は「毛穴パック」を使ってみましょう。毎日洗顔をしている方も、どうしても洗顔だけでは落とせない汚れが溜まっている可能性があります。

毛穴パックをすることで、古い角質が除去されブツブツが目立たたなくなります。そのままにしていると、毛穴が開いて目立つ原因になるので定期的に行いましょう。そこで今回は、毛穴パックの基本的な使い方をご紹介していきたいと思います。

毛穴パックは、お肌に良いとは分かっているけど、なかなか使えていない方も多いアイテムです。また使ったことはあるけど、毛穴の汚れが上手くとれなかったという経験を持っている方もいるでしょう。是非、正しい使い方をマスターして美しいお肌を取り戻しましょう。

まずは、毛穴パックをする時のポイントは二つあります。

  1. 一つ目は、毛穴が気になる部分にまんべんなく付着させること、
  2. そして二つ目はゆっくりとじんわり剥がすこと、

この二つがとても大切なポイントです。

当たり前のように感じる方もいるかもしれませんが、綺麗に毛穴の汚れがとれないと感じている方は、このポイントを抑えて是非試してみてください。

また毛穴パックをする前は、クレンジングをしてしっかりメイクを落とし、洗顔で皮脂汚れやホコリなどの余分な汚れをしっかり取り除いておきましょう。

毛穴パックは、水で濡らせば大丈夫といって汚れを落とさずに使っている方も要注意です。毛穴パックをする前に皮脂汚れなどが残っていると、水をはじいてしまいパックを均一に貼れなくなってしまいます。そうすると、せっかく濡らしたパックも意味がなくなってしまうので、是非汚れを落としてから使いましょう。

そして次に鼻をまんべんなく水で濡らしていきましょう。

水が不十分だとパックが綺麗に貼れないので、しっかり濡らします。そして空気が入らないようにしっかり密着させていきます。そのまましっかり乾くまで待ちます。夏なら15分ほど、それ以外の季節は空気が乾燥しているので5分から10分ほどでカチカチになります。完全に乾いたら、そのまま剥がすのではなくミストなどで一度濡らしてあげるといいですね。こうすることで綺麗に剥がれやすくなります。剥がす時はゆっくりと一気に剥がさないように注意しましょう。

毛穴の汚れがとれているのが分かると思います。綺麗にしているつもりでも実は毛穴の奥に溜まっていた汚れがごっそり取れるので、その後のケアが大切です。もともと角栓が詰まっていた部分なので、しっかりと保湿ケアをして毛穴を最後に引き締めてあげることが大切です。汚れがとれて開いてしまった毛穴は、収れん化粧水などを使って引き締めることで、目立たたなくなります。

まずは汚れをしっかり落としてから毛穴パックを使うこと、触ってみた時にザラザラしているなと思ったら、こまめに毛穴パックを取り入れて古い角栓を取り除いてあげましょう。毛穴パックは使ったことがあるけど、なかなか汚れが思うように落ちなかったという方も是非参考にしてみてください。綺麗なお肌を手に入れるために是非今ご紹介したポイントをおさえて試してみてください。

第11位 pdcのワフードメイド宇治抹茶パック

毛穴の汚れ・黒ずみ・肌のざらつきが気になる、化粧のノリが悪い。こんな悩みを抱えている方におすすめが「pdcのワフードメイド宇治抹茶パック」です。健康や美容で注目されている抹茶をパックにしました。毛穴のキュッと引き締まったつるつる肌に導きます。

3つのおすすめポイント

①宇治抹茶を使用

抹茶にはビタミンCやカテキンが豊富で、健康面や美容への働きかけが注目されています。そんな抹茶を洗い流すパックにしました。

使用しているのは400年の歴史を持つお茶屋・京都利休園厳選の宇治抹茶です。古い角質や汚れがたまった毛穴に働きかけて、キュッと引き締まったつるんとした肌に整えます。

②石臼挽き

使用している宇治抹茶は石臼挽きという方法で作られています。回転速度の速い機械を使って挽くと、熱が発生をして大切な成分が壊れてしまうことがあります。じっくり時間をかけて行う石臼挽きは熱の影響が少なく、素材そのもののよさが活かされます。

③つるつる美肌をサポートする4つの成分

つるつる美肌をサポートする4つの成分、サトウキビエキス、甘草エキス、ハトムギ発酵液、ダイズ発酵エキスを配合しています。角質を柔らかく整える、潤いを与える、キメを整えるなどの働きを持つこれらの成分が、みずみずしくつるつるな肌に導きます。

使い方

洗顔後、顔の水気を軽く拭き取ってから使用をします。マスカット大を手に取り出し、目や口の周りを避けて顔全体に広げ、5から10分間おきます。その後に水またはぬるま湯で洗い流し、化粧水や乳液などで普段通りのスキンケアを行います。週に2から3回の使用が目安です。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 匂いがよくてパック中に香りに癒されます。色は抹茶です。伸びがよくて塗りやすいです。洗い流した後は肌がつるんとして調子がよいです。毛穴の汚れが取れてきて、ワントーン明るくなってきました。パウチパックで清潔に保てるところもお気に入りです。
  • 伸びがよいですが垂れることがなくて使いやすいパックです。ほんのりと抹茶のよい香りがします。洗い流した後のつるつる感がすごいです。しっとりもちっとした手触りも感じられて肌がよい感じです。洗い流すパックはいくつか使ったことがありますが、このパックはしっとりするところが好きです。
  • お風呂に入りながらパックできて使いやすいです。5~10分待っている間、子供たちの体を洗ったりもしています。結構たっぷり塗ってもピタッと密着してくれるので垂れてくることがありません。お茶の香りがして癒されます。洗い流した後は肌がすべすべでずっと触っていたくなります。
  • 抹茶色をした滑らかなテクスチャーのパックです。香りも抹茶のような感じがします。もろもろしたものがないので、顔全体に伸ばしやすいです。鼻の角栓に悩んでいたのですが、洗い流した後はきれいになっていました。角栓ケアによさそうです。

