30代40代におすすめ!口コミも良いプチプラパウダーファンデーションランキング2020

美容におすすめ♪

30代40代になると、ベースメイクにパウダーファンデーションを使用すると老けて見えたり厚化粧のように見えると悩んでいませんか?また、悩みの多くなる年齢だけにカバー力が気になるという人もいるでしょう。

若い頃はあんなに綺麗に仕上がったのに、もうパウダーファンデーションを使うのは無理かも・・・と思ってあるなら、それは間違いです。ファンデーションの選び方と付け方にさえ気を付ければ、パウダータイプであっても30代40代の女性の肌を美しく、そして若々しく仕上げる事が出来ます。

パウダーファンデーションは、リキッドやクリームよりも肌への負担が軽く、手軽にベースメイクを仕上げられる点が魅力です。

30代40代の女性は、ストレスやホルモンバランスの乱れから肌荒れを起こしやすいもの。パウダーファンデは敏感に傾いた肌にも優しく、肌トラブルが起きていても、どうしてもお化粧をしなくてはいけない時にも向いているファンデーションです。

肌トラブルが起きると中々回復しにくい年代には、パウダーファンデーションを使用する事で肌荒れ予防にもなります。何かと忙しい年代でもあるからこそ、毎日のメイクにパウダーファンデーションを味方につけたいものですね。

30代40代の肌を美しく見せるパウダーファンデーションの選び方とつけ方をマスターすれば、肌を美しく魅せつつ肌負担の軽減と時短が叶うのです。

最近のパウダーファンデーションは、粉末固形タイプといっても乾燥しにくく艶のある仕上がりのものが多くなっています。30代40代の女性が、パウダーファンデーションを使う時には、そうした美容成分の配合された艶と透明感が出るタイプを選びましょう。

一見薄付き?と感じるものの方が肌を若々しく、全体的に顔を眺めた時にキレイにみせてくれます。大人の女性の肌は、隠そうと頑張るほど余計に老けて見えるのが特徴。カバーするのではなく、カモフラージュする位が丁度良いと覚えておきましょう。

どうしてもシミや毛穴などが気になるなら、それは下地やコンシーラーを組み合わせてメイクするのがベストです。しかし、どんなに良いパウダーファンデーションを選んでも塗り方によって仕上がりは大きく左右されます。

オーバル型ブラシ

オススメのパウダーファンデーションの塗り方は、パフではなくブラシを使用すること。

ファンデーションブラシも沢山の種類が出ていますが、固形パウダーファンデーションにはオーバル型ブラシがオススメです。

オーバル型ブラシは、歯ブラシのような形をしたファンデーションブラシとなります。

この形のブラシを使ってパウダーファンデーション塗るメリットは、主に3つあります。

  • 一つ目は、パウダーをムラなく薄く肌の上に広げられるという事です。これにより、厚塗りにならず老けて見える事を防いでくれます。
  • 二つ目は、パフを使用するよりも毛穴が目立たなくなるということ。
  • そして、三つ目は肌に艶が出るということになります。

それでは、具体的にオーバル型ブラシを使ったパウダーファンデーションの塗り方を見ていきましょう。

まず、ブラシの半分~1/3に直接ファンデーションを取ります。ファンデーションの上を軽く滑らせるようにしてみてください。

はじめに最もカバーをしたい目の下から小鼻までの三角ゾーンにブラシを滑らせます。内側から外側に、そして外側から内側に交互にブラシでファンデーションを塗っていきましょう。

全体に塗布したら、ほんの少しの量をブラシに取り、毛穴で悩んでいる部分には上下左右からファンデーションを塗ります。シミでお悩みの部分なら、ブラシで優しくトントンと叩く様に馴染ませてください。

そして、艶を出したい部分はブラシをくるくると回して肌を磨いてみましょう。一度に沢山のファンデーションを使うのではなく、足りない部分にのみ付け足していくのがコツになります。

パウダーファンデーションの進化は目覚ましく、昔のようにマット過ぎて能面のような顔になってしまうものはほとんどありません。ですが、どんなに高機能と言われている製品でも、付属のパフを使うと大人の肌に相応しい仕上がりにするのは難しいものです。

