皮脂によるテカリ肌,脂性肌,オイリー肌,混合肌におすすめ洗顔料ランキング2020

「洗顔」をする際、皆さんはどんな点に気を付けて洗っていますか?

泡を立てて顔全体を綺麗にしているという方、特に気にしていないという方も多いと思います。

今回は同じ洗顔でも、皮脂が出やすい部分を重点的に行うことでお肌をより清潔に綺麗に保てる方法をご紹介致します。

せっかく「洗顔」をするのであれば、少しでもお肌が綺麗になりより効果のある洗顔をしたいですよね。同じ時間を使うのであれば、より綺麗になれる方法で試した方がお肌にとっても効果的です。是非、ポイントを抑えた洗顔をマスターしましょう。

テカリが気になる脂性肌やオイリー肌におすすめの洗顔料の選び方

脂性肌・オイリー肌の原因には、思春期の男性ホルモンや女性ホルモンによる影響、食生活やストレスによる生活環境によるもの、そして、間違ったスキンケアの場合があります。

今回は、間違ったスキンケアによる脂性肌・オイリー肌について、おススメ洗顔料の選び方をご紹介します。洗顔料を変えることで、オイリー肌を改善できることがありますので、ぜひ参考にしてみてください。

①脂性肌・オイリー肌におすすめの洗顔料の選び方、一つ目は、固形石鹸です。

なぜ、固形石鹸がおススメか?その理由は、余計な油を含まないということです。シンプルな原料でできているため、肌への刺激も少ないということです。洗浄力や泡立ちを助ける界面活性剤は、天然由来の成分で作られています。合成界面活性剤のような化学成分がたくさん含まれている洗顔料と比べると、肌に優しいのが固形石鹸です。

オイリー肌の間違ったスキンケアとして、洗いすぎがあります。肌がベタつくからといって、洗浄力の強い泡立ちのいい洗顔料で顔をゴシゴシ洗っていませんか。

それが、オイリー肌の原因になる可能性もあります。泡立ちのいい洗顔料は、使いやすい反面、洗浄力の強い成分が多く含まれているため、肌の油分を余分に洗い流してしまいます。そうなると、肌が乾燥します。その点、固形石鹸は汚れをしっかりと落としつつ、肌に必要な成分や油分は残してくれます。泡立ちのいい洗顔料は油分を多く含んでいることがあるため、ニキビの原因などになるので注意してください。

②次におススメの洗顔料選びは、保湿成分を配合しているものを選ぶことです。

脂性肌・オイリー肌といっても、保湿は大切です。先にも述べたように、洗い過ぎで肌が乾燥してしまうと、皮脂を分泌しようとする機能が余計にはたらきます。ベタつく肌をすっきりさせようと、ついつい洗浄力の強い洗顔料を選びがちなため、洗顔料に保湿成分が配合していることは重要です。きちんと洗浄しつつ、保湿成分で潤いも保ってくれる洗顔料を選ぶようにしてください。

③そして最後は、弱アルカリ性のものを選ぶことです。

肌には弱酸性が良いのでは?と思う人もいるはずです。これは意外なのですが、洗顔料は弱アルカリ性がおススメです。なぜなら、弱酸性の肌を弱酸性の洗顔料で洗うと毛穴の奥の汚れまでしっかりと取れないからです。アルカリ性は、こびりついた古い角質をふやかして落としやすくするために、毛穴をゆるめてくれる性質があります。この毛穴がゆるむことにより、毛穴の奥の汚れまできちんと落とすことができます。

弱アルカリ性の洗顔料で洗うと、肌がつっぱることはありませんか。けれど心配ご無用です。これは一時的なもので、つっぱる原因は肌がアルカリ性になるからです。けれどこの一時的なつっぱりも、自身の肌の働きで弱酸性に戻ります。その際に皮脂膜を張って肌は自分で保湿しようとします。この、アルカリ性になった肌を弱酸性に戻そうとする働きが、肌本来のチカラを高めます。

洗顔料を選ぶとき、ついついメーカーやブランド名につられて選びがちです。また、ベタつく肌には洗浄力と爽快感を求めがちです。大切なのは、肌に優しい成分と、余分な油分をそぎおとさずにしっかりと洗浄してくれるチカラ、それでいて保湿も十分補ってくれる成分と効果を含んだ洗顔料を選ぶことです。

