20代からのアンチエイジング効果とおすすめスキンケア化粧品(美容液,化粧水,洗顔,クリーム)2019

美容におすすめ♪

20代からはじまってしまうのが、肌の老化。なるべく大きなダメージになる前にケアしていくことが大切です。ここでは、30代以降に後悔しない20代から続けていくエイジングケアについてご説明していきます。

アンチエイジングは、肌に変化を感じ始めてから気にすればよいと思っていませんか?

実は肌の変化に気がつく前、20代から始めるエイジングケアが、これから先あなたの肌の美しさを左右します。ここでは20代からはじめたい、おすすめのアンチエイジング(アーリーアンチエイジング)のスキンケアをご紹介していきます。

大切なでピカピカした20代の肌を一日でも長く維持するために、今日から未来につながるエイジングケアをはじめてみませんか。

20代は、学生から社会人へと生活が大きく変化する人が多く、生活リズムや生活環境がが大きく変わる時期でもあります。早い人では、結婚や出産を経験する人もいるでしょう。

そんな生活環境の変化は、知らぬ間に肌へどんどん負担を掛けていきます。20代の若い肌は代謝がよく、日々の回復力が高いので、そんな負担を感じない人はとても多いです。若さゆえに気がつきにくい肌へ負担が、30代以降の肌の状態や肌トラブルの深刻さにつながってしまいます。

いまのキレイな肌をキープしつつ、30代以降に後悔しないためにも「アーリーエイジングケア」を始めていきましょう。

20代からアンチエイジングのスキンケアをするかしないかでは、30代以降の肌に大きく違いががあらわれてきます。若くて回復力のある肌に甘えてしまわずに、いまのキレイな肌を少しでも長く維持するようにアーリーアンチエイジングを心がけてみてください。

20代から始めるエイジングケア!美容法や効果とおすすめスキンケア

エイジングケアと聞くと、ある程度年齢が進んでから…とか、肌トラブルが気になってから考えればいいことと思われがちです。しかし、エイジングケアは20代からはじめることで、肌だけでなく体もさびにくく老化しにくい状態をキープすることができます。

いまの若さをなるべく長く維持したい女性は、いまからエイジングケアをはじめていきましょう。

20代は若さに甘えない管理で老けにくい体を作るチャンス!

10代後半から20代前半にかけて、大半の人は学生から社会人へと生活環境が大きく変化する時期が訪れます。社会人になりはじめたころは生活リズムを作るのがとても大変で、睡眠時間が短くなってしまうという人も多くいます。

睡眠時間が短くても、若くてバイタリティーのある体は思うように動くのですが、肌や体の中へのダメージはどんどん蓄積されて行ってしまいます。美肌を維持したいと考えた時には、1日7時間は睡眠に充てることが重要です。

睡眠開始から3時間ほど経った頃から分泌される成長ホルモンで、毎日の肌ダメージを自己回復機能をしっかり使って修復していくことが大切です。睡眠をしっかりとると、食欲が安定し肥満になりにくいという研究結果も出ているほど、睡眠時間は大切なのです。

睡眠に関わる物質メラトニンは、体の酸化を予防する効果もあります。酸化物質を20代のころから毎日クリアしておくことができれば、老化に関わる肌の異変や体の異常も自然に回避できます。もちろん、完全になくなるわけではないのですが、蓄積される量が少なければ、老けにくい体を手に入れることができるというわけです。

①健康で美しい肌の継続は生活習慣の改善から

健康で美しい肌を維持するには、食生活も大切です。たんぱく質は肌のためにとても大切な栄養素です。過剰にダイエットしてしまいがちな20代の女性には、脂肪分が気になりにくい豆腐などの植物性たんぱく質をしっかり摂ることを心がけてみてください。

1日3食なるべくバランスよく食事を摂り、睡眠時間を確保する生活習慣を身につけることが、年齢を重ねた時に周りの人との大きな差ができるポイントになります。もちろんお付き合いでの夜更かしもたまには必要。

そんなときは、1週間単位でリカバリーできるように調整すると、より長続きさせることができます。

20代前半の女性に3カ月間体験してもらったところ

知人の20代女性に睡眠時間や食生活に注意して生活改善プログラムを実践してもらいました。彼女はまずまずの夜型だったので、とくに睡眠時間の改善に手間取ったようでしたが、しっかり寝ると、朝の肌のコンディションがどんどん変わってくることを違うことを実感できていました。

疲労がたまりどんよりと疲れが続いていた体も、いつしかすっきりしてお通じもよくなったと、うれしい報告をたくさんしてくれる結果になりました。彼女自身はじめた時には「こんなことで変わるの?」と思ったようでしたが、毎日の積み重ねの大切さに気付いたと教えてくれました。

エイジングケアを肌や体に症状がではじめてからはじめると、美容化粧品やサプリメントなどさまざまな商品を購入して出費もかさんでしまいます。20代のいまからサビない体づくりを毎日の生活の中に取りいれていけば、いまの美しさをより長くキープすることができるのです。

