毛穴の黒ずみは洗顔からケアしよう!プチプラおすすめ洗顔ランキング2020

毛穴の黒ずみや小鼻や鼻の周りのボツボツなど、肌トラブルは美の大敵です。そのため、多くの人はスキンケアに関心を持っています。しかし、様々な刺激はかえって肌に余計なストレスを与えてしまうため、新たな肌トラブルを引き起こしてしまうかもしれませんスキンケアの基本は洗顔にあります。

ここではまず、正しい洗顔について知っていきましょう。

毛穴の黒ずみについて

スキンケアを毎日していても、毛穴の「黒ずみ」が気になることがあります。ボツボツとした毛穴の黒ずみは、メイクをしていてもファンデーションが綺麗に濡れなかったりと良い事はありません。なんとかしようと、指で押して毛穴の角栓をとってしまった経験がある方もいるでしょう。

でもそうすると、鼻が炎症を起こし結局痛みが増すだけ、後から痛い思いをするという繰り返しです。

そうならないためには、実はスキンケアにもポイントがあります。ただ洗顔をして化粧水を塗るだけでは、毛穴の黒ずみは綺麗になりません。

まず、毛穴の黒ずみの原因についてみていきましょう。

毛穴の出口に皮脂やタンパク質がたまり、角栓となって黒くなっている状態が毛穴の黒ずみです。角栓は、過剰な皮脂分泌により皮脂が固まってできてしまいます。毛穴に角栓として汚れがたまってしまうと、皮脂が排出されずに内部に溜まってしまいます。そうなると、毛穴がぽつんと盛り上がっている状態になるのでボツボツしてしまうのです。

このボツボツは、皮脂を栄養源とするアクネ菌の増殖にも関わってきます。悪化するとニキビや吹き出物の原因にもなり兼ねません。

毛穴に皮脂や汚れがたまり、それが黒くなって黒ずみになる、皮脂が固まると角栓になり毛穴のつまりを引き起こす、という悪循環になってしまうのです。そうならないために、きちんとスキンケアをしていくことが重要です。

洗顔をする際は、ただ汚れを落とすだけでなく、皮脂の分泌が最も多いTゾーンと額を中心に手寧に洗うことが大切です。

メイクをした際は、一日の中でメイクをした状態をなるべく短くすること、帰宅後はすぐにメイクを落とし毛穴の詰まりを防ぎましょう。皮脂分泌が過剰になってしまう原因は、お肌の潤いを保つために必要な皮脂まで取り除いていることにあります。必要な皮脂まで取り除いてしまうと、乾燥の原因になったり皮脂が多く分泌されやすくなるので、あまり刺激のないもの、お肌に優しい洗顔料を選ぶこと大切です。

毛穴の黒ずみが気になる方は、お肌に刺激の少ない洗顔石鹸を使って洗うようにしてください。

洗う時もしっかりと泡立ててから行うこと、お肌に摩擦がかからないように優しく丁寧に洗うことが大切です。洗い終わったら、洗顔料が残らないようにぬるま湯で丁寧に落としていきます。少しでも洗顔料が残っていると、毛穴の詰まりの原因になります。

まずは、毛穴の詰まりを防ぐことが大切なので、毎日のスキンケアで清潔なお肌の状態を保てるように心掛けましょう。そして十分な睡眠、バランスのとれた食事も大切です。メイクをしている時間をなるべく短くして、お肌の負担を減らすことも黒ずみ改善に繋がります。

洗い終わった後にツッパリ感があるなと感じる方は、お肌に合っていない可能性があります。お肌に優しい洗顔料を使うことで刺激を減らし、Tゾーンと額はとくに丁寧に洗うことで改善されていくはずです。

是非、毎日のスキンケアだからこそこうしたポイントを抑えてケアしてあげましょう。洗顔をしたら化粧水や美容液、乳液でしっかり保湿することを忘れずに行ってくださいね。

正しい洗顔とは

スキンケアをするために必要なこと。それは肌の乾燥を防ぐこと。それから肌の清潔を守ることです。様々なスキンケアグッズやスキンケアアイテム、または美肌を導くテクニックなどがありますが、全てにおいてこの2点に機能がしゅうやくされているということが多いです。

日常で肌に最も触れる瞬間、それは洗顔です。洗顔とはスキンケアにおいてどのような役割を持っているのでしょうか。

洗顔は文字通り、肌を洗うということです。一日中活動していると、人は様々な汚れを身体中に浴びることになります。ホコリやチリなどはもちろんのこと、車の排気ガス、PM2.5、さらには紫外線など、有害なものを挙げればキリがありません。

さらに、自分の体からも皮脂やアカも溜まっていくため、体は毎日汚れにまみれる機会に満ち溢れているのです。そのため、正しい洗顔を毎日行うことで汚れがリセットされるだけでなく、清潔が保たれた肌は、色々なトラブルを回避することが出来ます。

では、洗顔で回避できる肌トラブルについて説明していきます。

1番目立つポイントで言えば「毛穴の黒ずみ」でしょう。

毛穴の黒ずみは産毛の生える瞬間においては防ぐことの出来ないこともあります。しかし、それ以外の原因ではそれを除去することができるのです。

皮脂が詰まると、それが毛穴に詰まることで酸化を招きます。これが過酸化皮脂と呼ばれるもので、黒ずんで見えるのです。過酸化皮脂が毛穴に詰まることで黒ずみは発生します。

このような過酸化皮脂を日々起こさないためには、洗顔を行う必要性があるのです。

では、正しい洗顔方法とはどのようなものなのでしょうか。

まず第一に気をつけたいのが、泡をたっぷりと立てることです。

十分に泡立てて洗うことで、その泡が汚れ自体を吸い込んでくれます。また、肌への摩擦も少なくて済むのです。このように肌への刺激を押さえることが洗顔においては重要な役割を持っています。

汚れを落とそうと力任せに擦るように洗っては、肌へダメージを与えてしまいます。そうならないためにもしっかりとケアをしなくてはいけないのです。

また、時間をかけて洗うこともよくありません。

テキパキと洗顔をして、出来るだけ水の刺激から肌を守ってください。

そして、水の温度も重要なポイントです。

こちらは熱湯の方がよく落ちますが、その分必要な皮脂まで洗い流してしまいます。かといって冷水では汚れが落ち切らない可能性もあるので、ぬるま湯程度のお湯で洗うようにしましょう。

では、万が一毛穴に黒ずみが出来てしまったらどのようなアイテムを使うのが良いのでしょうか。

毛穴の黒ずみは古い角質が関係しています。そのため、酵素パウダーを使ってその角質を取り除くことが有効に作用するのです。さらに、クレイマスクを使うことによって汚れ詰まりを除去することができます。また、スクラブ洗顔は表面がザラザラしているときに効果的ですが、使いすぎには注意してください。

洗顔はスキンケアのベース的な存在です。毎日行う美容方法だからこそ、正しく行い、美しい肌にするようにしなければいけません。忘れてはいけないのが、肌に刺激をなるべく与えないということです。優しく肌を労わるように接することで、自然と正しい洗顔のスタイルへと近づいていくことでしょう。

関連記事:

