【乳酸菌,ビフィズス菌,ヒアルロン酸の肌荒れを治す効果】おすすめサプリとドリンク

内側から治すビフィズス菌、乳酸菌、ヒアルロン酸の力

皆さん肌荒れの主な原因を知っていますか?

  • 皮膚表面の角質層の水分不足
  • 皮脂不足
  • 洗顔のしすぎ
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 乾燥

など挙げられますが、

実は、” 腸内環境の悪化 “が大きな原因となっているのです。「肌は腸内環境(内臓)の鏡」と言われるほど、肌と腸内(内臓)は密接関係にあります。

<< 腸内で悪玉菌が増殖すると、毒素や有毒ガスが発生します >>

腸の本来の働きは、

① 摂取した飲食物の栄養を分解吸収し、体全体へ送り出すこと

② 不要物を体外へ排出すること

しかし、悪玉菌が増殖すると、過剰な毒素や有毒ガスが発生し体全体へ送り出されます。それらが皮膚に到達すると、皮膚の働きを弱め、肌トラブルを引き起こします。

「これが肌荒れの主な原因となるのです」

肌荒れで悩むと、皮膚科へ受診、丁寧な洗顔、肌ケアを試みる人が多いですが、腸内環境を整えきれていないと、結果繰り返してしまいます。そのため肌荒れ改善には、”腸内環境を整えることから始めましょう!”

そこで最適な栄養成分が、

「ビフィズス菌+乳酸菌」

腸内の悪玉菌を減らし、善玉菌の活動を活発にさせます。その結果腸内環境が改善され、肌荒れ改善効果が期待できる一番の栄養素なのです。

またビフィズス菌+乳酸菌で腸内環境を整えると、

  • 便秘予防と解消
  • 免疫力強化
  • アトピー性皮膚炎の改善
  • 花粉症予防
  • 血糖値上昇の抑制
  • 高血圧予防
  • コレステロール低下作用
  • 胃がん、大腸がん予防
  • 口臭予防
  • ストレス緩和

などの効果も得られます。

「ビフィズス菌+乳酸菌両方取らないといけないの?」

善玉菌の9割以上を占めているのがビフィズス菌です。乳酸菌は、ビフィズス菌の1/1000~1/100しか住んでいません。つまり、腸内環境の良し悪しはビフィズス菌が握っているのです。しかしビフィズス菌が善玉菌のボスだからといって、乳酸菌が必要無いわけではありません。乳酸菌は、ビフィズス菌の住みやすい腸内環境を作ることで、腸内環境をサポートしているため、乳酸菌も摂取しなければいけないのです。

「ビフィズス菌・乳酸菌なんてヨーグルトやチーズを食べれば良いんじゃないの?

 ビフィズス菌・乳酸菌にも種類が多数あり、人によって合う乳酸菌が違ってきます。そのためできるだけ多くの種類のビフィズス菌・乳酸菌が入っているものを選び、相性の良いビフィズス菌・乳酸菌に出会うのが、腸内環境を整えるための近道なのです。

*ビフィズス菌・乳酸菌は酸に弱いため、酸が少ない食後に摂ることが有効です。

*ビフィズス菌・乳酸菌は40度が最も増殖を促進させる温度です。そのため体内温度は最適、加熱はダメということです。

*ビフィズス菌・乳酸菌を取り過ぎても体に害は無く、便として体外に排出されます。便が下痢になる方(乳酸菌の取り過ぎという方はめったにいませんが、一応。)は、ビフィズス菌・乳酸菌の摂取量を抑えましょう。

ビフィズス菌・乳酸菌が肌荒れやその他多くの予防に良いと分かったけど・・・、

1.ビフィズス菌と乳酸菌のおすすめサプリ「マクロビオス」

無題1

マクロビオスのビフィズス菌・乳酸菌は2粒でなんと”100億個”ものビフィズス菌・乳酸菌を含んでいます。

また、ビフィズス菌・乳酸菌を摂取しても大腸まで届かないから意味がないと思われている方もいますが、マクロビオスのサプリメントは、大腸まで生きて届くように胃酸に強い作りとなっているのです。

【マクロビオス】ビフィズス菌・乳酸菌

楽天からもチェックできます↓

2.ヒアルロン酸も内側から肌トラブルを軽減させる!

