30代のポーチの中身におすすめ!保湿系のメイク直しコスメアイテム10選

お出かけ先やオフィスでのメイク直し、どうしていますか?

「ベースメイクが皮脂でヨレてしまう」

「午後になるとテカってくる」

「眉尻や目尻が消えてしまう」

こんな悩みを抱えている方、多いのではないでしょうか?

少しでもベースメイクがヨレていたりテカったりしているだけで、不潔に見えてしまいます。特に大人の女性は、清潔感を常に持っていたいですよね。ですが、メイクが崩れてしまった時、何を使ったらいいのかわからない人も多いと思います。

そこで今回は、メイク直しのやり方と、ポーチに入れておきたいお直しに最適なコスメを紹介していきます。

メイク直しのやり方

まず、メイク直しの方法を手順にそって紹介していきます。

①ベースメイク

ポイントメイクよりも先に、ベースメイクから直していきましょう。

「ちゃんとしてる感」や清潔感を保つためには、ベースメイクのお直しは一番重要なポイントです。

ステップ1:ベースメイクをリセットする

まずは毛穴落ちをしていたり、ヨレたりしているベースメイクを整えていきます。

ここでのポイントは、ヨレている箇所にいきなりファンデーションを塗り重ねないことです。なぜなら、ヨレている箇所に追加でファンデーションを重ねていくとテカリも取れませんし、さらにヨレやすくなってしまうからです。

まずはミストをたっぷりめに吹きかけて、ティッシュや使い捨てのスポンジなどでなじませ、余分な皮脂や浮いてしまったファンデーションを落としていきます。

100円ショップでは、使い捨てするのに適したスポンジが販売されているので、ポーチに一つ入れておく習慣をつけましょう。

皮脂を取りすぎると逆に皮脂が出やすくなってしまうので、あぶらとり紙を使うのはNGです!ミストで足りない潤いと油分を取り入れつつ、土台を整えていきましょう。

ステップ2:保湿

季節を問わずエアコンの風にさらされているお肌は、知らず知らずのうちにかなり乾燥しています。皮脂でテカってしまう事と乾燥してしまうことは対極に思えますが、実はテカリの原因は乾燥にあるのです。

メイク直しの際に適切な方法で保湿をしておけば、肌に「もう皮脂はいらないよ!」と教えることができるので、結果的にはテカりにくくなります。

ステップ1でミストをかけた肌は、いわば化粧水で潤っている状態。そのままでは乾燥してしまうので、持ち歩きのしやすい保湿スティックやバームなどを使って、目の下や口角などの良く動く部分にポンポンとのせて保湿しましょう♪

ステップ3:カバー

肌の表面が整ったら、カバーしていきます。

この時にファンデーションを使うとついつい量を使いすぎてしまい、後々ヨレやすくなってしまうので、コンシーラーを使ってカバーしていきましょう

コンシーラーにも様々なタイプがありますが、色むらやくすみをカバーできるように、2色以上のコンシーラーが入っているパレットがおすすめです。

目の下の三角ゾーン・鼻・口角が整っているだけで肌全体がきれいに見えるので、重点的にカバーしていきます。

ステップ4:パウダー

カバーし終わったら、パウダーでおさえていきます。

パウダーにはメイク持ちをアップさせる効果がありますが、それに加えて、くすみを飛ばす効果やハイライト効果も兼ね備えています。

メイク直しでハイライトを足すと、朝に使用した分も相まってギラギラとした印象になりやすくなってしまいます。そこで、少しツヤ感のあるパウダーを使用し、自然なツヤ感と透明感をプラスしていきましょう♪

②ポイントメイク

ベースメイクのお直しが完了したら、顔全体のバランスをチェックしながらアイメイク・リップメイクを直していきましょう。

ステップ5:アイメイクのヨレをリセットする

ベースメイクと同様に、アイメイクのヨレにそのままアイシャドウを重ねるとヨレやすくなってしまいます。ですので、下まぶたににじんだマスカラや、目尻の消えかかったアイラインをオフしていきましょう。

クレンジングリキッドを含ませてある綿棒を使用するのが便利です。下まぶたと目尻を重点的に、しっかりとヨレやにじみを直していきましょう。

ステップ6:アイメイクにラメをプラスする

アイメイクのヨレが整ったら、アイシャドウを足していきます。

朝は色鮮やかだったアイシャドウも、色によってはかなりくすんでしまいますよね。くすんでいる状態で朝使ったものと同じ色のアイシャドウを重ねても、結局きれいには発色しません。

ですので、目元のくすみが気になった時は、ラメだけを足してみてください♪

まぶたの黒目上から目頭にかけて、そして下まぶたのキワにラメを足すだけでくすみが飛び、パッと明るい印象になれます。単色のグリッターアイシャドウをポーチに入れておくと、かさばらないので便利です!

