30代40代女性におすすめの乳液・美容クリームと順番,役割,使い方について

美容におすすめ♪

化粧水と美容液だけではダメ!?乳液や美容クリームが必要な理由。

毎日のスキンケア、皆さんはどのようにしていますか?朝起きたらまず、洗顔フォームを取り出して泡立てしてから、ゆっくりお肌にあてて汚れを落としている、その後しっかりすすぎをして化粧水をつけて、美容液まではつけているけど「乳液」や「美容クリーム」までは付けていない・・という方も多いのではないでしょうか?

ここではまず、化粧水と美容液だけではなぜダメなのか?お肌にとってどんな影響があるか詳しく見ていきたいと思います。

乳液

それではまず「乳液」の役割についてみていきましょう。

乳液の役割は、保湿作用とお肌に膜を作ることにあります。乳液は、適度な油分を含んでいるのでお肌の皮膚から、水分が蒸発するのを防いでくれます。また知らない方も多いのですが、お肌の角質を柔らかくして肌のキメを整え滑らかにしてくれる役割もあります。

乳液をつけることでお肌全体を柔らかくし、化粧水や美容液の保湿成分をお肌にとどまりやすくしてくれます。化粧水や美容液に含まれる美容成分を肌の奥でしっかり発揮できるように促す役割があります。

乳液の種類

スキンケアの一つとして欠かせない「乳液」、皆さんはどんな乳液を使っていますか?また普段何も考えずに購入していたという方は、この機会に改めて乳液の選び方について考えてみましょう。

かわいいな、素敵だなと思う人は見えないところでしっかりケアしているからこそ、綺麗なお肌でいられるのです。可愛いなと思うモデルさんやなりたい目標の方がいれば、その人に近づけるように今から基本のスキンケアをマスターしましょう。

前述したように、乳液には化粧水をした後のお肌を整え、潤いをお肌の奥まで閉じ込めるといった役割があります。

せっかく化粧水を塗っても、乳液でカバーしてあげないとすぐに乾燥してしまったり、潤いが逃げてしまうことになるので、べたつきが気になるからといって塗らないなんて勿体無いです。みずみずしいお肌を手に入れるには、乳液を使ったスキンケアがおすすめです。

今まで面倒臭くて取り入れてなかったという方は、是非この機会に乳液を使ってみてください。

また、乳液にも種類があり「美白」タイプのものから「しっとり」「さっぱり」といった肌に合わせて、使う目的に合わせて選ぶことでより効果的な使い方をすることができます。

お肌のバランスを整えるためには、化粧水だけではすぐに乾燥してしまい、メイクにもムラができてしまいます。それを防いでくれる役割もあるので、まずはお肌に合ったものを選ぶことが大切です。

例えば、油分が多く含まれたしっとりタイプは、全体的に色が白っぽくクリームのようなテクスチャーが特徴です。

また水分が多めで色が乳白色の「さっぱり」タイプの乳液は、皮脂などのベタつきが気になる方向けです。

乳液の選び方としては、

  • お肌が乾燥しやすい方には油分たっぷりの「しっとり」タイプを
  • 普段からベタつきが気になる方は「さっぱり」タイプを

選ぶことで、お肌の調子を上手く整えてくれます。

季節やお肌のコンディションに合わせて、「しっとり」タイプと「さっぱり」タイプを使い分けしている方も多いので、上手に使ってみてください。

また化粧水を塗って、美容液を塗った後に使うものなので、どうしてもベタつきが気になる方は、化粧水を塗ったあとや美容液を塗ってから少し時間をおいて、お肌の奥までしっかり浸透するまで待ってみましょう。そうすることで、べたつきを防ぐことができます。また乳液もたっぷり塗ればよいのではなく、ほどよくお肌をカバーすることが大事なので、量を増やせばお肌が綺麗になるというものでもありません。ぬりながら量を調整してみてください。

最後に、お肌の状態が乾燥肌か、敏感肌か、べたつきやすいお肌か分かったら自分の肌に合わせて乳液選びをしてみましょう。

乳液だけでなく、化粧水や美容液も肌に合ったものを選ぶことで、見違えるほどお肌が美しくなりますよ。今まであまり気を遣って選んでいなかったという方は、この機会に乳液や化粧水といったスキンケアアイテムを新調してみてもいいですね。

スキンケアだけでこんなに変わるの?と驚かれる方も多いです。ベタつきを予防したり、塗り方を変えてみると、量を調整する、お肌に合ったものを選ぶといった基本をまずはしっかり確認して健やかで美しいお肌を手に入れましょう。

乳液が必要な理由

朝起きたらまずは「洗顔」、そして化粧水を塗るまではしっかりやっているけど、美容液や乳液まで塗るのが面倒と感じている方は意外と多いです。化粧水はたっぷり使っているから、乳液や美容液まで塗らなくてもいいのでは・・?

いちいちボトルを変えて塗りなおすのが面倒だなと感じている方に、続いて化粧水だけではダメだと言われる理由と乳液や美容液が必要な理由についてご紹介したいと思います。この機会にスキンケアの方法について見なおしてみてはいかがでしょうか?

まず化粧水だけではダメと言われる理由は「乾燥」にあります。

確かに化粧水を塗ったあとのお肌は、水分を与えられているので潤っている感じがして気持ち良いです。朝起きた後の洗顔は目覚めにも良く、たっぷりと塗った化粧水はまさに最高です。でもよく考えてみましょう。化粧水を塗ったばかりのお肌は確かにみずみずしく潤いのあるお肌に感じられますが、少し時間が経てばどうでしょうか?

