顔のカサカサにおすすめ!保湿力と浸透力が人気の化粧水ランキング2019

乾燥肌で肌がカサカサしていることで悩む女性は多いですよね。

乾燥肌のせいで化粧ノリが悪くなってしまったり、粉が吹いてしまった!なんて経験がある人のいるのではないでしょうか。乾燥肌は皮脂も水分も不足した状態でありドライスキンとも呼ばれ、洗顔後に肌がカサカサするなどの症状が見られます。皮脂も水分も不足した状態なので、水分を与えるための保湿が必須ですよね。

そんな乾燥肌はどのような化粧水でケアをしていけばよいのでしょうか。

乾燥肌の化粧水の特徴

乾燥肌の化粧水の特徴は水分を潤すための保湿効果が高いことです。

とにかく肌が乾かないようにケアしていかなければならないので保湿効果が高いことは必須です。また、乾燥肌になると肌が敏感になるので、刺激とならないよう低刺激性であることも特徴です。

しっかり保湿ができて効果は高いけれど、肌への刺激は強くない。そんな化粧水が敏感肌の人にはぴったりなのです。

乾燥肌の化粧水の選び方

朝起きるとお肌がカサカサになっていた、スキンケアをしているのに乾燥してしまう、といった方は乾燥肌になります。

お肌が乾燥しやすい方は、基本的に肌の保湿力が低下しやすい傾向にあります。これは、体質でもあるのですが、化粧水の選び方に気を付けたり、お手入れの方法を見直すことで改善されます。今回は、乾燥肌の対策と予防法についてみていきたいと思います。

まずは、乾燥の原因となる保湿力の低下ですが、これはお肌のお手入れの方法に問題があるか、ストレスや睡眠不足などが考えられます。

きちんとケアしているのに乾燥してしまう方は、やり方が少し間違っているかもしれません。もう一度、お肌のケアについて方法を考えてみましょう。

また最近、しっかり眠れていますか?夜更かししたりしていませんか?睡眠不足が続くと、お肌の新陳代謝が行われなくなり保湿力の低下に繋がります。お肌が乾燥していると、ファンデーションを塗っても綺麗に塗れなかったり、乾燥するためお肌がかゆくなるといったトラブルが起きてきます。そんな乾燥肌には、化粧水選びがとっても重要になります。

乾燥肌の方は、化粧水を選ぶ時に二つのポイントがあります。

①まずは、保湿成分を含む化粧水を選ぶことです。

肌に潤いを与えてくれる「セラミド配合」と書いてあるものや、水分を保持する力がある「ヒアルロン酸配合」の化粧水を選ぶことが大事になってきます。化粧水のパッケージの裏にかいてあるので、購入する前に必ず確認するようにしてください。ヒアルロン酸、セラミドが配合されていれば潤い成分配合や乾燥肌のあなたになど書いてあるものが多いので、チェックしてみてください。

②次のポイントは、お肌に刺激になる成分は避けることです。

例えば、アルコールやエタノール、ビタミンC誘導体などが含まれている場合、お肌に刺激になってしまいます。乾燥肌の方は、こうした刺激物が入っているとより乾燥しやすく肌トラブルの原因になります。こうした成分は、主にニキビ対策や毛穴を引き締めるために配合されているので、ニキビや毛穴にお悩みの方にはいいのですが、乾燥肌の方がつかってしまうと刺激になります。

こうした点に注意して化粧水を選ぶことで、乾燥肌の方は肌トラブルを避けることができます。

乾燥肌の方には、こうした潤い成分と刺激の少ない化粧水を選ぶことが大切です。どうしてもどんな化粧水を選んだらいいか分からないという方は、パッケージにかいてある乾燥肌の方にぴったりや、潤い成分配合といった表記を確認してから購入するようにしてください。こういった商品には、潤い成分であるセラミドやヒアルロン酸が含まれているものが多く乾燥肌でお悩みの方にぴったりです。

乾燥を防ぐことは、肌トラブルを防ぐなど様々な予防にも繋がります。まずは、化粧水選びに着目してお肌にあったものを選びましょう。お肌にあったものを使っていないと、乾燥が悪化したり肌トラブルが悪化するなど問題が起きてくるからです。

今まであまり化粧水選びにこだわってこなかった方はこの機会に、是非乾燥対策に特化したものを選ぶようにしてくださいね。これで乾燥肌の方もきっと綺麗なお肌を手に入れられるはずです。

保湿成分のポイント!

乾燥肌の化粧水を選ぶときは成分に注目する必要があります。乾燥肌の人は普通肌の人に比べて「セラミド」「NMF」「皮脂」が不足しています。

一番乾燥肌に影響しているのがセラミドであり、セラミドの量が肌の保湿の80パーセントを左右しています。セラミドが必ず含まれているものを選びましょう。乾燥肌では表面だけではなく肌の内部がどれだけ潤うかの浸透力が重要です。

皮膚の水分を維持するために必要な、角質細胞脂質に効果的な物を選ぶと良いですよ!「リピジュア」「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「トレハロース」などの保湿効果の高い成分が含まれているとさらに乾燥肌に浸透するので良いと言われています。

また、低刺激の物が良いので肌に刺激のある可能性がある成分が入っているものは避けます。特に注意して欲しい成分は「アルコール」「着色料」「鉱物油」「香料」「パラベン」です。これらが入っていない化粧水を選びましょう。他にも美白効果のある成分が含まれているものは肌を乾燥させる可能性があるので避けると良いですよ。

化粧水を浸透させたい

お肌を健やかに保つためには、化粧水や美容液、乳液といった基本のアイテムを上手に使うことが大切です。ただ、たっぷり塗ればいいわけではありません。塗り方にもポイントがあります。なんだか最近、ベタつくな、乾燥が気になるという方は是非参考にしてみてください。

まずは、洗顔をして汚れを落とした後の化粧水の塗り方について見ていきましょう。

お肌は、乾燥していると判断すると、乾燥を防ぐために毛穴が開き皮脂が分泌されます。この皮脂分泌の量が、適量であればベタつくなどの肌トラブルは回避できますが、必要以上に皮脂が分泌されてしまうとメイク崩れや、テカりの原因になってしまいます。そうならないためにも、乾燥を防ぐことがとても大切です。

お肌の乾燥を防ぐためには、化粧水や美容液、乳液の塗り方がポイントになってきます。

例えば、洗顔をした後すぐに化粧水を塗っていますか?少しでも乾燥を防ぐためには、洗顔の後はなるべくすぐに、数分以内に化粧水を塗ることをおすすめします。これだけでもお肌の乾燥を防ぐことができるので、是非試してみてください。洗面所に洗顔フォームと化粧水はセットで置いておくと、すぐに使えるのでおすすめです。

そして、化粧水を塗るときのポイントですが、手のひらにとって少しの間温めてから塗るとお肌の浸透力が違います。

化粧水は冷えていることが多いので、手に平の温度で少し温めてあげることで浸透しやすくなります。無理に浸透させようと力を入れすぎたり、無理やりパッティングしたりするとお肌を痛めてしまうこともあるので、十分に注意しましょう。そして優しく手のひらにとってお肌につけていったら、美容液を塗る前に数分おいてみてください。

お肌の奥までしっかり浸透したな、と思ったら美容液を塗りましょう。化粧水がしっかり浸透してから美容液を塗ることで、次にぬる乳液の入り方も変わってきます。

もし、メイクをしていてすぐにメイクが崩れてしまう、という方はこのスキンケアで使っている化粧水や美容液、乳液がうまくお肌に浸透していないことが原因になっている可能性があります。せっかくメイクをするなら、綺麗に仕上げたいですよね。

そんな時は、少し時間をおいてしっかりと浸透するのを待ってみましょう。これだけで、化粧水の入り方が変わってきます。特に汗をかきやすい夏場は、乾燥を防ぐためにも化粧水をしっかりと浸透させておくことが大切です。

美容液や乳液がしっかりお肌に浸透するように、優しく塗っていきましょう。無理なパッティングはしないように注意しましょう。細胞の奥までしっかり美容性分が入ることで、お肌の状態も変わってきます。乾燥しやすい方は特に、お肌の奥までしっかり浸透するように工夫してみてください。

潤いのあるお肌になれるかどうかは、この化粧水の塗り方で変わってきます。なんだか、イマイチお肌の調子が悪いな、乾燥していると感じている方は少しだけ時間をおいてみるなど工夫してみてはいかがでしょうか?是非、試してみてくださいね。

その他のポイント

化粧水は手で押し付けるようにしてつけると浸透力が高まります。乾燥肌の場合は化粧水がどんどん浸透していってしまうので、2〜3回に分けてつけてあげましょう。特に乾燥するおでこ、ほほ、鼻はさらに重ねてつけると良いですよ!

