30代女性のイメチェン!似合う服装は?レディースファッションコーデ夏

2019春夏トレンドアイテム

鏡を見て「なにか違う」と感じたことありませんか?

お気に入りの洋服を着て、ばっちり決めてみたのに、いざ鏡を見たら「あれ?」と思ったことないですか?

今まではばっちり決まっていた勝負服で、髪型やメイクを変えてもどこか釈然としない・・・それはもしかしたら、似合う服が変わってきたのかもしれません。

そんな時は、洋服をがらりと変えてみるといいですよ!

例えば、今までカジュアル系でパンツが多かった女性は、思い切ってスカートを履いてみるのです。カッコイイ洋服が多かった女性は、フェミニン系の洋服にしてみるんです。

その逆も然りですね。スカートが多かった女性は、パンツでスッキリしてみるのです。

とにかく、今まで自分が避けてきたような洋服をあえて着てみることで、案外としっくりきてしまうことがあるんですよ♪

ちょっと違う自分に出会えると、仕草まで変わってくる!

こうして、今までの自分から、洋服を少し変えることで新しい自分に出会えます。そうすると、不思議なことに仕草や立ち振る舞いまで変わってくるんです。

新しくフェミニン系の洋服を着てみると、どこか女の子らしい仕草になったり、今まで意識はしなかった言葉まで気になってきたり。また新しくカッコイイ系の洋服を着た女性は、背筋が伸びて歩き方まで意識をするようになるのです。

こうして、洋服を変えることで、ただ「洋服を変えた」のではなく、仕草、言動、行動まで意識が広がっていくんですね。女子力アップにも繋がるので、おすすめです!

30代女性のイメチェン!似合う服装は?

いきなり、違う方向の洋服を一式揃えるにはお金がかかりますよね。それに、違う方向ということは、組み合わせるにも今までの服とは組み合わせが難しくなります。

なので、まずは!

カジュアル系な女性は、カジュアルに合いそうなスカートやワンピースを一枚買い足してみると良いです。

UVカット機能付きのシルクコットンワンピースです。シルクのような上品なツヤ感と、肌に触れるとひんやりする接触冷感の生地質が自慢です。シャープなネックラインで首元をすっきりと見せます。今年流行りの細パンツやレギンスとのレイヤードスタイルにもぴったりな一着です。

シルコットンUV・Vネックチュニック

涼しいコットン素材のワンピースです。ウエストを絞ったメリハリシルエットとふんわりパフスリーブがおしゃれなポイント!デザインはモダンな幾何模様で、軽くゆったりした着心地は、ちょっとしたお出かけにぴったりな一着です。

エアリーコットン・パフスリーブワンピ

お花のようなサークル模様の刺繍とカットワークレースが可愛いコットン素材のワンピースです。着こなし次第で、エレガントにもカジュアルにも着こなせます。

カットワークレース・半袖ワンピース

裾に向かって広がるテントラインのワンピースです。胸の開きを抑えたネックラインが嬉しいポイント!素材は軽くて柔らかい天然コットン100%の2枚重ねになっており、野暮ったくならず快適に着こなせます。

エアリーコットン・テントラインワンピース

UVカット機能付きの爽やかワンピースです。シワになりにくく、ドライな生地感で汗ばむ夏でも快適な着心地を叶えます。ウエストのベルトでメリハリを付け、スタイルアップを叶える一着です。

UVスラブ・フレンチ袖ワンピース

フラワー柄の楊柳シフォンワンピースです。胸元のピンタックとくるみボタンがおしゃれなポイント!ウエストのリボンを絞って着丈の調整ができます。透け感のある素材ですが、キャミソール付きなので安心です。

シフォン・ピンタック・ロングワンピース

リネンを超えたリネン!美しい質感だけでなく、150%の伸縮性を兼ね備えたリネン混素材のワンピースです。体のラインに沿った美シルエットですが、楽な着心地を叶えます。重ね着をした時でも、動きやすく楽々です。

ハイストレッチリネン・ワンピース

着痩せを叶える!立体カッティングで締め付けはないのに、細見えするシルエットに仕立てたワンピースです。スカート部分はフレアするAラインシルエットで可愛さもある一着です。

リネンストレッチ・カッティングワンピース

一見ベーシックなワンピースですが、ディテールにとことんこだわりました。ゆるやかなボートネック・斜めのウエスト切り替え・段差をつけた重ねスリット・アシメの裾デザイン・縦横に伸びるストレッチ性カットソー素材をほどこした一着です。