②メイクをしっかり落とす!肌質に合ったクレンジング剤の使用

アンチエイジングのスキンケアで大切なことは、毎日のメイク汚れをきちんと落としきるクレンジングです。きれいになるために施すメイクですが、しっかり落とせていないと、肌に油溶性の汚れを残してしまいます。油溶性の汚れは、肌を酸化させて老化の進行を早めたり、毛穴に詰まって角栓になるなど肌トラブルの原因になります。

「きれいに落とす」、「しっかり落とす」と聞くと、強めのクレンジング剤を選んでしまいがちですが、強いクレンジング剤には、刺激や摩擦がといった負担が多く掛かるものもあります。刺激や摩擦は肌を乾燥させる原因になるので、自分の肌質にあったものでていねいに落とすようにしましょう。

③洗顔後の保湿ケア

洗顔後やお風呂上りは、肌の表面の毛穴が開いているのでどんどん水分が蒸発してしまうので乾燥が進んでしまいます。そこで、なるべく早く化粧水や保湿クリームを付けることが大切。洗顔後やお風呂上りは2~3分以内に保湿ケアをして、肌を乾燥から守るようにしましょう。肌の保湿ケアというと顔だけを連想しがちですが、年齢が表れやすく目立ちやすいのは手の肌も同じです。洗った後にはハンドクリームを塗るなどして、しっかり保湿ケアをしておくことがおすすめです。

④紫外線対策

一年を通して肌に負担を掛けるのが、生活紫外線です。外出するときは、紫外線止めを塗ることを意識しますが、家の中では無防備という人も多いです。家の中でも窓から入ってくる紫外線によって肌には負担が掛かるので、日中は紫外線止めを常に塗っておきましょう。

紫外線はシミだけでなく、シワやたるみといった肌の老化をはやめてしまう原因になるので、きちんとした対策はアンチエイジングケアには必須です。最近では、飲む日焼け止めとしてサプリメントもいくつか発売されているので、外と内から対策をとるのも効果的です。

20代にエイジングケアは必要?YES!気をつけるべき4点

エイジングケアはスキンケアのことだけではなく、ライフスタイルを見直して健康的な肌と体を維持することを意味します。このことからもわかるように、20代からしっかりエイジングケアをはじめていけば、30代以降の年齢よりは美しく保たれていくわけです。

①20代で始めるエイジングケアは入念なメイク落としから

20代は新陳代謝がとても活発で、前半の頃は肌の老化といってもピンとこない人が多いです。ただし、20代も後半に差し掛かってくると、ハリやシワが気になる女性が多くなります。

これは、コラーゲン繊維が緩んでくることに原因があるのです。こうした肌の老化をなるべく遅くするために、20代前半からできるエイジングケアは「しっかりとメイクを落とすこと」です。

メイクをしたまま寝てしまうと、翌日ニキビや肌荒れ、乾燥などに悩まされることがありますよね。顔に残っているファンデーションは、寝ている間に肌の水分をどんどん奪っていき、乾燥させます。

その乾燥を補おうと、そこに皮脂が多く分泌されてべとべとになり、肌に余計な刺激を与えます。毎日のしっかりメイクは、きちんと落とすことで寝ている間の肌は穏やかに潤い、翌朝美しい肌で起きることができます。

②生活習慣を安定させ質のよい睡眠を習慣づける

社会人になると、生活環境がガラリと変わり生活のリズムを作ることが難しくなります。とくに、睡眠時間の確保は難しく肌のために必要な7時間の睡眠時間を確保できている社会人女性はとても少ないです。

就寝後3時間後に分泌されるといわれている「成長ホルモン」を効率よく確保するように、1日7時間の睡眠時間を作ってみるようにしましょう。しっかり眠って、毎日ダメージを受けた肌をその日のうちにクリアできるように心がけていれば、年齢肌で悩み始める日も遅くなります。

③睡眠時間を確保するとダイエット効果も高まる

しっかりと睡眠時間が確保されていると、睡眠時に分泌されるホルモンの影響によって食欲がきちんと抑制されます。睡眠時間の確保と、食事の内容もしっかり気にしながら、アンチエイジングをすすめていきましょう。

④ストレスはじょうずに発散させていく

社会生活を送っていると、ストレスは切っても切り離せないほど身近なものである人が多いです。自分にあったストレス発散方法をさがして、ストレスフルにならないように心がけましょう。

寝るときに肌をきれいにし、しっかりと安定した時間睡眠をとり、ストレスを溜め込まない健康的な生活をキープすることで、30代以降の肌の美しさを維持することができます。

20代だからエイジングケアなんてまだまだと思っているあなた!後悔しないようにいまできることから進めていってみてはいかがでしょう。きっと30代以降の肌に自信が持てるようになりますよ。

