【秋冬のレディースアウターコーデと人気ブランド】ジャケット,コート,カーディガン2019

2018秋冬トレンドアイテム

寒が厳しくなり、冬の訪れを感じますね。

冬になるこの季節では多くのブランドから新作の冬アウターが発売されます。

“人気の秋物・冬物アウターを要チェック!”

冬らしく、季節感のあるカラーや素材を取り入れるのがおすすめです。

2018年秋冬トレンドカラー「流行色や柄、ファッションデザインは?」

2018年8月1日

「2019年の冬はどのようなジャケットやコートが人気なの?」

などの情報を知りたい女性に向けて、ここでは2019年秋冬の人気アウターコーデとブランドを紹介します。

気になったアイテムがあれば、各リンクからチェックしてみてください。

皆さんのお気に入りコーデやアイテムが見つかりますように♪

  1. カーディガン、パーカー
  2. ジャケット
  3. コート

の順に紹介します!

<<なぜ今ファッション通販が人気なの?>>

  • 様々な洋服をたくさん+短時間に疲れることなく、チェックできる
  • 今自分が一番ほしいもの厳選して買える
  • 通販は、ショップと違い、家賃がないため、その分良質なものを安く販売している
  • いつでも何かしらセール商品がある
  • 家で試着し、合わなかったら返品可能
  • 送料無料

秋冬のアウター!カーディガン、ジャケット、コートのコーデとブランド

秋のアウター

秋も深まり、そろそろ新しい冬物が欲しくなる今日この頃。特に会社勤めをしていると、毎日のコーデに迷いますよね。冬服は価格帯も高額な上、まだバーゲンにはならないし…。

そこで、お勧めしたいのが、「プチプラアイテム」です!

新しいショップもこまめに覗いて、じっくり「宝物」を探しませんか?

私自身、驚いたのですが、最近は安価な洋服でも縫製がしっかりしていて、お洗濯に強く、シワになりにくい高品質なものが沢山出ています。いつものショップの1枚を購入する価格で、一週間分のブラウスが買えてしまう…なんて事も。トレンドを手頃な価格で取り入れられるのは、とても嬉しい事ですよね。

「でも、若い子と被りたくない…」。本当、そうですよね! お手頃のショップは20代の子達もマメにチェックしています。安価な分、同じデザインが何枚も置かれていたりして、人と被ってしまうなんて事、よくありますよね。

なので、コーディネートにちょっとしたテクニックが必要です。

「テクニック」と言っても難しいものではなく、コートとパンツの色を無地で合わせて、中にさりげなく、プチプラの花柄ブラウスやレトロなチェック柄ブラウスを入れるとか、エコファーやエコムートン等取り入れる場合、全身プチプラにならないよう、バッグや靴、アクセサリー、一点は良い物を付ける…等です。

安っぽくならない上、うまくまとめればトレンドをいち早く取り入れた、シックな装いになりますよ♪

次に、取り入れやすい旬のアイテムをチェックしましょう。

レトロ柄

今年の冬もレトロな柄は人気です。各ショップの店頭に新作が続々出ていますよね。花柄なら薔薇や牡丹、小花等、ヴィンテージフィードサックのような、可愛い色合いのものも販売されています。

40代の私が若い頃着ていた、ペイズリーや幾何学模様も、一周まわって新鮮です。色の組み合わせも様々で、見ていて楽しくなりますね。

クールビューティー系の方におすすめなのは「ジャケットタイプのコート」

シルエットはスリムタイプでシュッとしたラインのコートがおすすめです。丈はロングタイプでふくらはぎくらいまであるとIライン効果で背が高く見えます。

色は安心の鉄板キャメルや今年のトレンド顔にしたいならグレーもすてきですね。素材はお値段が少し高くなりますが質の良いウール素材を選ぶとモード系の出来る女を演出できます。

キラキラアイテム

生地がベロアやサテン等光沢のあるもの、スタッズやスパンコールを使用した物等様々ですが、暗くなりがちな冬の装いを、パッと明るくしてくれるアイテムが人気です。

「ベロアはホコリが気になってなかなか手を出せない」という人には、オフィスにもお勧めの「部分使い」を試してみては。襟元のパイピングや、胸元のリボン、ブラウスやスカートの裾フリルなど、素材を変えれば、ベロアも扱いやすく、ぐっと季節感を演出出来ます。

「洋服にヒカリモノを取り入れるのは抵抗がある」という人には、小物使いがおススメです!

ヴィンテージのガラスブローチや、スタッズ使いのバッグ、ブーツ等、コーディネートにプラスすれば、気分もぐっと上がります。

まず、きれいなブルーや、キャメル、ブラック、グレーなど、寒色系でコーディネートして、全身のトーンを合わせます。差し色で鮮やかな赤やピンク等を入れれば、ぐっと女性らしさを演出出来ますね。上下アイテム、ある程度カラーをまとめて揃えたら、着回しにも悩まなくなりますよ♪ プチプライスのアイテムを上手に取り入れて、シックに大人のおしゃれを楽しみたいですね。

ダウンやコートはシンプルなデザインで、生地の良いものを。じっくり探せば、ノーブランドでも素敵なものが見つかりますよ!

この冬着たい!トレンドアウター6選

ピンと張りつめた空気に季節が変わっていったら、身に着けるアウターの種類も自在に変化していきたいもの。今回ご紹介するのが、お友だちや恋人に思わず自慢したくなる冬のアウター特集です。ツボさえ押さえれば、オシャレをするのがさらに楽しくなりますよ。

「冬のコーディネートは、アウター1枚で決まる!」

寒い季節になってくると、頭を悩ませるのが毎日のワードローブ。限られた予算の中でオシャレを楽しもうとなると、色々な制限もあらわれてきます。予算をかけずに去年までの野暮ったさをお片付けしてくれるのが「魔法のアウターたち」です。

ぱっと見目に留まりやすいアウターは、トップスやボトムスに比べてオシャレに差がでるパーツ。ココにお金をかけてあげると「オシャレな人」「洋服のセンスがある人」と周囲の評価も上々になります。迷ったらボトムスやトップスより、アウターを1枚購入する方がはるかにお買い得なのです。

