2020年人気のクレンジングジェルとクレンジングクリームランキング第1位は?

女性にとって何歳になっても気にかけて大切にすること、それは「肌」です。

肌の調子が良い時は化粧ノリも良く、テンションまで上がります。しかし・・・肌荒れが目立ったり、肌の調子が悪い時は何となく人目を避けてしまいます。

その日の自分を左右してしまう肌の手入れ、皆さんはきちんとしていますか?

毎日ハッピーな気分で過ごすためにも肌の手入れは非常に大切なのです。

まず、きちんと出来ているようで出来ていないクレンジング方法を見直すことをおすすめします。

家に帰ってきてから、化粧はずっとしたままですよね?

実は肌は少しの時間でも休みたがっています。そのため、家に帰ったらすぐメイクオフするのが大切です。その時も目元はきちんとポイントリムーバーなどで落とさなければ、シミや目元のくすみの原因になってしまいます。目元を落としてから、クレンジングで全体を落とします。

これにもポイントがあります!

『なんとなく使いがちなクレンジングですが、肌質によって適切なクレンジングがあります!』

  1. クレンジングクリームは、油分が入っているので乾燥肌の方におすすめです。
  2. クレンジングジェルはオイリー肌の人におすすめです。

一度メイクオフした後に家でゆっくり休みましょう。

クレンジングの種類や選び方

クレンジングは、現在様々なメーカーから販売されています。

まずクレンジングの特徴は、顔に塗ったファンデーション・マスカラ・アイライン・アイシャドウ・アイブロウ・チーク・口紅など様々な化粧品を落とすことが出来るスキンケア用品です。

クレンジングにも他のスキンケア用品と同じように種類があります。

  • オイルタイプのクレンジング
  • クリームタイプのクレンジング
  • ジェルタイプのクレンジング
  • 粉末タイプのクレンジング

などがあります。

●オイルタイプのクレンジング

この中でも特に化粧品をしっかりと落とすことが出来るのは、オイルタイプのクレンジングです。オイルタイプのクレンジングの使い方は、まず手に少量オイルタイプのクレンジングを乗せて化粧品を塗った顔によく馴染ませます。そして、ぬるま湯で顔に塗ったオイルタイプのクレンジングを洗い流します。すると、顔に塗った化粧品をしっかりと落とすことが出来ます。

オイルタイプのクレンジングは、顔に塗った化粧品と馴染ませてぬるま湯でスッキリと落とすタイプと、植物性のオイルを肌に馴染ませてぬるま湯を浸したコットンでオイルを拭き取るタイプがあります。

一般的にはオイルタイプのクレンジングは、顔に塗った化粧品と馴染ませてぬるま湯でスッキリと落とすタイプのものが多いです。でもそのオイルタイプのクレンジングには、添加物が含まれているのであまり肌に良いものではありません。

逆に、植物性のオイルを肌に馴染ませてぬるま湯を浸したコットンでオイルを拭き取る方法のクレンジングは、植物性のオイル100%を使ったクレンジングになるのでオイルに添加物が含まれていないので肌に優しいです。

●クリームタイプのクレンジング

そしてクリームタイプのクレンジングは、こっくりとしたコールドクリームのようなクレンジングになります。このクリームタイプのクレンジングもオイルタイプのクレンジングと同じように、顔に塗った化粧品をしっかりと落とすことが出来ます。

クリームタイプのクレンジングの使い方は、まず手に少量のクリームタイプのクレンジングを乗せて、化粧品を塗った顔によく馴染ませます。そしてコットンにぬるま湯を浸して、そのコットンでクリームタイプのクレンジングを綺麗に拭き取ります。すると、顔に塗った化粧品をスッキリと落とすことが出来ます。

その後に、石鹸や洗顔フォームで顔に残ったクリームタイプのクレンジングを洗い流すとさらに顔がスッキリして、顔に塗った化粧品を残らず落とすことが出来ます。

オイルタイプのクレンジングよりもクリームタイプのクレンジングの方が、保湿力があるので使った後に肌が乾燥せずに済みます。

使い方

一日を終えてメイクをしたお肌は、とても敏感になっています。そこで帰宅したらなるべく早くメイクを落とすことが大切です。今回は、クレンジングの中でもクリームタイプのクレンジングについて効果を引き出す使い方をご紹介したいと思います。これからクレンジングクリームを使ってみたい方、クレンジングクリームの正しい使い方を知りたい方も参考にしてみてください。せっかく洗うなら、少しでも効果のある使い方をしたいですよね。

それでは、まずは具体的な手順からご紹介していきます。もしいつものやり方と違う点があれば、今日から真似してみてください。

ステップ①:まずはクレンジングを行う前に、手を清潔にしておきましょう。

手にばい菌が付着しているとせっかく汚れを落とそうとしてもキレイに落ちません。ばい菌や雑菌がついた状態でクレンジングをしてしまうと、その汚れが肌に付着し最悪の場合には肌トラブルの原因になることもあります。そうならないように、まずは手を綺麗にしましょう。

ステップ②:そして次にマスカラなどのアイメイクをしている方は、アイメイクを先に落としていきましょう。

ポイントリムーバーをコットンにたっぷり馴染ませて、浮き上がらせるようにメイクを落としていきます。この時、ごしごしこするのではなく優しく浮かせること、コットンにマスカラを馴染ませて落としていきます。もしマスカラがウォータープルーフなど落としにくい場合は、アイメイク専用のリムーバーを使ったりオイルタイプなど洗浄力が高いものを選ぶとこすらずに簡単に落とせます。

ステップ③:次にクレンジングクリームを500円玉くらいの量を目安に手に取り、お肌全体に馴染ませていきます。

この時に手のひらの温度で少し温めてあげることで、馴染みやすくなります。肌全体にクレンジングクリームがいきわたったらくるくる馴染ませて汚れを浮かせていきましょう。特に皮脂の分泌が盛んなTゾーンを中心に洗い、その後に顎や頬といったUゾーンを洗っていきます。最後にぬるま湯で優しく丁寧にあらいましょう。ポイントは、熱湯でもなく冷水でもなくぬるま湯で洗うこと、これが大切です。熱すぎるとお肌に必要な皮脂まで洗い流してしまいますし、冷水を使ってしまうとクレンジングクリームの油分がしっかり乳化されずお肌に残ってしまいます。適度に汚れを落としてくれるぬるま湯を使うことが汚れを綺麗に落としてくれる大切なポイントです。

