飛行機に持ち込める化粧品!旅行先におすすめ化粧水スキンケア2019

「飛行機を使って国内や海外に旅行に行く方は、新しい化粧品を試すチャンスです!」

トライアルセットをお試し価格で購入でき、コンパクトサイズなので、そのまま機内に持ち運べて、すごく便利です★

旅行に行く際のコスメ事情

今回は毎年必ず海外旅行に行く旅行大好きな著者が、旅行の際の「コスメどうしよう?」や「メイクの困った」を解決する方法を提案していきます。

ケース①持ち物は出来るだけコンパクトにしたい問題。

旅行のときは出来るだけ身軽で行きたいですよね。そんなときに著者がやっていることは・・まず、スキンケア用品やベースなどかさばるものは試供品を持っていくこと。これは王道かもしれませんが、旅行のタイミングのときに手元になんの試供品もない、わざわざ貰いに行く時間もない!なんてことはありませんか?

そんなときは公式ホームページから試供品(トライアルセット)を買っちゃいましょう。常に様々なブランドの試供品セットが安く売られています。デパートまで試供品だけをもらいにわざわざ行くよりは効率がいい手段でもあります。

次に、ボディタオルは持っていかないこと。

石鹸をつけて身体を洗うためのボディタオルですが、実は毎日タオルでゴシゴシ身体を洗う必要はないのです。大抵の汚れは水性なのでシャワーを浴びれば落とせますし、汗や皮脂が気になる部分は泡立てた石鹸をのせて優しく手で洗えば十分!少しでも荷物を減らしたい旅行のときは、ボディタオルなしでシャワーやお風呂を済ませることをおすすめします。

これと同じような手法として、朝はぬるま湯洗顔にする、ということも挙げられます。よっぽどのオイリー肌でない限り、朝はぬるま湯で優しく顔を洗うだけで大体の汚れは落ちます。朝の洗顔料を持っていく必要がなくなるので、身軽になれますよ。

ケース②朝メイクを落ち着いてできない問題。

お泊まりをした日の朝は、友達や恋人などと一緒に起きて準備を始めるので、自分のペースでゆっくりメイクをするわけには行きませんよね。そんなときはいっそ「海外メイク」で現地に溶け込む作戦でいきましょう!

旅行先が海外なら、日本のようにばっちりがっつりメイクしてしまうと「観光に来た日本人」感が出てしまいます。なぜなら日本以外の多くの国では、日本ほどメイクをしない人が多いからです。「海外メイク」と聞くとアイシャドウギラギラ、アイラインくっきりのアメリカンなばっちりメイクを思い浮かべるかもしれませんが、それをしているのは一部のモデルさんだけ。

街を歩く人々の多くは薄化粧で自然体、ワンポイントのアイラインやリップが素敵なメイク感です。なので自分も旅行先ではフル装備メイクをやめ、抜け感あるリラクシーな気分で過ごしてみてはいかがでしょうか。

いつもやっていることをやらないとなると少し抵抗感があるかもしれませんが身も心も「海外なのであえてナチュラルメイクにして旅行を楽しんでいる上級者」になりきればいいのです。お肌にもお休みを与えてあげられますし、持ち物も減るので一石三鳥!?でしょう。私が海外に長期滞在したときはほとんど薄化粧で、日本でいかに塗りたくっていたかを実感しました。自分のメイクを見直すきっかけになるかもしれませんね!

旅行先でのスキンケア化粧品

皆さんは旅行に行く時、メイク道具やスキンケア用品をどのように持参されていますか?

「ボトルのまま?」でしょうか。これではメイク道具だけでも、荷物がかさんでしまいます。その為、小さなボトルなどに移し替え持参する人が多いかと思います。しかしこの場合、詰め替えの手間と言うものが発生します。

またスキンケアに関しては、高級ホテルでアメニティとして置いている場合があり、「それで済ませる!」と言う人もいますが、万が一、自分の肌に合わないものだった場合、大変な事になる可能性も考えられます!(←私は実際海外のよく分からないブランドのものを使い、翌朝肌荒れがひどくなり、肌表面がごわごわ&凹凸状態になってしまいました…)

では、どのように持参すれば手軽でコンパクトな状態でにする事ができるのかと言うと、

私が一番おすすめしたいのは、人気コスメブランドが発売している「トライアルセット」を持っていくことです!

普段高くてあまり手が出せない有名ブランドのスキンケアや、お肌の気分転換として良いスキンケアを付けることで肌がワントーン上がることが多いのです。

またトライアルセットなので、小さいサイズで安く購入することができるのも嬉しい点です。

これらの人気トライアルセットを販売している有名コスメブランドは、ページ下部にて紹介しています。

今使っているスキンケアを持っていきたい場合

今使っているスキンケアを持っていきたい方は、わざわざ新たに容器を購入する必要はなく、身近なものを使って、メイク道具をコンパクトにまとめ、旅行先に持参する事が可能です。

例えば、コットンやラップ。その他、ジッパータイプの保存袋など、ちょっと部屋の中を探すだけで準備できるものです。そして、これらは使い捨てすることができるものばかりなので、旅行先で使用後、そのまま捨てる事ができ、帰りの荷物を減らす事もできます。

