肌が常にかさかさ乾燥肌の女性におすすめ化粧水ランキング2020

肌がカサカサしている女性や乾燥肌の女性に、潤いのあるツヤ肌・潤い肌になるための、スキンケアをご紹介ます。

お肌が綺麗な人は、同性でも引き込まれてしまいますよね。白くてツヤのある潤い肌、メイクをそんなに頑張らなくても綺麗な人は素敵に見えます。毎日、ケアしていてもなんだかお肌の状態がイマイチだなと感じている方はこの機会にスキンケアの方法を見直してみましょう。

洗顔とクレンジングのポイント

はじめに「洗顔方法・クレンジング」についてポイントを紹介し、そのあと「化粧水」の塗り方とポイントを紹介します。

まず、潤いのある綺麗なお肌の持っている人はスキンケアの方法が違います。お肌の状態をよく理解していること、自分がどんな肌質なのかを知っています。お肌の状態が分からないと、どんなケアをしたらいいか分かりませんよね。ニキビや吹き出物が出来ているのに、強い洗顔料を使ってゴシゴシこすっていたら、治るものもなおりません。それだけでなく、悪化してしまいます。そうならないようにスキンケアをする時は、きちんとケアすることが大切です。

クレンジング

潤い肌を手に入れるためには、お肌に負担をかけないように優しくメイクオフすることが大切です。

クレンジングをする時に、メイクを落とさなくちゃ!と思って力いっぱいこすったり、何度も洗顔をしないように汚れを浮かせて落としていきます。クレンジングは、やり過ぎると乾燥の原因になり肌トラブルの原因になりますが、不足してもダメです。汚れがしっかり落としきれていないと、毛穴の詰まりの原因になります。

クレンジングをして洗う時は、汚れ残しが起きやすい鼻回りを重点的に行います。「のー」と言いながら洗ってみてください。そうすると、口元が下に下がるので鼻まわりがのびて洗いやすくなります。

そして、鼻すじも忘れずにケアしていきましょう。そしてここからがポイントです。クレンジングをして洗い流す前に軽くティッシュオフしてみましょう。そうすることで、何度もゴシゴシこする手間が省け、お肌にも負担がかかるのを減らせるのでおすすめです。

またいつもは、ぬるま湯で洗っていた方も時には「蒸しタオル」を使って、汚れを吸い取る方法をおすすめします。

毛穴の汚れや古い角質も摩擦を防ぎ優しく洗い流すことができるからです。ぬるま湯で何度もこすってしまうと、どうしてもお肌を傷つけやすいです。潤い肌を目指すなら、お肌のダメージがかからないようになるべく注意しましょう。優しく、丁寧に、しっかり洗うこれがポイントです。

洗顔

メイクを落としたら、次は「洗顔」です。

洗顔をする時は、たっぷりの泡を立ててしっかり洗っていきます。汚れを取る、というよりは泡立てた泡に汚れを吸着させるというイメージが近いです。そして、洗い流す時もクレンジングと同じように「蒸しタオル」をつかって余分な皮脂や、古くなった角質を一緒にオフすることで、お肌表面の水分や皮脂を取り過ぎずに済みます。

お肌が少し湿っているなと感じるくらいがちょうど良いです。次に使う化粧水がお肌に浸透しやすくなるので、是非試してみてください。

クレンジングと洗顔をする時のポイントをご紹介しました。今まであまり気にせずに洗っていた方、これからは年齢を重ねても美しい「潤い肌」を手に入れるためのスキンケアに挑戦してみてはいかがでしょうか?

潤い肌を手に入れる!化粧水の塗り方

お肌のケアをする上で大切なのが、毎日のスキンケアです。スキンケアといっても、ただ洗顔をして化粧水を塗ることがスキンケアではありません。お肌の状態に合わせたスキンケア用品を選ぶことが大切です。乾燥肌や脂性肌、敏感肌の方はお肌の状態に合わせた化粧水を選ぶことで、肌質が改善されていきます。

こうしたお肌の方は、水分量と油分量のバランスがとれていないことが原因となっています。そうならないように、お肌の状態を保つことが本来のスキンケアの目的です。お肌が持っている力を引き出すスキンケア、内側と外側からのケアをしっかり行って潤いのあるお肌を目指しましょう。

ここでは、潤い肌を手に入れるための化粧水の塗り方について紹介します。

洗顔をして汚れを落とした後、皆さんはどんな風に化粧水をつけていますか?あまり細かいことは考えずに、ぱっぱと塗っている方が多いかもしれません。実は、潤い肌に人は化粧水の塗り方が違います。適当にお肌につければ良いというものではありません。ポイントがあるので、是非参考にしてみてくださいね。

化粧水の塗り方

まず、化粧水を手にとります。そしたら、両頬と額の三点にのせていきましょう。

そして、頬からこめかみにかけてと、口元から耳やあごラインにかけてお顔の内側から外へと伸ばすようにして丁寧にぬっていきます。小鼻まわりやほうれい線が気になるところ、目元口元の細かい部分までしっかり丁寧に塗って保湿していきます。塗り忘れがあると、乾燥の原因になりシワやくすみを招いてしまうので注意しましょう。まんべんなく均一に丁寧に塗ることが大切です。

この化粧水の塗り方が雑だと、潤い肌にはなれません。潤い肌の方は、細かいところまでしっかりお手入れが行き届いています。決して長い時間スキンケアをしているわけではなく、ポイントを抑えたケアをされている方が多いので真似してみましょう。今は、目元口元のシワや乾燥が気にならない方も今だからこそ、しっかり保湿して予防する、これを心掛けていきましょう。

コットンをつかって化粧水を塗っている方も基本は同じです。コットンに付ける場合は、指の幅と同じ量をつけること、たっぷりつけることが大切です。お肌全体に均一になるのように優しく丁寧に付けていきましょう。絶対に力をいれず、摩擦が起こらないようにすることが大切です。

ポイント!