ステップ④:最後にクレンジングで洗ったクリームがまだお肌に残っていることがあるので、よく泡立てた洗顔フォームを使って丁寧に洗い流していきましょう。

お肌の汚れはクレンジングで落ちているはずなので、ごしごしこすらなくても大丈夫です。泡で優しく包み込むようにして洗ってあげるといいですね。

そしてふわふわの柔らかいタオルで肌の水分をとり、完成です。

クレンジングクリームを使う時は、手のひらで温めて使うことで馴染みがよくなること、クレンジングクリームの量は適量を守ることが大切です。多すぎると毛穴の詰まりの原因になりますし、少なすぎてもメイク汚れがしっかり落ちません。必ずパッケージに記載されている量を守って使うようにしましょう。

このポイントを抑えて使うだけでお肌の状態が変わってくるはずです。是非、今日から実践してみてくださいね。

●ジェルタイプのクレンジング

それからジェルタイプのクレンジングは、さらっとしたみずみずしいクレンジングになります。このジェルタイプのクレンジングは、オイルタイプのクレンジングやクリームタイプのクレンジングよりも、顔に塗った化粧品を落とすのには少し効果が薄いです。なので、ジェルタイプのクレンジングは薄く塗ったナチュラルメイクをした時に、使うようにすると良いです。

ジェルタイプのクレンジングの使い方は、まず手に少量のジェルタイプのクレンジングを乗せて、化粧品を塗った顔によく馴染ませます。そしてぬるま湯でジェルタイプのクレンジングを洗い流します。

この時に顔に塗った化粧品がまだ残っている場合は、他のクレンジングを使ったり石鹸や洗顔フォームで顔に残った化粧品を洗い流すと良いです。

以上のようにクレンジングには様々なタイプがあります。しっかりメイクを落とす時は、オイルタイプのクレンジングやクリームタイプのクレンジングを使うと良いです。ナチュラルメイクを落とす時は、ジェルタイプのクレンジングを使うと良いです。

口コミ

毎日お化粧をしていると欠かせないのがクレンジングですね。クレンジングについて色々調べていると、たくさんの情報が出てきて迷ってしまいます。

クレンジングは保湿効果よりしっかり落とすのが良いと言う意見。美容液がたっぷり入ったクレンジングが良いという意見。毛穴ケアも出来る、エイジングケアも…と、クレンジングにプラスアルファの効果を求めだしたらきりがないですが、自分に合ったものを探す楽しさがありますね。

私は乾燥肌ですが、自分に合うクレンジングがわからず、色々なクレンジングを試してきました。

まずはオイルクレンジング。10代~20代前半にかけては、お化粧も濃い目でマスカラをしっかりと塗っていたので、楽にしっかり落とせることを一番重視していました。なのでオイルクレンジングはとても楽でした。小鼻の毛穴ケアも一緒に出来ていたように感じます。ですがとても乾燥していたのも事実。ダブル洗顔をしていたのでとても突っ張っていたのを覚えています。

20代後半になると、夜遊びも早めに切り上げるようになりお肌に時間をかける余裕も出てきました。使っていたクレンジングはミルククレンジングです。ちょうどミルククレンジングが流行りだした頃でした。お化粧も10代の頃ほど濃くなかったので、それなりに落ちましたが、目元は残りがちでした。特に目じりに残っていて、これをきちんと落とさないと色素沈着の原因になります。

なので、最初にポイントリムーバーで目元だけ落として、ミルククレンジングを使うという流れでした。さっぱり感には欠けますが、確かにお肌には優しいです。オイルの時のような突っ張りがありませんでした。

そして30代になり、子育てに追われるとポイントリムーバーがとても億劫に感じ、年齢の事も考えクリームクレンジングを使ってみることに。お肌に負担がかかりにくく、洗浄力も高くないのでマッサージも出来てちょうどいいかなと思っていましたが、これまた目じりに落としきれないメイクが残るので、やっぱりポイントリムーバーは必要でした。クレンジングクリームの使用感としては、ダブル洗顔をしても乾燥をあまり感じなかったのでとてもお勧めです。

しかし、どうしても1つのクレンジングで済ませたかった私は、ジェルタイプを試してみることに。ドラックストアに売っている、温まるタイプのジェルクレンジングを使いましたが、これが夏場とても良かったです。乾燥肌にジェルクレンジングは刺激が強いかと思いましたが、夏場だったせいかさっぱりとして、汗でドロドロしたメイクがしっかりと落ちているように実感しました。冬場はとても乾燥しそうですが夏は意外と乾燥肌でもお勧めです。

30代半ばになり、少し育児も落ち着いてきたので、改めてクレンジングを見直しています。

今年は夏場はホットタイプのジェルを使って、冬場はクレンジングクリームを使うことにしました。アイメイクをフィルムタイプのマスカラに変えたのでまずは指にお湯を少しつけてマスカラだけ落として、その後クレンジングクリームを使います。すると目元も残らず落ちました。それでも落ちないメイクの時は、お風呂上りに目じりだけチェックしてポイントリムーバーを使います。

クレンジングは無くなる度にどうしようかな、変えようかなと悩むのですが、季節ごとに合ったものに変えるのが、一番しっくりきました。各メーカーによって使用感は全然違うので、サンプルやトライアルキットで試してみるのが良いですよ。スキンケアって落とす所から始まるので、奥が深いですね。固定概念にとらわれず、季節ごとに色々試してみることをお勧めします。