水分がお肌に浸透しているかもしれませんが、その潤いは持続しません。すぐに蒸発して元の状態に戻ってしまいます。そうなるとお肌は乾燥してしまいます。洗顔をすることで、お肌の潤いを保ってくれる皮脂も落としていることもあります。そうなると、化粧水で水分を補うことはできても潤いを保つことはできません。

そうした意味で美容液や乳液の油分で潤いを閉じ込める働きが必要なのです。乳液やクリームもスキンケアの一環として行う必要があるのはこのためなのです。

もし今まで洗顔の後は、化粧水だけだったという方は是非この機会に乳液やクリームもしっかり取り入れるようにしましょう。

お肌は水分を失うと、様々な肌トラブルを引き起こす原因となります。最近、大人ニキビや吹き出物が気になるといった方は、まずは乾燥予防を徹底してましょう。お肌に潤いを閉じ込めるために、化粧水はたっぷりつけること、その後にすぐ美容液でお肌を整え、乳液やクリームを塗って蓋をします。これを一連の流れで行う事が大切です。

大切なことは、朝起きて洗顔をした後に乾燥しないように工夫すること、お肌のトラブルを増やさないように潤いをとじこめることが大切です。少し面倒でもこのひと手間を惜しまずに行うだけで美肌を手に入れることができます。

洗顔をしたらすぐに化粧水を乳液を塗れるように洗面台に置いておくなど工夫してみると良いですね。朝の洗顔の時間、スキンケアの時間が楽しみになるようにお気に入りのアイテムで揃えることも毎日続けられる工夫の一つです。また素肌が綺麗になると、メイクの時間も楽しくなります。スキンケアをしなければならないと考えるよりは、美しい素肌を手に入れるためにはどうしたらいいか?を考えてみると良いですね。

美容クリーム

続いて「美容クリーム」の役割についてみていきましょう。

美容クリームの役割は、皮膚にオイル膜をつくることで皮膚を柔軟にすることにあります。それって乳液と同じでは?と思われた方も多いかと思いますが、美容クリームは乳液よりも油分が多く含まれています。油分が多く含まれているので、乳液よりも保湿力が高く、お肌に栄養をたっぷり与えてくれます。

栄養が行きわたったお肌は、活力がありハリや弾力をもたらしてくれます。寝ている間にお肌をしっかりガードしてくれるので、乾燥から長時間お肌を守ってくれる働きがあります。

乳液と美容液には、このような役割があることが分かりました。

洗顔をして、化粧水を塗って、乳液と美容クリームまで塗らないとお肌の乾燥は防げないの?と驚いた方も多いでしょう。

実際、朝の忙しい時間にこれだけのことをこなすのは大変だと思います。どうしても忙しい時は、乳液か美容クリームのどちらかだけでも塗るといいですね。お肌の保湿力がアップすることと、乾燥予防には非常に重要だからです。

洗顔をして美容液を塗ったあと、なんだかお肌が乾燥するなと感じたことはありませんか?化粧水や美容液を塗った直後はさっぱりしているのですが、時間が経つとカサカサしていた・・・というのは、乳液や美容クリームで蓋をしていなかったために、化粧水に含まれる保湿成分がお肌に浸透する前に蒸発したり乾燥を防ぐ役割のある蓋をしていなかったからなのです。

少し手間だなと感じても乳液や美容クリームまでしっかりつける習慣をつけましょう。せっかく汚れを落としたお肌に美容成分を浸透させても蓋をしなかったら、乾燥してしまい肌トラブルの原因になったら嫌ですよね。潤いをキープしながら美しいおお肌を保つにはこのひと手間がとても重要になってきます。どうしても面倒な方は、化粧水から美容クリームまで一つになったオールインワン化粧品を使ってみてください。

何度も付ける必要がなく時間短縮にもつながります。べたつきが気になる方にも嬉しいさっぱりタイプもあるので、自分のお肌にあったものを探してみてくださいね。

乳液とクリームを使い分ける

続いては、乳液とクリームの上手な使い方をご紹介します。

スキンケアの基本である乳気とクリームは、意外と使い方を知らない方も多いです。どうやって使い分けたら良いのか分からない、両方つけないといけないの?などと疑問に思っている方にぴったりな内容です。

ステップ①:まずは、基本の「洗顔」を行いお肌の汚れを落としていきます。

Tゾーンは特に丁寧に洗っていきましょう。寝ている間にかいた汗や皮脂が溜まりやすくなっているので、洗顔をした後はしっかりとぬるま湯ですすいでください。この時、必ず泡立ててから行うことを忘れないでくださいね。泡立てを行わずに洗顔をしている方もいますが、しっかり泡立ててから洗顔しないと洗顔料が毛穴につまったり、摩擦によって肌トラブルの原因になることがあるからです。

ステップ②:洗顔が終わったらすぐに「化粧水」で保湿します。

洗顔をしたお肌は、乾燥を防ぐためにお肌を覆っている皮脂膜まで取り除いていることがあり、非常に乾燥しやすい状態になっているからです。化粧水をたっぷりぬって、お肌の奥までしっかり浸透させましょう。数分経ったら「美容液」を塗って、お肌に潤いを与えます。

ステップ③:「乳液」と「クリーム」

そして化粧水を美容液で水分を与えたお肌を、水分が蒸発しないように蓋の役割をするのが今回ご紹介する「乳液」と「クリーム」なのです。

乳液は、クリームに比べて水分が多いです。クリームは油分が多く含まれているので、こってりとしています。この二つは、どちらも水分を逃がさないように蓋の役割として使うものですが、お肌の状態や季節に合わせて使い分ける必要があります。

例えば乾燥肌の方を例にとってみましょう。乾燥肌の方の場合、額や目元、口元といった年齢が出やすい部分が特に乾燥しやすくお困りの方も多いと思います。乾燥肌の方は、こうした問題を解決するために乳液もクリームもたっぷり塗って保湿しているという方も多いのですが、塗り過ぎは毛穴の詰まりにもなりますし、メイク崩れの原因にもなり兼ねません。

乾燥肌の方は、全体的に薄く乳液をぬり気になる部分にポイントをしぼってクリームを塗る方法がおすすめです。そうすると、乾燥が気になる部分を集中的にケアでき、メイクをする際もベタつきが気になりません。どうしてもクリームを塗る場合には、量を調節すること、塗り過ぎないことが大切です。

乳液とクリームは必ずしもどちらも使わなければならない、ということはありません。お肌の状態に合わせて量を変えたり、乾燥しやすい冬はどちらも使ってもいいのですがあまり肌に負担にならない使い方を気を付ける必要があります。

