肌に優しい!プチプラでおすすめのクレンジングミルクランキング2019

化粧をする女性が毎日使用するクレンジング。

オイルやリキット、ジェル、バーム、クリームそしてミルクと様々な形状のクレンジングが発売されています。

今回はクレンジングミルクとはどのようなクレンジングなのかをご説明します。

肌に優しいクレンジング

毛穴もシミもない、綺麗な美肌って憧れますよね。でも、乾燥肌だから、すっぴんなんて夢のまた夢。そんなすっぴん美人に憧れる、乾燥肌の女性のための、美肌美容法をご紹介します。この美容法を実践すれば、乾燥肌でもすっぴんに自信を持って、外を歩けるようになっちゃいます。

まず、乾燥肌の人にとって、一番肌に負担をかけている行為はクレンジングです。

最近はクレンジング不要の、石鹸だけで落とせる化粧品も増えてきていますよね。でも、そんなクレンジング不要の化粧品は全体的に価格がお高めで、なかなか手がでません。なので、クレンジングによる負担を極力減らし、ダメージを受けた肌へのアフターケアを充実させることで美肌を目指しましょう。

ついつい便利で使ってしまいがちなシートタイプですが、強力なクレンジング力と、ふき取る際の摩擦は肌にとって大きな負担となってしまいます。シートタイプの普段使いは避けるのが鉄則です。

シートタイプ以外では、オイルタイプのクレンジングはクレンジング力は高いものの、肌に必要な油まで洗い流してしまいます。オイルタイプ、ジェルタイプ、クリームタイプ、ミルクタイプの順でクレンジング力が強いので、クリームやミルクタイプの比較的肌に優しいクレンジングを使うようにしましょう。

ここで注意してほしいのは、いくら肌に優しいクレンジングを使ったとしても、肌にメイクが残ったままでは本末転倒だという事です。

ナチュラルメイクの方はクリームやミルクタイプで大丈夫ですが、しっかりメイクの方はジェルタイプやオイルクレンジングでしっかりメイクを落としてください。

クレンジングの次は洗顔です。洗顔料もクレンジングと同じく、洗浄力が強すぎると余分な皮脂まで洗い流してしまし、乾燥肌の原因になってしまいます。保湿成分や美容液成分が配合された洗顔料を使って洗顔してくださいね。

洗顔が終わったらすぐにスキンケアにとりかかりましょう。ブースターや、導入液を使用してもいいですが、濡れた顔にオイルを数滴なじませるのがおすすめです。この手間が、化粧水の肌への浸透力を高めてくれます。

化粧水をつける際にポイントとなるのが、必ず二回以上化粧水を重ねることです。一回目の化粧水が肌に馴染んだら、二回三回と化粧水を重ね付けするようにして下さい。肌の表面がひんやりしてきたな、と思ったらダメ押しでもう一回重ねましょう。しっかり保湿ができたら、美容液を塗ります。この美容液はシミやくすみなど、他の肌悩みに対応したものをぬって大丈夫です。

そして最後に必ずクリームやオイルといった油分で、保湿した肌に蓋をしましょう。

最後に使う油分は、乾燥肌の度合いによって変わります。比較的軽めの方は乳液で十分ですし、感想がひどい方はオイルを塗るのをお勧めします。以上が乾燥肌の人のためのすっぴん美容法です。

クレンジングミルクの特徴

クレンジングミルクはお肌に刺激が少なく、優しくメイクを落としたいという方におすすめのクレンジングです。

クレンジングミルクはオイルやリキットクレンジングのような、しっかりとしたメイクを落とすという目的のクレンジングではありませんが、敏感肌や乾燥肌の人におすすめです。

クレンジングミルクのテクスチャーは乳液状でミルクが柔らかいので、肌を擦らずにメイクを落とせるように設計されています。

潤いを与えながら、しっとりとメイクや汚れを落とす事ができます。ミルクは肌馴染みがいいので、肌全体に広がりやすく、他のクレンジングに比べ擦ってしまう心配がないのです。洗い流す際も、ベタつかず落ちやすいのもお肌に優しく使えるポイントです。

洗浄力の高いクレンジングは油分や界面活性剤を含んでいる場合が多く、界面活性剤はお肌に対する負担が大きく、敏感肌の方が使うとお肌が荒れてしまう可能性があります。

油分は肌の皮脂膜を洗い流してしまい、乾燥肌の方には不向きです。

クレンジングミルクはこれらの成分を含まないものが多く、敏感肌や乾燥肌の方におすすめできるのです。

クレンジングミルクの選び方

次はクレンジングミルクの選び方です。

クレンジングミルクは、

  1. 洗い流すタイプと、
  2. 拭き取るタイプ

のものがあります。

  • 拭き取るタイプはメイクを洗い流すまでに時間がかかり、お肌に負担をかけてしまいます。コットンなどを使用する場合、摩擦も発生します。
  • 洗い流すタイプのものを選んだ方がよりお肌に負担なく優しく使えます。

また、高保湿成分が配合されたものを選ぶと保湿しながらクレンジングを行う事ができます。

セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンなど、お肌に対して優しく、なじみやすい保湿成分が配合されているものがおすすめです。また保湿成分ではないですが、オリーブオイルが配合されているとメイクなどの油汚れに働きかけ、洗浄力もあります。保湿効果も持っているので安心して使っていただけます。

また敏感肌の方は、低刺激の無添加、無香料、パラベンフリー、のもを選ぶといいでしょう。

肌に優しいクレンジングミルクを使いたいけど、ある程度洗浄力が欲しい。そんな方は、濃いアイメイクなどは、アイメイク専用のリムーバーや、オイルクレンジングを使い、ベースメークはクレンジングミルクを使うという方法もあります。

肌全体に負担をかけず、きちんとメイクを落とす事ができます。この方法だと、より多くの人がクレンジングミルクのメリットを実感し、使っていただけます。

今回はクレンジングミルクについてご紹介させて頂きました。敏感肌や乾燥肌、肌にお悩みがあり、「なかなかクレンジングが見つからない」という方は一度クレンジングミルクを試してみてはいかがでしょうか。

刺激が少ない、肌に優しい!プチプラでおすすめのクレンジングミルクランキング

第19位 アベンヌのジェントルクレンジングミルク

温泉に入った後、肌がすべすべになりませんか。温泉水を配合したクレンジングミルクが「アベンヌのジェントルクレンジングミルク」です。

温泉水が肌の土台ををサポートしながら、優しく洗いあげます。

3つのポイント

①温泉水配合

日中、乾燥・紫外線・大気汚染などさまざまな外部刺激の影響を受けた肌は熱を持っています。アベンヌ温泉水は肌の熱をスーッと抑制し、リフレッシュした肌に。

また、カルシウム・マグネシウム・二酸化ケイ素などを含むアベンヌミネラルバランスと、アミノ酸・糖質・ペプチドなどを含むアベンヌバイオコンプレックスが肌代謝をサポート。

温泉水の力が肌の土台を整えていきます。

②肌への負担が少ないミルクタイプ

拭き取りタイプのクレンジングは拭き取る際に摩擦が生まれて肌の負担になります。クレンジングクリームは比較的肌への負担が少ないのですが、固くて使いにくいです。

ジェントルクレンジングミルクは滑らかなテクスチャーでスルッと肌に伸び広がるので、こすらずにメイクとなじませることができます。柔らかなテクスチャーのクレンジングは肌への負担が軽減します。

③香りでリラックス

1日の終わりには、メイクを落としながら香りでリラックス。自然なすがすがしい香りです。

着色料・アルコール・パラベンは無添加、アレルギーテスト済み、パッチテスト済み、ノンコメドジェニックです。

使い方

2wayタイプで洗い流しにも拭き取りにも使用できます。

洗い流す場合の使い方です。手のひらに3~4プッシュを取り出します。くるくる円を描くように汚れとクレンジングミルクをなじませます。その後に水またはぬるま湯で十分に洗い流します。

拭き取る場合の使い方です。手のひらに3~4プッシュ取り出します。くるくる円を描くように優しくマッサージをしながらメイクとなじませます。三角に折ったティッシュを顔の半分に押し当てて拭き取ります。このときにこすらないようにしてください。もう半分も同じように拭き取ります。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 優しいクレンジングを探していてこちらを発見しました。クレンジングミルクははじめてだったのですが、優しい使い心地です。帰宅をしたらまずはクレンジングをして、お風呂に入るまでの間乾燥しません。アイシャドウも何度かくるくるとなじませると落ちました。肌に負担がかからないことがうれしいです。
  • ミルクというよりはクリームに近いテクスチャーです。手に取り出したときはやや硬いかなと感じましたが伸びはよいです。優しい使用感なのにメイクが落ちます。使っていて肌負担を感じないので不快ではありません。洗い流した後はつっぱり感がないです。容器が透明で中身がわかることもよいです。
  • 洗い上がりはしっとりします。すすぎは楽にできました。この後に洗顔をしていますが、洗顔をしても肌が乾燥しません。化粧水や乳液が肌にきちんと届くような気がします。

アベンヌのジェントルクレンジングミルクは、温泉水を配合したクレンジングです。ミルクタイプなので滑らかに広がり肌負担は少なめです。優しい使い心地でありながらもメイクを落ちします。

