秋冬の人気色のボルドー,グレー,ベージュカラーのレディースコーデ

2019秋冬トレンドアイテム

ボルドーカラー

ボルドーカラーとは、赤よりもくすんでいて紫寄りの色を指します。

ワイン色とも言われ、鮮やかながらも落ち着いた印象を演出するのにぴったりです。

厳密に言うと、ワインレッド、ボルドー、バーガンディーなどさまざまに分けられ、色の違いもそれぞれにありますが、同じボルドーカラー系統と言えるでしょう。

この記事では、秋のコーデの切り替えに向いているボルドーの使い方を紹介します。

上手に取り入れることで、大人女子の仲間入りをしましょう。

季節感のある大人の女性に

季節も、流行も知らないうちに移り変わってしまうものです。

その流れに乗り遅れないためには、ボルドーのアイテムを加えることが大切です。

白っぽい夏のコーデにボルドーは良く映えてとても印象的になります。季節を先取りしたオシャレな女性を演出するのにボルドーはぴったりな色なのです。

また、ボルドーを含めくすんだ色味というのは大人っぽい印象を作ることができます。ちょっと幼く見られがちな人にこそ、ボルドーは必要な色と言えるのです。重厚感や色気を演出する上でみボルドーは役に立つのです。

また、ビビッドな夏色から、くすんだ秋色に変えることでイメージチェンジにもぴったりと言えるでしょう。ただし、全身に取り入れると重い印象になりますからポイントに扱うことが大切です。

トップかボトムかで印象が変わるボルドーカラー

ボルドーカラーをコーディネートに取り入れる時は、トップスとボトムスどちらに取り入れるかで印象が変わってきます。

トップスにボルドーカラーを持っていくと上に目線が行きやすくなります。より目立ちたい人に向いてるコーディネートと言えるでしょう。

ただし、はっきりとした顔立ちの人にしか向いていないコーディネートでもあります。涼しげでシンプルな顔立ちな人はボルドーカラーをトップに持っていくと色に負けてしまうのです。

ですから、薄めの顔立ちの人はボトムにボルドーカラーを持っていくと良いでしょう。

また、着丈によってもボルドーカラーの印象は変わってきます。小柄な人が、長い丈のボルドーの服を用いると、服に着られてしまう印象が出やすいです。重々しさも相まって、ちぐはぐな印象になりやすいので気をつけましょう。

自分に合った着丈のボルドーの服を選ぶことが大切です。

ボルドーカラーを使う時の注意点

ボルドーカラー初心者は、全身にボルドーを使うと重い印象になりがちです。

また、ボルドーを含めくすんだ色味は、場合によっては老けた印象を作ってしまうこともあります。

ですから、まずはポイント使いでボルドーを用いることが大切です。

衣服に使うには勇気がいると感じてしまう人は、小物から始めてみると良いでしょう。

そして、ボルドーで秋のコーディネートする場合は、メイクも秋色にすることが大切です。メイクが春夏のシャーベットカラーやパステルカラーだとちぐはぐの印象になりやすいです。リップやネイル、シャドウ、チークなどににボルドー寄りの赤みのメイク施すと、統一感が出るのでオススメです。

ボルドーは大人の秋を表現する色ですが、人によって合う合わないもあります。自分の体型や、顔の印象を鑑みてボルドーカラーのコーディネートをしてみましょう。

グレーカラー

どんな服ともあわせやすいといわれるグレーですが、いざコーディネートをしようと思うとどんな色とあわせようか迷うことがありませんか。グレーにあう色を知れば、もっとおしゃれが楽しくなるはず。では、どんな色があうのか見ていきましょう。

グレー、白、黒はモノトーンといわれる色で、モノトーンにはさまざまな色とあわせやすいという特徴があります。さまざまな色とあわせやすいということは、トップスにもボトムスにも取り入れやすいということです。そして、一年中使うことができます。

でも、おしゃれに見せるにはやっぱり色の組み合わせに気をつけたいですね。いつも同じ組み合わせではマンネリしてしまうし、季節感がありません。季節感を意識しながらいろいろな色と組みあわせて、おしゃれを楽しんでみましょう。

グレーにあう色

・白

白もグレーもどんなものともあう色です。トーンによっては重たくなりがちなグレーも、白とあわせることで軽やかに仕上がります。

・黒

黒も万能カラーです。重たくなりすぎないように注意が必要ですが、落ち着いた色合いが秋にピッタリです。重たくならないように、薄手の素材を取り入れたり、スカートで動きを出したりしてみてください。