具体的な方法としては、

①まず、化粧水。化粧水の場合、使用する回数分をあらかじめ、コットンに含ませてから、ジッパー袋に保存して持参します。そうする事で、旅行先で使う際は、使用する枚数のコットンを袋から取り出し、使用すればOK!あとは、ゴミとして捨てる事が可能です。

②次に、クリームやクリームタイプのファンデーションなどの場合は、1回で使用する分量をラップに取り、小さく包んでしまいます。そして、使用する際は、そのラップから、クリームやクリームタイプのファンデーションを絞り出し、使用すれば、わざわざ容器ごと旅行バックに詰めることなく、いつものメイク道具を持参する事が可能になります。

同じ詰め替えでも、小さなボトルに詰め替えるのではなく、1回きり使い捨てタイプに詰め替えることでメイク道具をコンパクトにする事ができるほか、残りなどを気にせず、使い切る事ができます。

ただし、ここで注意しなければいけないポイントが、いつも自分自身、どれ程の量を使用しているかを把握しておく必要があります。そうしなければ、旅行先で「足りない!」と言う事が起こってしまいます。その為、もし不安な場合は、少し多めに詰めておく事もおすすめです。

もちろん旅先に、そのまま持参しなければいけないメイク道具はたくさんあります。しかし、その中でも特に大きなものだと言える、化粧水やクリームなどをコンパクトに収納し持参する事ができるだけでも、荷物を最小限に抑えることが可能になります。またラップなど経費も掛からず済ませる事ができるため、是非、お勧めしたい方法です。

オイル美容もおすすめです!

忙しい人や旅行好きの女性におすすめの美容方法が「オイル美容」です。オイル一本あればお肌にも髪にもボディにも使うことができるとても万能で簡単なお手入れ方法なのに、しっかりと保湿されるので、忙しいけれど美容にもちゃんと気を配りたい!という方や、荷物を少なくしたいけど旅先でも全身ケアしたい!という方にぴったりの美容法です。

顔のお肌に

夜のシャワーや洗顔のあとオイルを顔になじませるだけで、翌朝までしっとり感が保たれます。オイルだけでも十分ですが、オイルを塗ったあとに化粧水を使うと浸透しやすくなりモチモチ肌になります。朝のお手入れにオイルを使うときは少なめにつけることがポイント!つけすぎると日焼け止めが弾かれてしまったり、ファンデーションやアイシャドウがよれたりすることがあるので、肌に薄くうすくオイルをのばす程度で十分です。

髪の毛に

ドライヤーで半渇きにした髪の毛全体にオイルをなじませます。再びドライヤーでしっかりと乾かしたら、最後にもう一度毛先を中心にオイルをつけ、仕上げのブラッシングを。ペタついてしまうので、髪の毛の根本にはオイルをつけないようにするのがポイントです。

ボティに

シャワーを浴びたあと、タオルで水気をふき取る前にオイルを全身になじませます。乾いた肌にオイルを塗り込むよりも滑りがよく、少ない量でしっとりします。濡れた肌にオイルを塗ったあとすぐに服を着てしまうとベタつきが気になるので、汗が引いてから着衣するといいでしょう。

マッサージオイルとして

顔や頭皮、脚のマッサージをするときにもオイルがあるとスムーズにケアすることができます。マッサージ専用オイルでなくてもオイルならなんでもOK。シャワーのあと保湿のためにボディに塗ったオイルが乾くまでのあいだをマッサージタイムにするのも効率的ですね。

「忙しい日々をオイル美容が助けてくれます!」

本当はたっぷり美容タイムを取りたいけれど、時間に追われてそれどころではなかったり、疲れてし今すぐにでも寝たいというときもあると思います。そんな日々を助けてくれるのが「オイル美容」です。あれこれと色々なアイテムを使わずに一本で全身ケアが叶うので、キレイでいたいけど美容の時間をできるだけ短縮したい!というときにはオイルがぴったりです。

また旅行に行く時、荷物は軽く少なくが鉄則!

旅先に持っていける美容アイテムは限られます。そうは言っても旅行中もきちんとケアしたい…そんな悩みもオイル美容が解決してくれます。先ほどご説明したとおり、オイル一本あれば顔、髪、ボディのケアにつかうことができるのはもちろんのこと、ネイルオイルとしてや、革靴の汚れ落とし&つや出し用に使うこともできます。100ml以下のボトルなら、飛行機の機内持ち込みも可能です。乾燥が気になる機内でのハンドケアなどにも役立つので小さめのオイルをカバンにしのばせておくと安心です。

オイル美容をはじめるときに重視するべきオイル選びのポイントは「香り」!女性らしいうっとりする香りのオイルを使うと、お手入れしているあいだ幸福感に包まれます。おすすめはフランス発のオイル「NUXE(ニュクス)」!ほんのりバニラとお花の甘やかな香りの万能オイルです。オイル美容は一本で全身に使えるからこそ、香りにこだわって美容タイムを豊かな時間にしましょう。

