顔のザラザラ肌の汚れをさっぱり落とす!おすすめ洗顔料ランキング2020

美容におすすめ♪

毎日ちゃんとスキンケアしているのに、お肌のザラつきが気になる、なんてことはありませんか?もしかしたら、それは角質層の乱れが原因になってに起こっている可能性があります。その原因をつきとめ、徹底的にお肌をキレイにしていきましょう。

まずはザラついてしまうお肌の原因を探っていきたいと思います。

まずお肌は主に「表皮」と「真皮」の二層からなっており、その間に細胞間脂質があります。

この細胞間脂質は、まるでレンガの接着剤のようにお肌とお肌をくっつける働きがあります。またお肌がダメージを受けないように、肌のバリア機能も果たしています。例えば、お肌の水分がしっかり保たれているか、異物の侵入がないかどうかなど健やかなお肌を保つために、様々な機能が果たされています。

ザラつく原因は、この角質層がなんらかの原因により乱れているからです。

原因①:まず考えられるのは、お肌のターンオーバーの乱れです。

お肌は、古いお肌と新しいお肌が生まれ変わり綺麗な状態を保つようになっていますが、このターンオーバーが正常に行われないと、古い角質がそのままお肌に残ってしまいザラつきの原因となります。洗顔をしていても、この古いお肌がしっかり落としきれていないとこのようなザラつきが生まれることがあります。洗顔をする際は、しっかりと泡立てをして毛穴の奥から汚れをとるようなイメージで優しく包み込むように洗ってあげましょう。

原因②:そして、乾燥が原因になっている場合です。

お肌が乾燥していると、真皮と表皮の角質細胞がしっかりと密着していない状態になってしまうので、角質層に水分がしっかり補給されず結果として乾燥してしまい、角質がめくれあがり触った時に乾燥してザラついてしまうのです。

原因③:また角栓が残っている場合も考えられます。

毛穴の出口に角質ができてしまい、毛穴が塞がれた状態になっていると、毛穴の黒ずみやニキビ、吹き出物の原因となります。毛穴の汚れが詰まることで、皮脂が固まり結果としてザラついてしまうといったことが考えられます。

これらの原因が分かれば、あとは対処法を考えて実践するのみです。お肌がザラついているなと感じたら、この三つの原因があることを念頭においておきましょう。

原因は、洗顔不足によるものがほとんどですが、お肌のターンオーバーの乱れなど体調がすぐれなかったり、ストレスが溜まっていることによって乱れが生じている可能性もあります。まずは、ゆっくりと体を休めること、元の元気な体に戻すことも美しく健やかなお肌を手に入れるためにはとても重要です。是非、ザラつきが気になるなと思った時は、是非洗顔をしっかり行うことから始めましょう。

そして、汚れを丁寧に落としたら化粧水や美容液でしっかりと保湿してあげることが大切です。保湿ケアをしっかりすることで、真皮や表皮の状態も健康になり肌本来が持っている力を引き出してあげることができるので、是非今から丁寧な洗顔を行ってみてください。

スキンケアは、ただ洗えばよいというものではなく、お肌の状態に合わせて化粧水を選ぶことも大切です。今のお肌の状態をしっかりみて判断してみてくださいね。

洗顔のやり方

毎日きちんと「洗顔」をしているはずなのに、肌トラブルが絶えない人は、洗顔の洗い方が間違っているかもしれません。

洗顔は汚れを落とすだけでなく、お肌を清潔に健やかなに保つ役割があります。適当に洗っていると、洗顔料がお肌に残っていたり毛穴の奥までしっかり汚れが落ちていない可能性があります。また、洗顔をする手も綺麗にしておかないと雑菌がついていたり見えない汚れがついていることもあります。

ここではまず、そんな洗顔の基本について改めて見ていきたいと思います。

ステップ①:まずは洗顔をする前に手のひらを綺麗に洗っていきましょう。

お顔も洗顔をする前にぬるま湯で予洗いをしておくことで、毛穴が開きやすくなり汚れが綺麗に落ちます。時間があればホットタオルをそっと顔全体に乗せてから洗うと更に良いです。洗顔をする前にこうした事前の準備をすることは実はとても重要です。

もし毎日洗顔をしているのに、吹き出物ができたり毛穴の黒ずみが気になる方は毛穴の汚れがあまりとれていない可能性があります。少し手間はかかりますが、毛穴をしっかりと開かせるように工夫してみてください。

ステップ②:そして洗顔をする際は、必ず泡立てネットを使って泡立てていきます。

目安はりんご一つ分くらいの大きさになるまで、しっかりと泡立てることです。泡立てネットは使い終わったら必ず綺麗に洗って乾燥させておくこと、これだけで雑菌の繁殖を防ぎ、毎日気持ちよく快適に使うことができます。ちょっとしたことですが、こうした毎日の積み重ねがとても大切です。

ステップ③:次に洗顔をする順番ですが、皮脂が多くてテカりやすいTゾーンを中心に洗っていきましょう。

あまり順番を気にしたことのない方も多いかもしれませんが、乾燥を防ぐためにはこの順番がとても大切です。特に額のようにお肌が薄い部分は最初に洗ってしまうと、洗顔料が長時間お肌にのった状態になるので肌トラブルの原因になり兼ねません。こうした意味で、額などの肌が薄い部分は最後に洗うこと、皮脂が多く汗をかいたり汚れが溜っている部分は最初に洗うことがとても大切です。顎まわりや目の下といった細かい部分も忘れずに丁寧に汚れを落としていきましょう。

ステップ④:そして、最後はすすぎです。

洗顔料で洗った後は、ぬるま湯で優しく洗い流すことが大切です。お風呂に入りながら洗顔する場合は、シャワーを直接顔に当てて洗うことがないように桶にお湯を貼って優しく丁寧に洗いましょう。洗面所でそのまま洗う場合は、しっかりと手にとって洗うことが大切です。

いかがでしたか?ちょっとしたことですが、このポイントを抑えるだけで肌トラブルを防ぐことができます。

汚れを落とす順番や洗い方に気を付けて洗顔を行ってみましょう。また洗う前に手を綺麗にすること、雑菌の繁殖を抑えるために洗顔ネットを綺麗に洗って干しておくこともとても大切です。これらの一つでもかけているとそこから雑菌が繁殖してしまい、肌トラブルの原因になっていることもあります。今一度清潔な状態を保つにはどうしたらいいか?どうすればお肌を綺麗に洗えるか考えてみるといいですね。

そして洗顔が終わったらきちんと化粧水や美容液、乳液で保湿してあげることが大切です。

朝の洗顔のポイント!