年齢に応じたエイジングケアを早くからはじめて、実年齢よりきれいな肌を目指していきましょう。

一番おすすめ!新しいオルビスユーで肌細胞の潤いと美肌力を活性させる

「これまでのケアとは違うオルビスユー!」

何だか最近肌の調子が悪い、化粧品の効きが悪くなってきた気がする。これらの不調は、細胞脱水のサインかもしれません。

肌細胞に潤いを届ける化粧品が「オルビスユー」です。

これまでのエイジングケアは与えるだけでしたが、オルビスユーは与えるだけのケアではありません。これまでとは違う細胞フィットネススキンケアで肌をサポートします。

<<オルビスユーは数々の美容メディアでベストコスメを受賞しており、現在人気急上昇中です>>

肌細胞のうるおい活性化

肌の調子がイマイチなのは、細胞脱水を起こしているからかもしれません。年齢とともに肌のすみずみに水分が行きわたらなくなり、肌細胞が脱水した状態に。その結果、ハリの低下、くすみ、乾燥などの不調が表れてきてしまうのです。

オルビスユーがたどり着いたのは、「肌細胞のうるおい活性化」です。これまでのエイジングケアは与えることが中心でしたが、オルビスユーは肌細胞のうるおいを活性化させることに着目しました。

化粧品の力を実感するためには、潤いの通り道を作ることが大切です。オルビスユーは潤いの通り道を作り、角質層への浸透力を高めます。そして、細胞が潤いで満たされることで、ハリや透明感のあるイキイキとした肌に近づくことが期待できます。

必要なケアは行いますが、不要なものは与えないシンプルな3ステップケアです。

ステップ1:オルビスユーウォッシュ

モロッコ溶岩クレイを配合。皮脂や毛穴の汚れをスッキリとさせ、明るい肌へと導きます。

ステップ2:オルビスユーローション

リッチなテクスチャーですが肌に触れた瞬間にスーッと浸透。内側からふっくらとした肌を叶える超浸透化粧水です。

ステップ3:オルビスユーモイスチャー

リッチなコクがあるの軽快な使い心地。みずみずしいヴェールで肌を包み込んで、もっちとした手触りの肌に。

3ステップすべて、オイル、香料、着色料は不使用、アレルギーテスト済みです。

使い方

洗顔料、化粧水、保湿液の順番で使用をします。

  1. 洗顔料は、よく泡立てて、泡を転がすように洗ったら、すすぎを丁寧に行います。
  2. 化粧水を手に取り、顔を包み込むようになじませます。
  3. 最後に、保湿液を適量手に取り、顔の内側から外側に向かってなじませます。

口コミ

細胞フットネス?アクアポリン?ちょっと聞きなれない言葉ですが、new ORBISのキーワードです。

普段はSK-Ⅱを使っていますが、やっぱり高価すぎるので変えてみようと思っていたところでした。

アクアポリン(AQP)は細胞の水の輸送を支配するたんぱく質で、年齢や肌ストレスで減少し、ハリの低下やたるみの原因になります。

New ORBISはこのAQPを増やす効果がある3つの成分「キーポリンブースター」を全ての商品に配合しました。

【3種のアクアポリンを発現させる成分】

AQPの活性化で肌が本来持っている力を最大限引き出すように細胞レベルで鍛えることこそが細胞フィットネスです。

ふと力がぬけた瞬間に感じる自然体で美しい肌への充実感「美しさのここち」を実感できますように。

現在使用しているのSK-Ⅱはこんな感じです。

「早速、NEW ORBISを使ってみました!」

シンプルな3STEPと新しいテクスチャーが魅力です。

STEP1:洗顔、泡はまるでメレンゲパック

  1. 顔と手を水かぬるま湯で洗う
  2. 洗顔料を1㎝程泡たてネットに出して少し水を足してキメ細かい泡を作る。
  3. 顔の中心から外側方向へ泡を転がしながら汚れを絡めとる。パックしたように包むので肌を直にこすることはない。
  4. 丁寧にしっかりとすすぐ。20回くらいがよい。

感想は、洗い上りがととにかくすっきりしている。なのにしっとりしていて突っ張りません。気持ちよくて思わずこのまま寝てしましいそうです。顔が明るくなった感じです。ハイドキャッチ成分が次の化粧水のなじみをUPさせているように感じました。

STEP2:化粧水、肌はまるでスポンジ吸収

  1. 手のひらに化粧水を5滴おとす。
  2. 下から上に包み込むようにつける。
  3. 最後に5秒間頬全体をおさえるようにハンドプレスする。

感想は、とろっとした感じが肌に触れると溶けて流れだしてくる”とろパシャ”!つけると、驚くほどスーッと浸透し手には何も残りません。ヴェールを作るのでいったん浸透した後に追加してもかえってべたつきます。なので5滴で十分す。