パフは簡単、ブラシは難しいと思われがちですが、実はパフで綺麗にファンデーションを塗る方が高いテクニックが必要になります。

実際、オーバル型ブラシでパウダーファンデーションを塗る事で、リキッドやクリームに負けない仕上がりに満足している女性は多いのです。

パウダーならではの肌の軽さと手軽さに、もうリキッドやクリームには戻れないという女性も。また、パウダーファンデーションに変えたことで、毛穴詰まりやニキビが気にならなくなったという口コミも多く見かけられます。

年齢を重ねた大人の肌にパウダーファンデーションはNG!と諦めている人にこそ、試してみて欲しいのが、上記の塗り方です。きっと今までの思い込みがパッと晴れること間違いなしです。

パウダーファンデが粉っぽくなる人におすすめのメイク方法

パウダーファンデーションの軽さが好きだけれど、粉っぽく仕上がりになる。こんな経験がありませんか。パウダーファンデーションは塗り方が重要です。パウダーファンデーションでも粉っぽくならない塗り方をしてみましょう。

塗り方に気をつければOK!

リキッドファンデーションを使えばつややかな仕上がりになりますが、リキッドは油分が多くてニキビが悪化してしまったり、時間が経つとテカってしまったり、毛穴に入り込むことが気になります。

かといって、パウダーファンデーションだと粉っぽくなってしまいますよね。ツヤ感や透明感のない仕上がりで、どことなくくすんだ印象も。でも、パウダーファンデーションでも使い方に気をつけると粉っぽさを防ぐことができます。では、どのようにメイクをしたらよいのでしょうか。

使い方

①化粧下地を塗る

パウダーファンデーションを乾いた肌に直接塗るとパサパサした印象になってしまうので、化粧下地を使用します。化粧下地は肌にムラなく伸ばしてください。

化粧下地を適量を手に取り、顔の内側から外側に向かって広げます。顔全体にムラなく広がったら、何もつけていない手で触ってみてください。べたっとしない程度が適量です。べたべたするようならティッシュで軽く押さえて、少し時間をおいたらファンデーションを塗ります。コンシーラーを使う場合はファンデーションの前に塗ってください。

②ブラシにパウダーを含ませる

パウダーファンデーションを乾燥してキメが乱れた肌にのせてもスジができてしまいます。そこで、ファンデーションブラシを使用します。

ファンデーションの表面を軽く3回ほどなでてパウダーを含ませます。

③塗り方

顔全体にいきなり塗るのではなく、頬の高い位置やカバーをしたい部位からトントンとスタンプするように塗っていき、その後に顔全体にスーッとブラシを動かしてなじませます。口元や目元はブラシに残ったファンデーションを塗ると自然な仕上がりになります。

毛穴が気になる場合は、円を描くようにくるくるとブラシを動かしてなじませます。

ポイント!

ブラシは鉛筆を持つように軽く持ってください。ブラシ部分と柄の部分の境目を握ると使いやすいでしょう。汚れたブラシではきれいにパウダーを塗ることができないので、定期的に洗って清潔に保ってください。

スポンジを使いたい場合は、スクエア形のパウダリー用を選ぶことがおすすめです。広い面を使って均一に仕上げることができます。パウダーの使用量は、パウダー半分の量が顔半分に塗る量です。

汚れたスポンジではムラに仕上がってしまうし、雑菌などで肌トラブルを起こすので、スポンジも定期的に洗ったり新しいものに交換をして、常に清潔に保ってください。ブラシもスポンジも洗浄には専用クリーナーの使用がおすすめです。

リキッドファンデーションに比べると、一般的にはパウダーファンデーションは粉っぽくなってしまいがちですが、塗り方に気をつけると粉っぽさを防ぐことができます。ポイントは化粧下地を塗ることとブラシを使うことです。このポイントを抑えて理想的なメイクに仕上げてみませんか。

30代40代におすすめ!プチプラパウダーファンデーションランキング

第7位 キスミーフェルムのしっとりツヤ肌パウダーファンデ

くすみ、シワ、シミ、毛穴、乾燥など、大人のは肌悩みがたくさん。ファンデーションがシワに入り込む、化粧がすぐに崩れる、ファンデーションで乾燥するなど、悩みを抱えてい方もいるのではないでしょうか。