家でも旅先でも忙しい日々でも、シンプルで万能なオイル美容なら毎日続けることができます。オイル美容、ぜひ試してみてくださいね。

飛行機に持ち込める化粧品!コンパクトで旅行先におすすめ化粧水スキンケア 4選

第4位 アヤナスは保湿力抜群!乾燥肌敏感肌のエキスパートスキンケア

本来保湿とはクリームなどの油分で肌にふたをするという意味ではなく、水分を肌の奥まで浸透させるという意味です。洗顔後に化粧水を数回ずつに分けて、手を押しあてるようにプレスします。それにより肌の奥にしっかりと化粧水が押し込まれます。その後に水分が蒸発しないよう、乳液やクリームで肌にふたをします。これが正しい保湿の仕方です。

今年話題になっているのはアヤナスの「化粧水+美容液+クリーム」がセットになっているものです。

  • 保湿力がすごい!
  • 敏感肌でも大丈夫!

と好評なんです。

専門の敏感肌研究所では、皮膚科医の元、アレルギーテストを繰り返し、いかに肌に安全で優しく保湿・美肌成分を浸透させることができるかを研究しています。その結果、外部からの刺激を守る大切を取り入れた「特許取得ヴァイタサイクルヴェール」、優れた浸透を促す「ヒト型ナノセラミド」を開発し、肌を守り、肌の深層まで浸透し、肌を潤してくれます。

さらにエイジングケアにも力を入れたスキンケアなので、小ジワ・ほうれい線・たるみ・毛穴などにも効果的なのが嬉しいポイント。保湿とエイジングケアをいっぺんにケアできるスキンケアセットが「1,480円(送料無料)」です!

口コミ

⇒公式ホームページ:アヤナストライアルセット

第3位 乾燥する季節だからこそオススメ!セラミド配合「エトヴォス」

セラミドは多くの化粧品に配合されている成分なので、一度は見聞きしたことがあるのではないでしょうか?

セラミドは、私たちのお肌でも作られている成分です。お肌の角質層の水分を逃さないように働いてくれる成分なので、保湿系の商品に配合されることも多い成分のひとつです。

ただ、生活習慣の乱れやストレス、加齢などによって、お肌で作られるセラミドの量は減ってしまいます。そうするとお肌は水分を保持することができなくなり、カサカサと乾燥や毛羽立ちなどが目立つようになってしまいます。

お肌の乾燥と言うと冬のイメージがありますが、紫外線やエアコンなどで年間を通して、お肌は乾燥しやすい環境にさらされています。カサつきが気になる、メイクのノリが悪い、グレーっぽく黒ずんだくすみが出やすい、などが当てはまる方はセラミド不足の乾燥が原因かもしれません。

自分の肌で十分なセラミドを作り出すことができていないのなら、足りない分を化粧品で補ってあげると乾燥肌が改善しやすくなります。

お肌の乾燥は、肌の老化や敏感肌の原因にもなるので、セラミドでお肌の潤いをキープすることでエイジングケアや刺激に負けない健康なお肌作りをサポートすることができます。

化粧品に配合されているセラミドは、原料によっていくつかの種類に分けられます。

原料の違いによって各々にメリット・デメリットがあって、商品の効果や金額にも差が出てきます。

化粧品の原料としてのセラミドは大別すると4種類あります。

①1つ目は、天然セラミドです。

動物由来のセラミドで、馬が使われていることが多いです。肌に浸透しやすく保湿力にとても優れていますが、価格が高いのがデメリットです。

②2つ目は、ヒト型セラミドです。

バイオセラミドとも呼ばれ、人のお肌にあるセラミドに真似て酵母から作られたセラミドです。人のお肌にあるセラミドと、ほぼ同じ構造になっているので、肌に優しく天然セラミドに負けない保湿力があります。天然セラミドに比べると価格は安いものの、配合量が多くなれば価格も高くなります。

③3つ目は、植物性セラミドです。

米やトウモロコシ、こんにゃくなど植物由来のセラミドです。天然セラミドやヒト型セラミドと比べると浸透力や保湿力は劣りますが、肌に優しく商品価格が手頃なものが多いのがメリットです。

④4つ目は、合成セラミドです。

擬似セラミドとも呼ばれ、石油原料をセラミドの構造に似せて化学合成された成分です。

構造上は似ていますが、やはり本来のセラミドとは別物なので、天然セラミドやヒト型セラミドと比べると保湿力は劣ります。

大量生産ができるので商品価格が非常に安価なのがメリットです。

4つの中で1番オススメなのは、ヒト型セラミドです。効果を実感できて続けられる価格を考えると、ヒト型セラミドが一番コストパフォーマンスに優れていると思います。

ヒト型セラミドの成分表示は、「セラミド1」「セラミド6」などとなっています。

実は人の肌には11種類のセラミドがあり、それぞれ働きが違います。「セラミド」のあとに付いている数字が、どの種類のセラミドなのかを表しています。保湿目的で選ぶなら、この数字が1・2・3・6のどれか、もしくは全部が配合されたものがオススメです。

