30代,40代女性の乾燥肌に人気の保湿クリーム&化粧水ランキング2018

美容におすすめ♪

のほほんとしてられません!

季節の変わり目は、

『敏感肌、乾燥肌になりやすい』

*特に寒暖差が激しい日には肌トラブルになりやすいのでご注意を!

そのため、

“保湿、潤い、ハリ、を与えてくれる成分が高濃度に入っている化粧品”

を選ぶのは必須です。

ここでは私が今年数多く試してきた人気の保湿クリームと化粧水をそれぞれランキング形式で紹介します。

皆さんの肌のお悩みに貢献できたら嬉しいです♪

乾燥肌対策で肌トラブルのない肌に

「乾燥肌は肌トラブルの原因になります。」

乾燥肌の悩みは秋冬に増えることが一般的でしたが、季節の変わり目や冷房が効いている場所に長時間いる夏場でも、一年を通して乾燥肌に悩んでいる女性は少なくありません。乾燥肌は、さまざまな肌トラブルの原因になります。若々しい肌を維持するためには、乾燥対策が大切です。

肌の潤いは、皮脂膜や細胞間脂質、天然保湿因子などによって保たれています。ところが、乾燥肌の方はこれらが不足しています。潤いを保持する成分が不足している肌は、紫外線や花粉などの外部刺激から肌を守る役割があるバリア機能が低下しています。バリア機能が低下をすると紫外線の影響を受けやすくなり、シミやシワの心配が高まります。また、角質が肥厚して毛穴が細くなるため、わずかな皮脂でも毛穴がつまり、ニキビができやすい状態にもなります。

綺麗な肌になるには保湿が大切!乾燥対策して得られる効果

乾燥肌はシミ、シワ、くすみ、ニキビなどさまざまな肌トラブルを招きます。そのため、肌トラブルを防ぐには保湿が大切です。

保湿をすることで肌のバリア機能が高まり、紫外線などの外部刺激に対抗する力がつきます。肌の生まれ変わり(ターンオーバー)が正常になるので、ニキビができにくくもなります。ターンオーバーが整うことでキメが整い、透き通った肌にも近づきます。さらに、メイクのノリもよくなります。

潤いのある肌は健康な状態なので、美肌に近づけるのです。

潤いのある肌になるためには、

  1. 肌が乾燥しないようにすることと
  2. 保湿成分を与えること

が大切です。

まずは、乾燥を招く習慣を見直してみましょう。いくら保湿成分を与えても、乾燥を進行させる習慣を続けていては、保湿成分の働きを十分に得られません。ゴシゴシ洗顔をしていませんか?肌を清潔に保つことは大切ですが、過剰な洗顔は肌の潤いも奪ってしまいます。洗顔は優しく行いましょう。

肌を清潔にしたら保湿化粧品で潤いを与えます。保湿作用が高い成分には、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、NMFなどがあります。セラミドには肌のバリア機能の回復を促す働きがあるのでおすすめです。

保湿するときの注意点!

保湿をするときには、こすらないように、刺激を与えないように気をつけましょう。こすると肌のバリア機能が低下し、肌内部の水分が蒸発しやすくなります。
洗顔時には洗顔料をよく泡立てて、手が肌に触れないように洗いましょう。すすぐときにも、上下にこすらないように気をつけます。

保湿成分を肌に浸透させるために、すり込むようにしたくなりますが、化粧品で保湿をするときにもこすらないように気をつけてください。顔の上を滑らせるようにつけてみましょう。化粧水はコットンよりも手でつけることがおすすめです。コットンは、コットンのケバや叩く刺激が加わってしまいますが、手ならコットンよりも摩擦が少ないです。

このように乾燥肌はシミ、シワ、ニキビなど、さまざまな肌トラブルの原因です。しかし、潤いのある肌ならバリア機能がしっかりとしているため、肌のトラブルも起こりにくくなります。乾燥対策は美肌の基本です。

気温が高い季節、特に夏の保湿ケアについて

夏は汗をかいて何となく肌が潤っている気がしますが、実は肌内部は乾燥をしています。肌がテカっているようならインナードライの可能性があります。肌の潤いが不足しているため、不足する潤いを補うために皮脂の分泌が活発になっているのです。

夏はクーラーを使用して室内の湿度が低くなるため、思っているよりも肌が乾燥しやすい時期です。乾燥をするとさまざまな肌トラブルの原因となるので、夏も保湿ケアをしましょう。

でも、夏に保湿ケアをするとべたつきが気になりますよね。夏に上手に保湿ケアをするポイントを紹介します。

夏でも保湿が必要な理由

夏は職場でも、自宅でも、電車内でも、クーラーを使用して湿度が低下をしています。空気が乾燥していると肌も乾燥をしてしまいます。

肌が乾燥をすると外部刺激から守るバリア機能が低下をして、紫外線の影響を受けやすくなります。夏は紫外線が強い時期なので、紫外線の影響を強く受けるとシミができる心配があります。