また化粧水を選ぶ時は、お肌の状態に合わせて選ぶことが大切です。乾燥肌の方は、潤いをチャージできる保湿力が高いものを、ベタつきが気になる方はさっぱりとした化粧水を選ぶことで、お肌の状態を改善することができます。

美容液や乳液を塗るときもポイントは同じです。小鼻から額、頬、あごラインにかけて優しく丁寧に塗っていきます。手のひらにのせて、軽くのばし優しく塗布してあげましょう。乾燥が気になる部分は、重ねづけしてもいいですね。お肌がしっとりとしたら完成です。これを毎日続けることが、潤い肌を手に入れる方法です。

雑にぱっぱとつけても、実はしっかり浸透していないかもしれません。そうならないように、目元口元の細かい部分まで丁寧に塗って保湿していきましょう。お肌の状態が綺麗になると、自信にも繋がるので是非今日から試してみてくださいね。

肌が常にかさかさ乾燥肌の女性におすすめ化粧水ランキング

第9位 ヒアルミルフィーユのHMローションMM(モア・モイスト)

潤うのは表面だけ、つけた瞬間だけし潤いを感じられない。保湿ケアをしているのに、乾燥を感じることがありませんか。そんな方におすすめが「ヒアルミルフィーユのHMローションMM(モア・モイスト)」です。角質層のすみずみから潤った状態が続く肌に導きます。

特徴

加水分解ヒアルロン酸、アセチルヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸Naの3種類のヒアルロン酸を配合しています。

  • 加水分解ヒアルロン酸は、分子が小さく、肌内部に浸透しやすい性質があります。角質層にまで届いて、深部から潤いで満たします。
  • アセチルヒアルロン酸Naは、優れた吸着力を持つ成分です。角質層にとどまり、深部の潤いを逃がしません。
  • ヒアルロン酸Naは、分子が大きいため肌表面にとどまり、潤いのラップのように乾燥から守ります。

表面だけしか潤わない、つけた瞬間だけしか潤いを感じられない、このような化粧水とは違います。働く場所が違う3種類のヒアルロン酸を組み合わせることで、角質層のすみずみから潤い、ふっくらとした肌に近づきます。

さらに、保湿成分のグルコシルトレハロースとエモリエント成分のコハク酸ジエトキシエチルを配合。3種のヒアルロン酸とともに潤いを守ります。しっとりとした肌に導くのに、すーっとなじんでべたつかない使用感です。アルコール、香料、着色料、鉱物油は不使用です。

使い方

洗顔後、500円大を手に取り出し、顔全体から首にかけて広げます。その後に両手で顔を包み込んで、押し込むようなイメージでなじませます。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 透明でシンプルなボトルです。ボトルの口が細くなっていて1滴ずつ取り出せるので、ちょうどよい量に調整できます。化粧水は無色透明でややとろみのあるテクスチャーです。すーっと広がりみずみずしい使用感で気持ちがよいです。保湿力がばっちりで、肌がもちもちとしました。
  • とろ~っとしているのによく伸びがなじみもよいです。肌にすっと浸透していき、たっぷりと潤いチャージされた肌はしっとります。保湿力がとても高いです。肌が喜んでいるようで、ぐんぐん入っていきます。乾燥が気になるときにはローションパックするのもよさそうです。水分を与えるだけのローションではなく、時間が経っても潤いが蒸発せずにとどまってくれるので頼りになります。
  • 少しとろみのある化粧水ですが、パッティングをしていると肌に入っていきます。パッティングしながらもちもち肌を感じられました。しっとりとして肌が手に吸いついてきます。高保湿なのにべたつかないところがうれしいです。今までいろいろな化粧水を使ってきましたが、潤いが続くものは初めてだと思います。

とろっとして香りのない化粧水です。ハンドプレスをしてじっくりなじませていると、肌がつるつるしっとりしてきます。つけた後には潤いの膜で包み込んでくれているような感じがします。化粧水だけでも十分な保湿力があり、数時間経っても潤いを実感できました。

ヒアルミルフィーユのHMローションMMは、3種のヒアルロン酸を配合している化粧水で乾燥肌におすすめです。肌の内側と外側に働きかけて、長時間潤いの続く肌に導きます。しっとり感が続く肌を体験してみませんか。

<<楽天>>

 

第8位 プモアのミルキーローション

さらっとした化粧水では、保湿力が物足りないと感じたことがありませんか。そんなときには、とろみがある化粧水を使ってみましょう。「プモアのミルキーローション」は、とろっとしたテクスチャーの保湿タイプの化粧水です。とろみがあるのにすっとなじみ、潤いを届けます。

特徴

肌が乾燥していると、小ジワが目立ったり、ファンデーションがノリにくかったりしませんか。化粧品も乾燥していると伸びにくいことがありますが、とろみのある化粧水は乾燥やシワが気になる肌にもすーっと伸び広がっていきます。

保湿成分には、加水分解コラーゲン、加水分解ヒアルロン酸、セラミドなどを配合しています。保湿成分はナノテクノロジーで細かくしています。大きな分子の保湿成分は角質層にまで届くことが難しいですが、細かくした保湿成分ならなら届きやすいです。潤いが不足した肌にもすっと角質層にまでなじみ、たっぷりの美容成分で満たします。

さらに、乳酸菌や酵母エキスも配合。乳酸菌や酵母は腸の調子を整えてくれるといわれるように、肌の調子も整えてくれることが期待できます。すーっとなじんだ後には、肌表面に潤いのヴェールを形成。与えた潤いを守って、もっちり感が続きます。香料、着色料、パラベンは不使用、弱酸性です。