クレンジングによる肌の負担が気になる、クレンジング後に肌がつっぱる、こんな方におすすめです。

第18位 毛穴撫子の重曹クレンジングミルク

毛穴のぶつぶつやデコボコなど、毛穴の悩みを抱えていませんか。洗顔では毛穴の汚れを落としにくいですよね。

毛穴の悩みを抱える方におすすめが「毛穴撫子の重曹クレンジングミルク」です。メイク汚れを落としながら、毛穴の悩みに働きかけます。

重曹ですっきり

毛穴撫子の重曹クレンジングミルクは、重曹を配合したミルクタイプのクレンジングです。

ぶつぶつが目立ついちご毛穴の原因は、毛穴にたまった角栓です。古い角質と皮脂が混ざり合うと角栓が形成されます。角栓が毛穴をグイグイと押し広げて、ぶつぶついちご鼻に。重曹は角栓を毛穴の奥からジュワジュワっと浮かせてスルンとオフします。

デコボコオレンジ毛穴の原因はカチカチの角質です。乾燥、睡眠不足、保湿不足、加齢などが原因で肌の生まれ変わりが滞ると、肌表面には古い角質が蓄積をします。乾燥して固くなった古い角質が、毛穴を開いたまま固定することでデコボコと目立つ毛穴に。重曹は古い角質を柔らかくしてつるんとさせます。

毛穴撫子の重曹クレンジングミルクは毛穴の悩みに働きかけるだけでなく、メイク汚れも落とします。洗い上がりはつるつる。温泉水配合なのでクレンジング後の肌の潤いを守ります。

使い方

手のひらに2~3プッシュ取り出し、毛穴が気になる部分やメイクとなじませます。汚れとなじんだら、水またはぬるま湯で洗い流します。濡れた手でも使用できます。

使用量が少ないとクレンジングの際に摩擦が生まれて肌の負担になるので、適量を使うようにしてください。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 白くて光沢のあるミルクです。とろっとしたとろみのあるテクスチャーです。ふんわりと柑橘系の香りがして癒されます。化粧下地、日焼け止め、CCクリーム、ルースパウダー、フィルムタイプのマスカラなどでメイクをしているのですが、優しくなでると落ちてくれました。感動したのがフィルムタイプの落ちです。フィルムタイプはお湯では落ちるけれど、クレンジグで落ちにくいものがあるんです。このクレンジングは、フィルムマスカラとなじませるとまつげからスルッと落としてくれました。すっきりした洗い心地で快適です。
  • ミルクタイプは落ちが悪い印象があったのですが、これは重曹が配合されているので毛穴の奥から汚れを落としてくれるように感じます。マスカラもちゃんと落としてくれました。肌に優しい使い心地で、洗い上がりはしっとりもちもちです。ザラツキがなくなり、小鼻の毛穴も目立たなくなったように感じます。
  • ベースメイクは問題なく落ちています。初めて使ったとき、洗い上がりがつるつるで毛穴が目立ちにくくなり、驚きました。汚れを落としてもひどい乾燥は感じません。小さめサイズの容器ですぐになくなりそうに思ったのですが、1回に4プッシュ使っても3か月くらいもちました。続けたら毛穴レス肌になれそうで期待しています。

毛穴撫子の重曹クレンジングミルクは、メイクを落としたい、毛穴が気になる、こんな方におすすめです。重曹配合のミルクが角栓や古い角質に働きかけて、洗い上がりはしっとりつるつる肌に。ぶつぶついちご鼻やデコボコ毛穴のためのクレンジングです。

第17位 ハッチのクレンジングミルク

クレンジングの目的はメイク汚れや不要な皮脂汚れを落とすことです。でも、落とし過ぎるクレンジングは洗い上がりがつっぱってしまいます。カサカサして仕方がない、乾燥して肌トラブルが気になるといった悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか。

落とすことも大切だけれど潤いを守ることも大切です。潤いを守りながら落とすクレンジングが「ハッチのクレンジングミルク」です。みずみずしく洗いあげます。

3つのおすすめポイント

①うるおい力

メイクや皮脂汚れが肌に残っていると酸化をして肌に刺激を与えてしまいます。そのため、メイクをした日にはきちんとクレンジングで落とすことが大切です。

でも、洗浄力が強すぎると肌に必要な潤いまで落とされてしまい、洗いあがりは肌がカサカサになってしまいます。乾燥が進行をすると、肌のバリア機能が落ちて敏感になったり、肌表面の角質層の構造が乱れて小ジワができてしまうなど、さまざまなトラブルの原因になります。

ハッチのクレンジングミルクは潤いを守りながら汚れを落とすクレンジングです。洗い流した後の肌はしっとりに。美容成分85%以上配合。はちみつ、ローヤルゼリー、シルク、オリーブ油などが潤いを守りながらみずみずしく洗いあげます。

②スキンケア

ただ落とすだけでなくスキンケアも。

アルガンオイルやビタミンEなどをはじめとした美容成分が、毎日頑張っている肌をいたわります。スキンケアしながらクレンジングをすれば、キメが整った肌に。クレンジングは毎日のようにするものなので、クレンジングと同時にスキンケアもできるとうれしいですね。肌への優しさを考えた香料、着色料、パラベン、アルコールは無添加です。

③質感、香り

まろやかなテクスチャーで肌への摩擦を軽減しながら洗えます。はちみつをベースにしていて、ハニーミルクのような香りがふんわりと広がり、クレンジングタイムが幸せなひと時となることでしょう。

使い方

適量を手に取り、顔全体をマッサージするようにメイクとなじませます。使用量が少ないと摩擦が生まれて肌が傷つくので、適量を使うようにしてください。その後に水またはぬるま湯で洗い流します。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 優しいミルクのような香りが広がって癒されます。この香りでリッチな気分にもなります。滑らかなミルクがメイクとなじんで、クレンジングをするのが楽しくなります。洗い上がりはしっとりします。このクレンジングを使った翌日は肌の調子がよいように感じます。
  • ミルククレンジングは初めて使いました。洗い上がりに肌がつっぱらないことがよいです。ナチュラルメイクならこれだけで落とせると思います。甘い香りも好みです。今までクレンジングオイルを使っていたのですが、もっと早く購入していればよかったです。
  • 敏感肌なのでミルクやジェルのクレンジングを使っています。もともと濃いメイクはしていなくて、普段のメイクはアイメイクも落とせます。このクレンジングは香りと肌がつっぱらないところが好きです。

汚れを落とすことも大切だけれど、潤いを残すことも肌への優しさのためには大切です。ハッチのクレンジングミルクは、潤いを守りながらみずみずしく洗いあげるクレンジングです。優しく洗ってキメの整った健やかな肌を目指しませんか。

第16位 ナチュラルサイエンスのママ&キッズクレンジングミルク

クレンジング後、肌がかさつくことがありませんか。汚れだけでなく肌の潤いまで奪い取ってしまうと肌の負担になります。負担をかけ続ければ、カサカサ肌やシワなどのトラブルを起こしてしまうことが。

優しく洗いたい方におすすめが「ナチュラルサイエンスのママ&キッズクレンジングミルク」です。美容成分94%配合のクレンジングミルクが、メイク汚れや毛穴の奥の汚れを洗い落とし、潤い肌に整えていきます。

特徴

ママ&キッズクレンジングミルクは美容成分94%でできたクレンジングミルクです。植物性スクワラン・セラミド・3種のアミノ酸、スーパーオリゴなどの保湿成分を配合しています。だから、洗うほどに潤った肌に。しっとりもちもちな肌に整えていきます。

ただ優しいだけでなくメイク汚れをすっきりオフ。ファンデーションも口紅もなじませるだけですっきりとさせます。肌表面のメイク汚れを落とすだけでなく、毛穴の奥の汚れやキメの汚れまで落としていきます。

すっきりオフするのに潤いを守る秘密はクレンジングミルクの仕組みにあります。ミクロ分散した洗浄成分が肌全体に広がっていき、潤いのバランスを保ちながら汚れだけを包み込んで浮かせて落とします。だから、すっきりしてもしっとりは残るのです。

そして、肌のことを考えた低刺激性です。香料・着色料・パラベン・アルコール・鉱物油・石油系界面活性剤は無添加、弱酸性です。

使い方

最初にポイントメイクを落とします。コットンにクレンジングミルクを取り、ポイントメイクの上に10秒ほどコットンを置いてから拭き取ります。

乾いた手のひらにクレンジングミルクを適量取り、両頬・額・鼻・あごの5か所にのせて顔全体に広げます。くるくると円を描くように汚れとなじませて、その後にぬるま湯で十分に洗い流します。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • クレンジングオイルでは肌が乾燥するので使えなくて、小鼻の周りの汚れが目立ってきたので早くクレンジングを見つけなくちゃと焦っていました。このクレンジングはミルクで優しくしっとり洗いあげてくれます。優しいのにメイク落ちがよくて、小鼻の汚れが目立たなくなってきたように感じます。クレンジングジプシーしていましたが、これはよいと思えるものに出会えました。
  • 肌に優しいところが好きです。柔らかい使用感でお湯で落ちるマスカラやファンデーションは落とせます。洗い流した後はしっとりもちっとしています。肌の潤いを適度に残してくれるので乾燥肌に使って欲しいです。
  • 肌が荒れてなかなか治らず、知人に勧められて使い始めました。1か月以上使っていますが、ヒリヒリすることはなく、肌トラブルもなく使えています。肌を守りながら洗いあげてくれるような使用感です。