パウダー洗顔は酵素タイプがおすすめ!人気の酵素洗顔パウダーランキング

泥美容の毛穴やニキビ効果とは?おすすめの泥洗顔と泥パックで実感

毛穴の黒ずみは洗顔で対策

そもそも、毛穴の黒ずみの原因とはどのようなものがあるのでしょうか。

まず最初に気をつけておきたいのは、光の加減によって黒っぽく見えたり、毛穴から生えた産毛によって色が目立つということがあるというものです。そのため、すっぴんの状態では毛穴の黒ずみは完全に消し去ることは難しいです。意識しすぎてストレスを感じてしまうと、美容に悪影響なので、ある程度は許容する心を持ちましょう。

しかし、洗顔が不足していたり、メイクを落とし切れていなかったり、皮脂が過剰に分泌している状態でも毛穴の黒ずみは目立ちます。これは角栓が毛穴につまり、それが肌に付いている汚れと混ざり参加することによって過酸化脂質に変化することが原因です。

これは肌のサビとも言われるもので、皆が気になる毛穴の黒ずみへと変化します。角栓というのは肌のターンオーバーが乱れたことによって起こるもので、普通は自然に落ちていきます。しかし、新陳代謝が上手くいかないと肌の表面に残ってしまい、毛穴に詰まってしまうのです。角栓が汚れと混ざると色素沈着の原因にもつながります。そのため、くすんだ肌に見えてしまうのです。

泡を使った洗顔を心がけましょう

洗顔の方法で大切なものは、まずたっぷりの泡を使うというものです。たっぷりの泡はそれだけで汚れをグイグイと吸い込んでくれる役割を持っています。また、泡をたくさん使うことによって、直に手のひらが肌に触れにくいので肌のダメージが軽減できるのです。

汚れを落としたいからといって、力を込めて擦るように洗ってしまうと肌を傷つけてしまいます。そのため、泡を転がすように優しく洗ってください。また、時間をかけて洗顔するのもNGです。肌は刺激に弱いので、短くテキパキと洗うことが重要になります。だからと言って熱湯を使って洗ったり、洗い残しがあるというのは厳禁。ぬるま湯でしっかりとすすぎ、洗い残しが無いように心がけましょう。

洗った後の乾燥ですが、こちらはタオルでゴシゴシこすってしまうとせっかく今まで優しく洗い上げた苦労が水の泡です。そのため、タオルは水分を吸い込むように押さえつけて拭いてください。

洗顔の時に気をつけたいのは、自分に合った洗顔料を選ぶことです。皮脂が過剰に分泌されるからといって、洗浄力が強い洗顔料を使うと、足りない皮脂を補おうと却ってオイリー肌になってしまいます。そのため、潤いを逃さないタイプのものにするのが良いのです。

また、毛穴がザラザラしているときは汚れが詰まっていることが考えられます。そのときには肌への刺激は極力控えて正しい洗顔を行うようにしてください。

毛穴の黒ずみは肌の汚れが原因の場合があります。角栓と肌の汚れが混ざることによって黒ずんでみえることがあるので、洗顔を正しく行なって清潔な状態を保ちましょう。また、必要以上に肌を刺激するとそれが原因で肌トラブルを起こす可能性があります。気をつけましょう。

毛穴の黒ずみは洗顔からケア!プチプラおすすめ洗顔ランキング

第10位 イーキューブのいいじゃんガスール石鹸 グラン・リッチ

どんなにキメ細かな泡を作っても、毛穴の汚れを落とせなかった経験がありませんか。毛穴は非常に小さな孔なので毛穴の中の汚れまで落とせないことが。毛穴の奥の汚れまでしっかり落としたいときには、ガスール配合の洗顔料がおすすめです。

「イーキューブのいいじゃんガスール石鹸 グラン・リッチ」はガスール配合で、汚れをすっきり洗い落としていきます。

3つのおすすめポイント

①ガスール配合

ガスールとはモロッコの一部の地域だけで採取できる泥のことです。粒子が細かくミネラルを含んでいる特徴があります。

細かな粒子には汚れを吸着する働きがあり、汚れをしっかり落とします。イーキューブは独自のナノ化製法によってガスールをさらに細かくしています。16μから3μ(毛穴の大きさは約200μ)にすることでさらに表面積が増え、汚れに接着する面積が増えることで従来よりもしっかり汚れをキャッチします。

マグネシウムやカルシウムなどのミネラルは肌の状態を整えるサポートをします。

②美容成分配合

ローズマリーエキス、コラーゲン、モモ葉エキス、カンゾウなどの美容成分を配合しています。潤いを与えたり、肌の状態をサポートするこれらの成分を配合しているので、しっかりと汚れを落としながらも保湿されているような洗いあがりです。

石油系界面活性剤、人工香料、鉱物油、着色料は無添加です。

③豊かな泡立ち

しっかり泡立てずに洗うと摩擦が生まれて肌に負担がかかり、くすみやシワなどのトラブルを起こす心配が。いいじゃんガスール石鹸 グラン・リッチは、もっちりしっかりとした泡立ちです。こすらずとも泡が汚れを吸着してくれて、肌の負担を抑えられます。

使い方

手のひらに薬指でひとすくい程度を取り出し、少量の水またはぬるま湯を加えて泡立てます。泡立てネットを使用すると泡立ちがさらによいです。泡を顔にのせて円を描くように洗います。その後に水またはぬるま湯で十分に洗い流します。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • もこもこの泡がすごいです。弾力があって洗顔中ももこもことした弾力が残っています。この感覚が気持ちよくて、使用感が気に入っています。必要な潤いは残っていて洗いあがりに乾燥せず、慌てて化粧水をつけることがなくなりました。乾燥しやすい季節には使っています。
  • 少し固めのテクスチャーのクリーム状の洗顔料です。泡立てるとローズマリーのような香りがしてきます。ホイップクリームのような泡ができて、この泡が顔にフィットをして気持ちがよく洗えます。洗い流した後はすべすべですっきりするのに、つっぱらなくてすごいです。使い続けて肌に透明感が生まれました。
  • さっぱりと洗えるのに、ふっくらとした潤いを感じられます。フェイスラインにニキビができて、目元や口元は乾燥して乾燥による小ジワが気になっていたのですが、洗顔料を変えたらニキビができにくくなり、肌の調子がよいです。

毛穴の汚れを落とすにはガスールの力を借りることがおすすめです。いいじゃんガスール石鹸 グラン・リッチは、ガスールをはじめとした成分を配合した洗顔料です。もこもこな濃密泡が肌を包み込んで、汚れをすっきり落としながらもしっとりとした肌に整えます。

第9位 オキシーのディープウォッシュ

メンズ用洗顔フォームを使うといった発想は、女性にはあまりないかもしれません。確かに、男性の方が皮脂の分泌も女性より多く、メンズ用洗顔は強力で刺激が強いと感じる人もいます。しかしながら、決して女性が使っていけないことはありませんし、むしろ週に何度かぐらいならオイリー肌を改善できて嬉しい存在になってくれる場合さえあります。

20代以上になってもオイリー肌の女性は結構います。そういった女性にはオキシーの「毛穴ごっそり!」と書いてあるディープウォッシュを、毎日ではなくても週に一度から三度ぐらいまで使用することがお勧めです。