保湿効果だけを考えて使うのであれば、油分が多く含まれたクリームをおすすめしますが、オイリー肌でベタつきが気になる方には乳液でも十分ケアすることができます。お肌の肌質に合わせて選ぶこと、またお肌にぬる量を調節することが大切です。

美しく健やかなお肌を手に入れるために欠かせないスキンケア、今回は乳液とクリームについて詳しくみていきました。肌の状態に合わせて使い分けをしてみてください。

おすすめの乳液と美容クリームランキング

まとめると、前述したように、乳液もクリームにも化粧水でお肌に与えた水分を蒸発して逃がさないように蓋をする役割があります。

乳液もクリームも使われる目的は同じなのですが、大きな違いは含まれる「水分量」と「油分量」にあります。乳液は、クリームに比べて水分が多く全体的にさっぱりしています。反対にクリームは、油分が多いのでどちらかというとこってりとしています。

保湿効果だけを考えて使うのであれば、油分が多くて保湿効果の高い「クリーム」を選べば正解です。ただし、メイク前にクリームを塗ってしまうとベタついてしまうので一度ティッシュで軽く水分をとってから付ける必要があります。

役割や性質がわかったところで、乳液とクリームはどちらも使わなければならないのかというとそうではありません。季節やお肌の調子に合わせて使い方を工夫してみましょう。例えば、夏は汗をかきやすくTゾーンは特にてかりやすいです。こうした夏の季節にクリームをぬってしまうと、ベタつきが気になるだけでなく全体的にてかってしまい、メイク崩れの原因になり兼ねません。どうしても乾燥肌が気になる場合や、お肌の調子が悪いなど特別な理由がなければ乳液だけで十分です。

また冬は、夏に比べると非常に乾燥しやすいです。そのため乳液を少量つけて、乾燥が気になる部分にだけクリームをポイントで使う方法がおすすめです。クリームだけを使う場合は、塗る量を調節する、お肌の調子に合わせて使用する回数を決めるといった使い方がおすすめです。

それでは最後に、「オイリー肌」「混合肌」「乾燥肌」別の乳液とクリームのおすすめの使い方をご紹介致します。具体的にどんな風に使ったらいいのか分からない方、乳液とクリームをどう使い分けたらいいか分からない方も参考にしてみてください。

  • まずオイリー肌の方は、乳液は必ず使ってください。どうしてもベタつきが気になる場合は、化粧水を軽く混ぜてメイクをする前にティッシュで水分を落としてから使うようにしましょう。
  • 混合肌の方は、べたつきと乾燥を繰り返しやすく化粧水や乳液選びが最も大変なお肌です。こういう肌の方は、夏はさっぱりとした化粧水や乳液を、冬はしっかりと保湿できる化粧水と乳液を選べば正解です。乾燥が気になる場合は、乳液のあとにピンポイントでクリームを使うようにしましょう。
  • 最後に乾燥肌の方は、保湿効果の高い美容液を使って最後にクリームで水分を閉じ込める方法がおすすめです。乾燥の肌の方は水分量と油分のバランスがとても大事なので、自分のお肌に合ったものを探してみましょう。

是非、乳液とクリームの違いを知り自分のお肌の状態にあったケアをしてみましょう。

第9位 素肌レシピのスムージーミルクEX

乳液はべたつくから苦手、もっと潤いが欲しい、肌に優しいものを使いたい、こんな悩みを抱えている方におすすめが「素肌レシピのスムージーミルクEX」です。なじみがよい乳液が水分と油分のバランスを整えて、さらっとした肌に仕上げます。

3つのおすすめポイント

①天然由来原料使用

素肌レシピは、天然由来原料と食品由来原料でコスメです。植物原料のうち98%はオーガニック栽培原料を使用しています。配合している成分は、アケビプラセンタ、グルコシルセラミド、ビルベリー葉エキスなどです。肌に潤いを与えて水分と油分のバランスを整えていきます。

②10種の無添加

肌に直接触れて毎日使うものだから、肌への優しさが気になるところです。敏感肌の方は、とくに肌に触れるものに気を遣っているのではないでしょうか。肌にあわないものを使うと、すぐにヒリヒリしたり赤みが出て困っているはずです。

スムージーミルク EXは10種の無添加です。パッチテスト済み、アレルギーテスト済み、放射能検査済みです。毎日使えるような優しさを考えています。合成香料不使用ですが、オレンジ花油配合でほんのり香りが漂います。

③さらっと仕上がる

乳液はべたつく印象がありませんか。保湿は必要だとわかっていても、使い心地が苦手で悩んでいる方もいると思います。べたべたするものを朝のスキンケアに使うと、メイクにすぐに移れない点も困ります。

スムージーミルクEXのモニター調査では、74%が使用後の満足を感じています。柔らかな使用感の乳液が素早くなじんで水分と油分を与えて、角質を保護します。

使い方

洗顔後に化粧水で肌を整えてから使用をします。1~2プッシュを手に取り出し、顔全体に優しく広げてなじませます。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 乳液なのにさらさらとした肌触りになることに驚きました。しっとり系の化粧水を使っているので化粧水の後は肌がぺたっとするのですが、その後に乳液を使うとさらっとします。しっかり肌に浸透しているのかなと思います。
  • 化粧水、美容液、クリームと一年中たっぷりと使っているのに乾燥します。素肌レシピは試しに使ってみました。クリームよりの水っぽくない乳液です。肌なじみがよくすっと肌にしみ込んでいきます。乳液の後にクリームを使っていますが重たくなりすぎません。常備したくなるアイテムです。
  • 皮膚がめくれている部分に使っても痛くならず、さすがオーガニックだと思いました。余計なものが入っていないので敏感肌に向いていると思います。べたべたしなくて朝に使えるし、夜は乳液の後にクリームを使うとしっとりします。

肌の乾燥はニキビ、くすみ、シワなどさまざまな肌トラブルの原因となるので、水分と油分のバランスを整えてあげることが美肌を保つために大切なことです。

素肌レシピのスムージーミルクEXは、水分と油分を与えて角質を保護し、さらっと仕上げる乳液です。さらっと仕上がるので乳液のべたつきが苦手な人におすすめです。天然由来原料や食品由来原料から生まれた乳液で10種の無添加なので、肌が弱い方にもおすすめです。さらっとした乳液で潤いを与えて美肌を目指しませんか。

