顔の肌の水分量を増やしモチモチ肌になる方法は?私おすすめのスキンケア

お肌の乾燥に悩む女性は沢山居ますが、取り敢えずなんとなく保湿をすれば大丈夫と思っているケースが目立ちます。

乾燥したお肌にとって保湿はもちろん大切ですが、ただパシャパシャと化粧水だけつけていても、実は余り潤いません。

肌をもちもち肌にするには、肌自体の水分量をアップさせる必要があるのです。

ewtryt

10代、20代の若々しい肌に比べ、40代には成分が半分にまで減少してしまいます。自然に任せに放置してしまうと、このように減少の一途をたどることになります。

乾燥肌に悩む人は全体の半数以上いると言われています。特に、乾燥の厳しい冬だけではなく一年を通して肌が乾燥するという人は15%にもなります。

今回はそんな重度の乾燥肌の人のためのスキンケア方法について紹介したいと思います。この方法を毎日実践すれば、冬場も乗り切れるもちもちの肌を手に入れることができるでしょう。

基本的なスキンケアの手順

はじめに、一番基本的で大切なのは洗顔です。

まずは夜の洗顔法から紹介します。言うまでもなく、夜寝る前はきちんとクレンジング・洗顔をし、メイクを落とすことが必要不可欠です。メイクを落とさなかったり残った状態で寝てしまうと、睡眠中に菌が繁殖し肌荒れにつながります。

そして洗顔後は、できる限り早く、化粧水で肌を引き締め、その上に保湿クリームを塗り潤いを保ちます。洗顔後の肌の水分が失われる前にこれをすることをオススメします。

また、化粧水とクリームはArougeのものが乾燥肌の人にはよく合います(もちろん個人差があり、体質的に合わない人もいます)。Arouge は敏感肌の人のための低刺激、かつ保湿成分の多い商品を販売しています。化粧水、クリームともに2,500円くらいで購入することができます。

次に朝のスキンケア方法について紹介します。

乾燥肌の人にはオイリー肌の人が多いので、朝と晩しっかり洗顔してしまいがちです。しかし、夜にきちんと洗顔をしてメイク落としをしていれば、睡眠中に菌が繁殖することもないので、朝の洗顔は必要ありません。むしろ朝洗顔をすると肌が潤いを保とうと思って出した皮脂が全くなくなってしまい、カサカサになったり、お化粧がなじみにくくなってしまいます。

そのため、朝は洗顔ではなく、コットンに化粧水をつけ、余分な皮脂を拭き取るくらいで大丈夫です。乾燥が気になるようだったらその上に保湿クリームを塗っても良いでしょう。

また日中肌がテカってきてしまった場合、あぶらとり紙で拭き取るのはあまり良い方法ではありません。なぜなら、皮脂を取り除いてしまうと、肌が潤いを保とうとしてより一層皮脂を出してしまうからです。

このような場合はティッシュオフし、上からテカリを目立たなくする粉のファンデーションを塗ることをオススメします。

私はこの方法を実践するまでは極度の乾燥肌で、夏でも肌がかさついていました。成人式でメイクしてもらった時「すごい乾燥肌だね〜こんなに化粧水しみこむ肌見たことないよ!」と言われ、結構ショックだったのを覚えています…。そして色々調べたり、極度の乾燥肌の自分にも効果のある方法を探し、このスキンケア法にたどり着きました。

この方法を実践してからは冬でもあまり乾燥を気にせず、かさかさで乗らなかったファンデーションもきちんとなじむようになりました。また、人から「肌もちもちだね。」と言われることもありました。

ポイントは、とにかく保湿を心がけることと、皮脂を必要以上になくそうとしないことです。皮脂は本来、肌を乾燥から守るものであって汚いものではありません。

この方法をまだ実践していない乾燥肌の皆さんはぜひ試してみてください。他になかなかいないほど乾燥の強い私でも効果があったので、きっと悩みを改善してくれるでしょう。

洗顔したらすぐに化粧水を付ける理由

皆さんは洗顔をした後、「化粧水」や「乳液」をつけるまでどのくらいのタイミングで行っていますか?

なんとなく、洗顔をしたらお肌がパサつくから化粧水をぬっている、スキンケアの基本だからその流れで行っている、という方も実は多いのではないでしょうか?