固形石鹸というと一見地味に感じるけれど、オイリー肌には強い味方です。ブランド名やかわいいパッケージに、ついついつられてしまいがちですが、固形石鹸のシンプルさをぜひ一度、試してみてください。

Tゾーンを意識して洗う

まずは、お顔の中でももっとも「皮脂」が出やすいのがTゾーンといわれる、おでこと鼻まわりです。この部分はどうしても、皮脂腺が多く集中している部分になるので大人ニキビや吹き出物といった肌トラブルの原因になりやすい箇所です。

そこで、洗顔をする際にこのTゾーンを重点的に綺麗にすることで肌トラブルを防ごうというわけです。こめかみや、髪の生え際、おでこの中でも髪に近い部分はどうしても綺麗にできないことがあります。

洗顔をしていても汚れを落としきれていなかったり、洗顔フォームの泡がついてしまったりと、様々な面で肌トラブルを起こしやすいです。なのでこの部分を綺麗に洗うことで、お肌全体を清潔に保ち綺麗なお肌を手に入れようというわけです。

でもだからといって、ゴシゴシ洗ったり力を込めて洗うという訳ではありません。

丁寧に泡立てた洗顔フォームを使って、優しくこすってあげてください。泡立てをすればそれだけで汚れが浮いてくるので、洗い上がりがさっぱりするはずです。またベタつきや肌トラブルが気になる方も、一日や二日で綺麗にしようと思うのではなく毎日の積み重ねが大事です。少しずつ汚れのない清潔なお肌にすることで、ターンオーバーが整い、新陳代謝が活発に行われるようになればお肌は自然と入れ替わります。

ベタつきや角栓が毛穴に詰まるということも防げるようになるので、毎日の積み重ねがとても重要になってきます。

一ヵ月ほどこのTゾーンを中心とした洗顔を試してみてください。きっと、思っていたよりも綺麗なお肌になっていることでしょう。

肌トラブルがないだけでも、メイクのノリが違いますし、何よりお肌が綺麗だと自信に繋がります。美しさの秘訣は、もちろん肌の綺麗さにもありますが、お肌が綺麗だという自信とふるまいにも繋がってきます。スキンケアは、お肌を清潔に保つだけでなく女性の美しさを引き出してくれます。肌本来が持っている力を十分に発揮し、素肌美人を目指しましょう。

ポイント!

そして、洗顔が終わったら必ず「化粧水」を使って一分以内にケアしてあげること、これがポイントです。

洗顔をしたお肌は、皮脂膜がとれて乾燥しやすい状態になっているのですぐに保湿してあげることが大事です。

そして保湿したら次は、「美容液」で保湿成分を奥まで浸透させ、最後に「乳液」や「美容クリーム」を使って保湿した成分に蓋をします。蓋をすることで潤いを閉じ込め、長時間キープしてくれます。ここまでできれば、美しいお肌を手に入れるのは時間の問題です。

また寝る前には、なるべく糖分を控え、毛穴の皮脂分泌を抑えお肌を綺麗にしていきましょう。

皮脂のテカリ肌,脂性肌,オイリー肌,混合肌におすすめ洗顔料ランキング

暑い日などが続くと、顔がテカってしまったり脂ぎってしまったりと、お肌を気にする女性にとっては天敵ともいえる症状が数多く発生します。少しでも、お肌のスキンケアに役立てて頂くべく、洗顔についてご紹介したいと思います。

第一に、洗顔を行うときにはほとんどの方が洗顔料を使用されているのではないでしょうか。

当たり前の話ですが、洗顔で一番大切なことは、肌を守るための機能を破壊せずに顔に付着した汚れを徹底的に除去することです。重要なのは、ごしごしとこれでもかと言うくらいに洗うことではなく、ある程度の皮脂は残すといった思想の元、洗顔を行うことです。これらを実現するためには、適度な洗浄効果と、柔肌に過敏な刺激を与えない成分、洗顔後には適切な潤いを持続させるための保湿力、この3つの要素が非常に重要であると言えます。

これらの要素を確実に網羅した洗顔料を紹介します。

第7位 ノブ3のウォッシングクリーム

このシリーズは非常にユーザーへの配慮を行っていると感じることができます。なぜなら、敏感肌に対しての処方を考慮している医薬部外品ですので、お肌への影響が最小限に留められているのです。