第8位 ライスフォースのアクポレスポアミルクジェリー

皮脂分泌量が多くて顔がテカる、皮脂によって毛穴が開いて目立つ、メイク崩れしやすい、こんな悩みを抱えていませんか。過剰な皮脂はテカり、化粧崩れ、開いた毛穴などさまざまな肌悩みの原因になります。

皮脂や毛穴に悩む方におすすめが「ライスフォースのアクポレスポアミルクジェリー」です。過剰な皮脂分泌を抑制し、キュっと毛穴の引き締まった状態に整えます。

3つのおすすめポイント

①ライスパワーNo.6配合

お米の力に着目して開発された成分がライスパワーエキスです。お米のエキスを酵母、麹菌、乳酸菌で約90日間発酵・熟成させた、化学物質を一切含まない100%お米からできた成分です。

発酵条件を変えることでさまざまな種類のライスパワーエキスが生成されますが、ライスパワーNo.6は皮脂分泌を抑制する働きを持っています。皮脂分泌を抑制する効果が認められている医薬部外品の有効成分です。毛穴の開きや顔のテカリの原因となる過剰な皮脂の分泌を抑えます。

②引き締め成分配合

収れん作用のあるユーカリ油、ラベンダー油、ローズマリー油、海藻エキスがキュッと引き締まった毛穴に整えます。

③無添加

キュッと毛穴が引き締まった肌に近づくためには毎日お手入れを行うことが大切です。毎日使うものなので肌への優しさを考えて4つの無添加です。香料、着色料、石油系界面活性剤、動物性原料は使用していません。弱酸性、アレルギー・累積刺激テスト済、ノンコメドジェニックテスト済みです。

使い方

付属のスパチュラでひとすくいが使用目安量です。顔全体に優しく伸ばした後、両手で顔を包み込んでなじませます。気になる部分には重ねづけをすることがおすすめです。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 白くてゆるめのテクスチャーのミルクジェルです。ミルクジェルといいますが美容液のようなみずみずしさがあります。ふんわりと香ハーブの香りが心地よいです。なじみがよく、スルスル伸びてピタッと密着をします。みずみずしい使用感なのに潤いを感じられます。べたつきはなく使用後はさらさら、しっとりで心地よく使えます。
  • 乳液って頼りないなと思っていたのですが使ってみてビックリ。滑らかなミルクで浸透がよく、もちもちとした潤いが残ります。朝起きたときにテカッていたのに「あれ?あの皮脂はどこに行ったの?」という感じです。容器はポットみたいだし、スパチュラもかわいいです。
  • オレンジ色のジャータイプの容器です。容器の下に行くほど広がっていくので安定感があります。ミルクはとろーんとしたテクスチャーで柑橘系の香りがします。みずみずしく湧き水のようです。肌へのなじみがよくてスルスル伸びて、つきたてのお餅のような手触りに。しばらく時間をおくとキュッと毛穴が引き締まりました。乾燥しやすい季節でも潤いを守ってくれて頼もしいです。

ライスパワーNo.6は皮脂分泌を抑制する有効成分です。アクポレスポアミルクジェリーは、そんなライスパワーNo.6を配合したミルクです。みずみずしい使用感のミルクがスルスル肌に伸びて、キュッと引き締まった毛穴へと整えていきます。

毎日テカリや化粧崩れに悩んでいませんか。皮脂分泌の気にならない肌なら、さらっとして化粧崩れも気になりにくい状態に。

第7位 ライゼのエッセンスセラム乳液

24時間、どんなときでもハリやツヤのある肌は理想ですよね。ハリ・ツヤがあふれる肌に近づくためには、肌本来の力を高めることが大切です。

肌本来の力を高めるサポートをする化粧品が「ライゼのエッセンスセラム乳液」です。肌が自らきれいなろうとする力をサポートして、どんなときでもハリ・ツヤ・潤いのある肌作りを手助けします。

3つのおすすめポイント

①加水分解卵殻膜配合

 

卵殻膜とは卵の薄皮のことです。卵殻膜にはヒナが孵るまで外からのダメージを守り、しっかりと栄養を届けて無事に孵ることを手助けします。コラーゲン、アミノ酸、ヒアルロン酸などを含んでいて、肌本来の力を育み、ふっくら潤いのある肌に導きます。

②3種のセラミド&天然成分配合

肌本来の力を高めるためには、外部刺激から保護し、潤いが逃げないように守っている肌のバリア機能を高めることも重要です。

バリア機能のサポートをする成分がセラミドです。ライゼ エッセンス セラム乳液は、セラミドNP・セラミドAP・セラミドEOPの3種類のセラミドを配合しています。潤った肌をキープするサポートをします。

さらに、天然成分を91.1%配合。ビタミンC誘導体、ヒアルロン酸、コラーゲン、スクワラン、シア脂などさまざまな成分が美しい肌作りをサポートします。肌のための厳選した成分を配合していますが、肌への優しさにこだわって石油系界面活性剤・パラベン・鉱物油・エタノール・合成香料・合成着色料は無添加です。

③オールインワンとしても

美容液並みに美容成分を配合しているので、化粧水の後のケアはこれだけでも十分です。スキンケアを短時間で終わらせたいときに助かります。

使い方

洗顔後、化粧水や美容液で肌を整えた後に使用をします。パール2粒分を手に取り出し、両頬・額・鼻・あごの5か所にのせます。指の腹を使って顔の内側から外側に向かって伸ばし、最後に両手で顔を包み込んでなじませます。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 驚くくらい軽い使い心地です。べたべたしない軽い使用感なので、フタをしなくて乾燥しないかな?と思ったのですが、きちんと潤いを感じられます。もちもちした感触で、水分が補給されていることがわかります。それから、毛穴が目立ちにくくなったこともうれしいです。しっかり保湿されたからだと思います。
  • これまで使ってきた保湿クリームと違う点は、どんどん入っていくことです。保湿クリームは肌表面に膜を作る感じがするのですが、これは肌に入っていく感じがして、膜のような感じやべたつきがありません。肌はもっちり、ふわふわです。触った感じが違うので2個目をリピートしました。
  • 保湿系のオールインワンはべたつくことが苦手だったのですが、まったくべたつきません。みずみずしいのに保湿力がすごいです。乾燥することがなくなりました。肌を守ってくれている感じが持続するので、乾燥による肌荒れもなくなりました。