スキンケアの基本である「洗顔」ですが、気を付けたいことをまとめました。いつもの洗顔を少しだけ丁寧に、コツを抑えることでツルツルのたまご肌を手に入れましょう。

洗顔は、汚れを落とすだけでなくお肌を健やかに美しく保つためには欠かせません。毎朝のケアだからこそ、ベタつきやすい部分を念入りに丁寧に洗っていきましょう。今回は朝の洗顔で気を付けておきたいことご紹介致します。是非参考にしてみてください。

まず、朝の洗顔で気を付けたいことは、ベタついた部分のケアです。

朝起きてベタつきが気になる部分は、念入りに洗っていきましょう。ベタつくということは、それだけ皮脂が出ていたり汗をかいている部分です。特に「額」や「鼻」まわりというのはベタつきやすい部分です。ここをしっかりと洗い流すだけで、毛穴の黒ずみを予防することにも繋がります。

①まずは、額と鼻まわりを重点的に洗っていきましょう。

洗い方としては、洗顔フォームでしっかり泡立てます。それからベタつきが気にある部分を丁寧に洗っていきます。泡立てをする時にきめ細やかな泡がたつように泡立ても工夫しましょう。なるべく洗顔ネットを使うと綺麗に泡立ちます。泡立てネットがない方は、少量の水を加えながら手のひらで泡立ててみてください。この泡立てを行うことで、毛穴に詰まった皮脂汚れをしっかり落とすことができます。もし今まで泡立てをしていなかった方は、この機会にしっかり泡立てする習慣をつけていきましょう。

ステップ②:そして、泡立てしたら「おでこ」と気になる「毛穴」部分にたっぷりと泡をぬっていきます。

そして、優しくプレスせずにマッサージする感じで汚れを落としていきましょう。綺麗になったら、ぬるま湯でしっかりとすすいでいきます。この時に水で洗い流してしまうと、汚れが浮き上がらなかったり、洗顔フォームが綺麗に落ちないこともあるので34度から37度程度のぬるま湯を使ってすすいでいきます。寝ている間にかいた汗も混ざっているので、朝の洗顔はとても重要です。

また毛穴も開きにくくなっているので、時間があれば一度ホットタオルで顔全体を温めてから洗うと良いでしょう。難しい場合は、そのまま洗顔して大丈夫です。顔全体を温めることで、毛穴が開きやすくなり汚れも綺麗に落ちるからです。ちょっと早く起きた時は、是非試してみてください。

ステップ③:そして、汚れを落としたらお肌全体をしっかり保湿していきます。

化粧水をたっぷりつけていきます。洗顔をすると、どうしてもお肌の潤いを保つために覆われている皮脂膜まで洗い流してしまうので、なるべく早く化粧水を塗っていきましょう。化粧水がしっかりお肌に浸透したら、美容液→乳液の順番でケアしていきます。毛穴まわりや額は特に優しく塗っていきます。乾燥が気になる方は二度ぬりしてもいいですね。皮脂分泌が盛んな方は、とく保湿ケアが大切です。

お肌は乾燥を防ぐために皮脂を分泌しています。適度な状態を保つためにも、洗いすぎないことも大切なポイントです。あとは、毎日しっかりケアしていくこと、続けることで毛穴の汚れが綺麗になり、黒住やボツボツが改善されていきます。まずは、ベタつきが気にある箇所は念入りに洗うこと、最後の保湿をしっかりすることを心掛けてみてください。

補足:ホットタオル洗顔

いろんな化粧品を試しても、いまいち効果が感じられない気がする・・・。そんな頑固な小鼻の毛穴の黒ずみに、効果抜群の方法をご紹介します。自宅で毎日できる簡単なお手入れ方法で、数日間のうちに、その効果が実感できます。

それは、毎朝の「洗顔の習慣」にあります。私は10年ほど前にこの洗顔の習慣に変えたところ、悩んでいた毛穴の黒ずみがすっかり目立たなくなり、鏡を見るのが楽しみになりました。

その洗顔の習慣とは「ホットタオル洗顔」です。

朝に洗顔料などで洗顔する代わりに、ホットタオルを顔に当て、寝ている間の皮脂や汚れを優しくオフします。刺激の強い、ピーリング効果のある洗顔料よりも肌への負担が少なく、コストもかからないので、ぜひおすすめしたいお手入れ方法です。

ステップ①:まず、清潔なおしぼりを用意します。

フェイスタオルがあればそれでも大丈夫です。顔を覆うことができ、肌ざわりのいい生地のものを、ぜひ選んでみてください。

おしぼり全体をよく水で濡らしてから、軽く絞ります。水が滴り落ちない程度でOKです。絞りすぎると水分が足りず、スチーム効果が半減してしまうので、少し水気が多めのほうが効果を実感できます。

ステップ②:次に、濡らしたおしぼりを加熱します。

加熱は電子レンジでOKです。手で触ると少し熱いくらいの、ホカホカと湯気が立つくらいが加熱の目安です。電子レンジの機能にもよりますが、うちの場合は600wで30秒くらいです。これで、ホットタオルは完成です。

ステップ③:電子レンジからホットタオルを取り出し、両手で無理なく持てるようになるまで、数秒ほど手のひらに広げます。

熱いまま顔に乗せてしまうと、やけどの危険があり、かえってお肌に負担をかけてしまうことになるため、この一手間がとても重要です。そして、まだあたたかいうちに、ホットタオルで顔全体を覆います。お顔に乗せて、心地いいあたたかさになっていればOKです。

まだホットタオルが熱い場合は、もう数秒間、手のひらで冷ましてから、お顔に乗せてください。逆に「ちょっと冷たいかも」と感じたら、もう一度、レンジで温めてみてください。

ステップ④:手のひら全体でホットタオルでお顔を包めたら、小鼻あたりを中心に、そっと押さえます。

この時、こすってしまうと、お肌を傷つけてしまうので、強く押さえないように気をつけながら、優しく押さえるのがポイントです。

ホットタオルの自然なスチーム効果が毛穴を開き、タオルの生地が、皮脂汚れを吸着してくれます。そして、なんといっても、寝起きのホットタオルはとても気持ちがよく、お顔だけでなく、気持ちまでさっぱりします。

ホットタオルが冷めてきたあたりで顔から外し、まだお肌が温かいうちに、そのまま化粧水など、いつものスキンケアへ移ります。毛穴が開いているうちに保湿することで、化粧水の成分がお肌へ浸透しやすく、毛穴が閉じた後も、お肌がつるつるになっているのを実感できます。

使用し終えたホットタオルは、そのまま洗濯するだけでOKです。

この「ホットタオル洗顔」を、何人かの友人にすすめたところ、やはり数日で効果が実感できたとのことで、「もう前の洗顔には戻れない」「顔を洗うよりさっぱりする」「しっかり目が覚める」と好評です。季節問わず実践できて、自宅にあるもので明日からすぐにできる洗顔の習慣ですので、ぜひ試してみてください。