クレンジングをするたびに肌に負担をかけていると感じることがありませんか。肌がつっぱったり、カサカサがひどくなったり、肌トラブルを起こしたり、なんてこともあると思います。

ママ&キッズクレンジングミルクは、優しい使い心地のクレンジングです。美容成分94%配合で、汚れだけを包み込んで洗いあげていきます。メイク汚れとなじんですっきり、なのに潤いを守って洗いあげます。

第15位 マルティナオーガニックスキンケアのシアーナクレンジングミルク

肌が敏感なとき、優しくいたわるようにメイクを落とすクレンジングが「マルティナオーガニックスキンケアのシアーナクレンジングミルク」です。美容液のようなクレンジングミルクが、しっとり柔らかな肌に洗いあげます。

3つのおすすめポイント

①石油由来の界面活性剤不使用

石油由来の界面活性剤はメイク落ちがよいかもしれませんが、肌が敏感になっているときには肌負担になる可能性があります。

シアーナクレンジングミルクは植物由来の乳化剤を使用し、石油系界面活性剤は不使用です。肌への負担が少ない処方で、健やかな肌環境を保つために欠かせないバリア機能を守りながら汚れを落とします。

②シアバター配合

シアバターは、西アフリカから中央アフリカに育つシアの木の実から得られる油脂です。古くから、火傷や筋肉痛、紫外線による乾燥からの保護などに使われてきました。人の皮脂と似た性質を持ち、肌なじみがよい特徴があり、潤いを閉じ込めるように守ります。

③シンプルなケア

敏感になっている肌は、エタノールや香料などにも反応をしてしまうことがあります。デリケートな肌のことを考えて、シアーナクレンジングミルクは香料・エタノール不使用です。

ほのかなローズの香りがしますが合成香料ではなく、原料として配合しているダマスクバラ水によるものです。

使い方

手のひらに5~6プッシュを取り出し、くるくると円を描くようにメイクとなじませます。指の滑りが悪くなってきたら、ぬるま湯で洗い流します。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • オイルタイプや拭き取りタイプなどいろんなクレンジングを使ってきたけれど、このクレンジングに戻ってきます。敏感は肌でいつも肌に触れるものには気を遣って選んでいるけれど、このクレンジングは余計なものが入っていないしオーガニックだから心地よいです。メイクとなじませてからホットタオルを顔に当てて拭き取り、その後にぬるま湯で洗い流すとすっきりします。優しい使用感が好きです。
  • 20代のころはどんなクレンジングでも問題なかったけれど、年齢を重ねて肌が乾燥ぎになってきて、このクレンジングを使ってみました。肌がつっぱるほどバッチリな洗浄力のクレンジングを使い続けていた人にとっては違和感があるかもしれないけれど、残すべきものは残してくれる洗いあがりです。数日間使っていたら肌がふっくらしてきました。リピしたいです。
  • ゆるいテクスチャーのミルクです。たっぷりと手に取り出してマッサージするように洗い、その後に洗い流すと肌がふかふかな仕上がりに。毛穴がすっきりとして、ツヤ感が出たように思います。合成界面活性剤不使用だけれど、ノンケミカルのメイクをきちんと落としてくれます。敏感肌でも安心して使えるようなアイテムです。

毎日のクレンジングで肌に負担をかけていませんか。マルティナオーガニックのシナーナクレンジングミルクは、敏感になっている肌を保護するように汚れを落としてくれるアイテムです。美容液のようなクレンジングが敏感になりがちな肌をケアしながら、ふっくら柔らかな肌へと洗いあげていきます。

季節の変わり目など肌不調を起こしやすいときにおすすめです。

第14位 YAECOのオーガニックカカオクレンジングミルク

クレンジング後は肌がつっぱったり、ガサガサすることがありませんか。クレンジングは毎日するもの。毎日肌の潤いを奪ってしまうようなクレンジングをしていると、肌トラブルを起こす心配があります。

潤いを守りながらしっとり洗いあげるクレンジングが「YAECOのオーガニックカカオ クレンジングミルク」です。植物由来成分99.8%のクレンジングがしっとり肌に洗いあげます。

3つのおすすめポイント

①オーガニックカカオバター配合

カカオバターはカカオ豆から採れる脂肪分のことで、オレイン酸、パルミチン酸、ステアリン酸などが含まれていて、肌を保湿する働きがあります。脂質は酸化されやすい性質がありますが、カカオバターには天然の酸化防止剤が含まれているので腐りにくい特徴があります。

オーガニックカカオバターを配合したクレンジングは洗いあがりがしっとりです。

②ミルクタイプ

ミルクタイプのクレンジングは滑らかな使い心地で、洗いあがりがつっぱりにくい特徴があります。オーガニックカカオ クレンジングミルクは手に取り出したときはミルク状なのですが、メイクとなじませているとオイル状に変化をします。

オイルやクリームよりもマイルドな使い心地です。

③ダブル洗顔不要

肌がつっぱってしまう原因はクレンジングに配合されている洗浄成分だけでなく、ダブルクレンジングも関係しています。何度も顔を洗っていると肌に存在する潤い成分が洗い流されてしまい、肌がつっぱってカサカサになってしまうのです。

ダブル洗顔をやめることが肌の潤いを守るためのポイントです。オーガニックカカオ クレンジングミルクはダブル洗顔不要。肌への負担が軽減します。

着色料、合成香料、鉱物油、パラベン、シリコン、フェノキシエタノール、石油系界面活性剤は不使用です。

使い方

適量を手に取り出し、顔全体に広げてマッサージをするようにメイクとなじませます。よくなじんだら水またはぬるま湯で洗い流します。マツエクにも使用できます。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • カカオバターを使ったクレンジングってどんなだろうと思って使ってみましたが、カカオの香りはしません。肌の上でマッサージをしていると次第にオイル状に変化をして、すっと軽くなる瞬間があります。ミルクタイプなので肌に優しく、洗いあがりはつっぱりません。ぬるぬるした感じはなくて潤っている感じです。お風呂上りに肌がパリパリしないのでリピしたいです。
  • ミルクタイプのクレンジングはメイク落ちが悪いものがあるけれど、これはメイクが落ちます。テクスチャーはゆるめです。ゴシゴシこする必要がなく、するっと落ちました。クレンジングオイルは肌がつっぱることが苦手でしたが、このクレンジングはつっぱらずにしっとり感が残ります。自然な香りなことも使いやすいです。

YAECOのオーガニックカカオ クレンジングミルクは、クレンジング後のつっぱりが気になる方におすすめです。植物由来成分99.8%、オーガニックカカオバターを配合したクレンジングミルクがしっとりと洗いあげます。潤いを守りながらもメイクを落としてしっとり洗いあげるクレンジングです。

第13位 アユーラのメークオフミルク

乾燥や紫外線のダメージを受けた肌はクレンジング剤にも敏感です。

肌をいたわりながらメイクオフしたいときには「アユーラのメークオフミルク」がおすすめです。汚れをしっかり落とすのに、肌をいたわりながらしっとりと洗いあげます。

3つのおすすめポイント

①肌に優しい

クッション性のある美容成分を含んだミルクタイプのクレンジングです。スルスルと伸びる柔らかさとクッション性を備えているので、肌への摩擦を抑えながらメイクとなじませていくことができます。

メイクオフしているときには、ベルガモット・ゼラニウム・スイートオレンジの精油をブレンドしたアロマの香りが漂い、肌だけでなく心にも心地よいです。

②素早く洗い流せる

メイクとなじんだ後に水を加えると、汚れをキャッチしたオイル成分が水の中に分散していきます。だから、素早く洗い流せてべたつきの残らない洗いあがりです。配合しているオイルは米ぬか油で、皮脂に近い構造をしているの肌なじみがよい特徴があります。

③もちもちとした洗いあがり

リペア型ヒアルロン酸が汚れを洗い流した後の肌にヴェールを形成。保湿作用のあるリペア型ヒアルロン酸による潤いの膜が、洗いあがりの肌をしっとり柔らかく整えます。

汚れをしっかりオフするのに洗いあがりはみずみずしく、クレンジング後に肌がつっぱってしまう方におすすめな洗いあがりです。

着色料・鉱物油・香料・アルコール・防腐剤(パラベン)は無添加。弱酸性・アレルギーテスト済み・敏感肌の方の協力によるパッチテスト済みです。

使い方

手のひらに2から3プッシュ分を取り出し、顔全体に広げてメイクとなじませます。メイクとよくなじんだら、水またはぬるま湯で洗い流します。濡れた手でも使用できます。一般的なグルーを使っているマツエクの場合は、アユーラのメークオフミルクを使うことができます。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • とろみがあってみずみずしいミルクです。さっと伸ばすことができるし、クッション性があるので優しくマッサージしながらメイクとなじませることができます。天然オイルの爽やかな香りもよいです。肌に負担をかけずに落ちにくいアイメイクを落としてくれて感動しています。洗い流した後は肌が柔らかくもっちりとします。翌朝の肌はメイクのノリが違って驚きました。もう手放したくないクレンジングです。
  • とろんとした乳液のような使用感です。爽やかな柑橘系の香りに癒されます。ミルクタイプのクレンジングはウォータープルーフのメイクを落としにくいことがありますが、肌に刺激を与えずにポイントメイクと落としてくれました。くるくると優しくなじませていけば大丈夫です。洗い流した後は肌がもっちりとした手触りで、必要な潤いを残してくれているように感じます。敏感肌でも安心して使えそうです。