ファーブルゾン

毛足の長いファーをブルゾンに落とし込んだのが、今年の冬大注目のファーブルゾンです。今季はファーの長さが短めのものが主流のため、よりカジュアルに着こなしやすいタイプが続々登場しています。

ファーブルゾンの良さは、とにかくあったかくて軽いこと。保温性があるのにモタつかないため、寒いときにさっと一枚羽織ることができます。ボトムスにスキニー系のパンツやデニムを合わせると、カッコつけすぎない大人の装いに。キメすぎない真冬のコーディネートが楽しめますよ。

オーバーサイズのボーフレンドコート

昨年から引き続きはやっているのが、ゆったりシルエットのコートです。今季は「夫やボーイフレンドのコートを借りてきた」ような、ややボリュームのあるラインのコートが流行っています。

オーバーサイズのシルエットが楽しめるため、ぽっちゃり二の腕や寸胴お腹が気になる方でも大丈夫。厚みのあるニットを重ね着しても、スタイリッシュに着こなすことができます。一枚持っていると、今年風の着こなしが楽しめます。

代表的なのはチェスターコート

相変わらずオーバーシルエットのファッションが流行していて、チェスターコートもオーバーシルエットのタイプが人気になっています。ですがオーバーシルエットのコートは一歩間違うとダボっとして野暮ったくなってしまうので必ず試着をして、見ごろはフィット感があり下半身に向けてフワッと広がっていくようなシルエットのコートを選んでください。

肩を抜いてダボっとしたシルエットだとちょっとアンニュイな原宿風、カチッとしたシルエットならよりコンサバ風の着こなしが出来ます。

ダッフルコート

ここにきて大注目されているのが、懐かしのダッフルコート。学生さんのイメージのあるダッフルですが、最近ではきちんと感のあるアイテムとして急浮上してきています。

ダッフルコートをよりオシャレに着こなすコツは、短めのショート丈を選んであげること。視線を上に集めることで、よりスタイルの良い着こなしに導くことができます。

トレンドたっぷりのアウターは「ダウンコート」

ダウンなんてもうすっかり定番じゃない?と思いますが今年はカジュアルな服装にダウンを合わせるのではく、女性らしいアイテムにダウンを合わせてこなれ感を出すのがトレンドになっています。

冬も引き続き流行しているバケツ型バッグと差し色でビビットカラーのピンヒール、きれいめのパンツを合わせたらあたたかいのにセレブ感あるコーディネートが完成します。

ダウンは防寒アウターとしても優秀だし、オンにもオフにも着こなし自由なので一枚持っておくと大活躍しますよ。

フェミニンなモテ女子を目指したいなら「ファーコート」

デザイン性で甘さを出すよりも透明感のある優しく淡い色味のコートを選ぶのがフェミニンな大人女子です。きれいめを選べば清楚なお嬢様風になります。ファーは取り外し可能なものを選ぶとクリーニングも便利ですよ。

ムートン調のコート

温かさでいえばムートン調のコートもトレンドの中でもすっかり定番のアイテムになりました。オーバーシルエットが流行りですがムートンだとかなり重量が重くなりますし野暮ったくなってしまうのでムートン調のコートで選ぶならスリムなシルエットを選ぶのがマスト。腰回りがゆったりとしたタイプならニットを着てもモコモコしません。

チェック柄

もっとトレンド感をコートやジャケットで出したいなら柄物を選ぶと羽織るだけで一気に今年の顔になります。

今年のトレンド柄はなんといってもチェックです。チェックの中でもグレンチェックという千鳥格子の一種である細かいグレーのチェックがトレンド。ノーカラーのジャケットタイプを選べばカーディガンのように羽織りものとしてコーディネート可能なので着やすいです。

真冬のオシャレ上級者になるポイント!

旬のアウターを手に入れたら、次のようなポイントを踏まえてお洒落マイスターになっていきましょう。

ベレー帽をプラスする

さらにオシャレに見せたいときには、女の子らしいベレー帽をプラス。グレーやキャメルなどの女性らしい色合いを選んであげると、トゲトゲ感の少ない柔らかみのあるシルエットになります。

ヘアセットが上手に決まらないときも、お気に入りの帽子がひとつあると心に余裕が生まれるもの。忙しい朝の時間帯にさっと被るだけで良いので、時間との闘いをしているママにもオススメのアイテムです。

寒くなると空気がより凛とした印象になり、オシャレへの気合もより入ります。「去年までの洋服」も良いけれども、さっと見た目の印象をチェンジしてくれるのが、オシャレアウターの醍醐味。

見た目の印象を可愛く大人っぽくかえて、あなたらしい冬の1日を過ごしてみてください。冬のハッピーは、オシャレなアウター1枚で手にすることができますよ。

冬が本格的になるとアウターが必要になりますがファッションの中でもお値段が高いアイテムなのでそうそう何枚も購入出来ませんよね。今回はこの冬に着たいトレンドのアウターをタイプ別に紹介します。

1.カーディガン、パーカー

夏から秋への移り変わりで大活躍の薄手のロングカーディガン、1つあると大活躍になると思います。

来年夏に向けて、日焼け対策として使えますし、秋口に少し肌寒くなった今、大活躍します。

更に袖口や裾に刺繍が入っていると今年らしさをアピールできます。

ロング丈なので、ワイドパンツやスキニーなど幅広く使えますが、ふんわりシフォン系のスカートなどをもってきてしまうと全体に締まりがなくなってしまうので、カーディガンの上からベルトをしめるなど工夫するとよいですね。

ロングカーディガンを使用したスタイルUPテクニック

ここ数年流行っているロングカーディガンを知っていますか。

まずロングカーディガンについてご存知のない方のために説明させて頂きます。

ロングカーディガンとは、夏はTシャツやノースリーブキャミソール、冬はロングTシャツやノースリーブ、タートルネックや薄手のニットなどと合わせて着ることが出来るファッションアイテムです。

生地としては薄手のものから、ニット素材のもの、ちょっとしたアウターになりそうなものまで様々です。

ロングカーディガンは先程お伝えしたトップスの上に羽織って頂くととってもオススメで、下に履くものとしては、デニムに合わせるとカジュアルにシンプル、スカートに合わせるとガーリーにも着こなせます。