ザラザラ肌の汚れを落とす!おすすめ洗顔料ランキング

第10位 プリモディーのなごみ炭酸スパウォッシュ

くすみ、毛穴の汚れ、ごわつき、こんな肌の悩みを抱えていませんか。毎日洗顔をしていても取り切れない汚れがあり、肌不調の原因になります。

くすみや毛穴の汚れなど一般的な洗顔では取り切れない汚れには炭酸泡がおすすめです。「プリモディーのなごみ炭酸スパウォッシュ」は高濃度炭酸の泡で洗う洗顔料です。

3つのおすすめポイント

①高濃度炭酸

炭酸の泡には汚れを吸着する働きがあります。毛穴の中の汚れを吸着して浮き上がらせるので、こすらずともすっきりと。なごみ炭酸スパウォッシュは高濃度炭酸です。炭酸を1000ppm配合していないと高濃度炭酸とは表記することができません。

炭酸の濃度が低いと汚れを取り切ることができないのですが、濃度が高すぎると泡がすぐに消えてしまいます。なごみ炭酸スパウォッシュは汚れの吸着と泡を維持するバランスを考えた配合濃度となっています。

また炭酸泡は汚れを吸着するだけでなく、肌の生まれ変わりをサポートする働きも期待できます。炭酸を肌が吸収すると血管内の二酸化炭素濃度が高くなり、酸欠状態だと勘違いをします。酸素を供給するために肌環境を整えて、ターンオーバーを保つサポートをします。

②2種類のビタミンC誘導体

毛穴の悩みに働きかける2種類のビタミンC誘導体を配合。

  • 持続型のビタミンC誘導体が、長く肌の内側で働きかけてハリのある肌に。
  • 浸透型のビタミンC誘導体が、角質層にまでぐんぐん届いて、くすみやニキビのケアに。

内側から潤いのある肌に整えていきます。

③こだわりの美容成分

桜・リンゴ・サトウキビ・緑茶・柚子など国産エキスを始めとした20種類以上の美容成分を配合。さらに、岡山県の湯原温泉の温泉水も配合。湯原温泉はアルカリ性単純温泉で、古い角質を取り除いて肌を滑らかに整えるといわれています。このことから、美人の湯ともいわれています。

使い方

メイクを落とした後、濡れた顔に使用をします。ポンプをプッシュしてピンポン玉大を手に取り出します。泡で顔を包み込んで肌をこすらないように洗います。その後に水またはぬるま湯で洗い流します。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 硬いホイップクリームのようなしっかりした泡がでてきます。しっかりした泡なのでまったく垂れてきません。そして、柚子の香りもふんわり漂ってきます。洗っている間に泡が消えることがないのでよいです。洗いあがりはつるつるすべすべ。家族全員が気に入って取り合いになっています。
  • きめ細かいもっちり弾力のある泡で、柚子の香りもして気持ちがよいです。泡がヘタらないので気持ちよくマッサージしながら洗顔ができます。炭酸の刺激が弱いので心地よい使用感です。洗いあがりはつるつるなのに、ツッパリ感がありません。くすみ肌がワントーン明るくなり、毛穴が引き締まったように感じます。

毛穴の汚れやくすみなどは洗顔料でゴシゴシ洗っても落ちにくいですよね。汚れは落ちないとあきらめてしまったり、毎日メイクで隠すことに苦労をしている方もいるのではないでしょうか。

一般的な洗顔料では落とせない汚れは、炭酸泡の力を借りることがおすすめです。プリモディーのなごみ炭酸スパウォッシュは炭酸を配合した洗顔料で、もっちり泡が汚れを吸着して肌を整えていきます。くすみや毛穴の汚れに悩む方におすすめです。

第9位 ビオレのメイクも落とせる洗顔料つるすべ美肌

クレンジングでメイクを落とした後に洗顔をしなけらばならないことを面倒に感じることがありませんか。W洗顔は時間がかかるだけでなく、肌に負担をかけてしまいます。

メイク落としも洗顔も一緒にしたい人におすすめが「ビオレのメイクも落とせる洗顔料つるすべ美肌」です。W洗顔不要だから時短に。肌への負担は軽減します。潤いを守ってつるすべ肌に洗いあげる洗顔料です。

3つのおすすめポイント

①W洗顔不要

クレンジングでメイクを落とした後、ぬるつきが残ってしまうので洗顔が必要です。でも、クレンジングの後に洗顔もするのは面倒ですよね。疲れているときや時間がないときは、特に面倒に感じるのではないでしょうか。

そして、W洗顔は必要以上に肌の潤いを奪ってしまうので肌に負担をかけることになります。メイクも落とせる洗顔料 つるすべ美肌は、メイクも汚れも同時に落とすのでW洗顔は不要です。ファンデーション、日焼け止め、化粧下地なども一度で落とします。W洗顔が不要なので時短になり、肌への負担が軽減します。

②潤いを守って洗う

W洗顔不要なものは洗浄力が高く、洗顔後の肌のつっぱりが気になりますが、メイクも落とせる洗顔料 つるすべ美肌は潤いを守って洗ってしっとりした洗いあがりです。

保湿成分にヒアルロン酸、ロイヤルゼリー、ソルビトールを配合しています。保湿作用の高いヒアルロン酸をはじめとした美容成分が、洗顔後の肌のしっとりを守ります。

③オレンジフローラルの香り

オレンジフローラルの香りで気分のリフレッシュに。心地よい香りでいつもの洗顔を楽しく。

使い方

2cmを手のひらまたは泡立てネットに取り出してよく泡立てます。泡を顔にのせて肌をこすらないようにして洗います。その後に水またはぬるま湯で洗い流します。メイクをしっかり落としたいときには、使用量を多めにしてください。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 薄化粧なのでいちいちクレンジングをするのが面倒で購入をしました。メイク落ちはこれまで使っていたクレンジングとほとんど変わりません。洗顔後は肌がつるつるとします。よく落ちてくれて、こちらを選んで正解でした。
  • ペースト状の洗顔料で軽い泡立ちです。柑橘類の香りがほのかにします。普段のメイクはファンデーションと日焼け止めで、すっきりさっぱりと落ちました。商品名の通りつるすべな洗いあがりです。きちんと落ちている感じがします。使い続けていると毛穴が引き締まってきたようにも感じます。
  • 化粧水をコットンでつけていて、そのコットンにファンデーションがつかないのできちんと落ちているのだと思います。それほど濃いメイクではなく、洗い流した後はさっぱり、しっとり感があります。私の肌にはあっているようで洗顔後に乾燥することはありません。ナチュラルメイクをしている人にはいいのではないかと思います。

W洗顔をしなくてもよければ時短になるし、肌への負担も減ります。ビオレ メイクも落とせる洗顔料 つるすべ美肌は、W洗顔不要でさっぱりつるすべに洗いあげる洗顔料です。メイクを落とすけれど、潤いは守って洗いあげます。W洗顔が面倒に感じる方におすすめの洗顔料です。