乾燥肌の人は肌の表面が固くなっている人が多いものです。顔をホットタオルで温めると肌の表面が柔らかくなって化粧水が浸透しやすい状態になります。化粧水をつけてそのまま何もせずにいると水分が蒸発してしまいます。水分を肌に留まらせるためにも乳液やクリームで油分も補って、清潔な肌バリアを作りましょう。

化粧水をより浸透させるには?コットン派or手で直接

忙しい朝こそ、しっかりスキンケアをしたいものです。でも、朝はやることがたくさんあって、スキンケアがどうしても疎かになりがち、なんてことはありませんか?そんな時こそポイントを抑えたスキンケアをマスターしましょう。

最後に、化粧水をより浸透させるにはどうしたらいいのか?使い方や塗り方について詳しくみていきたいと思います。化粧水を使うなら、より浸透力のある使い方をして美しい素肌を手に入れましょう!

まず化粧水をつける時、皆さんはどんな風につけていますか?手で付けている方、コットンに染み込ませてから付けている方、その他パックをして化粧水をお肌につけている方などやり方は色々あるかと思います。どんな方法も間違ってはいないのですが、より化粧水の浸透力を高めるのであればポイントがあります。

まず敏感肌の方の場合は、コットンで化粧水をつけてしまうとどうしても摩擦が起こりやすく、お肌に刺激になりやすいので手のひらに化粧水をのせて少し温めてからお顔全体に馴染ませていきましょう。目安は10秒から20秒ほどしっかりとお肌の奥まで浸透するイメージでつけていくといいですね。特に乾燥が気になる目元口元は、丁寧に塗っていきましょう。気になる部分だけ重ねづけしてあげてもいいですね。

敏感肌の方の場合は、手についた雑菌や汚れが顔について肌トラブルを引き起こす場合もあるので、化粧水を塗る前にしっかりと手を洗ってからつけるようにするか、コットンに馴染ませてから塗る方法をおすすめします。

化粧水だけでなく、拭き取り化粧水として使っている方、ニキビ用の化粧水をコットンに含ませて塗る場合は注意しましょう。拭き取り化粧水のメリットは、お肌に潤いを与えてくれるだけでなく、洗顔だけでは落としきれない古い角質も綺麗に取り除いてくれる点にあります。コットンに化粧水を馴染ませることで、お肌に優しくつけられる点もありますし、手に直接塗ってつけるものではないので、清潔な状態を保つことができます。コットンにつけてから化粧水をぬることで、ピンポイントでケアすることもできるといったメリットがあるので、是非乾燥肌の方や敏感肌でお悩みの方は試してみてください。時間があるときは、化粧水だけでなくパックも取り入れて毛穴の奥深くまで美容液がしっかり浸透するようにしましょう。お肌のたるみや疲れもパックをすることで改善されるのでおすすめです。

ちなみに夏になると、背中の開いたワンピースや少し露出するトップスを着たいと思うことがあるかと思いますが、そんな時も大切なのはスキンケアです。スキンケアは、お顔だけではありません。背中の保湿にもとっても重要な役割を果たします。背中にできてしまうニキビは、乾燥が原因になっています。ブツブツとしたニキビが気になる方は、背中の保湿として化粧水をたっぷりつけてあげること、角質を柔らかくしてくれるニキビ用化粧水をおすすめします。

背中ニキビが気になる方は、雑菌繁殖を防ぐためになるべくコットンを使うか手を洗って清潔にしてから付けるようにしてください。しっかりと浸透させてお肌の内側から美しい素肌を手に入れましょう。同じ化粧水でもしっかり浸透させられる方法を是非マスターしていきましょう!

拭き取り化粧水を使うと肌への浸透力がアップ!

美しくなりたい・・という思いはほぼ全ての女性が持っている願望ですね。その中でも、特に多くの女性たちが関心を持っているのが「美肌作り」です。確かにお肌がキレイな女性は輝いて見えます。

美肌を作る基本は、お肌にたっぷり水分を与えること。このことは広く知られていますので、女性たちも吸収性の高い化粧水にめぐり合いたくて、いろんな商品を試しているようです。

コスメ専門店はもちろん、今やドラッグストアに行ってもコンビニに行っても、化粧水の品ぞろえは豊富ですね。ここ数年はは、顔をぴたっと覆って水分を吸収させることができるマスク式の化粧水も人気です。

いろいろ試してみるとわかるように、ちょっと値段お高めの化粧水を使うと、やっぱりお肌の手触りはつるんとした感じがします。だけど自分のお肌の状態に満点や高得点を付けられるかというと、なかなかそうはいかないのが現状です。多くの女性は、お気に入りの化粧水にめぐり合った後でも「まだ気になるところがある」「もっとキレイな肌になりたいのに」などの感想を持っています。

美しくなりたいというのは女性にとって永遠のテーマのようなものですので、女性たちは納得がいかなければ、もっと他にピッタリくる商品があるかも知れないと考えます。話題になっている商品へ、新商品へ、より高級な商品へと次々に気持ちが移り、まるで化粧水難民のようになってしまいます。

でも、美しい肌を手に入れるために必要なのは、コスメ品だけではないはずですよね。高い化粧水を持っていたとしても、効果的な活用ができていなければ宝の持ちぐされになってしまう・・ということもあるのです。

最初にも少し触れましたが、お肌にたっぷり水分を与えることは美肌作りの基本となります。つまり、お肌が水分をしっかり吸い取ってくれなければ、美肌にはなれないということになってしまいます。

同じ化粧水を使っても、吸収率には個人差があります。では、化粧水の吸収をさまたげるものって一体何なのでしょうか。その答えは、「汚れ」なんです!

メイクをしている女性というのは、通常「クレンジングでメイクを落とす」→「洗顔で汚れを落とす」というプロセスの後で、化粧水を塗りますよね。しかし、クレンジング&洗顔だけでは不充分だということを知っている女性は、まだまだ少数派のようです。

洗顔の後、もう1ステップ汚れをしっかり落とすアイテムとしては、「ふき取り用の化粧水」がおすすめです。ふき取り化粧水はその日の汚れの「残り」だけでなく、それ以前の「古い角質」や「古い汚れ」を取り除くのにも有効です。「ふき取り」という名の通り、コットンでふき取っていくようにします。

ただし、汚れや角質を落としたいからといってゴシゴシ強くふき取るのは厳禁です。お肌に傷がつくとキメが整わないだけでなく、体が本能的に自分のお肌を守ろうとして、その部分の角質をぶ厚くしてしまうからです。

コツは、コットンを使って顔全体をまんべんなく「撫でるように優しく」拭いていくことです。この方法を試してみるとおわかりいただけるかと思いますが、クレンジングと洗顔を終えた後でも、コットンには結構汚れが付きます。この汚れがお肌をバリアしてしまうから、化粧水がしみ込みにくかったんですね。しっかりと汚れを落としたら、後は通常どおり保湿用の化粧水を塗りましょう。

この方法を実践してみた女性からは、「お肌がつるんつるんになってきた」「ファンデーションがすいすいなじむようになった」などの声が挙がっています。

次から次へとコスメ品を買う生活をやめて、あなたも化粧水が浸透しやすいお肌づくりを始めてみませんか?化粧水がしみ込みやすいということは、もちろん乳液だって美容液だってきちんとしみ込んでくれますから、美肌になれること間違いなしですよ。

関連記事:毛穴効果を実感!プチプラで人気の拭き取り化粧水ランキング

顔のカサカサにおすすめ!保湿力と浸透力が人気の化粧水ランキング

第15位 アトレージュピュアのモイスチュアローション

家事、仕事、育児で忙し女性は、自分のためのスキンケアの時間を作りにくいですよね。スキンケアがおろそかになって肌が乾燥していませんか。

忙しくて自分の時間に向き合う時間がない女性でも、きれいな肌を手に入れて欲しい、スキンケアでリラックスして欲しい、そんな想いから誕生した化粧品が「アトレージュピュア」です。