使い方

手のひらに500円大を取り出し、くるくると円を描くようになじませます。残った化粧水は首やデコルテまで伸ばします。全体に広がったら手のひらで包み込んでハンドプレスをします。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 日本酒酵母や乳酸菌が配合されていて、使う前からワクワクしていました。乳白色のとろっとした濃厚なテクスチャーです。伸びがよくて、肌になじんでくれます。肌のもっちり感が違います。朝起きたときにも塗ったときのもっちり感が残っていて驚きました。乾燥肌の私にピッタリな化粧水です。
  • 化粧水なのに乳液のようなとろみのあるテクスチャーです。首やデコルテ、乾燥しやすい膝にも塗っています。セラミドやヒアルロン酸など配合されていて、乾燥気味の肌にうれしいです。なじませるとすーっと浸透していきます。潤いを蓄える力が落ちた肌にもなじんで、肌にしっかり届いて潤いが蓄えられているように感じます。
  • パッケージがかわいいです。手に取り出してみるとほのかに甘い香りがして、化粧水にはとろみがあります。乳白色だった化粧水は、くるくるなじませていると透明になってきます。すーっと浸み込んでいく感じがよくて、潤いを感じられました。紫外線やエアコンで乾燥した肌にたっぷり栄養を届けてくれているようで、もっちりしっとりした肌にうれしくなりました。
  • 日本酒の香りで使いにくくないかなと思ったのですが、とても香りがよくて使いやすいです。こっくりしたテクスチャーなのに浸透がよくて、肌の内側から潤っています。保湿力がバッチリで、乾燥やシワが気になる肌によいと思います。

プモアのミルキーローションには、コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミド、乳酸菌、酵母エキスなど、さまざまな美容成分が配合されています。とろっとした化粧水がすーっと浸透して、内側から潤いで満たしていきます。
乾燥が気になるときにおすすめです。

第7位 プラチナベールのプラチナモイスト化粧水

保湿化粧水をちょっと使っただけじゃ物足りない、たっぷり惜しみなく化粧水を使いたい。そんな方におすすめが「プラチナベールのプラチナモイスト化粧水」です。7つの美容成分を配合した、大容量で惜しみなく使える化粧水です。

特徴

乾燥がひどいとき、たっぷり化粧水を使って肌を潤してあげましょう。でも、内容量が少なかったり、効果だったりする化粧水は、たっぷりとは使いにくいですよね。プラチナモイスト化粧水は、1本1000ml入りと500mlが用意されています。お手頃価格で大容量だから、惜しみなくバシャバシャと使えて、ローションパックにもおすすめです。手持ちのコットンでパックをすれば経済的だし、さらなる潤い補給に。

でも、お手頃価格で大容量のものは保湿力が物足りなさそうですよね。プラチナモイスト化粧水は、7大美容成分、ハトムギエキス・ヒアロルン酸Na・プラセンタエキス・水溶性コラーゲン・セラミド・コエンザイムQ10・白金を配合。どれも保湿力のある成分です。乾燥しがちな肌を潤いで満たしていきます。

容器は1000ml入りは使いやすいポンプ式です。容器がしっかりしているので片手でも倒れにくく、お風呂上りにもさっと手軽に使えます。ややとろみのあるテクスチャー。フローラルの香りがほんのりとして、楽しくスキンケア。

使い方

洗顔後、コットンまたは手のひらに500円大を取り出して、顔全体になじませます。コットンパックにもおすすめです。コットンが透けるくらいたっぷりと化粧水を浸み込ませた、顔にコットンを張り付けてしばらくおきます。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 1000mlも入っていて安く売られていたので購入してみました。低価格とは思えない化粧水です。とろみがあるテクスチャーで、お花のような香りがします。大容量なのでお風呂上りにコットンパックをして、その後に重ねづけをしています。この化粧水をつけた後は肌が持っちりします。大好きな化粧水です。
  • 朝はささっとケアをしたいので、ポンプ式のプラチナモイスト化粧水を使っています。さらさらしすぎず、べたつかず、しっとりと肌を整えてくれます。べたべたしないので、化粧をしやすいです。肌が乾燥して化粧品があわないことがあったのですが、これはかゆくなることがなく肌にあっていました。
  • いろいろ使ってきた中でダントツに気に入っています。毎年冬になると肌の乾燥がひどいのですが、今年は乾燥が気になりませんでした。しっとりするのにべたつかず、ちょうどよい使用感です。肌の調子がよくなってきて、化粧ノリがよくなりました。「きれいな肌ね~」といわれることが増えて驚いています。
  • 7種類もの美容成分が入っていて気になったので使ってみました。寒くなると肌がかさかさするのですが、使っているおかげなのかしっとりしています。膝などにも使っていて、全身すべすべです。肌が乾燥しがちな娘も一緒に使っています。

プラチナモイスト化粧水は、化粧水をたくさん使いたい方におすすめです。1000ml入りと500ml入りがあり、どちらもお手頃価格です。肌の乾燥が気になるなら、惜しみなくたっぷりと化粧水を使って潤い補給をしませんか。

<<Amazon>>

第6位 アロヴィヴィの納豆化粧水

保湿ケアをしても潤いのは一時的ということがありませんか。潤いを与えるだけでなく、自ら潤う力を高める成分が納豆から抽出されるポリグルタミン酸です。この成分を配合した化粧水が「アロヴィヴィの納豆化粧水」です。ポリグルタミン酸をはじめとした保湿成分を配合した化粧水が、潤いの続く肌に導きます。

特徴

納豆のネバネバの主成分がアミノ酸がつながってできているポリグルタミン酸です。粘度が高いポリグルタミン酸には保湿作用があり、その保湿作用はヒアルロン酸に負けないほどといわれています。肌表面に膜を作って潤いを守るだけでなく、肌にもともと存在する天然保湿因子を増やして肌が本来持っている潤う力をサポートします。