潤いのあるお肌、雑誌に出ているモデルさんのお肌はとっても綺麗ですよね。年齢を重ねてもツヤやハリがあるお肌は、永遠の憧れともいえます。そんな美しいお肌を手に入れるためには、「乾燥」は大敵です。

この乾燥を防ぐためには、洗顔をしたあとなるべくすぐに、できれば一分以内に化粧水や乳液で保湿してあげることが重要です。今回は、スキンケアの一環である洗顔と化粧水をつけるタイミングについて理由を詳しくみていきたいと思います。

あまりタイミングについて考えていなかった方も、そんなに化粧水をぬるタイミングが重要なんて知らなかったという方も多いと思うので、この機会に是非試してみてください。美しく健やかなお肌を手に入れて、ツヤのあるお肌を目指しましょう。

夜は、メイクを落とすために洗顔をし、朝は寝ている間にかいた汗や皮脂を落とすために洗顔をしていると思います。

この「洗顔」は、お肌を綺麗に清潔に保つためには欠かせないスキンケアの一つです。ただ私達のお肌は乾燥を予防したり、紫外線などお肌にとって刺激となるものを保護するために、皮脂膜という油分でできた膜で覆われています。洗顔をすると、この潤いを保つための「皮脂膜」まで一緒に洗い流してしまいます。そうなると、お肌は洗顔をした直後から乾燥がはじまってしまいます。水分の蒸発を防いでくれる皮脂膜がなくなってしまうため、少しでも乾燥を防ぐために化粧水や乳液をつけることが大事なのです。

実際に洗顔をしてみたあとは、スッキリとして気持ちが良いものです。でも少しでも放っておくと、お肌が乾燥する、なんだかパサつくといった経験がある方も多いと思います。

これは、洗顔をした直後からお肌の乾燥が始まっているからなのです。そんなすぐに乾燥する?と思う方もいるかと思いますが、実際にお肌は油膜がなくなっているので、毛穴から水分が出て行っています。そうなると、お肌はどんどん乾燥し肌トラブルの原因を招いてしまいます。こうならないために、洗顔後はすぐに化粧水をつけて保湿してあげないといけないのです。

これは、帰宅後のメイク落としにもいえることです。入浴中や入浴前にクレンジングする方も多いのですが、ポイントは洗顔をした後すぐにケアしているかどうか?できているかが大事になってきます。

どうしても、入浴前にクレンジングをする方は洗顔した後にオイルを数滴に塗ってお肌をカバーしてあげないと、入浴中にお肌の乾燥が進行してしまいます。もし入浴中にクレンジングを行うのであれば、お風呂から出る直前にクレンジングをして、湯船から出たらすぐに化粧水で保湿してあげることが大事です。このタイミングを忘れないこと、お肌の乾燥を防ぐために是非化粧水をすぐにぬることを習慣にしてください。

年齢を重ねてもお肌が綺麗な方、潤いのある肌を持っている方は、このポイントを抑えている方が多いです。是非、健康で美しいお肌を手に入れるために試してみてください。

顔の肌の水分量を増やしモチモチ肌になるおすすめスキンケア

お肌の乾燥や荒れの原因の一つとして、肌本来の水分量が不足していることがよくあります。

単純に化粧水をつければ肌の水分量が上がるわけではなく、肌にあるセラミドが十分に満たされている状態を作り、下地が整った状態に化粧水を馴染ませることで肌が水分たっぷりのもちもち肌をキープすることができるのです。

肌の水分量は、歳を重ねるごとに減っていきますし、偏った食生活、睡眠不足、血行の悪さなどでも減少してしまいます。

水分量が減ると肌荒れやシミ、シワの原因にもなりますから、肌にとって十分な水分量は大切なのです。

年齢とともに減少してしまう水分量ですが、食い止める方法は沢山あります。

ここでは、肌の水分量をアップさせるための方法をおすすめします。

  1. ヒト型セラミド成分を化粧水から補給
  2. セラミド成分を食事から補給
  3. フェイスマッサージ
  4. 睡眠

を実践・改善することで、失われた肌の水分量が満たされていき、触りたくなるもちもち肌を作ることができます。

①セラミド成分を外側から補給

まずは肌の水分量をキープする大切な役目のあるセラミドを増やします。

最近はセラミド配合の化粧水やクリーム、美容液があるので積極的に使いましょう。

また効果的に肌の水分量を増やすために、セラミド配合のスキンケアを肌につける場合、肌の表面が汚れていると肌を潤すどころか、成分が酸化してしまい肌に大ダメージを与えてしまいます。そのため、まずはしっかりと洗顔をしてから補給するのがポイントです。

