40代女性がおしゃれな服装を楽しむ!秋のレディースファッションコーデ2018

2018秋冬トレンドアイテム

夏が終わったら、待ってました!とばかりにオシャレを楽しみたいですよね。

今年は酷暑を乗り切ることに精一杯で、オシャレなんて後回し。とにかく楽で、暑さと日焼けさえ回避できれば…なんて思っていた人も多いのではないでしょうか。

私もそのひとりです(笑)

さて、秋に向けて下調べをしてみると、この秋はベイクドカラーやレトロな柄物、キラキラと光沢のある物が流行りだそうです。

ベイクドカラーとは「くすんでいるような色合い」だそう。くすんでいるなら好みの色が取り入れられそうですね。

よく見かける人気のコーデには、

スモーキーピンクのプルオーバーに光沢感のあるベージュのテーパードパンツ。

通勤使用には、ブラウンのパンプスにブラウンのバック。オフのときはスリッポンやバブーシュでも◎

スモーキーピンクは明るめの物を選べばレフ版効果もあります!

テーパードパンツはユニクロでも購入出来るお手軽アイテムです。裾に向かってシェイプされていますが、腰回りや太ももはゆったりしてるので、スキニーのようなパツパツ感はナシ。ウエストがゴムになっているタイプもあるので誰でもチャレンジできますよね。

そこで選ぶ際の注意点としては、足首が隠れてしまうともっさりしてしまうので、7分丈や8部丈を選んだ方が、脚長効果&洗練された雰囲気に仕上がること間違いなし。

そこで自論ですが、カバーしたい部分を隠したら、自信がある部分を見せる。

例えば上半身も下半身も隠したら、首だけは見せる。首と言うのは手首、足首、デコルテを指してます。この3点ならどこかひとつは自信を持てる部分があると思うのです。

下っ腹を気にしていても、ほっそりした手首や、きれいなデコルテに目線が行くことで着やせ効果にプラスアルファ。

私の場合はデコルテに自信がある…というか、消去法で?デコルテを見せるようにしています。外は寒くてもマフラーでしっかり防寒しつつ(笑)

隠す部分と見せる部分のメリハリをつけることで、スッキリ見せることが出来ると言うのが私流です。

他にも、ワイドパンツを穿いたら体のサイズに近いトップスを選ぶだけでもたつき感は避けられます。トップスは薄手のTシャツより、しっかりした素材のカットソーやニットを着れば
背中のお肉も隠せます。

“要はバランスです!”

※ざっくりニットを着たら、細身のパンツやペンシルスカート↓
※トップスにオーバーサイズを選んだら、ボトムはスッキリと↓
※ワイドなパンツやふんわりスカートを穿いたらトップスはコンパクトに↓

最近はワンピース×ワイドパンツのようなゆるだぼのファッションもありますが、それってスレンダーな人向け。ノースリーブから出ている肩のライン、二の腕がほっそりしていれば
着こなしとしては◎でしょうが、そうでない場合は隠したつもりが逆効果。着太りして見えてしまいます。

これも、先ほどの隠すと見せる効果です。

実は私自身、あのようなファッションが好きなのでチャレンジしたいのですが、肩も二の腕も出せないので断念しました。オシャレには諦めも必要なんですね(苦笑)

40代、体のラインが年々変化していくお年頃。

「もう、オシャレはいいやっ!」なんて言わないで。

体型カバーをしようと、ゆるふわの服や長めチュニックもやめて、取り入れられそうなアイテムを選んでみてください。それからバランスを考え、自信のあるところを出してみてはいかがでしょう。

私流の着やせ効果ですが、「痩せてるね~」と言われるので、試してみて損はないと思います。(実際は普通体型の下っ腹ポッコリ体型です)

40代女性におすすめ!2018年秋に人気のピンクを取り入れる

2018年の秋のコーデを考えているのなら、ピンクがおすすめです!

今年の秋は、たくさんの可愛いピンク色の服や小物がやってきます。

でも、ここで問題なのが、ピンクは40代女性には取り入れにくいカラーだということ・・・。10代の元気が売りの年齢ならば、ピンクはとても似合いますが、40代の落ち着きのある女性が着るとなると、話は別です。

上手にピンクコーデを取り入れなければ、周りから浮いてしまい違和感が出るの当然です。

ここでは、そんな悩める40代女性のために、美しくそして上品にピンクを取り入れるコツを紹介します。

40代女性が今年人気のピンクを取り入れるには、普段鮮やかな色を取り入れてなければ、ちょっと難しいですよね。しかし、コツをつかめば大丈夫!誰でもオシャレに変身することができます。