<<Amazon>>

第8位 ビオレのスキンケア洗顔料スクラブin

顔のザラつきやくすみ、角質が気になる女性におすすめです。

美白を目指すにしても、すべすべの綺麗な状態のきめ細やかな肌を目指すにしても、肌のザラつきやくすみ、角質などが気になっているようではそれ以前の問題です。常に古い角質や毛穴の汚れは洗い流されている状態を保つことにより肌のトーンも明るくなります。

そういった肌のための洗浄を、余計な刺激や負担を肌に与えずに効果的に行ってくれるのがビオレの「スキンケア洗顔料スクラブin」です。

花王から出ているビオレの「スキンケア洗顔料スクラブin」はビオレの「スキンケア洗顔料」シリーズの一つで、唯一スクラブが入っているものです。

まず、ビオレの「スキンケア洗顔料」の全てのラインのものに共通しているのがビオレこだわりの「洗うスキンケア」といったモットーです。肌の刺激ともなる皮脂や汚れをしっかり落とすこと、そして肌本来の潤いを守ってあげること、その二つから成り立っている「洗うスキンケア」といったコンセプトですが、それを実現するためには「SPT」といった技術がこの商品には採用されています。この技術はビオレの「スキンケア洗顔料」全てに共通しているものです。

そしてこの「スクラブin」の一番の特徴はパウダースクラブといった細かい柔らかいスクラブが配合されていることです。これで古い角質や毛穴の汚れを優しく落とし、ザラつきいがないツルツル状態の肌に導いてくれます。余計な刺激や負担を肌に与えずにスクラブで角質オフや毛穴洗浄してくれる上、必要な潤いは残してくれる、そういった効果を持つ洗顔料です。

使用法は至って簡単です。

顔と両手を濡らした状態で、洗顔料を2センチほど手にとり両手で泡立て、顔全体に馴染ませた後に丁寧に洗い流すだけでOKです。ザラつきやくすみなどが気になる部分には特に丁寧に馴染ませて両手の指でクルクル円を描く動作で泡とスクラブを馴染ませることがおすすめです。

私は去年の秋ぐらいにこのビオレの「スキンケア洗顔料スクラブin」を一本分使用しました。元々この洗顔料の他のラインのものも使ってきたのですが、オイリー肌の私は毛穴洗浄や美白効果を期待してこのラインのものも試してみたのでした。

きめ細かい泡が気持ち良いですし、ほんのりとしたフローラルな香りも心地よいです。油分を洗い落とし過ぎない洗顔料だと感じました。洗った後もつっぱり感はありません。スクラブも顔に馴染ませているときには強い摩擦を感じることがありません。

劇的に肌のトーンが明るくなったり毛穴がピカピカになったわけではないものの、薄くできていたシミがやや薄くなったように感じました。オイリー肌の私にはアクネケアやオイルコントロールのラインのものの方がテカリそのものには効果を感じましたが、古い角質を取り除くためにたまにこれを使うぐらいがちょうど良いように感じました。

ごしごし感がないパウダータイプのスクラブで毛穴洗浄と古い角質オフを行うことにより、常に肌を「新しい」ピカピカの状態に保つことができます。毎日使用しなくても、定期的に使用することにより溜まってしまった角質を優しく取り除き、スキンケア用品も浸透しやすくなります。それを叶えてくれるのがビオレの「スキンケア洗顔料スクラブin」です。ザラつきやくすみ、角質対策をしたい女性には実におすすめの洗顔料です。

<<Amazon>>

第7位 ヤマノ肌のドロンコクレー24オリジナルWH

毛穴の汚れや皮脂をさっぱりと落とすなら、クレイを配合した洗顔料がおすすめです。

クレイを配合したおすすめの洗顔料が「ヤマノ肌のドロンコクレー24オリジナルWH」です。クレイの吸着力がさっぱりと洗いあげて、植物オイル配合だからつっぱりが気になりません。

特徴

ドロンコクレー24オリジナルWHは高純度に精製されたクレイ(カオリン)を配合した洗顔料です。カオリンは約2ミクロンと非常に小さな粒子をしていて、多孔質な特徴があります。多孔質な性質によって毛穴を吸着し、微粒子なため毛穴の汚れまですっきりとさせます。

汚れを取り除くことで透明感のある肌に。さっぱりと汚れを落とすことで、ニキビの予防が期待できます。

カオリンはミネラルを豊富に含んでいることも特徴で、ミネラルの働きによって洗いあがりの肌に適度な潤いを残します。また、ホホバ油やダイズ油などの植物オイル、アルニカエキスやカロットエキスなどの植物エキスを配合しているので、洗いあがりのつっぱりを防ぎます。汚れを落としながらも必要な潤いは守ってくれるのです。洗いあがりのしっとり感を守るので、乾燥肌の方にもおすすめです。

ドロンコクレー24オリジナルWHは泡立たないタイプの洗顔料です。忙しい朝にも疲れているときにも、面倒な泡立てが必要ないと助かります。パックにも使用できます。

使い方

ジャータイプの洗顔料です。適量を取り出して、顔全体に優しく広げてなじませてから、水またはぬるま湯で洗い流します。泡立たないタイプの洗顔料はゴシゴシこするようにして洗うと肌を傷つける心配があるので、強くこすらないように気をつけてください。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 乾燥肌で口元がかさつくことが気になっていたのですが、これで洗うようになって乾燥が気にならなくなってきました。小さなぷつぷつも目立ちにくくなっています。何をしても消えなくて悩んでいたのに!お風呂に入りながら使っています。
  • くすみが消えるところが気に入っています。たくさん入っているので、顔以外にも体のくすみが気になるところに使っています。そして、しっとりもちもちになります。乾燥肌ですが、洗いあがりはしっとりとしています。
  • 友人に教えてもらって使うようになりました。泡立てない洗顔料には抵抗がありましたが、顔に広げて5分くらいしてから洗い流すとしっとりとします。化粧水をつけなくてもしっとりが続いています。それから、毛穴の汚れが気にならなくなって、肌が白くなったように感じます。ずっと使い続けたい洗顔料です。
  • お風呂の中でパックしています。テクスチャーは柔らかくて伸びがよいです。肌が白くなって、くすみを落としてくれるのにつっぱりがありません。赤ちゃんのようなつるつるな手触りです。朝は水洗顔で夜にだけ使っていて、2か月くらいもちそうです。

クレイには皮脂や毛穴の汚れを吸着する働きがあります。ドロンコクレー24オリジナルWHは、そんなクレイを配合した洗顔料です。高度に精製したカオリンを配合した泡立てない洗顔料で洗えば、透明感としっとり感のある肌に。皮脂によるべたつきやニキビに悩む方におすすめです。