もちもちの泡が醸し出す感覚は非の打ちどころがありません。成分についても深く考慮されており、アミノ酸系洗浄成分が優しく顔に付着した汚れを落としてくれます。

また、グリチルリチン酸2Kを配合していることから、消炎作用も付加されています。女性のお肌に対して、刺激を伴う成分が全く入っていない状態であることから、お肌が弱い女性でも安心してお使いになることが可能となっています。

<<Amazon>>

第6位 ココカラファインのハトムギ洗顔フォーム

保湿力及び成分も申し分ありません。非常に極め細やかな泡で顔の汚れを洗い流してくれます。

デメリットとしては、ココカラファインで作られているプライベートブランドであることから、近所のスーパーなどの日用品のところに置いていない可能性があります。その際は、インターネットで購入する必要があるかもしれません。

<<Amazon>>

第5位 花印の保湿補水洗顔クリームMT

美肌を保つポイントは、肌の水分と油分のバランスを整えることです。油分が多ければべたついてしまい、水分が少ないと乾燥小ジワや敏感肌などのトラブルを招くことになります。

汚れを落として潤いは与える洗顔料が「花印の保湿補水洗顔クリームMT」です。1日中潤うような肌に洗いあげます。

特徴

油分だけが多ければ肌はべたついた状態になります。水分が足りなければ乾燥小ジワができたり、肌本来の力が低下をして敏感肌になったりすることもあります。また、水分だけを与えても潤いを守るフタがなければすぐに乾燥してしまいます。

そこで、花印は保湿と保水力に着目しました。肌に潤いを与えて、その潤いを保持することで、キメの整ったみずみずしい肌に近づきます。

保湿補水洗顔クリームMTはキメ細かく弾力のある泡ができることが特徴です。泡立てネットを使うと簡単にもっちりとした泡が完成します。手のひらを逆さにしても落ちないほど弾力があります。弾力のある泡なら洗い流すまで泡が潰れることがなく、摩擦のダメージを抑えながら洗顔ができます。

11種類のアミノ酸とヒアルロン酸配合で、洗いあがりの肌はすっきりでありながらも潤いが残っている状態に。保湿成分が角質層にまで届いて、1日中潤うような肌に整えます。

使い方

適量を手のひらまたは泡立てネットに取り出し、少量の水を加えて泡立てます。きめ細かか弾力ある泡ができたら、泡を顔にのせて洗います。泡をクッションにしてこすらずに洗ってください。その後に水またはぬるま湯で洗い流します。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • ネットで泡立てると手のひらを逆さにしても落ちないきキメ細かい泡を作れます。無香料なので香りが苦手な人でも使いやすいと思います。泡切れはよく、優しい泡で洗ってくれてつっぱり感がありません。それでいてぬるつきもないです。みずみずしい肌に仕上がるので洗いあがりが心地よいです。プチプラなのにこのクオリティーは素晴らしいと思います。
  • 濃密な泡で皮脂や汚れを包み込んで洗いあげてくれます。濃密な泡なので肌にピッタリとフィットをします。洗いあがりはみずみずしくて、さっぱりするのにしっとりも感じられます。洗っているときにヒリヒリすることがなくて、敏感肌でも使えるところがうれしいです。
  • 500円でおつりがくるなんて信じられないくらいよいです。そして、コスパがよいです。泡は濃密でキメ細かくて、敏感肌にも優しい洗い心地です。乾燥がひどいので洗顔料で洗うのは夜だけにしているのですが、この洗顔料はしっとりした洗いあがりで感動しました。もちもちに洗いあがって、化粧水をつけなくてもつっぱりません。乾燥肌にもよいと思います。

美肌のためには、肌の水分と油分のバランスを整えることが大切です。花印は保湿と保水力に着目。キメ細かく濃密な泡が汚れを包み込んで落とし、保湿成分が角質層にまで届いて1日中潤いが続くようなみずみずしい肌に洗いあげます。口コミでも保湿力が好評です。

油分が多すぎたり、水分が少なかったりすると、さまざまな肌トラブルの原因になります。汚れを落とすだけでなく潤いのことも考えた洗顔料で洗ってみませんか。

<<Amazon>>

第4位 スイサイのクリームソープ

顔の汚れを落とす成分として、石けん系の洗浄成分が配合されていることから、顔を洗った後の爽快感があります。

また、保湿成分についても非常に優れているところであり、乳酸菌を使用していることから確実に保湿を確保してくれます。

また、クレイ成分を配合していることから、お肌を維持するうえで気になるくすみを除去する効果なども付与されています。また、こちらの商品については、高い効果を有していることで非常に高い評価があるのですが、何と言っても値段が安いことも重要なポイントと言えます。これだけの洗浄力や保湿効果を有していながら、1000円台でこの洗顔利用を入手することができます。