オキシーの「毛穴ごっそり!」ディープウォッシュは、元々皮脂の分泌が盛んな男性向けの洗顔フォームですが、オイリー肌の女性もたまに使うことにより毛穴からスッキリすることができ、また顔の肌全体の皮脂も落とすことができ、かなり気持ちの良い思いができます。

スクラブも配合されていますが肌で感じるほど粗いスクラブではなく柔らかいものですし、余分な角質も優しく落としてくれます。また乾燥を招くのではないかと心配になる必要もありません。洗顔後にしっかりといつもの化粧水や乳液などでスキンケアをしておけば問題ありません。

ときには皮脂も汚れもしっかりと落としてから綺麗な状態の肌に保湿のためのスキンケアをすることにより、よりスキンケアの浸透も促進することができ、オイリー肌改善にも繋がります。

入手法と使用法

オキシーのディープウオッシュはどのドラッグストアでも購入できますし、ドン・キホーテでも安売りしているときが多いです。

使い方は一般的な洗顔フォームと同じで、1、2センチ手に取り泡立てて顔に馴染ませ、綺麗に洗い流すだけです。

オキシーの中でもこれが最も強力で皮脂を落としてくれるものです。洗い終わった際には少しスースーする成分も入っているのでますます「洗ったぞ!」という気分になれます。

乾燥肌の人には向いていませんがオイリー肌の女性には意外と良いものです。毎日だと肌への負担や刺激が多すぎる恐れがあるので、女性の場合はあくまでも週に何度か、自分で頻度を決めて使うことが良いです。

口コミ

アラサー筆者の私は未だにオイリー肌で、大人ニキビもできやすく、毛穴も開き勝ちです。

常にオキシーの洗顔フォームを常備していることが多く、たまに「今日はやけにテカっていて脂っぽいな」と思ったときにはこれで洗顔することが多いです。大体はメイクをしなかったすっぴんの日の夜に使用することが多いです。クレンジングの後の洗顔だと少し皮脂をとりすぎに感じます。

どんなに多くても週三回までにしておいています。その他のときは牛乳石鹸などの刺激が少ないもので洗顔しています。やはりオキシーを使うたびいつもスッキリ皮脂を洗い流すことができて快感です。そしてその後の化粧水の浸透も良くなるように感じます。大人ニキビの改善には気分的に多少予防になっているように感じるぐらいですが、安いですし常に常備してあると嬉しい存在ではあります。

化粧品に関しても何に関してもやたらと「これはメンズ用だから」や「これはレディース用だから」と執着する必要はありません。女性でも、かなり皮脂の分泌が盛んな方もいますし、そういった場合は自分の肌の状態に合わせてたまにメンズ向け洗顔フォームでスッキリするのもかなりおすすめです。

<<Amazon>>

第8位 SQSの高保湿練り石けん

「毛穴に汚れがつまってる!」

鏡を見たときにこんなふうに思うことがありませんか。頑固な毛穴の汚れは、洗顔をしても落ちにくいですよね。目立つ毛穴に悩む方におすすめが「SQSの高保湿練り石けん」です。粘る吸着泡がつるつる肌に洗いあげます。

3つのおすすめポイント

目立つ毛穴といってもタイプがいくつかあります。

黒くぽつぽつと目立つのは角栓がたまった黒ずみ毛穴です。肌がテカるようなら過剰な皮脂分泌が原因で開いた皮脂毛穴です。ぽっかり開いたような毛穴だったり、肌が乾燥しているようなら、乾燥による古い角質が原因の乾燥毛穴です。

高保湿練り石けんは洗うだけで3つのタイプの毛穴をケア。つるつる肌に洗いあげる秘密は3つあります。

①粘る吸着泡

高保湿練り石けんは泡の粘りがすごいです。ふかふかと弾力があり、顔に押し当てても潰れないほどです。粘る濃密な泡が黒ずみの原因を取り巻いてすっきり落とします。

②火山灰白土配合

火山灰白土とは、約40年前の海底が火山活動によって地殻変動を起こして隆起した、鹿児島県のシラス地層のごく一部で採れる貴重な成分です。

マイナスイオンの性質を持つ火山灰白土が、プラスイオンの性質を持つ汚れを引き寄せて吸着。ミクロン単位まで細かく微粒子にすることで、肌を傷つけないスクラブ効果も。スクラブ効果によって角栓汚れをかき出します。

③しっとりな洗いあがり

汚れを吸着する洗顔料は、洗いあがりの肌がつっぱりそうではないですか。しかし、高保湿練り石けんなら洗いあがりはつるつるしっとりに。

秘密は保湿成分の黒糖・コラーゲン・ヒアルロン酸、美肌成分のビタミンC誘導体・へちまエキスを配合していることです。ミネラルたっぷりな黒糖をはじめとした成分を配合しているので、すっきり洗いあげるのにしっとりとしてつっぱりません。

使い方

1.5cmほどを取り出し、少量の水またはぬるま湯を加えて泡立てます。泡立てネットを使用すると、よりもっちり弾力のある固い泡を作れます。泡を顔にのせて肌をこすらないように優しく洗います。その後に水またはぬるま湯で洗い流します。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • わずかにグレーっぽい色をした洗顔料です。火山灰を配合しているのでザラザラするかなと思ったのですがザラザラすることはなく、キメ細かくねっとりしていて濃厚です。手のひらを逆さまにしても落ちないくらいの濃密な泡です。しっかり汚れを吸着していると実感できて、洗いあがりはつるつる・すべすべになります。それでいて、潤いが奪われることなくしっとりしています。オイリーなTゾーンはさっぱり洗えて、乾燥しやすい頬はしっとりとして、混合肌にピッタリな洗い心地です。
  • 頬や鼻の頭の毛穴をケアしたいと思っていました。メイクで隠すことはできますが、素肌からきれいに整えていきたいです。火山灰白土を配合しているから結構さっぱりした洗いあがりかなと思ったのですが、しっとりを感じられました。毛穴の黒ずみや余分な皮脂がしっかり落ちています。

SQSの高保湿練り石けんは、毛穴の汚れはしっかり落としてもしっとりを守ってつっぱりにくい洗顔料です。黒ずみ毛穴、皮脂で開いた毛穴、乾燥毛穴などさまざまなタイプの毛穴におすすめです。しっとりつるつるな肌に洗いあげます。

<<Amazon>>

第7位 キレイ・デ・ボーテのフレッシュソープ

毛穴の開きが目立つ、くすみが気になる、毛穴が黒ずんでいる。こんな肌の悩みを抱えているなら、洗顔料は保湿力重視で選ぶことが大切です。

おすすめの洗顔料が「キレイ・デ・ボーテのフレッシュソープ」です。汚れを浮かせて吸着をして、浸透浸透ですっきりした毛穴に導いていきます。

3つのポイント

毛穴が目立つ原因は、毛穴に汚れがたまっていることと乾燥をしていることです。キレイ・デ・ボーテのフレッシュソープは3つのポイントできれいな毛穴に導いていきます。

①浮かす

古くなった角質は固くて落ちにくいので、まずは柔らかくして浮かせることが汚れをしっかり落とすためには重要です。発酵ローズはちみつは、優しく角質にアプローチをする成分です。角質ケアをして、肌の生まれ変わりをサポートします。