STEP3:保湿ジェル、まるでスフレケーキのよう

  1. てのひらにスパチュラに軽く1杯(小豆1個分)を取る。
  2. 顔全体にやさしくなじませる。
  3. 目元、口元など乾燥が気になる部分には重ねつけする。

感想は、モチっとした感じがスフレケーキのようだが、べたつくことなく、しっとりしてきます。保湿ヴェールを作るためなのでつけすぎには注意すること。

使用した後の肌効果

リッチな成分=べたつくの予想に反して、さっぱりしていて朝までしっとり感がキープされます。ピローの跡がつかなくなりました( ´∀` )頬を少しつねってみるとモチっとして、これがここち良いんです。

「あのピテラに変われるか?」

⇒正直やっぱりNOです。

確かに保湿力は負けていません。かさつき感は全くなくて、あのアクアポリンが働いたんだなと思いました。念のため使用前後でSK-Ⅱマジックリンクで肌年齢をチェックしました。やっぱり数値は説得力がありますよね。

まあ、数値の出し方にいろんな要素が入るとの批判もありますが、はっきり言って驚きました。野菜中心の食生活に改善したので肌チェックさせてくださいとお願いした3週間後のデータです。

でも鏡の前に立った感想はちょっと違いますほうれい線のあたりが、ちょっと下がった感じがあります。それと毛穴が目立ってきました。

どうしてなの?繊維芽細胞がつくるももの「コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸」

New ORBISは繊維芽細胞の増殖に必要なアクアポリンを活性化するブースターを配合していましたね。つまり繊維芽細胞の活性化です。でもその線維芽細胞が加齢で弱っていればどうでしょうか。

New ORBISは肌が本来持っている力を前提として働きかけるので、エラスチンが急激に減少してくる30代にとっては、とても効果的な方法です。

でも私と同世代であれば、コラーゲンやエラスチンをある程度補ってやる必要があると思います。なので、食事でコラーゲンを取るように意識するとか、オルビスのコラーゲンザビューティーを試してみようと思っています。

最後になりますが、New ORBISは「ちょっと使い続けてみよう!」と思いたくなるスキンケアでした。

いちばん気に入ったのは洗顔です。洗い上りがすっきり明るくなった感じでしかもしっとりしていて、これまでの使用経験から最高ランクです。

New ORBISはSK-Ⅱに負けない保湿力があって、リーズナブルな価格なのでコスパは抜群です。今までちょと我慢していたおしゃれや素敵なランチも楽しめるので、もう少し使い続けてみようと思います。

その他の口コミ

「トライアルが良かったので、大きいサイズをホームページから購入しました。これまで色々なトライアルを試してきましたが、SK-IIと変わらない使用感と効果を感じられているので、非常にコスパが良いと感じています!SK-IIは気分的にスペシャルな日の数日前から使い、オルビスユーは普段使いとして使っています。」

※この方もSK-II(トライアルセット)を使っていたので、その比較の口コミも参考になります!

毛穴が気になる、シミが増えたかも、肌がくすむ、乾燥するし肌が敏感。こんな悩みがありませんか。何か違うケアをしなければと焦りを感じている方もいるのではないでしょうか。

こういった肌の悩みの原因は肌脱水です。肌内部は乾燥をしています。

肌脱水に着目、インナー保湿活性をサポートする化粧品がオルビスユーです。シリーズ満足度は100%です。

気になるのが使用感などについての口コミですが、どのような口コミがされているのでしょうか。

オルビスユーローション

フタを開けてみると、ドバっと出るタイプの口ではありません。ちょうどよい量を取り出せます。

オルビスの化粧品はどれもそうですが、嫌な香りがしません。香りが苦手でも匂いを気にせずに使えます。

この化粧水はテクスチャーが不思議です。手に取ってみるととろみがあるけれど、肌にのせるとスーッと入っていくんです。ハンドプレスをすると肌にぐんぐんと入っていく。同じようなテクスチャーの化粧水でも、これまで使っていたものはツーッと肌から落ちてしまっていて、必死に入れ込んでいました。でも、オルビスユーはさらっとしているのにピタッと密着する感じです。

使ってみて感じたことは、肌の内側から潤っているということです。リニューアル前は化粧水単体だけ使ってみようとは思えなかったけれど、リニューアルして肌内部の潤いが全然違うことを実感しました。

SK-IIと比べ、とろみがあるので顔からしたたれず、ハンドプレスがしやすいです。

オルビスユーモイスチャ

オルビスユーシリーズの中でも一番感動をしたのがモイスチュア(保湿液)です。

リニューアル前は、伸びが悪いしペタッとする感じだったのだけれど、リニューアル後は伸びがよくなっています。スーッと伸びて肌にピタッと。べたつきが気にならないのにしっとりします。保湿力がすごいんです。

1~2分するとサラサラになり、メイクのノリがよくなりました。

オルビスモイスチュアの働きなのかなと半信半疑だったので、顔の半分にだけ塗ってみたのだけれど、翌日塗った方の肌はピンとしたハリが生まれて、化粧のノリが違うんです。顔を洗ってもハリが残っています。