1.マイルドジェルクレンジング

無印マイルドジェルクレンジングです。値段が千円以下のプチプラです。

ジェルクレンジングは皮膚への当たりが柔らかく肌に優しいのでニキビ肌の人にも使いやすいクレンジングです。

アルコールフリーなのでしみる心配もありません。柑橘系の爽やかな香りにも癒されます。

プチプラですが、出来ているニキビが悪化したり敏感肌に使っても肌荒れを起こしたりしないので肌の弱い人にもおすすめです。

特徴

前々から気になっていたものの、利用したことがなかった無印良品のマイルドジェルクレンジング!今回初めて購入して使用してみました。

口コミでは、なかなか評価が高いアイテムです。ちなみに無印良品ではオイルタイプも取り扱っています。

ジェルタイプとオイルタイプ、どちらもよさそうな感じがあったのですが、今までジェルタイプをあまり使ったことがなかったので、試してみようと思いジェルタイプを選びました。

どうやら、ジェルタイプはニキビなどの肌トラブルが気になる場合におすすめなようです。

最近、洗顔の仕方が悪いのか、それとも生活が乱れているせいか、ニキビができやすくなってきました。

このジェルクレンジングはニキビが気になる時に使うと良いらしいので、まさにぴったりだなと思いました。容量は3種類。携帯用に便利な30g、普段使いにピッタリな120g、大きめの200gがあります。お試しなら30gか120gが良いかもしれませんね。

価格は30gは290円ととってもお手頃!120gは590円、大容量の200gでも750円なので、手が伸ばしやすい価格となっています。

実際に使ってみると、香りがとても良いことに気が付きます。柑橘系の香りが広がり、顔全体に塗っているとリラックスする感じがありました。

また塗れた手でも使えるので、お風呂場で使用することも可能です。一度手で馴染ませてから顔全体に伸ばすと、広げやすいかなという気がします。

水で洗い流した後、とってもすっきりした感覚が残りました。アイメイクなども、今まで使用していたクレンジングだと少し残ってしまうこともあったのですが、こちらの商品は全然そんなことがありません。軽くなじませるだけでするんと落ちているので驚きです。

しかし、ちょっと肌が突っ張る感じもあります。

ニキビケア用のクレンジングや洗顔料って、ちょっと洗浄力が強い面がありますよね。乾燥肌の人は少し気を付けた方が良いかもしれません。

それでも、このすっきり感と香りの良さ、価格のお手ごろさはとても魅力的に感じました。

120gはやはり早々に使い切ってしまいそうな予感がするので、次購入する際は大容量の200gにしたいかなと思いました。

インターネットにあった使用者の口コミとしては、やはり香りと洗浄力の良さが魅力に感じている人が多いようです。アイメイクがしっかり落ちてくれるという口コミも目にしました。

簡単にするんと落ちてくれる感じがあるので、その点を気に入っている人が多いみたいですね!

私もすっかり気に入ってしまいました。

以前使用していたクレンジングは本当に落ちたのかな?と思ってしまうことがよくありました。ちゃんと馴染ませているつもりなのに、一度だけではなんとなくアイライン部分がまだ残っていたりすることもありました。

一度でしっかり落ちるのはストレスフリーで良いですね!濡れたままの手で使用できるので、入浴時に小鼻の黒ずみケアにも使っている方もいるようです。
ただ、洗浄力がしっかりめなので、気になる場合は、無印良品のマイルドミルククレンジングやマイルドクリームクレンジングにシフトしてみた方が良いかもしれません。

マイルドジェルクレンジングよりも潤いを残した感じになるようです。香りも良く、コストパフォーマンスも良い無印のクレンジングはとっても使えるアイテムなので、一度試してみてはいかがでしょうか。

口コミ

低価格で品質も良い無印良品のスキンケアアイテムは口コミもかなり高めですよね。中でも、クレンジングはいくつか種類があり、どれが自分に合っているのかと迷ってしまう人もいるのではないでしょうか。

実際に無印良品のクレンジングアイテムを2種類使用してみたので、今回はこの体験を元にそれぞれのメリットとデメリットをお伝えしていきたいと思います!

私が試してみたクレンジングアイテムは「マイルドジェルクレンジング」と「マイルドクリームクレンジング」です。どちらも濡れたままの手で使用できるアイテムなので、使い勝手がいいところが魅力の一つでもあります。

また容量サイズはどちらも大容量サイズと携帯用もあるので、シーンに合わせて購入することも可能です。ただ、この二つは無印良品のクレンジングアイテムの中では反対の魅力を持っているので、どちらを選べばいいのか分からないと感じている人もいるのではないでしょうか?
それでは、それぞれのアイテムについて見ていきましょう。

マイルドジェルクレンジング

こちらはジェルタイプのクレンジングで、しっかりとメイクを落としてくれるところが魅力的です!一回でかなりするんと落ちるので、さっぱりとした感じがあります。汗をかいた時などはこのさっぱり感が心地よく感じます。特にこのアイテムの魅力は柑橘系の香りでしょう。洗っている時から柑橘系の良い香りがするので、とても癒されます。

デメリットとしては、洗浄力が強いので、肌が弱い方にはちょっと効果が強いという点です。私は肌は強い方なのですが、しばらく継続して使用していたところ洗い終わった後にツッパリ感を感じるようになりました。なので、すぐに化粧水等で肌をケアするようにしていました。洗浄力が強いから、さっぱり感もあり、ニキビなどの吹き出物は全く出ませんでしたが、効果が強いので洗った後の感覚が気になりました。

マイルドクリームクレンジング

ジェルタイプではなくクリームタイプのクレンジングは肌が敏感な人にオススメです。洗浄力はジェルタイプよりも優しいので、洗い終わった後肌が突っ張るという感覚はありません。しっとりとした感じが得られるので、乾燥しがちな季節にもおすすめです。

こちらもしばらく使用してみましたが、ジェルタイプのさっぱり感はないものの、洗い終わった後も肌がしっとりとしているので肌をケアする必要がなくなりました。ただ、一回では落としきれないので、ちゃんと落ちているのかなと不安な部分が大きいです。ジェルクレンジングでぱぱっと済ませることに慣れていたため、じっくり馴染ませて落とすこちらのクリームクレンジングは時間がかかるなという感覚にも陥りました。