・グレー

グレーにグレーをあわせるの?と思うかもしれませんが、トーンを変えればメリハリのあるコーデに。小物でアクセントをつけることもおすすめです。

・ネイビー

落ち着いた雰囲気のあるネイビーで大人っぽく。ネイビーは主張しすぎることがないので、グレーとあわせやすいです。

・グリーン

秋にグリーンとグレーとあわせるなら、目が覚めるような明るいものよりも暗めのグリーンがおすすめです。落ち着いて上品な仕上がりに。

・ミントグリーン

明るいグリーンとあわせるならミントグリーンがおすすめです。爽やかな印象をプラスしてくれます。

・ベージュ

秋に活躍する機会が多くなる茶色系。淡いベージュは淡いグレーとあわせると柔らかい印象になります。

・ボルドー

秋におすすめの色がボルドーです。着こなしが難しいかも?と感じるボルドーもグレーとなら相性バッチリです。

・マスタード

くすんだ色合いのマスタードとグレーをあわせれば秋っぽいファッションに。

コーディネート例

①グレーフレアスカート×黒トップス

重たくなりがちな黒ですが、フレアスカートで動きを出すことで軽さをプラス。フレアスカートなら女性らしさも。

②ネイビージーンズ×グレーTシャツ

ネイビーのジーンズとグレーのTシャツでカジュアルに。落ち着いた色合いのベイビーやグレーを選べば、カジュアルでありながらも大人っぽく仕上がります。

③グレーワイドパンツ×ミントグリーンニット

グレー味のあるミントグリーンなら秋にも取り入れやすいです。重たくなりがちなグレーもミントグリーンとあわせることで爽やかに。ニット素材は寒くなってくる季節に活躍してくれます。

グレーにあう色はたくさんあります。グレーコーデにマンネリしていた人も、いろいろな色を使ってマンネリを解決してみましょう。グレーにあう色を知るとおしゃれが楽しくなります。これまで挑戦してこなかった色もグレーとあわせて、おしゃれを楽しんでみてください。

ベージュカラー

まだちょっと暑いけど秋らしいファッションにしたい。そんなときにはベージュアイテムをプラスすることがおすすめです。ベージュのトップス、パンツ、靴など何かしらベージュアイテムを取り入れるだけ。とっても簡単に秋らしいコーデが完成します。ここでは着こなし方やおすすめアイテムを紹介します。

秋になると植物が黄色、赤色、茶色に色づいてきます。そんな季節にピッタリの色がベージュです。

9月ころはまだ長袖を着るには暑く、かといって夏と同じ服装では季節感がありません。しかし、夏と同じようなデザインの服装でもベージュに変えるだけで季節感が。ベージュアイテムをプラスするだけで、ぐっと季節感が増すのです。

夏と秋で服装の色を変えるだけなので難しいことはありません。気軽に秋コーデを楽しんでみましょう。

着こなし方

・羽織りもの

ベージュのカーディガンやシャツワンピースなどをプラスして秋らしく。夏にたくさん着たTシャツやジーンズにベージュのカーディガンを羽織るだけでも、夏とは違った印象になります。また、朝晩は肌寒くなってくる季節なので寒さ対策にもなります。

白Tシャツにブルージーンズ、ベージュのロングカーディガンで大人っぽく。黒のロングスカートにベージュシャツ、ベージュのカーディガンをプラスすれば大人っぽい雰囲気に。

・ベージュパンツ

ベージュパンツは季節を問わずに使えるアイテムですが、秋に着ればより季節感のあるファッションに。ボーダーシャツにベージュワイドパンツをあわせてカジュアルに。白×青の夏らしいボーダーシャツも、ベージュパンツを組み合わせると秋っぽくなります。

・ベージュスカート

ベージュスカートはトップスの組み合わせやスカートのデザインによって、カジュアルにもフェミニンにも仕上げることができます。

ベージュのタイトスカートに黒のシャツで上品に。黒のように暗い色やタイトスカートのようなすっきりしたデザインのスカートは、上品で大人っぽく仕上げてくれます。

ベージュのロングスカートにボーダーシャツでカジュアルに。ふんわりしたデザインのスカートはカジュアルにもフェミニンにも仕上げてくれます。

ベージュが似合わない原因と解決法

どんな色とも組み合わせしやすく、幅広くコーディネートに活用できるベージュ。そんな便利なベージュなのですが、似合わない人もいます。似合わないのには原因があり、解決法もあります。では、似合わない原因とは何で、どうすれば似合うようになるのでしょうか。