シンプルな格好の上にサラッと羽織って頂くだけで今っぽくお洒落になり、流行りに乗る事ができますよ。

もちろん、お洒落というだけではなく、カーディガンなので夏の冷房が効いた室内で肌寒い時に羽織ったり、外でも紫外線が強く日除けの為に羽織ったりするのにも非常に便利です。

洋服というのは当たり前のことですが、毎日必須になり、何か身に付けなくては外出することが出来ません。しかし、中には体重が増えてしまって体型に自信がなく、外出をためらってしまうという方がいるかと思います。ためらうまではいかなくても、自分の体型に自信がないという方は少なくはないと思います。ちなみに私もそのうちの一人です。

私の場合は全体的にはそこまで太っている訳ではないのですが、太ももの太さがコンプレックスで、ワイドパンツやロングスカートなど、出来るだけ足のラインが出ないような洋服をチョイスしてしまいます。

しかし、お洒落が好きなのでたまにはスキニーのようなスッキリしたパンツも履きこなしたいなと思う事があります。その際に大活躍するのがこのロングカーディガンです。

ロングカーディガンを上から羽織るだけで前のボタンを閉めなくても、後ろからみると太もものラインは全く分からず、前から見ても太ももの外側半分にはカーディガンが重なっているような状態になるので、太ももが太く見えづらくなるという効果があります。

それに加えて、膝下あたりまであるロングカーディガンだと脚長効果もUPしさらにスタイルがよく見えます。膝上のものだと下に履いているスカートや、半端な丈のパンツと合わせた場合、バランスが取りづらくなってしまうという事があります。ですので、膝下やもっと長いマキシ丈(足首辺りまであるもの)を私はオススメします。

しかし、身長が低めの方だと、マキシ丈のアイテムに抵抗があるという方もいるかもしれません。そんな方は膝下の丈のものの方が良いかもしれませんね。

自分の身長や体型に合わせてロングカーディガンを取り入れてみてはいかがでしょうか。このロングカーディガンを羽織ることで、温度調節はもちろん、スタイルがよく見えたり、自分の体型に自信がない方でも他人からの目線が気にならなくなるというメリットがあります。

最近はファストファッションなどで気軽に購入できるような価格で売られているものもたくさんあるので、まだ着たことのないという方はぜひ一度試してみてください。新しい自分に出会う事ができるかもしれませんよ。

コーディネート

サラリとした肌触りで汗をかいてもベタつかないロングカーディガンです。ボタンのない着流しタイプです。家で洗濯可能なのも嬉しいポイントです。

ドライタッチスムース・ノッチカーディガン

モコモコした肌触りが心地良いアルパ混カーディガンです。厚みがあるのに軽いので快適な着心地を叶えます。また太く見えないように肩周りはスッキリと、身頃は長めの丈で程よくゆったりしたシルエットに仕上げました。

アルパカ混ループヤーン・ニットアウター

チクチク感がなく、なめらかな肌触りが気持ち良いアンサンブル(インナーとカーディガンのセット)です。袖口とポケット裏の配色がおしゃれポイント!短めの丈のインナーと長めの丈で両サイドにスリットが入ったカーディガンの組み合わせは、バランスが良く、スッキリと着こなせます。

なめらかヤーン・配色アンサンブル

知的な女性を作り出すきちんと感のあるブルゾン風カーディガンです。小さなスタンドカラー、肩周りのリブデザイン、大きめのエナメル風ボタンやパッチポケットなど、上品なデザインに仕上げました。プルオーバーみたいに前を閉じて着こなすのもおすすめです。

ウォッシャブル・スタンドカーディガン

ネック部分のレースデザインとパール調のボタンが女性らしい印象を強めるカーディガンです。コンパクトなシルエットなのでスッキリと着こなせます。

チュールレース・レディカーディガン

カシュクールデザインが可愛いフリース羽織りカーディガンです。ショール風の衿をリボンで留めるデザインも可愛いポイントとなっています。

プレミアムフリース・カシュクールカーデ

上品な存在感を放つパールをあしらったカーディガンです。緻密なハイゲージ編みとマットな光沢感が上品な雰囲気に仕上げました。

フロントパールニットカーディガン

ポケットのふんわりエコファーがおしゃれなアクセントになるコーディガンです。ウール混10%で、リブ編みに仕上げました。羽織るだけでこなれ感の出る一着です。

ファーポケットリブニットコーディガン

ポケット部分のパールが、さりげなく上品で華やかな印象をプラスするロングカーディガンです。ストンと落ちるロング丈のシルエットは縦ラインを強調。裾の両サイドにスリットを入れ、軽さもプラスしました。

パールロングカーディガン

ふわふわのフォックスファーで秋を先取りするニットパーカーです。ファーの質感が心地よく、ふわふわシルエットが可愛いアクセントになります。

FOXファー付ニットパーカー

ラグジュアリー感をプラスし、小顔効果もあるファー付きパーカーです。ミニマルなサイズ感のためコンパクトでスタイリッシュに着用できます。

フードファーニットパーカー

ふわふわが女性らしくて可愛いロングカーディガンです。程よいルーズなシルエットで、コーディネートを問わず、合わせやすい一着です。

ヘアリーVネックカーディガン

着心地の良いゆとりを持たせたVネックニットです。スカートと合わせた、ゆるっとコーデがおすすめです。

Vネックカーディガン

バイカラーの配色が特徴的なフードパーカーです。袖口のラインデザインもキャッチーなデザインでグッド!さらにハーフジップとKANGOLの刺繍もおしゃれなポイントになっています。

KANGOL バイカラー HOODIE

胸元にFILAの刺繍が入ったパーカーです。短い丈のパーカーはボトムスを選ばす、脚長にスタイリッシュに見せる効果があります。裏毛素材で暖かみのある一着です。

裏毛パーカー

裏起毛で暖かいパーカーです。今年流行りのドロップショルダーで抜け感やオーバーサイズ感を出しつつも、裾のゴムでウエストを引き締めメリハリあるシルエットが人気です。

裏起毛フーディー

2.ジャケット

甘口も辛口もイケる!黒のレザージャケット

まだ今シーズンもレザージャケットブームは続きそうです。

色は春ですと茶色やベージュを選びがちですが、秋冬はシックに黒で締めてしまいましょう。

黒レザーが一枚あるだけで、コーデの幅はとても広がります。

スキニーに合わせて辛口コーデ、ワイドパンツに合わせてカジュアルコーデ、更に丈が短いので、シフォン系スカートを用いて甘辛mixコーデ、ロングスカートコーデなど様々な方法で楽しむ事ができますよ。

シフォン生地を持ってくるときは、同系色(黒)の柄入り(ドットや花など)を合わせると、黒×黒であっても柄・生地違いにより、レザーの質感がより映えてみえますよ。

デニムジャケットがおすすめ!