大人の肌をきれいに仕上げる、そんなファンデーションが「キスミーフェルムのしっとりツヤ肌パウダーファンデ」です。モニターさんの98.5%が使用感に満足。夕方までシワの気にならないしっとり肌に仕上げます。

3つのおすすめポイント

①時間が経ってもヨレにくい

ほうれい線や小ジワに悩む大人の肌は、ファンデーションがほうれい線に入り込んでしまうことがありませんか。時間が経つとシワシワの肌に、なんてことも。しかし、しっとりツヤ肌 パウダーファンデなら時間が経ってもヨレにくい。ほうれい線や目もとのシワにたまりにくく、長時間美しい仕上がりをキープします。10時間化粧持ちデータ取得済みです。

②ピタッと密着

ピタッと密着する心地よいフィット感。伸びがよく、小ジワにもなじむさらっとした使い心地です。密着をすることでヨレにくい長持ち設計になっています。

③うるおい美容成分配合

ファンデーションを使うと肌がかさつくことがありませんか。かさつくと余計にシワが目立ってしまいます。シワシワになってしまうと老けた印象を与えることに。

しっとりツヤ肌 パウダーファンデは、しっとりうるおい美容成分のヒアルロン酸、コラーゲン、カミツレエキスなどを配合。なめらかにフィットして乾燥から守ります。

カラーは4種類です。SPF25・PA++です。

使い方

顔半分への使用量はスポンジ半分が目安です。スポンジにファンデーションを取り、顔の片側から塗っていきます。内側から外側に向かってスポンジを滑らせるようになじませましょう。反対側も同様に塗ります。フェイスラインは首筋に向かって軽くなじませます。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • コンパクトがゴールドで高級感が漂います。パウダーはきめ細かくて肌に密着をし、毛穴や色ムラをカバーしてくれます。カバーをしても厚塗り感はなく、ナチュラルメイクよりはしっかりとした感じです。光の効果でツヤ肌に仕上げてくれます。
  • ケースに入っているので持ち運びしやすく、外出先でのメイク直しにも使えます。しっとりツヤ肌というだけあって乾燥しやすい季節でもしっとりなじみ、化粧崩れがほとんどなく1日過ごせます。血色が悪いことが悩みですが、このファンデーションは血色がよく見えるところが気に入っています。
  • 粉が柔らかくて肌にフィットをします。シミをカバーしてくれて、ハリ感もキープしてくれます。年齢を重ねて血色が悪い肌なのですが、このファンデーションは顔色を明るく見せてくれることがうれしいです。1日つけてもヨレたり崩れたりすることなく過ごせることもよいです。

乾燥、シミ、シワなど大人の肌は悩みがたくさんありませんか。メイクがうまく決まらない、シワに入り込むといったこともあるはずです。そんなときにうれしいファンデーションが、キスミーフェルムのしっとりツヤ肌パウダーファンデです。

しっとりした使い心地のファンデーションがフィットをして、シワの気にならない肌に仕上げます。

<<Amazon>>

第6位 肌に優しいチャコットのパウダーファンデーション

メイクは肌に刺激を与えそう、メイクは肌に悪そう、そんなイメージがありませんか。しかし、メイクをした方が肌にとってよいこともあります。

肌のことを考えるなら優しいものを使いたいですね。肌に優しいメイクをしたいときには「チャコットのパウダーファンデーション」がおすすめです。

特徴

メイク用品には、油分、香料、着色料、紫外線吸収剤など、肌に負担をかけるものが配合されていることがあります。メイクは肌に負担をかけると思っている方もいるのではないでしょうか。

しかし、メイクをした方が素肌でいるよりも肌に優しいことがあります。

素肌でいると無防備に紫外線を浴びることになります。シミ、シワ、たるみなどの肌老化の原因の70%は紫外線の影響だといわれていて、肌が無防備でいれば肌老化が進行することに。また、大気中にはPM2.5や花粉などの物質が浮遊していて、これらも肌に刺激を与えます。

メイクをすると肌に直接大気汚染物質が付着することを防げるし、UVカット機能があれば紫外線の影響からも守ることができます。肌に直接触れるメイク用品なので優しいものを選んであげたいですね。

チャコットのパウダーファンデーションは100%植物由来成分(着色料除く)でできています。植物由来成分を配合しているので、パウダーなのに乾燥しにくくしっとり感があります。