<<Amazon>>

第6位 クレパシーのクレイフォーム

毛穴が目立って悩んでいませんか。毛穴を目立ちにくくするためには、毎日の洗顔で丁寧に汚れを落とすことが大切です。

毛穴の悩みを抱える方におすすめの洗顔料が「クレパシーのクレイフォーム」です。数種類のクレイをはじめとした成分を配合した洗顔料が、毛穴のトラブルに働きかけます。

3つのおすすめポイント

①クレイ配合

カオリン・ベントナイト・海シルト・モロッコ溶岩クレイを配合。クレイには汚れを吸着する性質があり、小さな粒子のクレイが毛穴の汚れを引き付けてスッキリ肌に整えます。

クレイはマグネシウムやカルシウムなど美肌に欠かせないミネラルを豊富に含んでいるので、汚れを吸着しても洗いあがりの肌がつっぱりにくいです。

②植物性保湿ジェル30%以上使用

化粧品の成分の大部分を占める成分が水です。成分の大部分を占めているので、どのような水を使用するのかが大切です。

クレパシー クレイフォームは、水の代わりに植物性保湿ジェルを30%以上使用しています。ローズマリー葉水、カミツレ水、オレンジフラワー水などの植物性の保湿ジェルを配合しているので、こっくり粘りのある濃密な泡を作ることができます。

さらに、ビタミンCを豊富に含むローズヒップなどのハーブを配合し、毛穴のキュッと引き締まった肌に導きます。

③粘度のような濃密泡

容器から取り出すときはやや硬いテクスチャーですが、泡立てネットを使うと粘度のようなもっちり濃密な泡を作りだすことができます。弾力のある泡なので最後までへたることがなく、泡がクッションとなって摩擦を抑えながら洗えます。

鉱物油・アルコール・シリコン・石油系界面活性剤・タルク・合成着色料・合成香料・動物由来原料・サルフェート・パラベン不使用な点も肌への優しさが考えられています。

使い方

3cmほどを手に取り出し、少量の水またはぬるま湯を加えて泡立てます。泡立てネットを使用した方が泡立てやすいでの、泡立てネットの使用をおすすめします。泡で顔を包み込んで洗い、その後に水またはぬるま湯で洗い流します。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 弾力のある泡が肌の汚れをつかむような感覚がすごいです。クレイを配合した洗顔料はヒリヒリすることがあるのですが、この洗顔料は刺激を感じません。すっきりするのに肌がカピカピにならなくて不思議です。洗い流した後も潤いが残っています。つるつるな毛穴をキープできそうです。
  • 泡立てネットを使うと全然泡立ちが違います。もっちりとした泡でまったくへたることがありません。洗い流すと小鼻の周りのザラツキがなくなっていて驚きました。クレイ配合だから肌がつっぱると思っていたのですが、まったくつっぱりがありません。洗顔後にスキンケアをしても毛穴が目立ちにくくテカりにくく、肌の調子がよいです。これまで使っていた角質ケアする洗顔料で肌がつっぱっていたので、今度からこれを使おうと思います。

毛穴の汚れを落とすには、毛穴専用の洗顔料がおすすめです。クレパシーのクレイフォームは、毛穴の悩みを抱える方のことを考えた洗顔料です。クレイや植物性保湿ジェルを配合したもっちり弾力のある泡が、優しく顔を包み込んでスッキリとした毛穴へと整えていきます。

<<Amazon>>

第5位 ロゼットのメイクも落とせる洗顔パスタ

1950年に「ロゼット洗顔パスタ」として販売されたロゼットの洗顔料は、今ではさまざまな肌タイプや肌の悩みにあわせたシリーズが販売されています。その中でもW洗顔をしたくない方におすすめが「ロゼットのメイクも落とせる洗顔パスタ」です。メイクをしっかりと落としながら、肌荒れやニキビを防ぎます。

特徴

「パスタ」とは「粉を練り込みペースト状にしたもの」という意味があります。その名の通り、メイクも落とせる洗顔パスタはイオウの粒子を練り込んだクリーム状の洗顔料です。

イオウには角質を柔らかくする働きがあり、古い角質を取り除いて洗いあがりの肌をつるつるに整えます。さらに、イオウや甘草エキス、ピオニンの働きによってニキビや肌荒れの気にならない肌に。甘草エキス(グリチルリチン酸2K)とイオウは有効成分です。

古い角質を落とす洗顔料は洗いあがりがつっぱりやすい特徴があります。洗顔後には急いで化粧水をつけなければなりません。でも、メイクも落とせる洗顔パスタなら洗いあがりがつっぱりにくい。濃グリセリンやヤシ油配合で洗いあがりの潤いを守ります。

クリーム石けんとメイク落とし成分配合だから、毛穴の汚れとメイク汚れをすっきりオフ。W洗顔の必要がないので洗顔にかける時間を短縮できて、摩擦による肌の負担が軽減します。

使い方

ジャータイプの容器に入っていて、容器の中央に穴が開いています。穴の周りを指で押して0.5~1cmの洗顔料を手に取り出し、水またはぬるま湯を少量加えて泡立てます。マッサージをするようにメイクとなじませて、メイクとよくなじんだら水またはぬるま湯で洗い流します。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 中身が濡れない容器なのでお風呂場に置いておけます。クリームは柔らかなテクスチャーで泡立ちがよいです。普段は軽いメイクをしていて、少し多めに使ってメイクを落とせています。イオウ配合ですが匂いは気になりません。すっきり落とせるのにしっとりした洗いあがりです。
  • ロゼットの洗顔パスタの中では一番好きです。少しイオウの匂いがしますが、すぐに慣れてしまいました。ジャータイプでわりと柔らかなクリームがでてきます。洗いあがりはさっぱりなのですが、乾燥はほとんどしません。使っていると肌の調子がよいように感じます。
  • メイクも落とせるタイプの洗顔料は洗いあがりにつっぱりそうだったのですが、友達に勧められて使ってみました。使ってみたら思っていたものと違っていいです。メイク落としと洗顔を同時にできるものは手抜きな感じがしていたのですが、これは手抜き感がありません。くすみが取れて、毛穴がきれいになりました。クレンジングを使わなくなったのでコスパがよいと思います。
  • ロゼット洗顔パスタは10年くらい使っていて、シリーズの中でもさっぱり使えて洗いあがりがすべすべです。たっぷりと泡だって顔を包み込んでくれるので、優しくメイクを落とせます。洗い流した後にはきちんと汚れを落としたとく気分になります。

ロゼットのメイクも落とせる洗顔パスタは、メイク汚れと古い角質や毛穴の汚れを落としてくれるので、すっきりした洗いあがりです。それなのにしっとり感を残します。時短ケアをしたい方やすっきり洗って潤いは残したい方におすすめです。