それだけではありません。乾燥肌は毛穴の力が低下をして、毛穴が細くなっています。このような状態でわずかにでも皮脂が分泌されれば、毛穴がつまってニキビの原因になります。

保湿をすると肌の水分と油分のバランスが整い、過剰な皮脂分泌が治まります。潤いのある肌は肌トラブルを起こしにくいです。

注意すべき点は、肌がテカっているとあぶら取り紙を使用したり、頻繁に洗顔をしたくなりますが、これらは乾燥を進行させてしまいます。

また洗顔は優しく行うことがポイントです。洗浄力が強い洗顔料を使用すると、必要な潤いまで奪ってしまいます。洗顔料をたっぷり泡立てて、こすらないように優しく洗いましょう。洗顔時間は長くても1分です。長時間洗顔をしていると、肌の潤いが失われます。

そして洗顔後には化粧水や乳液などでケアをします。化粧水はアミノ酸を配合したもの、乳液はセラミドを配合したものがおすすめです。これらの成分には保湿作用があります。乳液とクリームを比較すると乳液の方が油分が少ないので、夏には乳液を使用するとよいでしょう。クリームを使用する場合は、油分が少ないものを選びましょう。

保湿系の化粧品を使用してべたつきが気になる場合は、オイルフリーの化粧品を使用することがおすすめです。さっぱりタイプの化粧品を使用したくなりますが、さっぱりタイプはアルコールを配合していることが少なくありません。アルコールは肌の乾燥を進行させるので、さっぱりタイプを使用するならアルコールフリーのものを選んでください。

乳液は小指の爪くらいの量を使用することがポイントです。手のひら全体に乳液を広げて、その手を顔に押し当ててなじませます。

汗で肌がしっとりしている感じがする夏ですが、肌内部な乾燥をしています。乾燥肌は肌トラブルを招く原因になるので、夏でも保湿ケアをしましょう。ポイントを押さえて保湿ケアをすれば、夏でもべたつきは気になりません。

30代40代女性の乾燥肌に人気の保湿クリーム&化粧水について

まず保湿クリームについて、続いて化粧水について紹介します。

保湿クリーム

保湿クリームには、肌に潤いを与える働きがあります。

肌の潤い保持成分は、細胞間脂質が80%、天然保湿因子が18%、皮脂が2%で占められています。洗顔をするとこれらの潤い成分は洗い流されます。

しばらく時間が経てば肌の潤い成分は回復しますが、それまで肌は無防備な状態です。また、乾燥肌は肌の潤い成分が不足しているため、洗顔後になかなか肌の潤いが回復しません。そんな無防備な肌を守ってあげたり、不足する潤い成分を補う役割があります。

「美容液や化粧水でも潤いを補えるのでは?」と思うかもしれませんが、化粧水などと保湿クリームでは保湿力や与える保湿成分が違います。

化粧水や美容液は主に水溶性の美容成分を配合しています。化粧水は油分が少ないため、保湿クリームに比べると保湿力が低いです。一方、保湿クリームは脂溶性の美容成分を配合していて、油分を含むため高い保湿力があります。皮脂が不足しているときにも、不足する皮脂の代わりとなってくれます。

では、どのような成分が配合されているのでしょうか。

セラミド

セラミドは脂溶性成分で保湿クリームに配合されます。肌の潤い保持の80%を担う細胞間脂質の大部分を構成する成分です。乾燥肌は肌のセラミドが不足をしていて、化粧品でケアをしてもすぐに肌が乾燥しやすくなっています。

化粧水に配合されることもありますが、セラミドは脂溶性なので界面活性剤を加えて水に溶け込ませている可能性があります。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は1gあたり6Lの水分を保持するといわれる保湿成分です。ヒアルロン酸は分子が大きく肌表面にとどまる性質があるのですが、分子を小さくした低分子ヒアルロン酸や加水分解ヒアルロン酸などは、角質層にまで浸透をします。

コラーゲン

コラーゲンは肌をぷるぷるにする成分という印象があると思いますが、化粧品に配合されているコラーゲンは肌の真皮層にまでは浸透しないので、肌のコラーゲンにはなりません。しかし、コラーゲンは水分をしっかりと抱き込んで保湿をする働きがあります。

選び方

乾燥が気になるようなら保湿クリームを使用するとよいでしょう。とくに皮脂分泌量が少ない場合は、スキンケアの最後に保湿クリームを使用することをおすすめします。

保湿クリームを選ぶ際のポイントは2つあります。

①1つめは、配合されている保湿成分です。

保湿成分には、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンなどさまざまあります。それぞれ保湿力に違いがあるので、どの程度の保湿力が欲しいのか目的にあわせて選んでみましょう。