また、手が濡れていても使用できるとありますが、濡れていると少し洗浄力が弱まる感じがあります。きちんと手は拭いてから落とした方が良いですよ。

両方を試してみた結果、乾燥が気になる時期はマイルドクリームクレンジングを使用し、汗をかきやすい時期、肌荒れが気になる時はしっかりタイプのマイルドジェルクレンジングを使用した方が良いなと感じました。

ただ、時間を掛けずにパパっとメイクを落としたい人はジェルタイプの方がいいように思います。一回でしっかり落ちるのでとっても楽です。

肌質によってそれぞれを使い分けたり、目的に合わせて使い分けた方がいいということが分かりました。今回試した他にもオイルタイプやミルクタイプもありますが、ミルクタイプはマイルドな仕上がりでオイルタイプがしっかりめとなっています。様々な種類がありどれを選べばいいのか困った時には今回の記事を参考に選んでみてくださいね。

<<Amazon>>

2.プリュ アミノ モイスチュア クレンジングジェル

毎日メイクをきちんと落とせていますか。落としているつもりでも、落ちているのは肌表面のメイクだけ、毛穴の奥にはメイクが残っている可能性があります。残ったメイクが肌に影響を与えることも。

毛穴の奥のメイクまですっきりと、そんなクレンジングジェルが「プリュ アミノ モイスチュア クレンジングジェル」です。蒟蒻ボールが入ったジェルでころころ洗うクレンジングです。

毛穴の奥までメイクオフ

アミノ モイスチュア クレンジングジェルは透明のジェルタイプのクレンジングで、ジェルの中には蒟蒻ボール(マンナンスクラブ)が配合されています。

スクラブというと肌を傷つけそうですが、マンナンスクラブはスクラブとしての固さを残した中心部分の周りを、弾力性がある外皮が包み込む2層構造をしているので、肌を傷つけにくく優しい使い心地です。

外皮は水分を吸って膨張をして圧力を加えると形状が変わるので、大小さまざまな形状の毛穴に対応をします。

メイクをしっかりと落とすために、一般的には石油系界面活性剤を使用します。しかし、石油系界面活性剤はクレンジング力が強いため肌を傷めてしまうことが。そのため、アミノ モイスチュア クレンジングジェルは石油系界面活性剤は不使用です。肌なじみがよい8種類のアミノ酸を配合。アミノ酸は油分とも水分ともなじみがよいので、肌のすき間まで入り込んでメイクをふわっと浮き上がらせてスルッと落とすことができます。

99.6%は美容液成分です。まるで美容液のようなクレンジングです。セラミド、スクワラン、ヒアルロン酸など14種類の美容成分配合なので、洗い上がりはしっとりぷにゅぷにゅです。グレープフルーツ果皮油配合でスッキリとした香りがします。

合成香料、ミネラルオイル、着色料、アルコール、石油系界面活性剤は不使用です。ミネラルオイル不使用なのでマツエクでも使うことができます。

使い方

手のひらに2プッシュほど取り出します。濡れた手でも使用できます。メイクとなじませるようにくるくるとマッサージをして、最後によく洗い流しをします。マンナンスクラブを転がすイメージで洗うことがポイントです。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • ほんのり白い透明っぽい感じのあるクレンジングジェルです。柑橘類の香りが広がって癒されます。ほんのりとコロコロとしたスクラブを感じます。メイクとあっという間になじんでオフできました。ツッパリ感がないので快適にメイクオフできます。
  • メイクとなじんで簡単に落とせます。ウォータープルーフでお湯で落とせる系のメイクも、スクラブが入っているからなのか快適にするっと落とせました。洗い上がりはさっぱりするけれどつっぱりことはなく、しっとり感が残っていて快適です。メイクオフの時間が楽しくなりました。これからも使い続けたいクレンジングです。

メイクを落としているつもりでも、毛穴の奥にはまだ残っている可能性があります。毛穴の奥までメイクをオフ、そんなクレンジングがアミノモイスチュアクレンジングジェルです。

弾力のある蒟蒻ボール配合で、コロコロとマッサージしながら洗うことが特徴です。なじみがよいアミノ酸と蒟蒻ボール配合だから、するっとオフ。優しい使い心地を求めている、簡単にメイクオフしたい、そんな方におすすめです。

<<楽天>>

 

3.ルルルンのクレンジングジェル

メイクはほぼ毎日するもの。だから、クレンジングも毎日行います。

毎日行うものだからこそ、肌に優しくて気持ちよくメイクオフできればいいと思いませんか。汚れは落としても潤いは守る優しさと使い心地を考えたクレンジングが「ルルルンのクレンジングジェル」です。洗い上がりはさっぱり、つるつるです。

3つのポイント

①みずみずしいテクスチャー

オイルフリーのジェル状クレンジングです。オイルフリーだからマツエクをしていても使えます。美容液のようなみずみずしいテクスチャーをしています。さっぱりした使い心地でメイクを落とします。

②ぷるぷるなジェル

メイクオフ成分が肌に直接触れると、肌の潤いが必要以上に奪われてしまって、クレンジング後に肌がガビガビになる心配があります。しっかりメイクを落としても潤いは守ることが美肌の秘訣です。

ルルルン クレンジングジェルは、メイクオフ成分をゲルで包むマイクロ構造を採用しています。メイクオフ成分が直接肌に触れることがありません。

また、肌にのせたときにはぷるぷるなジェルなので肌との摩擦を軽減してくれます。

③美容成分配合

厳選した美容成分を配合しています。進化型パパイヤ酵素は青パパイヤから抽出した成分です。古い角質を柔らかくして優しく落とします。

アースマリンウォーターは、フランスのノワールムティエ島の海底から湧くミネラル豊富な海水のことです。ハリのある肌をサポートします。ミニポリルは赤クローバーから抽出した成分です。メイク汚れを除去して毛穴を目立ちにくくします。