②吸着

発酵米ぬかエキスは古くなった角質や毛穴の奥にアプローチをする成分です。毛穴の奥の汚れを落として、すっきりとした毛穴に整えていきます。

③浸透保湿

汚れ落ちがよい洗顔料は毛穴をきれいにしてくれるかもしれませんが、必要な潤いまで落としてしまったら乾燥が進行してしまいます。肌が乾燥しすぎていると毛穴がぽっかり開いた状態に。

発酵大豆ヨーグルトはアミノ酸を含む保湿成分です。保湿成分をじっくり届けてハリのある肌に整えていきます。他にも、北海道産馬プラセンタ、ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドなどの保湿成分も配合。潤いを与えることで乾燥によって開いていた毛穴がキュッと引き締まることが期待できます。

敏感肌でも安心して使ってもらえるように、パラベン、アルコール、香料、鉱物油、着色料、合成界面活性剤は不使用です。

使い方

手にひらに適量の洗顔料を取り出し、水またはぬるま湯を少量加えて泡立てます。泡立てにくいときには、泡立てネットの使用をおすすめします。

泡を顔にのせて、泡を転がすように洗います。その後に水またはぬるま湯ですすぎ残しの内容に洗い流します。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • すぐにもちもちな濃密泡を作れます。肌に吸いついて泡パックをしているようです。美容成分がたっぷり配合されていて、洗い流した後はすっきりするけど、しっとり感に包まれて心地よいです。その後のスキンケアは浸透が高まるように感じます。使い続けるほどにキメが整ってきているようです。
  • 生石けんということが気になって購入しました。少量でもよく泡だって、キメ細かな泡で洗顔をするのが楽しいです。洗顔をするとヒリヒリして我慢しながら洗っていたのですが、この洗顔料はそれがありません。プラセンタンなどの美容成分が入っているのに安いところもうれしいです。肌のトラブルは出ていないのでまた購入しようと思います。
  • 洗浄力が高い洗顔料だと粉吹きするし、優しいものだとすぐにニキビができます。この洗顔料はもちもちの泡ができて洗顔中は気持ちいいです。洗い流した後のぬるつきはなく、さっぱりとします。それなのにつっぱりません。毛穴がきれいになってきたし、ニキビができにくくなりました。

毛穴の目立ちが気になる方のケアのポイントは、汚れを落とすことと保湿をすることです。キレイ・デ・ボーテのフレッシュソープは、毛穴の汚れにアプローチをしながら、潤いを守る洗顔料です。洗いあがりはさっぱりなのにつっぱりは気になりません。洗顔料を見直して、毛穴の目立たない肌を目指しませんか。

<<Amazon>>

第6位 天元のきんごきんご

「きんごきんご」とは鹿児島弁で「きれい・肌がつやつや・すべすべ」といった意味があります。「天元のきんごきんご」は、すべすべきれいな肌に導く洗顔料です。毛穴の汚れが気になる方におすすめです。

3つのおすすめポイント

①白土を配合

火山灰白とは、噴出した地底エネルギーマグマが40万年もの歳月をかけて海陸変動などによって作り上げた粒子です。白土には小さな気孔が空いていて、この気孔が毛穴のの皮脂や古い角質を吸着していきます。

白土は特許取得技術で20ミクロン以下に整えられているので柔らかな肌当たりです。ピーリング効果はなく、白土の吸着力によって汚れを取り除いていきます。

②美容成分配合

洗いあがりのつるつる・すべすべを守る美容成分を配合しています。

  • ロイヤルゼリー:イキイキした肌をサポートするアミノ酸やビタミンB群が豊富です。
  • アロエエキス:保湿作用のある成分で、荒れがちな肌をつるつるに導いていきます。
  • 黒砂糖:白砂糖に比べてミネラルが豊富で、保湿作用に優れています。

美容成分配合だから、毛穴の皮脂や古い角質を取り除いても潤いのある洗いあがりです。

③濃密な泡

少量でももこもことした泡立ちです。泡の上に100円玉をのせても硬貨が沈まないほどの弾力があります。もこもことした濃密な泡なので、摩擦を抑えながら洗えます。弾力がありながらも泡入れがよくすすぎは簡単です。

使い方

泡立てネットに少量を取り出し、水またはぬるま湯をわずかに加えて泡立てます。ポイントは加える水の量を少量に抑えることです。空気を含ませるようにして濃密な泡を作ります。泡を顔にのせて洗ったら、水またはぬるま湯で洗い流します。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 商品名を聞いたときには面白いなと思いました。使ってみるとすっきりさっぱりするのに、つっぱらず皮剥けもしなくて感動しました。少しずつくすみが抜けてきたように感じます。泡切れがよく油膜感がなく、気持ちがよい使用感です。
  • 毛穴の黒ずみと開きが気になって使い始めました。使用してから一週間くらいしたら、小鼻の周りがきれいになって、全体的に白くなってきたように感じています。これまでいろいろな洗顔フォームを使ってきましたが、この洗顔料が一番もこもこな泡立ちです。これからも使い続けてみて、肌の変化を楽しみにしています。
  • もこもこの泡が洗いあげてくれて、洗い流した後にはしっとりつるつるな手触りです。何をしてもダメだったのですが、使い続けていて小鼻の周りの黒ずみが目立ちにくくなりました。周囲に人から褒められて気がつきました。洗顔料の中でも気に入っています。
  • 泡立てネットを使うとキメ細かな泡立ちです。泡切れがよくて、すっきりさっぱりした洗いあがりなのに、しっとり感もあります。さっぱりするのに潤いが残って驚きました。使い心地が気に入っています。

鹿児島弁で「きれい・肌がすべすべ」といった意味の商品名の通り、天元 きんごきんごはすべすべきれいな肌に導く洗顔料です。白土配合で毛穴の皮脂がすっきり。すっきり洗いあげてもしっとり感を残します。毛穴が気になる、きれいな肌に洗いあげたい、そんな方におすすめです。

<<Amazon>>

<<楽天>>

 

第5位 BOTANISTのボタニカルフェイスウォッシュ

毛穴の汚れが気になる、肌がくすんでいる、乾燥肌、こんな悩みがありませんか。毛穴の汚れやくすみを取るために一所懸命洗えば洗うほど、肌はカサカサしてしまいますよね。

毛穴の汚れやくすみが気になる方におすすめが「BOTANISTのボタニカルフェイスウォッシュ」です。もっちり弾力のある泡が優しく毛穴の汚れにアプローチをします。

3つのおすすめポイント

①もこもこ泡で優しく洗う

くすみや乾燥肌の原因の一つが洗顔時の摩擦です。

肌をゴシゴシこすって洗うと肌表面の角質層が傷つきます。角質層には肌内部の潤いを守る役割があり、角質細胞同士がきっちりすき間なく並んでいることで潤いが守られます。ところが、角質層が傷ついてしまうと角質細胞同士の間にすき間ができて、そのすき間から潤いが逃げてしまいます。その結果、乾燥が進行することに。また、角質層が乱れることでキメが粗くなり、光の乱反射が起こってくすんだ印象になってしまいます。