ヒト型セラミド配合の商品で人気なのが、エトヴォスのモイスチャーラインです。

ヒト型セラミド1・2・3・5・6の5種類がバランス良く高濃度で配合されていて、トライアルセットが1,900円とかなり良心的です。

肌の乾燥が気になる方は、セラミドが不足している可能性があります。セラミドとは、人の肌のもともと存在している細胞間脂質を構成している成分です。肌の水分保持力の80%は細胞間脂質が担っています。角質層にセラミドが規則正しく並んでいることで、肌の潤いが保たれているのです。

ところが、年齢を重ねるとともに肌のセラミドが減少をします。セラミドが不足をすると水分保持力が低下をして、肌が乾燥をします。乾燥をすると肌のバリア機能が低下をするので、肌トラブルが表れることも。

でも、セラミド配合化粧品でケアをすることで、肌の水分を保ち、外部刺激から守ることができます。

肌の専門家が考えたセラミド配合化粧品が、「エトヴォス モイスチャーライン」です。

4つのステップでケア

エトヴォスモイスチャーラインは、保湿力に優れたヒト型セラミドが配合されています。人の肌に存在するセラミドと構造が同じなので、なじみがよいです。

モイスチャーラインは4つのステップでケアをします。

①まずは洗顔です。

洗顔石けんには、セラミドやリピジュアなど、保湿成分がたっぷり配合されています。潤いを守りながら、余分な皮脂を落とします。

②洗顔後に最初につけるのは化粧水です。

ポスカを配合することで、細胞同士を接着させて水分蒸発を防ぐタイトジャンクションの形成を促進します。

③5種類ものヒト型セラミドを贅沢に配合したものが美容液です。

肌の水分保持力をアップさせ、潤いを長く持続させます。

④最後にクリームで潤いを閉じ込めます。

ヒト型セラミド、ヒアルロン酸、アミノ酸、シアバターなど、さまざまな保湿成分が高配合されています。

4ステップケアで潤いあふれる肌へと導きます。

使い方

洗顔料はよく泡立てて、肌をこすらないように洗います。

化粧水はコットンまたは手に適量とり、顔全体になじませます。美容液やクリームは、適量を手にとって、肌をこすらないように顔全体に広げます。

4つのステップでケアをすることがおすすめです。

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • エトヴォスのモイスチャーラインは保湿力が優秀です。化粧水の後に美容液をつけていますが、香りに癒されます。肌荒れすることなく、肌の潤いがアップした気がします。
  • 保湿力が抜群です。つけた後の保湿力に驚きます。翌朝には肌がもちもち。保湿力がある化粧品はべたつきやすいけれど、この化粧品はなじみがよくてべたつきません。
  • インナードライで季節の変わりめは肌の調子が悪くなります。そこで、エトヴォスのモイスチャーラインを使ってみました。今までは肌がカピカピになることがあったけれど、美容液を使うとカピカピになりません。吹き出物も減って助かっています。

乾燥肌はセラミドが不足している可能性があります。人の肌になじみがよいヒト型セラミドを配合した化粧品が、エトヴォスのモイスチャーラインです。

4つのステップすべてにヒト型セラミドが配合されています。4ステップケアをして、潤いあふれる肌を目指しませんか。

公式ホームページでは2週間のお試しセットが1,900円で販売されています。

⇒公式ホームページ:モイスチャーライントライアルキット



第2位 ライスパワーの力「米肌のスキンケア」

%e7%b1%b3%e8%82%8c%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0

高いものが安く手に入ると聞けば、

「気分転換に使ってみよう~」

とお肌のご褒美として試してみる私。

そして肌が劇的に変われば購入し、まぁまぁであればそのまま使い切るだけ!(←スキンケアは自分にすごく合う、まぁまぁ合う、合わないの段階で個々の肌によって違いますが、私はすごく合うときにだけリピートしています)

今回はあの高級化粧品メーカー”コーセーの化粧水”をお試ししました♪

米肌(MAIHADA)とは?

%e7%b1%b3%e8%82%8c%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%83%91%e3%83%af%e3%83%bc

肌の水分の保持能力を高める目的で作られたのが米肌です。

毛穴が目立つ原因は、年齢による、

“潤い不足(乾燥)が原因です”

肌の潤い不足が進行する一番の原因は、歳を重ねるとともに”セラミド”が減少するためです。

*セラミドとは、各層の細胞と細胞とのあいだでスポンジのように水分を抱え込む「超保湿成分」です↓↓

セラミド

だ・か・ら・こ・そ、

“セラミド”をつくりだし、”水分保湿能”を改善する必要があるのです!

コーセーの米肌は名前のとおり、ライスパワーNo11を配合したスキンケアです。

ライスパワーNo11がセラミドを作り出し、肌のバリア機能を向上させることで、肌の水分保持能力を飛躍的に向上させることができるのです!