抹茶は食べて美容にうれしいだけでなく、パックとして塗っても美容にうれしい食品です。抹茶配合のパックを塗って5から10分おき、その後に洗い流すとつるつるな肌に。毛穴の汚れ、肌のざらつき、メイクノリの悪さに悩んでいる方におすすめです。

第10位 アテニアのピュアホワイトパック

毎日洗顔をして皮脂汚れを落としていても、古い角質は肌に残っている可能性があります。古い角質を落とし切れないと、肌がくすんだ状態に。くすみ肌におすすめが「アテニアのピュアホワイトパック」です。くすみの気にならないつるんとした肌に導きます。

特徴

肌は常に新陳代謝を繰り返していて、古い角質は自然と剥がれ落ちるようになっています。しかし、肌代謝が衰えたり、乾燥したりすると古い角質がはがれにくくなって蓄積をすることに。メラニンを含んだ古い角質がたまることで、肌はごわごわ、くすんだ状態になってしまいます。

ピュアホワイトパックは、くすみの原因の古い角質を柔らかくしてオフするピールオフパックです。フルーツ角質ケア成分が固くごわついた古い角質を柔らかくほぐし、老廃物と共に優しく取り去ります。紫外線を浴び続けているとメラニンが生成され、くすみの原因に。それだけでなく、紫外線は肌にダメージを与えて光老化を進行させます。

そんな肌に働きかける植物ホワイト成分を配合。クマコケモモエキスとボタンピがメラニンに働きかけ、ユキノシタエキスとエーデルワイスエキスが紫外線ダメージをケアします。ヒアルロン酸、グリセリン、オリーブ葉エキスなどの保湿成分も配合。ピーリング後のつっぱりを抑えます。

パックはチューブ入り、白く滑らかなテクスチャーです。柔らかく顔に伸ばしやすくなっています。香料、着色料、鉱物油、オイルは不使用、アレルギーテスト済みです。

使い方

洗顔後、顔の水気を拭き取ってから使用をします。手のひらに適量を取り出し、目、口、眉の周りを避けて顔が隠れる厚さに塗ります。15から20分おいてパックが乾いたらゆっくりとはがし、残ったパックは化粧水を含ませたコットンで拭き取ります。週2から3回の使用が目安です。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • パックを塗って乾いてから剥がすタイプのものは、先に化粧水で整えないといけないものがあるけれど、これは洗顔後すぐに使えるところがよいです。使っていて刺激を感じることはなく、剥がすときに痛みはありません。これでパックをしておくと化粧品の入りが違います。余計なものを取り去ってくれているような感じがあり、夜に使うと朝の肌がぷにぷにです。
  • 他社のものを使って剥がすときに痛い思いをしたのですが、これは大丈夫です。分厚く塗って乾いてから剥がすと毛穴レスな肌になっています。しばらく使っていなかったのですが、たまに使ってみると化粧水がぐんぐん浸透していきます。不要なものを取ったことで入りやすくなったのだと思います。人かわむけたようにきれいです。
  • パックしているときに肌に密着している感じがあり、剥がすときは痛くないです。初めて使ったときは驚きました。余計なものを取り去ってくれて、肌が明るくなりました。翌朝の肌がすっきりぷにっとしていて、やみつきになります。

メラニンを含む古い角質が肌にたまるとくすみ肌に。古い角質はピールオフパックで取り去りませんか。パックをして乾いたら剥がすだけ。アテニアのピュアホワイトパックなら優しく古い角質に働きかけます。定期的にお手入れに使って明るい肌を目指しませんか。

第9位 5分のパックで肌が喜ぶ豆乳よーぐるとぱっく玉の輿

お風呂に入っている間、5分パックをするだけ。ながらケアしながら喜ぶ肌に導くパックが「豆腐の盛田屋 豆乳よーぐるとぱっく玉の輿」です。乾燥による不調を感じやすいとき、パックで丁寧に肌ケアしてみませんか。

食品成分で肌に潤いを

豆乳よーぐるとぱっく玉の輿は、食品由来の美容成分が肌をサポートするパックです。お嬢様のような気分に浸ってもらいたいという気持ちから「玉の輿」という名付けています。

配合している主な食品由来の美容成分は3つです。

①1つめは、豆乳発酵液です。

佐賀県産フクユタカと北海道産とよまさりで、宮城県椎葉村の湧水を使って豆乳を作り、その豆乳を乳酸菌の力で発酵させています。発酵させることで美肌力がアップ。豆乳発酵液には大豆イソフラボンが含まれていて、イキイキと輝く肌をサポートします。

②2つめは、ヨーグルトです。

ヨーグルトには保湿作用のあるホエイなどの美容成分が含まれています。肌のバランスを整えて、手ざわりの滑らかな肌へと導きます。

③3つめは、ハチミツです。

ハチミツにはビタミンやミネラルが含まれています。空気中の水分を集めて潤いを保つ働きも。しっとりした肌をサポートします。

5分塗って洗い流すだけ。クリームタイプなので肌に密着。パックをすることで美容成分を閉じ込めます。パック後はくすみのない明るい肌に。豆乳よーぐるとぱっく玉の輿は、普通のタイプ、有効成分を配合した美白パック、ローズの香りの3種類があります。