乾燥や紫外線など普段から肌は刺激を受けています。ダメージを受けた肌は優しくいたわって洗ってあげませんか。

アユーラのメークオフミルクは、優しいのにしっかりメイクオフするクレンジングです。美容成分を配合したクッション性のあるミルクが、汚れを落としても潤いは守って洗いあげます。普段クレンジング後に肌がつっぱってしまう方は、洗いあがりの違いに驚くことでしょう。

第12位 unhautのホリスティッククレンズミルク

よく落ちることと肌にいいことをクレンジングに求めている女性は少なくありません。しかし、よく落ちることと肌にいいことの両立はこれまで難しいとされていました。

しかし、理想のクレンジングが遂に登場。よく落ちることと肌によいことを考えたクレンジングが「unhautのホリスティッククレンズミルク」です。特許製法を応用したクレンジングが、毛穴の汚れ、皮脂、メイクなどを引き寄せて、つるんとしっとりした肌に洗いあげます。

特徴

よく落ちることと肌にいいことを両立させるのは難しいです。よく落ちるものは肌に負担がかかってしまい、肌にいいものは汚れ落ちが悪いのです。しかし、ホリスティッククレンズミルクはこの2つを両立させました。

よく落ちる秘密は引力を特許製法でクレンジングに応用していることです。分子と分子の間には互いに引き寄せあう力が生まれるのですが、この力を応用しています。だから、界面活性剤の力に一切頼らずにメイク、皮脂、毛穴の汚れなどを吸着。ウォータープルーフのアイメイクもティントリップもするん。マツエクにも使えます。

臨床試験で効能評価試験済み。毛穴汚れ、保湿効果、目元の乾燥小じわ、ハリ効果があることが確認されています。

さらに、99%以上が美容成分だから美肌をサポート。ストレス耐性の高い4つの植物から抽出した植物エキスやホホバオイルなどを配合しています。植物エキスは保湿力が高く、その力はヒアルロン酸の10倍にもなります。汚れは落としても洗いあがりはしっとりです。

アルコール、界面活性剤、フェノキシエタノール、紫外線吸収剤、合成香料、着色料は無添加です。86%が毛穴に実感、93%が乾燥小じわに実感をしています。

使い方

ポンプ式のクレンジングです。適量を手に取り出し、顔全体に広げてメイクとなじませます。その後に水またはぬるま湯で洗い流します。濡れた手でも使用できますが、乾いた手で使用した方が汚れ落ちがよいです。

口コミ

口コミにはいかのような声がありました。

  • 臨床試験がきちんとされていたり、よく落ちるのに肌にいいことに惹かれて購入をしました。使ってみてビックリしています。よく落ちていて、その上洗いあがりがもちもちとします。夜に使って朝までもちもちしているので保湿力が高いのだと思います。乾燥肌・敏感肌の私でももっちりを実感しています。
  • ポンプから手に取り出してみるとミルクのような見た目とテクスチャーですが、メイクとなじませているとオイルのようなテクスチャーになります。お花のような香りに癒されながら洗えます。マツエクにも使えるところがうれしいです。しっかり落ちるのに99%以上が美容成分でできているから肌によくて、敏感肌の私でも使えました。洗いあがりがしっとりするところが気に入っています。

汚れ落ちがよいことと肌によいことを両立するのは難しいとされていましたが、unhautのホリスティッククレンズミルクはそれを両立させました。

秘密は特許製法にあります。界面活性剤を一切使用せずにウォータープルーフのアイメイクやティントリップも落とします。よく落とすのに洗いあがりはしっとり。きちんと汚れを落としたい、肌に負担をかけたくない、そんな方におすすめです。

第11位 RF28のクレンジングミルク

メイクをしっかりと落としたい、でも潤いは残したい。こんな望みに応えてくれるようなクレンジングが「RF28のクレンジングミルク」です。美容成分を配合したスキンケア発想のクレンジングが、メイクを落としながらもしっとりとした肌に導きます。

3つのおすすめポイント

①95.2%が美容液成分

しっかり落ちるクレンジングは、洗いあがりの肌が乾燥してつっぱることがありませんか。きちんと落とすことと、潤いを守ることは難しそうですよね。でも、RF28 クレンジングミルクは洗いあがりの肌がしっとりに。

美容液成分を95.2%配合。配合している美容成分は、ヨーグルトホエイ・ダイズ発酵エキス・マカデミアナッツグリセリズ・キシリトールなどです。ミルクがメイクとなじんで落とした後の肌を乾燥によるつっぱりから守り、しっとり柔らかな肌に洗いあげます。

②すっきり落とす

メイクとなじみがよいエモリエント成分を配合しているので、ミルクが顔を包み込むようにしてすっきりと洗いあげます。肌の上を軽くなでるだけでベースメイクはすっきりオフ。美容成分を配合しているので肌の負担を軽減します。

③天然精油の香り

ゼラニウム・フェンネル・オレンジ・ベルガモットの4種類の天然精油を組み合わせた豊かな香りです。手に取り出したときに香りが広がり、1日のリラックスタイムに。

使い方

手のひらに3から4プッシュを取り出します。内側から外側に円を描くように、頬・目元・額・あごまで広げてメイクとなじませます。小鼻の周りは汚れ残りやすいので、指の腹を使って丁寧になじませます。その後に水またはぬるま湯で洗い流します。

ウォータープルーフなど落ちにくいメイクは、専用リムーバーの使用がおすすめです。濡れた手でも使用できます。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • ポンプ式なので片手で出せて楽チンだし、適量を取り出すことができます。手に取り出してみると柑橘系のよい香りがします。ふんわりとした香りなので香りが苦手な人でも使いやすそうです。ミルクはメイクとなじみがよく、あっという間にベースメイクを溶かしてしまいました。メイク汚れはしっかり落とすのに保湿されていて、理想の洗いあがりです。
  • 癒し系の香りがよいです。大豆発酵エキスやヨーグルトホエイなどの美容成分が配合されているところに惹かれて使ったところ、洗いあがりが乾燥しません。保湿されればいいかなと思ってメイク落ちは重視していなかったのですが、メイクはしっかりと落ちました。ごしごしこすらなくても汚れが取れています。
  • ポンプをプッシュして取り出せるし、ミルクが柔らかいので使いやすいクレンジングです。柔らかくて伸ばしやすのに垂れてくることがありません。優しい使用感なのでクレンジング力はどうかと思ったのですが、アイラインも落ちて驚きました。メイク落ちも潤い力も優秀だと思います。

しっかりとメイクを落とせる、洗いあがりはしっとり。こんなクレンジングがあったらいいと思いませんか。RF28 クレンジングミルクは、そんな理想に応えてくれるような使用感です。美容液成分95.2%配合の優しい使用感を試してみませんか。

第10位 イーキューブのクレンジングミルク

クレンジングをするたびにもちもちの手触りを実感。そんなクレンジングが「イーキューブのクレンジングミルク」です。極上の肌当たりのクレンジングミルクが、毛穴の汚れまですっきりとさせながらもしっとりと洗いあげます。

特徴

クレンジングミルクはクレンジングオイルに比べてまろやかな肌当たりで、洗っている最中の肌の摩擦を抑えられる特徴があります。

しかし、イーキューブのクレンジングミルクは、一般的なクレンジングミルクよりもさらに肌当たりにこだわっています。さまざまなタイプの肌の方に優しく使ってもらえるように、肌当たりにトコトンこだわった使い心地で、とろけるように肌の上に伸び広がっていきます。

そして、洗いあがりはしっとり。クレンジングミルクはオイルに比べて汚れ落ちが悪いイメージがありますが、毛穴の汚れもすっきりとさせます。嫌なべたつきが残りにくくすっきりとさせるのに、しっとりとした潤いも実感。オリーブオイル、セラミド、アボカドオイル、アルガンオイル、温泉水などの保湿成分が洗いあがりの肌のしっとりを保ちます。

イーキューブは天然素材を主原料とした化粧品を販売しているブランドで、合成香料、着色料、鉱物油、石油系界面活性剤などは一切使用していません。バラの香りがしますが、これは天然精油によるものです。天然ノバラの香りに包まれながらクレンジングできます。

使い方

乾いた手に5~6プッシュを取り出し、顔全体に広げます。頬や額など広い面からくるくると円を描くようにメイクとなじませていきます。小鼻の周りは汚れがたまりやすいので丁寧に洗います。