<<Amazon>>

第4位 LUSHのクレイ洗顔料

市販の洗顔料はベタついたり乾燥したりしてなかなか自分の肌に合うものが見つけられない、角質が厚くて化粧水が浸透せず効果を実感できない、複数の肌トラブルを解決するのが面倒だとお悩みの女性も多いのではないでしょうか。

そういったお悩みを解決してくれるのが、ラッシュのクレイ洗顔料シリーズです。油性肌向き・乾燥肌向き・毛穴ケア用など幅広い商品バリエーションがあり、複数の商品を混ぜて使うことも可能な柔軟性のあるスキンケアです。

クレイ洗顔料に共通する最大の特徴は、毛穴汚れを吸着して効果的に除去してくれることです。

ラッシュの洗顔料シリーズは複数ありますのでメジャーどころを紹介しますと、「マリンに恋して」は脂ぎった肌をスッキリフレッシュに洗い流してくれます。

「天使の優しさ」は肌に柔らかさを与え、アーモンドスクラブによって肌にみずみずしさを加え肌のザラツキを滑らかに整えます。

「毎日が晩餐」は極度の乾燥肌でもふっくらと保湿し、長時間肌に潤いを閉じ込めます。

「ブラックダイヤ」は砂糖や炭が配合されており、角質除去力や毛穴洗浄力に優れニキビのできにくく黒ずみのない肌に整えてくれます。

これらの商品を混ぜて使うことで、一度のケアで乾燥ケア+毛穴洗浄といったように複数の肌トラブルを改善できます。

使い方

まず、商品を使う前に顔をぬるま湯で洗いましょう。毛穴が開いてきたら、ラッシュの洗顔料を掌に取ります。1回辺りの使用量はさくらんぼ大程度です。肌のお悩みによって「マリンに恋して」7割、「ブラックダイヤ」3割といったように割合を調節していきます。より解決したいお悩みの方を多めにしておくと効果的です。

1回分の量を取り出せたら、少しずつ水かお湯を加えて練っていきます。柔らかいペースト状になったら、目の周りを避けて顔全体に塗ります。スクラブ入りの洗顔料を使っている時は、鼻や鼻下、フェイスラインなど角栓が気になる箇所に念入りに馴染ませるといいですよ。

マッサージしつつ顔全体に塗れたら、水分を加えて優しく練るように洗顔料と馴染ませて洗い流します。キレイに流した後は化粧水や美容液で肌を整えます。

口コミ

ラッシュのクレイ洗顔料は昔からあったので馴染みやすく、全種類使いました。

油性肌寄りの混合肌の私には「天使の優しさ」と「ブラックダイヤ」の組み合わせが特に気に入っています。

天使の優しさはスクラブが入っているものの肌質を問わずに使える保湿感ですし、ブラックダイヤは毛穴の黒ずみを落とすことに役立っています。夏のように大量に汗をかきニキビができやすいような季節は「天使の優しさ」の代わりに「マリンに恋して」を使いさっぱり仕立ての肌にしています。

肌の調子が一定ではなく時々揺らぐことがあるのですが、ラッシュの洗顔料ならその時の肌に合わせて自分で調節して洗顔料をカスタムできるので肌にも合いやすいです。どの分量がいいかな?と試行錯誤するのも楽しいですし、洗顔後は余計な角質や毛穴詰まりが解消されるので化粧水がみるみる浸透していく点がとても気にっています。

ニキビや乾燥など肌の悩みが多かったり、たまに肌が揺らいで手持ちの洗顔料が合わなくなることがある、肌を柔らかくして化粧水の効果をより効率的に感じたいと考えている人にはラッシュのクレイ洗顔料はピッタリです。商品毎に大きく特徴が異なるので、お悩みに合わせて洗顔料を選んでカスタムしてみてください。

<<Amazon>>

第3位 白茶爽の白茶練り石鹸

すぐにへたってしまう泡で洗顔をしていると摩擦が生まれて肌を傷つけてしまいます。肌を傷つけないように洗うには濃密な泡を作ることがポイントです。

おすすめの濃密泡洗顔料が「白茶爽の白茶練り石鹸」です。優しい香りの濃密泡が顔を包み込んで汚れを吸着して、余分な皮脂や毛穴の汚れを落として明るい肌に導きます。

3つのおすすめポイント

①濃密泡が汚れを吸着

健やかな肌を保つための秘訣は、肌表面の角質層の状態を整えることです。角質層には外部刺激から守ったり、潤いを逃げないようにする役割があります。角質層の厚さはわずか0.02mmほどで少しの刺激でもダメージを受けてしまいます。そのため、ゴシゴシ洗いは厳禁です。こすらずに洗うためには濃密な泡を作ることがポイントです。

白茶練り石鹸は手のひらにこんもりと乗るくらいの濃密泡ができる特徴があります。もっちりとしてへたりにくいたっぷりの泡なら、摩擦を抑えながら顔を洗うことができて肌負担が軽減します。濃密な泡が顔を包み込んで余分な皮脂汚れと毛穴汚れを落とし、くすみの気にならない肌に整えます。

②お茶の成分配合

うるおい成分白茶エキスと引き締め成分高純度茶カテキン、2つのお茶成分を配合しています。うるおい成分配合だから、さっぱりと洗いあげながらもつっぱりが気になりません。

③優しい香り

洗顔が面倒に感じることがありませんか。楽しく使える洗顔料なら、毎日の洗顔も面倒でなくなるはず。白茶練り石鹸は柚子と緑茶の優しい香りです。優しい香りに包まれながら洗顔ができれば、いつもの洗顔が楽しくなることでしょう。

使い方

チューブから適量を手に取り出し、少量の水またはぬるま湯を加えて泡立てます。泡立てネットを使用するとこんもりとした泡を作りやすいです。空気を含ませるように泡立てることがポイントです。

泡を顔に乗せたら、手が顔に触れないようにしながら洗います。その後に水またはぬるま湯ですすぎ残しのないように洗い流します。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • この値段なので期待はしていなかったのですが、すごい泡立ちです。適量は2~3cmなのですが、1cmくらいでも泡立てネットを使うと両手いっぱいの泡ができます。角が立つ生クリームのような泡です。スーッとした感じが少しして、洗いあがりはさっぱりします。
  • 練り石鹸というだけあってこってりしたテクスチャーですが、泡立ちがよく、もっちりした泡で洗えます。弾力のある泡なので洗い心地が気持ちよいです。泡切れはよく、洗い上がりのつっぱりがありません。柚子と緑茶の香りがして癒されながら洗顔できるところも魅力的です。
  • 夏になると日焼けをするのでファンデーションの色を一段暗くするのですが、今年は一段明るくしました。これまでと変わったことといったら洗顔料を変えたくらいなので、この洗顔料のおかげだと思います。すーっとしてさっぱりして気に入っています。