毎年人気のデニムジャケット、今年はどんな風に着こなすのがおすすめなのでしょうか?

シンプルなデザインだからこそどんなボトムとも相性抜群、一枚は持っているという方も多いアイテムですが今年ならではの着こなしを是非マスターして冬のおしゃれを楽しみましょう。

いくつか着こなし方やおすすめの合わせ方をご紹介するので是非参考にしてみてくださいね。

20代はオーバーサイズ

まずは、20代の方でデニムジャケットを今年風に着こなしたい方には、少し大きめサイズを選んで抜き襟風の着こなし方がおすすめです。ざっくりとしたデニムジャケットも抜き襟風にすることでカジュアルな印象の中に女性らしさも加わり、デートスタイルにもおすすめです。

20代なら若さを全面に出したスカートを合わせてもいいですね。ロング丈のマキシワンピースにさっと羽織って上は、抜き襟にするとスタイルアップ効果があります。脚を出したくない方や体形カバーでも可愛くおしゃれに着こなしたい方におすすめです。

30代は抜け感やラフさをプラス

そして30代の方には、デニムジャケットをちょっとラフに着こなす着方がおすすめです。かちっとした印象のあるデニムジャケットですが、腕をめくったりボタンをはずして中のインナーを見せることで抜け感が生まれます。

肌魅せをすることですっきりとした印象になり着やせ効果も期待できます。お気に入りのデニムジャケットもこんな風にちょっとした着こなしを意識するだけで印象が変わってきます。寒いからといってボタンを全部閉めてしまうのはより年齢が上に見られてしまうこともあるので注意しましょう。

40代は落ち着いた色合い

そして40代の方におすすめの着こなしは、落ち着いた色を選ぶことです。

デニムジャケットにもカラーがあり、薄い色は寒い冬にはあまりおすすめできません。濃い色のもの、丈の短いものを選ぶことでスタイルアップに繋がります。

40代は大人の女性なので、ロングスカートにヒールを合わせ丈の短いデニムジャケットを羽織るだけで素敵なエレガントコーデの完成です。

バッグも小さめのものを選ぶことでより女性らしく美しさが引き立ちます。

デニムジャケットは、刺繍やデザインなどがないシンプルなものを選ぶことで着回しも出来るので是非今年は色の濃いデザインを選んでみてください。マスタードイエローやパープル、今年流行りのネイビーを合わせてもいいですね。40代の大人の女性だからこそ着こなせるアイテムを是非選んでみてください。

また今年は、デニムジャケットとコーデュロイ素材のボトムの組み合わせが大人気です。

温かみのあるコーデュロイのスカートやパンツと合わせるだけで冬のトレンドコーデの完成です。迷った時は、コーデュロイ素材を選んでみると間違いなしです。シンプルなコーデなので耳元に大ぶりのピアスやイヤリングを合わせるとアクセントになってとっても素敵です。

冬だからこそ楽しめる素材で今年はおしゃれを楽しんでみてください。デニムジャケットは、一枚持っているだけで合わせるボトムを選ばない点が魅力です。まだ持っていない方は是非今年のトレンドアイテムでもあるのでゲットしてみてくだだいね。

丈や素材、色によって印象が変わるので年齢に合わせて大人なコーデを楽しんでみましょう。

カーディガンのような着心地なのに、上品な印象も与えるニットテーラードジャケット です。立体的な編み地の鹿の子ジャカード編みが表情があっておしゃれです。カーディガンのカジュアル感と、ジャケットのきちんと感のバランスを取った一着です。

鹿の子編み・ニットジャケット

目の詰めた鹿の子編みがツイードのような生地表面になっていて、おしゃれなニット仕立てのノーカラージャケットです。また生地の端にはフリンジをほどこし、こちらもおしゃれなポイントになります!ボタンなしの着流しタイプです。

ツイード風ニット・ノーカラージャケット

おしゃれさんが集まる街でも素敵にいられるニットジャケットです。ベーシックなテーラードジャケットに、今年の流行りであるパイピングを取り入れたデザインがおしゃれ!前後左右にストレッチが効いていながら、肉感のでないハリのある編み地が優秀で、着心地抜群です。

パイピング・ニットジャケット

シンプルデザインですがスマートに仕上げたテーラードジャケットです。絶妙なダーツ切り替えで、とにかくボディラインを美しく見せるようにデザインされました。ハイブランドにも負けないクオリティが自慢です。

スポンジライト・テーラード

街にも旅にも気軽に羽織っておしゃれを楽しめるフードジャケットです。光沢タフタ素材を使用しており、ほんのりツヤ感が上品な印象をプラス!またウエストにはコードが内蔵されており、軽く絞ってメリハリをつけることもできます。

形状記憶タフタ・パイピングジャケット

艶のあるタフタ素材を使用したカジュアルジャケットです。立体的なスタンドカラーが美しいアクセントになります!シワがとれやすい機能性もあり、普段使いしやすい一着です。

形状記憶タフタ・スタンドカラージャケット

今年流行りのショート丈ジャケットを大人仕様にアレンジしました!コンパクトなサイズ感ですが、窮屈感がないようなAラインシルエットで仕上げ、お尻が隠れる絶妙な丈、視線を分散させる大きめポケットやアシメトリーデザインなど、様々な工夫をほどこした一着です。

コットンテンセル・ショートジャケット

脚長にスタイリッシュに着こなしたい、かつ防寒性も重視したい人はショート丈のダウンジャケットがおすすめ!小さめのフードでコンパクトに着こなせます。生地表面には撥水加工をほどこしており、機能面にも優れた一着です。

リバーシブルグリーンダウンジャケット

ライナー付きのブルゾンジャケットです。後ろにタックを入れたことで、少しフレアなシルエットが女性らしい印象を与えます。

エコファーライナー付きフードミリタリーブルゾン

トレンド感のあるダウンコートです。大きめのフードとワイドに広い身頃のサイズでボリュームを出し、ショート丈でスッキリとハイウエストで切り替えるデザインが、今年っぽい一着です。