使い方

洗顔後、ぬるま湯か化粧水を肌につけて湿らせて、目や口の周りを避けて厚く塗ります。顔全体に広げたら5分間パックをします。手のひらでパックを少し落として洗い流しやすくしたら、ぬるま湯または水で洗い流します。その後、普段通りのお手入れをします。

口コミ

普段のスキンケアでは物足りない、もっと特別なケアが必要だと感じた時にパックをすることがありますよね。パックには様々な種類、効果、価格などがあり迷ってしまうこともあるかもしれません。

シートタイプやジェルタイプ、クリームタイプなどどのタイプのパックを使用したことがありますか。今回は敏感肌の人におすすめのパックをご紹介しますね。

敏感肌の女性にはクリームタイプのパックが刺激が少ないのでオススメです。シートタイプは手軽に使えて便利なのですが、敏感肌の女性が使って刺激を感じると思う人もいます。そんな時はちょっと塗って待つのは面倒ですが、クリームタイプのパックを使ってお肌を美肌にしてみませんか。クリームを肌にのせて待つことで、肌に大きな負担を与えずに皮膚を優しく清浄してくれますよ。しっかりと保湿効果が期待できるので、普段のスキンケアとは別に使用することで、いつもの肌が柔らかくしっとりして化粧ノリが良くなる可能性が高いのでぜひお試しくださいね。

それでは私が実際に使ってみて良かったクリームタイプのパックをご紹介します。ちなみに私はかなりの敏感肌なので、合わないコスメはたくさんあります。そんな私が使って良かったなと思うクリームタイプのパックなので、敏感肌の女性には使ってみてほしいです。

豆腐の盛田屋の豆乳よーぐるとぱっく玉の輿という商品です。デザインがとても可愛らしくお値段もお手頃なので使ってみることにしました。この商品は、豆乳にヨーグルトやハチミツなどを加えたパックです。使い方は、お風呂に入りながら5分ほどパックするだけ。とても楽ですよ。

使ってみるととても甘い香りがしてきました。良い香りだなと思いお風呂場でパックをするとすごく気持ちが良かったです。リラックスできました。とろりとしたテクスチャーで肌にぴったりと密着。刺激を感じることはありませんでした。

私は肌がすごく乾燥していること、それにより小じわやほうれい線が目立ってきて毛穴が開いてきたことに悩んでいたのですが、しっとりした肌に変わってきて小じわやほうれい線が目立たなくなってきたことを実感できました。

毎日肌がスベスベしていると感じて、笑顔が増えてきましたね。鏡を見るたび自分の肌ってどうしてこんなに乾燥しているんだろう、シワが目立ってきて嫌だなと憂鬱になっていたのですが、週に一度のスペシャルケアでどんどん肌の悩みが解消されてきたので使て良かったなと思いました。

一番嬉しいのはやっぱり安心して使えるという点です。シートタイプのパックは肌が赤くなってヒリヒリしてしまったのですが、これを使ったらそのようなことはなくて安心して使うことができ、さらに美肌効果を感じることができたので幸せな気持ちになりました。

敏感肌の女性でパックをしたら刺激を感じてしまうと思い悩む女性は、クリームタイプのパックを使うと良いでしょう。特に私がオススメしたいのは、お値段がお手頃で肌の乾燥が気にならなくなったと感じた豆腐の盛田屋の豆乳よーぐるとぱっく玉の輿です。

敏感肌の女性は常に肌に優しい物を使いたいと思っていると思います。だから一度使ってみてくださいね。きっと気に入ると思います。

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • ふわっとした柔らかいテクスチャーです。ヨーグルトのようなよい香りもします。するすると伸びて顔全体に行きわたります。たっぷりと贅沢に使って厚めにパックをするのが好きです。洗い流す際にヌルヌルべたつくことはなく、スッと流せて、洗い流した後は肌がしっとりとしています。一回の使用でも肌に透明感が生まれたように感じます。使い続けてタマゴ肌になることを期待しています。
  • ぷるぷるした柔らかいテクスチャー、ほんのりとヨーグルトの匂いがします。皮膚が見えないくらい厚めに塗ってパックをするだけなので使い方は簡単です。パックを洗い流してすぐに、肌がもちもちとしていることがわかります。乾燥がひどくて入浴後に肌のパサつきを感じることがあったのですが、パックをした後は乾燥を感じません。翌朝の化粧のノリはバッチリで、夕方の化粧崩れもほとんどありません。パックをすると翌日の化粧のノリが違います。

5分パックをして洗い流すだけで、入浴しながらながらケアができます。忙しい人でもお肌の手入れは簡単です。食品由来の美容成分配合だから、パックをした後には肌がしっとり透明感が。乾燥が気になっている人でも、パック後には肌がもちもちとしていることを実感できているようです。

乾燥が気になる季節、肌の調子が悪くなっていませんか。丁寧にケアをして乾燥によるトラブルを防ぎたいですね。

<<Amazon>>

第8位 ツルリの黒ずみ吸着ガスールパック

頑固な毛穴の黒ずみに悩み、毛穴対策として泥パックを試したことがある女性もいるかもしれません。泥パック(クレイパック)は、天然の泥を使用して肌の汚れをキレイに落とすためのパックです。ミネラル分をたっぷりと含んだクレイで毎日スキンケアをすることで、毛穴の奥につまっている皮脂や汚れを気持ちよく取り除くことができます。