原料は私たちが食べている米100%。米を蒸した後、何日もかけて独自の方法でエキスを抽出。このエキスに酵母や乳酸菌などを加えて長期間発酵、熟成して有効成分ライスパワー®No.11が生まれます。発酵から熟成にかかる期間は約90日間。数十種類のアミノ酸や豊富なペプチド・糖類をバランスよく含有しており、同じものを人工的に合成してつくることはまず不可能です。ライスパワーエキスは、異なる機能のものが幾種類もありますが、『水分保持能の改善』が認可されたのはNo.11だけです

米肌のライスパワーって本当にすごいの?他社と比較してみました

ライスパワーの効力で肌の保湿力を向上させる人気のメーカーは3つあります。

  1. 米肌(まいはだ)
  2. 肌極(はだきわ)
  3. ライスフォース

どれも安く試せるキャンペーンをやっていたので、試してみました。

まず、3つとも化粧水自体の質感は、最高です!テクスチャーは柔らかく、とろみがあります。お肌にのせると、伸びがいいです。

そして、気になるのは、伸ばした後の「浸透感」。

米肌とライスフォースは、すぐに馴染み、お肌への奥へずんずん浸透していき、浸透力が抜群です!本当に肌の奥まで潤いが届いているのを実感できます。

一方、肌極は伸ばした後、少しベタつきがあります。なのに肌の内側までは保湿されていない感じがしました。私の肌では浸透力がイマイチな印象でした。さらに伸ばして数時間経っても、やはりしっとり感、ハリ感、弾力が不満足でした。個人的に、肌極は人工的な花の香りと、アルコール感が少し感じられ、敏感肌には向かないかなとも感じました。

コーセーの米肌は、私が想像していた「アルコール感が強く、また香りが強そう=普通肌の人向けスキンケア」とは全然違って、とても優しく肌にすーっと浸透していき、季節変わりで乾燥気味になりやすい時期でも、しっかり馴染み、潤いが持続します。しっとり感、ハリ感、弾力感もすぐに実感でき、コスパ的にも優れた逸品です!

ライスフォースも、付け心地が濃厚で濃密で、好印象でした。その後の肌の感じも潤い、ライスフォースと米肌は個人の肌との相性で優劣が付くかと感じました。

<<結論>>

同じお米系スキンケアで「ライスパワーNo11」を主としたブランドでも、その配合量や他の成分、処方のこだわり(無香料・無着色)によって、その使用感や効果は全然違いました!お値段が手頃なのは、肌極。濃厚で濃密感があり「付けてる」と実感できるのはライスフォース!処方や効果、保湿感の高さを求めるなら、米肌がおすすめです!

ネット上の口コミ

他サイトの口コミやブログをチェックしたところ、

まず、”高い!”という声を発見。

米肌の化粧水は通常であれば1本120mlで、

5000円。

「え!∑(゚□゚;)」

「私が使っているのとほぼ変わらない」

これ以下の価格の化粧水を使っている方は、この機会に少し高めの化粧水を使ってみることをおすすめします!良いですよ♪

トライアルセットは非常にお得な値段なので、是非試してみてださい↓

%e7%b1%b3%e8%82%8c%e5%8f%a3%e3%82%b3%e3%83%9f

『5点セットで14日間試せます!』

「化粧水だけじゃないんですね!石鹸、クリーム、パックも付いて、1,389円(税抜き)!?」

「化粧水は30mlと少ないですが、この価格なら良しです」

「送料無料もありがたい!」

⇒公式ホームぺージ:米肌で理想的な素肌を

第1位 アテニアのドレスリフトローション

第1位は30代、40代女性からすごく人気のブランド「アテニア」です。昨年から伸びて、伸びて、伸びて、今年もさらに支持を伸ばしている理由は、”コスパ最高”!

見た目年齢を決める最大の要因は、「顔の印象」です。

アテニアは独自の研究の結果、加齢による顔の印象が変化する原因は「肌のメリハリが無くなることによる顔の平たん化」と結論づけました。

アテニアドレスリフトとは

アテニアの基礎化粧品のなかで、肌のハリが欲しいと思う人におすすめの基礎化粧品です。また24時間、常に変化する肌状態や外部環境に合わせたケアを行えます。

肌のメリハリが無くなる理由は、

『縦と横の立体的なハリが失われる』

からです。

アテニア独自に開発した縦と横のハリをもたらす原料「発酵コラーゲン」と「クインスシードエキス」がすごいと話題なのです!

ライン使いとしては、

  1. 洗顔石鹸
  2. ローション
  3. デイエマルジョン
  4. ナイトクリーム

の4品です。

①洗顔

美容成分たっぷりなので、洗ってもツッパらず、お肌が潤います。

②化粧水

ハリにフォーカスを当てていて、肌の奥から潤いを感じることができます。ラフィノース成分で保湿力を高め、「発酵コラーゲン」と「クインスシードエキス」で、美肌に必要なハリや血色を良くします。さらに午後の顔をしっかりと支え、日中のダメージから肌を守ってくれる効果もあります。