24時間きれいが続く肌に近づくためには、肌本来の力を高めることがポイントです。ライゼのエッセンスセラム乳液は肌本来の力に着目。べたつかないのに潤い、ハリやツヤのある肌作りをサポートします。使った後の肌の違いを実感してみませんか。

<<Amazon>>

<<楽天>>

 

第6位 エクセルーラのパワーエマルジョンEX

肌がくすんでどんより、乾燥してカサカサ、ハリが不足してしぼんだ状態。こんな悩みを抱えていませんか。くすみ、乾燥、ハリ不足など年齢とともに悩みが増えてきている方もいると思います。

年々増える肌悩みにおすすめの乳液が「エクセルーラのパワーエマルジョンEX」です。コクのある乳液が溶け込むようになじんで、潤ってふっくらとした肌に整えます。

4つのおすすめポイント

①古い角質をケア

くすみの原因となるものが肌に蓄積をした古い角質です。年齢とともに肌の生まれ変わりの周期が遅くなり、古い角質がたまりやすくなります。

古い角質をケアする成分がエイジスクリアコンプレックスです。3種類のラン科植物とカミツレ花エキスを組み合わせた複合保湿成分です。くすみの原因となる角質をケアして、キメを整えて明るい肌に導きます。

②ふっくらハリ肌に

高濃度抽出エキスと持続安定型ビタミンA、持続安定型ビタミンB6を組み合わせたパワーコンプレックスを配合。肌本来の力を引き出して、ふっくらハリのある肌に導きます。

③潤いバランスを整える

ハリ不足やくすみなどあらゆる肌悩みの原因が乾燥です。健やかな肌に近づくためには、潤いバランスを整えることが大切です。

パワーエマルジョンEXは、合成セラミド、メドウフォーム油、ベタイン、スーパーヒアルロン酸、ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン、和漢植物エキスといった保湿成分を配合。乾燥した肌に潤いを届けて、潤いバランスを整えていきます。

④角質層にまで届ける

肌の奥から美しくなるためには、角質層の奥深くにまで美容成分を届けることが重要になります。

パワーエマルジョンEXは高浸透処方です。ナノ化分子の集合体で美容成分を包み込むことで奥にまで浸透。美容成分を徐々に放出するので、美容成分の力が長く続きます。

使い方

洗顔後、化粧水や美容液などで肌を整えてから使用をします。適量を手に取り出して顔にのせたら、顔の内側から外側、下から上に向かったマッサージをするようになじませます。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • とろみのある乳液でバツグンの保湿力です。乳液なのにクリーム並みです。香りがないので使いやすいところも好印象です。今まで使ってきた化粧品が合わなくなって化粧ノリが悪かったのですが、これに変えてからは化粧ノリがよくなってうれしいです。
  • テクスチャーは濃厚でとろっとしているのですが、するんと浸透をしてべたつきません。多めに使うと浸透するのに時間がかかりますが、それでもきちんと浸透をしてくれます。なじんだ後はもっちり潤いのある肌に。肌の内側まで届いて潤いを与えてくれているように感じます。
  • こっくりしているけれどすーっとなじんで軽い仕上がりです。内側はもっちり潤って、肌表面はさらっとします。膜を張る感じではないです。使いだしてから肌の密度が上がったように感じます。

エクセルーラのパワーエマルジョン EXは、くすみ、乾燥、ハリ不足など、さまざまな悩みにおすすめです。肌の内側にまで浸透をして、じっくりと美容成分を放出。しっとり保湿するのにべたつかず、ふっくらと潤いのある肌に整えます。

<<Amazon>>

第5位 BCLのモウシロトーンアップクリームミルクホワイト

シミや毛穴をメイクで隠すのは難しい、時間がかかって大変、こんな苦労をしていませんか。毎日バタバタとメイクをしている方もいるのではないでしょうか。

シミや毛穴が気になる、白くきれいな肌に仕上げたい、そんな方におすすめが「モウシロトーンアップクリームミルクホワイト」です。化粧水の後にも、化粧下地としても、2通りの使い方ができる肌を白くきれいに見せるクリームです。

3つのおすすめポイント

①化粧水後にも、化粧下地としても

トーンアップクリームミルクホワイトは2通りの使い方ができます。

1つめは化粧水後の保湿クリームとしてです。クリームはべたつきそうなイメージがありますが、クリームなのにべたつかない使い心地。洗い流す必要はありません。

2つめは化粧下地としてです。くすんだ肌をトーンアップ。デコルテまで塗ればさらに明るい肌に。洗い流す必要がないのでお泊りのときにもおすすめです。

②うるおい成分90%

うるおい成分90%でできたクリームです。

牛乳タンパク質エキス配合で、角質をケアして肌荒れを防ぎ、潤いを与えることで透明感を引き出します。さらに、12種類の美容成分を配合。ハイドロキノン、カミツレ花エキス、プラセンタエキスなどが潤いを守ります。

③色と香り

色はミルクホワイトです。くすんだ肌も一瞬でパッとした明るい肌に。気になるシミや毛穴をカバーします。香りはほんのりとしたミルクフローラルです。クリームですがべたつかない使用感です。