泥の種類はたくさんあります。

例えば、

  • マリンシルトは、すごく細かく毛穴の汚れを落とせるタイプの泥です。
  • ガスールクレイは、角栓や毛穴汚れをしっかりと取り除くことができます。
  • ホワイトクレイは、乾燥肌や敏感肌の人が安心して使える泥で、レッドクレイはエイジングケアをすることができます。
  • 他にもブラウンクレイやイエロークレイなど様々な泥があるので、自分の肌の悩みに合わせた泥を選ぶと良いでしょう。

日々丁寧にスキンケアをしているつもりでも、この毛穴の奥の汚れをしっかりと取り除くことができていないために、黒ずみがひどくなっていることが多いです。きちんと毛穴の皮脂や汚れを取り除くようにしたら、毛穴の目立たない透き通るような美肌を維持することができます。

毛穴の黒ずみに悩んでいた私は「ツルリの黒ずみ吸着ガスールパック」というアイテムを見つけ、さっそく使ってみることにしました。モロッコ産ガスールと黒糖スクラブが配合された泥パックです。

まずこの泥パックが良いなと感じた点は、汚れを吸着し角質ケアしてくれる成分がしっかりと入っていること、アルガンオイルやヒアルロン酸Na・ハチミツ・ローヤルゼリーエキス・プロポリスエキス・温泉水などの保湿成分がたっぷりと配合されている点です。

ツルリ黒ずみ吸着ガスールパックの使い方はとても簡単で、顔に塗って3から5分待ち洗い流すだけです。

初めてツルリ黒ずみ吸着ガスールパックを使った時、すごく良い香りがしてびっくりしました。アロマの香りです。ローズマリー、ラベンダー、ゼラニウムの天然精油をブレンドしたハーバルスパの香りだと知り、とても好きだと思いました。

パック後の肌を触ると、ものすごくしっとしていると感じてびっくりです。いつもクレンジングや洗顔後の肌はカサついているのに、ツルリの黒ずみ吸着ガスールパックを使用後の肌がツルツルしているのです。また一度使っただけなのにくすみが消えて顔がパァっと明るく感じられ、気になっている小鼻の黒ずみが薄くなっていることに気づき、本当にすごいなと思いました。

色々なパックをしたことがありますが、泥パックは毛穴にとても効果があると私は思いました。

パックと聞いたら何分も待たなければいけない、面倒臭いと思っている女性もいるかもしれませんが、ツルリ黒ずみ吸着ガスールパックは3分でもOKなので気軽に使うことができます。頑固な毛穴の黒ずみや古い角質によるくすみなどに悩む女性は、一度泥(クレイ)パックを試してみませんか。

<<Amazon>>

第7位 アルジタルのグリーンクレイペースト

毛穴に汚れがつまっていると、素肌に自信を持てなかったり、メイクをしてもボコボコと目立ってしまったり、悩みを抱えている女性は少なくないはずです。

毛穴の悩みには「アルジタルのグリーンクレイペースト」がおすすめです。グリーンクレイを配合したパックが、毛穴の汚れをすっきりさせながらも潤いのある肌に整えます。

特徴

毎日丁寧に洗顔をしているのに毛穴の奥の汚れを取り切れていないと感じることがありませんか。

毛穴の汚れの正体は、肌にたまった古い角質(タンパク質)と皮脂が混ざり合ってできた角栓です。角栓にアプローチをするには、毎日の洗顔に使うメイクや皮脂汚れを落とすタイプの洗顔料では不十分です。

毛穴にたまった汚れにはグリーンクレイの力が働きかけます。グリーンクレイとは、イタリアのシチリア島にあるシクリの丘で採掘される泥のことです。シクリの丘は約1600万年前にはまだ海で、シクリの丘から貝の化石が発掘されています。

長い年月をかけて自然によって育まれてグリーンクレイには、海のミネラルがたっぷりと含まれています。汚れを吸着して古い角質やくすみをすっきりとさせていきながらも、ミネラルを含んでいるので保湿作用が期待でき、汚れをすっきりとさせても洗いあがりはふっくらに。さらに、トウキンセンカ花エキスやスギナエキスなど植物成分も配合。ハーブの爽やかな香りを感じられます。

クレイを配合したペーストはもったり伸ばしにくいことがありますが、グリーンクレイペイストは滑らかな使用感です。クレイペイストを伸ばすだけなので、毎日の洗顔にも週に2から3日のスペシャルケアにも取り入れやすくなっています。

使い方

・スペシャルパックとして

メイクを落とした後に軽く顔の水気をとり、肌が隠れるくらいの量を顔に広げていきます。毛穴の汚れが気になる部分は、くるくるとマッサージをすることをおすすめします。3~5分パックをしたら洗い流します。スペシャルケアとして使用する場合は、週に2,3回の使用が目安です。

・ボディケアとして

気になる部分に伸ばしてマッサージをして、洗い流します。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 伸びがよいテクスチャーです。はじめは香りが苦手に感じたのですが、使い続けているとこの香りが好きになってきました。軽くマッサージをして洗い流すと、肌がワントーン明るくなっているように感じます。特に翌朝の肌の変化を実感できて、くすみが抜けて明るくなり、化粧のノリがよいです。
  • 泥系のコスメはざらざら感が苦手で避けていたのですが、グリーンクレイペーストはざらざらした感じがありません。半身浴しながら使っていて、洗い流し後は毛穴の汚れが取れてつるつるです。スーッとして気持ちがよいのに、潤いが残っています。毛穴がつまりにくくなるので、スペシャルケアとして取り入れています。