美容成分配合だから、洗い上がりはつるんと滑らかです。

使い方

適量を手に取りだします。使用量が少ないとクレンジング時に摩擦が生まれて肌の負担が増えるので、十分な量を使用してください。

ジェルを顔に広げてクルクルとマッサージをするようにメイクとなじませます。小鼻の周りなど汚れがたまりやすい部位は、特に丁寧に洗います。

少量の水かぬるま湯となじませてから、十分に洗い流しをします。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • ルルルンのフェイスマスクを愛用していて、クレンジングも使ってみました。容器は大きすぎず小さすぎず、お風呂場に置くのにちょうどよいサイズです。優しくなでるだけでメイクがスルスルと落ちました。洗い終わってからは、肌が滑らかでつるつるです。
  • みずみずしいぷるんとしたジェルです。ぷるぷるしたジェルがスッと伸びます。アイライナーは落としにくいですが、ファンデーションは十分に落ちます。洗い上がりは一皮むけたように滑らかで明るくなります。マツエクにも使えてうれしいです。
  • ポンプ式の容器で片手でも使えて便利です。みずみずしいジェルで匂いなどなく、クセがない使い心地です。メイクとなじませるとあっという間にメイクがほどけて、ベースメイクを落とせました。アイシャドウやアイライナーも比較的落ちます。洗い流した後は、さっぱりツルツルな仕上がりで気持ちがよいです。

気持ちよくメイクオフしたい人におすすめのクレンジングが、ルルルンのクレンジングジェルです。みずみずしいジェルがメイクとなじんでメイクオフ。さっぱりツルツルな洗い心地です。クレンジングは毎日行うものなので、気持ちよく使いたいですね。

<<Amazon>>

4.オルビスのクレンジングジェル

メイクを落とすことはスキンケアの基本です。メイク汚れが残ってしまうと、くすみ、ニキビ、黒ずみ毛穴などさまざまな肌トラブルを引き起こす原因となります。

しっかり落とすことは大切だとはいっても、肌には潤いが必要です。

汚れを落としても、洗い上がりはしっとりもち肌なクレンジングが「オルビスのクレンジングジェル」です。

特徴

オルビスのクレンジングジェルは、濃密ぷるぷるなテクスチャーです。クレンジングをする際に肌に手が触れて摩擦が生まれると、摩擦のダメージで肌が傷ついてしまいます。けれどもぷるぷるジェルなら、強くこすらなくてもメイクオフが可能です。

メイクとなじみ始めると、とろけるような液状に変化をして、しっかりとしたメイクも浮き上がらせて落とします。

洗浄成分にはヤシ油由来の植物性洗浄成分を配合しています。油分、香料、着色料、アルコールは無添加、弱酸性です。

メイク落としの後に肌がつっぱることがありませんか。メイクと一緒に潤いも落としてしまうと、肌がつっぱることになります。

オルビスのクレンジングジェルには3つの保湿成分、ヒアルロン酸ナトリウム、マリンコラーゲン、ローヤルゼリーエキスが配合されています。保湿成分配合なので、洗い上がりはしっとりもち肌です。

さらに、グリチルリチン酸ジカリウム配合で肌を健やかに整えます。濡れた手でも使用できるので、お風呂での使用も楽です。

使い方

使用目安量はさくらんぼ1粒大です。使用量が少ないとクレンジングの際に摩擦が生まれて肌の負担になるので、適量を使うようにしてください。

ジェルを顔の上にのせてメイクとなじませ、よくなじんだら水またはぬるま湯で洗い流します。濡れた手でも使用可能、まつげエクステ対応テスト済みです。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • オイルクレンジングは肌への負担が大きいことを知り、よい商品がないか探していたときにこちらを見つけました。柔らかいジェルでするっとなじむところが気持ちよいです。ジェルでちゃんと落ちるのか不安でしたが、ちゃんと落ちています。洗い上がりはしっとりもちもち。パッケージがピンクでかわいいところも気に入っています。
  • このクレンジングに出会ってから、もう何本もリピートしています。ジェルなので使いやすいです。垂れてくることはありません。ファンデーションとなじんでいるのが見ていてわかります。マスカラをこってりつけているのですが、手で挟んでもむようにするとしっかり落ちます。毛穴に残っているかも、という不安が解消されました。
  • ジェルで洗っているときに気持ちよいです。ファンデーションが浮き上がってきて、しっかりと落としてくれます。濡れた手でも大丈夫なので、お風呂場で使えるところもよいです。オイルカットなのでニキビでも気になりません。しっとり気持ちよい洗い上がりです。

スキンケアの基本がクレンジングです。オルビスのクレンジングジェルは、ぷるぷるなジェルがメイクとなじんで液状に変化をして、しっかりメイクもオフしてくれるクレンジングです。ジェルが気持ちよいと洗い心地が好評です。そして、保湿成分配合なので洗い上がりはしっとりもちもちです。

しっかりメイクを落として肌トラブルを防ぎましょう。

<<Amazon>>

5.ナールスエークレンズ

理想のクレンジングとは、潤いを守りながら汚れを落とすこと、エイジングケアもできること、肌に優しいこと。この3つを満たしているクレンジングのことです。

理想的なクレンジングを目指して開発されたものが「ナールスエークレンズ」です。メイクとよく絡むから汚れがすっきり、なのに洗い上がりはしっとりなクレンジングです。乾燥や毛穴が気になる方におすすめします。

4つのポイント

①潤いは落とさず汚れは落とす

20代ころからセラミドや皮脂など肌が必要とするものが減少をし始めます。クレンジングで肌に必要なものまで落としてしまうと、肌にはダメージが。

ナールスエークレンズは、洗浄成分はアミノ酸系を配合しています。石けんよりも優しい洗浄力で、潤いは守りながらもメイク汚れを落とします。マツエクでも使用可能です。

②毛穴ケア

クレイ(海泥)を配合。クレイには汚れを吸着する性質があり、毛穴にたまった汚れをすっきりオフ。黒ずみ毛穴をサポートします。

さらに、アーチティーク葉エキスも配合。開いた毛穴やたるみ毛穴に働きかけて、毛穴の目立たない肌へと導きます。

③エイジングケア

メイク汚れやストレスなどは老化の原因の活性酸素を発生させます。活性酸素のダメージでシワ、たるみ、くすみ、シミなどの肌トラブルに。ナールスエークレンズは活性酸素対策のためにナノサイズの金を配合しています。