紫外線防御指数は国内最高基準のSPF50+・PA++++です。日中の紫外線から肌を守ります。カラーは全5色。日本人の肌色にあったカラーを展開しています。

使い方

化粧下地で肌を整えた後に使用することをおすすめします。

付属のパフに適量のファンデーションを取り、肌の上を滑らせるように広げます。目の周りや小鼻など細かい部分は、パフを折りたたんで塗布します。

仕上げに何もつけていないパフで顔全体をなでるようにするとムラなく仕上がります。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • スキンケアやボディケアにはなるべくオーガニックのものを選んでいたのですが、メイクとなるとどうしてもケミカルなものになっていました。そんなときにチャコットのファンデーションを知りました。肌にのせた直後は暗いかなと思ったのですが、しばらくすると自然と肌になじみます。お昼ころになってもくすみません。このファンデーションを使うようになって、肌荒れを起こさなくなりました。肌をいたわってくれるファンデーションだと思います。
  • 乾燥性敏感肌なのでファンデーション選びには困っていました。ミネラルファンデーションもいろいろ使ってみて、たどり着いたのがチャコットのファンデーションです。舞台メイク用品がそろっているとだけあって落ちにくいです。普段は昼にメイク直しをしているのですが、それが必要なくなりました。しかも肌に優しい。あわないものだと肌荒れしやすい私ですが大丈夫でした。

チャコットのパウダーファンデーションは、肌への優しさにこだわりたい方におすすめです。100%植物由来成分(着色料除く)でできています。優しさにこだわりながらもSPF50+・PA++++で紫外線から肌を守ります。

素肌でいるよりもメイクをした方が肌に優しいこともあります。肌のことを考えて、優しいファンデーションを使いたいですね。

<<Amazon>>

第5位 しっとりな使い心地で崩れないエテュセのパウダーファンデーション

パウダーファンデーションはリキッドと違い、手を汚さずに使えるところが便利です。朝の忙しい時間にササッとメイクできて重宝します。しかし、パウダーファンデーションは乾燥しやすい点が欠点です。乾燥肌にはうまくのらないですよね。

パウダーなのにしっとりな使い心地のファンデーションが「エテュセのプレミアムシフォンファンデーション」です。シフォンのような軽い使い心地で、キメの細かな肌に整えます。

美容液発想のファンデーション

エテュセのプレミアムシフォンファンデーションは美容液発想のファンデーションです。粉末のひとつひとつはオイルでコーティングされており、パウダーなのにしっとりとした使い心地です。なのに肌表面はさらさらに整えます。

ふんわりとシフォンのような軽い使い心地のパウダーが肌を優しく包み込み、赤ちゃんのようなキメ細かな肌に仕上げます。薄つきでメイクしています感ががっつりと出ることはなく、ナチュラルメイクが好きな方におすすめです。

専用スポンジはうぶ毛面とスポンジ面の両面タイプです。

うぶ毛面は起毛していて肌当たりが柔らかで、ふんわりと自然に仕上げます。スポンジ面は小鼻などピッタリ密着させたい部位に使用します。フィットをすることでつるんとした肌に仕上がります。

SPF20・PA++です。カラーは全3色です。

使い方

化粧下地で肌を整えてから使用をします。下地にはファンデーションのノリをよくしたり、化粧持ちをよくする働きがあるので、化粧下地を使うことをおすすめします。

専用スポンジに適量を取り、顔全体に優しく広げます。ふんわり仕上げたいときにはうぶ毛面を使用します。小鼻など崩れやすい面はスポンジ面で密着させます。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 専用スポンジを使うとピタッと密着をします。スポンジを変えるとこなに仕上がりが変わるのかと驚きました。ファンデーションを塗ると肌がさらさらになります。化粧崩れはありません。シミや毛穴はこれだけだと隠しにくいけれど、赤みはカバーできました。乾燥肌でカサカサ粉吹きすることがあったのですが、これは粉吹きしていないです。
  • エテュセの下地と一緒に使っています。下地と一緒に使うと毛穴もカバーできました。パフはふわふわで優しくメイクができます。粒子はとても細かいです。パウダーなのに乾燥しないところが気に入っています。
  • 粒子が細かくさらさらしているので気持ちがよいです。変にヨレることがなく、崩れも気になりません。パウダーファンデーションはいかにもつけている感があって苦手で、リキッドタイプを使っていたのですが、これは気に入っています。つけ心地は軽くてシフォンみたいです。そして、肌がきれいに見えます。友人から「肌がきれい」と褒められました。