臭いイメージのある納豆ですが、ポリグルタミン酸だけを抽出しているので納豆臭さはありません。

さらに保湿力を高めるために、キダチアロエエキス、マグワ根皮エキス、ローヤルゼリーなどを配合しています。乾燥しがちな肌をしっとり潤う肌に導きます。そして、抗炎症作用のあるグリチルリチン酸2Kも配合。炎症を鎮めて肌を健やかな状態に保ちます。

使い方

洗顔後に使用をします。手のひらに適量を取り出し、顔全体になじませます。手のひらで顔を包み込むようにして、少しずつ手のひらの位置を変えながらなじませてください。かかとやひじなど乾燥しやすい部位のケアにも使えます。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • インナードライで肌表面はベタベタ、ニキビができやすい肌でした。あるとき納豆のポリグルタミン酸が乾燥によいと知って、この化粧水を購入しました。グリセリンに反応しやすい肌なのですが、グリセリンが入っているこの化粧水は肌トラブルが出ることなく使えています。使うほどに肌に浸透しやすくなります。毛穴はキュッと引き締まり、色ムラは改善されてきて、肌の弾力は戻ってきたし、ニキビはできにくくなったし、いいことばかりです。
  • 納豆の臭いがしないか心配だったけれど使ってみました。手に取り出してみるととろみがあって無臭です。最初はペタッとするけれど、しばらくすると肌になじんでいきます。私は敏感肌で肌にあわない化粧品を使うとすぐに赤みがでるのだけれど、この化粧水は低刺激で赤みがでることがありません。250ml入りで1500円くらいだから惜しみなく使っています。納豆化粧水とオリーブオイルでシンプルにケアをしていると肌の調子がよいです。
  • 油分でしっとりさせる化粧水を使うとニキビができてしまうことがあるけれど、納豆化粧水は油分で保湿するタイプではないので私にピッタリです。繰り返し化粧水をなじませると、他には何もいらないくらいもっちりとして乾燥しません。ニキビができないのでたっぷり使っています。余計なものを使っていないし、コスパもよいので気に入っています。

納豆から抽出した成分を使っていると臭そうなイメージですが、納豆化粧水は納豆の臭いはありません。ポリグルタミン酸をはじめとした保湿成分が、潤いの続くしっとり肌に導いていきます。

納豆には保湿力の高い成分が含まれています。そんな納豆から抽出した成分を配合した化粧水で、自ら潤って潤いの続く肌を目指しませんか。

<<Amazon>>

第5位 恵の本舗のモイストバランスローション

洗顔後の肌に最初につける化粧水には、潤いを届ける大切な役割があります。洗顔後の保湿ケアにおすすめの化粧水が「恵の本舗のモイストバランスローション」です。たっぷりの保湿成分を配合した化粧水が潤い肌に導きます。

3つのおすすめポイント

①保湿成分配合

洗顔後の清潔な肌に最初につけるアイテムが化粧水です。水分と保湿成分を肌に届ける役割や、化粧水で水分を与えることでその後に使用する美容液などの通り道を作る働きがあります。

恵の本舗のモイストバランスローションは、3種類のヒアルロン酸、ハチミツ、コメヌカキス、水溶性プロテオグリカンなど、たっぷりの保湿成分が配合されています。洗顔後の乾燥しやすい肌に潤いを届けます。

②美肌菌を育てる成分配合

皮膚表面にはさまざまな菌が棲みついていて、その中には健やかな肌を保つサポートをしてくれている美肌菌があります。皮膚から分泌された皮脂をもとにして潤いを保つ成分を作りだし、皮膚表面を弱酸性に保って悪玉菌の繁殖を抑えてくれています。菌の世界は場所取り合戦のようなもので、美肌菌が育つことで好ましくない菌の繁殖が抑制されることも期待できます。

そんな美肌菌を育てる天然のグルコオリゴ糖を配合しています。

③無添加

香料、着色料、アルコール、パラベン、鉱物油は無添加です。ユズ果実エキスが配合されているのでゆずの香りがします。毎日使うものだからこそ、肌への優しさは大切です。

使い方

洗顔後に使用をします。手のひらまたはコットンに直径3cmほどを取り出し、優しく顔全体になじませます。

手のひらでつけるときには手で顔を抑えるようになじませることと、数回に分けてつけることがポイントです。コットンの場合はたっぷりと化粧水を使って、コットンが毛羽立たないように気をつけてください。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 手に取ったときはさらっとしたテクスチャーなのですが、肌につけてみるとすぐになじんで保湿力がよいです。柚子の香りに癒されます。しっとり、つるっとした仕上がりです。使った後につるつる光る化粧水は、なかなかないと思います。香りも使い心地も好きで、使い続けたいと思える化粧水でした。
  • 透明でさらっとしたテクスチャー、癒されるようなゆずの香りがします。ハンドプレスをするとあっという間に吸い込まれて、みずみずしさを与えてくれます。べたつきはなく保湿されていて、他の保湿化粧水と喧嘩することがありません。朝まで乾燥することはなく、翌朝の化粧ノリのよさを実感できました。日中のカサツキもなくなりました。
  • さらりとした化粧水で、肌にすっとなじんでいきます。すぐになじむのでべたつくことがなく、みずみずしい使い心地です。肌の奥から潤って、すべすべな手触りになりました。重ねづけをすると肌がぷにぷにに。キメが整ってきたようにも感じます。

普段何となく化粧水を使っていませんか。でも、化粧水には潤いと水分を与える大切な役割があります。保湿のことを考えた化粧水が、恵の本舗 モイストバランスローションです。さらっとした使用感でありながらも、しっとりした肌に導きます。洗顔後の保湿ケアや乾燥が気になるときや、保湿化粧品のべたつきが苦手な方におすすめです。