カラーフードダウン

今年流行りのショート丈のボリュームダウンジャケットです。少しフェミニンな膝丈ニットワンピースを合わた甘辛MIXコーデや、インナーにインパクトのあるボーターなどのニットとIラインスカートを合わせたカジュアルコーデがおすすめです。

ショートエアコンダウンブルゾン

ネックを高めに設定して、ボリュームを付けたダウンブルゾンジャケットです。袖と裾の内側にはリブが付いており、風を通しません。

カラーWラップダウンブルゾン

リバーシブルに着用できるMA-1ジャケットです。丸みのあるドロップショルダーが特徴的で、かっこ良く抜け感ある着こなしができます。フードは取り外し可能です。

WフェイスドロップショルダーMA-1

MA-1とGジャンをドッキングさせた個性的なMA-ジャンです。ナイロン素材とコデュローイ素材ですが、同色なので着こなしやすいです。中はボアで暖かく冬でも活躍する一着です。

MA-ジャン

フードから裾にかけてのフリルデザインが可愛いキルティングフードジャケットです。今年流行りのオーバーサイズで、ゆるく着こなせます。

フリルキルティングフードジャケット

襟、裾、袖口にエコファーをあしらったライダースジャケットです。コンパクトなサイズ感で、脚長にスッキリと着こなせます。

フェイクファーライダースジャケット

袖のボリューム感と裾のショート丈がトレンド感満載のジャケットです。ボアのもこもこが可愛いですね。ボトムスは細身のものを選び、すっきりと脚長に着こなすのがおすすめです。

ボアジップアップブルゾン

ボア素材との切り替えデザインが個性的なMA-1ジャケットです。ガーリーなアイテムと合わせて甘辛ミックスコーデがおすすめです。

ボアA-1

ゆったりとしたシルエットでボリュームのあるMA-1ジャケットです。両サイドにほどこしたジップデザインが個性的なおしゃれポイント!ボトムスは細身のパンツやタイトスカートと合わせて、スッキリとバランスを取った着こなしがおすすめです。

サイドジップボリュームMA-1

ボアのもこもこ感が可愛いGジャンです。タートルネックやフードパーカーを合わせたコーデでカジュアルに着こなすのがおすすめです。

ノーカラーボアGジャン

淡い色合いとボリューミーなボアのシルエットがガーリーな可愛さのあるジャケットです。

ステンカラーボアジャン

 3.コート

平成最後の猛暑の夏が過ぎ去り、ようやく過ごしやすい季節となってきましたね。急な温度の変化に「着て行く服が無いっ」と慌ててクローゼットを探す方もいるのでは無いでしょうか。

大人女性に向けて、涼しくなってきた時にさっと羽織るだけで秋モードになれるアウターや冬場大活躍のアウター+それに似合うコーデを紹介していきます。

「大きめ」がポイント!今年の旬コートの選び方とは?

寒さが身に染みるようになってきましたね。外出する際にはアウターが欠かせなくなってきました。

アウターといえば、ぜひ揃えておきたいのがコート。

今年のコートのトレンドは、「大きめ」がキーワードとなりそうです。

今回は、今年らしいコートの選び方についてお伝えしたいと思います。

冒頭でもお伝えしたように、今年のコートのトレンドは、ずばり「大きめ」です。

ファッション雑誌などには、「オーバーサイズコート」や「ビッグコート」などと記載されていることもあります。

大きめのコートを着るメリットは、体型にとらわれずオシャレを楽しめることや、リラックス感やカジュアル感が演出できることなどが挙げられます。

さらに、あえて服に着られているかのような着こなしをすることで、愛くるしい雰囲気を演出することもできるため、若い女性にも好んでコーディネートに取り入れられています。

一口に大きめなコートと言われても、どのようなコートを選べば良いのか分かりませんよね。

今年らしい大きめコートとは、具体的どのようなものを言うのでしょうか?

今年のトレンドの大きめコートとは、ずばり、「スーパーロングコート」と、「チェスターコート」です。

スーパーロングコートとは、一般的なロングコートよりも、さらに丈が数センチ長いコートを指します。

丈感が1段階上がるだけだと思われるかもしれませんが、これだけで随分コーディネートの印象が変わります。パンツにもスカートにも合い、さらにカラーや素材によって、カジュアル感ばかりでなく、可愛さやシャープさを演出することもできます。

一枚着るだけで主役級のインパクトがあり、みんなの目を惹くこと間違いなしです。

また、昨年から引き続きチェスターコートも今年のトレンドとして登場しています。

元々、チェスターコートと言えば、背広に似たシルエットで丈がやや長めのものが一般的です。

そして、今年はさらに膝ほどまで丈があるロングチェスターコートや、全体的に大きなサイズ感のビッグシルエットチェスターコートなどがトレンド入りしています。

こちらも、合わせるものはパンツ・スカートを問わず、選ぶものによって、カジュアルからフェミニン、ボーイッシュまで幅広いコーディネートを楽しむことができます。

大きめコートを着こなす上で難しいのは、やはり、全体のバランスが取りにくいということです。あまりにも大きすぎるコートを選んでしまうと、不恰好に見えがちです。

「大きすぎるコート」ではなく、あくまで、「大きめ」のコートを選択することがポイントです。特に、大きめで丈の長いコートは、背を小さく見せてしまったり、脚を短く見せてしまいがちです。その場合は、ヒールのあるパンプスやブーツを履くことによって、バランスを調整することができますよ。

また、コート自体のシルエットによっても、コーディネート全体の見え方が大きく変わってきます。

何となくだらし無く見えてしまう、という方は、ウエストに絞りがあるものを選ぶと、随分スタイルが美しく見えるようになります。

ぜひ、たくさんのコートの中から、自分が納得のいく一枚を見つけ出して下さいね。

今年のトレンドである、「大きめ」コートについてご紹介しました。もともと長め・大きめのロングコートやチェスターコートを、さらに、ちょっと大きめのサイズ感ものをチョイスすることで、今年らしいコーディネートとしてファッションに取り入れることができます。