アトレージュピュアのシリーズの中でも、乾燥が気になる方には「アトレージュピュアのモイスチュアローション」がおすすめです。

特徴

肌を潤いで満たしてキメの整った状態に導く化粧水です。

肌にはもともと潤いを保持する成分が備わっていて、その一つが天然保湿因子(NMF)です。モイスチュアローションはNMF類似成分を配合していて、肌の潤い保持力をサポートします。

オリジナル成分「クリアブーケエッセンス」も配合。クリアブーケエッセンスとは、ヒメフウロエキス、カミツレエキス、チコリエキスを組み合わせたエッセンスのことです。

ヒメフウロエキスは紫外線などの外部刺激から起こる乾燥を防ぐ成分。カミツレエキスは細胞本来の働きをサポートする成分。チコリエキスはターンオーバーに着目した成分で、肌のバリア機能をサポートします。

肌に潤いを与えるのに、素早く浸透をしてべたつかない使い心地です。さらに、肌を整えて毛穴をケアするビタミンC誘導体も配合をしています。

スキンケアは肌をケアするだけでなく、心もケアする時間です。ナチュラルローズ&カモミールの香りが心をほぐします。

使い方

洗顔後に使用をします。手のひらに500円大を取り出し、両手で顔を包み込むようにしてなじませます。

コットンでつけるとパッティングの際に刺激になるので、手でつけることがおすすめです。コットンを使用する場合は、コットンが毛羽だたないようにたっぷりと化粧水をしみ込ませて、優しくパッティングをしてください。

この後に美容液、乳液、クリームなどを使用します。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • さらっとしたテクスチャーですが保湿力は十分です。肌になじませるとスーッと浸透をしてべたつきません。しっとりと潤うのでオールシーズン使えそうです。ナチュラルローズ&カモミールの香りに癒されます。とくに香りが気に入っています。
  • フタがお花の形でかわいいです。化粧水を肌につけるとすっとなじんで、べたつくことがなくつるつるすべすべの肌になりました。水のようなテクスチャーでべたつかないので使いやすいです。乾燥がひどくても潤いを実感できました。爽やかな優しい香りなので、うっとりしながら使えます。香りの癒し効果が抜群でした。
  • みずみずしくてさっぱりしていて、乾燥した肌にもグングン浸透をしていきます。さっぱりしてべたつき感はありません。たっぷり使ってコットンパックをしているのですが、肌がふっくらもっちりとしました。肌がワントーン明るくなったようにも感じます。また、香りに癒されるところも気に入っています。

アトレージュピュアのモイスチュアローションは、べたつかない使い心地なのに潤いを与える化粧水です。潤いを与えることも好評なのですが、香りも好評です。忙しくて疲れた心を香りが癒してくれることでしょう。潤い感も香りもおすすめの化粧水です。

第14位 ライスパワーNO.11配合のライースペリアのインナーモイスチュアローション

化粧水でしっかり保湿ケアをしてもすぐに乾燥してしまうことがありませんか。秋冬は特に肌が乾燥しやすいですよね。

乾燥に悩んでいる方におすすめの化粧水が「RAIZ repair (ライースリペア)のインナーモイスチュアローションNo.11」です。

ライスパワーNo.11が角質層にまで浸透をして、潤いで満ちた肌へと導きます。

ライスパワーNo.11の働き

従来の保湿化粧品は、保湿成分を肌表面に広げるだけで肌そのものを変えるものではありません。肌表面は潤っているように感じますが、肌の内側はカサカサに乾いた状態です。

ライースリペアは根本に働きかけます。

肌細胞を作っているのは肌の奥の基底層です。ライースリペアは基底層にまで成分を届けて、セラミドを生みだす力を高めて肌内部から整えていきます。

セラミドとは肌の潤い保持に重要な役割を果たしている成分です。健やかな肌は肌表面の角質細胞が層のように幾重にも重なっています。角質細胞同士のすき間を満たしてつなぎとめている成分が細胞間脂質で、その細胞間脂質を構成する成分がセラミドです。肌には本来、花粉やホコリなどの外部刺激から守り、肌内部の水分蒸発を防ぐバリア機能が備わっています。セラミドで肌が満たされているとバリア機能の力が発揮されます。

インナーモイスチュアローションNo.11は、ライスパワーNo.11を配合している化粧水です。ライスパワーNo.11には、肌内部のセラミドを増大させて、水分を保持する力を改善する力があります。医薬部外品の効能として「皮膚水分保持能の改善」が認められています。

ライスパワーNo.11には高い浸透性があり、素早く肌の奥深くにまで浸透をして、肌の内側から肌を整えていきます。内側からみずみずしい潤いで満ちた透明感のある肌に近づくことが期待できます。

使い方

洗顔後に使用をします。

手のひらに500円大を取り出します。両手のひらをこすり合わせてなじませたら、顔全体を手で包み込んでハンドプレスをします。少しずつ手のひらの位置を変えて顔全体になじませます。乾燥が気になる部分には重ねづけをします。

コットンは使わずに手でなじませてください。なじませる際には叩くのではなく、優しくハンドプレスをします。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 乾燥肌でしっかりケアをしても夜は肌がカサカサしていることが多くありました。この化粧水はつけた後にべたべたしないのにしっとり感が続きます。使うようになって夜に肌がカサカサすることがなくなりました。
  • 浸透力がすごいです。とろみのあるテクスチャーですがスーッとなじみます。やや敏感な肌ですが問題なく使えています。毛穴の開きと毛穴の黒ずみが目立たなくなってきました。ファンデーションのノリもよくなったし、いいことばかりです。

化粧水をつけてもすぐに肌が乾燥するようなら、ライースリペアのインナーモイスチュアローションNo.11がおすすめです。セラミドの生産力を高めて肌の内側から潤った状態へと導く化粧水です。浸透力が高いのでスーッとなじみ、保湿をするのにべたつきません。

ライスパワーNo.11でケアをして内側から潤って、潤いが続く肌を目指しませんか。

第13位 乾燥やニキビが気になる人にエテュセの薬用スキンバージョンアップローション

ニキビケアにはさっぱりした化粧品が必要だと思っていませんか。でも、大人ニキビは乾燥が原因なので潤いを与えることが必要です。

乾燥やニキビが気になる方におすすめが「エテュセの薬用スキンバージョンアップローション」です。ニキビの気にならないもっちり肌に導きます。

もっちり肌に導く秘密

薬用スキンバージョンアップ ローションはもっちり肌へと導く化粧水です。エテュセが考えるもっちり肌とは、毛穴やニキビが気にならず、キメが整っていて、潤っていて、柔らかく弾力がある状態のこと。

もっちり肌に近づく秘密は、うるおい成分が角質層の隅々に行きわたることです。もちっとした肌へと導く成分として、酵母エキスGL、カモミラエキス、ローズマリーエキス、メリッサエキスなどを配合しています。カモミラ、ローズマリー、メリッサは、標高500mにあるエテュセファームで無農薬で育てられています。

成分を極小化することで浸透力がアップ。角質層の隅々に潤いを届けます。だから、肌の内側からしっとりに。

さらに有効成分のグリチルリチン酸ジカリウムを配合。グリチルリチンジカリウムには抗炎症作用があり、ニキビで荒れがちな肌を整えたり、ゆらぎやすい肌を健やかな状態に導きます。

使い方

洗顔後の肌に最初に使います。

適量を手またはコットンに取り出し、顔全体になじませます。コットンを使用する場合は、コットンの毛羽立ちで肌を傷つけないようにするために、コットンが透けるくらいたっぷりと化粧水をしみ込ませてください。

化粧水の後に乳液やクリームなどを使用します。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • やっと求めていたものに出会えました。デコボコ毛穴が目立つ肌もふっくらに。ニキビ肌だったのですが、これを使うようになって一つもニキビができていません。保湿力がバツグンです。保湿が足りなくて肌荒れをしていたのだと気がつきました。化粧のノリもよくなりました。
  • 保湿力が凝縮されている感じで潤います。乾燥肌にはよいと思います。ニキビが気になっていたのですが、使用後すぐに落ち着いてきました。ニキビ用のローションを使うと肌がつっぱるのですが、こちらはそういったことがありません。手に取ると少しとろっとしていて、手でもコットンでもつけられます。バシャバシャ使えるローションです。
  • とろっとしているのでべたつくかなと思ったのですが、肌につけるとしっとりとしました。翌朝の肌はもっちりに。感動しました。同シリーズのエッセンスを使っておくとローションの浸透がよくなるように感じます。コットンパックとしても使っていて、パックするともっちりしっとりとします。