ベージュ、カーキ、ブラウン系などは、自然を連想させるのでアースカラーと呼ばれます。落ち着いた色合いで、どんな色とも合わせやすい特徴があります。そのため、トップス、ボトム、小物などに取り入れやすく、幅広くコーディネートに活用できます。

またベージュは秋らしい色なので、ベージュをファッションに取り入れると秋の季節感のある仕上がりになります。そんな定番カラーのベージュなのですが、着てみると顔色が冴えない、地味になるなど、似合わないと感じてしまう人もいます。

似合わないと思っていても、原因にあった対処法をすれば上手に着こなせます。ベージュカラーを楽しみましょう。

似合わない原因は主に以下3点が挙げられます。

①肌の色にあわない

肌の色はブルーベースとイエローベースの2つに大きく分けることができます。イエローベースの人はベージュとの相性がよいのですが、ブルーベースの人がベージュを身につけると、肌色が悪く見えてしまったり、浮いて見えてしまったりします。

②薄顔

落ち着いて控えめなベージュは、華やかな顔立ちの人が身につければ洗礼された印象になるのですが、顔が薄い人が見につけるとぼやけてのっぺりとした印象になってしまいます。地味に見えるので似合わないと感じてしまいます。

③大人っぽい

ベージュは大人っぽい雰囲気を作ってくれる色です。しかし、もともと大人っぽい雰囲気の人がベージュを身につけると、老けた印象になってしまうことがあります。

解決方法は以下の3つを提案します。

①肌色に合ったベージュを選ぶ

ブルーベースとは、肌色が白っぽい、青っぽい人のことです。ブルーベースの人は、茶色っぽい色や赤みのある色は似合いません。ベージュを身につけるなら、グレーがかったベージュなど寒色系よりのものが肌色に合います。

②コントラストをつける

薄顔で似合わない場合は、メリハリをつけることがベージュの着こなしのポイントです。赤ボーダーのカットソーなど、パッと目を引くような色をプラスしてみましょう。

顔から離れた位置にベージュを持ってくることでも解決できます。シューズやボトムなど、できるだけ顔から離れて位置に身につけるものなら、自然となじんでくれます。

③明るいベージュを選ぶ

大人っぽい雰囲気で老け顔に見えて似合わない場合は、明るいベージュを選んでみましょう。深い色合いのベージュは明るいものよりも落ち着いた雰囲気があり、ますます大人っぽく見せてしまいます。一方、明るいーベージュなら、大人っぽさがありながらも若々しく柔らかな雰囲気を作ってくれます。

ここでは、ベージュが似合わない原因と解決方法を紹介しました。ベージュが似合わない原因は、肌色、顔だち、雰囲気です。原因にあった解決法で似合わないと思っていた色も、上手に着こなせるようになりますよ。ベージュアイテムを使ったファッションを楽しんでくださいね。

おすすめ商品

①グランマママドーター プリーツチノロングスカート

やや厚みのある生地を使用したひざ下丈のプリーツスカートです。シンプルなデザインなので、ブラウス、ニット、Tシャツなど、いろいろなファッションを楽しめます。

②Attick by Johnbull サイロウェポンチノトラウザーパンツ

ほどよい厚みのある綿100%のワイドパンツです。ヴィンテージ加工が施してあるのでカジュアルコーデにも。

③URBAN RESEARCH Sonny Label ギャザーシャツワンピース

コットンを使用した羽織りにも活用できるシャツワンピースです。首元がつまったデザイン、すとんとしたAラインで落ち着いた雰囲気があります。

夏から秋への季節の変わりめ。まだ暑いけれど秋らしいファッションをしたいなと思ったら、ベージュアイテムを取り入れてみてください。カーディガンやパンツなどベージュアイテムが1つあるだけで、ぐっと季節感のあるファッションになりますよ。

関連記事:

今年秋冬トレンドカラー「流行色や柄、ファッションデザインは?」

トレンドカラーを取り入れた秋冬レディースパンツコーデ!人気ボトムスとブランド

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
・美容家による今年一番のおすすめスキンケアです。
SK-Ⅱや資生堂ホワイトルーセントを使っている女性たちも絶賛!今年一番おすすめしたいオルビスユーのスキンケアの特徴・比較・口コミ←クリック
・ファッショニスタによる今月一番おすすめしたい服装です。
【今月の女性の服装】大人レディースファッションコーデ2019←クリック