これだけ低価格であれば、ランニングコストをあまり気にしなくても継続的に使用することができますので、より良いお肌を維持することが可能であると考えます。

<<Amazon>>

第4位 ビオレのマシュマロホイップオイルコントロールとモイスチャー

オイルコントロール

テカリがちなオイリー肌を手軽にケアしてあげる洗顔です。

20代後半以降も顔のテカリが気になるオイリー肌の女性は決して少なくありません。皮脂が過度に分泌されることにより化粧崩れが気になったり毛穴の詰まりの原因になったりして、何かと煩わしいです。

そういったオイリー肌である大人の女性のために最適な洗顔料がビオレの「マシュマロホイップオイルコントロール」です。泡が出てくるので泡立てる手間がなく、刺激を与えすぎずに余分な皮脂や汚れだけを洗い流してくれる強い味方です。

花王から出ているビオレの「マシュマロホイップオイルコントロール」は、ビオレの「スキンケア洗顔料オイルコントロール」の進化版と言えます。スキンケア洗顔料はチューブ入りのもので自分で泡立てる必要がありますが、マシュマロホイップの方はポンプ式で泡が出て来るのでそういった手間を省くことができます。また、洗浄成分もマシュマロホイップの方がスキンケア洗顔料より21%マイルドにしてあるので刺激が更に少ない上、すすぐのに時間もあまりかからなくなりました。

濃密で柔らかい泡でTゾーンや小鼻の皮脂まですっきり洗い流してくれながらも必要な潤いは適度に残してくれる、大人向きの洗顔フォームです。肌の刺激となる余分な皮脂や汚れをしっかり落としながらも肌本来の潤いを守ってくれるといった二つのコンセプトを叶えるためにSPTといった技術をこの商品は採用しています。

使用法は至って簡単です。顔も両手も濡らした状態で、ポンプ2押し程度の泡を手にとり、顔全体に馴染ませて洗い流すだけでOKです。テカリが気になる小鼻やTゾーンなどの部分には特に丁寧に泡を馴染ませることがお勧めです。

私は元々ビオレのスキンケア洗顔料を長年愛用していましたが、今年の春にはリニューアルされたマシュマロホイップシリーズも試すようになりました。元々オイリー肌で大人ニキビもできやすい私なのでアクネケアラインのものとオイルコントロールのラインには特に期待していました。

何と言っても泡立てる手間がないのは実に楽です。毎回安定した泡が出てきて時間短縮できて嬉しいものです。そしてほんのりとしたフローラルの香りに包まれながら顔を洗うのも心地よいものです。確かにスキンケア洗顔料よりはこのマシュマロホイップの方がすすぎの回数がやや少なくて済みます。毎回顔もスッキリ状態ながらも適度にしっとり感が残っていて、大人のオイリー肌である私には適している洗浄レベルと保湿レベルであるように感じます。

日中のテカリが劇的に改善されるわけではないものの、洗顔後のスッキリ度には満足です。

大人のオイリー肌は思春期のそれとはまた性質が異なるので、乾燥対策も必要です。ビオレのこのマシュマロホイップシリーズは洗浄レベルと潤いレベルのバランスを大人肌向きに調整してくれたものなので、20代以降のテカリ肌に適しています。

テカリ対策を毎日安定した泡で手軽に行いたい女性にはビオレの「マシュマロホイップオイルコントロール」が実におすすめです。

<<Amazon>>

モイスチャー

大人肌のための刺激のない洗顔を毎日手軽に行いたい女性におすすめです。

洗顔の一番の目的は余分な皮脂や汚れを落とすことです。しかしながら、大人の肌は思春期前より水分が一層失われやすい状態です。特に洗顔後は水分を失いやすい状態に陥ってしまうものです。洗いすぎは大人肌に禁物ですし老化を招きます。

そこで、濃密で柔らかい泡で顔を包んでくれて落とす必要がある皮脂や汚れをしっかり落としてくれながらも必要な潤いは守ってくれる優しい洗顔フォームがあります。それはビオレの「マシュマロホイップモイスチャー」です。