<<Amazon>>

第4位 麗白のハトムギ化粧水

お気に入りのスキンケアをそのままに浸透力や保湿力を高めたい、腕や脚、背中などの広範囲な部分を簡単にケアしたい……といったお悩みをお持ちの女性もいるかと思います。

そうした人にオススメするのが、麗白のハトムギ化粧水です。

プチプラで簡単に肌に潤いを補給したい、普段の化粧水や美容液、クリームなどの保湿力を高めたいという方は注目です。

この化粧水を使うと、水分不足の肌に潤いをチャージしてふっくらみずみずしい肌に整えることができます。肌馴染みがよく塗ってすぐに肌の角層まで浸透し、ガサガサと乾燥が目立つ肌も滑らかに保湿します。

まず、顔用のスキンケアに使う方法を紹介します。

洗顔後の清潔な肌に、薄くパシャパシャと全体に馴染ませてください。量はその後に使うメインの化粧水よりも少量で大丈夫です。

時間のある時は、圧縮フェイスマスクにたっぷりハトムギ化粧水を含ませて10分ほど顔に密着させます。マスクの浮き上がりが気になる人は、上から掌で優しく抑えることで肌全体を隙間なく保湿させることができます。その後でいつもお使いの化粧水や美容液、クリームなどを馴染ませてケア完了です。

身体に使う場合は、オススメのタイミングはお風呂上がりです。水分を拭き取った後で、たっぷり化粧水を手にとって身体の乾燥が気になる部分が馴染ませます。腕や脚などの面積が酷いパーツや、肘・膝などの乾燥が目立ちやすい部分、首筋やデコルテなど年齢が出やすく意識しづらい箇所に馴染ませるのが特にオススメです。

一度塗りでは物足りないと感じた場合は、複数回薄く塗り重ねていきましょう。その後ボディクリームやジェルを塗っている人は、肌をコーティングするように普段通りのお手入れを行ってください。

新しく買ったボディクリームの保湿力が足りず、また化粧水の浸透力を高めて効率的にスキンケアしたい思いがあって麗白 ハトムギ化粧水を購入しました。

ヒアルロン酸やハトムギのエキスなどの保湿成分もたっぷりですし、ニキビに効くグリチルリチン酸ジカリウムも配合されているのでこれ1つで保湿ケアとニキビケアができます。

私は身体と顔両方に使用しています。肝心の保湿効果ですが、他社のハトムギ化粧水よりも保湿力が高くモッチリとした質感の肌になります。薄く伸ばせばそれほどベタつかないので、顔はこの化粧水の後に化粧水と美容液2種類、クリームを使っています。

身体へ使う時は、お風呂上がりに全体に馴染ませてからボディクリームで保湿をしています。ボディクリーム単体ですとサッパリ系のものだったので数時間経つと乾燥してしまっていました。ですが事前にハトムギ化粧水を馴染ませておくことで、肌に水分をチャージしてそれをクリームで閉じ込めるので保湿感が長持ちするようになりました。

乾燥に悩んでいた腕や脚、肘膝もカサカサ感がなくなってよかったです。ハトムギ化粧水はある程度の保湿力がありながらもサッパリした軽い使用感で、顔だけでなく全身に使える点が魅力だと感じました。

この化粧水をスキンケア前に使うようになってから高級なクリームを使っている時よりも肌がモチモチになり、保湿のおかげでキメが細かくなったり肌色がワントーン明るくなったりといい事尽くしでした。

スキンケアの浸透力や保湿力を簡単に高めたい時や、全身保湿をしたい時には特に有効なアイテムです。とてもコスパがいいアイテムで使い方も簡単で取り入れやすいので、気になった人はチェックしてしてみてください。

<<Amazon>>

第3位 MIMURAのトリートメントローションNOUMITSU

朝起きたとき、肌が疲れている、カサカサとしている、ごわついているなど感じたことがありませんか。しっかり睡眠を取れていなかったり、肌に潤いを与えていなかったりすると、翌朝の肌に影響が表れることが。

潤い補給におすすめの化粧水が「MIMURAのトリートメントローションNOUMITSU」です。皮膚の専門家と共同で開発したとろ~りとした化粧水が、寝ている間の乾燥から肌を守ります。

3つのおすすめポイント

①保湿成分をたっぷり配合

寝ている間は肌が再生する時間です。たっぷり眠った翌日には、しっとりツヤのある肌を実感しているのではないでしょうか。それとは反対に、しっかり睡眠時間を確保できていないと翌朝の肌はカサカサに。翌朝のしっとりツヤ肌を手に入れるためには、よい睡眠と保湿が欠かせないのです。

トリートメントローションNOUMITSUは寝ている間の乾燥から肌を守る保湿成分を配合。ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン、コンドロイチン、アスタキサンチンなどが、肌に潤いを届けて乾燥から守ります。

②バリア機能をサポート

肌にはもともと乾燥から守るバリア機能が備わっていて、潤いが守られています。保湿ケアをしてもすぐに乾燥してしまうようなら、バリア機能が低下している可能性が。トリートメントローションNOUMITSUは、バリア機能をサポートする植物由来成分を配合。血行改善が期待できるイチョウ葉エキス、肌荒れから守るヨモギ花エキスやチョウジエキス、その他にもトウキ根エキスやシャクヤク根エキスなどを配合しています。

③ラベンダーの香り

美しい肌に近づくためには、たっぷりと睡眠をとることも大切です。よい睡眠のためにラベンダー油を配合しています。ラベンダーにはリラックスを促す働きがあるといわれています。