乾燥肌はファンデーションがのりにくいですよね。でも、エテュセのプレミアムシフォンファンデーションならしっとり軽い使い心地。しっとりと肌につくのに、肌表面はさらさらに整います。そして、シフォンのように軽く、赤ちゃんのようなキメ細かな肌な仕上がりです。

パウダーファンデーションはかさつくから苦手、ナチュラルに仕上げたい、そんな方におすすめです。

<<Amazon>>

第4位 DHCのパウダーファンデーションで厚塗り感ゼロ・毛穴レス肌に

毛穴レス、厚塗り感ゼロ、素肌がきれいなように仕上げるファンデーションが「DHCのミネラルパウダリーファンデーションピュアカラー[F1]」です。

毛穴が目立つ、テカリが気になる、肌に優しいものを使いたい、こんな方におすすめです。

4つのおすすめポイント

①厚塗り感ゼロ、毛穴レス肌に

厚塗り感ゼロなのに毛穴の目立たない肌に。その秘密は、極薄マイクロフィルムを採用していることです。

従来のファンデーションは、皮脂と混ざりあってドロドロになり、毛穴に入り込んでしまいました。一方、極薄マイクロフィルムなら毛穴に入り込むことがなく、毛穴に入らないため皮脂と混ざりません。ラップフィルムの約10分の1の薄さのフィルムが、毛穴を埋めずにピタッとフィットをして毛穴レス肌に仕上げます。

②崩れを防止

皮脂だけをキャッチして崩れを防止。その秘密は、進化型皮脂コントロールパウダーを配合していることです。

オイルキャッチセンサーを搭載しているので、崩れの原因となる皮脂だけをキャッチ。パウダーに余分な皮脂を加えるとパウダーが固まりますが、うるおい油分を加えたときには固まりません。崩れの原因だけを防いで、うるおいは守ります。

③透明感

ピュアな透明感を演出。その秘密は高機能光コントロールパウダーを配合していることです。光の透過と反射をコントロールして、肌をきれいに演出する赤い光だけを透過。ピュアな透明感を出しつつ、明るさとツヤを与えます。

④メイクしながらスキンケア

メイクしながらスキンケアも。その秘密は、さまざまな美容成分を配合していることです。

オウゴンエキス、ノイバラエキス、ハトムギエキス、パイナップルセラミド、モイスチュアビタミンC、ローズウォータ、ヒアルロン酸を配合。香料、パラベンは不使用です。キメを整えて透明感のある肌へと導きます。

使い方

化粧下地で肌を整えてから使用をします。スポンジに適量のファンデーションをとります。スポンジ半分が顔半分への使用目安量です。顔の中心から外側に向かって、スポンジを滑らせるように塗布します。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • パフは丸い形をしていて、肌当たりが優しいです。肌の上をするすると滑ってファンデーションを滑らかに塗布できます。粉質はきめ細かく、ミネラルファンデーションならではの軽やかな使い心地、肌負担を感じません。カバー力があるのに透明感が生まれて、化粧もちがよいです。Tゾーンがテカりやすいのですが、時間が経ってもツヤっとする程度だったので、長時間外出するときに重宝しています。
  • お店の人に色を選んでもらって購入をしました。白浮きすることなく正解でした。ピュアな肌に仕上がってビックリしています。毛穴レス肌とはこんなふうなのかと実感しています。乾燥やヨレはありません。ニキビができたり治ったりを繰り返していたのですが、今ではニキビの気配がないです。最高な使い心地です。

毛穴の目立ち、厚塗り感などで悩んでいるなら、DHCのミネラルパウダリーファンデーションピュアカラーがおすすめです。厚塗り感がないのに毛穴レスな肌に整えて、素肌がきれいであるかのように演出をします。ピュアな肌に仕上げてみませんか。