ヒアルロン酸は肌の水分を保持している成分です。保湿作用があり、保湿系の化粧品にも配合されています。しかし、肌に存在するヒアルロン酸は加齢にともない減少します。そして、肌の乾燥が気になるようになります。乾燥肌はくすみ、ニキビ、シワなどさまざまな肌トラブルの原因になります。

そこで、おすすめしたいことがヒアルロン酸の摂取です。では、ヒアルロン酸をどのように摂取したらいいのでしょうか。

ヒアルロン酸の働き

肌は表面から順番に、表皮、真皮、皮下組織で構成されています。ヒアルロン酸は真皮に多く存在をしています。真皮はコラーゲンとエラスチンが網の目のように張り巡らされていて、そのすき間をヒアルロン酸が埋めています。コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸が存在することで、肌の潤いと弾力が保たれているのです。

ところが、加齢にともないコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などが減少をします。ヒアルロン酸には水分を保持する働きがあり、1gで6Lの水分を保持するといわれています。そのヒアルロン酸が減少をすると、肌の乾燥が進行をします。

潤いのある肌を保つためには、加齢にともない減少をするヒアルロン酸を補うことが大切です。ヒアルロン酸を経口摂取することで、肌の水分保持力が高まってという報告もあります。

ヒアルロン酸は食事からでも摂取可能です。ヒアルロン酸を含む食品は、鶏冠やフカヒレなどです。しかし、これらの食品を普段口にすることはほとんどありません。また、40℃以上の熱を加えると壊れてしまうため、食品から摂取することは難しいです。

おすすめの摂取方法は、サプリメントとドリンクです。

ヒアルロン酸は分子が大きく、そのままでは腸から吸収されにくい性質があります。吸収されなかったものは、排泄されてしまいます。近年、技術が進歩して低分子化したヒアルロン酸が出回るようになりました。低分子化したヒアルロン酸を配合したサプリメントやドリンクもあり、こういったものなら効果的にヒアルロン酸を吸収できると考えられます。

ヒアルロン酸サプリの選び方

1gで6Lもの水分を保持するといわれるヒアルロン酸。真皮層に存在するヒアルロン酸は、水分を抱え込んで肌に潤いとハリを与えています。ところが、年齢とともにヒアルロン酸は減少をします。肌の乾燥、くすみ、ハリの低下などの肌悩みの原因になります。

そこで、おすすめしたいことがヒアルロン酸の摂取です。真皮にヒアルロン酸が十分な量存在することで、潤いとハリのある肌に近づくことが期待できます。

ヒアルロン酸は食事から摂取することができます。ヒアルロン酸を含む食品は、『鶏の軟骨、鶏手羽、鶏冠、フカヒレ、もずく、山芋など』です。しかし、ヒアルロン酸は分子が大きいので吸収されにくいといわれています。

そこで、役立つものがサプリメントです。摂取した成分は小腸で吸収されるのですが、分子が小さくないとうまく吸収できません。あらかじめ低分子化したヒアルロン酸なら、腸でうまく吸収できる可能性があります。

ヒアルロン酸を摂取することで、肌の水分量が高まったと報告されています。

<<ポイント!>>

ヒアルロン酸サプリメントを選ぶときには、いくつかのポイントがあります。

ヒアルロン酸は分子が大きく、分子が大きなものはうまく吸収できないので、低分子化したヒアルロン酸を選びましょう。あらかじめ低分子化されていれば、消化酵素で分解する手間を省け、消化・吸収がよくなると考えらえます。サプリメントには、「低分子ヒアルロン酸」「ナノ化ヒアルロン酸」などと記載されています。安いサプリメントは高分子ヒアルロン酸の可能性があるので確認をしましょう。

ヒアルロン酸以外の美容成分も配合されているサプリメントもあります。他の美容成分との相乗作用が期待できます。さまざまな美容成分があるので、肌の悩みにあわせた成分を選んでください。

サプリメントは添加物が使用されていることが少なくありません。添加物が多く美容成分の配合量が少ないこともあります。これでは美肌効果が期待できません。また、添加物は体への影響が心配されます。無添加のサプリメントが望ましいのですが、無添加でサプリメントを作ることは難しく、無添加サプリメントはなかなか見つからないかもしれません。添加物が配合されている場合は、できるだけ配合量が少ないものを選びましょう。

ヒアルロン酸サプリメントには、ジュレ、カプセル、錠剤、粉末など、さまざまな形状があるので、飲みやすい形状のものを選んでください。ただし、注意点もあります。ジュレの場合は糖分が加えられていることがあります。糖分の過剰摂取は糖化を引き起こすので、糖分が少ないものがおすすめです。