メイクとなじんだら、水またはぬるま湯で洗い流します。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • クレンジングオイルを使っていましたが、乾燥が気になってきたのでこちらを使ってみました。少量でもメイクが落ちて、乾燥をすることがありません。ミルクタイプはヌルツキが残るかと思いましたが、ヌルヌルとすることがなく使い心地がよいです。これだと思えるクレンジングミルクに出会えました。
  • オイルタイプが苦手でも汚れ落ちがよいのでオイルタイプを使っていました。このクレンジングミルクに出会ってからは、やっと安心してクレンジングできるようになりました。メイク汚れはよく落ちるし、ミルクタイプにありがちなヌルツキはありません。乾燥することはなく、肌がふっくら柔らかくなりました。1か月ちょっともつのでコスパがよいと思います。
  • ミルクタイプなのにメイク落ちがよいです。よく落ちるけれど乾燥しなくて優しい使い心地が好きです。オイルタイプと比べると洗った後の肌の柔らかさがまったく違います。肌がふわっと柔らかくてもちもちなんです。上品なローズの香りがして、思わず深呼吸したくなります。使うようになってよかったなと思えるクレンジングです。

クレンジングミルクは、汚れ落ちが悪かったり、流した後にヌルヌルが残ったりするイメージがありますが、イーキューブのクレンジングミルクなら毛穴の汚れもすっきりとする汚れ落ちで嫌なヌルツキがなく、それでいてしっとりもちもちな洗いあがりです。

オイルタイプでは肌が乾燥する、肌に優しいものを使いたい、ヌルツキが苦手、そんな方におすすめです。

第9位 優しく洗うママバタークレンジングミルク

ラベンダーの香りに包まれながらクレンジング。All Aboutベストコスメ大賞2014第3位やMAQUIA ONLINEクチコミ件数月間ランキング第1位に選ばれているクレンジングミルクが、「ママバター クレンジングミルク」です。

保湿成分配合でしっとりした洗いあがりなので、クレンジング後の肌のつっぱりが気になる方におすすめです。

肌しっとりの秘密

クレンジング後に肌がつっぱる、肌がガサガサになる、こんな経験がありませんか。クレンジングには洗浄力が強い成分が配合されていて、肌にもともと存在する潤い成分が洗い流されてしまいます。また、洗浄成分は肌のバリア機能を低下させて、それも乾燥する原因です。

ママバタークレンジングミルクには、天然由来保湿成分のシアバターが配合されています。配合量はなんと5%です。さらに、10種類のオーガニック植物原料も配合をしています。

ママバタークレンジングミルクは、肌になじむミルクタイプです。オイルタイプの場合、クレンジングをするときに摩擦が生じて肌のバリア機能を低下させてしまいますが、ミルクタイプの方が肌の摩擦が軽減します。

シリコン、合成香料、合成着色料、鉱物油、パラベンは使用していません。ラベンダー油配合で香りがします。

使い方

手や顔が乾いた状態で、さくらんぼ1粒分を手に取り、顔全体に広げてマッサージをするようにメイクとなじませます。メイクとなじんだら、水またはぬるま湯で洗い流します。W洗顔は不要です。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 敏感肌で肌に優しいクレンジングを探していました。ミルクというよりジェルに近いテクスチャーです。このクレンジングに変えたら吹き出物がみるみる減っていきました。クレンジングの大切さを実感しています。香りはラベンダーでとってもよいです。
  • これ1本ということに惹かれて購入しました。ラベンダーの香りが期待していた以上によいです。使用感もよいです。マスカラやアイラインなどケミカルなものを使っているけれど落ちます。洗顔後肌はがつるつる、でもつっぱりません。
  • 自然派のものはメイク落ちが悪い印象があったけれど、ウォータープルーフのマスカラも落ちました。W洗顔不要なものはヌルツキが残るので苦手だけれど、このクレンジングミルクはヌルツキ残りません。朝の洗顔にも使えるので、朝にも使ってみたいです。
  • ナチュラルメイクしかしない私にはこれで十分です。クレンジング後も肌がしっとりしています。値段は手ごろだし、信頼できるブランドです。

保湿成分配合、洗い上がりはつっぱりにくいクレンジングが、ママバターミルククレンジングです。

保湿成分のシアバターを5%、オーガニック植物成分を配合しています。ミルクタイプだから肌に伸ばしやすいことも特徴です。伸ばしやすいクレンジングは、クレンジング時の摩擦を防ぐことができます。ラベンダーの香りも好評です。

第8位 ケサランパサランのクレンジングミルク

クレンジングミルクは潤いを残してくれる特徴がありますが、メイク落ちが悪いという欠点があります。潤いを残す優しさは欲しい、でもメイクをしっかり落としたい、そんな悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか。

潤いとメイク落ちを両立させたクレンジングが「ケサランパサランのクレンジングミルク」です。

特徴

クレンジングには、オイル、ジェル、クリーム、ミルクなどさまざまなタイプがあります。オイルタイプはメイクを落とす力が高い一方、肌に必要な潤いまで奪ってしまい、クレンジング後に乾燥を感じやすい特徴があります。ミルクタイプは一般的にはオイルタイプに比べるとメイク落ちは優しく、肌の潤いを守りながらメイクをオフします。しかし、メイクがしっかり落ちないことも。

ケサランパサランのクレンジングミルクは、ミルクタイプなのにメイク汚れをすっきり洗浄。不要な汚れを落としながらも、潤いヴェールで守って洗い上がりはしっとり。

秘密は「潤いゲル構造」にあります。

潤いゲル構造とは、キューブ状のクレンジング成分を保湿成分で包み込んだものです。クレンジング成分がメイク汚れを浮き上がらせ、保湿成分がヴェールをかぶせたように肌のしっとり感を守ります。

濡れた手でも使用できるので、お風呂でクレンジングする際にも便利です。マツエクをしている方でも使用できます。

使い方

手のひらに1プッシュを取りだし、アイメイクを先に落とします。目元はデリケートなので強くこすらないようにメイクと優しくなじませてください。

次に3~4プッシュを取り出し、顔全体になじませてメイクを浮かせます。メイクとよくなじんだら水またはぬるま湯で洗い流します。しっかり落としたいときには、乾いた手や顔に使用することがおすすめです。

ダブル洗顔は不要です。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • ケサランパサランのマツエクに通っていて、そこで勧められて使っています。マツエクに使えることはもちろんですが、ミルクなのに高い洗浄力を発揮します。洗いあがり後は肌がまっさらになった感じがします。かといってつっぱることはありません。テクスチャーは固すぎずゆるすぎず、垂れてくることがないのでストレスフリーです。これを使うようになって肌の調子がよいように感じます。
  • 2プッシュ使用でアイメイクもしっかり落ちました。拭き取り化粧水を使ってもコットンが汚れないので、きちんと落ちているのだと思います。洗い流し後はしっとり感が残っています。クレンジング中はローズの香りで癒されます。目にしみることはないし、肌トラブルも起きずに使えることもうれしいです。
  • 癒されるようなローズの香りがするクレンジングです。ローズの香りはしばらく残っていて心地よいです。しっかりアイメイクを落としてくれるのに、洗い上がりはつっぱりません。普段ダブル洗顔をしてしまうのですが、それでもつっぱらないので肌に優しのだと思います。

ミルククレンジングなのにメイクをしっかりオフ、洗い上がりの潤いを守ってくれるクレジングが、ケサランパサランのクレンジングミルクです。

クレンジングをしてもメイク汚れが残っている気がする、洗い上がりのつっぱりが気になる、こんな方におすすめです。

第7位 チャントアチャームのクレンジングミルク

自然由来のクレンジングは、肌に優しそうだけれど汚れ落ちがいまいちだと思っていませんか。

自然成分にこだわっているのに水系メイクからハードなメイクまで落とすクレンジングが「チャントアチャームのクレンジングミルク」です。

汚れをキャッチしてしっかりオフするのに、洗い上がりのしっとり感を守ります。

汚れをオフするのにしっとりな洗い上がり

チャントアチャームは自然成分にこだわって作られたコスメです。

太陽がサンサンと降り注ぐ自然農園で栽培された天然ハーブ、ミネラルをたっぷり含む天然アルプスの温泉水、肌の潤いを守る大切な役割をしている天然由来アミノ酸を配合しています。

クレンジングミルクはぽってりとしたテクスチャーです。肌の上にのせてくるくると円を描くようにマッサージをすると、クレンジングミルクが緩んでメイクとなじんできます。ナチュラルなメイクならするっとオフ。ハードなメイクにも対応をしています。マツエクをしている方でも使用できます。

洗い流すとメイク汚れがすっきりしているのにしっとり感も。植物の力が肌のすみずみに行きわたり、クレンジング後のつっぱりを防ぎます。

天然エッセンシャルオイルの香りです。クレンジングをしている間、優しい香りが広がります。合成香料、着色料、シリコン、パラベン、鉱物油、石油系界面活性剤は使用していません。