使い方

とろりとしたテクスチャーなので、コットンよりも手でつけることをおすすめします。手にひらに適量を取り出して、顔を包み込むように手を顔に押し当ててなじませます。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • ふんわりとお花の香りがします。とろみがあるけれど肌に伸ばしやすく、浸透がとてもよいです。数日使っただけなのに手触りが滑らかで乾燥を感じにくくなりました。1つで化粧水と美容液でケアをしたような心地よい使い心地です。
  • 化粧水、美容液、乳液を一度につけたようなしっとり感があるのですが、重たくはなくべたつきもありません。乾燥を感じていた肌にもぐいぐいしみ込んでいき、使いやすいです。夜のスキンケアに使うと翌朝にはもちもちとした肌に変わっていて、別の人の肌のようです。使うほどに肌が整ってくるローションだと感じました。
  • とろんとしていて伸ばしやすいです。べたつきは気にならず、浸透した後はもちもち肌を感じられます。合成香料や着色料などは使っていないので自然な感じです。朝晩じっくり丁寧にケアをして、ぷるぷるな肌を感じられるようになりました。

翌朝しっとりぷるぷるな肌に近づくためには、しっかりと睡眠時間を確保することと保湿ケアをすることが大切です。MIMURAのトリートメントローションNOUMITUは、潤い補給におすすめの化粧水です。翌朝のしっとり肌をサポートします。

<<Amazon>>

<<楽天>>

 

第2位 肌ラボの極潤プレミアムヒアルロン液

「いつも使っている化粧水では潤いが足りない!」そんなときには、「肌ラボの極潤プレミアムヒアルロン液」がおすすめです。極潤史上最多の5つのヒアルロン酸を配合した化粧水で、濃密パックをした後のようなもちもち肌に。

特徴

極潤プレミアムヒアルロン液は、とろっとしたテクスチャーが特徴的です。とろみの秘密は、こだわりの美容成分を配合していることです。

極潤史上最多、5つのヒアルロン酸を配合。5つのヒアルロン酸はそれぞれ特徴があり、肌の内側と外側から働きかけていきます。

①ナノ化ヒアルロン酸

一般的なヒアルロン酸と比べて約100分の1の小さなサイズ。角質層にまで届いて内側から潤いで満たしていきます。

②ヒアルロン酸

皮膚や軟骨など体のさまざまな部位に存在する、1gで6Lの水分を抱え込む力がある保湿成分です。肌表面を覆って潤いを与えます。

③スーパーヒアルロン酸

一般的なヒアルロン酸の約2倍の保水力を持つ成分です。ギュッと水分を抱え込んで逃がしません。

④肌吸着型ヒアルロン酸

肌に密着するような吸着力で長くとどまり、長時間潤いを守ります。

⑤3Dヒアルロン酸

肌表面に立体的な構造の潤いネットを形成。しっかりと潤いを包み込んだ潤いのネットがしっとり感を保ちます。

さらに、保湿成分のサクランも配合。サクランはヒアルロン酸の5倍の保水力を持つといわれる成分で、ヒアルロン酸の上に薄いヴェールをかけて潤いをパックします。美容液のような化粧水でもちもち肌に。

使い方

洗顔後、適量を取り出して顔全体になじませます。とろみがあるのでコットンよりも手でつけることをおすすめします。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 乾燥しやすい季節はこのとろとろ感がよいです。温めながら使うと肌になじんでいきます。塗った後にはとても肌がもちもちとします。乳液が要らないくらいです。翌朝ももちもちしているので満足しています。近くのドラッグストアで購入できるところもよいです。
  • 保湿すると謳っているクリームを塗っても口の周りがガサガサしてしまう状態でしたが、この化粧水を使うようになって肌の状態が落ち着いてきました。とろみのある化粧水ですが肌に伸ばしやすく、浸透をしてもちもちになります。これまで使ったどんな化粧水よりも濃厚です。手放せなくなりそうです。
  • 手に取り出したとき、化粧水がとろ~んとしていて驚きました。とろっとしているから浸透するのか疑問があったのですが、すぐになじんでくれました。なじみのよさにもビックリ。年々乾燥がひどくなってきているので、この化粧水で乾燥対策していきたいです。
  • 美容液のように濃厚な化粧水です。とろとろ感がとってもよいです。乾燥して皮がめくれるほどだったのですが、少しずつ肌の状態が整ってきたように感じます。乾燥肌なので秋冬にはお世話になっています。

さらさらした化粧水では物足りないときには、とろみのある化粧水を使ってみませんか。

極潤プレミアムヒアルロン酸液は、とろっとしたテクスチャーの美容液のような化粧水です。とろみの秘密は5つのヒアルロン酸とサクランを配合していることです。それぞれ特徴の違う成分が肌の内側と外側から働きかけて、もちもち肌に導きます。

<<Amazon>>

第1位 オルビスユーの化粧水

「これまでのケアとは違うオルビスユー!」

何だか最近肌の調子が悪い、化粧品の効きが悪くなってきた気がする。これらの不調は、細胞脱水のサインかもしれません。

肌細胞に潤いを届ける化粧品が「オルビスユー」です。

これまでのエイジングケアは与えるだけでしたが、オルビスユーは与えるだけのケアではありません。これまでとは違う細胞フィットネススキンケアで肌をサポートします。

<<オルビスユーは数々の美容メディアでベストコスメを受賞しており、現在人気急上昇中です>>

肌細胞のうるおい活性化

肌の調子がイマイチなのは、細胞脱水を起こしているからかもしれません。年齢とともに肌のすみずみに水分が行きわたらなくなり、肌細胞が脱水した状態に。その結果、ハリの低下、くすみ、乾燥などの不調が表れてきてしまうのです。

オルビスユーがたどり着いたのは、「肌細胞のうるおい活性化」です。これまでのエイジングケアは与えることが中心でしたが、オルビスユーは肌細胞のうるおいを活性化させることに着目しました。

化粧品の力を実感するためには、潤いの通り道を作ることが大切です。オルビスユーは潤いの通り道を作り、角質層への浸透力を高めます。そして、細胞が潤いで満たされることで、ハリや透明感のあるイキイキとした肌に近づくことが期待できます。