コートは存在感があり、ファッションの決め手になりやすいアイテムです。

ぜひ、今年ならではの大きめコートファッションを楽しんでくださいね。

冬本番!フェイクムートンコート

去年からジワジワと人気を再燃しつつある、フェイクムートン生地。さわり心地の良さは色々な生地の中では抜群ですよね。

中に綿が入っていれば見た目の可愛さだけでなく暖かさも期待感できます。

丈はパンツコーデであれば膝丈、スカートコーデであれば短めを選ぶとスタイル良く見えますね。上品かつ可愛いというアラサー女性にピッタリの大人可愛いが成り立つアイテムですので、ぜひチャレンジしたいですね。

余談ですが、スカートでチェックを持ってくるときは赤や緑、黄色のカラフルなチェックがおすすめですよ。先ほどあげたフェイクムートン生地のコートと合わせたりすれば最強に可愛くみえつつ、ムートンの上品さが良い意味で抑えとなり、大人可愛いが仕上がりますね。

真冬必需品!マットな生地のダウンコート

ダウンコートの王道といえば、テカテカの生地にボリュームたっぷり!といったイメージですが、それだと生地によってはおばさん臭くなったり安っぽくみえたり、カジュアルすぎる印象になりがちですよね。

そこで今シーズンオススメなのが、ボリュームを抑えたマットな生地のダウンコート。

カラーはネイビーがオススメです。

ダウンなので暖かさは抜群なのは変わりないですが、見た目があまりダウンに見えないものを選ぶと良いですね。

オススメは、ネイビーダウンに白いパンツを合わせたキレイめコーデです。もちろんデニムなどに合わせてみるとカジュアルにしても○。

生地と色を選べば、ダウンコートもキレイの仲間入りです。

アラサー女性であれば、定番のPコートやダウンコートは既にもっている方も多いと思うので、少し変形した今年らしいアウターの紹介をさせていただきました。

アウターは値段も高いし収納場所も陣取りがちですが、冬は外出先でアウターを着ている事がほとんどです。1-2枚プラスすることで、今年らしさをアピールしつつ、寒い冬をのりきっていきましょう。

チェックコートがおすすめ!

先ほども申し上げましたが、今年は空前のチェックブームです!(大事な事なので何回もいいます!)

赤や緑の入ったクリスマスカラーのチェックも可愛いのですが、コートにもってきてしまうと子供っぽく見えてしまうおそれがあるので、グレンチェックを選ぶと大人っぽい印象になります。

シンプルにみえるグレンチェックですが、チェックの中に一本だけカラフルな線が入っていると今年らしさが際立ちます。

そして、ノーカラーをチョイスすれば、中の服がボリュームのあるニットだったり、タートルネックであってもスッキリ見えますし、ストールなど巻いてワンランク上のオシャレを楽しむ事ができますね。

毎年何を買おうか迷われる方は多いのではないでしょうか。

毎年着られる黒のチェスターコートもいいですが、今年は思い切ってコートにトレンドを持っていきましょう。

コートでおすすめなのが「チェックコート」です。

メンズライクな形のものでロング丈もいいでしょう。小柄な方なら膝丈にし、肩に少しゆとりのあるオーバーサイズの形にすると様々なスタイルに応用できます。厚手の物を着る季節になるとやはり肩周りにゆとりのある形の方が汎用性は広がります。

ベイクドカラー

また、ベイクドカラーのコートも素敵です。

スモーキーなグリーンのコートや、先程触れたベイクドピンクのコートを着れば今年の主役コート間違いなしです。襟の大きいダブルタイプの形の物を選べばレトロな中に今年らしさが光ます。

レトロ、ヴィンテージと聞くとつい古着を思い浮かべてしまいがちですが、今年はここに”ミックス”をプラスしていきましょう。形はどこか懐かしいんどけど、色や素材は今年らしい。そのポイントをどこで表現するのかが今年のファッションを上手に着こなす鍵です。

  • コートをチェックにするのなら、スーパーロングにして白のスニーカーを合わせてみる。
  • 花柄のレトロなワンピースを主役に、ベイクドカラーのビスチェにハンチング。

このように小物や、色、形でバランスをとって着こなしてみてください。今年の冬は洗練されたミックススタイルで思いっきりおしゃれを楽しんでください。

羊毛の約3倍も暖かいと言われる上質なアンゴラ素材を使用したコートです。今年らしいビッグシルエットで、抜け感ある着こなしが可能です。また裏面の配色が動くたびに見え隠れし、さりげなくおしゃれな印象をプラスします。ふわふわの極上な肌触りを感じてほしい一着です。

アンゴラニット・ダブルフェイスコート

ガイヤの夜明けで特集されたDoCLASSE秋冬で一番人気のコートです。ダウンと同じ暖かさなのに、スリムな体型を叶えるダイエットコートです。その理由は中綿と生地表面にこだわりがあります。新素材中綿「バイウォーム」を採用し、ダウンと同じような温まった空気を外に逃さない作用があります。また表と裏のポリエステルタフタ生地にもこだわり、糸の隙間を埋める含浸(がんしん)加工をほどこしたことで、冷たい空気を通さない高密度仕上げました。

マジカルサーモ・フードコート

ダウンだと女性らしさが減る、コートだと重いし動きづらいという悩みを解消したのがDoCLASSEのマジカルサーモコートです。素材のこだわり、細かいカッティングで、暖かさ・軽さ・ほっそり見えを叶える秋冬大人気商品です。

マジカルサーモ・リバーステンカラーコート

ダウン並みの暖かさを叶えるマジカルサーモにスタンドカラータイプが新登場!前を閉じても顔に当たりにくい高さ、上下に開け閉めできるジップ、裾を少しすぼめたすっきりシルエットなど、細かい着心地や機能面にもこだわった一着です。

マジカルサーモ・リバースタンドカラーコート

首元を暖かく包むファー付きのノーカラーコートです。シャギー風に起毛させたウール混素材を使い、着ていることを忘れる軽さと暖かさを両立しました。ファーは取り外し可能です。

ループカット・ファー付ノーカラーコート

軽さ、暖かさ、可愛さを兼ね備えたフードコートです。表面はウール調のポリエステル、裏面は素肌に触れても心地良いベロアタッチ素材、内側には薄手のエアースポンジを内蔵した三層構造になっており、薄くて軽量なのに保温性抜群を叶えました。またムートン風の裏地のデザインや、小顔効果のある絶妙な大きさのフードなどもこだわりです。