このようにピンクは40代女性には取り入れにくい色です。そのため、逆にこのピンク色を制することで、周りと差が付き、おしゃれ度が数段アップできることでしょう。上手にピンクを着こなし、周りからも「おしゃれー!」と褒められること間違いなしです。

ピンク色には、人に優しい印象をもたらし、ほっこりさせてくれるような安心感をもたらす効果があります。

包容力に伴い、柔軟な考え方ができる40代女性の魅力を最大限引き出してくれる色なのです。

さらにピンクには心を落ち着かせ、精神を安定してくれる効果があるので、日頃、疲れている女性にもおすすめの色です。

40代女性のレディースピンクファッションのポイント!

40代女性が上手に秋らしいピンクコーデを取り入れるにはどうすればよいのでしょう。美しく上品なピンクコーデに仕上げる方法をご紹介します。

くすんだピンク(ベイクドピンク)を選ぶ

ピンクといっても様々な色があります。色鮮やかなピンクもあれば、ちょっとくすんでいるかのようなピンクもあり、どの色にすればよいのか迷う人もいるでしょう。

40代女性におすすめな色は、ちょっとくすんだ色のピンクです。ベイクドピンクとも呼ばれており、ベイクドカラーは今年のトレンドカラーでもあります。

40代女性には原色に近い、色鮮やかなものだと似合う人は多くありません。そのためパステルカラーのような鮮やかなピンクより、落ち着いた色のベイクドピンクを取り入れましょう。

そうすることでピンクを着ても浮くことなく、40代の自分の色としてフィットします。

長めのプリーツスカート&タイトスカートで上品に

40代女性がピンクを美しく、そして、上品に着こなすには、露出が控えめで、形の良い服を着るのがおすすめです。

例えば、長めのプリーツスカートやタイトスカートは、上品な印象を与える服として重宝します。

プリーツスカートとタイトスカート自体、上品であるイメージが強いので、それにくすんだピンクを取り入れたら最強です!

40代女性らしい美しさが際立ちます。

小物でキメてもOK!

ピンクの服を着るのはちょっと抵抗がある・・・、自分はピンクのキャラではない・・・と躊躇するなら、小物に取り入れてみてはいかがでしょう。

バッグや靴、ストールにピンクを取り入れるだけで、今どきのオシャレが楽しめます。

ピンクというと、春っぽいイメージが強いですが、秋色として取り入れるとなると、ここでも、ちょっとくすんだピンク(ベイクドピンク)がおすすめの色だと言えます。

通常のピンクよりも少し暗めで落ちついた色を選ぶと、秋色として成り立ちます。

また、えんじ色に近いピンクも秋にはぴったりの色です。春っぽくならないためにも、こういったちょっとしたピンク色の違いを押さえておきましょう。

以上、ピンク色のコーデをどうしたら自分のものになるのかちょっとでも参考になったら、是非取り入れてみてください。

今どきのピンクを身につければ、「気分爽快!」気持ちよく過ごすことができるはずです。

※明るい色が恥ずかしいならダークトーン・こっくりカラーを意識しましょう!

ここで言うダークカラーは、暗いカラーというわけではなく、ちょっとくすんだ系のカラーのことを指します。

くすんだ色やダークカラーは、昨年同様引き続き人気です。なぜなら、もともとくすんだカラーは日本人の肌の色にもよく合うからです。さらに40代女性の可愛いコーデに取り入れやすく、ポイントで可愛さを加えることができるカラーだからです。

そのため鮮やかなピンクなどにちょっと抵抗のある方は、ダークカラーのピンクやグリーンなどを取り入れるとコーディネートしやすいです。

おすすめな着こなしとしては、トップスをダークカラーのアイテムにするだけで、落ち着いた印象の女性らしさが出ます

ダークピンクのトップスとグレーのボトムスの組み合わせ

またトップスをダークカラー系のグリーンを選んだ場合、ボトムスは黒でも、グレーでも、からし色とでも、同系色とでも合わせることができます。

このようにダークカラーは、色んなアイテムとの相性も抜群です。仕事着としても知的で落ち着いた印象なので、毎日のコーデとしても使えます。

ダークピンクやダークグリーン以外もネイビーカラーもおすすめです。

また、秋のデートなどにもダークカラーは大人気です。

秋のデートとして紅葉狩りデートの場合でも、シックなグリーンやピンクなどで女性らしく秋らしい装いも簡単にできます。

デニムともダークカラーはかっこよくおしゃれな着こなしができます。デニムのカジュアル感が抑えられ、大人デニムの着こなしが期待できます。

さらにレースなどを取り入れれば、彼氏や旦那さんの受けも悪くないはずです。もちろんレースを入れなくとも、スカーフなどでポイントを作ったり、アクセサリーで女性らしさを取り入れるのもおすすめです。

このように、今年の秋も引き続きダークカラーから目が離せません。あなたのお気に入りのダークカラーは、何色でしょうか。定番のピンク、グリーンなども人気ですが、それ以外にもネイビー、ブラウン、イエロー、パープルなど色んなダークカラーが無限に選べます。

秋のダークカラーコーデも楽しく着こなしましょう!