必要なケアは行いますが、不要なものは与えないシンプルな3ステップケアです。

ステップ1:オルビスユーウォッシュ

モロッコ溶岩クレイを配合。皮脂や毛穴の汚れをスッキリとさせ、明るい肌へと導きます。

ステップ2:オルビスユーローション

リッチなテクスチャーですが肌に触れた瞬間にスーッと浸透。内側からふっくらとした肌を叶える超浸透化粧水です。

ステップ3:オルビスユーモイスチャー

リッチなコクがあるの軽快な使い心地。みずみずしいヴェールで肌を包み込んで、もっちとした手触りの肌に。

3ステップすべて、オイル、香料、着色料は不使用、アレルギーテスト済みです。

使い方

洗顔料、化粧水、保湿液の順番で使用をします。

  1. 洗顔料は、よく泡立てて、泡を転がすように洗ったら、すすぎを丁寧に行います。
  2. 化粧水を手に取り、顔を包み込むようになじませます。
  3. 最後に、保湿液を適量手に取り、顔の内側から外側に向かってなじませます。

口コミ

細胞フットネス?アクアポリン?ちょっと聞きなれない言葉ですが、new ORBISのキーワードです。

普段はSK-Ⅱを使っていますが、やっぱり高価すぎるので変えてみようと思っていたところでした。

アクアポリン(AQP)は細胞の水の輸送を支配するたんぱく質で、年齢や肌ストレスで減少し、ハリの低下やたるみの原因になります。

New ORBISはこのAQPを増やす効果がある3つの成分「キーポリンブースター」を全ての商品に配合しました。

【3種のアクアポリンを発現させる成分】

AQPの活性化で肌が本来持っている力を最大限引き出すように細胞レベルで鍛えることこそが細胞フィットネスです。

ふと力がぬけた瞬間に感じる自然体で美しい肌への充実感「美しさのここち」を実感できますように。

現在使用しているのSK-Ⅱはこんな感じです。

「早速、NEW ORBISを使ってみました!」

シンプルな3STEPと新しいテクスチャーが魅力です。

STEP1:洗顔、泡はまるでメレンゲパック

  1. 顔と手を水かぬるま湯で洗う
  2. 洗顔料を1㎝程泡たてネットに出して少し水を足してキメ細かい泡を作る。
  3. 顔の中心から外側方向へ泡を転がしながら汚れを絡めとる。パックしたように包むので肌を直にこすることはない。
  4. 丁寧にしっかりとすすぐ。20回くらいがよい。

感想は、洗い上りがととにかくすっきりしている。なのにしっとりしていて突っ張りません。気持ちよくて思わずこのまま寝てしましいそうです。顔が明るくなった感じです。ハイドキャッチ成分が次の化粧水のなじみをUPさせているように感じました。

STEP2:化粧水、肌はまるでスポンジ吸収

  1. 手のひらに化粧水を5滴おとす。
  2. 下から上に包み込むようにつける。
  3. 最後に5秒間頬全体をおさえるようにハンドプレスする。

感想は、とろっとした感じが肌に触れると溶けて流れだしてくる”とろパシャ”!つけると、驚くほどスーッと浸透し手には何も残りません。ヴェールを作るのでいったん浸透した後に追加してもかえってべたつきます。なので5滴で十分す。

STEP3:保湿ジェル、まるでスフレケーキのよう

  1. てのひらにスパチュラに軽く1杯(小豆1個分)を取る。
  2. 顔全体にやさしくなじませる。
  3. 目元、口元など乾燥が気になる部分には重ねつけする。

感想は、モチっとした感じがスフレケーキのようだが、べたつくことなく、しっとりしてきます。保湿ヴェールを作るためなのでつけすぎには注意すること。

使用した後の肌効果

リッチな成分=べたつくの予想に反して、さっぱりしていて朝までしっとり感がキープされます。ピローの跡がつかなくなりました( ´∀` )頬を少しつねってみるとモチっとして、これがここち良いんです。

「あのピテラに変われるか?」

⇒正直やっぱりNOです。

確かに保湿力は負けていません。かさつき感は全くなくて、あのアクアポリンが働いたんだなと思いました。念のため使用前後でSK-Ⅱマジックリンクで肌年齢をチェックしました。やっぱり数値は説得力がありますよね。

まあ、数値の出し方にいろんな要素が入るとの批判もありますが、はっきり言って驚きました。野菜中心の食生活に改善したので肌チェックさせてくださいとお願いした3週間後のデータです。

でも鏡の前に立った感想はちょっと違いますほうれい線のあたりが、ちょっと下がった感じがあります。それと毛穴が目立ってきました。

どうしてなの?繊維芽細胞がつくるももの「コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸」

New ORBISは繊維芽細胞の増殖に必要なアクアポリンを活性化するブースターを配合していましたね。つまり繊維芽細胞の活性化です。でもその線維芽細胞が加齢で弱っていればどうでしょうか。

New ORBISは肌が本来持っている力を前提として働きかけるので、エラスチンが急激に減少してくる30代にとっては、とても効果的な方法です。

でも私と同世代であれば、コラーゲンやエラスチンをある程度補ってやる必要があると思います。なので、食事でコラーゲンを取るように意識するとか、オルビスのコラーゲンザビューティーを試してみようと思っています。

最後になりますが、New ORBISは「ちょっと使い続けてみよう!」と思いたくなるスキンケアでした。

いちばん気に入ったのは洗顔です。洗い上りがすっきり明るくなった感じでしかもしっとりしていて、これまでの使用経験から最高ランクです。

New ORBISはSK-Ⅱに負けない保湿力があって、リーズナブルな価格なのでコスパは抜群です。今までちょと我慢していたおしゃれや素敵なランチも楽しめるので、もう少し使い続けてみようと思います。

その他の口コミ

「トライアルが良かったので、大きいサイズをホームページから購入しました。これまで色々なトライアルを試してきましたが、SK-IIと変わらない使用感と効果を感じられているので、非常にコスパが良いと感じています!SK-IIは気分的にスペシャルな日の数日前から使い、オルビスユーは普段使いとして使っています。」

※この方もSK-II(トライアルセット)を使っていたので、その比較の口コミも参考になります!