ステップ7:リップメイクを仕上げる

リップもベースメイクと同じように、保湿をしてから色を差しましょう。

グロスタイプでも、スティックタイプのリップクリームでも大丈夫です。ティント効果のあるものやプランプアップ効果のあるものなど、リップケアアイテムにはたくさんの種類があります。

夜までお直しができない人は、保湿のついでに血色感を仕込めるティントタイプを、唇に若々しさが欲しい人はプランプアップ効果のある商品を使うといいでしょう♪

朝使ったリップをポーチインするのを忘れてしまう日もあると思うので、どんなメイクにもマッチする、ベーシックなベージュカラーのリップを常にポーチに入れておくのもいいかもしれません。

ポーチに入れておきたいお直しコスメ10選

ここからは、実際にポーチインするのにおすすめなお直しコスメ10選を紹介していきます♪

①THREEのコンディショニングミストSQ2種セット

  • 香りによって気分転換、日中の気持ちの切り替えをスムーズにするとともに、メイクの上からひと吹きするだけでうるおい補給。
  • 商品タイプ:化粧水ミスト
  • 価格:4,500円+tax

こちらは2本セットの化粧水ミストです。天然由来成分が93%という嬉しい処方です!

さらに嬉しいことに、28mlの小さいスプレーでかさばらずとても軽いので、ポーチインして持ち歩くのに最適です。

化粧水だけでなくオイルも配合されているため、乾燥肌の方やエアコンがついている環境下でお仕事をしている方には特におすすめの商品です。

香りの違う2本がセットになっているので、気分によって使い分けもでき、リフレッシュ効果もあります。

⇒ホームページ:コンディショニングミストSQ

<<Amazon>>

②IPSAのザ・タイムRデイエッセンススティック

  • 日中のカサつく肌をひと塗りでなめらかに整える、みずみずしいスティック状美容液。
  • 商品タイプ:保湿スティック
  • 価格:2,900円+tax

片手に収まるサイズで、スタイリッシュな見た目のスティック状美容液です。

保湿スティックの中でもかなり柔らかいタイプの商品なので、肌にピタッと密着して、美容液成分がぐんぐんお肌に浸透していきます。

肌の表面を保湿するだけではなく、肌の内側からふっくらとするので、メイク直しに使うとふっくらとキメの整ったお肌になれます。

指に取らずに、肌に直接塗って使うときれいにのせることができますよ。

⇒ホームページ:ザ・タイムRデイエッセンススティック

<<Amazon>>

③Etvosのミネラルコンシーラーパレット

  • 天然ミネラルと植物由来オイルで出来たコンシーラーパレット。
  • 商品タイプ:コンシーラー
  • 価格:4,500円+tax

ナチュラルベージュ・オレンジベージュ・オークルベージュの3色が入ったコンシーラーパレットです。3色も入っているので、パーツによって使い分けることができます。

青グマにはオレンジベージュ、口角や目の下の三角ゾーンにはナチュラルベージュを使用するのがおすすめです。

ナチュラルな処方なので石鹸でオフできますし、美肌成分もたっぷり配合されているので、毎日使っているだけで肌ケアになります。

⇒ホームページ:ミネラルコンシーラーパレット

<<Amazon>>

④SUQQUのリタッチプレストパウダー01

  • ひと刷けが叶える洗練、清潔な光。極薄の艶のヴェールを持ち歩く。
  • 商品タイプ:プレストパウダー
  • 価格:6,500円+tax

メイク直しのために作られたプレストパウダーなので、商品の厚みがかなり薄く、ポーチインするのにぴったりです。

ホワイトの単色のパウダーと、ブルー系の4色のカラービーズが、絶妙なツヤ感でくすみを飛ばしてくれます。

カバー力があまりないタイプの商品で、多色のカラービーズが透明感だけをプラスしてくれるので、ナチュラルな仕上がりになります。

さらに、付属品とは思えない大きめのブラシが入っているので、外出先でもパパっとパウダーをのせることができます。

⇒ホームページ:リタッチプレストパウダー

<<Amazon>>

⑤Kissのメイクリタッチパレット01

  • 肌悩みをカバーしながら立体感のあるツヤ肌に。
  • 商品タイプ:マルチパレット
  • 価格:1,200円+tax

マルチバーム・コンシーラー・ハイライターの3つの機能が1つになった、まさにお直しに最適なパレットです。

「とにかくポーチの中身を減らしたい!」という方にはかなりおすすめの商品です。マルチバームは肌の保湿はもちろん、綿棒に含ませればアイメイクのヨレも直せちゃいます。