③デイエマルジョン

朝のハリをそのまま持続させる力があり、午後になるとハリ不足になったりくすみが出たり、乾燥しやすい肌を守る役割があります。

④ナイトクリーム

翌朝の肌にハリを感じることができます。3Dヒアルロン酸が入っていて、肌が再生する真夜中の時間帯にチャージされることで翌朝ハリを与えます。

口コミ

ホームページから2週間のトライアルセットを購入しました。そして先日2本目を使い切ったので、実際の効果をレビューしたいと思います。

まずボトルデザインが可愛いですよね!新しく買い替えるたびに、”上品な可愛さが30代の私好み♪”と感じています。

私はとろみのある化粧水が苦手なのですが、アテニアのドレスリフトローションはとろみがあります・・・しかし!お肌に付けた瞬間から、ぐんぐんと肌奥に吸い込むように入り、サラッとモチっとします。重ね付けは必要ない程にもちもち肌になります。浸透がすごく良いので使いやく、これなら嫌なベタツキ感が全然気になりません♪

香りはとても良く、癒されます。保湿力もあり、つっぱることもないので安心して使用できます。

効果は、まず使用したその日からモチモチ肌を実感できます。次に一番肝心なハリの状態ですが、私の場合、正直2週間のトライアルセットでは効果を実感できませんでした。

それでも若返ったような肌のモチモチ感を失いたくないため、2本目を購入!そして2本目を使い切るくらいの時から、

「え!?法令線が薄くなってきてる!」

と見て分かるレベルになっていました。

“えぇぇーーーやったー!”

と声を上げて、歓喜するほどにです。

ちなみに私の肌の変化を見た友人2名は実際に購入しました。それほど効果は本物です!

32歳女性の口コミ

肌にハリが欲しいな、と思ったので、前々から気になっていたアテニアのドレスリフトラインを使うことにしました。

とても香りが良くて、お手入れの前に手にとってその香りをかぐことで、リラックスした気持ちになれます。

使用方法は、

  1. きれいに洗った手で洗顔石鹸を泡立てて洗顔します。手を洗うのは手に油分が付いていると泡立ちが悪くなるからです。
  2. 指の腹を使って口角から耳の付け根に向かってくるくるとマッサージするようにローションをらせん状になじませます。小鼻の横から耳に向かって、中央から外側に向かってなじませます。全体になじませたら両手で顔を包んでプレスするようにしてもっと肌になじませるようにします。
  3. そして最後に朝ならデイエマルジョン、夜ならナイトクリームを付けます。

夜は付属品のミッドナイトモイスチャライザーを重ねて塗ると、翌朝の肌の状態がますます良くなります!久しぶりにウキウキしながら、お手入れをしています♪

肌のすべすべ&しっとりとした感じが続き、肌にハリが生まれるのを実感できています。

アテニアのドレスリフトラインは”肌にハリ”が欲しい時にとてもおすすめの基礎化粧品です。

37歳女性の口コミ

口コミの評判が良いので、2週間のお試しセットを購入してみました。

結論から言うと、

「2週間は使ってみないと、本当の良さは分からない!」

この価格で、この使用感は高評価です。使い始めは、”安いし、所詮こんな感じかぁ・・・”と可もなく不可もなくという印象だったんですけど、2週間使い続けてビックリしました。

とろみのあるテクスチャーで、みるみると素早く浸透していきます。あっという間に浸透するので少し物足りなく感じてしまうかもしれません。コラーゲンを肌に塗っているかのような滑らかな使い心地です。これまで私が使ってきた安い化粧水には無かった使用感が新鮮で、使っていて楽しいです。香りはローズ系ですが、きつくないので、程良く癒されます♪また低刺激なので敏感肌の私でも大丈夫でした。

<<効果は?>>

エイジングケア対応のラインとは思えないようなあっさりした使い心地なのですが使い続けるとお肌がツルツル、プリッとしてくるようです。歳も歳だし、混合肌だけど乾燥が気になる肌なんで、これまで色々塗ったくっていたんですがこちらのシンプルケアステップでも、特に乾燥が気になることもなく過ごせているので今までの努力や投資はいったい何だったのか・・・とも思う今日この頃です!

個人的に容器のデザインも大人の女性用っぽくて、かなり気に入っています。容器に高いお金を支払うのは嫌ですが、毎日手に取るものだし、どうせなら安いのに素敵な容器の方がテンション上がりますよね♪

この価格で、素敵な容器+パラベンフリー+無鉱物油+アルコールフリーでお肌にもお財布にも優しいアテニアはすごく好印象!ラインでの現品購入を考えています。

Twitter上の口コミ

ホームページからご注文で、2週間のお試しセットプラス+なんとあの人気クレンジングをプレゼント!?

アテニアの最新クレンジング「クレンジングオイル」も付いて、1,500円(送料無料)でお試し購入することができます。リピートしてくれる自信があるのか、強気の値段設定ですね。

アテニアの商品の中でも一番人気なのがドレスリフトのローションです。

気になった方は、是非公式ホームページをチェックしてみてください。

⇒アテニア公式ホームページ:アテニアドレスリフト


メイク道具でおすすめなのは、「ランコムのABSOLU VOYAGE(アプソリュ ヴォヤージュ)」です!