肌の負担を抑えて洗うためには弾力のあるたっぷりの泡を作ることが大切です。白茶爽の白茶練り石鹸は、もっちり弾力のある泡ができることが特徴です。へたりにくい濃密泡が顔を包み込んでさっぱりと洗いあげ、くすみの気にならないすっきりとした肌に導きます。

<<Amazon>>

第2位 本草絵巻しろつやびじんの薩摩みかん

1日の終わりによい香りがする洗顔料で顔を洗えばリラックス。香りのよい洗顔料なら毎日の洗顔が楽しくなります。おすすめの洗顔料が「本草絵巻しろつやびじんの薩摩みかん」です。うっとりするような薩摩みかんの香りに包まれながら、毛穴の汚れを洗う洗顔料です。

3つのおすすめポイント

①薩摩みかんの香り

オレンジとは違った優しくうっとりとするような薩摩みかんの香りです。「癒されながらきれいに洗えるはず」開発に携わったスタッフはこんなふうに思ったのだそうです。

1日の終わり、家事・育児・仕事などで疲れているときに優しい香りを嗅げば、疲れた心が解きほぐされることでしょう。毎日の洗顔タイムが楽しみになるはずです。

②火山灰を配合

火山灰シラスは毛穴の汚れにアプローチする成分です。汚れを吸着してすっきりと洗いあげます。

先端が尖った火山灰を配合してしまうと肌を傷つける心配があり、また目に入ると目を傷めることになります。本草絵巻しろつやびじん 薩摩みかんに配合している火山灰はバルーン化といって粒子を丸くする加工が施されています。粒子を丸くすることで肌当たりが優しくなります。

火山灰を配合した洗顔料の泡にはもっちりとした弾力が。もっこもこの泡で顔を包み込み、摩擦を防ぎながら洗えます。

③ぽつぽつをケア

みかん、オレンジ、グレープフルーツなどの柑橘類にはリモネンという成分が含まれています。本草絵巻しろつやびじん 薩摩みかんは、リモネンに着目。毛穴のぽつぽつに働きかけます。

使い方

手のひらまたは泡立てネットに適量を取り出し、空気を含ませるようにしてよく泡立てます。泡立てネットを使うと弾力のある泡ができます。もっちりな泡ができたら、泡を顔にのせてマッサージをするように洗います。その後に水またはぬるま湯で洗い流します。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 泡立てネットを使うとしっかりとしたもこもこの泡が立ちます。これを使う前はゴシゴシ洗いをしていたのですが、よくないのかなと思ってこすらないように洗っています。肌が整ってきたように感じます。泡立てるとみかんの香りがして癒されます。
  • 蜜柑系の香りはみかんとはちょっと違うということがあるのですが、この洗顔料はこんなのが欲しかったという香りです。私は泡立てネットを使ってもっこもこに泡立てています。顔だけでなく体も一緒に洗えるので時短になります。鼻の周りを丁寧に洗うときれいになるし、香りがよくして心地よいです。しっかりとした泡立ちとべたべたしないところが好きです。
  • みかんの香りと毛穴のつまりを防いでくれるところが好きで何年も使っています。泡立ちがよく、しっかりと洗えて、必要なものは落とさないので潤いは残ります。花粉症の季節は目の周りが敏感になってしまうのですが、この洗顔料なら痛くなりません。肌が何となく明るくなります。

みかんっぽくない香りの洗顔料もありますが、本草絵巻しろつやびじんの薩摩みかんは、オレンジ果皮油配合で本当のみかんのような香りです。みかんの香りに包まれながらの洗顔タイムは癒しの時間になることでしょう。それだけでなく、毛穴のぽつぽつにもアプローチ。すっきりとした肌に洗いあげます。

<<Amazon>>

第1位 オルビスユーの洗顔料がすごい!

「これまでのケアとは違うオルビスユー!」

何だか最近肌の調子が悪い、化粧品の効きが悪くなってきた気がする。これらの不調は、細胞脱水のサインかもしれません。

肌細胞に潤いを届ける化粧品が「オルビスユー」です。

普段SK-Ⅱを使っている方も、「洗顔料がすごく良い!」と絶賛したほどです。

<<オルビスユーは数々の美容メディアでベストコスメを受賞しており、現在人気急上昇中です>>

肌細胞のうるおい活性化

肌の調子がイマイチなのは、細胞脱水を起こしているからかもしれません。年齢とともに肌のすみずみに水分が行きわたらなくなり、肌細胞が脱水した状態に。その結果、ハリの低下、くすみ、乾燥などの不調が表れてきてしまうのです。

オルビスユーがたどり着いたのは、「肌細胞のうるおい活性化」です。これまでのエイジングケアは与えることが中心でしたが、オルビスユーは肌細胞のうるおいを活性化させることに着目しました。

化粧品の力を実感するためには、潤いの通り道を作ることが大切です。オルビスユーは潤いの通り道を作り、角質層への浸透力を高めます。そして、細胞が潤いで満たされることで、ハリや透明感のあるイキイキとした肌に近づくことが期待できます。

必要なケアは行いますが、不要なものは与えないシンプルな3ステップケアです。

ステップ1:オルビスユーウォッシュ

とにかく洗顔料がおすすめ!しっかり落とすのに、つっぱらず、使用感が高級ブランド並みにすごいです!

モロッコ溶岩クレイを配合。皮脂や毛穴の汚れをスッキリとさせ、明るい肌へと導きます。

ステップ2:オルビスユーローション

リッチなテクスチャーですが肌に触れた瞬間にスーッと浸透。内側からふっくらとした肌を叶える超浸透化粧水です。

ステップ3:オルビスユーモイスチャー

リッチなコクがあるの軽快な使い心地。みずみずしいヴェールで肌を包み込んで、もっちとした手触りの肌に。

3ステップすべて、オイル、香料、着色料は不使用、アレルギーテスト済みです。

使い方

洗顔料、化粧水、保湿液の順番で使用をします。

  1. 洗顔料は、よく泡立てて、泡を転がすように洗ったら、すすぎを丁寧に行います。
  2. 化粧水を手に取り、顔を包み込むようになじませます。
  3. 最後に、保湿液を適量手に取り、顔の内側から外側に向かってなじませます。