花王から出ているビオレの「マシュマロホイップモイスチャー」は、ビオレの「スキンケア洗顔料モイスチャー」の進化版と言えます。スキンケア洗顔料あはチューブ入りのもので自分で泡立てる必要がありましたが、マシュマロホイップの方はポンプ式で泡が出てくるタイプなので泡立てる手間が省けて非常に便利です。また、洗浄力も21%緩やかにしたので、マシュマロホイップの方がすすぐのに時間がかかりません。手軽さが一層アップしました。

濃密でクッション性が高い泡が肌を包んでくれるので、肌の刺激となる摩擦も大分軽減されます。また、肌の刺激となる余分な皮脂や汚れをしっかり落としてくれながらも肌本来の潤いを守ってくれるといった二つのコンセプトを叶えるために、この商品はSPTといった技術を採用しています。

使用法は至って簡単です。顔と両手を濡らした状態で、ポンプを2プッシュ分ぐらいの泡を手にとり、顔全体に泡を馴染ませてから洗い流すだけでOKです。汚れが特に気になる部分には指でクルクルと円を描くように回しながら泡を馴染ませることがお勧めです。

元々私自身はビオレの「スキンケア洗顔料」を長年愛用してきました。そして今年の春からはマシュマロホイップのシリーズも試すようになりました。中でも最もスタンダードなラインのものがこの「モイスチャー」です。

やはり自分で泡立てる手間がなく、毎回安定した泡が同じように出てくるのは実に便利です。フローラルの香りの泡に包まれながら洗顔をして、しかも洗い流すのに何度もしつこくすすがなくてもOKなのがこの洗顔フォームの特徴でもあります。洗い上がりも適度にしっとり感があって、つっぱり感はありません。オイリー肌の私ですがこういったしっとり感は決して悪くありません。

ビオレの「マシュマロホイップ」はオイルコントロールやアクネケアラインなど色々ありますが、モイスチャータイプはどの肌にとっても癖がないスタンダードタイプのものです。毎日安定した濃密な泡洗顔をして大人肌をしっかりケアしたい女性にはまずはビオレの「マシュマロホイップモイスチャー」が最もお勧めです。

<<Amazon>>

第3位 ダヴのフレッシュ洗顔料

大人のオイリー肌をスッキリ洗いながらも必要な保湿をしてくれる洗顔です。

大人のオイリー肌とはしつこいものでありながら、思春期時のオイリー肌とは性質が異なります。過度な皮脂の分泌とは肌の内側の乾燥が原因である場合が多いです。従って余分な脂も適度に洗い流す必要はあるものの、大人肌には洗いすぎは禁物ですし保湿を省くわけには行きません。

そんな大人のオイリー肌を優しく洗ってくれながらも心地よい程度の保湿をすることにより、乾燥による過度な脂の分泌を防いでくれるお助けアイテムがあります。それはダヴの「フレッシュ洗顔料」です。

ダヴの「フレッシュ洗顔料」はダヴから出ている洗顔フォームシリーズの中の一つです。合計5種類出ている中これがオイリー肌に最も適したラインのものです。4つの潤い成分であるヒドロキシエチルウレア、ナイアシンアミド、ステアリン酸、グリセリン水溶液と保湿成分の定番の一つであるセラミドが配合されています。そしてこの「フレッシュ」のラインのものの特徴の一つとしてはグレープフルーツエキスも配合されています。グレープフルーツエキスはさっぱりと肌を保湿して整えてくれます。そして香りもフレッシュフルーティの香りなので、爽やかですっきりとした香りでの洗顔を堪能することができます。

素早く泡立つ柔らかい濃厚な泡でさっぱりできる香りの洗顔をしながら、肌の角質層内まで潤いを与えて必要な保湿をしてくれる、大人のオイリー肌の強い味方です。

ダヴの「フレッシュ洗顔料」は基本的にどのドラッグストアやスーパー、ドン・キホーテなどでも店頭に並んでいる場合が多いですが、万一置いていない場合は楽天やアマゾンなどの通販で購入することもできます。参考のため、現在130グラム入りのチューブをアマゾンで購入した場合の値段は送料抜きで692円です。送料のことを考慮した場合ドラッグストアでの購入の方が賢い上、セールなどによる割引も期待できます。

使用法は至って簡単です。

3センチぐらいの洗顔料を手に取り、水を足しながら泡立てます。片手を天井に向けて固定し、もう片手を床に向けて天井に向いている手の上をこするように円を描く動作でクルクル泡立てることにより、上手い具合に空気を入れながら綺麗な泡を作ることができます。