エアーウォーム・配色フードコート

本物のムートンのような質感と肌触りを叶えつつ、重さは半分に抑えた軽量なムートン調フードコートです。肩のこらない着心地で、可愛いカジュアルな着こなしを叶えます。

ムートンタッチ・フードコート

細く見せるスタイリッシュなダウンコートです。DoCLASSE自慢の素材はもちろんのこと、細い幅のスティッチ・切り替えスティッチ・ウエストを絞れるドローコードなどのデザインにより、より一層細見えを叶えます。フードの裏はエコファー仕立てになっています。

ファーフード・スタイルアップダウン

リバーシブルに着こなせるスポーティなダウンコートです。身頃は横に広げず奥行きを作り、袖の内側は肩から二の腕を包む切り替えデザインにより、背中と肩の丸みを抑えることで、背筋がすっと伸びるような効果があります。またシャカシャカしないポリエステルのタフタ生地、くびれを作るドローコード、ポケット付きなのも嬉しいポイントです。

ジップアップダウン・リバーシブル/柄

膝まで温めてくれるロング丈のダウンコートです。ボリュームのあるエコファーが華やかさがあります。スニーカーと合わせてカジュアルにも、ヒールを合わせてドレスアップにも使える一着です。

ファートリム・ロングダウンコート

フリースの軽さはそのままに、まるで上質ウールのような滑らかさと暖かさのあるウォームライト素材を使用したフードコートです。ショール襟や裏面の配色などモダンなデザインにこだわった一着です。

ウォームライト・フードコート

ボリューミーなリアルファーがリッチな印象を与えるショートコートです。すっきりとシルエットなのでどんなボトムスとも相性の良い一着です。

スーリーアルパカファー付ショートコート

ボリューミーなファーがリッチさと可愛さのある印象を与えるコートです。女性の品格を備えた一着です。

ダブルビーバーファー付きコート

フードと袖口にあしらったボリューミーなファーがラグジュアリーな印象を与えるコートです。フロントは開け閉めが楽なファスナー仕様です。ファーは取り外し可能で5つのパターンで着こなすことができます。

フードファー付5WAYコート

胸元の大きなビジューが顔周りを華やかに、袖口のふわふわファーが可愛いアクセントになるコートです。ベルトは黒とコートと同じ色の2種類が付いています。リボン結びでウエストマーク をして、スタイルアップに着こなしましょう!フェミニンコーデにピッタリな一着です。

プリンセスコート

大人のフェミニンスタイルにピッタリなノーカラーコートです。首元のビジューと袖口のファーが、リッチで可愛いポイント!ファーは取り外し可能です。

レディノーカラーコート

こちらはフロントの3つのボタンがビジューボタンになったノーカラーコートです。

Ladyノーカラーコート

袖口と首回りの3ヶ所にフォックスファーが付いたノーカラーコートです。首回りのファーにはビジューブローチが付いており、とても華やかで美しいです。

ファーティペット付ノーカラーコート

こちらはフードタイプのフォックスファー付きコートです。付属のベルトでウエストマークを付けることができ、スタイルアップに着こなせます。

フードフォックスファーガウンコート

ラグジュアリーで可愛い印象を与える、ふわふわファーが特徴のコートです。袖口とフードのファーは取り外し可能です。フロントの開け閉めがジップなのも嬉しいポイントです。

フードファー付5WAYコート

ファー付きダッフルコートです。カジュアルになり過ぎない上品で可愛らしいデザインで、幅広いコーデに使えます。大人の女性にピッタリな一着です。

ファーダッフルコート

グースダウンが軽くて暖かいダウンコートです。ホワイトグースダウン素材を95%使用し、4層に重ねた生地により、マイナス38℃まで対応できる暖かさが自慢です。風邪を通さない構造や、化粧が付かない襟折りなど、細部までこだわって仕立てられました。また裏地がチェック柄になっているのがおしゃれなポイント!フードの毛皮は取り外し可能です。

コートの丈は90cm、105cm、115cm、125cmから選べます。

一番人気の膝丈ダウン

シェイプなラインで美しいシルエットを叶えるファー付きブルゾンコートです。上質なウール素材を使用し、上品で飾らないシンプルなデザインです。

ファーツキブルゾン

東原亜希さんと西川ダウンがコラボしたダウンコートです。背中にボリュームを持たせたオーバーサイズのシルエットですが、裾にゴムを入れたり、前後差を付けたりして、着ぶくれしないよう綺麗なシルエットに仕上げました。厚手のトップスをインナーに着ても、ストレスなく動けます。

東原亜希×西川ダウン/オーバーサイズダウン

毎年人気のナノユニバースから発売される西川ダウンコートです。着膨れしない、薄さ・軽さ・上品さがあるのに、暖かく動きやすいと人気です。ボリューミーなファーは取り外し可能です。

西川ダウン/フードロングダウン

ボトムスを選ばず、スッキリと着こなせるショート丈の西川ダウンコートもあります。

西川ダウンフードショートダウン

気分合わせてリバーシブルに着こなせるダウンコートです。フードにはボリューミーなふわふわファーをほどこし、リッチな雰囲気の一着です。

リバーシブルダウンコート

カジュアルになりがちなダウンを大人上品に仕上げたダウンコートです。ゴールドの金具で華やかなアップ!ダウンの量にもこだわり、暖かさと美しいシルエットを兼ね備えた一着です。

FOXファー フードダウン

カジュアルなダウンコートです。素材はポリエステル100%生地を使い、程よい光沢感があり、カジュアルの中にもエレガントな印象をプラス。高めの位置にあるウエスト切り替えがスタイルアップ効果をもたらします。

BOWBRIDGEダウンコート

防寒性に優れた素材を使用したダウンコートです。フードのファーにはラビットファーを使用しています。身頃はややワイドに、丈はショートに仕上げ、抜け感がありつつもスッキリと着こなせる一着です。

ラビットフードストレッチショートダウン

まるでリアルムートンのような高い質感のエコムートンを使ったフードコートです。すっきりと見える程良いサイズ感とシンプルなデザインは、きれいめにもカジュアルにも着こなせます。