ニキビ肌に必要なのは潤いです。ニキビができにくくなりました、という口コミももらっている化粧品が、エテュセの薬用スキンバージョンアップローションです。

もっちり肌に導く成分を配合。成分を極小化しているので角質層にまで浸透。だから、肌の内側から潤ってふっくら肌に。ニキビができているときに保湿ケアをしてもいいの?と思うかもしれませんが、荒れた肌を健やかな状態に導くグリチルリチン酸ジカリウムを配合しています。丁寧にケアをして、もっちり潤った滑らか肌を目指したいですね。

第12位 ママ&キッズのスキンコントロールローション

肌がかさつく、秋冬の乾燥対策に、小ジワが気になる、このような方におすすめの化粧水が「ママ&キッズのスキンコントロールローション(しっとり)」です。

肌にもともと備わっている潤い成分と同様の保湿成分が、肌のすみずみに行きわたって潤いで満たします。

4つのおすすめポイント

①肌と同じ潤い成分配合

肌にはもともと潤い成分が備わっています。ヒアルロン酸はその一つです。ヒアルロン酸には水分保持力があり、肌の潤いを保ってくれています。しかし、加齢に伴い減少。

スキンコントロールローションはバリアヒアルロン酸を配合。20~50歳の健康な肌の女性16名に就寝前5日間、バリアヒアルロン酸を塗ってもらったところ、81%で肌荒れがとても改善しました。バリアヒアルロン酸がゆらぎ肌の立て直しをサポートします。

②バリア機能をサポート

乾燥性敏感肌で悩む方は肌のバリア機能が低下している可能性があります。バリア機能は肌にもともと備わっているもので、乾燥、ホコリ、紫外線、大気汚染などから守る役割があります。

スキンコントロールローションは肌に潤いを与えるアミノ酸、セラミド2、セラミド3、セラミド5、セラミド6、ビフィズス菌エキスを配合。潤いを与えることでバリア機能アップをサポートします。

③美肌菌を増やす

肌には皮膚常在菌が棲みついていて、その中には肌を健やかに保つ美肌菌(善玉菌)も含まれています。美肌菌は皮脂をエサにして肌の保護膜を作るなど、肌の健康を守ってくれています。

黒糖由来の独自成分スーパーオリゴを配合。美肌菌を増やすことで健やかな肌に導きます。

④家族で使える

ママ&キッズは皮膚科専門医の協力のもと開発されています。赤ちゃんや妊婦さんでも使える優しさにこだわった化粧品です。香料、着色料、パラベン、アルコール、鉱物油、紫外線吸収剤、石油系界面活性剤は無添加、弱酸性、低刺激性です。

使い方

洗顔後のスキンケアの最初に使用をします。

手のひらに適量をとり、顔全体になじませます。顔全体に広がったら、両手で軽く押さえて浸透させます。

敏感肌はコットンよりも手でつけることがおすすめです。コットンは毛羽立ちやパッティングの刺激が気になりますが、手でつける方が肌への刺激が少ないです。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • ずっと使っていた化粧品が肌にあわなくなってしまい、藁にもすがる思いでこちらを使ってみました。この化粧水を使うと肌が元気になるように感じます。刺激や匂いはなく潤います。ずっとこれを使っているし、これからもずっと使い続けたいです。
  • 妊娠をして肌荒れがひどくなったときに購入をしました。刺激を感じずにつけて、肌の潤いを実感できます。肌がゆらいでいる時でも潤いました。匂いはないのでつわりのときでも使えました。ママ&キッズのオリゴミルクも使っていますが、これだけでケアをして肌が生き返るように感じます。

乾燥性敏感肌には優しい使い心地で潤いを与えてくれる化粧水がおすすめです。

ママ&キッズ スキンコントロールローション(しっとり)は、敏感な肌のことを考えた化粧水です。低刺激性な化粧水が肌のすみずみに潤いを与えて、健やかな状態に導きます。

第11位 保湿をしてもカサカサする人におすすめのつむぎの化粧水

保湿ケアをしても肌がカサカサすることがありませんか。乾燥が進行をすると、乾燥によるくすみ、敏感肌、化粧品が合わないなどのトラブルを招くことも。
カサカサ肌に必要なのはセラミドです。

「つむぎのしみこみ化粧水<セラミド化粧水>」はセラミド配合の化粧水です。肌のコンディションを整えて、健やかな肌へと導きます。

セラミドとは

セラミドは肌のバリア機能の役割を果たす角質層を構成している成分の一つです。肌表面の角質層は、角質細胞と細胞間脂質で構成されています。角質層はレンガのような構造をしていて、角質細胞がレンガ、細胞間脂質がモルタルの役割をしています。細胞間脂質が角質層同士をつなぎ合わせて、外からの異物が侵入しないようにバリアの機能を果たしています。細胞間脂質の大部分を占めている成分がセラミドです。

ところが、肌に存在するセラミドは20歳ころから減少をします。バリア機能が低下をしてしまい、外の刺激に敏感になったり、肌内部水分が逃げやすい状態になります。そして、保湿ケアをしてもカサカサな肌になってしまうのです。

「だからこそ、セラミドで肌のケアを!」

つむぎのしみこみ化粧水は、人の肌に存在するセラミドと同じ構造をしているヒト型セラミドを配合しています。ヒト型セラミドといってもいくつか種類があるのですが、つむぎのしみこみ化粧水は、セラミド1、セラミド2、セラミド3、セラミド6を使用しています。人の肌に存在するセラミドと同じ構造をしているので、保湿力が高く肌なじみがよい性質があります。

さらに、ユズセラミドも配合。コラーゲンやヒアルロン酸をサポートしてエイジングケアが期待できる成分です。

タルク、鉱物油、パラベン、合成着色料、合成香料、紫外線吸収剤、タール系色素、シリコンは無添加です。

使い方

適量を取り出して肌に塗布をします。サラッとしたテクスチャーなので、手で塗布する際にはこぼれないように気をつけてください。

コットンで塗布する場合は、コットンがヒタヒタになるくらいたっぷりと化粧水を使用しましょう。たっぷり使用をしてコットンの毛羽立ちを抑えることで、パッティングする際の肌の負担が軽減します。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • サラッとしたテクスチャーでみずみずしくて気持ちがよいです。肌にスーッとしみ込んでいきます。油膜感はなく、肌の奥まで成分を届けてくれているようです。肌がぷるっと潤ってふっくらに。ツヤ感もアップしました。べたべたしないので年間を通して使いたい化粧水です。
  • 吸い込まれるように浸透をして気持ちがよいです。化粧水はよくなじんで、次に使う美容液もなじみがよくなりました。セラミドが肌のバリア機能を助けてくれるので、滑らかで触り心地がよい肌になりました。ユズセラミドも配合されているので、ふわっとしたよい香りがします。

保湿ケアをしているのに肌がカサカサしてしまうのは、肌のセラミドが不足をしているからかもしれません。つむぎのしみこみ化粧水は、肌なじみがよいヒト型セラミドを配合した化粧水です。肌の保湿力アップ、バリア機能のアップが期待できます。肌のコンディションを整えて、カサカサ肌の悩みをサポートします。

第10位 ぐんぐん浸透する化粧水ラフィージュ

温泉水とブースター機能で浸透力がぐんとアップ。満足度96%、多くのメディアで取り上げられている美容液化粧水が「ラフィージュ エクストラリッチローション」です。

お手入れをしているのに乾燥する、くすみやシミが増えてきた、たるみが気になる、こんな方をサポートします。

30代は化粧水が大切になってくる年齢

化粧水は美容液やクリームに比べると軽視されがちです。しかし、洗顔後の肌に最初につける化粧水には大切な役割があります。化粧水できちんとケアをしている人ほど、肌がきれいなのです。化粧水で手を抜くと、何となく潤っているだけ、美容液の効果を実感しにくいということも。カサカサ肌が進行をすると、シミ、くすみ、シワなどさまざまな肌トラブルの原因になります。

ところが、年齢を重ねると化粧水が肌に浸透しにくくなります。

そこで、化粧水と美容液を1つにした年齢肌に浸透する美容液化粧水を開発しました。それが、ラフィージュエクストラリッチローションです。

化粧水は浸透をすることが大事です。浸透力を実現するために、ラフィージュは海潮温泉水を使用しています。化粧水に溶け込んだ美容成分を温泉水が届けてくれます。しかも、ブースター成分も配合をしているから、温泉水とともに肌の奥にまでぐんぐん届けます。