ストレッチポンチ・アシメワンピース

美人見えすること間違いなしのワンピースです。細見えするように、フロントは斜めの切り替えをほどこし、スカート部分をタック仕立てにしました。また素材は柔らかさ・ストレッチ性・シワになりにくい・しなやかで美しくなるように、上質リネンを基本にドゥクラッセオリジナルのミックスで仕上げました。

ストレッチリネン・カッティングワンピース

大人の女性らしい色気のあるワンピースです。鎖骨は見えても胸元は見えない絶妙なVネックライン、今年流行りのメリハリを強める太めのベルト、縦のラインを強調するスリットなど、女性に嬉しいポイントが詰まった一着です。生地は二重織り素材を使っており、ストレッチ性もあるので、窮屈感がなく着心地楽々です。

ライトWクロス・Vネックワンピース

上品できちんと感のあるワンピースです。薄手のポンチ生地で動きやすさも兼ね備えています。ウエストとセンターステッチの効果で、体のラインが出ないのにすっきりと見える絶妙シルエットも自慢です。

ミックスポンチ・ステッチワンピース

夏らしいナチュラルな風合いが特徴のリネン素材のワンピースです。二の腕をちょこんと覆うフレンチスリーブが可愛く、ハイウエストでの切り替えがスタイルアップ効果もある一着です。

リネンワンピース

ビッグサイズで抜け感のあるシャツワンピースです。青のストライプ柄が夏らしくて爽やかです!ハイウエストで切り替えられたドロストデザインや、Vネックがメリハリを付け、スッキリと引き締めます。そのためボリュームがありながらも着ぶくれしません。またフロントボタンを外して、羽織りとしても着こなせる一着です。

ランダムストライプドロストBIGワンピース

サイドのプリーツ切り替えが可愛いポイントのTシャツワンピースです。Tシャツ生地なので楽な着心地を叶えます。そのまま着てもOK、スリムパンツやレギンスと合わせてもおしゃれに着こなせます。

サイドプリーツロングワンピース

今年よく見かけるサイドをプリーツ素材と切り替えたワンピースです。サイドにはベルトが付いており、プリーツの開け具合を調整できるのも嬉しいポイントです。

サイドプリーツワンピース

背中に女性らしいデザインをほどこしたワンピースです。今年流行りつつある背中見せの開きデザインや、ボタンデザイン、スリットデザインをほどこし後ろ美人な一着です。またIラインシルエットなので、身体を拾わずスッキリと着こなせます。

バックボタンルーズマキシワンピース

背中にパールボタンをほどこしたワンピースです。フレンチスリーブも可愛いポイント!裾にはスリットが入っており、軽さと動きやすさをプラスしました。

バックパールボタンTシャツワンピ

ナチュラルな抜け感が可愛いワンピースです。リネン素材のナチュラル感と、ゆるりとした絶妙なサイズ感、Vネックによる抜け感、サイドスリットによる軽さをプラスし、シンプルながらもおしゃれ見えする一着です。

リネンVネックワンピース

シンプルなデザインながらも、凹凸状のカットソー素材を使用しておりオシャレ見えするワンピースです。。ネックラインのスキッパーで抜け感をプラス、裾のスリットで軽さをプラスしたこだわりもあります。

キーネックロングワンピース

綿素材が心地良い、インナーワンピースです。トップスは着脱しやすい伸縮性のある薄手の綿カットソー生地を使い、スカートは、綿布帛を2枚重ねにして、軽やかなボリュームを付けました。汗染み防止や透け防止だけでなく、重ね着としても楽しめる一着です。

インナーワンピース

手持ちでも組み合わせが出来そうなアイテム、かつ、今まで避けてきたものを選びましょう。

スカートではなく、ストール一枚でもいいですし、ジャケットでも普段買わない色を買ってみるのもいいですね。

 

身近な所の1アイテム変えることからはじめてみましょう。

ゴシック系からガーリー・フェミニン系ファッションにイメチェンした女性の体験談

実際、私のことですが、十数年黒を基調としたカッコイイ洋服ばかり着ていました。しかし、ある日鏡を見たら顔が洋服から浮いているというか、なんともしっくり来なかったんですね。

そこで、今まで絶対買わなかったかわいい形のワンピースをお店で試着してみたんです。

そして鏡を見てみたら・・・

「え、かわいい!」

となったのです。自分でビックリするくらい、そのワンピースが似合っていました。それから、そのワンピースを買ったことで、以前までは大股で歩いていたのが小股になったり、電車に座るときは足は組まずにキッチリと足を閉じて座るようになりました。

本当に、洋服で仕草や言葉が変わったのです!