その際、手のひらで温めながら馴染ませる方も多いですが、しっかりと奥まで浸透させるには、コットンを使う方が効果的です。

続いて、効果をすぐに実感しやすい「ヒト型セラミド」の人気化粧品を2つ紹介します。

1.ライスパワーの保湿力に驚く「米肌」

年齢がかさむにつれて、毛穴に悩むことが多くなりました。海外製品の高い化粧品にお金をつぎこみ、結局効果があまり見られなかったなんてこともあります。むしろ敏感肌の私は海外の製品を試すとお肌がヒリヒリしてしまい、使い切れずに断念してしまうこともありました。

そんな毛穴戦争に終止符をうつため手に取ったのが、日本人の肌にとってもよさそうなお米を使った米肌の化粧品です。

米肌の特徴

毛穴を隠したい思いで、ファンデーションを厚塗りしてしまっていませんか。それでは肌が汚く見えてしまう原因になって、ますます毛穴が目立ってしまいます。

米肌は、乾燥毛穴や、開き毛穴の原因に着目し、確かな手応えを与える化粧品です。肌の潤いを改善して、憧れのファンデーションいらずの素肌になるために原因を詳しくみていきましょう。

あなたが自分のお肌に満足できないのは、肌のセラミド不足かもしれません。外部からの刺激や、加齢とともに肌のうるおいを抱え込み保持するセラミドが減り続けると、ファンデーションで隠しきれない毛穴顔になってしまいます。

米肌は、そんなセラミドを増やすケアに力を入れています。「米」と「発酵」を知り尽くした日本酒を造る社氏さんの手は白く美しいです。その手にヒントを得て作られた米肌は、日本人にぴったりの優しい化粧品といえます。造り酒屋に伝わる発酵技術を生かしたライスパワーで、セラミドを増やし、肌のうるおいを保つ力を改善することによって毛穴のトラブルを根本から改善させます。

肌の根本から改善させることで、未来のお肌の乾燥も防げますし、美容液成分が浸透しやすいお肌に変わっていいます。

使い方

洗顔から保湿クリームまでそろっているので、一緒に使用することで本来の効果を発揮できます。

ポイントメイクは専用のリムーバーで落としておいて、後は優しく泡立てた洗顔料で肌を清潔にします。

化粧水は一度手のひらで温めてからお肌にプレスするように優しくつけます。化粧水がしっかりなじむように時間をかけてプレスしましょう。

化粧水のあとは、美容液をつかい、美容成分がお肌により浸透しやすくなるようにします。化粧水同様ハンドプレスで優しくなじませます。

最後に保湿クリームを塗って完了です。保湿クリームの油分は化粧水や美容液の蒸発を防ぐための役割もあるので忘れずにしっかり保湿します。

繰り返し使っていくことで改善されたお肌は、角層の隅々まで素早くうるおう「モイストリレー効果」が現れ、お肌のサイクルを活発にしていきます。

高保湿化粧品には珍しく、さらったとした使用感なので、長く使っていてもお肌が飽きません。お肌を根本から改善させてくれるので、毛穴の撃退以外の肌悩みも同時にケアできます。加齢に伴うくすみやハリ不足にも十分効果があり、効率よく素肌を美しく保てるのもポイントです。もちろんお肌に優しい低刺激処方もされていて、敏感肌の人にも安心して使っていただけます。

口コミ

使用した感想は、「とてもよかった!」です。

日本人の肌に合ったお米の成分がいいのか、肌になじむ感覚が気持ちよかったという印象が最初に塗った印象でした。洗顔後の化粧水がぐんぐん肌に入り込んでいっているのが嬉しかったです。使った後の化粧ノリも格段に上がりました。

また、使っていくうちに肌がもちもちとしてふっくらした印象になり、肌の水分量が上がった気がします。保湿効果が高いので、いつも朝にはつぱった感覚になっていた私のお肌も、朝までもっちりとしていました。化粧水にけっこうとろみがあり、敏感肌にも優しいです。繰り返し使っていると素肌の状態がよくなってくるので、他人にスッピンを見せることも怖くなくなりました。