使い方

手や顔が乾いた状態で使用をしてください。

手のひらに2~3プッシュ取り出し、顔全体を優しくマッサージするようにメイクとなじませます。感触が柔らかくなったらメイクとなじんだサインなので、水またはぬるま湯で洗い流します。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 手に取るとミルク状のクレンジングなのですが、くるくるとなじませているとオイルに変化をして、メイクとなじんだことが確認できます。メイクがぽろぽろと浮き出てくることが面白いです。アイメイクを落とすのには時間がかかりましたが、きちんと落ちました。洗い上がりはしっとりとしています。W洗顔不要なので楽チンです。
  • 洗い上がりはしっとり感があるけれど、メイクがさっぱり落ちています。濃い目のリップを若干落としにくく感じましたが、時間をかけると1回で落とせます。1回できれいに落ちるのでクレンジングが楽です。ミルクの保湿感とオイルの落ちやすさを組み合わせた商品だと感じました。ポンプタイプで使いやすいところもよいと思います。
  • 優しい使い心地、メイクとなじませたときの滑らかさ、素敵な香り、洗い上がりのしっとり感が好きです。天然成分にこだわっているところも気に入っています。クレンジングで肌がかゆくなることがあるので、落ちやすくて肌に優しいことうれしいです。W洗顔不要できれいに落ちて、クレンジング後は潤っています。乾燥肌なので潤いが残っている点も好きです。

天然由来の成分を使用したクレンジングは、優しいけれど落ちにくいと思っていませんか。しかし、チャントアチャームのクレンジングミルクなら天然成分にこだわっているのにしっかりメイクオフ。汚れをすっきりとさせるのに、洗い上がりはしっとり感が残っています。

メイクをきちんと落としたいけれど優しさにもこだわりたい方におすすめです。

第6位 スキンケア発想で潤い守って落とすRF28のクレンジングミルク

メイク落としの後は肌が乾燥する、潤い不足を感じる、こんな悩みがありませんか。汚れをしっかり落とすことは大切。でも、汚れと一緒に潤いまで落としてしまうと肌がカサカサに。
クレンジング後の乾燥に悩む方におすすめが「RF28のクレンジングミルク」です。

スキンケア発想のクレンジングが、潤いを守りながら汚れを落とします。

潤いを守ってメイクオフ

RF28のクレンジングミルクは、95.2%で作られています。ヨーグルトエキス、ダイズ発酵エキス、マカデミアグリセリズなどの保湿成分を配合しているので、洗い上がりはふっくらと。クレンジングが肌になじんで、優しくメイクを落とします。

優しいクレンジングはメイク落ちが悪い気がしませんか。でも、RF28のクレンジングミルクなら優しいのにしっかりメイクオフ。メイクとなじもがよいエモリエントオイルを配合しているので、肌の上でなじんですっきりとさせるのです。

ゼラニウム、フェンネル、オレンジ、ベルガモットの天然精油を配合しています。1日の終わり、メイクを落とすときには心も体も疲れていませんか。そんな疲れた心を天然精油の香りがほぐし、メイクオフの時間をリラックスタイムに変えます。

パラベン、合成香料、合成着色料、鉱物油は無添加です。濡れた手でも使用できます。

使い方

3~4プッシュを手に取り、手のひらで温めてから使用をします。円を描くように顔になじませていきます。小鼻の周りは指先を使って丁寧になじませます。メイクとなじんだら、ぬるま湯でしっかりと洗い流します。あごや髪の生え際は洗い流しを忘れやすいので、流し忘れないようにしましょう。

メイクをしていない肌にも使用できます。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • ハーブと柑橘系が混ざったような香りがします。優しい香りなので香りがするスキンケアアイテムが苦手な人でも使いやすいと思います。メイクとなじみがよく、あっという間にベースメイクとなじみました。ウォータープルーフのアイライナーやフィルムタイプのマスカラもスッキリとオフできて驚きました。洗い上がりはしっとりとしているのに、きちんとメイク落としできています。
  • 天然精油を使っていて気持ちまでほぐしてくれます。アロマオイルが好きなので気に入っています。伸ばしやすくてメイクとのなじみが抜群です。クレンジングはささっと済ませたいので、スピーディーになじんでくれると気持ちがよいです。クレンジングした後のもっちり肌も病みつきになりそうです。
  • フレッシュな香りに癒されます。香りが苦手な人でも使いやすい優しい匂いです。肌なじみがよくてスルスルと落ちて、洗い上がりはスッキリだけれど潤いを感じられます。とにかく香りが気に入っていて、リラックスできるのでメイク落としが楽しくなります。

美容成分95.2%配合で、メイクとなじみやすいのに洗い上がりはしっとりが残るクレンジングが、RF28 クレンジングミルクです。なじみがよいことはもちろんですが、特に好評なのが香りです。4種類の天然精油配合で心を解きほぐすような香りです。

すっとメイクとなじんでスッキリオフ、しっとりとした洗い上がり、天然精油の香り、メイク落としが楽しくなることでしょう。

第5位 ヴァントルテのボタニカルモイストクレンジングミルク

肌をキレイにすることで若見えしますが、今回はそれを目指す方のために「塗るより落とす」というスキンケア方法をご紹介します。

良い美容品を購入してたっぷり塗って、それを毎日続けているのになかなか理想通りの肌にならない・・・。そんな悩みを抱えているなら、もしかしたらまず肌についた余計な汚れを落とすという段階を見落としているのかもしれません。それらが美容品に含まれているビタミンなどの浸透を阻害している可能性があるので、まずはクレンジングに力を入れてみましょう。

肌についている見えない汚れを落とす習慣を付けることによって劇的に肌のターンオーバーを感じられるようになったという口コミもあります。ただ、注意点としては乾燥肌の方は肌が持っている保湿成分までそぎ落としてしまわないようにすることですね。あくまで表面の汚れやカサカサしてしまう原因の皮を落とすことに着目するのがポイントです。

これが正しくできれば、すっぴん美肌になりますし、より上手く行けばファンデーションがいらない自信のある肌になるでしょう。もう厚塗りをしなくても良いですし、近所をすっぴんで堂々と歩けるようになります。

塗るより落とすというと、具体的にはどうしたら良いのかを迷うかもしれませんね。そこでおすすめしたいのが「ボタニカルモイストクレンジングミルク」です。

若返りに効果があると言われている商品で、32ものエイジング成分が入っています。若さに関する情報がたっぷりあるのは、それだけクレンジングが若見えに関係しているからでしょう。今まで、化粧水や美容液、乳液やファンデーションなど、塗ることにばかり意識が行っていたという場合には、一度クレンジングを見直してみてください。そこがきちんとできるようになれば、その上から塗ることでよりキレイな肌になります。

若い人でも、あまりメイクをする日が続いたり、そのままメイクを落とさず寝てしまうと肌に悪く、早くにクレンジングに力を入れなければならなくなるので要注意です。油断は禁物、いつでも美肌でいたいなら汚れがつかない環境作りも心がけましょう。

あまり意識が向いてこなかったクレンジングによる「落とす」美容。塗るのではないところがポイントで、無意識にこれができてしる方の肌は自然体でキレイなものです。気付かないうちに汚れの上からメイクをして、その習慣が重なっていかないよう注意してみましょう。メイク落としを変えてみるのも良い作戦かもしれませんね。

<<Amazon>>

第4位 ロゼットのライスリリースクレンジングミルクとクレンジングミルク

ライスリリースクレンジングミルク

メイク汚れが肌に残っていると肌トラブルの原因になるので、メイクをしたらクレンジングをしてきちんと汚れを落とすことが大切です。でも、しっかり落とすとクレンジング後の肌の乾燥が気になりませんか。

汚れは落としたい、でも乾燥するのは嫌、そんな方におすすめが「ロゼットのライスリリースクレンジングミルク」です。肌の潤いを守りながらメイク汚れを落とします。

ライス由来成分配合でうるおい

ロゼットのライスリリースクレンジングミルクはライス由来成分を配合。コメ胚芽油、コメヌカ油、イノシトール、加水分解コメヌカエキスなどお米に含まれるうるおい成分を使用しています。

ライス由来成分配合だから、潤いを与えて保ちながら、メイク汚れをすっきりとさせます。潤いを守って肌をいたわります。

洗浄成分には植物由来のクレンジング成分を使用しています。マスカラや毛穴の汚れをキャッチして、素早くオフします。汚れを落とした後の肌にはうるおい成分が働きかけて、クレンジング後のしっとり感をサポートします。乾燥する季節にもおすすめです。

肌当たりがよいミルクタイプなので、肌荒れしているときでも使いやすいことでしょう。クレンジングオイルほど洗浄力は高くありませんが、適度に潤いを守りながら汚れを取り去ります。

香料、着色料は無添加です。濡れた手でも使用できるので、お風呂でのクレンジングに便利です。

使い方

3から4プッシュを手に取りだし、顔全体に広げてメイクとなじませます。クレンジングをしているときの肌の摩擦を抑えるために、十分な量を使うようにしてください。

メイク汚れとなじんだら、水またはぬるま湯で洗い流します。濡れた手でも使用できます。マツエクにも使えます。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • ロゼットは有名なメーカーだし、米由来の成分が配合されていて肌に優しそうだったので購入しました。テクスチャーはゆるめで乳液のようです。洗い流すと肌がつるつるとします。膜を張ってつるつるになるとか、必要なものまで落としてつるつるになるのではなく、しっとりしつつもつるんとしています。つっぱることはなく、もっちり肌を感じられました。クレンジング力もあって、いつも専用リムーバーで落ちしているウォータープルーフのマスカラを落とせました。今まで使ってきたクレンジングは、しっかり落とすものは乾燥してしまったのですが、このクレンジングは汚れを落とし手もしっとりしていて、心地よく使えました。
  • とろっとしたテクスチャーでなめらかに伸び広がり、指がひっかかったり、メイクとなじんで重くなることなく洗えます。摩擦を感じないので肌負担が少ないように思います。マスカラやアイラインをオフできました。皮むけでクレンジング後はいつもヒリヒリするのですが、このクレンジングはしっとり潤いがあり、乾燥する季節にも優しいです。