一般的な抗酸化物質は一度役割を果たすと再度抗酸化作用を発揮しません。一方、金の場合は抗酸化作用が半永久的に続きます。活性酸素を除去してエイジングケアをサポートします。

④肌にうれしい成分、10の無添加

バリア機能をサポートするグルコシルセラミド、ユズ果実エキス、肌荒れを防ぐシソ葉エキス、カワラヨモギ花エキスを配合しています。エイジングケアに不要なものは極力排除した10の無添加です。

使い方

さくらんぼ大を乾いてた手にとり、顔全体に広げてメイクとなじませます。メイクとなじんだら、水またはぬるま湯で洗い流します。W洗顔は不要です。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 粘り気のあるジェル状のクレンジングです。マツエクでも使えるところがうれしいです。肌が弱い方なのですが10の無添加なので安心して使えます。クルクルマッサージをしているとメイクと素早くなじみ、しっかりと落とせました。W洗顔不要なのはうれしいけれどしっかり落とせることは不安だったのですが、きちんと落とせています。
  • クレンジングが肌を傷めると知っていたので、エイジングケアまでできるこちらのクレンジングを使ってみました。柔らかいジェルで色は薄いピンク、匂いは気になりません。一度のクレンジングでファンデーションも口紅も落ちました。洗い上がりはほんのりと潤いがあります。ときどき肌が不調になってしまうのですが、ヒリヒリすることなく使えています。

潤いを守りながら落とす、エイジングケアもサポートする、こんな理想を叶えてくれるクレンジングが、ナールスエークレンズです。粘り気のある柔らかなジェルがメイクと絡んで汚れをすっきり。アミノ酸系洗浄成分だから潤いを守りながら汚れを落とします。乾燥肌や毛穴の汚れが気になる方におすすめです。

6.デュプレールのクレンジングジェル

クレンジングは意外と肌に負担をかけています。まるで美容液のよう、潤いを守りながら汚れを落とすクレンジングが「デュプレールのクレンジングジェル」です。

クレンジング後に肌がつっぱる、汚れをしっかり落としたい、毛穴の汚れもすっきりさせたい、こんな方におすすめです。

高保湿クレンジング

肌には天然保湿因子、細胞間脂質、皮脂などの潤い成分が存在しています。ところが、クレンジングをするとメイク汚れだけでなく肌の潤いも奪ってしまうことが。洗浄力が強いほど肌の潤いは失われてしまい、クレンジング後は肌がつっぱることになります。

デュプレールのクレンジングジェルは、保湿成分のコラーゲンとセラミドを配合したメイク落としです。

コラーゲンは肌がぷるぷるなイメージがあるかもしれませんが、化粧品に配合されているコラーゲンは肌の奥には浸透せず、肌表面にとどまって潤いを守ってくれます。セラミドは肌の潤いを保つ細胞間脂質の50%ほどを構成している成分です。潤いを守ったり、肌の水分蒸発を防ぐ役割を持つバリア機能をサポートする働きがあります。

ジェルタイプなので肌にピッタリと密着。アイメイクもすっきり、毛穴の汚れも落とします。美容液のような使い心地で洗い上がりは肌がしっとりと。W洗顔は不要です。

ユズ、ライム、レモンなど18種類の植物成分を配合しているので柑橘系の香りがします。ふわーっと香りが広がってクレンジングが楽しくなることでしょう。

使い方

使用目安量は5プッシュです。使用量が少ないとクレンジング時に肌をこすって肌の負担になるので、適量を使うように守ってください。くるくるとマッサージをするようにメイクとなじませてから、水またはぬるま湯で洗い流します。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 柑橘系のとってもよい香りがします。オイルフリーなのでマツエクでも安心して使えます。濃いアイメイクをするので目元をゴシゴシこすってしまうのですが、こするとシワの原因になります。このクレンジングは優しくメイク落としをしてくれます。毎日のクレンジングが楽しくなりました。
  • ジェルタイプのクレンジングは始めて使うのですが、優しく包み込んでくれるような使用感と柑橘系の香りが気に入っています。洗顔後は肌がしっとりとして、急いで化粧水をつけることがなくなりました。コラーゲンやセラミドが入っているので肌がぷるぷるです。W洗顔が不要なので楽です。
  • とろりとした手ざわりのジェルです。自然なフルーツの香りでいい感じ、癒されます。美容成分を配合していることには期待していなかったのですが、汚れを落としても洗い上がりはしっとりとしていて期待以上でした。すぐに化粧水を使わなくても大丈夫なくらい潤っています。

デュプレールのクレンジングジェルは、洗顔後は肌がしっとり、急いで化粧水をつけなくても大丈夫など好評です。

クレンジング後に肌がつっぱる、急いで化粧水をつけないといけないという方でも、しっとりもっちりな洗い上がりが体験できることでしょう。Wクレンジング不要なので毎日の洗顔は楽になります。また、Wクレンジングをやめることで肌の負担も軽減します。

<<Amazon>>

7.ポアクリアの角栓クリーナージェル

角栓つまり、デコボコ毛穴、黒ずみ毛穴、皮脂によるテカリ・崩れ。こんな悩みを抱えていませんか。イチゴ鼻って目立ってしまいますよね。

イチゴ鼻に悩む人におすすめのクレンジングが「ポアクリアの角栓クリーナージェル」です。温感ジェルが毛穴の悩みにアプローチします。

毛穴をケアする3つのポイント

①温感ジェルで角栓をどろっと

透き通ったオレンジ色をしたジェルタイプのクレンジングです。マッサージをするように使うと温感作用でぽかぽかと。

洗浄力を発揮するオレンジ油と、毛穴をかき出す大小2種類の炭スクラブを配合。オレンジ油が角栓を柔らかくし、炭スクラブの力が角栓をかき出します。

②汚れを吸着

ガスールとは天然の粘土鉱物のことです。吸着力に優れ、毛穴の黒ずみを吸着してすっきりさせます。頑固な汚れにもアプローチをします。また、ミネラルが豊富なのでクレンジング後の肌の潤いを守ります。