フード付きエコムートンコート

イタリアのカシミア混ウール素材を使用したフードコートです。ふっくらと柔らかな素材感が人気です。フードは取り外し可能で、ノーカラーコートとしても着用できます。

フードコート

フード可愛いミディ丈のコートです。裾に向かってやや広がったデザインが女性らしいシルエットを演出。フードは取り外し可能で、ノーカラーコートとしても着こなせます。

フードミディ2WAYコート

デニムやワイドパンツと合わせてカジュアルに着こなすフードコートです。フードは取り外し可能で、ノーカラーコートとしても着用できます。素材には白度が高いオーストラリアの羊毛を使用しており、長い毛足とヌメリ感、柔らかさ、軽量感にも優れています。

HAMILTONフードコート

リラックス感のあるオーバーサイズのノーカラーコートです。ダブルフェイスデザインがおしゃれなポイントに!コートの表面も裏面も柔らかく滑らかな肌触りで、上質なウールが自慢です。

ウールダブルフェイス ダブルブレストノーカラーコート

カシミア100%のラップコートです。肩をすっきりと動きやすさを重視したデザインとなっています。中にニットを着てももたつかず、きれいに着こなせる一着です。

カシミヤラップコート

こちらは襟がネックに沿うようなVネックカラーは、デコルテを華奢に、顔をよりシャープ見せる効果があります。

Wフェイススタンドノーカラーコート

Vネックノーカラーコートはマフラーやストールとも相性が良いです。ウール混素材で裏地付きなので暖かく、軽い糸で仕上げたので軽くて着心地抜群です。

ショートビーバーノーラペルVコート

ウール100%でふっくらと柔らかい表面感と軽さが特徴のノーカラーコートです。シンプルなデザインなので、今年流行りのドット柄やチェック柄のインナーと合わせて着こなすのがおすすめです。

Vネックノーカラーコート

オーバーサイズ感のあるロングコートをゆるく着こなすスタイルは今年のトレンドです!ロングワンピースと合わせて、可愛く着こなすのもアリです♪

バックベルテッドコート

今年大人気のオーバーサイズ感のあるチェスターコートです。インナーはトップスをボトムスにインするメリハリスタイルがおすすめ!ゆるっとしたシルエットのバランスを取り、こなれたコーデが完成する定番スタイルです。

MANTECOオーバーチェスターコート

厚くてハリのある生地質と毛羽のないクリーンな生地表面が特徴なチェスターコートです。ゆるりとしたサイズ感ですが、丸みのあるコクーンシルエットでバランスを取り、ボトムスを問わず合わせやすい一着です。

ライトメルトンチェスターコート

グリーンレーベルのスポーティすぎず大人の女性が着回せるダウンコートです。マットな質感と軽い着心地を叶えるバックツイルピーチ素材を使用。シルエットは、バスト周辺のダウン量を抑え、裾にかけてボリュームアップさせることで、長めの丈でもすっきりと着用できるようにこだわって仕立てられました。

ノーステッチダウンコート

メリハリスタイルにさっと羽織るだけでおしゃれなカジュアルコーデが完成するガウンコートです。オープンで羽織っても、付属のベルトでウエストを引き締めてもOK!普段使いしやすく、使い勝手の良い一着です。

ロングガウンフードコート

今年トレンドのグレンチェック柄のコートです。見た目以上に軽く、裏地もしっかりしています。シンプルなコーデに羽織るだけでオシャレな着こなしが完成します。

チェックロングコート

今年流行りのノーカラーのオーバーコートです。顔周りをスッキリと、そしてルーズに着こなせます。カジュアルにもフェミニンにも合わせやすいです。

オーバーロング丈ノーカラーコート

オープンで羽織って着る、ボタンなしのチェスターコートです。大きめのラペル(襟元)とサイズ感が今年らしいゆる感あるデザインです。両サイドにはファスナーがあり、開けるとプリーツ生地が付いていて、より女性らしい雰囲気になります。

2wayサイドプリーツチェスターコート

フリース素材を使用した裏起毛のフードコートです。袖口と裾にはリブをあしらいコクーンシルエットを演出。細身のパンツと合わせて、下半身はスッキリと着こなすのがおすすめです。

ロング丈フードコート

上質なフェイクムートンとフェイクファーを使用したフードコートです。襟を折り返す着こなしが、内側のファーが見え、小顔効果もあるのでおすすめです。

フェイクムートンロングコート

チェック柄のコートにニュアンスカラーになる無地の生地を切り替えた個性的なコートです。前から見ると一般的なチェック柄のコートに見えますが、後ろから見ると無地の切り替え部分がプリーツデザインになっているのです。

チェック柄ブロッキングコート

今年トレンドのショート丈ダウンコートはスカートやワンピースとも合わせやすく、脚長にスッキリと着こなせます。個人的にはニットワンピースにショートブールを合わせるコーディネートがおすすめです。

2WAYショートダウンコート

ヴィンテージ感のあるフライトジャケットです。ボア素材のふっくらしたボリュームが良い感じです。メンズライクな印象でカジュアルスタイルにぴったりな一着です。

フェイクムートンボリュームコート

リバーシブルに着こなせるボアミリタリーコートです。メンズライクな粗めのボアと、USED感のあるミリタリー素材を使用しています。今年流行りのレギンスと合わせたコーデがおすすすめです。

リバーシブルボアミリタリーコート

関連記事:

【1月冬の服装】大人レディースファッションコーデ2019

【20代後半女性の冬の服装】レディースファッションコーデ

【大学生の女性の服装】2019冬レディースファッションコーデ

2019年最新!秋冬のブラウスとシャツコーデと人気ブランド

【2019年レディースTシャツ、カットソーコーデ】こだわりのディテールと機能性

2019年1月冬のレディースストリートファッションスナップ

【冬のレディースニットコーデ2019】最新の人気ニットトップスとブランドだけ!

【秋冬バッグはどれにする?】レディース鞄の種類とブランド2019

大人レディース必見!2019年プチプラで人気のアクセサリーブランド

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
・美容家による今年一番のおすすめスキンケアです。
SK-Ⅱや資生堂ホワイトルーセントを使っている女性たちも絶賛!今年一番おすすめしたいオルビスユーのスキンケアの特徴・比較・口コミ←クリック

・ファッショニスタによる今月一番おすすめしたい服装です。
【今月の女性の服装】大人レディースファッションコーデ2019←クリック