そして、化粧水なのに美容成分を95.8%も配合をしています。配合している美容成分の数は52種類。生コラーゲンやプラセンタエキスなど、年齢肌をサポートする成分たちです。

毎日使って欲しいから、パラベン、石油系界面活性剤、鉱物油、シリコーン、合成香料、合成着色料は不使用です。肌に悪い成分はカットしています。

使い方

洗顔後、適量を顔全体になじませます。

手でつけるときには、両手のひらに化粧水を広げて、手を顔に押し当てるようになじませます。

コットンでつけるときには、たっぷりの化粧水をコットンに浸みこませてパッティングをします。使用量が少ないとコットンが毛羽だって肌の刺激になります。適量を使うことで毛羽立ちにくくなります。

口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • シワが気になるようになっていろいろ調べてみたら、化粧水の見直しが必要なことに気がつきました。そこで使ってみたものがラフィージュです。今まで化粧水にこだわっていなかったのですが、使ってみてビックリ。肌のしっとり感が違います。
  • 肌につけたときの浸透力とずっと潤う力が気に入っています。今まで使った化粧水の中で一番のお気に入りです。肌がとっても柔らかくなりました。

化粧水は洗顔後の肌に最初につける大切なアイテムです。化粧水でしっかりケアをするかしないかで肌の状態が変わります。

しかし、年齢とともに化粧水が浸透しにくくなってしまいます。温泉水とブースター機能でぐんぐん浸透力、そんな化粧水がラフィージュです。美容成分98.5%配合、化粧水と美容液の機能が1本に凝縮されています。肌がしっとりしてきた、ハリがでてきた、使った方はこんな変化を実感しています。

第9位 アクアレーベルで透明感と潤いのある肌に

美白ケアをしているのにシミが、最近肌の印象が違う、こんな経験がありませんか。もしかしたら、肌の保水バリア機能が低下しているかも。

肌の保水バリア機能を守りながら、透明感のある肌へと導く化粧水が、「アクアレーベル ホワイトアップローション」です。

ベストコスメ大賞を多数受賞、販売数200万個を突破。透明感の輝きのある肌を目指しませんか。

保水バリア機能に着目

保水バリア機能とは、肌の潤いを維持し、外部刺激から守る肌の力のことです。保水バリア機能がしっかりと働いていれば、潤いがあり外部刺激に強い肌に。潤いをキープするための肌の大切な機能です。アクアレーベルはこの保水バリア機能に着目しました。

肌の保水バリア機能を守る成分がベビーアミノ酸です。10年以上に及ぶ研究による成分で、赤ちゃんのみずみずしい肌にはたっぷりと含まれています。

ベビーアミノ酸は、肌本来の保水バリア機能の形成を助けます。シミやそばかすが気になる肌に、潤いを届けます。

さらにきれいな肌を手に入れたい方のために、エーデルワイスGL、m-トラネキサム酸、Wヒアルロン酸も配合をしています。

エーデルワイスGLがくすみがちな肌を保湿、m-トラネキサム酸がメラノサイト活性化を抑制、Wヒアルロン酸が潤いを届けます。

着色料は不使用、アレルギーテスト済みです。

使い方

洗顔後、適量を手に取り顔全体になじませます。コットンを使用する場合は、コットンがヒタヒタになるくらいたっぷりの化粧水をしみ込ませ、優しくパッティングをします。

アクアレーベル ホワイアップエマルジョンやクリームを使用すると、もっと潤いにあふれた肌に近づきます。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 5本目のリピートです。香りが大好きです。しっとりタイプなので肌が乾燥しません。
  • リニューアル前の商品も使っていたけれど、リニューアルをして浸透力が高まっている気がします。バシャバシャ惜しみなく使えるところもよいです。肌がつるつる、色がワントーン明るくなりました。
  • 高い商品ではないのであまり期待はしていませんでした。しっとりタイプはべたつきそうと思ったけれど、べたつかずヒンヤリした使用感が気持ちいいです。肌がしっとりしているけれどサラサラになります。
  • 信頼できる資生堂ということで使ってみました。まず感じたことは浸透がよくことです。肌につけるとすぐに浸透をしてサラサラになります。毛穴の開きが改善されて、ニキビもできにくくなりました。

肌のSOSサインの原因は、保水バリア機能の低下の可能性があります。肌の潤いをキープして外部刺激から守る保水バリア機能を高めることが、潤いあふれる肌に近づくためのポイントです。

保水バリア機能に着目した化粧水が、アクアレーベルのホワイトアップローションです。保水バリア機能をサポートするベビーアミノ酸を配合。さらに美しい肌を目指す方のためのm-トラネキサム酸やWヒアルロン酸なども配合されています。シミそばかすを予防しつつ、潤いのある肌へと導きます。

第8位 乾燥が気になるときにおすすめのDHCの高保湿化粧水

空気が乾燥する季節やエアコンを使用するときには、肌の乾燥が気になりませんか。しっかり保湿ケアをしたのに、時間が経つと肌がカサカサになってしまうことも。乾燥肌をしっとりうる肌に導く化粧水が「DHCの濃密うるみ肌化粧水」です。

4種類のヒアルロン酸とコラーゲンがうるおった肌に導きます。

うるうる肌に導く秘密

濃密うるみ肌 化粧水は、4種類のヒアルロン酸とコラーゲンを配合しています。

ヒアルロン酸は分子の大きさによって働く場所が違います。

肌には花粉などの外部の異物が侵入しないように守っているバリア機能が備わっています。分子が大きな成分は、バリア機能を通過することができないので肌表面にとどまります。

パワーヒアルロン酸とハイパーヒアルロン酸は分子が大きいので、肌表面にとどまる性質があるヒアルロン酸です。肌をヴェールのように覆って乾燥から守ります。分子が小さなディープヒアルロン酸とチャージヒアルロン酸は角質層にまで浸透する性質があります。ディープヒアルロン酸が角質層のすみずみに潤いを与え、チャージヒアルロン酸が角質層の潤いをキープします。

コラーゲンはもともと分子が大きいので肌内部に浸透しにくいけれど、低分子化させたリッチコラーゲン配合で角質層にまで浸透をします。角質層の深くにまで届いて、ハリと弾力をサポートします。

保湿成分配合の化粧水はなじみが悪そうな印象があるけれど、濃密うるみ肌化粧水はあっという間に肌に浸透をします。しっとり潤ってもべたつかない使用感です。

香料、着色料、パラベン、アルコールは無添加、弱酸性です。とてもしっとり、しっとり、さっぱりの3種類があります。

使い方

洗顔後に使用をします。

適量を手に取りだし、手のひらを顔に押し当てるようになじませます。とろみがあるので手でもつけやすいです。

コットンを使用する場合は、コットンにたっぷりと化粧水をしみ込ませて軽くパッティングをします。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • とてもしっとりの大容量はポンプ式なので片手でも使いやすいです。とろみがあるテクスチャーですが肌なじみがよく、あっという間に肌にしみこみます。使用後はしっとりしますがべたつかず、もっちり柔らかな肌に。香りはなく癖がなく、毎日使いたくなるような使用感です。
  • 大容量のポンプタイプは惜しみなく体にも使えます。使うたびにフタを開ける必要がなく楽ちんです。とろみを感じられる化粧水で、つけてすぐはぺたぺたしますが、時間が経つとしっかりなじんでさらっとした仕上がりになります。重ねづけをしても嫌なべたつきはなく、もっちりとした肌になります。
  • フタの開け閉めをする必要がないので楽ちんだし、置き場所に困りません。手に取ると高保湿なべたつきがありますが、肌になじんできてべたつき感はなくなります。じっくりハンドプレスをすると、もっちりしっとりな肌になれます。しっとり感は長く続きます。秋冬は肌が乾燥するのでしっかりと保湿してあげたいです。

肌の乾燥が気になる季節でも、高保湿化粧水でたっぷり潤いを与えおくとしっとりもっちり肌に。DHCの濃密うるみ肌化粧水は4種類のヒアルロン酸とコラーゲンで潤いを与えてくれる化粧水です。もっちりしっとり潤った肌が続きます。