洗顔をしても毛穴の汚れが取れないと感じているなら、グリーンクレイの力を借りてみませんか。アルジタルのグリーンクレイペイストは、グリーンクレイと植物成分を配合した洗い流すパックです。汚れを吸着して落としながらも、ミネラルたっぷりなグリーンクレイを配合しているので、必要な潤いを守ります。洗いあがりは明るくすっきりした肌に。

<<Amazon>>

第6位 泥の恵みのディープクリアマスク

くすみ、ざらつき、毛穴のつまり、メイクノリの悪さ。これらの悩みの原因は肌にたまった古い角質です。

古い角質を落とすには、クレイやスクラブの力で洗うことがおすすめです。クレイとスクラブを配合した洗い流すマスクが「泥の恵みのディープクリアマスク」です。不要なものを吸着して、クリアなつるつる肌に導きます。

特徴

肌の生まれ変わり(ターンオーバー)は20代ころは約28日周期ですが、加齢にともないターンオーバーが遅れるようになってきて、40代では約55日ほどかかります。他にも、睡眠不足、偏った食事、ホルモンバランスの乱れなどがターンオーバーを遅らせる原因です。

ターンオーバーによって古い細胞がはがれ落ちて、キメの整った健やかな肌が保たれているのですが、ターンオーバーが遅れてくると肌には古い角質が蓄積することになります。その結果、くすみ、ざらつき、毛穴の汚れなどの肌悩みを引き起こすことに。

つるつるで明るい肌を目指すためのポイントは古い角質をケアすることです。

泥の恵みのディープクリアマスクは、3種のクレイ・ベントナイト・海シルト・カオリンとトウモロコシ穂軸由来の植物スクラブを配合。クレイが汚れを吸着し、スクラブが古い角質をケアしていきます。2つの力でつるつるクリアな肌に導きます。古い角質を落とすことで化粧ノリがよい状態になることも期待できます。

さらに、保湿成分のヒアルロン酸を配合。また、クレイはミネラルが豊富なので洗いあがりの肌のかさつきを防ぎます。

使い方

洗顔後、適量を手に取り出して、口や目の周り、眉、髪の生え際を避けて顔全体に広げます。5から8分ほど置いてパックが乾いたら水またはぬるま湯で洗い流します。乾かし過ぎないように注意をしてください。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

緩いテクスチャーなので顔全体に伸ばしやすいです。10分くらい経つとパック全体が白くなるので洗い流します。スクラブが入っているので洗いあがりがすっきりします。使った後には肌がすべすべしていて手触りが気持ちよいです。クレイを配合しているからなのか、洗い流し後はしっとり感も感じられました。

手に取り出してみるとスクラブのザラザラのある茶色いパックです。伸びがよくスクラブが小さいので刺激のない使い心地です。7分くらいパックしてパリパリに乾いたので水で洗い流し、化粧水で肌を整えています。ごわつきやざらつきが取れて、肌がワントーン明るくなりました。すべすべな仕上がりです。

細かい粒子の泥のパックです。パックをしているとパリパリに乾いてくるので、肌が乾燥しないか心配だったのですが、クレイやヒアルロン酸のおかげなのかしっとりします。使った後には肌がさっぱりして気持ちよく、つるつるとします。くすみが取れて白っぽくなったように感じます。鏡を見て驚きました。

くすみやざらつきの悩みには、クレイやスクラブを配合したパックがおすすめです。泥の恵みのディープクリアマスクは、3種類のクレイと植物性スクラブを配合したパックです。パック後にはつるつるで透明感のある肌に。スペシャルケアとして取り入れて、明るくクリアな肌を維持していきませんか。

<<Amazon>>

第5位 イエスパのバブルクレイパック

エステで集中的にケアをしてもらった後の肌は、いつもと違いますよね。家でもエステのようなケアができたらいいと思いませんか。

「イエスパのバブルクレイパック」は、炭パックと泥パックで集中的にケアをする洗い流すパックです。5分間集中ケアした後は透明肌に。家でも簡単にエステのような体験を。

特徴

イエスパのバブルクレイパックは、名前の通りバブル(泡)とクレイ(泥)を同時に体験できる洗い流すタイプのパックです。顔に伸び広げた直後は泥のような見た目です。しかし、しばらくすると炭酸のもこもことした泡がでてきます。

泥パックはもったりペースト状なことが一般的です。この泥がシュワシュワと発泡をして、もっちりもこもこの泡に変わってくる様子は驚きの体験です。泥は毛穴の汚れを吸着、炭酸が汚れを浮き上がらせ、洗い流し後はすっきりに。毛穴の汚れごっそり、透明感のある肌に導きます。

泥も炭酸も汚れ落としをサポートする成分ですが、汚れをすっきりとさせる成分が2つも使われていると肌が乾燥しそうですよね。泥にはミネラルが含まれていて、ミネラルは肌の乾燥を予防します。ラベンダー花エキス、カミツレ花エキス、ローズマリーエキスなどの植物成分も配合をしています。しっとりすべすべ、透明感のある肌に導きます。