ボタニカルフェイスウォッシュは、もこもこな弾力のある泡を作れる洗顔料です。もっこもこの泡だから泡がクッションになって洗顔時の摩擦が軽減します。優しく洗うことが角質層を守ることにつながります。

②毛穴の汚れを絡めとる

植物性の柔らかな繊維を配合。柔らかな繊維が肌の凹凸にフィットをして、毛穴の奥の汚れをキャッチします。ゴリゴリとした固いスクラブとは違い、植物性の優しい使い心地です。

③植物成分配合

葉・花・実・種・根の植物の各部位から抽出した成分を配合。カモミール花エキス、シャクヤク根エキス、アロエベラ葉エキスなどさまざまな植物の成分配合なので、もっちりつっぱらない洗い心地です。肌にとって不要なパラベン、アルコール、合成着色料、鉱物油は配合していません。

使い方

手のひらまたは泡立てネットに2cmほどを取り出して泡立てます。角が立つほどの泡ができたら、泡を顔にのせて優しく包み込むように洗います。その後に水またはぬるま湯で洗い流します。

口コミ

洗顔後は特に肌が突っ張る、モチモチの泡ができる洗顔料になかなか出会えない、季節の変わり目に肌が荒れる・・・などのお悩みを抱えている女性も多いのではないでしょうか。そうした人にオススメの洗顔料は、ボタニカルフェイスウォッシュです。

洗顔時の肌の突っ張りが気になる人やサッパリ洗いたいけど保湿感も欲しい人、モチモチの泡質が好みの人にはぜひチェックしてもらいたいアイテムです。

モチモチとコシのある泡が手と顔の肌の間にクッションとして入り込み、摩擦を軽減しながら洗顔ができます。弾力のある泡が落としきれなかったメイク汚れや汗、毛穴の詰まり、ホコリ、不要な角質などをしっとり包むようにしてスッキリ落とします。

保存料やアルコール、鉱物油もフリーなのでデリケートな肌でもいたわりながらスキンケアができますよ。

使い方は、まず洗顔する前に顔をお湯で素洗いします。

その後で洗顔料を2センチほど手に取り、空気と水を織り交ぜるようにしてふんわりした泡を作ります。掌を平にして擦り合わせるのではなく、おにぎりを作る時のように丸めて少量ずつ洗顔料を溶かすようにすると簡単にふわふわの泡ができます。手っ取り早くモコモコの泡が作りたい場合は、泡立てネットを使うといいでしょう。

泡ができたら、顔全体に泡を馴染ませていき油汚れや角質のザラつきが気になる箇所をよくマッサージします。次に肌に残らないように、念入りに洗い流して最後に冷水で毛穴を引き締めましょう。

最後に化粧水や美容液などを使い、よく肌を保湿してください。

顔に汗をかきやすくベタつきやすいことと、季節の変わり目や天候が不安定な時などに肌が揺らぐことが悩みでこの洗顔料を試しました。香りは甘い中にも爽やかさのある、軽いジャスミンとベリー調でリラックスができます。

泡立ちがとてもよく、少量でもモッチリした密度の高く粘性のある泡ができます。ネットを使わないでも繊細な泡になるので、出先や時短ケアがしたい時にも重宝しています。

洗い上がりはスッキリするのに突っ張り感がなく、その後の化粧水の浸透もいいように感じられます。酷くベタついている時でもボタニカルフェイスウォッシュを使えばたちまちさっぱりする肌になりますし、皮脂が原因でできる鼻下のニキビがかなり改善されました。

顎にできていた黒ニキビの凹凸もざらざらとした角質もなくなり、ツルンとしたプレーンな肌になっています。揺らぎ肌にも効果が見られて、乾燥したりベタついたりとコンディションが急に不安定になっていた肌の調子が一定してきました。

肌が揺らぐと常備しているスキンケアアイテムでは適切にケアができなくなっていましたから、肌質を一定に保てるのはとても助かっています。ボタニカルシリーズに共通の肌思いな低刺激性も評価できるポイントで、ピリピリしたり痒くなったりすることなく安全に使えています。

価格も1000円程度で手に入れられますし、その価格帯の中でも使用感はベスト3に入るほどです。1本使い切る程度使ってみて肌の揺らぎは改善できたのですが、使用を止めることでいつまた調子が崩れるかもわからないのでこれからも使い続けたい洗顔料です。

洗顔をしても今ひとつスッキリした気がしない人、毛穴が詰まりやすく肌トラブルが起こりやすい人、肌の調子や肌質が揺らいで不安定の人には特にオススメできる洗顔料です。低刺激で肌質問わず使えるアイテムですので、気になった方はぜひ試してみてください。

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • もちもちと弾力があり、絹のようなキメ細かな泡で洗えます。汚れが落ちて毛穴がすっきりなのに、洗いあがりがつっぱりません。しっかり汚れを落としても潤いが残るところが好きです。ボタニストはボディーソープやシャンプーなどもありますが、どれも香りがよいです。フェイスウォッシュはラズベリー&ジャスミンのすっきりしつつも甘さのある香りがします。
  • 泡立てネットを使うとキメ細かなしっかりした泡ができます。弾力のある泡なので摩擦を抑えながら洗えました。ラズベリー&ジャスミンの香りなので洗顔しながら癒されます。とってもすっきりした洗いあがりなのにつっぱりません。何だかくすみが取れてきたようで、肌がワントーン明るくなってきました。

くすみや乾燥を防ぐためには、もっちり泡でこすらずに洗うことがポイントです。ボタニカルフェイスウォッシュは、もこもこ弾力のある泡で顔を包み込みながら洗える洗顔料です。植物性の繊維配合で毛穴の汚れもすっきりに。洗いあがりはすっきりなのに植物成分配合で潤いは残します。もこもこ泡ですっきり潤い肌を実感しませんか。

<<Amazon>>

第4位 スイサイの洗顔パウダービューティクリアパウダーウォッシュ

小鼻の黒ずみが目立ちすぎて恥ずかしい、肌色が全体的にくすんだりゴワついた手触りになっている・・・というお悩みを抱えている女性も多いのではないでしょうか?そうしたお悩みにうってつけなのが、スイサイの洗顔パウダービューティクリアパウダーウォッシュです。

毛穴の詰まりや黒ずみ、ニキビ、肌色のくすみや凹凸が気になる人はチェックしてみましょう。

このパウダーを使うと、美容に効果的な酵素がたっぷり含まれた微細な泡が毛穴にもしっかり染み込み、頑固な汚れも分解して毛穴を清浄にします。そのため毛穴の詰まりや黒ずみを解消し、肌の凹凸をなくして滑らかにしたり毛穴の詰まりが原因で起こるニキビを予防・改善することができます。

また、不要になった角質を落とすことでゴワつく肌も卵の表面のようにプレーンに整えます。

使い方

まず泡馴染みを良くするために、まずは顔全体をしっかり濡らします。

ビューティークリアパウダーウォッシュは個包装なので、1回の洗顔に1個使います。容器を開けて1回分の量を手に出したら、水を少しずつ加えて空気を入れるようにふんわりとしたタッチで泡立てます。