こっくりカラーは、ベージュ、ボルドー、マスタード

落ち着いた秋シーズンには、濃いめのカラーがよく似合うもの。ですが、さわやかでクリア夏カラーから重めのカラーを取り入れるのは、ちょっと勇気がいりますよね。

そんな初秋から深まる秋までにふさわしい、こっくりカラーを上手に取り入れる方法をご紹介します。色が濃くてもなじませやすく、ナチュラルにトレンドカラーを取り入れる方法を試してみてください。

初秋のこっくりカラーにはベージュが便利!

夏から秋へとファッションアイテムをチェンジする際には、ベージュを使うと便利です。さわやかさもありながら、どんな色にもなじみやすいベージュは、夏にも活躍したカラーでしょう。

こっくりカラーにもなじみやすいため、秋の始まりにはぜひ取り入れてみてください。

まだ暑さや日差しに夏を感じる初秋は、暖色系(赤やオレンジ)とは異なるカラーを取り入れるのがおすすめです。

たとえばグリーンやカーキ。ベージュとも相性がよく、秋らしい装いにチェンジさせることができます。

暑い日にはほどよい肌見せデザインのベージュのトップスで涼し気にみせつつ、カーキのパンツを合わせれば、秋の重さを感じさせずにトレンドを先取りしたオシャレを楽しむことができます。

秋の深まりとともに、徐々にマスタードやボルドーを合わせていけば、何度も秋ファッションを楽しむことができますよ♪

深まる秋には同系色でオシャレにコーディネート

すっかり秋シーズンが到来したら、こっくりカラーをふんだんに取り入れ、思いっきり秋のファッションコーディネートを楽しみましょう♪

おすすめなのは、同系色同士を組み合わせたコーディネートです。同系色とは、同じ色合いのもの同士のこと。たとえばボルドーのトップスに、ボルドーのスカートを合わせるというオシャレを楽しんでみてください。

同じボルドー同士でも、トップスには明るめのボルドーを、スカートは暗めの色を合わせると、初心者でもコーデしやすくなります。黒のバッグや靴で色を引き締めたら、クラッシックなレディスタイルに!

カラーが統一されることで洗練された印象がグッと増すため、この秋こそはコーデ上手になりたいと言う方、ぜひ試してみてくださいね。

やっぱりマスタードははずせない!合わせるこっくりカラーは何?

秋によく似合うマスタードカラーは、他のこっくりカラーとは違う明るさもあり、好んで着られる方も多いでしょう。秋でも活動的な印象を与えるマスタードには、やはりブラウンがよく似合います。

便利で使いやすい深めのブラウンも、秋をイメージさせるこっくりカラー。マスタードとの相性抜群なうえに、秋のコーデには欠かせないカラーです。ブラウンのトップスにマスタードのスカートを合わせれば、明るさを失わないのに、大人っぽい落ち着いた雰囲気にも。これならオフィスカジュアルとしても、充分に使えます。

逆にマスタードのトップスにブラウンのスカートを合わせれば、フェミニンな秋コーデに。こっくりとしながらも、優しいマスタードカラーが女性の顔をより色っぽく見せてくれるため、デートにおすすめです。

カーキやボルドー、マスタードなどのこっくりカラーは、選ぶカラーの明るさや合わせるアイテム次第でいくつもの顔を楽しむことができます。ぜひ、自分らしいこっくりカラーコーデを見つけてみてくださいね。

関連記事:

2018年秋冬トレンドカラー「流行色や柄、ファッションデザインは?」

2018.08.01

2018年秋冬のトレンドファッション「流行ファッションは?」

2018.01.04

大人30代40代女性に人気のレディースファッションブランド7選2018

2018.01.01

さりげないオシャレと上質さが人気の40代女性ファッション通販サイトはこれ一択!

2016.11.06

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
芸能人も愛用!2018年大人気の化粧品をまとめています
失敗しない!2018年の新感覚ベストコスメはこれ!←クリック