泡ができたら顔全体に馴染ませます。鼻や鼻周り、額など、テカリや汚れが特に気になりがちな部分には特別丁寧に泡を馴染ませておくことがお勧めです。泡が馴染んだらぬるま湯でしっかりと洗い流しましょう。

私はダヴのこの洗顔フォームシリーズは一通り試しています。中でもオイリー肌気味の私にはこの「フレッシュ洗顔料」が最も合っているタイプに感じます。夏には特に良い具合にさっぱりできて心地よいです。香りもさっぱりですし、さっぱりタイプだからと言って泡の濃厚さが他のラインのものより劣るわけではありません。

泡立ちが速い上、すすぐのにもそこまで時間がかからないので、しつこさを感じません。汚れも脂もしっかりと落としてくれながらも適度に保湿してくれるので、洗い上がりはさっぱりながらもつっぱりがなく、なめらかでちょうど良いです。

日中のテカリは多少抑えてくれているように感じますが、やはり洗顔以外の工夫も欠かさないようにしています。

大人のオイリー肌とは思春期時のそれとは異なり、更に複雑です。ごっそりと必要な油分まで洗い落としてしまうと肌は焦って脂を余計過剰に分泌してしまいます。落とす必要がある皮脂を落としてくれながらも必要な潤いを与えてくれることによりインナードライのオイリー肌のサイクルを緩和してくれるありがたい洗顔料、それがダヴの「フレッシュ洗顔料」です。

<<Amazon>>

第2位 べたつくけれどかさつく混合肌に「キュレルの皮脂トラブルケア泡洗顔料」

皮脂でべたつくけれど乾燥も気になる。べたつきを取り除くためにしっかり洗浄をしていけれど、洗い過ぎると乾燥が気になります。

べたつきとかさつきに悩む敏感肌を健やかな肌へと導く洗顔料が「キュレルの皮脂トラブルケア泡洗顔料」です。

3つのポイント

①皮脂対策

過剰な皮脂を洗浄してべたつきを抑えます。毛穴の汚れや過剰な皮脂を洗浄する皮脂溶解成分を配合。肌をすっきりと洗いあげます。

②セラミドケア

肌を保護しているものが角質層のバリア機能です。肌内部の水分蒸発を防ぎ、ホコリ、紫外線、大気汚染などから肌を守る役割を持っています。

バリア機能をしっかり働かせるために大切な成分がセラミドです。

皮脂トラブルケア 泡洗顔料は角質に影響を与えにくい処方なので、角質層のセラミドの流出を抑えながら洗いあげます。きめ細かな泡が顔を包み込み、優しく洗えます。洗顔後のつっぱりが気になりません。

③低刺激性

敏感な肌のことを考えた低刺激性です。

香料、着色料、アルコールは無添加。弱酸性、アレルギーテスト済み、敏感肌の方の協力によるパッチテスト済みです。有効成分のグリチルリチン酸2K配合で肌を健やかな状態に導きます。

泡で出てくるポンプタイプです。詰め替え用も用意されています。

使い方

1回の使用目安量はポンプ2押し分です。振らずに使用をしてください。

顔を濡らしたら泡を手に取りだし、顔全体を泡で包み込んで優しく洗います。泡を崩さないように、泡をクッションにして手が顔に触れないように洗いましょう。
その後、水やぬるま湯で十分に洗い流します。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 泡が柔らかくて優しい洗い心地です。刺激を感じないし、洗い流した後のつっぱりもありません。寝起きはベビーオイルを塗ったように肌がべたべたした状態で、角栓にも悩まされていて、メイクもうまくできない状態でした。この洗顔料を使ってからは、あれほど悩んでいた角栓が目立たなくなっています。念入りに洗うと一回ですっきりきれいになります。角栓に悩む私にはピッタリでした。
  • 出てくる泡はきめ細やかで、泡切れがよいです。他の洗顔料をたまに使ってみると肌がヒリヒリするのですが、キュレルのこの洗顔料は刺激を感じません。すすいだ後につっぱることはないです。洗顔料を変えてから肌の調子がよいので、私の肌にあっているんだろうなと思います。
  • 皮脂が気になるのでべたつきを抑えるような洗顔料を使うことがあるのですが、肌トラブルを起こしてしまうことがあり、洗顔料選びには慎重になっていました。肌のべたつきにはこれがよいと聞いて購入。優しい使い心地でありながら、べたつきを抑えて使うほどに肌がすべすべに近づいてきたように感じます。肌を傷つけずに毛穴汚れを洗えます。ポンプタイプなので使いやすいです。