ローションと一緒に使うと肌がよりふっくら、上向きに変わることを実感しました。

SK-IIと比べ、とても良い香りがします。

<<総合評価!>>

頬のコケが気になるし、シワもあったけれど、使うことでハリが生まれてきました。頬のふっくら感が徐々に戻ってきています。そして、化粧のノリがよくもなっています。毎日メイクをするのが楽しくなりました。

毛穴も悩みの一つだったけれど、使うたびに毛穴は目立たなくなっています。オルビスユーを使う前と明らかに違います。敏感肌でも使えたし、これからも使おうと確信を持てました。

twitter上の口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • 肌につけた瞬間にスーッとなじんで、しっとりとして手ざわりになります。べたつきは気になりません。朝起きたときに肌のしっとり感が持続していてうれしくなりました。これからも使い続けたいです。
  • 夜に3ステップでケアをして、翌朝驚きました。脂性肌なのでいつもなら皮脂が結構出ているのですが、オルビスユーでケアした翌日はテカることがなく、肌がしっとりしていました。水分で潤うということを始めて体感しました。肌の調子がよくなってきています。
  • さらっとしていて浸透しやすいところが気に入っています。丁寧にケアをして翌日肌のハリを実感できました。洗顔料は泡がもっちり、化粧水はべたつかない使い心地、保湿液もべたつかずしっとりしました。

オルビスユーは与えるだけのエイジングケアではなく、肌細胞のうるおい活性化に着目しています。肌細胞に潤いが生まれることで、ハリのあるイキイキとした肌に。年齢を重ねるとともに肌細胞は脱水してきます。

潤いを与えてぷりっとしたハリとしっとり感のある肌に近づいてみませんか。

公式ホームページではお得なトライアルセットのキャンペーンを実施中!

7日分のトライアルセットと、ふわふわで抗菌・防臭加工をほどこしたフェイスタオルが付いて「1,000円(税込み、送料無料、翌日発送)」です。新しくなったオルビスユーを是非試してみてください。

⇒公式ホームぺージ:“見た目を変える”化粧水があなたの肌運命を変える



アスタリフトのベーシックトライアル

目元や口元が乾燥をする、化粧水や美容液が浸透しにくい、スキンケアをしているのに手ごたえを感じられないことがありません。これらに当てはまるようなら美容成分が浸透をしていないのかもしれません。

美容成分を届けることを考えた化粧品が「アスタリフトのベーシックトライアル」です。潤い・ハリ・ツヤのある肌へと導きます。

届けて肌の土台を整える

どんなによい美容成分を配合していても、届かなければ実感はできません。

アスタリフトのベーシックトライアルは4つのステップでケアをします。

最初のケアが届けるための土台を作ることです。アスタリフトのジェリーアクアリスタは届けるための土台を作る先行美容液です。

ジェリーアクアリスタは2種類のヒト型セラミドを配合しています。セラミドとは肌の潤いを守っている成分です。セラミドが減少をすると角層はスカスカ、肌がゴワゴワになり、美容成分が浸透しにくい状態になります。

配合しているヒト型セラミドは人の肌に存在するセラミドと構造が同じなので、すき間にピタッとはまって潤いを逃がしません。ヒト型セラミドはナノ化をしています。ナノ化をしていない成分は肌表面にとどまってしまいますが、ナノ化することで必要な場所に成分が行きわたります。

土台を整えたらローション、エッセンス、クリームの3ステップでケアを行います。土台を整えた後の肌に使うからこそ浸透が違います。

4ステップすべての製品には赤の力が配合されています。赤の力とは、アスタキサンチンとリコピンという赤い色素を持つ2つの成分の力のことです。2つの成分がハリをサポートします。

使い方

洗顔後の肌には、まず先行美容液を使用します。このステップで肌を整えることが重要です。その後にローション、エッセンス、クリームの順でケアを行います。適量を手に取りだし、顔全体に優しく広げてください。

口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • 年中肌が乾燥をしていて、秋ころからは皮むけや粉吹きをしてしまいます。敏感肌でもあり、敏感肌用の化粧品はいろいろ使いましたが、ヒリヒリするものばかりです。ジェリーアクアリスタは使ってもヒリヒリすることなく安心できました。ジェルが肌に吸い込まれるようで、塗った後にはもちもちになります。もちもち感は翌朝まで続いていました。
  • クリームは赤色をしています。伸びがよくべたつかず使いやすいです。気になる部分には重ねづけをしています。使い続けていたら肌の調子がよくなってきました。乾燥が気になるときでも、これを塗っておくと朝までしっとりしています。
  • ジェリーの後にローションを使うと保湿はばっちりです。手に取り出した時は赤みがあってビックリしたのですが、問題なく使えています。浸透力がすごいです。浸透をしてしっとりします。他の化粧水に浮気したこともありますが、これに戻ってきます。

美容成分の力を実感するには届けることが重要です。

アスタリフトのベーシックトライアルは届けることを考えて4ステップです。ジェリーアクアリスタで美容成分が届きやすい状態に肌の土台を整えて、その後に3ステップでケアをします。4ステップケアが潤い・ハリ・ツヤのある肌に導きます。