毛穴が気になる、シミが増えたかも、肌がくすむ、乾燥するし肌が敏感。こんな悩みがありませんか。何か違うケアをしなければと焦りを感じている方もいるのではないでしょうか。

こういった肌の悩みの原因は肌脱水です。肌内部は乾燥をしています。

肌脱水に着目、インナー保湿活性をサポートする化粧品がオルビスユーです。シリーズ満足度は100%です。

気になるのが使用感などについての口コミですが、どのような口コミがされているのでしょうか。

オルビスユーローション

フタを開けてみると、ドバっと出るタイプの口ではありません。ちょうどよい量を取り出せます。

オルビスの化粧品はどれもそうですが、嫌な香りがしません。香りが苦手でも匂いを気にせずに使えます。

この化粧水はテクスチャーが不思議です。手に取ってみるととろみがあるけれど、肌にのせるとスーッと入っていくんです。ハンドプレスをすると肌にぐんぐんと入っていく。同じようなテクスチャーの化粧水でも、これまで使っていたものはツーッと肌から落ちてしまっていて、必死に入れ込んでいました。でも、オルビスユーはさらっとしているのにピタッと密着する感じです。

使ってみて感じたことは、肌の内側から潤っているということです。リニューアル前は化粧水単体だけ使ってみようとは思えなかったけれど、リニューアルして肌内部の潤いが全然違うことを実感しました。

SK-IIと比べ、とろみがあるので顔からしたたれず、ハンドプレスがしやすいです。

オルビスユーモイスチャ

オルビスユーシリーズの中でも一番感動をしたのがモイスチュア(保湿液)です。

リニューアル前は、伸びが悪いしペタッとする感じだったのだけれど、リニューアル後は伸びがよくなっています。スーッと伸びて肌にピタッと。べたつきが気にならないのにしっとりします。保湿力がすごいんです。

1~2分するとサラサラになり、メイクのノリがよくなりました。

オルビスモイスチュアの働きなのかなと半信半疑だったので、顔の半分にだけ塗ってみたのだけれど、翌日塗った方の肌はピンとしたハリが生まれて、化粧のノリが違うんです。顔を洗ってもハリが残っています。

ローションと一緒に使うと肌がよりふっくら、上向きに変わることを実感しました。

SK-IIと比べ、とても良い香りがします。

<<総合評価!>>

頬のコケが気になるし、シワもあったけれど、使うことでハリが生まれてきました。頬のふっくら感が徐々に戻ってきています。そして、化粧のノリがよくもなっています。毎日メイクをするのが楽しくなりました。

毛穴も悩みの一つだったけれど、使うたびに毛穴は目立たなくなっています。オルビスユーを使う前と明らかに違います。敏感肌でも使えたし、これからも使おうと確信を持てました。

twitter上の口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • 肌につけた瞬間にスーッとなじんで、しっとりとして手ざわりになります。べたつきは気になりません。朝起きたときに肌のしっとり感が持続していてうれしくなりました。これからも使い続けたいです。
  • 夜に3ステップでケアをして、翌朝驚きました。脂性肌なのでいつもなら皮脂が結構出ているのですが、オルビスユーでケアした翌日はテカることがなく、肌がしっとりしていました。水分で潤うということを始めて体感しました。肌の調子がよくなってきています。
  • さらっとしていて浸透しやすいところが気に入っています。丁寧にケアをして翌日肌のハリを実感できました。洗顔料は泡がもっちり、化粧水はべたつかない使い心地、保湿液もべたつかずしっとりしました。

オルビスユーは与えるだけのエイジングケアではなく、肌細胞のうるおい活性化に着目しています。肌細胞に潤いが生まれることで、ハリのあるイキイキとした肌に。年齢を重ねるとともに肌細胞は脱水してきます。

潤いを与えてぷりっとしたハリとしっとり感のある肌に近づいてみませんか。

公式ホームページではお得なトライアルセットのキャンペーンを実施中!

7日分のトライアルセットと、ふわふわで抗菌・防臭加工をほどこしたフェイスタオルが付いて「1,000円(税込み、送料無料、翌日発送)」です。新しくなったオルビスユーを是非試してみてください。

⇒公式ホームぺージ:“見た目を変える”化粧水があなたの肌運命を変える



関連記事:

30代40代女性の自分に合う毛穴,ハリ,乾燥,くすみにおすすめの化粧水の選び方

細かい粒子で浸透力が人気!おすすめの化粧水ミストスプレーランキング

20代30代のほうれい線におすすめ!プチプラで人気の化粧水ランキング

使い方でメイク持ちアップ!おすすめデパコスプチプラのミスト化粧水8選

保湿力が良く、美肌や美白に本当に良い!潤う化粧水ランキング

肌荒れでヒリヒリしみる、痛い人必見!おすすめの低刺激化粧水

最新!デパコスとプチプラのおすすめで人気の化粧水ランキング20選

顔のカサカサにおすすめ!保湿力と浸透力が人気の化粧水ランキング

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
・美容家による今年一番のおすすめスキンケアです。
SK-Ⅱや資生堂ホワイトルーセントを使っている女性たちも絶賛!今年一番おすすめしたいオルビスユーのスキンケアの特徴・比較・口コミ←クリック
・ファッショニスタによる今月一番おすすめしたい服装です。
【今月の女性の服装】大人レディースファッションコーデ2019←クリック