十分に泡立ったら、顔全体を優しく掌でクルクルマッサージをするように馴染ませます。毛穴詰まりが気になる鼻周りや頬は勿論のこと、角質でザラつきやすい額やフェイスライン、顎や顎下も細かく円を描くようにマッサージしてください。馴染ませているうちに肌がツルンとする感覚になりますので、それがしっかり洗えているサインです。

泡が汚れとよく馴染んだら、肌に泡が残らないよう丁寧に洗い流します。その後で水分を拭き取り、スキンケアをしてくださいね。

口コミ

小鼻の黒ずみがなかなか解消されなかったことと顔の毛穴全体をケアしてサッパリしたかったため、購入してみました。パウダー系の先顔料は取り出しすぎたり適量がわからなかったりしますが、このパウダーは個包装なので使いやすいです。

サラサラっとしたパウダーで、泡立てるとモッチリはしていませんがキメの細かい泡ができます。泡にあまりコシがないので、極力肌に負担をかけないように注意して優しくマッサージして使っています。特に酷かった小鼻や口下の毛穴、頬の大きな毛穴の部分は集中してマッサージしています。

細かく円を描くように掌を動かしていると、泡越しでも肌がツルッとしてくるのがわかります。洗い上がりはサッパリ・スッキリする感覚が強いです。毛穴の詰まりや汚れ、寝起き時のギトギトの脂もたちまち洗い流してくれるので凄い洗浄力です。にも関わらず肌に刺激を感じたり、乾燥で突っ張ったりすることもありません。

スクラブのように異物で強引に汚れを剥がすのではなく、酵素で汚れを溶かしているため肌にもとても優しいです。

1回の使用で毛穴の黒ずみや黄色っぽい角栓、角質が除去され、くすみのないキレイな肌になれます。3日に1回など定期的に使うことで毛穴が詰まらない状態が続きますので、ボコッと盛り上がった黒ニキビや赤ニキビもできなくなりました。

数日に1回ケアすればキレイな状態の肌を保てるので、思っていたよりもコスパもよくこれからも継続的に使いたい洗顔料です。

毛穴の詰まりや黒ずみは放置してしまうと、スクラブを使ってもなかなか取れなかったり何回も使わないと改善されなかったりします。この洗顔パウダーなら1回の使用で頑固な毛穴詰まりを刺激なしに解消できるので、しつこい毛穴詰まりに悩んでいる人はまずはこれを使ってみることをオススメします。

<<Amazon>>

第3位 ドクターブロナーのマジックソプナー

「ドクターブロナーのマジックソープ ベビーマイルド」は、1本で顔も体も洗えるオールインワンソープです。1つですべて洗えればお風呂場がすっきり。オールインワンでありながらも豊かな泡立ちで、デリケートな肌も心地よく洗いあげます。

特徴

マジックソープベビーマイルドは、天然由来成分100%で作られています。オーガニックにこだわり、オーガニックのオリーブ油やココナッツオイルをはじめ、ホホバオイル、ヘンプオイルを使用しています。

  • オリーブ油は、オレイン酸が豊富でマイルドな洗いあがりが特徴です。
  • ココナッツオイルは、ラウリン酸が豊富で豊かな泡立ちです。
  • ホホバオイルは、ビタミンEが多くワックスを含み、肌のしっとり感を守ります。
  • ヘンプオイルは、不飽和脂肪酸のバランスに優れていることが特徴です。

これらのオイルを使用したソープは、少量でもふんわりした泡立ちで、肌を優しく洗いあげます。

厳しい基準をクリアした製品にだけ与えられるオーガニック認定・認証マークである「USDA Organic」「NATRUE」「Oregon Tilth Certified Organic」などを取得しています。

公平・公正な貿易、開発途上国の生産者や労働者の生活改善と自立を目指す貿易であるフェアトレードプロジェクトを通じて原料が調達されています。マジックソープベビーマイルドは合成香料不使用でお子さんでも使えるタイプです。使い方はいろいろで、顔、髪、体などに使用できます。

使い方

洗顔に使用をする際にはよく泡立て、泡を転がすようにして洗います。その後に水またはぬるま湯で洗い流します。

口コミ

毛穴の黒ずみ・ポツポツが目立っていると、丁寧にメイクをしても消すことができずに苦労しませんか?

シミやそばかすなどはコンシーラーやファンデーションできれいに隠すことができますが、鼻の毛穴や黒ずみはなかなか消すことができません。メイクで隠すことができないのであれば、スキンケアや洗顔で悩みの原因を解消するのがベストでしょう。そんな時には天然成分で作られているマジックソープがおすすめです。

マジックソープは、オーガニック製品としても知られていて、皿洗いや野菜を洗うのにも使える安全な成分でできています。洗浄力が強いので敏感肌の場合には、肌が荒れないか試した方が良いですが、自然な成分でできているという点では安心できるでしょう。

鼻の毛穴に溜まっている角栓を無理やり潰して押し出すと、かえって毛穴が大きくなってしまったり汚れがたまりやすくなります。角栓は潰して押し出してしまいたくなりますが、そこは少し我慢して自然に消えるようにスキンケアするのがおすすめです。

マジックソープであれば特別なケアが必要ということもありません。軽いメイクであればクレンジングができるくらい洗浄力は強いので、楽な手入れでかつ毛穴のポツポツが目立たなくなります。

よく泡立てること、こすらないこと、きれいに落とすこと!

鼻の黒ずみポツポツを消すための使い方としては、マジックソープを丁寧によく泡立てるのがポイントです。泡の量が足りなかったり水っぽかったりすると汚れが落ちにくくなるので、細かく泡をよく泡立てておきましょう。

泡立てたマジックソープをこすらないように注意しながら、パックするように鼻の部分に塗っていきます。大切なのは泡立てたマジックソープを肌に塗ったら「こすらない」ことです。そのまま2分程度何もしないで放置します。

2分経ったらぬるま湯で刺激を与えないように、こすらないように注意しながら洗い流します。洗浄力が高いので、お湯の温度はできるだけぬるめなのが良いです。

2、3日は本当に効果があるのか分からなかったです。一週間ぐらい経つとだんだん鼻の黒ずみや毛穴が目立たなくなっていきました。

天然成分で作られているものの洗浄力が高いので、皮膚が薄い部分に使うと少し赤くなることがありました。泡を塗って2分間ぐらい放置するのは鼻の部分だけが良いようです。できるだけ刺激を与えないのもポイントで、ゴシゴシとこすったり熱いお湯で洗い流すのは避けましょう。顔全体をはじめに洗顔して、その後で鼻の部分にだけ泡を塗って2分間放置するやり方がスムーズでした。

顔をぬるま湯で洗い流した後に、毛穴が小さくなっていたり黒ずみが見えにくくなっているとそれだけでも嬉しいのですが、洗顔の後のケアが重要です。

化粧水には収れん作用のあるタイプを使って、引き締め効果を狙いましょう。なるべく刺激が少ない自然な成分で作られたスキンケアコスメを選んだ方が肌は荒れにくかったです。