口コミ

細胞フットネス?アクアポリン?ちょっと聞きなれない言葉ですが、new ORBISのキーワードです。

普段はSK-Ⅱを使っていますが、やっぱり高価すぎるので変えてみようと思っていたところでした。

アクアポリン(AQP)は細胞の水の輸送を支配するたんぱく質で、年齢や肌ストレスで減少し、ハリの低下やたるみの原因になります。

New ORBISはこのAQPを増やす効果がある3つの成分「キーポリンブースター」を全ての商品に配合しました。

【3種のアクアポリンを発現させる成分】

AQPの活性化で肌が本来持っている力を最大限引き出すように細胞レベルで鍛えることこそが細胞フィットネスです。

ふと力がぬけた瞬間に感じる自然体で美しい肌への充実感「美しさのここち」を実感できますように。

現在使用しているのSK-Ⅱはこんな感じです。

「早速、NEW ORBISを使ってみました!」

シンプルな3STEPと新しいテクスチャーが魅力です。

STEP1:洗顔、泡はまるでメレンゲパック

  1. 顔と手を水かぬるま湯で洗う
  2. 洗顔料を1㎝程泡たてネットに出して少し水を足してキメ細かい泡を作る。
  3. 顔の中心から外側方向へ泡を転がしながら汚れを絡めとる。パックしたように包むので肌を直にこすることはない。
  4. 丁寧にしっかりとすすぐ。20回くらいがよい。

感想は、洗い上りがととにかくすっきりしている。なのにしっとりしていて突っ張りません。気持ちよくて思わずこのまま寝てしましいそうです。顔が明るくなった感じです。ハイドキャッチ成分が次の化粧水のなじみをUPさせているように感じました。

STEP2:化粧水、肌はまるでスポンジ吸収

  1. 手のひらに化粧水を5滴おとす。
  2. 下から上に包み込むようにつける。
  3. 最後に5秒間頬全体をおさえるようにハンドプレスする。

感想は、とろっとした感じが肌に触れると溶けて流れだしてくる”とろパシャ”!つけると、驚くほどスーッと浸透し手には何も残りません。ヴェールを作るのでいったん浸透した後に追加してもかえってべたつきます。なので5滴で十分す。

STEP3:保湿ジェル、まるでスフレケーキのよう

  1. てのひらにスパチュラに軽く1杯(小豆1個分)を取る。
  2. 顔全体にやさしくなじませる。
  3. 目元、口元など乾燥が気になる部分には重ねつけする。

感想は、モチっとした感じがスフレケーキのようだが、べたつくことなく、しっとりしてきます。保湿ヴェールを作るためなのでつけすぎには注意すること。

使用した後の肌効果

リッチな成分=べたつくの予想に反して、さっぱりしていて朝までしっとり感がキープされます。ピローの跡がつかなくなりました( ´∀` )頬を少しつねってみるとモチっとして、これがここち良いんです。

「あのピテラに変われるか?」

⇒正直やっぱりNOです。

確かに保湿力は負けていません。かさつき感は全くなくて、あのアクアポリンが働いたんだなと思いました。念のため使用前後でSK-Ⅱマジックリンクで肌年齢をチェックしました。やっぱり数値は説得力がありますよね。

まあ、数値の出し方にいろんな要素が入るとの批判もありますが、はっきり言って驚きました。野菜中心の食生活に改善したので肌チェックさせてくださいとお願いした3週間後のデータです。

でも鏡の前に立った感想はちょっと違いますほうれい線のあたりが、ちょっと下がった感じがあります。それと毛穴が目立ってきました。

どうしてなの?繊維芽細胞がつくるももの「コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸」

New ORBISは繊維芽細胞の増殖に必要なアクアポリンを活性化するブースターを配合していましたね。つまり繊維芽細胞の活性化です。でもその線維芽細胞が加齢で弱っていればどうでしょうか。

New ORBISは肌が本来持っている力を前提として働きかけるので、エラスチンが急激に減少してくる30代にとっては、とても効果的な方法です。

でも私と同世代であれば、コラーゲンやエラスチンをある程度補ってやる必要があると思います。なので、食事でコラーゲンを取るように意識するとか、オルビスのコラーゲンザビューティーを試してみようと思っています。

最後になりますが、New ORBISは「ちょっと使い続けてみよう!」と思いたくなるスキンケアでした。

いちばん気に入ったのは洗顔です。洗い上りがすっきり明るくなった感じでしかもしっとりしていて、これまでの使用経験から最高ランクです。

New ORBISはSK-Ⅱに負けない保湿力があって、リーズナブルな価格なのでコスパは抜群です。今までちょと我慢していたおしゃれや素敵なランチも楽しめるので、もう少し使い続けてみようと思います。

その他の口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • 肌につけた瞬間にスーッとなじんで、しっとりとして手ざわりになります。べたつきは気になりません。朝起きたときに肌のしっとり感が持続していてうれしくなりました。これからも使い続けたいです。
  • 夜に3ステップでケアをして、翌朝驚きました。脂性肌なのでいつもなら皮脂が結構出ているのですが、オルビスユーでケアした翌日はテカることがなく、肌がしっとりしていました。水分で潤うということを始めて体感しました。肌の調子がよくなってきています。
  • さらっとしていて浸透しやすいところが気に入っています。丁寧にケアをして翌日肌のハリを実感できました。洗顔料は泡がもっちり、化粧水はべたつかない使い心地、保湿液もべたつかずしっとりしました。

オルビスユーは与えるだけのエイジングケアではなく、肌細胞のうるおい活性化に着目しています。肌細胞に潤いが生まれることで、ハリのあるイキイキとした肌に。年齢を重ねるとともに肌細胞は脱水してきます。

潤いを与えてぷりっとしたハリとしっとり感のある肌に近づいてみませんか。

公式ホームページではお得なトライアルセットのキャンペーンを実施中!

7日分のトライアルセットと、ふわふわで抗菌・防臭加工をほどこしたフェイスタオルが付いて「1,000円(税込み、送料無料、翌日発送)」です。新しくなったオルビスユーを是非試してみてください。

⇒公式ホームページ:ユー 毛穴×洗顔



関連記事:

毛穴の角質におすすめ!プチプラの泡立ち洗顔・泡洗顔料ランキング

夏に目立つ毛穴の開きザラつき対策におすすめ!プチプラ洗顔料8選

洗顔料は肌トラブルに重要!敏感肌や肌荒れにおすすめの洗顔ランキング

乾燥肌にマジでおすすめしたい!プチプラ洗顔料ランキング

知ってる?泡立ちが良いと人気でおすすめの石鹸洗顔料ランキング

毛穴の黒ずみを解消!口コミが人気でおすすめの洗顔料ランキング

20代,30代の乾燥肌やニキビ肌におすすめ!洗顔料ランキング

泡立てない洗顔には「ジェル」がおすすめ!その理由と人気の洗顔料

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
・美容家による今年一番のおすすめスキンケアです。
SK-Ⅱや資生堂ホワイトルーセントを使っている女性たちも絶賛!今年一番おすすめしたいオルビスユーのスキンケアの特徴・比較・口コミ←クリック
・ファッショニスタによる今月一番おすすめしたい服装です。
【今月の女性の服装】大人レディースファッションコーデ2019←クリック