使い方

1回使いきりタイプです。容器から手のひらに取り出し、目や口の周りを避けて顔全体に塗布します。3から5分ほどして泡が十分に出たら、軽くマッサージをします。その後に水またはぬるま湯で洗い流します。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 小さなカップに1回分が入っています。中身はとろっとしていて、液ダレせずに肌にきれいに塗れます。3~5分くらいすると泡がシュワシュワでてきましたが、炭酸の刺激は感じませんでした。その後にマッサージをして洗い流すと、血行がよくなったのか血色がよく、毛穴の汚れがきれいになっていました。スペシャルケアによいと思います。
  • さらとろなクリームを塗って、マッサージをして、洗い流すだけなので簡単です。滑らかなので顔に塗りやすくいです。塗ってから放置をすると泡がシュワシュワ出てきて面白いです。香りは特に感じず、ひんやりして気持ちがよいです。パックの後には毛穴が引き締まって、すっきりしたように感じます。手ごろな価格なので、週に1~2回使えそうです。
  • 1回使いきりなので清潔です。容器の中には灰色でとろっとしたクリームのような液が入っています。泥が泡に変わってくる瞬間を見るのが楽しいです。想像していたよりも、もこもことしてきました。シュワシュワと毛穴に働きかけてくれていることがわかります。洗い流した後はつるつる。翌朝までつるつる、もちもちな手触りの肌で気持ちがよいです。
  • 生クリームのような中身を顔に塗って、その後にマッサージをするだけだから簡単です。使い切りでコンパクトなので、旅行先やお泊りのときにもよさそうです。泥を塗ってしばらくすると、泡がシュワシュワしてきて、刺激を与えずに毛穴の汚れを取ってくれる感じがします。

泥と炭酸、Wの力で毛穴すっきりに導く洗い流すパックです。泥も炭酸も毛穴に働きかけるので、2つも同時に体験できるなんて、毛穴対策に心強いですね。また、泥が泡に変わってくる瞬間も楽しめます。泥と炭酸の2つの力を体験してみませんか。

<<Amazon>>

第4位 ファンケルのスキンリニューアルパック

肌のくすみやざらつきが気になるなら、週に2回程度のピーリングがおすすめです。

ピーリングは肌への刺激が心配になりませんか。「ファンケルのスキンリニューアルパック」は、不要な古い角質を穏やかに洗い流すピーリングです。週に2から3回のスペシャルケアとして取り入れることで、くすみやざらつきの気にならないすっきりとした肌に。

3つのおすすめポイント

①古い角質をオフ

肌の生まれ変わり(ターンオーバー)が滞ってしまうと、古い角質が肌に蓄積をすることに。加齢、乾燥、睡眠不足、栄養不足など、ターンオーバーを乱す原因は身近にあふれています。

くすみ・ざらつきの原因となる古い角質には、セイヨウナシエキスがアプローチをします。古い角質を優しくオフして、ワントーン明るい肌に導きます。

②柔らかな肌へ

潤い不足もくすみ・ざらつきの原因に。肌が乾燥をしてしまうとキメが乱れて、暗くどんよりとしたざらついた肌になってしまうのです。潤い不足で硬くなった肌には、フレッシュローヤルゼリーエキスやミネラルがアプローチ。潤いを引き込むことで柔らかくほぐしていきます。

③化粧水の浸透力アップ

肌に古い角質がたまっていると、不要なものがフタのようになって化粧水の浸透を妨げている状態です。古い角質をすっきりとさせると化粧水の浸透を妨げるもののないまっさらな状態に近づくので、ピーリング後に使う化粧水の浸透がアップ。さらに、加水分解コメエキスが角質層を整えていきます。

防腐剤・香料・合成色素・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤は不使用、弱酸性です。

使い方

洗顔後、500円玉1枚分を手に取り出し、顔全体に広げてマッサージをします。その後4分間おいてから水またはぬるま湯で洗い流します。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • くすみが気になるときに夜のケアに取り入れています。使用後には肌が明るく柔らかくなるように感じます。つるんとした手触りで気分がよいです。柔らかなテクスチャーもクセになります。ヒリヒリすることはないので肌に負担がかかっているような様子はありません。くすみが気になるときには欠かせないアイテムになっています。
  • 肌のざらつきが気になっていて、何かいい商品がないかなと探していたときに、こちらの商品を使ってみました。敏感肌なのでピーリングによる刺激が心配でしたが、ファンケルのこの商品はお試しとして使うのによいサイズです。お風呂で体を洗ったりしている間にパックをして、洗い流すとつるんとした仕上がりです。ヒリヒリ感や赤くなることがなく、とってもよい使い心地です。
  • ジェルのようなテクスチャーで肌に密着をして、半身浴しながら使えます。ざらついていた肌がすべすべな手触りになります。お風呂上りに使う化粧水の浸透がいつもと違うことを感じられます。何本もストックしておきたい商品です。

くすみ・ざらつきが気になるときには、ファンケルのスキンリニューアルを使ってみませんか。セイヨウナシエキスやフレッシュロイヤルゼリーなどが、くすみやざらつきの原因に働きかけて、明るい肌へと整えていきます。

洗いあがり後の肌の状態やその後に使う化粧水の浸透の違いに驚くことでしょう。

<<Amazon>>

第3位 リフターナの珪藻土パック

コースター、食品のろ過、吸湿などに使用されている珪藻土です。「リフターナの珪藻土パック」は話題の珪藻土をパックに配合しました。毛穴汚れや皮脂汚れを吸着。つるつる小鼻に導きます。