私のお気に入りのメイクグッズの一つ「ランコムのABSOLU VOYAGE」。

旅行に行く時はもちろんのこと、日頃のメイクの時にも利用することができるので、とっても便利です。ファンデーションなどのベーズメ行く以外はほとんどがこのパレットで済ませることができるので、とっても便利です。アイメイク、リップ、チーク、パウダーなどが一つになっていて、マスカラやアイライナーなども入っているので、他に持っていくものがないので、これひとつでオーケーです。リップペンシルも付いているので、口紅を塗る時に輪郭をしっかりと取ることができるのでとってもいいです。リップもグロスが付いているので、ツヤがある仕上がりになりますし、アイシャドウは6色が一つになっているので、いろいろなバリエーションを楽しむことができるのです。

旅行をする時にはメイク用品を持っていくのに、どれを持っていくかで迷いますよね。

いろいろと持っていくとかさばってしまいますし、荷物をできるだけ少なくしたいものです。そういう時に便利なのがこのランコムのABSOLU VOYAGEです。コンシーラーも付いているので、気になるシミも消すことができますし、コンパクトな容器にしっかりとメイク用品が詰まっているので、これひとつ持っていけば他は必要ないというような感じです。2段になっていて、上の段にコンシーラー、マスカラ、リップ、頬紅、アイシャドウなどが並んでいて、下の段にはリップペンシル、アイライナー、パウダー、ブラシなどが入っています。

ベースメイク以外はこのパレットひとつで揃うので、他のメイク用品を持っていく必要がないのですごく便利です。アイシャドウもベーシックな色が揃っていて、使いやすいので、メイクを楽しむことができます。旅行の時にはできるだけ持ち物を少なくしたいものです。そういうときにこのパレットはとっても便利で、小さなマスカラまで入っているので、アイメイクがとても充実しています。リップの色もとても肌馴染みがいい色で、グロスが付いているので、ツヤを与えることもできて、とってもいいです。

口コミ

私はこのパレットだけを持って、旅行に行きます。ベースメイクはパウダーファンデーションを持って行って、それに加えてこのパレットを持っていくのです。頬紅の色もとても自然でいいので、旅行に行っていない時にも家でこのパレットを使ってメイクをすることがあります。とてもいい色のアイシャドウが入っているのでとても使い勝手が良くて、楽しみながらメイクができます。できるだけコンパクトにしてあるので、とても使いやすく、色味が良いので家でのメイクにも活用することができます。小さなブラシが2本付いていて、一つはアイシャドウ用でもう一つはリップようです。

これひとつでメイクができる便利なパレットがランコムのABSOLU VOYAGEです。

海外旅行で見るべきは観光スポットよりコスメ!?

続いてのテーマは「海外旅行×コスメ」です。

毎年数回は必ず海外旅行に行って必ずコスメを買って帰ってくる海外旅行&コスメ好きの著者が世界各地のさまざまなコスメを紹介して「海外旅行で現地のコスメを探す楽しみ」をみなさんに知ってもらおうと思います。

まず、海外旅行でコスメに注目するメリットは?

①優秀コスメに出会える!

コスメ探しとしてはまずこれが一番大切ですよね。世界中には日本にはない発想で作られたコスメがたくさんあり、それにあっと驚く効果があったら嬉しいですよね。コスメは奥が深いので、もし海外に行く機会があるなら日本のコスメだけに満足しているのは勿体無いですよ!もちろん日本のコスメも十分優秀ですが、より良いコスメを求めて世界に飛び出しちゃいましょう。

②私が見つけた!その土地でしか買えないもの

日本ではあまり紹介されていないコスメを現地で見つけると、「私が見つけたんだ!」という特別感もひとしおです。日本に帰ってきて「それどこの!?」と聞かれると得意な顔で説明したくなっちゃいます。その土地ならでは、その土地に行かないと買えないものもあるので記念にもなりますし、お土産にもぴったりです。

③その国の気候や文化をよく知れる!

メイクとその土地の気候や文化は切っても切り離せないもの。乾燥する地域ではオイル系のコスメが、日差しが強い地域ではビタミンC配合のコスメが主流だったりしてコスメを見るだけでその土地の気候の特徴がわかります。また、アイメイクを重視する文化や眉の形を重視する文化など、「美」の価値観は世界中さまざま。観光地を見ているだけじゃ気付けないその土地の特徴を知ることができます。

では、私が実際に旅行した先と購入したコスメを少し紹介します!

アメリカ

機能というよりデザイン性の高いコスメが多かった印象です。私もついついパケ買いしてしまいました。

透明な瓶にアメジストが入った香水といったスタイリッシュでオシャレー!なものから、ポップな昔のハリウッド女優風なイラストが描かれた可愛いアイシャドウ、チューブタイプのケースに入ったマスカラなど遊び心たっぷりのデザインで見るもの全てに惹かれてしまって買って帰るものを選ぶのが大変でした。

北欧

冬は寒く乾燥しがち、かつ緯度が高いので紫外線も強い北欧なので、ビタミン配合のオイル美容液が人気のようでした。

ピンクと黄色の二層に分かれたオイルをふって使うオイル美容液を購入したのですが、べたつかずスッと肌に馴染むのがよかったです。

モロッコ

メイク道具に関しては、とにかくカラーバリエーションがすごい!アイライナーやアイシャドウではっきりとした青や黄色があるのが当たり前のようでした。

スキンケアはアルガンオイルやローズウォーターなど現地で取れる植物を使った乾燥対策アイテムが主流で、特にアルガンオイルはもっちりした使い心地で高い保湿効果を感じました。

アラブ

宗教上の理由で目元しか露出しない女性もいるので、眉や目に力を入れたメイクという印象でした。とにかくゴージャスなラメがざっくり入ったアイパレットは圧巻!だけれど私には使いこなせそうになく……アラブではどこもかしこもこの匂いといっても過言ではない「ウード」(沈香)の香水を買いました。燻したような渋みのある甘い香りはクセになりますよ!