使い方

保湿クリームとして使用する場合は、化粧水の後に顔全体になじませてください。

化粧下地として使用する場合は、スキンケアをしてスキンケア化粧品が乾いた後に顔全体に広げます。適量を手に取り出し、顔の内側から外側に向かってなじませます。べたつくようだと使い過ぎです。使い過ぎは化粧崩れの原因になるので、べたつく場合にはティッシュで軽く押さえ余分な分を取り除きます。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • これを使うようになってヨレにくくなりました。もともと肌が白くきれいな人のように仕上げてくれて、一日中さらさらの顔で過ごせます。このクリームの後にパウダーファンデーションを使って仕上げ、フェスに出かけたのですが、汗をかいたにもかかわらず6時間経っても崩れていませんでした。これからも使い続けたいです。
  • ジムの帰りに使うように購入しました。化粧水の後に使うとしっとりふわふわできれいな感じに見えて、それでいてべたつくことがなく、毛穴の部分でヨレることもありません。香りもよいです。これだけでも十分ですが、パウダーを上に使うこともあります。
  • 塗るとすぐに白くなります。白くするだけで毛穴に入ったりムラになるんじゃないかなと不安もあったのですが、ムラになったり浮くことがなくきれいに仕上がりました。仕上げにパウダーをハイライトとして使うと明るさが一日中もちます。乾燥も気にならずに使えています。

くすんだ肌をトーンアップ、毛穴やシミをカバー、そんなクリームがモウシロトーンアップクリームミルクホワイトです。クリームなのにべたつかず、化粧水の後の保湿クリームとしても化粧下地としても使えます。白くきれいな肌に仕上げるクリームです。

<<Amazon>>

第4位 DHCの潤米ミルキーエッセンス

お米を分解・発酵・抽出して得られる3つの成分を中心にした100%天然由来成分の美容液が「DHCの潤米ミルキーエッセンス」です。

美容液のべたつきが苦手という方は少なくありませんが、べたつかずさらさらと伸びる使用感です。潤米ミルキーエッセンスは伸びのよいさらっとしたテクスチャーで、潤いで肌をそっと包み、柔らかな肌へと導きます。

3つのお米成分配合

潤米ミルキーエッセンスは、お米を分解・発酵・抽出して生み出した3つの美肌成分を配合しています。

①ライスペプチド

ライスペプチドはDHCオリジナルの成分です。アミノ酸やペプチドを含んでおり、ふっくらとした肌に近づくことが期待できます。

②サッカロミセス/コメヌカ発酵液エキス

コメヌカには、ビタミンB群、ビタミンE、ミネラルなど美肌をサポートする成分が含まれています。つややかな肌へと整えていきます。

③コメエキス

コメエキスはお米のタンパク質を含む成分です。みずみずしく滑らかな肌に整えます。

潤い米ミルキーエッセンスは、米由来の成分をはじめとした天然由来成分100%処方です。スイカ果実エキス、ヒラマメ果実エキス、リンゴ果実エキス、アブラナ種子油などの成分も配合をしています。お米の力とその他美容成分が、潤ったやわらか肌に導きます。

保湿系の美容液は肌がべたっとしたり、伸びが悪いと感じることがありませんか。潤米ミルキーエッセンスは伸びがよいさらっとしたテクスチャーです。さらりと伸び広がり、うるおいバリアとなって肌を包み込みます。

使い方

洗顔後に化粧水で肌を整えてから使用をします。使用目安量は1~2プッシュです。手のひらに取り出したら顔全体になじませます。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 白くてこっくり濃密な美容液で、香りは気になりません。手に取り出したときはこっくりしているなと思ったのですが、顔にのせてみるとするすると伸び広がりました。全体に広げた後は潤いをキープしてくれているようで、もちもちとします。乾燥肌の私でも長時間乾燥が気にならなかったので、保湿力が高いのだと思います。
  • 顔全体に広げた後はもっちもちになります。コックリしていてミルキーなテクスチャーで、しっかり潤いを守ってくれます。乾燥肌なのでこれくらいの潤い力がちょうどよいです。守られている感じがします。お肌がふっくらして気に入りました。香りにも癒されます。
  • 乳液のようなミルキーな使用感です。こくがあるのにすっと伸びて気持ちがよい使用感です。もちもちな手ざわりになるのにべたつきません。化粧水で与えて潤いにフタをして保護してくれるように感じます。ベールのようなのですが、べたっとした不快感がないんです。翌朝の肌は調子がよいです。乾燥小ジワが気になるので、しっかり保湿ケアをしていきたいです。

乾燥が気になるときには、お米の力でケアをしてみませんか。DHCの潤米ミルキーエッセンスは、お米から抽出される3つの成分を中心に配合した美容液です。

こっくりミルキーなテクスチャーの美容液がさらっと肌に伸び広がり、べたっとしないのにうるおいのベールで包み込みます。潤いの膜で守られているような仕上がりに。ふっくらやわらか肌に整えていきます。

<<Amazon>>

第3位 DHCの薬用Qフェースミルク

鏡を見たときに「疲れているな」と感じることがありませんか。ハリ不足は疲れたような印象を与える原因です。

ふっくらとした肌を手に入れたい、毎日元気な肌でいたい、そんな方におすすめが「DHCの薬用Qフェースミルク」です。コエンザイムQ10を10倍濃度で配合した濃い黄色の乳液が、みずみずしくふっくらとした肌へと導きます。

特徴

コエンザイムQ10は、ハリや潤いを与えて若々しい印象を作るために大切な成分です。体内で合成されたり食事から摂取することができるのですが、加齢に伴い体内のコエンザイムQ10は減少をします。

DHCは6年もの歳月をかけてコエンザイムQ10を研究し、独自の技術で高濃度配合をしています。薬用Qフェースミルクに配合されているコエンザイムQ10は従来品の10倍濃度です。高濃度で配合しているので乳液は濃い黄色をしています。

さらに、美白有効成分のプラセンタエキスがメラニンの生成を抑制してシミやそばかすを予防。薬用成分の甘草誘導体とアラントインが荒れがちな肌を健やかな状態に整えます。

そして、みずみずしい肌にかかせないヒアルロン酸やコラーゲンも配合。数々の美容成分が、みずみずしくふっくらとした肌に導きます。

ベタッとするものが苦手で乳液の使用を避けている方もいると思いますが、DHC 薬用Qフェースミルクはすーっとなじみべたつきにくいテクスチャーです。香料、着色料、鉱物油は無添加です。年齢や肌質にかかわりなく、毎日使いたくなるような使い心地となっています。