クレンジングをして肌が乾燥する方には、うるおい成分配合のクレンジングがおすすめです。ロゼットのライスりりーずクレンジングミルクは、うるおい成分のライス由来成分を配合したクレンジングです。潤いを守っりながら不要な汚れをオフします。洗い上がりはしっとりつるつるに。

クレンジングミルク

「ロゼットのクレンジングミルク」は、フランス式洗顔方法をヒントにして作られた洗顔料です。洗い流さないから肌の水分を守ることにつながり、クレンジング後の肌はふかふか柔らかく、しっとりとした状態に。クレンジング後の肌のつっぱりが気になる人におすすめです。

3つのおすすめポイント

①潤いキープ

フランス式洗顔法とは、乳液やクリームでメイク汚れを浮かせて、化粧水で拭き取る洗顔方法のことです。フランスは水の硬度が高く、硬度が高い水で洗うと水の中のミネラルと洗顔料の成分が反応をして石けんカスができてしまいます。その石けんカスが肌に残ると、洗顔後に肌がつっぱりやすくなります。

洗い流さないことで肌の水分を守り、しっとりとした潤いがキープされることにつながります。

②美容成分配合
  • オリーブオイル、スクワランオイル:オリーブオイルやスクワランオイルは人の皮脂に近い成分構成をしていて、保湿効果が期待できます。
  • 大豆プラセンタエキス:保湿作用のある成分でキメの整った肌へと導きます。
  • ローヤルゼリーエキス、高麗ニンジンエキス:ローヤルゼリーエキスも高麗ニンジンエキスも健康食品として利用されている成分です。ハリを与えていきます。
低刺激処方

厚みのある使用感なのでクレンジングの際の摩擦が軽減します。着色料、鉱物油、アルコール、シリコンは無添加。ラベンダー精油のリラックスするような香りです。スティンギングテスト済みです。

使い方

3から5プッシュ分を手に取り出し、顔全体になじませます。使用量が少ないとメイク落ちが悪くなってしまったり、クレンジングの際に摩擦が生まれるので、適量を使うようにしてください。

汚れが浮き上がってきたら、ティッシュで優しく拭き取るか、湿らせたコットンを滑らせるようにして拭き取ります。水またはぬるま湯で洗い流すと、よりさっぱりした仕上がりになります。W洗顔は不要です。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • マスカラはお湯で落ちるタイプを使っていて、アイメイクはアイシャドウが落ちれば十分です。軽くなでて洗い流すと落ちてくれています。肌荒れや乾燥は気になりません。いくつかクレンジングを使ってみましたが、やっぱりロゼットのクレンジングミルクに戻ってきます。
  • 敏感肌用の石けんを使っても肌がヒリヒリして湿疹ができてしまう状態で、ダブル洗顔をしなくてよいものを探していました。このクレンジングはまったく刺激を感じず、肌の状態が悪化をしていたのに洗いあがりが乾燥しません。それどころか潤っています。乾燥が気になる人や敏感肌におすすめしたいです。
  • 柔らかなテクスチャーのミルクで、ラベンダーの香りに癒されながら洗っています。お湯で落とすタイプのアイメイクは、くるくるなじませていると落ちました。仕上がりはふっくら。すっきりしたいので洗い流して使っています。

クレンジングの肌のつっぱりが気になるなら、洗い流さないクレンジングを試してみませんか。ロゼットのクレンジングミルクはフランス式洗顔法をヒントにして作られたもので、洗い流さないから仕上がりはふっくら柔らかく。メイクはきちんと落としたい、でも潤いは残したい、そんなときにおすすめです。

<<Amazon>>

第3位 しっかりオフするパラドゥのミルククレンジング

ミルククレンジングは肌への負担が少ない特徴があります。けれども、オイルクレンジングなどに比べるとメイクの落ちが悪い欠点もあります。メイクはしっかり落とすことが大切。でも、優しさも必要です。

おすすめのミルククレンジングが「パラドゥのスキンケアクレンジング」です。ミルクタイプなのにしっかりとメイクオフします。

3つのポイント

①ミルクなのにしっかりオフ

メイクとなじんで素早く汚れを浮き上がらせる「アクアカプセル処方」を採用。

従来のミルククレンジングは、点で汚れをとらえていたためこすらないと汚れが浮き上がりにくい特徴がありました。一方、アクアカプセル処方はメイクを広い面で捉えていきます。そのため、強くこすらなくてもメイクをするんと落とします。落ちにくいメイクまでオフします。

②美容成分89%配合

メイク落ちがよいクレンジングは、クレンジング後に肌がつっぱりそうですが、パラドゥ スキンケアクレンジングは美容成分89%配合なので洗い上がりはしっとり。ヒアルロン酸Naとその2倍の保水力を持つMCキトサンを配合。潤いの膜を形成してクレンジング後の乾燥から守ります。

③すっきりした洗い上がり

水となじむと汚れを抱えながらクレンジング成分がナノ粒子に変化をします。そのため、すっきりと洗い流すことができて後残りがありません。皮脂汚れも落とすのでダブル洗顔は不要です。

濡れた手でも使用できるので、お風呂場でもクレンジングできて便利です。マツエクにも使えます。低刺激性です。

使い方

適量を取り出し、顔全体になじませた後、水またはぬるま湯で洗い流します。落ちにくいマスカラは先になじませておくことをおすすめします。濡れた手でも使用できますが、落ちにくいメイクには乾いた手で使用してください。

マツエクに使えますが、強くこするとマツエクが取れてしまう心配があります。横にこするのではなく、マツエクの毛流れに沿って優しくなでてメイクとなじませて落とします。

口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • コンビニで販売されていて気になっていたので購入をしました。これはミルククレンジングの中でも最高峰かもしれません。肌に優しくしっかり落ちているという感じです。ミルククレンジングでは不可能だったウォータープルーフのマスカラが落ちました。ダブル洗顔不要ということも私にとって重要なポイントです。
  • とろーりとしたテクスチャーのクレンジングです。爽やかな香りがして気持ちよく使えます。メイク全体と軽くなじむ感じがあって、クルクルマッサージするようになでているとメイクがとろけるようにゆるくなってきます。ミルククレンジングはクレンジング力が低い印象がありますが、こちらは短時間でメイクが落ちました。水となじませるとナノ粒子化するので、ごしごしこすらずともすっきり洗い流せます。洗い流した後は、みずみずしくしっとりします。カサカサしないからストレスがありません。

ミルククレンジングは洗浄力がイマイチと思っていませんか。でも、パラドゥのスキンケクレンジングなら落ちにくいメイクもオフ。美容成分89%配合だから、しっかり落としながらも洗い上がりはしっとり。ミルクタイプなのにこのクレンジング力には驚くと思います。

第2位 ヴェレダのモイスチャークレンジングミルク

きれいにメイクを落とすだけでなく、肌への優しさも考えたクレンジングミルクが「ヴェレダのモイスチャークレンジングミルク」です。オーガニック成分を配合したクレンジングミルクが、キメの整った透明肌に整えていきます。

特徴

ヴェレダのモイスチャークレンジングミルクは、オーガニックホホバ種子油やオリーブオイル果実油など、スキンケア効果の高いオイルをたっぷりと配合。とろんとした滑らかなテクスチャーで、キメや毛穴の奥に入り込んだ汚れとなじんでいきます。軽く肌の上をすべる使用感で、素早くメイクとなじんですっきり洗いあげます。

注目の成分がハマメリスです。ハマメリスは日本ではアメリカマンサクと呼ばれている、細長い黄色い花を咲かせる植物です。民間療法では、虫刺され、日焼け、擦り傷、切り傷、あざなどに使用されてきました。肌の引き締めや肌荒れ防止が期待でき、キメの整ったクリアな肌に導きます。

ヴェレダのモイスチャークレンジングミルクは、天然香料を使用したフローラルシトラスの香りです。清々しい香りで気分もリフレッシュ。ヴェレダはスイスのオーガニックコスメブランドですが、日本正規品は日本処方になっています。

ダブル洗顔は不要、朝の洗顔にも使用できます。

使い方

乾いた手に500円硬貨大を取り出して顔全体になじませます。ミルクが透明になって滑りが重たく感じたらメイクとなじんだサインなので、水またはぬるま湯で洗い流します。

口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • クリーム色をしたとろとろなミルクです。滑らか過ぎるくらいとろとろですが、このとろとろ感が肌に優しい気がします。するする軽いタッチでメイクとなじんでいって、アイメイクも落とせます。洗い流した後には肌がぷにゅぷにゅです。もともとクレンジングミルクが好きですが、洗いあがりも香りもヴェレダのクレンジングミルクが好きになりました。
  • プッシュ式の容器なので衛生的で、使用量がわかりやすい点がよいです。手に取り出してみると乳液のようなとろんとしたテクスチャーです。メイクとなじませているとオイルのようになり、キメや毛穴に入り込んだ汚れを浮かせるように感じます。すすぎはスピーディーですっきりとした洗いあがりです。つっぱることがなくて、肌が柔らかくしっとりに。朝の洗顔にも使ってみましたが、つるつるな洗いあがりでメイクノリがよいです。肌を守りながらクレンジングできると思います。
  • 朝起きたときに顔がテカテカしていることが悩みで、固形石けん、オイルクレンジング、オーガニッククレンジングなど、いろいろと使ってきましたが、肌つっぱったり、使い方が面倒だったりして悩んでいました。このクレンジングはポンプ式で使いやすく、ミルクがなじんですっきりと汚れを落としてくれます。すっきりするのにつっぱらず、もちもちな仕上がりです。