第7位 ぷりっとした肌にももぷりの潤い化粧水

たっぷりの潤いで満ちた肌はぷりっとしていますよね。そんな肌へと導く化粧水が「ももぷりの潤い化粧水」です。乳酸菌や桃セラミド配合で、ぷりっとした素肌へと導きます。

特徴

肌が乾燥すると、シワシワ、カサカサ、ハリ不足などを感じませんか。ぷりっとした肌を作るためにはこれと反対のこと、つまり潤いを与えることが重要です。桃も水分たっぷりでぷりっとしていますよね。赤ちゃんの肌も水分たっぷりでぷりぷりです。

ももぷり 潤い化粧水は、乳酸菌と桃セラミドを配合しています。

肌には皮膚常在菌が棲みついていて肌のバランスを保ってくれています。ももぷり 潤い化粧水は肌の常在菌に着目した乳酸菌E-12株を配合しています。乳酸菌を肌に塗って弾力のある肌へと導きます。

セラミドは肌の水分保持にかかわる細胞間脂質を構成する成分です。細胞間脂質の約半分はセラミドでできています。

ももぷり 潤い化粧水は国産にこだわった桃セラミドを配合しています。肌の潤いをサポートします。さらに、毛穴の引き締めをサポートするベルガモット果実エキス、モモ葉エキス、ビタミンC誘導体、ヒアルロン酸、ビタミンA・Eも配合をしています。ぷりっと潤って毛穴もキュッと引き締まった肌に近づくことが期待できます。

ピンク色のかわいいボトルです。ほんのりと桃の香りがします。

使い方

洗顔後に使用をします。手またはコットンに適量を取り顔全体になじませます。

手でつけるときには、手のひらで顔全体を覆うようにします。コットンでつける際には、コットンの毛羽立ちを防ぐためにたっぷりとコットンに化粧水をしみ込ませます。優しい力でパッティングをしましょう。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • パッケージに惹かれて購入をしました。さらさらなテクスチャーですぐに浸透をします。さらっとしていてもしっかりと手でハンドプレスをすると肌がしっとりとします。肌がぷるるーんと元気になりました。これまで使ったプチプラにはない使用感です。刺激もなく使えています。
  • ころんとしたまるいフォルムがかわいらしいです。パカンとキャップを開くようになっています。透明でサラッとしたテクスチャーの化粧水で、桃の香りがふわっとします。かわいい香りなのでずっと嗅いでいたくなります。肌に伸ばすとスーッと浸透をします。べたつかずに潤う使いやすい使用感です。これからもたくさん使っていきたいと思えるような化粧水でした。
  • ピンクのぷりっとしたボトルがかわいいです。つけた瞬間の桃の香りがおいしそうです。朝のスキンケアのときに使うと気分がよいです。癒されたいときに使うのがおすすめです。さらっとしていてもつけると肌がもちもちに。保湿力がすごいと思いました。

ももぷり 潤い化粧水は、乳酸菌と桃セラミドを配合した潤ってぷりっとした肌へと導く化粧水です。好評なのが香りです。桃の香りがするのですが、おいしそう、癒されるなどの口コミがされています。使用感も好評で、さらっとしたテクスチャーでべたつかず、肌が潤うと評価されています。

肌の乾燥が気になる、香りに癒されたい、かわいいパッケージが好き、ぷりっとした肌を目指している、そんな方におすすめです。

<<Amazon>>

第6位 潤うのにべたつかないアクセーヌのモイストバランスローション

冬場だけでなく夏でも乾燥肌に悩んでいませんか。肌は潤いを必要としています。

潤いの質だけでなく量にもこだわったローションが「アクセーヌのモイストバランスローション」です。浸透力が高くべたつきにくいので、乾燥肌が気になるけれどべたつきは苦手という方にもおすすめです。

3つのポイント

①高浸透でべたつかない

べたべたするのは成分が肌表面にとどまるからです。モイストバランスローションは、超微細ナノカプセル化技術を採用し、潤い保持成分を角質層にまで浸透。肌にはバリア機能が備わっていて、分子が大きな成分は肌内部に通過できないようになっています。角質層のすき間は40~6ナノメートルですが、超微細ナノカプセルは10~30ナノメートルと角質層のすき間よりも小さくなっています。そのため、角質層にまで浸透をしてべたつかないのです。

潤い保持成分にはセラミド類似成分を配合しています。

②12時間潤いが続く

保湿ケアをしても日中に肌の乾燥を感じることがありませんか。モイストバランスローションなら12時間潤いが持続。水分を抱え込んで潤いを守るセラミド類似成分配合。角質層のすみずみに行きわたり、潤いを持続させます。朝と夜の2回お手入れをすれば24時間潤った肌に。

③ふっくらとしたハリ&透明感

角質細胞の水分が少ないと肌はしぼんだ状態に。でも、細胞に潤いを届けるとふっくらハリのある肌に。高野豆腐も乾燥した状態だとしぼんでかさついているけれど、水分を吸収するとふっくらしますよね。

角質細胞をふっくらと潤わせる技術・セルバウンス技術を採用しています。バリア機能を健やかに保ちつつ、ふっくら感と透明感のある肌に導きます。

使い方

洗顔後、最初にローションを使います。

使用目安量は500円玉2枚分です。この量を一度でつけるのは難しいでの、2,3回に分けてつけてください。手のひらに取り出したら、顔全体になじませます。重ねづけをすることで、コットンパックのような潤いを感じられます。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • ニキビができるようになってさっぱり系の化粧水を使っていたのですが、そうすると肌がかさついてメイクがヨレたり崩れやすくなったりしました。保湿系のメイクに変えたりをしても変わらず、スキンケアで保湿をすることが重要だとわかり、こちらの商品にたどり着きました。乾燥していた頬がふっくらとしてハリがでます。オイリーになりがちだったTゾーンはテカらなくなりました。非常によいローションだと思います。
  • 敏感肌でアルコールが強いものはヒリヒリして使えないのですが、こちらは大丈夫です。乾燥肌でもありますが、すごくもっちりとします。肌のキメが整い、角質が滑らかで、弾力も感じられ、すべての願いを叶えてくれました。購入をしてよかったです。

乾燥肌には保湿ケアが必要といわれますが、潤いの質だけでなく量も重要です。質だけでなく量にも着目したローションが、アクセーヌのモイストバランスローションです。

保湿系のローションですが、角質層にまで浸透をするのでべたつきが気にならない使用感です。角質層のすみずみに潤いを届けて、しっとりふっくら、透明感のある肌に導きます。

<<Amazon>>

第5位 乾燥肌には肌ラボのオイルイン化粧水

カサカサしたお肌って何だかしぼんだ元気のない状態に見えますね。若々しいお肌は、ハリがあってツヤがあって潤いがあります。

カサカサしているお肌は、小じわもできやすくなりますし、肌トラブルも起こりやすくなってしまいます。バリア機能が低下している状態なのです。内側から潤うため乾燥をしっかり防ぐスキンケアを行いましょう。

おすすめのスキンケアアイテムは「オイルイン化粧水」です。

洗顔後に化粧水の浸透力を高めるために美容オイルを使うという人や、化粧水の後は美容オイルを使ってスキンケアしているという人には特におすすめのアイテムです。水分を補給し潤いを与えてくれる化粧水と同時に潤いをとどめてくれるオイルがお肌に一緒に浸透していくので、瞬時にお肌を乾燥から守ってくれます。

オイルイン化粧水の中でもお勧めしたいのが肌ラボの極潤シリーズ、植物性スクワランオイルin化粧水です。オイルがナノ化されているので、よりしっかりとお肌に浸透してくれます。オイル配合なのにべたつかない使用感の化粧水なので、1年中使えます。

さらにお肌に良いビタミンを2種類配合しています。まず1つ目はナイアシンアミドという肌荒れを予防してくれるビタミンです。うるおいも保持してくれます。

それからお肌を整えてくれるビタミンEが配合されています。

使用方法

プッシュタイプのボトルに入っているのでとても使いやすいです。洗顔後手のひらに500円玉くらい取り出して使います。意外と多めに取り出して使うのがポイントになります。そしてお顔全体に馴染ませます。目元や口元などの乾燥しやすい部分には重ねて塗ります。最後に肌を手のひらで包んで化粧水をしっかりと浸透させます。