コンシーラーは本当に絶妙なオレンジカラーで、クマやくすみを簡単にカバーすることができます。

01番は02番に比べて明るめの仕上がりになるので、メイク直し用に購入される方には01番がおすすめです。

⇒ホームページ:メイクリタッチパレット

<<Amazon>>

⑥RMKのコットンスティック〈クレンジング〉

  • 片側にクレンジングローションを含ませた、メイクのリタッチに便利なコットンスティック。
  • 商品タイプ:クレンジング
  • 価格:500円+tax

片側にクレンジングローションを含ませ、もう片方が乾いているメイク直し用の綿棒です。

30本入っていて500円とかなりコスパもよく、個包装になっているため、毎日のポーチインにぴったりです。ウォータープルーフタイプのメイクも落とすことができ、かなり優秀なツールです。

⇒ホームページ:コットンスティック

<<Amazon>>

⑦LUNASOLのスタイリングアイゾーンコンパクト01

  • アイゾーンの立体感を追求して生まれた、5色セットのアイブロウパウダー。髪の色や仕上がりイメージに合わせて自在に色の調整ができます。
  • 商品タイプ:アイブロウパウダー
  • 価格:4,200円+tax

5色のアイブロウパウダーと、スクリューブラシやアイブロウブラシが入ったパレットです。

肌なじみのいい明るめのベージュカラーから、濃いブラウンまでのグラデーションになっています。

アイブロウのお直しにはもちろん、アイライナーやアイシャドウとしても使用することができ、ポーチインに最適なコスメです。小さいパレットにスクリューブラシまで入っている、超優秀お直しコスメです。

⇒ホームページ:スタイリングアイゾーンコンパクト

<<Amazon>>

⑧Diorのアディクトリップグロウオイル001

  • メイクアップ アーティストの新しいマストハブ。チェリーオイル配合のグロッシーケアティント オイルです。​
  • 商品タイプ:リップオイル
  • 価格:3,800円+tax

ディオールと言えば「リップマキシマイザー」は有名ですが、新たに発売されたのがこのリップオイルです。トリートメント効果があり、唇を保護しながらツヤを与えてくれます。

保湿効果だけでなくティント効果もあるので、時間がたつほどに、唇にナチュラルな血色感を与えてくれます。

001番は塗りたてはほとんど透明のような印象ですが、時間がたつと徐々に唇そのものの血色感をアップしてくれます。

リップ下地として、リップを塗った後のグロスとして、そしてこれ1本でも使える、ポーチインにぴったりの優秀なアイテムです。

⇒ホームページ:アディクトリップグロウオイル

<<Amazon>>

⑨FujikoのFPP Powder

  • 従来の頭皮の皮脂を吸収し、髪の毛をふんわりさせる効果と人気の香りはそのままに、保湿力と消臭力がパワーアップ。
  • 商品タイプ:マルチパウダー
  • 価格:1,800円+tax

今までになかった革新的な商品をたくさん販売しているFujikoの、髪のお直しに使えるアイテムです!

おでこのテカリが原因で、せっかくセットした前髪がぺったんこになってしまったり、生え際が脂っぽくなってしまう事、ありませんか?せっかくメイクを直しても、髪に清潔感が無かったら台無しです・・・!

この商品は、気になる箇所にポンポンとパウダーをのせるだけで、皮脂を吸収し、髪の毛をふんわりとした状態に戻してくれます。さらに、消臭効果もあるので、身だしなみとしてポーチに入れておきましょう。

⇒ホームページ:FPP Powder

<<Amazon>>

⑩THREEのポータブルミラー

  • 外出先でも、正確な色を映すミラーで顔の印象をチェック。
  • 商品タイプ:ミラー
  • 価格:4,700円+tax

外出先では、鏡のある場所でメイク直しができるとは限りません。ポーチには、必ず小さめのミラーを入れておきましょう。

このミラーは、特許を取得した透明度の高いガラスで作られたミラーで、色が正確見映し出されます。付属するレザーケースも洗練されたデザインで、使うたびに気分が上がります。

⇒ホームページ:ポータブルミラー

以上、メイク直しの方法と、ポーチに入れておきたいお直し用コスメをご紹介しました。ぜひご参考ください♪

関連記事:

化粧ヨレのメイク直しや乾燥肌におすすめの人気スティック保湿美容液

30代のオフィスメイクにおすすめ!プチプラなシングルアイシャドウ9選

疲れ顔?夕方の肌のくすみを改善する!おすすめスキンケアと化粧品7選