公式ホームページではお得なトライアルセットを販売しています。

導入美容液+化粧水+美容液+クリームの4点が付いて、1,000円(税抜き、送料無料)で購入できます。

⇒公式ホームページ:ハリとうるおいに本気になる5日間。アスタリフト トライアルキット1,000円+税



アヤナスは保湿力抜群!乾燥肌敏感肌のエキスパートスキンケア

本来保湿とはクリームなどの油分で肌にふたをするという意味ではなく、水分を肌の奥まで浸透させるという意味です。洗顔後に化粧水を数回ずつに分けて、手を押しあてるようにプレスします。それにより肌の奥にしっかりと化粧水が押し込まれます。その後に水分が蒸発しないよう、乳液やクリームで肌にふたをします。これが正しい保湿の仕方です。

今年話題になっているのはアヤナスの「化粧水+美容液+クリーム」がセットになっているものです。

  • 保湿力がすごい!
  • 敏感肌でも大丈夫!

と好評なんです。

専門の敏感肌研究所では、皮膚科医の元、アレルギーテストを繰り返し、いかに肌に安全で優しく保湿・美肌成分を浸透させることができるかを研究しています。その結果、外部からの刺激を守る大切を取り入れた「特許取得ヴァイタサイクルヴェール」、優れた浸透を促す「ヒト型ナノセラミド」を開発し、肌を守り、肌の深層まで浸透し、肌を潤してくれます。

さらにエイジングケアにも力を入れたスキンケアなので、小ジワ・ほうれい線・たるみ・毛穴などにも効果的なのが嬉しいポイント。保湿とエイジングケアをいっぺんにケアできるスキンケアセットが「1,480円(送料無料)」です!

口コミ

ちょっとした刺激で、すぐにお肌がかゆくなったり赤くなることありませんか。化粧水をつけるとしみたり、カサカサ乾燥しやすかったり、ニキビが繰り返しできることありませんか。

普通肌の人にはなんともない化粧品でも、敏感肌の人が使うとお肌がピリピリして痛くなってしまうので、敏感肌の人は辛いですよね。

20代の頃からずっと敏感肌に悩まされている人、30代になってから敏感肌になってしまう人、出産など何かがきっかけで敏感肌になってしまう人、加齢など敏感肌に悩むタイミングは人それぞれです。敏感肌に悩む女性は、世の中にたくさんいます。

敏感肌になるとお肌の痛みも辛いのですが、お肌に合う化粧品がなかなか見つからなくてイライラしたり、色々な化粧品を使ってはお肌に合わなくてがっかりして辛いですよね。

さらに、普通肌の人に比べると敏感肌の人は肌の老化が早いと言われていますし、不安になっている人も多いのではないでしょうか。

お肌が敏感になっていることを放置せずに、必ず低刺激である敏感肌専用の化粧品を使うことをおすすめします。

肌が老化してしまってからでは、なかなか以前のような肌に戻るのは難しいのです。だからお肌が敏感だなと思った時には、すぐに低刺激の化粧品を使うようにしましょう。

そうすることで、シワ、たるみ、毛穴の開きなど肌の老化を予防することができますし安心です。美肌でいるためには、正しいスキンケアを行うことはとても大切です。

敏感肌専用化粧品を使う以外にも努力が必要です。例えば、バランスの良い食事を心がけて、色々な栄養素を摂るようにしたり、夜更かしはせずに十分な睡眠をとるなどして、規則正しい生活を心がけるようにすると良いです。

私が愛用しているのは、敏感肌化粧品のディセンシアです。ディセンシアのアヤナスシリーズがとても気に入って使っています。

産後急にお肌が敏感になってしまい、ずっと愛用してきた化粧品が合わなくなりました。つけるとピリピリ痛くなって、口元や目元がカサカサ乾燥するようになったのです。

おかしいなと思いながらも続けて使っていたら、今度はニキビが繰り返しできるようになりました。出産をきっかけにお肌が変わってしまったので、化粧品も買い替えなければいけないと思いましたね。

アヤナスのローションコンセントレート、エッセンスコンセントレート、クリームコンセントレートをライン使いすることにしました。どれも敏感肌用に作られているので安心できますよね。敏感肌の人はできるだけライン使いをしたほうが良いと思います。

アヤナスシリーズを使うようになったら、お肌が痛いと思うことがほとんどなくなりました。すぐにお肌の奥深くまでしみこんでいき、とても柔らかく潤いたっぷりの肌になったと感じてびっくりしました。

目立ち始めていたほうれい線、小じわ、毛穴の開きなどが徐々に気にならなくなったなと思ったのは、使い始めて三ヶ月目です。お肌が赤くなること、ニキビができることなど悩まなくなりました。

もし敏感肌でどの化粧品を使って良いのかわからない人は、まずはディセンシアのアヤナスシリーズを使ってみませんか。アヤナスシリーズは、敏感肌ケア、ストレスケア、エイジングケアの3つのケアをすることができると感じたので、強くおすすめしたいです。

