20代30代女性のデニムパンツを使った秋の大人レディースコーデ2019

9月に入って、これからは朝夕ともにめっきりと冷え込むような季節となります。秋口の季節は、どうしても寒さに対応するために暖かさ重視となってしまいます。結果、見た目は地味なコーディネートになりがちなのです。

ここでは、秋口になっても見た目も伴ったおしゃれさんになれるようなアイテムを紹介したいと思います。

デニムやパンツを活用することによって、シンプルなコーディネートにすることにより、シンプルさの中にもカジュアルさを出すことができます。男性によっては、あまりキャビキャビとした服装を好まない人もいます。そういった男性には、このようなコーディネートは非常に受けが良いです。

大人の女性として、かっこよく着こなしたいと思うことはないでしょうか。そんな時は、デニムコーデをすることにより見た目がぐっと引き締まり、シンプルな見た目とすることができます。

デニムパンツのレディースファッションコーデ

大人だって、カジュアルコーデを楽しみたいと思います。しかし、一歩間違えるとただ単にラフな装いになってしまうのがカジュアルコーデの難しさです。特に大人の女性の場合、この一歩の間違いがダサい!につながってしまうことも・・・。

そこで、今回は、間違いのない大人カジュアルコーデをご紹介したいと思います。

カジュアルコーデの定番中の定番アイテムと言えるのがデニムです。誰でも1本や2本。なかには、数本持っているという人も多いのではないでしょうか。

そんなデニムをうまく活用することで、大人カジュアルコーデを楽しむことが可能になります。ただし、デニムの場合、合わせ方ひとつでイメージが大きく異なるため、その点には注意が必要です。

デニムパンツの選び方とおすすめブランド

デニムパンツが似合う女性ってかっこいいと思いませんか。「デニムが似合わない」「かっこよく着こなせない」と悩んでいる方でも、ポイントを押さえれば上手に履きこなすことができます。では、どうすればデニムパンツの似合う女性に近づけるのでしょうか。

デニムパンツが似合う女性の条件はいろいろありますが、その中でも意識したい点は3つあります

①体のラインを拾っていない

体のラインを拾わないものなら、気になる下半身の体型をカバーできます。

②脚が長く引き締まっている

デニムパンツが似合わないと感じている人は、デニムパンツを履くと脚が短く見えたり、太く見えたりするので、似合わないと感じているのではないでしょうか。かっこよく履きこなしている人は、脚がスラッと長くて引き締まっていますよね。

③デニムパンツが似合うコーディネートを知っている

どのようなアイテムでもそうですが、全体のバランスを考えたコーディネートをすることで上手に着こなすことができます。

この3点を押さえてデニムパンツが似合う女性を目指しましょう。

「デニムパンツが似合う方法は以下の通りです!」

①体のラインを拾わないものを選ぶ

ピッタリしているデザインのものは体のラインを強調してしまうのでおすすめできません。特に下半身の太さを気にしている人には、スキニーパンツのようなピッタリしたものは避けた方がよいでしょう。
おすすめはストンとしたシルエットのストレートタイプです。体のラインを拾わず、ストンとまっすぐなデザインが脚を美しく見せてくれます。

②脚を長く見せる

脚を引き延ばすことは難しいので、デニムパンツのデザインで脚を長く見せてみましょう。脚長効果が期待できるデザインはハイウエストです。腰の位置を高くすることで、実際よりも脚が長く見えます。

ヒールのある靴を履くことでも脚が長いように見せてくれます。ちょっとの差でも見た目が違ってきますよ。

③デニムパンツを主役にする

デニムパンツを見せるようなコーディネートをすると、デニムパンツをかっこよく履きこなせます。トップスが目立つようだとそれに負けてデニムパンツの存在が薄くなってしまうので、トップスはシンプルなものを。シンプルなトップスとデニムパンツの組み合わせでは控えめ過ぎるかなと思うときには、小物をアクセントにしてみましょう。

おすすめブランド

・kutir ハイウエストストレートデニムパンツ

ハイウエストでちょっとゆったり目のシルエットです。厚みのある生地なのでオールシーズン使えます。

・URBAN RESEARCH ワイドパンツ

ハイウエストで裾に向かってゆったりとしたシルエットです。体のラインを拾わず、スタイルアップが期待できます。

デニムパンツをかっこよく履きこなすポイントは、体のラインを拾わない、脚を長く見せる、デニムパンツを主役にする、この3点です。3つのポイントを押さえてデニムパンツが似合う女性を目指してみましょう。

デニムを使った秋の大人カジュアルコーデ一覧

①白シャツとデニム

まずは、大人カジュアルコーデの定番ともいえる白シャツとデニムの組み合わせです。ただし、デニムにおいては、テーパードデニムパンツを選択!白シャツも素材に注意し選ぶ必要があります。

また、これだけでは秋っぽくないため、バッグを秋色のブラウンやカーキーにするほか、足元のパンプスをスエード生地にするなどの工夫が必要です。

②レースブラウスとデニム

次に白シャツではなく、レースブラウスを選びデニムに合わせることで、大人カジュアルコーデを完成させることができます。

少し透け感のあるレースブラウスをトップスに持ってくることで、デニムに合わせてもカジュアルダウンさせた印象にすることが可能に。その際、バッグや小物は引き締め効果のあるブラックを選ぶことをおすすめします。

③オーバーサイズのシャギーカーディガンとワイドデニムパンツ

次にワイドデニムパンツに合わせるなら、オーバーサイズのシャギーカーディガンとの組み合わせがばっちりです。トップスもパンツもオーバーサイズになってしまいますが、足元にパンプスを持ってくることで、ぎゅっと引き締めることが可能になります。