全体的におさえておきたいポイントは、

  1. マジックソープを丁寧に細かく泡立てること
  2. 絶対にこすらないこと
  3. ぬるま湯を使ってきちんと洗い流すこと
  4. 洗顔後のスキンケアは収れん作用のある化粧水を使うこと

です。是非マジックソープを使って鼻のポツポツや黒ずみを解消してください。

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • 泡立てネットを使うと少量でも泡立ちがよいので、コスパがよいです。軽めのメイクなので、これでメイクを落とすことができています。洗浄力が高い洗顔料だとつっぱってしまうのですが、これはつっぱりがありません。でも、すっきりとした洗いあがりです。ずっとリピートしています。
  • ボトルをキッチンに置いてハンドソープとして使っています。香り付きのハンドソープは洗い流しても手に香りが残ってしまい、料理をするときには気になっていたのですが、これは無香料でありがたいです。朝の洗顔にも使っていて重宝しています。
  • 敏感肌・乾燥肌ですが問題なく使えていて、6年くらい使い続けています。メイクが落とせて洗いあがりがすっきりします。クレンジング、洗顔、体洗いができるので、ものぐさな私にピッタリです。ファンデーションをつけるスポンジも洗えて便利です。
  • 泡立てネットを使うと泡立ちがよく、洗った後のさっぱり感が気持ちいいです。これがないと洗った気がしません。少量でも、もこもこな泡ができるのでコスパがよいです。メイク落とし、ボディーソープ、子供の肌着洗いなど、いろいろなことに活躍してくれています。

マジックソープのベビーマイルドは、オーガニックにこだわった原料を使用して作ったオールインワンソープです。顔も、体も、これ1つで洗えます。「オールインワンってどうなの?」と疑問に感じる方もいると思いますが、ふんわりした泡立ちで、さっぱりした洗いあがりです。

<<Amazon>>

第2位 RMKのスムースソープバー

肌の状態がくすんで見える、肌のざらつきが気になっている、といった悩みに困っている人って多いですね。肌にザラザラ感があるのは、古い角質や毛穴汚れが残っているためです。でも洗顔時に力を入れて無理に落とそうとしても、かえって皮膚を傷めることもあります。

肌の状態がいまいちだなと思ったら、いつものメイクや皮脂などの汚れをきちんと落とせているかどうか、改めて考えてみましょう。

特に洗顔料は、朝晩使うことになり、スキンケアの基本になります。適度な洗浄力があるけど、肌の潤いを奪いすぎない洗顔料を使うことで、肌の状態を安定させることができますよ。毛穴のざらつきを解消してくれる洗顔料を使えば、なめらかでつるんとした肌になれます。またローションなどの浸透も良くなります。

おすすめの商品が、「RMKのスムースソープバー」です。

スキンケアアイテムも豊富なRMKでは、肌質や肌の悩みに合わせて洗顔料が選べるようになっています。固形タイプの石鹸として、スムースソープバーが販売されています。深みのあるオリーブ色の四角い石鹸です。

RMKのスムースソープバーには、ミネラルを含んだクレイの力で、毛穴の汚れを無理なく絡めて落としてくれます。きめ細かい泡を作れて、優しい洗浄力で洗うことができます。毛穴の汚れに悩んでいる人には嬉しいですね。

またオリーブオイルやホホバオイル、レモンエキスなどが入っているので、肌に潤いのある洗い上がりになっています。シトラス系の香りも心地よく、朝にもすっきりした気分で使えます。

RMKのスムースソープバーを使うときには、まずは手を洗って清潔にしておきます。そして軽く顔をすすぎ洗いして、濡らしておきます。

RMKのスムースソープバーを手に取ってからぬるま湯を使って、泡立てていきます。たっぷりの泡ができたら、両手に泡をとって、Tゾーンなど皮脂や毛穴が気になる部分に泡をのせましょう。そして顔の内側から外側にむかって、優しく泡を広げていきましょう。指の腹でやさしく顔をなでるようにするといいですね。目元や口もとは皮膚が薄いので、かるく泡をのせるくらいで大丈夫です。

あとはぬるま湯で洗顔料を洗い流しましょう。髪の生え際やフェイスラインに洗顔料が残らないように、丁寧に洗うといいでしょう。

「あごや額のざらつきが気になっていたので、洗顔料を変えてみました。RMKのスムースソープバーは使用感が気持ちよくて、ざらつきがましになったので、しばらく使ってみます。」

「柑橘系の香りがしっかりする固形タイプの石鹸です。RMKのスムースソープバーを使って洗顔すると、ざらついていた肌が滑らかになるので、触った感じが違います。ローションの浸透も良くなっていると思います。」

RMKのスムースソープバーを泡立てるときには、洗顔用のネットを使うと、楽に泡を作ることができます。しっかりとした泡を作って、洗顔してみてください。つるつるの洗い上がりって気持ちいいですよ。

RMKのスムースソープバーを使って洗顔していくことで、毛穴に余計な汚れをためないので、ニキビができにくくなった、肌が滑らかになった、という声が多いですよ。使いやすく汚れを適度に落とせる洗顔料なので、気長に使ってみてください。

<<Amazon>>

第1位 オルビスユーの洗顔料がすごい!

「これまでのケアとは違うオルビスユー!」

何だか最近肌の調子が悪い、化粧品の効きが悪くなってきた気がする。これらの不調は、細胞脱水のサインかもしれません。

肌細胞に潤いを届ける化粧品が「オルビスユー」です。

普段SK-Ⅱを使っている方も、「洗顔料がすごく良い!」と絶賛したほどです。

<<オルビスユーは数々の美容メディアでベストコスメを受賞しており、現在人気急上昇中です>>

肌細胞のうるおい活性化

肌の調子がイマイチなのは、細胞脱水を起こしているからかもしれません。年齢とともに肌のすみずみに水分が行きわたらなくなり、肌細胞が脱水した状態に。その結果、ハリの低下、くすみ、乾燥などの不調が表れてきてしまうのです。

オルビスユーがたどり着いたのは、「肌細胞のうるおい活性化」です。これまでのエイジングケアは与えることが中心でしたが、オルビスユーは肌細胞のうるおいを活性化させることに着目しました。

化粧品の力を実感するためには、潤いの通り道を作ることが大切です。オルビスユーは潤いの通り道を作り、角質層への浸透力を高めます。そして、細胞が潤いで満たされることで、ハリや透明感のあるイキイキとした肌に近づくことが期待できます。

必要なケアは行いますが、不要なものは与えないシンプルな3ステップケアです。

ステップ1:オルビスユーウォッシュ

とにかく洗顔料がおすすめ!しっかり落とすのに、つっぱらず、使用感が高級ブランド並みにすごいです!