公式ホームページではお得なトライアルを販売しています。

14日分の洗顔・化粧水・美容液・クリーム+マスクが付いきます。気になった方は是非ホームページをチェックしてみてください。

⇒公式ホームぺージ:米肌で理想的な素肌を

2.ヒト型セラミドで人気の「ヒフミド」

乾燥による小じわや老け顔でお悩みの方におすすめなのが、製薬会社品質を誇るヒフミドのスキンケアです。

が乾燥肌から守る効果を期待できるヒト型セラミド。そんなヒト型セラミドの成分を配合したヒフミドのスキンケアについてご紹介します。

ヒフミドの特徴

ヒフミドのスキンケアは、保水力を高める独自の処方でセラミド1型・セラミド2型・セラミド3型の3種の組み合わせが行われています。

  • セラミド1型は、保水力やバリア機能に優れており、
  • セラミド2型は、保水力が高い成分となります。
  • セラミド3型は、保湿によって肌のバリア機能を守ることができます。

これらを統合したものがヒト型セラミドと呼ばれ、肌の水分蒸発を防ぐ効果を最大限に引き出しいるのです。

乾燥小じわへの効能評価試験済みです。また高保湿なのにべたつくこともなく、スッと肌に馴染みストレスフリーな使い心地です。

さらに、安全面に対しても、製薬会社の原料選定によって厳しい基準をクリアしており、エタノール・パラベン・香料・鉱物油・有機合成色素は配合されていません。

敏感肌の人でも安心して使用することができるようにパッチテストやスティンギングテスト、アレルギーテスト済みで、誰でも安心して使用することができます。

使い方

ステップ1:クレンジング

まずは、落とすことから始めます。ヒフミドマイルドクレンジングを使用し、うるおいを与えながらメイクを落としていきます。

ステップ2:洗顔

次にネットなしでも濃厚な泡立ちを造り上げることができるヒフミドソープで、毛穴の奥深くまでキレイに汚れを取り除きます。泡が汚れに吸着するため摩擦をやわらげ肌を優しく洗うことが可能です。

ステップ3:化粧水

そしていよいよ、ヒフミドエッセンスローションの出番です。角質層の隅々まで浸透させることができ、ハリとうるおいを実感することが可能です。

ステップ4:クリーム

次はヒフミドエッセンスクリームでうるおいを閉じ込め、基本的なスキンケアは完了です。

ステップ5:UVベースクリーム

そのほか、紫外線や乾燥の刺激から肌を守るためにヒフミドUVプロテクトベースを日焼け止めとして使用すれば完璧です。

このようにヒフミドのスキンケアは特に難しいことも面倒なことも不要で、毎日使い続けやすい点が魅力です。どれだけ良いものでも面倒なスキンケアは続きません。

簡単に使うことができるヒフミドのスキンケアは非常に便利なスキンケアと言えます!

口コミ

実際、ヒフミドのスキンケアを使ってみて感じたことは、「自分の肌を好きになることができた!」ということです。乾燥が気になり、自分の顔を触るのが嫌だった私ですが、ついつい触ってしまうほどしっとりと潤った肌に。

正直、今まで様々なスキンケア用品を試したものの、効果があってもケア方法が少し面倒だったりして続けることができませんでした。しかし、このヒフミドのスキンケアの場合、今まで通りのスキンケアの流れで、十分すぎる効果を得ることができ大満足しています。

ヒフミドのスキンケアが選ばれる理由は、

  1. 乾燥肌をうるおい美肌へ
  2. 乾燥小じわへの効能評価試験済み
  3. シンプルケアで手間いらず
  4. 高保湿なのにべたつかない
  5. 医薬品レベルの原料選定

の5つです。

これらによって、安心して使用することができます。

また毎日のスキンケアに時間をかけずスムーズに行うことが可能になります。

そして、これらは乾燥肌で悩んでいる人にとっては、最も重要視すべきことばかり。その点が評価されヒフミドのスキンケアが選ばれていると言えるのです。

ホームページではお得なお試しセットを販売しています。

ヒフミドのスキンケアをはじめて購入する際は、ホームページからヒフミド初回限定お試しセットを申し込むことをおすすめします。

セット内容は、マイルドクレンジング・ソープ。エッセンスローション・エッセンスクリーム・UVプロテクトベースの5点セット。たっぷり試せる約1週間分の量となります。特別価格で試すことができ、その価格は税込1500円。