使い方

洗顔後に化粧水で肌を整えてから使用をします。2~3プッシュを手のひらに取り出し、顔全体になじませます。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 乳液は苦手でリピートしたことはありませんでした。べたっとしたり、表面だけ潤ったりすることが苦手です。でも、この乳液を使ってビックリしました。潤っているのにべたつきません。ストックしておかないと落ち着かず、リピートして使っています。
  • 乳液はべたつくイメージがあるのですが、これは浸透力が素晴らしくべたつきません。起床時や洗顔後はいつも肌がつっぱっていたけれど、これを使うようになってからつっぱりはなく、乾燥を忘れて過ごせるようになりました。香りに癒されてリラックスもできます。
  • 乳液なのにべたべたしません。乳液にしてはさっぱりしている方だと思います。保湿されて乾燥が気にならなくなり、肌荒れもなくなってきました。1回3プッシュ、朝晩に使っても5か月くらい持ったのでコスパがよいです。薬用Qシリーズをラインで使い続けたいです。
  • 乳液はべたっとしそうだけれど、この浸透力が好きです。すっと浸透した後には肌が内側から元気になるように感じます。お風呂上りにマッサージをしながら塗って、ふっくらもっちりを実感できました。だんだんときめが整ってきたようにも思います。

年齢とともに減っていくコエンザイムQ10。DHCの薬用Qフェースミルクは、そんなコエンザイムQ10をはじめとして、さまざまな美容成分を配合した乳液です。乳液なのにべたつきにくい使用感に驚くことでしょう。美容成分がすっとなじんでふっくらハリのある肌に導きます。

<<Amazon>>

第2位 ベネフィークのドゥースエマルジョン

最近化粧品のなじみが悪い、肌がごわつく・かさつく、くすみが気になる。なじみがが悪いと化粧品の力を感じにくいし、ごわつき・かさつき・くすみが気になるとメイクがうまく決まりませんよね。

そんな悩みを抱える方におすすめの乳液が「ベネフィークのドゥースエマルジョン」です。乳液なのにすっとなじみ、触れたくなるような柔らか肌に育んでいきます。

おすすめポイント

肌のごわつき・かさつき・くすみなどの悩みを抱える方に必要なケアは保湿です。肌の潤いが足りないと角質層が硬くゴワゴワとしてきてしまいます。古い角質も蓄積をしてくすんだ状態にも。そして、硬くゴワゴワした角質によって化粧品に浸透が妨げられてしまいます。

潤いが必要であるにもかかわらず、乳液はべたつき、浸透が遅いと敬遠されがちです。

そこで、うるおうのにべたつかない、乳液とは思えないなじみのよさを考えて開発をしました。

一般的な乳液は白い色をしていますが、白い色をしていると肌の上に残った気がしませんか。なかなか浸透しないので乳液が嫌いという方は少なくないようです。ベネフィークのドゥースエマルジョンは透明な乳液です。

浸透感とべたつきのなさを両立させるために、化粧水からヒントを得たり、成分の一滴までコントロールしたりなどして、試行錯誤の日々で透明な乳液を完成させました。肌なじみのよさにこだわっています。

また、肌のリズムとうるおいバリア機能の関係にも着目をしています。潤環美容成分とキシリトール配合でうるおいが巡るような肌に整えていきます。

ベネフィークのドゥースエマルジョンは、みずみずしく軽やかなタイプとなめらかでしっとりなタイプの2種類が用意されています。どちらも硬くなった肌に溶け込むようになじみ、潤った肌に導きます。

使い方

洗顔後、化粧水でケアをした後に使用をします。

使用目安量は10円硬貨よりやや大きめです。ディスペンサー3押し分をコットンに取り出し、コットンを中指と人差し指で挟みます。顔の内側から外側に向かって優しく丁寧になじませます。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 乳液というよりも美容液のようなテクスチャーです。透明な乳液がぐんぐんとして、潤いを閉じ込めてくれるように感じます。みずみずしく軽やかな使用感でありながらも、きちんとキメを整えて柔らかな肌に導いてくれました。朝起きたときの顔が全然違って、メイクのノリがよくなりました。
  • 乳液なの透明でさらっとしていて不思議です。ぐんぐんと美容液のように浸透してくれるので朝のメイク前でも使いやすいです。しっとりとした肌に整えてくれるので乾燥肌の私にはうれしい使い心地でした。グリーンのクリアなボトルに白のキャップで清潔感とみずみずしさが感じされて、容器もお気に入りです。

ごわつき・かさつき・くすみが気になる肌には保湿ケアが必要です。でも、乳液はべたつくしなじみにくいし、苦手という方もいることでしょう。

ベネフィークのドゥースエマルジョンは、乳液なのに透明です。浸透感にこだわって開発された乳液が肌になじみ、潤った肌に整えていきます。白くない乳液を使ったことがありますか。今までにないような乳液を体験してみませんか。

<<Amazon>>

第1位 アテニアのドレスリフト乳液

見た目年齢を決める最大の要因は、「顔の印象」です。

アテニアは独自の研究の結果、加齢による顔の印象が変化する原因は「肌のメリハリが無くなることによる顔の平たん化」と結論づけました。

アテニアドレスリフトとは

アテニアの基礎化粧品のなかで、肌のハリが欲しいと思う人におすすめの基礎化粧品です。また24時間、常に変化する肌状態や外部環境に合わせたケアを行えます。

肌のメリハリが無くなる理由は、

『縦と横の立体的なハリが失われる』

からです。

アテニア独自に開発した縦と横のハリをもたらす原料「発酵コラーゲン」と「クインスシードエキス」がすごいと話題なのです!