べたつく肌をしっかり洗いたい、でも乾燥も気になる。こんなときには、キュレルの皮脂トラブルケア泡洗顔料がおすすめです。

皮脂溶解成分配合の泡で洗って、べたつきの原因となる皮脂対策。余計な皮脂や汚れを落としながらも、角質層のセラミドを守るため、洗い上がりのつっぱりが気になりません。

低刺激ですっきり滑らか肌に導く洗顔料です。

<<Amazon>>

第1位 テカリのない肌を目指す人におすすめ「ダブのディープピュア洗顔料」

テカリのない肌にあこがれませんか。日中にメイクがテカテカする、朝起きたときに肌がべたついている、こんな悩みを抱えていませんか。

毛穴汚れやテカリ肌が気になる方をサポートする洗顔料が「ダブのディープピュア洗顔料」です。毛穴汚れやテカリをオフしながらも、うるおいを与えます。

特徴

ディープピュア洗顔料は、毛穴汚れやテカリが気になる方のための洗顔料です。テカリのないすべすべ肌に導きます。オイリー肌や混合肌におすすめです。

テカリのないすべすべ肌に導く秘密はマイクロパフを配合していることです。スクラブの10分の1しかない大きさのマイクロパフが余分な皮脂や汚れを落とします。不要なものを取り去ることで、洗うたびに触りたくなるような肌に。

皮脂を取り除く洗顔料を使うと洗顔後につっぱるイメージがありませんか。けれども、ディープピュア洗顔料は潤いを与える働きも。

テカリ肌には実は保湿ケアが必要です。必要以上に皮脂や潤いを取り除いてしまうと、水分と油分のバランスが崩れて過剰に皮脂が分泌されるようになります。

ディープピュア洗顔料は、うるおい成分のニュートリアムモイスチャーを配合。潤った肌に整えます。

使い方

3cmくらいと取り出し、水やぬるま湯を加えてよく泡立てます。空気を含ませるように泡立てることがポイントです。泡立てにくいときは泡立てネットを使用するとよいでしょう。

泡を顔にのせて優しく洗います。水またはぬるま湯で十分に洗い流しをします。

口コミ

毛穴の汚れやテカリが気になる大人の女性のための洗顔料です。

20代以上になっても、皮脂の過剰な分泌によるテカリや毛穴の汚れが気になる女性は決して少なくありません。毛穴やテカリに悩まされる大人肌には、それに合った洗顔料で対処したいものです。思春期ニキビを対処するときのようにとにかくごっそりと強力な洗顔料で皮脂をできるだけ取り除いて洗浄することは大人肌にとっては賢明ではありません。余分な皮脂や潤いまで奪ってしまい、余計テカリなどが酷くなってしまう恐れがあります。

そこで、ダヴの「ディープピュア洗顔料」がそういった大人の女性には非常にお勧めです。柔らかい濃密な泡とクレイ成分で毛穴まで優しく効果的に洗浄してくれながらも必要な潤いを与えてくれて乾燥も防いでくれる、ありがたいお助けアイテムです。

ダヴの「ディープピュア洗顔料」には4つの潤い成分であるヒドロキシエチルウレア、ナイアシンアミド、ステアリン酸、グリセリン水溶液の他にも保湿成分の定番の一つであるセラミドも配合されています。これらの成分はしっかりと肌に必要な潤いを与えてくれて肌に必要な水分を守ってくれます。そしてダヴの洗顔フォームシリーズの中でも最も毛穴の汚れをとることに重点を置いているこの「ディープピュア」の特徴としては洗浄補助成分としてホワイトクレイ、そして肌の調子を整えてくれるハマメリスエキスも配合されています。そしてみずみずしいフローラルの香りなので、心地よい香りに癒されながら毛穴も肌も綺麗に洗うことができます。

柔らかい濃厚な泡でフローラルな香りに包まれながら毛穴洗浄までできて潤い成分を肌の角質層内まで届けることができる、大人の肌には嬉しい効果が揃っています。

ダヴの「ディープピュア洗顔料」はどのドラッグストア、スーパー、ドン・キホーテなどでも店頭に並んでいる場合が多いです。万一置いていない場合は楽天やアマゾンなどの通販サイトで購入することもできます。参考のため、現在アマゾンで130グラム入りのチューブを購入した場合の値段は送料抜きで740円です。送料のことを考慮した場合ドラッグストアでの購入の方が賢明である上、もう少し安い値段で売られている場合が多いです。