1世帯1セット、1回限りでは、初回限定お試しセットを税込980円で利用することも可能です。

以上がヒフミドのスキンケアについてです。

1,000円ほどで手軽に試すことができるヒフミドのスキンケア。興味のある人は是非、一度試してみてください。

基本的には今まで通りのスキンケア方法で問題なく、特に難しいことも手間がかかることもありません。反対に泡立ちが良いソープによって簡単に洗顔することができるほか、べたつきなどを感じることなく、その上で十分な保水力を実感することができ、スキンケアの時間を短縮させることも可能なほどです。

乾燥による小じわや老け顔をまだ、あきらめたくないと思っている方に是非、おすすめしたいスキンケア用品となります。

⇒公式ホームページ:【小林製薬】ヒフミドトライアルセット


②コンニャクやサプリで内側からセラミドを補給

食品の中ではコンニャクにセラミドが多く含まれていますが、手軽に摂取できるのはセラミド配合のサプリメントです。

これらを併用することで、肌のセラミドを増やすことができます。

食べたものは消化酵素によって分解されてから吸収されます。セラミドを含む食品を摂取すると、スフィンゴシン・糖・脂肪酸に分解されます。このスフィンゴシンの働きによって、肌のセラミドの生成が促進されます。

セラミドを多く含む食品は、

  • 米ぬか
  • 小麦胚芽
  • 大豆
  • こんにゃく芋
  • 牛乳

などです。

こんにゃくは「こんにゃく芋」を使用している生芋こんにゃくを選びましょう。こんにゃく芋には、米や小麦よりも豊富にセラミドを含んでいて、その量は7~16倍といわれています。

血流を促進する食べものは、スフィンゴシンを肌に届けてくれます。ビタミンEには血流を促進する働きがあります。かぼちゃ、アーモンド、アボカド、オリーブオイルなどがビタミンEを豊富に含んでいます。

注意点!

1日に必要なセラミドは約600μgです。この量を摂取するには、玄米なら10杯、小麦ならパスタで3皿分にもなります。こんなにたくさんは食べられませんよね。一方、生芋こんにゃくなら半丁ほどの量なので、生芋こんにゃくなら効率的に摂取できます。また、セラミドを多く含む食品を摂取していても、セラミドを減らす食べものを摂取していたら効果が減少する可能性があります。

紅花油、大豆油、ひまわり油などリノール酸を多く含むものや、インスタント食品や菓子パンなどトランス脂肪酸を含むものは避けましょう。

肌の潤いを保つために大切な成分がセラミドです。乾燥肌や敏感肌はセラミドが不足しがちなので、化粧品でケアをするだけでなく食事でもセラミドを補ってみてください。

<<楽天で一番人気のセラミドサプリ>>

 

③フェイスマッサージ

お肌の血行が悪いとせっかくのセラミド配合クリームが浸透しづらくなるので、予めフェイスマッサージをしておくことをオススメします。

⇒参考記事:【簡単!小顔リンパマッサージのやり方】即効で顔が小さくなる方法

④睡眠

そして、セラミドをしっかり補給していても、肌のターンオーバーが乱れていると水分量は減ってしまいます。ターンオーバーを安定させるに一番効果的なのは睡眠ですから、十分な睡眠をとることで水分量もアップするのです。

※いくら高品質のセラミドを補給しても、偏った食生活を送っていると当然ながら水分量は減少します。食べる物で肌は作られていくので、バランスの良い食生活がもちもち肌の基本ですよ。

丁寧にスキンケアをしてセラミド補給をしていても、日常生活が乱れていては水分量は増えません。水分量を維持する為には、バランスの良い食事と十分な睡眠、軽い運動など基本的な日常生活の改善も必要ですよ。

関連記事:

美肌やアンチエイジング効果!人気でおすすめ美容サプリランキング

40代女性に本気でおすすめ!エイジングケアのプチプラスキンケア

肌が常にかさかさ乾燥肌の女性におすすめ化粧水ランキング