④シンプル白シャツにテーパードパンツの組み合わせ

白シャツにテーパードデニムパンツを組み合わせることにより、とてもナチュラルな仕上がりとなります。シンプルなコーディネートはそれだけではあまり見栄えが映えないこともあります。そうならないように、服装の中のディテールにこだわりを持たせることで、ぐっと個性的になります。

白と青で全体がコーディネートされていますので、アイテムとして秋らしいブラウンのかごバッグを持ってみては如何でしょうか。アクセントをつけるように、深い色合いのレオパードのスカーフを頭に着飾ることにより、より秋らしい感じに仕上げることができます。

⑤グレンチェックのジャケットにスリムデニムパンツの組み合わせ

この組み合わせは、見た目をとてもタイトに見せてくれます。スリムデニムパンツを履き、白シャツをパンツの中にインすることにより、カジュアルな印象になります。

また、足首を見せることにより、より足が長く見えることによりスタイルが良く見えるようになります。上着には、グレンチェック柄のテーラードジャケットを組み合わせます。ジャケットが淡い色合いのものとなりますので、バッグは黒目めの色合いとすることで、全体的なまとまりが生まれます。

カジュアルでありながらシックな感じにまとめられることから、大人の女性の秋のコーディネートにはぴったりではないでしょうか。

20代の着こなし方とは違う点に注意を!

デニムということで、少し間違えると20代のコーデと同じになってしまうこともあります。その点に注意し、トップスのアイテム選びを行うほか、足元にはスニーカーではなくパンプスを選ぶことやデニムはデニムでも大人カジュアルコーデにあったデザインのものを選ぶようにすることが大切になります。また、デニムのカラーにも注意してください。

以上がデニムを使った秋の大人カジュアルコーデの紹介となります。デニムはデニムでも、より大人カジュアルコーデを楽しみたいのなら、大人カジュアルコーデにあったデザイン、シルエットのデニムを選ぶことが必要です。一見同じデニムでもシルエットの違いで見え方は大きく異なります。

もちろん、今持っているデニムに合わせ、大人カジュアルコーデを作ることは可能です。その際は、是非、トップスだけに注意するのではなく、足元やバッグ、小物類にまで気を配り、コーデを完成させることをおすすめします。

ブルー以外のデニムパンツの着こなし

デニムというとブルーが定番カラーです。いつものコーディネートにブルーのデニムスカートを選んでいる方は多いのではないでしょうか。でも、いつも同じカラーだと同じようなコーディネートになってしまいます。

そこで、ここではブルー以外のデニムスカートの着こなしを紹介します。

カジュアルでありながらも、さりげなく上品に仕上げてくれるデニムスカート。普段のおしゃれに欠かせません。着回し力もあり、トップスや小物の組み合わせによってガーリーにも、フェミニンにも着こなすことができます。

デニムスカートというとブルーが定番カラーですが、ホワイト、ブラック、ベージュ、カーキなどのカラーもあります。いつもブルーのデニムパンツばかりだったなら、ブルー以外のカラーで違った雰囲気を楽しめます。

どんなカラーはあるの?

・ホワイト

ホワイトのデニムパンツで爽やかに。特に春夏におすすめのカラーです。秋冬でもトップスに温かみのある素材のものや、ベージュのような落ち着いた色合いのものをあわせると、季節感が生まれます。

・ブラック

大人っぽく見せてくれるカラーがブラックです。秋冬には暗いトーンの服や厚手の服を着る機会が多くなり、ブラックのデニムスカートとあわせると重たくなりすぎてしまうことがありますが、裾がふんわりしたデザインのデニムスカートなら、重たくなりすぎを抑えてくれます。

・ベージュ

ナチュラルな印象のあるベージュ。ブルーとは違って、柔らかな雰囲気が生まれます。

・カーキ

カーキもナチュラルな印象があるカラーです。落ち着いた色合いの服を着る機会が多くなる秋に特におすすめです。

コーディネート例
・ホワイトデニムスカート×ボーダーカットソー

ホワイトのAラインデニムスカートとモノトーンのカットソーのコーデです。全体をモノトーンでまとめてシンプルに。大人っぽさがあります。

・ホワイトデニムスカート×ストライプシャツ

ブルーとホワイトのストライプシャツとあわせて、とびっきり爽やかに。ホワイトなど明度の高いカラーは膨張色といって実際よりも大きく見せてしまうことがありますが、ストライプ柄で縦のラインを作ることで膨張感を抑えてくれます。

ここでは、ブルー以外のデニムパンツを紹介しました。デニムパンツはブルーだけではありません。カラーが違えば違った雰囲気に。そして、コーディネートの幅が広がります。いつもブルーのデニムパンツばかりだった人は、たまには違ったカラーに挑戦してみませんか。いろいろなカラーのデニムパンツコーデを楽しんでみましょう。

関連記事:

【20代大学生の女性の服装】レディースファッションコーデ

【30代アラサー女性必見】トレンドレディースファッションコーデ

大人レディースのきれいめカジュアルファッションコーデと人気ブランド

ラフで楽なカジュアルコーデだけどおしゃれなレディース秋ファッション

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
・美容家による今年一番のおすすめスキンケアです。
SK-Ⅱや資生堂ホワイトルーセントを使っている女性たちも絶賛!今年一番おすすめしたいオルビスユーのスキンケアの特徴・比較・口コミ←クリック
・ファッショニスタによる今月一番おすすめしたい服装です。
【今月の女性の服装】大人レディースファッションコーデ2019←クリック