使用法は至って簡単です。

洗顔料を約3センチ手の平に絞り出し、水を足しながら泡立てます。片手を天井に向けて固定し、もう片手を床に向けて天井に向いている方の手の上をこするように円を描く動作を繰り返すことにより、上手い具合に空気を入れながら綺麗な泡を作ることができます。

泡ができたら顔全体に馴染ませます。毛穴やテカリが特に気になりがちな鼻や鼻周り、額などには特に丁寧に泡を馴染ませることがお勧めです。泡がしっかり馴染んだらぬるま湯で洗い流しましょう。

私自身も正にオイリー肌で毛穴の汚れや開きが気になる肌質の人です。現在ダヴの洗顔フォームシリーズを同時進行で何種類も使っているのですが、中でも最も自分に合っていると感じるものの一つがこの「ディープピュア」です。毛穴洗浄に効果的なホワイトクレイが入っているのがやはり嬉しいです。

泡は柔らかめなもので、泡立ちも早く、洗い流すのにもそこまで時間がかかりません。泡とクレイの力でしっかり汚れがとれたように感じますし、洗い上がりもつっぱりとは無縁のもので、今の私の肌にはちょうど良く感じます。朝起きたときに皮脂でテカっている顔をこれで洗うと一気にスッキリできます。

大人の肌には水分不足も禁物、しかしながら皮脂や毛穴も効果的に洗浄したいものです。その願望を叶えてくれるのがダヴの「ディープピュア洗顔料」です。ホワイトクレイでしっかり毛穴の汚れをとりながらも肌に必要な潤いを与えてあげてさらなるテカリの原因から守ってあげましょう。

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • ニキビに悩んでいたときにこの洗顔料を使いました。弾力のある泡で気持ちよく洗えます。この洗顔料に変えてからは悩んでいたニキビが気にならなくなりました。多いときには4つほどニキビがあったのですが、すっきりとしています。これまで使った洗顔料の中で一番気に入っています。
  • ニキビができやすく、毛穴や角栓を入念に洗顔しています。4000円くらいする洗顔料を使うとニキビが少し落ち着くのですが価格が気になります。そして、テカったりつっぱったりなど、なかなか気に入ったものに出会えませんでした。そんなとき、ディープピュア洗顔料を知りました。泡立てネットを使うともこもこ泡ができます。洗い流し後はすっきり洗えた感があります。つっぱったり、テカったりすることがなく、ニキビができにくくなりました。
  • たまたまドラッグストアで安売りをしていて使ってみたら大当たりでした。10本くらいリピートしています。まず香りが好きです。洗顔料っぽい変な匂いがなく、清潔感そのものの香りがします。乾燥肌なのでテカリを抑える洗顔料はあわないかなと思ったのですが、つっぱることはありません。マイクロパフが汚れを落としてくれているように感じます。

ダブのディープピュア洗顔料は、テカテカやオイリー肌に悩んでいる方をサポートする洗顔料です。

マイクロパフが優しく皮脂や汚れを落とし、ニュートリモイスチャーが潤いをサポート。洗うたびにすべすべな肌に。テカリ肌向きの洗顔料は洗顔後につっぱりそうですが、うるおい成分を配合しているため潤いを守ります。

毎日の洗顔でテカリのない肌を目指しませんか。

<<Amazon>>

関連記事:

30代,40代の脂性肌(オイリー肌)に人気!おすすめ化粧下地ランキング

30代,40代の混合肌、脂性肌(オイリー肌)におすすめ化粧水ランキング

安いのに口コミで人気!おすすめ大人ニキビ洗顔料ランキング

顔のザラザラ肌の汚れをさっぱり落とす!おすすめ洗顔料ランキング

毛穴の角質におすすめ!プチプラの泡立ち洗顔・泡洗顔料ランキング

洗顔料は肌トラブルに重要!敏感肌や肌荒れにおすすめの洗顔ランキング

乾燥肌にマジでおすすめしたい!プチプラ洗顔料ランキング

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
・美容家による今年一番のおすすめスキンケアです。
SK-Ⅱや資生堂ホワイトルーセントを使っている女性たちも絶賛!今年一番おすすめしたいオルビスユーのスキンケアの特徴・比較・口コミ←クリック
・ファッショニスタによる今月一番おすすめしたい服装です。
【今月の女性の服装】大人レディースファッションコーデ2019←クリック