毎日のクレンジングで、肌がつっぱったり、ヌルついたり、汚れ落ちが悪かったりして悩んでいませんか。ヴェレダのモイスチャークレンジングミルクは、すっきりとした洗いあがりなのに優しさも考えたクレンジングです。ミルクがするすると肌の上に広がって、メイクとなじんで洗いあげます。汚れ落ちと優しさを両立させたい方におすすめです。

<<Amazon>>

第1位 すっきり落として潤いは守るカバーマークのミルククレンジング

クレンジング後に肌がつっぱることがありませんか。洗浄力が強いクレンジングを使うと肌に必要な潤いまで失われるのでつっぱってしまいます。しかし、優しいと汚れをしっかり落とすことができません。

すっきり落とせて潤いを守るクレンジングが「カバーマークのトリートメントクレンジング ミルク」です。89%が美容液成分でできているミルククレンジングです。汚れを落としても潤いヴェールで乾燥から守ります。

4つの特徴

①メイクをふわっと浮かび上がらせる

クレンジングをする際に気をつけたいことが肌の摩擦です。メイクを落とすためについ力を入れてしまっていませんか。力を入れてゴシゴシ洗うと肌が傷ついてしまいます。

トリートメントクレンジングミルクは肌になじませるだけ、ふわっとメイクを浮き上がらせます。独自のアクアクレンジングゲル構造により、ファンデーションもするっとオフ。肌に負担をかけません。

②美容液成分89%

MCキトサンが汚れを落とした後の肌にヴェールを形成。肌を乾燥から守ります。保湿のヴェールを形成することで、洗い上がりはしっとりでスキンケア後のようです。

③すっきり洗い流せる

水を含むと細かい粒子に変化をします。水やぬるま湯になじみやすいので、クレンジングの後残りがありません。

④香りとテクスチャー

オレンジ、ノバラ、カミツレなど9種類のエッセンシャルオイルをブレンドしています。柑橘系の香りでクレンジングをするたびにリラックス。テクスチャーはみずみずしく、心地よい使用感です。

使い方

手のひらに4~5プッシュ取り出します。使用量が少ないとメイクとのなじみが悪くなるので、使用量を守ってください。小鼻やメイクアップなど落ちにくい部分は、とくに念入りになじませます。よくなじんだら水またはぬるま湯で洗い流し、その後に洗顔をします。

口コミ

敏感肌でいつも肌のカサつきが気になっている女性に、オススメのクレンジングがあります。それは、ミルククレンジングです。

クレンジングには様々なタイプがありますよね。シートタイプやオイルタイプ、ジェルタイプやクリームタイプ、そしてミルクタイプです。それぞれにメリットやデメリットがあります。刺激の強さや洗浄力が違ってくるので、クレンジングを選ぶ時には自分の肌に合ったものを選ぶようにしましょう。

先ほど話しましたが、敏感肌の人にオススメなのがミルクタイプのクレンジングです。低刺激なところがメリットですが、洗浄力は他のタイプのクレンジングと比べると弱めです。

ミルククレンジングは濃いメイクをする人には向いていないですね。逆に、メイクが薄くナチュラルメイクの人にはオススメです。ミルククレンジングのテクスチャーはとても柔らかく、まるで乳液のような感じです。オイルがあまり配合されていないため、洗った後はとても肌がしっとりしてつっぱることは少ないです。

ミルククレンジングのなかでオススメしたいのは、カバーマークのトリートメントクレンジングミルクです。美容液成分がなんと89%も配合されているミルククレンジングなので、肌が弱くクレンジンング選びに迷っている女性には使ってみてほしいですね。

私がカバーマークのトリートメントクレンジングミルクを使ってみた感想です。まず、使い方は顔になじませてぬるま湯で洗い流すだけで、普通にクレンジングをする時と同じです。このクレンジングミルクのテクスチャーは、とてもゆるめで柔らかいなと思いました。肌につけるとスーっと伸びていきなじみ、刺激を感じることはありませんでした。

オイルクレンジングを使った時は、肌がピリピリして痛かったり、洗い上がりはさっぱりするのですがつっぱり感がどうしても気になっていました。でもカバーマークのトリートメントクレンジングミルクで顔を洗ってみると、その後肌がとてもしっとりして潤っているのを感じ、つっぱるとは思わなかったのですごくいいなと思いました。

ミルククレンジングは肌にとても優しいけれど洗浄力が弱いと聞いていたので、メイクが落ちるかなと不安でしたが、きちんと落ちているなと思い問題はありませんでしたね。もともと濃いメイクをすることはなく、ササっと薄化粧なので良かったのかもしれません。敏感肌なので濃いメイクは肌に負担がかかるかなと思ってしないようにしています。

カバーマークのトリートメントクレンジングミルクを使うようになり、肌が変わってきました。安心して毎日クレンジングをすることができ、肌のトーンが明るくなってきたなと思いました。くすみが消えて透明度がアップしたような気がします。毛穴が閉じて小さく目立たなくなりましたし、積極的にクレンジングをするようになりました。今まではピリピリしたりつっぱるのが不快でしたが、ミルククレンジングを使うことで改善されました。

敏感肌でナチュラルメイクの女性にぴったりなのが、ミルククレンジングです。まだ使ったことがない敏感肌の方がいるなら、ぜひ使ってみてくださいね。オススメはカバーマークのトリートメントクレンジングミルクです。

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • 洗い心地がよくて癒されます。柑橘系の香りはリラックスできます。滑らかなテクスチャーで美容液のようです。手でくるくるとなじませて、ファンデーションなどの汚れが落ちます。しっかり落ちてさっぱりするけれど、肌はつっぱりません。しっとりもちもちした手ざわりでうれしくなりました。
  • 肌がボロボロになってしまいクレンジングが原因ではないかと思い、低刺激のものを探してこちらにたどり着きました。肌荒れをしている肌にも使えました。肌が荒れているときには助けられています。ポイントメイク落としは肌に刺激があって使えないのですが、こちらは皮膚を傷つけることなくきれいにオフできました。低刺激なクレンジングでは落ちないことがあるのですが、こちれはきちんと落ちて気に入っています。
  • くるくるしているときは落ちていないと思ったのですが、洗い流したらしっかり落ちている!マスカラもリキッドアイライナーも落ちています。肌の調子がよくなってきました。

しっかり落とすことと潤いを守ることを考えたクレンジングミルクが、カバーマークのトリートメントクレンジングミルクです。

メイクをふわっと浮き上がらせて肌の負担を減らしてメイクオフ。美容成分89%だから洗い上がりはスキンケアをした後のようにしっとり。肌の乾燥が気になる、肌が荒れている、優しいけれどきちんと落としたいという方におすすめです。

<<Amazon>>

関連記事:

【芸能人愛用でメイク落としも】おすすめクレンジングランキング2019

2019.06.06

毛穴に効果があるって本当?クレンジングオイルのおすすめランキング2019

2018.10.05

プチプラで人気のクレンジングウォーターと拭き取りクレンジングランキング

2018.07.14

【プチプラクレンジングランキング】2019年最新の口コミで比較!

2017.10.06

【泣けるほどザラザラ肌の治し方】肌荒れおすすめクレンジングとスキンケア

2017.08.20

ホットクレンジングが毛穴効果あるって本当?口コミと人気ランキング2019

2017.08.12

乾燥肌敏感肌におすすめ!人気でプチプラのクレンジングクリームランキング2019

2017.07.18

アイメイクが落ちない人必見!落ちるアイメイク専用クレンジング2019

2017.07.13

乾燥肌のクレンジングの選び方と一番おすすめのクレンジング剤2019

2017.07.10

2019年人気のクレンジングジェルとクレンジングクリームランキング第1位は?

2017.04.08

ホットクレンジングジェルマナラとスキンビルの悪い口コミと良い口コミ比較や違い

2017.01.19

【アテニアのクレンジングオイルの良い点と悪い点】最新口コミ2019

2017.01.04

【2019年最新Duo(デュオ)クレンジングバームの口コミ】メイクが落ちる効果だけじゃない

2017.01.04

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
・美容家による今年一番のおすすめスキンケアです。
SK-Ⅱや資生堂ホワイトルーセントを使っている女性たちも絶賛!今年一番おすすめしたいオルビスユーのスキンケアの特徴・比較・口コミ←クリック
・ファッショニスタによる今月一番おすすめしたい服装です。
【今月の女性の服装】大人レディースファッションコーデ2019←クリック