220mlの大容量なので、ボディにも使ってみても良いですね。首やデコルテもケアしてあげましょう。1回購入したら2回目からは詰め替えタイプが用意されています。ボトルは捨てないようにしましょう。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • べたつきが無くてしっかり潤いを与えてくれます。お肌がモチモチになりました。
  • 肌のカサツキが解消されて、肌がしっとりします。
  • オイルインローションは初めて使いました、オイルと化粧水のスキンケアを時短で行えて便利だなと思いました。乾燥しやすい部分は重ねて塗るとよりしっとりします。翌朝まで乾燥しませんしお化粧ノリもとても良くなりました。
  • お肌に嬉しいビタミンも配合されていてとても使い心地が良い化粧水です。詰め替えもあってコスパも良いので気に入りました。ごわつきのあったお肌が潤ってなめらかな感じになってきています。べたつかなくて使いやすいです。デコルテや首もたっぷり使える大容量なので嬉しいです。
  • 美容オイルと化粧水のケアからこちらに切り替えました。とても使いやすいです。

秋から冬にかけては、肌が乾燥しやすくなります。乾燥から痒みが出たり、赤くなってしまう人もいるかもしれません。バリア機能を高めるためにもオイルインローションでお肌を乾燥からしっかり守ってあげましょう。初めてオイル美容を試すという人にもおすすめの1本です。

<<Amazon>>

第4位 肌を整える明色スキンコンディショナー

洗顔後の肌を弱酸性に戻し、次に使う化粧水の働きがしっかり発揮されるように整える化粧水が「明色スキンコンディショナー」です。

化粧水の浸透が悪い、香りで癒されたい、そんな方におすすめです。

特徴

明色スキンコンディショナーはローズエキスを配合しています。ローズエキスには、肌を活性化する働きが期待できます。肌が活性化することで潤いに満ちた、ハリと弾力がある状態に近づきます。

使用しているのは、ダマスクローズエキスです。ダマスクローズは優雅な香りが特徴でリラックス作用があり、女性らしさを高めるといわれています。クレオパトラもローズを愛用していたといわれています。

化粧品は使用感や効果だけでなく香りも重要です。よい香りに包まれながらスキンケアを行えば、毎日のケアの時間が癒しの時間になることでしょう。好きな香りでケアをすれば、毎日のケアも楽しくなります。

肌は普段弱酸性なのですが、洗顔後の肌はアルカリ性よりになっています。明色スキンコンディショナーは洗顔後の肌を弱酸性に戻し、その後に使う化粧水の力が発揮されやすいように肌を整えます。普段使用している化粧水が浸透しにくいと感じたとき、プレ化粧水として使用をするとよいでしょう。さっぱり化粧水としても使用できます。

使い方

洗顔後、500円大を手のひらまたはコットンに取り、顔全体に優しくなじませます。パッティングをする際には、コットンが毛羽たないように化粧水をたっぷりとつけることと、強い力を加えないように気をつけてください。

プレ化粧水としてや、さっぱり化粧水として使用できます。プレ化粧水として使用する場合は、この後に化粧水でケアをします。さっぱり化粧水として使用する場合は、この後に乳液やクリームなどでケアをするとよいでしょう。

口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • 毛穴の目立ちが気になっていましたが、毛穴の目立ちの原因と思われる皮脂分泌が少なくなったように感じます。一日中さらっと保てるので、毛穴が気になるときによいと思います。これだけだと乾燥をするので、乳液とクリームを使っています。
  • さらっとした化粧水です。コットンに含ませて使用をしています。使用3日目で感じた変化は、毛穴が引き締まってきた、皮脂分泌量が減った、キメが整ってきたことです。これ単体で使用しても乾燥しません。ローズ水が入っていてローズの香りがしますが、私は好きな香りです。
  • これだけだと乾燥するので、その後に化粧水をつけています。そうすると乾燥は気になりません。次の化粧水がグングンと浸透をして快適に使用できます。毛穴がキュッと引き締まり、肌がつるっとしていることを実感しています。これを使うのと使わないのでは肌の感触が全く違うので、なくてはならない化粧水になっています。

化粧水が浸透しにくいなと思ったときには、明色スキンコンディショナーがおすすめです。

洗顔後の肌を弱酸性に戻して、次に使う化粧水の力が発揮されやすいように整えてくれます。化粧水の浸透がグングンよくなることで、これまでと肌の質感が違うことを実感している方もいます。毛穴が引き締まった、皮脂分泌量が減ったなども口コミされています。

<<Amazon>>

第3位 ファンケルのモイストリファイン化粧水

乾燥して化粧が崩れる、毛穴が目立つ、TゾーンはべたつくのにUゾーンはかさつく、こんな悩みがありませんか。かさつき、毛穴、テカリの悩みは肌の内側が乾いていることが原因です。

肌の内側に潤いを届けて毛穴レス肌に導く化粧水が「ファンケルのモイストリファイン化粧水」です。

3つのおすすめポイント

①内側から潤い肌に

肌の内側の乾き(インナードライ)は、かさつき、開いた毛穴、テカリの原因です。肌の内側が乾いていると、これ以上乾燥しないように皮脂が分泌されて、皮脂によって毛穴が押し広げられて目立ってしまうことに。肌の内側は乾いていても、皮脂によってTゾーンはべたつくことにもなります。不安定な状態の肌です。

モイストリファインはインナードライに着目!

独自成分のアクティブセラミドとモイストチャージコラーゲンが、肌の内側と外側に潤いを届けます。使用12週間でキメスコアが約1.2倍にアップしたというデータもあります。

潤ってキメが整ったつるんとした肌に導きます。

②キュッと引き締め

ビタミンPとは柑橘類に多く含まれるポリフェノールの一種です。モイストリファインは、タチバナ果皮から抽出したビタミンPを配合。毛穴周りのコラーゲンにアプローチをして、引き締まった肌に導きます。

③無添加

肌表面の角質層は肌の潤いを守っているのですが、防腐剤などの添加物はバリア機能を低下させる原因になります。バリア機能が低下をすると乾燥が進行をして、肌不調を加速させてしまいます。

ファンケルは肌ストレスを与える成分は使用していません。防腐剤、香料、合成色素、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤は無添加です。

使い方

洗顔後に使用をします。適量を手に取りだし、手のひらで顔を包み込むように広げます。最後にハンドプレスをしてなじませます。

コットンでつける場合には、コットンから化粧水がしみ出るほどたっぷりと化粧水を使用してパッティングをします。

口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • テカリやべたつきに悩んでいる肌です。朝起きたときには肌がべたついています。それが、この化粧品でケアをするようになって朝起きたときのべたつきが軽減しました。肌がしっとりしても化粧水のべたつきはありません。快適に使用できる化粧水です。
  • ひどい乾燥肌でどれだけ保湿をしても粉吹きするような状態でした。モイストリファインは一度使っただけで変化を実感しました。肌がもちもちなんです。手で触ったときにもっちりと吸い付く感じがします。これまで悩んでいたのは何だったのだろうという感じです。乾燥に悩んでいる人に使って欲しいです。
  • とろみのあるテクスチャーです。べたつくことはなく、肌になじんでいきます。なじんだ後は肌がもっちりとして、肌の乾きが満たされている感じがします。この化粧水を使い始めてからは、とにかく化粧のノリがよいです。季節の変わり目の肌が不調になりやすいときにもよさそうです。

かさつき、毛穴、テカリの悩みは、肌の内側から潤いを与えることがポイントです。

ファンケルのモイストリファイン化粧水は、肌の内側と外側にアプローチ。潤いを届けて、触りたくなるようなつるんと毛穴レス肌に導きます。

公式ホームページではお得なトライアルセットを販売しています。

⇒公式ホームページ:【ファンケル】1日中うるおいが続く肌を実感!無添加スキンケア



第1位 新しいオルビスユーで肌細胞の潤いと美肌力を活性させる

「これまでのケアとは違うオルビスユー!」

何だか最近肌の調子が悪い、化粧品の効きが悪くなってきた気がする。これらの不調は、細胞脱水のサインかもしれません。

肌細胞に潤いを届ける化粧品が「オルビスユー」です。

これまでのエイジングケアは与えるだけでしたが、オルビスユーは与えるだけのケアではありません。これまでとは違う細胞フィットネススキンケアで肌をサポートします。

<<オルビスユーは数々の美容メディアでベストコスメを受賞しており、現在人気急上昇中です>>

肌細胞のうるおい活性化

肌の調子がイマイチなのは、細胞脱水を起こしているからかもしれません。年齢とともに肌のすみずみに水分が行きわたらなくなり、肌細胞が脱水した状態に。その結果、ハリの低下、くすみ、乾燥などの不調が表れてきてしまうのです。

オルビスユーがたどり着いたのは、「肌細胞のうるおい活性化」です。これまでのエイジングケアは与えることが中心でしたが、オルビスユーは肌細胞のうるおいを活性化させることに着目しました。