3つのおすすめポイント

①毛穴すべすべ

珪藻土の特徴は吸着パワーです。珪藻土とは植物プランクトンの一種が化石化した土のことです。小さな孔が無数に空いていて、この孔に水や油を吸い取る力があります。この性質を利用して食品のろ過に使用されています。珪藻土でパックをすれば小鼻の不要な汚れをしっかりキャッチ。すべすべ肌に導きます。

②3種の引き締め成分配合

毛穴汚れを取り去っても、そのままではぽっかり開いた毛穴に。

リフターナの珪藻土パックは3種の引き締め成分、マンダリンオレンジ果皮エキス・ハマメリス葉エキス・アーチチョーク葉エキスを配合。キュッと引き締まった毛穴に。さらに、メントール配合でスーッとした清涼感のある使い心地です。シトラスヴァーベナの香りで気分もすっきりに。

③洗い流しのタイミングがわかりやすい

洗い流すタイプのパックは洗い流すタイミングが難しいですよね。乾かし過ぎてしまうと肌がカサカサになったり、カピカピとして洗い流しにくくなってしまい、パック時間が短いと汚れ落ちが期待できません。

リフターナの珪藻土パックはグレーからライトグレーに色が変わったら洗い流しのサインです。色が変わって洗い流すタイミングを教えてくれます。

使い方

洗顔後、タオルなどで水気を拭き取ってから使用します。パール粒大を手に取り出し、目の周りを避けて鼻やあごなど汚れが気になる部分に塗ります。3~4分ほどおき、色がグレーからライトグレーに変わったら洗い流します。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 鼻のぽつぽつと目立つ黒ずみ汚れがずっと気になっていたのですが、1回使っただけで鼻がきれいになって感動しています。毛穴の汚れをしっかり吸着してくれるように感じます。洗い流しは簡単でゴシゴシこすらなくても落とせます。きれいになるので定期的に使ってみようと思います。
  • いちご鼻が気になっていて、これがいいといわれるものはいろいろ使ってきました。このパックはたまたま目にして、珪藻土が気になって使ってみました。塗ってしばらくおいてから洗い流すと、黒ずみ汚れがほとんど気にならない状態になりました。3日ほど使っていちご鼻が気にならない状態に。汚れ落ちに大満足しています。
  • とっても柔らかいテクスチャーなので容器から出しやすく、滑らかなので塗りやすいです。乾くと色が変わるので洗い流すタイミングがわかりやすいです。塗るとひんやりとして気持ちよく感じます。洗い流すと見た目がすっきりとして、小鼻の汚れが気にならなくなりました。潤いは逃がさず優しい使い心地なところがうれしいです。

珪藻土は多孔質で水や油を吸着する性質があります。この特徴を活かして、リフターナの珪藻土パックは珪藻土を洗い流すパックに配合しました。毛穴の汚れを吸着して、すべすべな手触りに。普段の洗顔では毛穴の汚れを落としにくいですよね。リフターナ 珪藻土パックは、毛穴の黒ずみ汚れや肌のざらつきが気になる方におすすめです。

<<Amazon>>

第2位 炭酸ガスパック

化粧をすると白い角栓が目立ってしまうことに悩んでいる女性がいたらおすすめしたい美容アイテムがあります。それは炭酸ガスパックです。炭酸ガスパックに出会ってから、私自身も角栓の悩みから解放されることが出来ました。ですので同じように悩んでいる方がいたらぜひ試してほしいのです。

以前は私も角栓にずっと悩まされ続けてきました。ファンデーションを塗るとプツプツと白い角栓がかえって目立つようになってしまい、なんとなく不衛生な印象の顔になっているようで気になって仕方なく、しょっちゅう鏡をみてはその浮き出た角栓を手でこすったりピンセットでとろうとしていました。角栓の目立つ箇所は鼻やあご、口周りなどたくさんあったので、そのような方法ですべてとりのぞけるわけもなく、刺激で顔が赤くなり、かえって汚く見えるようになってしまい、出かけることや人に会うこと自体が億劫になるなんてことも少なくありませんでした。

このような悩みをなんとかしたくて、スクラブ洗顔料や角栓をとるためのシートパック、ピーリングなど色々試しましたが、一時的に少しましになったかも・・・と思う程度で、一向に良くなる様子はありませんでした。化粧品も、パウダーファンデーションやリキッドファンデーション、ルースファンデーションなど様々なタイプを使ってみましたが、多少の違いはあっても角栓が浮き出ることにはかわりありませんでした。

人に会うと浮き出た角栓を見られているような気がしてしまい、誰と会っても心から楽しむことが出来ず、だからといってすっぴんで出かける勇気もないので、どうしたらよいかと途方にくれる毎日を過ごしていました。

そんな悩んでいる中で出会ったのが炭酸ガスパックです。

出会ったといっても、きっかけは何かのテレビ番組でモデルさんが使っているという情報を目にしたことです。もちろんモデルさんは角栓に悩んでるなどではなく、化粧乗りがよくなるといったことを紹介していたのですが、直感で「これだ!」と思ったのです。

しかし炭酸ガスパックにどのような商品があるか知識がなかったので、とりあえずネットショッピングで試しに購入してみることにしました。炭酸ガスパックといっても安価なものから高価なもの、自分で混ぜるもの・混ぜないでそのまま使えるもの、シートパックまで色々ありました。高価なものはチャレンジできませんでしたが、自分が手の届く価格のなかでいくつかの商品を試し、一番効果があったのは混ぜなくてよいジェルタイプのものでした。