<<Amazon>>

なし。

第3位 カシミアのようにふんわり滑らかなオルビスのパウダーファンデーション

目指したのはカシミアのようにふんわり軽やか、しっとり滑らかは使用感。パウダーなのにくすみや粉吹きがなく、しっとりツヤ肌に導くファンデーションが「オルビスのカシミアフィットファンデーション」です。

乾燥やくすみが気になる、ツヤ肌が好き、こんな方におすすめです。

カシミアのような上質感の秘密

カシミアフィットファンデーションは、カシミアのような上質感が特徴のファンデーションです。カシミアのようにふんわり軽やかな秘密は、「カシミアフィット製法」を採用していることです。

粉体1粒1粒は体温でとろける保湿成分でコーティングをします。これによりパウダーなのに滑らかで肌にフィットする使用感となります。

空気を含ませてスフレ状にします。しっとり感がありながらも、ふんわりとした軽やかさが生まれます。これにより、ふんわり軽い付け心地、カバー力、保湿力を実現。カシミアのような上質パウダーが完成しました。

さらに、「高機能粉体」を採用することで高いカバー力とツヤ感を実現。ミルフィーユのように何層も重なった構造の粉体の層それぞれが光を拡散し、薄つきでも毛穴や凹凸を自然にカバーします。光によってカバーをするので、厚塗り感がなく内側から輝くようなツヤ感が生まれます。

無香料、紫外線吸収剤フリー、アレルギーテスト済み、SPF20・PA++です。ひと塗りでも軽やかに仕上がる専用のパフが用意されています。

使い方

化粧下地で肌の土台を整えた後に使用をします。

パフに適量のパウダーを取り、顔の内側から外側に向かって広げます。小鼻の周りなど細かい部分は、パフを折りたたんで塗ります。

パフが汚れていると肌トラブルを引き起こす要因となるので、定期的にパフを洗うか新しいものに取り換えて、常に清潔なものを使うようにしてください。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 使ってみてビックリ。乾燥しない、肌疲れを感じない、重ね塗りをしても重たくならない。乾燥肌ですが肌がテカってしまい、メイクを保湿系で統一すると崩れがひどくなるのですが、これを使うと夕方ちょっと崩れても崩れ方が汚くないです。ふんわりしっとり肌が続きました。
  • お粉が軽くふんわりとした仕上がりです。ツヤもでます。メイクしたてはセミマットに仕上がるのですが、時間が経ってくるとツヤ肌になりました。きれいなツヤで感動しました。これを使うと友人から肌がきれだと褒められます。このファンデで落ち着いた上品な雰囲気を醸し出したいです。
  • 軽い使い御起こ地でつるつるすべすべな仕上がりです。ファンデーションでつるつるな仕上がりになるものにはこれまで出会いませんでした。混合肌で時間が経つと小鼻のあたりがテカってきますが、ティッシュオフをすれば大丈夫です。メイク落としした後に肌疲れを感じないことも好きなところです。

パウダーなのにふんわり軽やかしっとりに。カシミアのような上質感のコスメが、オルビスのカシミアフィットファンデーションです。

専用のパフを使ってひと塗りで上質な肌に。内側から輝くようなツヤ感としっとり感のある肌に仕上げます。くすみ、ツヤ不足、粉吹きなどに悩んでいる方におすすめです。

<<Amazon>>

第2位 エスプリークのシンクロフィットパクトUV

肌が乾燥していたり、荒れていたり、毛穴が開いていたりすると、化粧ノリが悪く感じませんか。化粧ノリが悪いとメイクの仕上がりに満足できないことがあるはずです。
化粧ノリが気になる方におすすめが「エスプリークのシンクロフィットパクトUV」です。どんな肌状態でも溶け込むように密着をして、気になる部分をカバーします。

おすすめポイント

エスプリークのシンクロフィットパクトUVは、どんな肌状態でも溶け込むように密着する使用感です。その秘密は、コーセー新開発「スーパー化粧のり成分」を配合していることです。

粉体の周りを形が自在に変化する膜が覆っているとイメージをしてみてください。膜は形が自在に変化をするので、凹凸にも密着をします。粉っぽさがなく、気になる部分を自然にカバーします。

さらに、ソフトフォーカス効果により毛穴をぼかす「毛穴ぼかしパウダー」、透明感を与える「ピュア肌カバーパウダー」を配合。この2つのパウダーにより、毛穴も色ムラも目立ちにくい自然な仕上がりに。