モロッコ溶岩クレイを配合。皮脂や毛穴の汚れをスッキリとさせ、明るい肌へと導きます。

ステップ2:オルビスユーローション

リッチなテクスチャーですが肌に触れた瞬間にスーッと浸透。内側からふっくらとした肌を叶える超浸透化粧水です。

ステップ3:オルビスユーモイスチャー

リッチなコクがあるの軽快な使い心地。みずみずしいヴェールで肌を包み込んで、もっちとした手触りの肌に。

3ステップすべて、オイル、香料、着色料は不使用、アレルギーテスト済みです。

使い方

洗顔料、化粧水、保湿液の順番で使用をします。

  1. 洗顔料は、よく泡立てて、泡を転がすように洗ったら、すすぎを丁寧に行います。
  2. 化粧水を手に取り、顔を包み込むようになじませます。
  3. 最後に、保湿液を適量手に取り、顔の内側から外側に向かってなじませます。

口コミ

細胞フットネス?アクアポリン?ちょっと聞きなれない言葉ですが、new ORBISのキーワードです。

普段はSK-Ⅱを使っていますが、やっぱり高価すぎるので変えてみようと思っていたところでした。

アクアポリン(AQP)は細胞の水の輸送を支配するたんぱく質で、年齢や肌ストレスで減少し、ハリの低下やたるみの原因になります。

New ORBISはこのAQPを増やす効果がある3つの成分「キーポリンブースター」を全ての商品に配合しました。

【3種のアクアポリンを発現させる成分】

AQPの活性化で肌が本来持っている力を最大限引き出すように細胞レベルで鍛えることこそが細胞フィットネスです。

ふと力がぬけた瞬間に感じる自然体で美しい肌への充実感「美しさのここち」を実感できますように。

現在使用しているのSK-Ⅱはこんな感じです。

「早速、NEW ORBISを使ってみました!」

シンプルな3STEPと新しいテクスチャーが魅力です。

STEP1:洗顔、泡はまるでメレンゲパック

  1. 顔と手を水かぬるま湯で洗う
  2. 洗顔料を1㎝程泡たてネットに出して少し水を足してキメ細かい泡を作る。
  3. 顔の中心から外側方向へ泡を転がしながら汚れを絡めとる。パックしたように包むので肌を直にこすることはない。
  4. 丁寧にしっかりとすすぐ。20回くらいがよい。

感想は、洗い上りがととにかくすっきりしている。なのにしっとりしていて突っ張りません。気持ちよくて思わずこのまま寝てしましいそうです。顔が明るくなった感じです。ハイドキャッチ成分が次の化粧水のなじみをUPさせているように感じました。

STEP2:化粧水、肌はまるでスポンジ吸収

  1. 手のひらに化粧水を5滴おとす。
  2. 下から上に包み込むようにつける。
  3. 最後に5秒間頬全体をおさえるようにハンドプレスする。

感想は、とろっとした感じが肌に触れると溶けて流れだしてくる”とろパシャ”!つけると、驚くほどスーッと浸透し手には何も残りません。ヴェールを作るのでいったん浸透した後に追加してもかえってべたつきます。なので5滴で十分す。

STEP3:保湿ジェル、まるでスフレケーキのよう

  1. てのひらにスパチュラに軽く1杯(小豆1個分)を取る。
  2. 顔全体にやさしくなじませる。
  3. 目元、口元など乾燥が気になる部分には重ねつけする。

感想は、モチっとした感じがスフレケーキのようだが、べたつくことなく、しっとりしてきます。保湿ヴェールを作るためなのでつけすぎには注意すること。

使用した後の肌効果

リッチな成分=べたつくの予想に反して、さっぱりしていて朝までしっとり感がキープされます。ピローの跡がつかなくなりました( ´∀` )頬を少しつねってみるとモチっとして、これがここち良いんです。

「あのピテラに変われるか?」

⇒正直やっぱりNOです。

確かに保湿力は負けていません。かさつき感は全くなくて、あのアクアポリンが働いたんだなと思いました。念のため使用前後でSK-Ⅱマジックリンクで肌年齢をチェックしました。やっぱり数値は説得力がありますよね。

まあ、数値の出し方にいろんな要素が入るとの批判もありますが、はっきり言って驚きました。野菜中心の食生活に改善したので肌チェックさせてくださいとお願いした3週間後のデータです。

でも鏡の前に立った感想はちょっと違いますほうれい線のあたりが、ちょっと下がった感じがあります。それと毛穴が目立ってきました。

どうしてなの?繊維芽細胞がつくるももの「コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸」

New ORBISは繊維芽細胞の増殖に必要なアクアポリンを活性化するブースターを配合していましたね。つまり繊維芽細胞の活性化です。でもその線維芽細胞が加齢で弱っていればどうでしょうか。

New ORBISは肌が本来持っている力を前提として働きかけるので、エラスチンが急激に減少してくる30代にとっては、とても効果的な方法です。

でも私と同世代であれば、コラーゲンやエラスチンをある程度補ってやる必要があると思います。なので、食事でコラーゲンを取るように意識するとか、オルビスのコラーゲンザビューティーを試してみようと思っています。

最後になりますが、New ORBISは「ちょっと使い続けてみよう!」と思いたくなるスキンケアでした。

いちばん気に入ったのは洗顔です。洗い上りがすっきり明るくなった感じでしかもしっとりしていて、これまでの使用経験から最高ランクです。

New ORBISはSK-Ⅱに負けない保湿力があって、リーズナブルな価格なのでコスパは抜群です。今までちょと我慢していたおしゃれや素敵なランチも楽しめるので、もう少し使い続けてみようと思います。

その他の口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • 肌につけた瞬間にスーッとなじんで、しっとりとして手ざわりになります。べたつきは気になりません。朝起きたときに肌のしっとり感が持続していてうれしくなりました。これからも使い続けたいです。
  • 夜に3ステップでケアをして、翌朝驚きました。脂性肌なのでいつもなら皮脂が結構出ているのですが、オルビスユーでケアした翌日はテカることがなく、肌がしっとりしていました。水分で潤うということを始めて体感しました。肌の調子がよくなってきています。
  • さらっとしていて浸透しやすいところが気に入っています。丁寧にケアをして翌日肌のハリを実感できました。洗顔料は泡がもっちり、化粧水はべたつかない使い心地、保湿液もべたつかずしっとりしました。

オルビスユーは与えるだけのエイジングケアではなく、肌細胞のうるおい活性化に着目しています。肌細胞に潤いが生まれることで、ハリのあるイキイキとした肌に。年齢を重ねるとともに肌細胞は脱水してきます。

潤いを与えてぷりっとしたハリとしっとり感のある肌に近づいてみませんか。

公式ホームページではお得なトライアルセットのキャンペーンを実施中!

7日分のトライアルセットと、ふわふわで抗菌・防臭加工をほどこしたフェイスタオルが付いて「1,000円(税込み、送料無料、翌日発送)」です。新しくなったオルビスユーを是非試してみてください。

⇒公式ホームページ:ユー 毛穴×洗顔



関連記事:

30代女性の肌におすすめ!洗顔フォーム人気ランキング

毛穴の黒ずみを解消!口コミが人気でおすすめの洗顔料ランキング

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
・美容家による今年一番のおすすめスキンケアです。
SK-Ⅱや資生堂ホワイトルーセントを使っている女性たちも絶賛!今年一番おすすめしたいオルビスユーのスキンケアの特徴・比較・口コミ←クリック
・ファッショニスタによる今月一番おすすめしたい服装です。
【今月の女性の服装】大人レディースファッションコーデ2019←クリック