ジェルを乾いた手で肌にのせるとシュワシュワと発泡しはじめ、5分から10分後に洗い流し、その後はいつも通り化粧水などの保湿をします。たったこれだけのことなのですが、肌がきゅっとひきしまるのが感じられます。そしてだいたい一週間に1回から2回の頻度で使い続けた結果、1か月ほどで化粧をした際の白い角栓がほとんど目立たなくなったのです。混ぜなくて良いタイプなので手間がかからず続けやすかったのも、効果を早く感じることにつながったポイントだと感じています。

今まで悩んでいたのは何だったのかと思うほど、これだけのことで悩みが解消されました。使うスパンが空きすぎるとまた少し角栓が見えるようになりますが、そういう時はすぐに炭酸ガスパックをしてから化粧をしなおせば目立たなくなります。

もし以前の私と同じように悩み、化粧をすることだけでなく、人と会うことまで億劫になっているような方がいらっしゃいましたら、だまされたと思って一度ぜひ試してみてください。そして1人でも多くの女性が悩みから解放されることを願っています。

<<楽天>>

 

第1位 アスティコスメフリークのがばいよか剥がすパック

毛穴にたまった角栓もうぶ毛もすっきり。ごっそりはがすパックが「アスティコスメフリークのがばいよか剥がすパック」です。

角栓がたまっていたり、うぶ毛が密集しているようだと、メイクのノリが悪くなったり、顔の印象が暗くなります。ごっそりはがして、つるんと滑らか明るい肌を目指しませんか。

ごっそりはがしてもしっとり

毛穴パックを使うと角栓がごっそり取れますよね。パックににょきにょきと角栓が張りついている様子を見ると爽快感を感じると思います。

でも、毛穴パックの後は肌がかさつきませんか。肌がかさついてしまうと、これ以上肌の乾燥が進行をしないように皮脂分泌量が多くなってしまいます。そして、新たな毛穴の汚れを作ることに。

がばいよか剥がすパックは、はがすパックだけれどパックをはがした後の肌はしっとり。しっとりの秘密は馬油を配合していることです。

豚脂や牛脂の主成分は飽和脂肪酸です。飽和脂肪酸は融点が低く、常温では固体の特徴があります。一方、馬油は動物性油脂にしては珍しく不飽和脂肪酸を含有しています。不飽和脂肪酸は常温では液体で、肌なじみがよい特徴があります。

がばいよか剥がすパックは馬油配合だからパック後の肌はしっとり。角質層の潤いを守ります。

塗るタイプのパックで、乾くとぺろんと1枚ではがせます。はがした後のパックには角栓やうぶ毛が。汚れを取り去り、つるんとした肌に導きます。

香りはレモングラスです。快適にパックを行えることでしょう。

使い方

洗顔をした後、顔全体に塗ります。目、鼻、口の周りを避けて塗ってください。

20分間パックをしたら、パックをゆっくりとはがします。長時間パックをしていると乾き過ぎてしまうので、20分以上パックをしなうようにしてください。パック後に化粧水などで普段通りのスキンケアを行います。

週に1~2回の使用が目安です。

口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • チューブ容器で柔らかなテクスチャーです。顔全体に伸ばしやすいです。他のはがすタイプのパックを使ったことがありますが、なかなか乾かないし、やっと乾いてはがそうとしても角栓やうぶ毛をしっかり取れません。がばいよか剥がすパックは比較的早く乾き、はがしたパックにみっちり角栓がうぶ毛がついている様子を確認できます。洗い流すタイプのパックとも違って、こちらの方が断然毛穴の汚れがすっきりします。うぶ毛も取れるので化粧のノリがよくなりました。
  • 塗ってはがすタイプのパックはこれまでいくつか使いましたが、その中でも断然はがしやすいです。痛くないし、気持ちいいです。シートパックと違ってあごや耳のあたりまで覆えるところも魅力的です。はがすときにはポロポロせず、ぺろんときれいにはがれます。角栓やうぶ毛がきれいに取れます。顔剃りでは鼻の目立たないうぶ毛を処理できないのですが、このパックが解決してくれました。

がばいよか剥がすパックは、塗って、乾かして、はがして使うタイプのパックです。パックをはがすと角栓やうぶ毛がすっきりと。馬油配合なのでパック後の肌の乾燥を防いでくれます。

角栓やうぶ毛をすっきり取り去ることで化粧のノリがアップ。毛穴の汚れやうぶ毛処理に悩んでいる方におすすめです。

<<Amazon>>

関連記事:

肌に潤いを!乾燥肌におすすめ!シートマスク・フェイスパックランキング

夏のシワ,クマ,くすみに効果はある!?おすすめ目元専用パック

忙しい朝におすすめの時短シートマスク・パックランキング

翌朝つるつるもちもち綺麗肌になる!夜におすすめのパックランキング

最近のはすごい!保湿力のあるおすすめ美容マスク・パックランキング

プチプラで人気の炭酸パックと美肌・毛穴効果の口コミを紹介!

朝パックにおすすめ!人気のフェイスパックマスクの口コミランキング

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
・美容家による今年一番のおすすめスキンケアです。
SK-Ⅱや資生堂ホワイトルーセントを使っている女性たちも絶賛!今年一番おすすめしたいオルビスユーのスキンケアの特徴・比較・口コミ←クリック
・ファッショニスタによる今月一番おすすめしたい服装です。
【今月の女性の服装】大人レディースファッションコーデ2019←クリック