化粧品の力を実感するためには、潤いの通り道を作ることが大切です。オルビスユーは潤いの通り道を作り、角質層への浸透力を高めます。そして、細胞が潤いで満たされることで、ハリや透明感のあるイキイキとした肌に近づくことが期待できます。

必要なケアは行いますが、不要なものは与えないシンプルな3ステップケアです。

ステップ1:オルビスユーウォッシュ

モロッコ溶岩クレイを配合。皮脂や毛穴の汚れをスッキリとさせ、明るい肌へと導きます。

ステップ2:オルビスユーローション

リッチなテクスチャーですが肌に触れた瞬間にスーッと浸透。内側からふっくらとした肌を叶える超浸透化粧水です。

ステップ3:オルビスユーモイスチャー

リッチなコクがあるの軽快な使い心地。みずみずしいヴェールで肌を包み込んで、もっちとした手触りの肌に。

3ステップすべて、オイル、香料、着色料は不使用、アレルギーテスト済みです。

使い方

洗顔料、化粧水、保湿液の順番で使用をします。

  1. 洗顔料は、よく泡立てて、泡を転がすように洗ったら、すすぎを丁寧に行います。
  2. 化粧水を手に取り、顔を包み込むようになじませます。
  3. 最後に、保湿液を適量手に取り、顔の内側から外側に向かってなじませます。

口コミ

細胞フットネス?アクアポリン?ちょっと聞きなれない言葉ですが、new ORBISのキーワードです。

普段はSK-Ⅱを使っていますが、やっぱり高価すぎるので変えてみようと思っていたところでした。

アクアポリン(AQP)は細胞の水の輸送を支配するたんぱく質で、年齢や肌ストレスで減少し、ハリの低下やたるみの原因になります。

New ORBISはこのAQPを増やす効果がある3つの成分「キーポリンブースター」を全ての商品に配合しました。

【3種のアクアポリンを発現させる成分】

AQPの活性化で肌が本来持っている力を最大限引き出すように細胞レベルで鍛えることこそが細胞フィットネスです。

ふと力がぬけた瞬間に感じる自然体で美しい肌への充実感「美しさのここち」を実感できますように。

現在使用しているのSK-Ⅱはこんな感じです。

「早速、NEW ORBISを使ってみました!」

シンプルな3STEPと新しいテクスチャーが魅力です。

STEP1:洗顔、泡はまるでメレンゲパック

  1. 顔と手を水かぬるま湯で洗う
  2. 洗顔料を1㎝程泡たてネットに出して少し水を足してキメ細かい泡を作る。
  3. 顔の中心から外側方向へ泡を転がしながら汚れを絡めとる。パックしたように包むので肌を直にこすることはない。
  4. 丁寧にしっかりとすすぐ。20回くらいがよい。

感想は、洗い上りがととにかくすっきりしている。なのにしっとりしていて突っ張りません。気持ちよくて思わずこのまま寝てしましいそうです。顔が明るくなった感じです。ハイドキャッチ成分が次の化粧水のなじみをUPさせているように感じました。

STEP2:化粧水、肌はまるでスポンジ吸収

  1. 手のひらに化粧水を5滴おとす。
  2. 下から上に包み込むようにつける。
  3. 最後に5秒間頬全体をおさえるようにハンドプレスする。

感想は、とろっとした感じが肌に触れると溶けて流れだしてくる”とろパシャ”!つけると、驚くほどスーッと浸透し手には何も残りません。ヴェールを作るのでいったん浸透した後に追加してもかえってべたつきます。なので5滴で十分す。

STEP3:保湿ジェル、まるでスフレケーキのよう

  1. てのひらにスパチュラに軽く1杯(小豆1個分)を取る。
  2. 顔全体にやさしくなじませる。
  3. 目元、口元など乾燥が気になる部分には重ねつけする。

感想は、モチっとした感じがスフレケーキのようだが、べたつくことなく、しっとりしてきます。保湿ヴェールを作るためなのでつけすぎには注意すること。

使用した後の肌効果

リッチな成分=べたつくの予想に反して、さっぱりしていて朝までしっとり感がキープされます。ピローの跡がつかなくなりました( ´∀` )頬を少しつねってみるとモチっとして、これがここち良いんです。

「あのピテラに変われるか?」

⇒正直やっぱりNOです。

確かに保湿力は負けていません。かさつき感は全くなくて、あのアクアポリンが働いたんだなと思いました。念のため使用前後でSK-Ⅱマジックリンクで肌年齢をチェックしました。やっぱり数値は説得力がありますよね。

まあ、数値の出し方にいろんな要素が入るとの批判もありますが、はっきり言って驚きました。野菜中心の食生活に改善したので肌チェックさせてくださいとお願いした3週間後のデータです。

でも鏡の前に立った感想はちょっと違いますほうれい線のあたりが、ちょっと下がった感じがあります。それと毛穴が目立ってきました。

どうしてなの?繊維芽細胞がつくるももの「コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸」

New ORBISは繊維芽細胞の増殖に必要なアクアポリンを活性化するブースターを配合していましたね。つまり繊維芽細胞の活性化です。でもその線維芽細胞が加齢で弱っていればどうでしょうか。

New ORBISは肌が本来持っている力を前提として働きかけるので、エラスチンが急激に減少してくる30代にとっては、とても効果的な方法です。

でも私と同世代であれば、コラーゲンやエラスチンをある程度補ってやる必要があると思います。なので、食事でコラーゲンを取るように意識するとか、オルビスのコラーゲンザビューティーを試してみようと思っています。

最後になりますが、New ORBISは「ちょっと使い続けてみよう!」と思いたくなるスキンケアでした。

いちばん気に入ったのは洗顔です。洗い上りがすっきり明るくなった感じでしかもしっとりしていて、これまでの使用経験から最高ランクです。

New ORBISはSK-Ⅱに負けない保湿力があって、リーズナブルな価格なのでコスパは抜群です。今までちょと我慢していたおしゃれや素敵なランチも楽しめるので、もう少し使い続けてみようと思います。

その他の口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • 肌につけた瞬間にスーッとなじんで、しっとりとして手ざわりになります。べたつきは気になりません。朝起きたときに肌のしっとり感が持続していてうれしくなりました。これからも使い続けたいです。
  • 夜に3ステップでケアをして、翌朝驚きました。脂性肌なのでいつもなら皮脂が結構出ているのですが、オルビスユーでケアした翌日はテカることがなく、肌がしっとりしていました。水分で潤うということを始めて体感しました。肌の調子がよくなってきています。
  • さらっとしていて浸透しやすいところが気に入っています。丁寧にケアをして翌日肌のハリを実感できました。洗顔料は泡がもっちり、化粧水はべたつかない使い心地、保湿液もべたつかずしっとりしました。

オルビスユーは与えるだけのエイジングケアではなく、肌細胞のうるおい活性化に着目しています。肌細胞に潤いが生まれることで、ハリのあるイキイキとした肌に。年齢を重ねるとともに肌細胞は脱水してきます。

潤いを与えてぷりっとしたハリとしっとり感のある肌に近づいてみませんか。

公式ホームページではお得なトライアルセットのキャンペーンを実施中!

7日分のトライアルセットと、ふわふわで抗菌・防臭加工をほどこしたフェイスタオルが付いて「1,000円(税込み、送料無料、翌日発送)」です。新しくなったオルビスユーを是非試してみてください。

⇒公式ホームぺージ:“見た目を変える”化粧水があなたの肌運命を変える



関連記事:

リニューアル版のオルビスユートライアルの良い口コミと悪い口コミ10選

2018.09.19

30代,40代女性の乾燥肌に人気の保湿クリーム&化粧水ランキング2019

2017.03.28

30代乾燥肌を完全保湿!プチプラおすすめ化粧水ランキング2019

2017.01.17

【30代、40代必見】化粧水、アンチエイジングのコスメランキング2019

2017.01.16

30代,40代の混合肌、脂性肌(オイリー肌)におすすめ化粧水ランキング2019

2016.10.10

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
・美容家による今年一番のおすすめスキンケアです。
SK-Ⅱや資生堂ホワイトルーセントを使っている女性たちも絶賛!今年一番おすすめしたいオルビスユーのスキンケアの特徴・比較・口コミ←クリック
・ファッショニスタによる今月一番おすすめしたい服装です。
【今月の女性の服装】大人レディースファッションコーデ2019←クリック