公式ホームページではお得なトライアルセットを販売しています。

化粧水+美容液+クリーム+アイクリームサンプルの4点が付いて1,480円です。また30日以内全額返金、送料無料、手数料無料なので安心して購入できるのも嬉しいポイントです。

⇒公式ホームページ:アヤナストライアルセット

エリクシールのリフレ

お肌の質が変わり始めるアラサー女性に向いているエリクシールの「リフレ」。

アラサー女性、主に25歳から24歳の年齢に当てはまる女性たちのことですが、は肌の状態の変化を割と感じる曲がり角の時期と言えます。

肌タイプによりますが、特別乾燥している肌の人でない限り、普通肌やオイリーはだなどの場合は皮脂バランスが不安定になる年齢であり、20代前半までのあまりスキンケアのことなど考えなくても良かった時期とは違い、それと同時にアラフォー女性ほどごってりと本格的にアンチエイジングのことを考える必要はまだない年齢だと言えます。

そういった肌の状態や段階の女性たちに向いている化粧水と乳液がエリクシールから出ている「リフレ」というラインのものです。

エリクシールと言えば篠原涼子さんのイメージが強いかもしれませんが、それは保湿重視の方の一番知られているエリクシールのイメージが強いからでしょう。リフレというラインのものは吉岡里凡さんがイメージモデルとなっており、ちょうど25歳ぐらいからの年齢の女性に親しみを感じる女優さんを起用したことが分かります。

イメージモデルからして少し大人の20代からの初めてのエイジングケアを意識したラインだと分かります。

エリクシールのリフレの化粧水は「バランシングウォーター」、乳液は「バランシングミルク」と呼ばれています。

詰め替え用も袋で出ているので便利で、そこまでお高い感じはないかもしれません。しかしエイジングケアには力を入れているエリクシールの妹的存在と言っても良いかもしれません。値段はお店に寄りながらも税抜きでそれぞれ2500円ずつでエリクシールの中では手が届きやすい値段です。

特徴

ホルモンバランスやストレス、食生活や体質など、様々な要素が原因で皮脂のバランスが乱れたりすることが多い年代であるアラサー。

エリクシールのリフレはそういった女性の皮脂バランスを整え、毛穴対策をしてくれます。適度に保湿しながらも毛穴引き締め効果も発揮してくれて、ちょうど良い皮脂バランスを保ってくれることを目指すシリーズです。これから更に年齢を重ねて行く前に良いバランスの肌を保って行くことが大事になって行きますからね。

エリクシールのリフレは、化粧水にも乳液にも「さらさらタイプ」と「とろとろタイプ」の二種類がありますが、お店のテスターで手で試してみてお好みのテクスチャーのものを選ぶと良いです。

季節によって付け心地も変わってきますが、とろとろタイプのものでも肌に付けた後にはベタつかないので、真冬ならオイリーはだの人でもとろとろタイプで大丈夫そうです。筆者は春用に買う際、化粧水はみずみずしいテクスチャーを好むのでさらさらタイプ、乳液はある程度「頼りがいがある」もので蓋をしたいのでとろとろタイプにしました。

洗顔後にコットンなどで化粧水を適量に付け、顔や首に軽く滑らせるように馴染ませ、最後に毛穴が特に気になる頬や鼻の周りなどをパッティングすると効果的です。顔に馴染ませた化粧水が半分ぐらい乾いたと感じた時点で乳液を適量上から伸ばすことで水分を良い感じに閉じ込めることができます。これを朝晩繰り返すことがお勧めです。

口コミ

筆者は三ヶ月ぐらいエリクシールのリフレの「バランシング ウォーター さらさらタイプ」と「バランシング ミルク とろとろタイプ」を使ってきましたが、付け心地が筆者のオイリー肌の負担にならず、スキンケアタイムが億劫にならないところが良いです。

メイクの邪魔にならない付け心地で非常に気に入っています。

肝心な毛穴効果ですが、気のせい程度に毛穴が目立たなくなったかな、ぐらいかもしれません。依然として日中脂取り紙で一度押えないとテカってしまうアラサー筆者ですが、以前もっと保湿重視や美白重視の化粧水を使っていたときよりは大分改善しました。

夏になったら乳液の方もさらさらタイプに切り替えるかもしれません。

アラサーとはまだ本格的にエイジングケアを始めるには早いかもしれませんが、ライトなエイジングケアや本格的なエイジングケアのための準備をしても良い段階です。未来の肌のための皮脂バランスを整えておき、毛穴も良い状態に保っておくと将来もスキンケアがしやすくなるはずです。

アラサーで特別肌が乾燥しているわけではない、ノーマルタイプの肌やオイリー肌、また混合肌の女性にはエイジングケア入門のような形でエリクシールのリフレがお勧めです。

最後に、レディースシェーブもアンチエイジング!

私は元理容師で5年間スタイリストとして働いていました。

そこで元理容師ならではの美容法をお教えます!