ライン使いとしては、

  1. 洗顔石鹸
  2. ローション
  3. デイエマルジョン
  4. ナイトクリーム

の4品です。

①洗顔

美容成分たっぷりなので、洗ってもツッパらず、お肌が潤います。

②化粧水

ハリにフォーカスを当てていて、肌の奥から潤いを感じることができます。ラフィノース成分で保湿力を高め、「発酵コラーゲン」と「クインスシードエキス」で、美肌に必要なハリや血色を良くします。さらに午後の顔をしっかりと支え、日中のダメージから肌を守ってくれる効果もあります。

③デイエマルジョン

朝のハリをそのまま持続させる力があり、午後になるとハリ不足になったりくすみが出たり、乾燥しやすい肌を守る役割があります。

④ナイトクリーム

翌朝の肌にハリを感じることができます。3Dヒアルロン酸が入っていて、肌が再生する真夜中の時間帯にチャージされることで翌朝ハリを与えます。

口コミ

ホームページから2週間のトライアルセットを購入しました。そして先日2本目を使い切ったので、実際の効果をレビューしたいと思います。

まずボトルデザインが可愛いですよね!新しく買い替えるたびに、”上品な可愛さが30代の私好み♪”と感じています。

私はとろみのある化粧水が苦手なのですが、アテニアのドレスリフトローションはとろみがあります・・・しかし!お肌に付けた瞬間から、ぐんぐんと肌奥に吸い込むように入り、サラッとモチっとします。重ね付けは必要ない程にもちもち肌になります。浸透がすごく良いので使いやく、これなら嫌なベタツキ感が全然気になりません♪

香りはとても良く、癒されます。保湿力もあり、つっぱることもないので安心して使用できます。

効果は、まず使用したその日からモチモチ肌を実感できます。次に一番肝心なハリの状態ですが、私の場合、正直2週間のトライアルセットでは効果を実感できませんでした。

それでも若返ったような肌のモチモチ感を失いたくないため、2本目を購入!そして2本目を使い切るくらいの時から、

「え!?法令線が薄くなってきてる!」

と見て分かるレベルになっていました。

“えぇぇーーーやったー!”

と声を上げて、歓喜するほどにです。

ちなみに私の肌の変化を見た友人2名は実際に購入しました。それほど効果は本物です!

32歳女性の口コミ

肌にハリが欲しいな、と思ったので、前々から気になっていたアテニアのドレスリフトラインを使うことにしました。

とても香りが良くて、お手入れの前に手にとってその香りをかぐことで、リラックスした気持ちになれます。

使用方法は、

  1. きれいに洗った手で洗顔石鹸を泡立てて洗顔します。手を洗うのは手に油分が付いていると泡立ちが悪くなるからです。
  2. 指の腹を使って口角から耳の付け根に向かってくるくるとマッサージするようにローションをらせん状になじませます。小鼻の横から耳に向かって、中央から外側に向かってなじませます。全体になじませたら両手で顔を包んでプレスするようにしてもっと肌になじませるようにします。
  3. そして最後に朝ならデイエマルジョン、夜ならナイトクリームを付けます。

夜は付属品のミッドナイトモイスチャライザーを重ねて塗ると、翌朝の肌の状態がますます良くなります!久しぶりにウキウキしながら、お手入れをしています♪

肌のすべすべ&しっとりとした感じが続き、肌にハリが生まれるのを実感できています。

アテニアのドレスリフトラインは”肌にハリ”が欲しい時にとてもおすすめの基礎化粧品です。

37歳女性の口コミ

口コミの評判が良いので、2週間のお試しセットを購入してみました。

結論から言うと、

「2週間は使ってみないと、本当の良さは分からない!」

この価格で、この使用感は高評価です。使い始めは、”安いし、所詮こんな感じかぁ・・・”と可もなく不可もなくという印象だったんですけど、2週間使い続けてビックリしました。

とろみのあるテクスチャーで、みるみると素早く浸透していきます。あっという間に浸透するので少し物足りなく感じてしまうかもしれません。コラーゲンを肌に塗っているかのような滑らかな使い心地です。これまで私が使ってきた安い化粧水には無かった使用感が新鮮で、使っていて楽しいです。香りはローズ系ですが、きつくないので、程良く癒されます♪また低刺激なので敏感肌の私でも大丈夫でした。

<<効果は?>>

エイジングケア対応のラインとは思えないようなあっさりした使い心地なのですが使い続けるとお肌がツルツル、プリッとしてくるようです。歳も歳だし、混合肌だけど乾燥が気になる肌なんで、これまで色々塗ったくっていたんですがこちらのシンプルケアステップでも、特に乾燥が気になることもなく過ごせているので今までの努力や投資はいったい何だったのか・・・とも思う今日この頃です!

個人的に容器のデザインも大人の女性用っぽくて、かなり気に入っています。容器に高いお金を支払うのは嫌ですが、毎日手に取るものだし、どうせなら安いのに素敵な容器の方がテンション上がりますよね♪

この価格で、素敵な容器+パラベンフリー+無鉱物油+アルコールフリーでお肌にもお財布にも優しいアテニアはすごく好印象!ラインでの現品購入を考えています。

Twitter上の口コミ

ホームページからご注文で、2週間のお試しセットプラス+なんとあの人気クレンジングをプレゼント!?

今年新しくリニューアルされました!

アテニアの人気クレンジング「クレンズオイル」も付いて、1,500円(送料無料)でお試し購入することができます。リピートしてくれる自信があるのか、強気の値段設定ですね。

アテニアの商品の中でも一番人気なのがドレスリフトのローションです。

気になった方は、是非公式ホームページをチェックしてみてください。

⇒アテニア公式ホームページ:アテニアドレスリフト


関連記事:

乾燥肌だからこそ乳液は必須!おすすめプチプラ乳液ランキング

ごわつきの角質を改善!肌のごわごわにおすすめの化粧水,洗顔,美容液,乳液

20代30代の美肌美白におすすめ!プチプラ乳液・ミルクランキング

【ヒト型セラミド化粧品だけ!】おすすめ化粧水,乳液クリームランキング

安いしおすすめ!今年一番人気の化粧水、乳液、美容液はこれです

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
・美容家による今年一番のおすすめスキンケアです。
SK-Ⅱや資生堂ホワイトルーセントを使っている女性たちも絶賛!今年一番おすすめしたいオルビスユーのスキンケアの特徴・比較・口コミ←クリック
・ファッショニスタによる今月一番おすすめしたい服装です。
【今月の女性の服装】大人レディースファッションコーデ2019←クリック