この実体験をもとに、もっと洋服を色んなジャンルで楽しむと、女子力アップにも繋がると思いました。

いつものお気に入りの洋服を着てもしっくり来なくなったら、女子アップのチャンスです!是非一度、苦手だと思っていたジャンルの洋服も着てみてください。新しい自分に出会えますよ。

でも結局は、自分な好きなスタイルを見つけて!

「昔と雰囲気がかわったね」と言われるようになりました。ファッションが変わったせいだろうと思います。昔好きだったのは、細身のパンツにぴったりとしたTシャツ、ヒールの靴など。でもここ数年でそれががらりと変化してしまいました。ゆる~いボトムスに、スタンドカラーシャツ。オーバーサイズのコートを羽織り、足元はトラッドな革靴。たしかに「変わったね」と言われても不思議はないかも・・・。

田舎生まれ、田舎育ちのわたしは大学進学をきっかけに関西に住み始めました。そのまま就職は関西でし、そのあいだにいろんな人たちの、いろんなファッションを見てきました。変わるのは当然のことなのです。そのなかで「やっと見つけた!これが好き!」というものに出会えたのです。ヴィンテージショップをめぐり、一点ものの良さにも目覚め、大切に使われてきたものにいとしさを感じる。そんなものをじっくりと見てまわるだけでも楽しいと思えました。

わたしが好きなものは他にもあって、それは手作りの洋服です。海外の恵まれない地域(発展途上の国)の方と提携して洋服をつくり、それを日本で販売しているお店との出会いはインパクト大!でした。それまでエコというものを真剣に考えていませんでした。そもそも、ファッションにエコって・・・と、想像すらわきません。かわいければ、安ければそれでいい、という商品の選び方を次第に変えていくことになりました。

手作りの洋服。それは、たしかに機械でつくるものよりも耐久性がないかもしれません。手洗いしなければならないものも多いし、色落ちもある。その一方で、どこかで安く買った洋服はがんがん洗濯できるし、色落ちもしない。

でも、そのなかで本当に好きだと思える服以外は、あってもなくてもどちらでもいいと思ってしまいます。誰かがどこかの国で一生懸命技術をおぼえ、一針一針つくられてきた洋服は、古くなっても色落ちしても、汚れてしまっても、どうしても捨てられません。

服としての価値はなくなっても、生地が使うことができる!そう思って、ずっと保管するようになりました。その生地でまくらカバーをつくってもいいし、ペットの服をつくってもいい。端切れを集めて一枚のパッチワークにもできる。最後まで使いきりたい、そう思えること、それ自体がエコにつながっている。とても素晴らしいなぁ、とあらためて思います。

「なんか、地元密着型のファッションだね」とわたしの着るものにたいしてそう言う友人に向かって、こんなことを長々と説明するのもなぁ・・・と、なかなか人に説明するのはむつかしいのですが、どんなものが好きなのか、何を良しとするかはその人それぞれの好みですよね。似合っていて、なじんでいて、なんか素敵だなって思われることがわたしの理想のファッションです。この服は誰がどんな気持ちでつくったのだろう。

そんなふうに服の一枚一枚を選ぶこともとても楽しいですよね。でもわたしもそろそろ、綺麗な恰好もしてみようかな、と、次に好きになりそうなスタイルの目を向けたりもするこの頃であります。

関連記事:

【今月の服装】大人レディースファッションコーデ2019

【可愛いガーリーコーデ】ファッションブランドや服装を紹介

【ロングスカートコーディネート特集】どのタイプのコーデが好き?

【ストールとスカーフの巻き方、結び方】おしゃれコーデにピッタリです!

【大人きれいめワンピースコーデ】20代、30代の女性必見!

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
・美容家による今年一番のおすすめスキンケアです。
SK-Ⅱや資生堂ホワイトルーセントを使っている女性たちも絶賛!今年一番おすすめしたいオルビスユーのスキンケアの特徴・比較・口コミ←クリック
・ファッショニスタによる今月一番おすすめしたい服装です。
【今月の女性の服装】大人レディースファッションコーデ2019←クリック