まず最初に知らない方もいるの思いますので「美容師」と「理容師」の違いをお教えします。簡単に申し上げますと違いとしては素肌に刃物をを当てる事が許されてるのが「理容師」そうでないものが「美容師」です。

そこでみなさん一番に思い描くのは「顔剃り」ではないでしょうか?まさにその通りなんです。でも実際「顔剃り」と聞くと「メンズのやるもの!女性はうぶ毛だから必要ない!」と思っていませんか?

実はそうじゃないんです!

確かに「顔剃り」は男性がヒゲなどを剃ったり、整えたりするものだと言われてきました。これは昔の風習もあります。でも現代「レディースセェーブ」という言葉がここ2年で出てきています。

それにはちゃんと理由があるのです。ここ何年も前から耳にする「アンチエイジング」これは「抗加齢」という意味です!つまり加齢を防ぐ!若返らせる!という意味です!実はこの「アンチエイジング」は「レディースシェーブ」にも使われています。今からなぜ「アンチエイジング」=「シェーブ」なのか元プロがお教えします。

「レディースシェーブ」=毛を剃るものって皆さん考えていませんか?

確かに毛を剃るものです!ですが実はそれだけじゃないんです。古くなった角質もとっているんです。

考えてみると分かると思いますが、プロが使うカミソリ「レザー」という鋭い刃で毛だけ剃るのは逆に難しいです。どうしても一緒に角質も剃ってしまうんです。ですがそれが「アンチエイジング」にはいい事が分かったのです。

なぜなら人間は再生能力というものがあります。古いものがなくなれば新しいものを作り出す事ができるんです。今回例えるなら「脱皮」ですね。古い角質を除去する事でまた新しい肌に生まれ変わるという事です。

強制的に脱皮させる!

その生まれ変わった肌というのが本来素肌の色とツヤなんです。それとワントーン肌の明るさもアップします。しかもお化粧のりも格段によくなります。まさに「アンチエイジング」。

なぜこれほどにも効果があるのにメディアや雑誌で取り上げないのか・・・・実は・・・理容師で今やってる方で若い人が少ないからなのです。理容師=男性が来る所。それだけで食べていけるので宣伝する必要がない。なのであまり「レディースセェーブ」が浸透しないんですよね。

こんなに理にかなってる美容法なのに浸透しないのはとても残念です・・・。

ですが最近では女性目線で活躍する理容店も増えています!探してみるといいかもですね。

一つ気をつけて欲しい事が、エステや美容店で「レディースシェーブやってます」という所も増えてきました。そこで予約する時に聞いて欲しいのが「電動トリマーですか?それともレザー(カミソリ)ですか?」と聞いてください。

なぜかというと電動トリマー(家庭で使う毛剃り機)は肌を傷つけないようにうぶ毛だけ剃る機械なので「アンチエイジング」には全くなりません。なのでもし「レディースシェーブ」をやりたければ理容店がいいと思います。

あと皆さん、(毛を剃ると濃くなる!)って思ってる方いませんか?

それは全くの迷信なので安心してください。濃くなる事はないです。確かに年齢を重ねるとホルモンバランスが崩れてきてうぶ毛だった部分が濃くなってく事はありますが、剃ったからではないですからね。

それとシェーブをしたあとのワンポイントアドバイス。

シェーブ後は化粧水を塗りその上から乳液を塗ってください。シェーブすると「不見傷」(ふけんしょう)という見えない傷ができる場合があります。そのままにしておくと乾燥し、荒れてしまう事があるので、化粧水で潤いを与えて、その上から乳液を塗り、潤いを出さないようにカバーしてください。

皆さんも肌から生まれ変わってみてください。

関連記事:

ハリ,美肌,美白におすすめ!アンチエイジングのオールインワンランキング

30代の乾燥肌&敏感肌におすすめ!人気アンチエイジングクリームランキング

【30代、40代必見】化粧水、アンチエイジングのコスメランキング

20代後半30代のママ,主婦,母親に本気でおすすめ!スキンケア、クレンジング、洗顔

20代30代たるみ,シワ,乾燥に効果的!プチプラ&デパコス目元美容液

20代30代の美肌美白におすすめ!プチプラ乳液・ミルクランキング

20代後半30代のシミに効果があるプチプラ美白美容液ランキング

20代30代乾燥肌にはセラミドがおすすめ?口コミが良い美容液ランキング

20代30代の肌への浸透が口コミで人気のオイル美容液とおすすめの使い方

20代後半30代の毛穴におすすめ!スキンケアブランドランキング

芸能人愛用で人気の20代後半スキンケア、化粧水ランキング

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
・美容家による今年一番のおすすめスキンケアです。
SK-Ⅱや資生堂ホワイトルーセントを使っている女性たちも絶賛!今年一番おすすめしたいオルビスユーのスキンケアの特徴・比較・口コミ←クリック
・ファッショニスタによる今月一番おすすめしたい服装です。
【今月の女性の服装】大人レディースファッションコーデ2019←クリック