まとめ

ヒアルロン酸には高い保湿力があり、肌の潤いを保ってくれています。しかし、年齢とともに肌のヒアルロン酸が減少をします。減少をするものは、サプリメントで補ってあげましょう。肌にたっぷりのヒアルロン酸が存在していると、潤いとハリのある肌に近づきます。

ヒアルロン酸配合のドリンクやサプリメントを選ぶ際にはポイントがあります。分子が大きなものは吸収されにくいので、低分子化したヒアルロン酸を配合しているものを選びましょう。

ヒアルロン酸以外の成分を配合していることもあります。ビタミンC、コラーゲン、プラセンタ、セラミドなどさまざまな美容成分があるので、気になるものが配合されているドリンクやサプリメントを選ぶと良いでしょう。

ドリンクの場合は、飲みやすくするために糖類が配合されていることがあります。糖分の摂りすぎは血糖値を上げて、老化の原因になるAGEsを作ってしまうので、なるべく糖分が少ないものを選んでください。

ヒアルロン酸には肌の潤いを保持する働きがあります。しかし、年齢を重ねると減少してしまうので、潤いのある肌を保つためにはサプリやドリンクから補う必要があります。サプリメントやドリンクを活用してヒアルロン酸を補ってみましょう。

<<楽天で一番人気!口コミ件数6,000以上>>

 


ヒアルロン酸やコラーゲンは美容ドリンクからでもOK!飲むタイミング

ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミド、ローヤルゼリー、プラセンタなど、さまざまな美容ドリンクが販売されています。せっかく飲むのなら効果的に取り入れたいと思いませんか。では、どのタイミングで美容ドリンクを飲んだら良いのでしょうか。

<<一番人気のコラーゲンドリンク>>

 

<<一番人気のコラーゲン粉末(ドリンクや食べ物に加えるだけ)>>

 

<<一番人気のプラセンタドリンク>>

 

美容ドリンクは「食品」として扱われます。

医薬品の場合は服用方法を指定できるのですが、食品の場合は医薬品のように飲むタイミングを指定することは法律で禁止されています。そのため、「1日1本を目安に」といったことしか表記されていません。

しかし、飲むタイミングも大切です。飲むタイミングによって吸収のされやすさが違ったり、肌の修復を助けてくれるなど、違いがあると考えられます。

飲み方と注意点

コラーゲンやプラセンタなど美容系のドリンクは、夜寝る前に飲むことがおすすめです。肌細胞の合成や修復は、夜寝ている間に活発に行われます。寝る前にドリンクを飲めば、寝ている間の肌の修復を助けることが期待できます。

美肌のためには、ビタミンやミネラルなど肌細胞を作るための栄養素が必要です。必要な栄養画不足をすると肌荒れを引き起こします。栄養系のドリンクは、食事と一緒や食後に飲むと吸収されやすくなります。

便秘で肌荒れが悪化した経験がありませんか。美肌のためには腸内環境を整えることも大切です。乳酸菌やビフィズス菌を配合したドリンクなら、食後や朝に飲むことがおすすめです。乳酸菌やビフィズス菌は胃酸に弱いのですが、食後は食べたもので胃酸が薄まり、朝は胃酸の分泌が少ないので、生きて腸に届く可能性があります。

※注意点としては、美容ドリンクの中には、カフェインを配合したものがあります。就寝前にカフェインを摂取すると寝つきが悪くなります。肌は寝ている間に修復されるので、寝つきが悪く睡眠の質が低下をすると、肌の修復がしっかりと行われなくなります。

そのため、カフェインを含んでいるドリンクは就寝前に飲まないようにしましょう。最近はカフェインフリーのドリンクも販売されているので、寝る前に飲むのならカフェインフリーを選びましょう。

美容成分の配合量が多いと飲みにくく感じるので、糖分を多く配合しているドリンクもあります。糖分の過剰摂取は糖化を引き起こすので、糖分が少ないものが望ましいです。

美容ドリンクは食品なので、飲んですぐに変化を実感できないかもしれません。飲み続けることが大切なので、続けやすいように工夫をしてみてください。

ヒアルロン酸、コラーゲン、プラセンタなど、さまざまな美容ドリンクが販売されています。こういったものを飲むことで美肌に近づくことが期待できます。

どのような飲み方でも美肌効果が期待できますが、できれば効果的に飲みたいですよね。飲み方を工夫すれば、さらに効果的になることが期待できます。美容ドリンクの種類にあわせて飲むタイミングに工夫をしてみましょう。

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
芸能人も愛用!2017年大人気の化粧品をまとめています
失敗しない!2017年の新感覚ベストコスメはこれ!←クリック