③キュッと引き締まった肌に

汚れを取り去っても引き締めをしなければぽっかり開いたまま。

ポアクリア 角栓クリーナージェルは、毛穴引き締め成分のハマメリスエキスとアーチチョーク葉エキスを配合、開いた毛穴をケアします。さらに、プラセンタとナノコラーゲンで潤いケアも。潤いのある肌はふっくら毛穴も目立ちにくくなります。

だから毛穴の汚れもごっそり。つるんと滑らかな肌へと導きます。

使い方

メイクをしている場合はクレンジング後に使用をします。指先に適量を取り、乾いた肌にのせてくるくると30秒ほどっマッサージをします。強くこすらないように気をつけてください。よくなじんだら水またはぬるま湯で洗い流します。特に毛穴の汚れが気になりときには、洗顔後に使用することをおすすめします。

使用頻度は週に2~3回が目安です。使用後には保湿ケアを行います。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • とろっと粘り気のあるテクスチャーです。温かさをじんわりと感じられます。熱くはなく心地よい使用感です。粘りがあるテクスチャーですが、水ですっきりとオフです。パックタイプの毛穴ケア商品を使ったら毛穴がぱっくりしてがっかりしたことがあるのですが、こちらはそういったことがなくキュッと引き締まりました。
  • このジェルで洗った後に毛穴パックをするときれいになります。頑固な汚れに毛穴パックを使っても効果が発揮されなかったのですが、ジェルを使ってからパックをすると違います。たくさん取れて感動しました。1本使い切ったころには毛穴がきれいになってきました。
  • 角栓がつまって大きくなった毛穴があったのですが、これを使ったら小さくなってきました。そして、角栓がほぼできない状態に。今までいろいろやってきたけれど、なかなか角栓がなくならないんです。しかし、こちらは初回から手ごたえが。角栓がぽろんと取れてくることがわかります。使い続けてもっときれいな毛穴を目指したいです。

イチゴ鼻はメイクで隠しにくいし、洗顔をしても汚れが落ちにくいですよね。そんな厄介なイチゴ鼻に悩む方におすすめが、ポアクリア 角栓クリーナージェルです。

温感作用のあるジェルでマッサージするように洗って洗い流すとすっきりと。つるつる滑らかな肌へと導くクレンジングです。

<<Amazon>>

8.ホワイトラベルの贅沢プラセンタのもっちり白肌クレンジングジェル

クレンジングオイルは落ちがよいですが、肌への負担が気になります。毎日のクレンジングが肌に負担をかけているかもしれません。マツエクをしていても使いたい、濡れた手で使いたい、洗いあがりがつっぱる、クレンジングのこんな悩みを抱えていませんか。

クレンジングの悩みを抱えている方におすすめが「ホワイトラベルの贅沢プラセンタのもっちり白肌クレンジングジェル」です。100%オイルフリー、なのにするんと気持ちいい、洗い上がりしっとりなクレンジングです。

おすすめポイント

ぷるぷるしたジェル状のクレンジングです。ぷるぷるジェルで軽くマッサージをすれば、ファンデやマスカラがするっと。濡れた手でも使えるし、オイルフリーなのでマツエクに使えます。また、ジェルなのでオイルのようにたれてくることがありません。

国産100%プラセンタエキス、ヒアルロン酸、コラーゲンを配合。洗い上がりはもちもち肌に。

プラセンタとは胎盤のことで、胎盤を通して赤ちゃんは栄養をもらっています。プラセンタにはアミノ酸、脂質、ビタミン、ミネラルなどが含まれています。ホワイトラベルが使用しているのは、品質と安全にこだわった国産プラセンタです。プラセンタは肌なじみがよいのでべたつきが気になりません。

オイル、アルコール、パラベンは無添加です。

使い方

手のひらにサクランボ大を取り出し、円を描くようにメイクとなじませます。指が軽く動くようになったらメイクとなじんだサインです。水またはぬるま湯で洗い流します。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • ジェルとしては固めのテクスチャーです。それでも伸びがよいので、強くこすりすぎることがなく、肌に負担をかけずに洗えると思います。ジェルをくるくるとなじませると、メイクをふわっと浮かせてくれました。洗い上がりはしっとりとしていて、透明感がでたように感じます。肌荒れはなく、私にあっているクレンジングでした。
  • 濃いマスカラもジェルだけで落ちるとは驚きました。これまでオイルのヌルヌルを無理やり落としていたのですが、このクレンジングジェルはべたつきません。それなのにつっぱり感がありません。使用感が抜群で、さっぱりクレンジングできることがうれしいです。
  • 使って驚いたことがウォータープルーフのマスカラが落ちたことです。ノンオイルなのにしっかり落ちています。洗い流すとべたべたせずしっとり感が残っていて、肌の負担が少ないように感じます。そして、濡れた手でも使えることがうれしいです。お風呂でクレンジングをしているので、濡れた手でも使えると楽です。
  • 濃いアイメイクはクレンジングオイルでないと残ってしまっていたけれど、このジェルはきれいに落としてくれました。ぬるつかずすっきりします。ジェルは落ちにくいイメージがあったのでビックリしました。メイクはよく落ちているけれどつっぱりません。無添加なので肌負担が少ないように感じます。

濡れた手で使いたい、クレンジング後に肌がつっぱり、マツエクにも使いたい、こんなクレンジングの悩みを抱えている方におすすめが、贅沢プラセンタのもっちり白肌クレンジングジェルです。