「するふわフィットパウダー」配合なので、するする、しっとり、滑らかな使い心地です。厚塗り感なく素肌をきれいに見せるサポートをします。

「軽やか化粧もちパウダー」の働きにより長時間崩れにくい仕上がりに。13時間化粧もちデータ取得済みです。皮脂崩れ、毛穴落ち、ヨレ、粉浮き、くすみを防ぎます。ヒアルロン酸、コラーゲン、オリーブ果実オイル、スクワラン配合で、メイクしている間の乾燥から守ります。

パッチテスト済み、無香料です。

SPF26・PA++で日常的な紫外線から肌を守り、シミやそばかすを防ぎます。水あり・水なし両用タイプ、オールシーズン使えます。

使い方

スポンジ半分が顔半分に使用する目安量です。ファンデーションの表面を軽くなでてスポンジに適量を取り、顔の内側から外側に向かって広げます。小鼻の周りや目尻など細かな部分は、スポンジを折り曲げて塗ります。フェイスラインはぼかします。

口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • ミラーがかわいくてテンションが上がります。スポンジはふわふわで塗りやすいです。厚塗り感はなく、自然にカバーをして毛穴を隠してくれました。13時間化粧元データ取得済みで、スポーツの前にいつもように化粧をしても化粧がもちます。紫外線対策もできるし、保湿されているようにも感じるし、気に入っています。
  • サラッと軽いパウダーで粉っぽさが気になりません。気になっているのが、赤みと凹凸、毛穴なのですが、カバーされるのに厚塗り感がなく自然な仕上がりです。パウダーなのに肌に密着をして化粧のりのよさに驚きました。テカリは軽くティッシュで押さえれば問題ありません。乾燥もしないのでリピ決定です。

肌の状態が悪いと化粧のノリが悪くなってしまいますよね。化粧ノリが悪いときには、エスプリークのシンクロフィットパクトUVがおすすめです。

スーパー化粧のり成分配合でどのような状態の肌にもピッタリと密着をします。肌にピタッと密着をするときれいが続きやすいです。厚塗り感がなく自然にカバーをすると口コミされています。

溶け込むようにフィットする使用感を体験してみませんか。

<<Amazon>>

第1位 エトヴォスのミネラルファンデーション

エトヴォスのミネラルファンデーションは、きめ細かい粒子で、肌の凸凹も綺麗にカバー!

さらにパウダーに保湿コーティングがされており、肌が乾燥しにくいのも特徴です。

SPF30 PA++で紫外線対策効果もあります。

使い方は、筆で粉を少量取って、顔全体にくるくると馴染ませていきます。とても肌になじみが良いので、ファンデを使った後も「まるでメイクしていないみたいなのに、自然なカバーができているんです。」

※ただしミネラルファンデではカバー力のある製品が少ないのが事実です。全くアラのない陶器肌にしようと思えばポイントでコンシーラーなどを使う必要もあります。

またナチュラルメイクに仕上がりますので、ばっちりメイクしたい人にはあまり向いていません。

口コミ

公式ホームページにあるお試しセットがお得で、おすすめです!

⇒公式ホームページ:皮膚科採用のミネラルファンデ★下地とブラシがセットで40%OFF!!



関連記事:

汗や皮脂の気になる夏におすすめ!デパコスとプチプラのフェイスパウダー

30代40代はカバー力がおすすめ!プチプラプレストパウダーランキング

20代30代に人気で本当におすすめ!デパコスパウダーファンデーション

30代40代のカバー力とツヤ肌におすすめ!プチプラフェイスパウダーランキング

プチプラなのに優秀!パウダーのおすすめブランドランキング

一日中化粧崩れしない人気フェイスパウダーとおすすめの使い方

20代30代におすすめ!プチプラパウダーファンデーションランキング

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
・美容家による今年一番のおすすめスキンケアです。
SK-Ⅱや資生堂ホワイトルーセントを使っている女性たちも絶賛!今年一番おすすめしたいオルビスユーのスキンケアの特徴・比較・口コミ←クリック
・ファッショニスタによる今月一番おすすめしたい服装です。
【今月の女性の服装】大人レディースファッションコーデ2019←クリック