みなさんも海外旅行に行く際はぜひ現地のコスメを探してみてください!

硬水の国に行かれる人へ注意点!

硬水の地域へ旅行する際、スキンケアは普段と同じで良いのか、変えるべきなのか気になりませんか?

この記事では、硬水地域でのおすすめのスキンケアについて、特に洗顔料の選び方やクレンジングの方法についてお伝えしたいと思います。

硬水ってどう違うの?

まず初めに、日本の軟水と海外の硬水の違いについて把握しておくことが重要です。よく硬水で肌が荒れた、乾燥したなど耳にすることもありますがそれは何故なのでしょうか?

硬水とは、カルシウムイオン・マグネシウムイオンといった金属イオンを豊富に含んだ水のことを指します。水1000ml中のその含有量を表す数値「硬度」が120mg/l以上を硬水、120mg/l以下を軟水と呼びます。日本のほとんどは軟水ですが、ヨーロッパや北米の地域は硬水であることが多いです。

飲んでみるとわかりますが味も結構違い、日本人では硬水は飲みにくいと感じる方も多いのではないでしょうか。

では、その硬水が何故肌荒れの原因となるのか、見ていきたいと思います。

硬水で肌荒れのメカニズム

硬水自体が肌に合わない、という方も中にはいらっしゃいますが、硬水による肌荒れの一番の原因は「石鹸カス」です。

硬水に含まれるミネラルが洗顔料に含まれる特定の界面活性剤と反応し石鹸カスになりそれが肌に付着、それによって諸々の肌トラブルが引き起こされるという仕組みです。具体的には、石鹸カスの付着によって肌のつっぱり感を感じたり、カサつきやすく乾燥しやすくなるといった状況になります。

これが硬水による肌トラブルの一番の要因です。

では、それを避けるためにどうすれば良いのでしょうか。

今回は二つの方法を提案したいと思います。

①洗顔をしない方法

ヨーロッパでは、水で洗い流すクレンジングや洗顔ではなく、拭き取りのクレンジング・洗顔が一般的です。拭き取り用のクレンジングクリームが多く販売されており、それを使用しコットンで拭き取り、その後拭き取り専用の化粧水で拭き取り、

この2ステップが日本のクレンジング、洗顔に当たります。その後オイルやクリームで保湿をし、スキンケアは終了です。

この方法であれば硬水を一切使わないので硬水による肌荒れの心配はもちろんありません。ただ、水を使った洗顔に慣れている私たち日本人はこの方法に抵抗感を感じる方も多いのではないでしょうか?

そこで、次に硬水を使いつつも肌荒れを防ぐクレンジング・洗顔の方法を提案いたします。

プチプラで人気のクレンジングウォーターと拭き取りクレンジングランキング

2018.07.14

②植物性石鹸を使用する

硬水は洗顔料に含まれる脂肪酸と反応し「石鹸カス」つまり脂肪酸カルシウムが発生するのですが、この反応が起こりにくい洗浄成分があります。

それが植物性脂肪酸です。つまり、植物性脂肪酸で洗浄成分が構成されている洗顔料を使用すれば、硬水地域でも石鹸カスによる肌荒れを防ぐことができる、というわけです。クレンジング、洗顔料共にそのような製品を選ぶことが必要です。

もしくは、クレンジングは普段お使いの乳液を使って拭き取ることでも代用できます。その後、植物性脂肪酸の洗顔料で洗顔をすればさっぱり感もありつつ肌にも優しい洗顔方法になります。

植物性石鹸の洗顔料は日本でも売られていますので、旅行前に揃えておくことをお勧めします。

肌に優しい石鹸はこれ!人気でおすすめの洗顔石鹸ランキング2019

2017.08.06

【乾燥肌敏感肌の洗顔の選び方】無添加石鹸がおすすめ!人気ランキング2019

2017.07.06

その後のスキンケアに関しては、普段お使いの製品をそのままご使用いただいて問題ありません。

ご自身に合った方法で旅行先でも健やかなお肌を保ってくださいね。そして肌荒れを気にせずに旅行を楽しんでください!

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
・美容家による今年一番のおすすめスキンケアです。
SK-Ⅱや資生堂ホワイトルーセントを使っている女性たちも絶賛!今年一番おすすめしたいオルビスユーのスキンケアの特徴・比較・口コミ←クリック
・ファッショニスタによる今月一番おすすめしたい服装です。
【今月の女性の服装】大人レディースファッションコーデ2019←クリック