国産プラセンタ、ヒアルロン酸、コラーゲンを配合したオイルフリーのジェルが、メイクとするっとなじんで優しく洗いあげます。

<<Amazon>>

9.パーフェクトCのクレンジング&洗顔ジェル

クレンジングもケアも1本でできたらうれしいと思いませんか。汚れを落としながらケアをすればぷるぷるな肌に。

そんなクレンジングが「パーフェクトCのクレンジング&洗顔ジェル」です。ビタミンカクテルと7種のコラーゲンを配合したクレンジングが、汚れを落とすとともに肌をケアします。

ビタミンカクテル&7種のコラーゲン配合

これ1本でクレンジング・洗顔・角質ケア・コラーゲン、4つの機能を持つクレンジング剤です。

手に取り出すとジェルような見た目なのですが、メイクとなじませた後にぬるま湯を加えると泡立ちます。もこもこの泡が角質ケアをすると同時に、ビタミンやコラーゲンを肌に届けます。

配合しているビタミンは9種類です。中でもこだわっているものがビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体は肌に浸透をしてから酵素によって肌で働く形に変換されます。パーフェクトCクレンジング&洗顔ジェルが配合しているビタミンC誘導体は変換率の高いものです。ビタミンC誘導体は、コラーゲンの生成を助けたり、皮脂の分泌を抑制するなどの働きが期待できます。

コラーゲンは贅沢に7種類配合をしています。肌表面や肌の内側など、それぞれ働く場所が違う7種のコラーゲンです。

洗い上がりはもっちり、しっとり。つっぱり感を防ぎながら優しく洗いあげます。パラベン・アルコール・鉱物油・合成着色料・香料は無添加です。植物性の界面活性剤を使用しています。

使い方

顔が濡れた状態で使用をしてください。

手のひらに2~4プッシュを取り出し、顔全体に広げてメイクとなじませます。ジェルが密着してメイクを浮かせます。メイクとよくなじんだらお湯を加えて泡立てます。

泡で洗った後に水またはぬるま湯で洗い流します。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • とってもみずみずしいテクスチャーで、数秒こするだけでメイクが浮き上がってきました。お湯を加えると泡立ち、すっきりと洗い流せます。洗い流した後はしっとりしていて、潤いを感じられたので満足しています。濡れた手でも使えるところもうれしいです。
  • 濡れた手でくるくるするだけでどんどん泡が生まれてきます。ぷるぷるジェルから生まれる泡で楽しくクレンジングできました。一番うれしいことは洗い上がりの肌がぷるぷるなことです。美容成分たっぷりの泡が肌に潤いを与えてくれるようです。とっても好きなクレンジングです。
  • 1本で4つの機能がある多機能クレンジングジェルです。とろーっとしたジェルが肌に密着をして、メイク汚れを絡めとるように浮き上がらせてくれます。ぬるま湯を加えるともこもこの泡に変化をします。美容成分たっぷり入っていることを感じられる滑らかな泡ですっきりと洗いあがりました。つっぱり感はなくぷるぷるです。パラベンやアルコールなど無添加なので安心して使用できました。

クレンジングもケアも叶えてくれるクレンジング剤が、パーフェクトCクレンジング&洗顔ジェルです。

ジェルを肌の上でくるくるするとメイクとなじみ、お湯を加えれば泡に変わってすっきり汚れがオフ。美容成分を配合しているので、クレンジングしながらケアを叶えてくれて、洗い上がりはしっとり肌に。

クレンジング後の肌触りを体験してみませんか。

クレンジング後の肌ケア

クレンジングをした後、お風呂に入るときにポイントがあります!

洗顔フォームをしっかりツノが立つくらい泡だてて顔をマッサージした後に、その泡を顔全体に乗せて5分ほど放置します。そうすることで毛穴の奥から汚れがしっかり落ちてくれます。毛穴の汚れがしっかり落ちれば、肌のトラブルも減ります。それだけでなく、毛穴も小さく引き締まっていきます。

更にその後肌の手入れは続きます。

スキンケアでの手入れです。

マスクパックで週に何度かパックするだけでも肌の潤いはかなり違ってきます。

『おすすめは炭酸パックです!』

炭酸水を美容として洗顔するなら、炭酸美容の方が効果抜群でコスパ最強

普段は化粧水、美容液、乳液のこの順番で3点をしっかり肌に染み込ませるだけでも充分です。

クリームは乳液と同様に油分が入っているので、乾燥肌の人は乳液の後にクリームで更に保湿することをお勧めします。オイリー肌の人は最後に乳液かクリームかどちらか片方だけにしましょう。クレンジングとスキンケアを日頃からきちんとしていれば肌は潤いを保ち、肌のトラブルを防ぐことが出来ます。

そうすれば毎日朝起きた時から鏡を見ても、肌の調子でその日の気分が左右されません。

毎日が化粧ノリ良く、幸せな気分で楽しく過ごす事が出来ます。

関連記事:

30代,40代におすすめ!プチプラで人気のオールインワンゲルランキング

【安いのに保湿効果抜群でコスパ最高!?】人気化粧水ランキング

私自身も、肌の手入れをキチンとするようになってから肌も綺麗になり毎日が楽しくなりました。自分に自信が持てるようになり、何事にも積極的になれるようになったのです。

肌は自分を左右するといえます。肌に自信を持つ事で、人との付き合いに関しても積極的になれます。もちろん恋愛に関しても同様、肌が綺麗になれば自信をもって相手の顔をじっと見つめる事が出来ます。女性にとって何より大切な肌、今からすぐに自分の手入れ方法を見直してください。きちんてした手入れをして、明日から幸せで楽しい1日を手に入れましょう。

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
・美容家による今年一番のおすすめスキンケアです。
SK-Ⅱや資生堂ホワイトルーセントを使っている女性たちも絶賛!今年一番おすすめしたいオルビスユーのスキンケアの特徴・比較・口コミ←クリック
・ファッショニスタによる今月一番おすすめしたい服装です。
【今月の女性の服装】大人レディースファッションコーデ2020←クリック