秋冬も履く!おしゃれで可愛いスポーツ系スニーカーのレディースコーデ2019

2018秋冬トレンドアイテム

冬の足音が近づいてくると、どんなファッションアイテムや小物を買い足そうか悩ましくなります。

いつものコーディネートにワンアイテム取り入れるだけで、こなれ感とオシャレ感がかさ上げされるのが、スポーツブランドのスニーカーです。

ブーツ女子に差をつける、軽やかなスニーカー

冬の季節はブーツオンリー、そう決めつけてはいませんか?

裏起毛がついた温かい冬用ブーツは、機能性もばっちり。ぽかぽかコタツの中に入っているような温もりを与えてくれます。使いやすく履きやすいブーツは重宝するものの「いつもマンネリに見えてしまう」「イマイチあか抜けない」などのお悩みが登場してくることも…。

重みと厚みのあるブーツを履いていると、ときに雪ん子のようにスタイルが重たく見えてしまうことがあります。

重心が下に見えてしまうため、スタイルが悪く太って見えてしまうことも…。

こんな「真冬の困った!」を解消してくれるのが、抜け感のあるスニーカー。

スニーカーは春夏のアイテムと思われがちですが、最近はスポーツブームの煽りを受けて「真冬に履いても許されるアイテム」として定着化しつつあります。

厚手のタイツとあわせれば冬場も温かく軽やかに過ごせるため、1足持っていても損はないはず。スタイルがきゅっと引き締まってみえるため、真冬の着ぶくれ感も一掃してくれます。

ソールが厚めが、今年風!

今年新しいスニーカーを購入するなら、ソールの部分が厚ぼったいタイプがおすすめです。通常のスニーカーよりもかかとの部分にしっかり厚みがあるため、たっぷり歩いても足腰に負担をかけることもありません。

背が高く見えてスタイルもアップできるため、ひとつあるととても重宝します。

秋冬のスタイルをかさ上げ、スニーカーのコーデ術

シックで選ぶなら、ネイビー

大人っぽく仕上げたいときには、ネイビーのスニーカーを。同系色のパンツをインすることで足がより長くキレイに見えます。ゆったりしたサイズのコートを羽織ることによってタテのラインが強調されて、まるで海外モデルさんのようないでたちに。

汚れが付いても目立ちにくいネイビーのスニーカーは、子育て中のママにもねらい目のカラーです。ヒールに厚みのあるタイプを選んでおくと沢山歩いても疲れにくく、お子さんと一緒にめいっぱい遊んでも足が痛くなりません。ブラックと比べて柔らかい女性らしさもアピールできるため、着こなしの幅が広がります。

オシャレさで選ぶなら、ホワイト

真冬にチャレンジしたいのが、粉雪のような純白のホワイト。「白ってスグに汚れるのでは?」とみんなが敬遠するカラーを、あえて足元に持ってくるのがコツ。黒や茶色・灰色などの重たいカラーが続く季節でも、足元に抜け感とオシャレ感を加えてくれます。

リーズナブルなスニーカーでももちろん良し、少しお金をかけてみたいならナイキの白スニーカーを。海外モデルの愛用率も高いナイキの白スニーカーは、ひとつあると高見えしてくれるリッチアイテムです。

レオパード柄のスニーカー

2足目を買い足すときにチャレンジしてみたいのが、今季ブームとなるレオパード柄(ヒョウ柄)のスニーカーです。アウターやボトムスに取り入れるのは難しいヒョウ柄も、足元なら意外にも簡単。すんなりコーディネートに溶け込んでくれます。

キメたいときはパンツルックよりも、オシャレなワンピーススタイルに合わせるのがおすすめです。

真冬のコーディネートには、オシャレ度の高いスニーカーを合わせると、いつもと違った着こなしを楽しむことができます。ブーツと比べて比較的リーズナブルに購入できるのがスニーカーの良さ。

基本の白や黒のスニーカーを購入したら、次はネイビーやヒョウ柄にチャレンジしてみるなど…色々な応用も楽しめます。今年の冬は新しいスニーカーと一緒に、軽やかな季節を楽しんでくださいね。

関連記事:

流行りのソックスをおしゃれにコーデしたい!レディースブランドとコーディネート

2018.10.12

12月冬おしゃれな服装!レディースファッションコーデスナップ集2018

2018.10.01

2018年秋冬人気急上昇!レディースレギンスのファッションコーデ集

2018.09.06

ゼブラ柄,ヒョウ(レオパード)柄などのアニマル柄のレディースファッションコーデ秋冬

2018.09.04

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
・美容家による今年一番のおすすめスキンケアです。
SK-Ⅱや資生堂ホワイトルーセントを使っている女性たちも絶賛!今年一番おすすめしたいオルビスユーのスキンケアの特徴・比較・口コミ←クリック

・ファッショニスタによる今月一番おすすめしたい服装です。
【今月の女性の服装】大人レディースファッションコーデ2019←クリック