②もう一つのポイントは無添加であることです。

香料、着色料、アルコール、パラベンなどは肌に刺激を与える成分です。こういったものを普段から肌につけていると、肌のもともとの力が低下をして、保湿化粧品でケアをしてもすぐに乾燥してしまうような肌になります。肌の負担を減らすために、無添加な保湿クリームを選ぶとよいでしょう。

化粧水

「化粧水は肌に水を与えるもの」だと思っていませんか。たしかに、化粧水の原材料でもっても多いものは水ですが、化粧水は水を与える目的のものではありません。

化粧水には水溶性の美容成分を肌に届ける役割があります。美容成分には水溶性と油溶性がありますが、水分が多い化粧水には水溶性の美容成分が配合されています。

美容液にも水溶性の美容成分を肌に届ける役割がありますが、美容液の方が高濃度で美容成分を配合しているので、より高い美容効果が発揮されます。

洗顔後の肌に最初につけるものが化粧水です。化粧水が角質層に浸透することで、後から使う化粧品の浸透がよくなります。

化粧品を使用する順番は、化粧水・美容液・乳液・クリームです。化粧水を使用せずにいきなりクリームを塗ってしまうと、肌表面を潤っていても肌の内側は乾燥した状態になります。また、クリームの油分で水分がはじかれてしまいます。そのため、この順番でケアをすることが重要です。

化粧水の選び方

化粧水には水溶性の美容成分を肌に届ける役割があります。洗顔後には細胞間脂質や天然保湿因子といった肌の潤いを守っている成分が洗い流されて減少しているので、乾燥肌が気になるようなら、肌に潤い与える水溶性の成分を配合した化粧品を選ぶとよいでしょう。

肌を乾燥から守る代表的な水溶性の成分は、ヒアルロン酸、コラーゲン、グリセリン、NMFに含まれる成分などです。ヒアルロン酸、コラーゲン、グリセリンなどは分子が大きいので、肌表面にとどまり角質層には浸透しません。肌表面にとどまった成分は、肌を膜のように覆って乾燥から守ってくれます。

低分子化して浸透力を高めたヒアルロン酸やコラーゲンも開発されています。低分子化したものは角質層にまで浸透をします。

NMFを構成する成分は、アミノ酸、尿素、ミネラル、乳酸ナトリウムなどです。これらにも保湿作用があります。

選ぶ際の注意点

肌の潤い保持の80%を担う細胞間脂質を構成している成分がセラミドです。セラミドにも高い保湿力があるのですが、脂溶性の成分なので化粧水には配合しにくい性質があります。

化粧水に配合されている場合は、大量に界面活性剤が配合されている可能性があります。界面活性剤は肌の力を低下させるので、化粧水にセラミドが配合されている場合は注意をしてください。セラミドを肌に与えたい場合は、乳液やクリームを使用しましょう。

肌のセラミドを増やす成分として「ライスパワーNo.11エキス」や「ユーカリ抽出液」があります。これらは水溶性なので化粧水に配合できます。

拭き取り化粧水は肌の潤いを必要以上に奪ってしまったり、コットンで拭き取る際に肌を傷つけてしまったりします。乾燥肌の方が使用をすると肌の乾燥が進行をします。乾燥肌でない場合も使い過ぎると肌の負担になるので、拭き取り化粧水はおすすめできません。使いたい場合は肌の状態を確認しながらにしましょう。

 時間がない方必見!

当記事で一番おすすめ!ランキング第1位の化粧水&クリームを見てみる⇒オルビスユー

おすすめの化粧水とクリームのスキンケアセットランキング

第4位 ライスパワーの保湿力に驚く「①ライスフォース」と「②米肌」

①ライスフォース

「乾燥・小ジワが気になる人にライスフォース!」

肌が乾燥する、かゆみが気になる、小ジワが目立つ、もしかしたら肌のバリア機能が低下をしているのかもしれません。

バリア機能には、外部の刺激から肌を守ったり、肌内部の水分蒸発を防ぐ役割があります。ところが、不規則な生活、偏った食事、誤ったスキンケアなどでバリア機能は低下をしてしまい、外部刺激に敏感になったり肌の乾燥が進行をします。肌トラブルを招く原因になります。

バリア機能の回復を手助けする成分がライスパワーNO11です。ライスパワーNO11には保湿作用があり、肌を保湿することで肌のバリア機能が回復をします。

ライスパワーにいち早く着目し化粧品に配合したのが「ライスフォース」です。潤い、ハリ、弾力など実感している方が数多くいます。

ライスフォースの特徴

ライスフォースが人気の秘密は、ライスパワーNO11エキスを配合していることです。

原料は国産米です。ライスパワーNO11は、国産米100%からできた化学成分を含まない成分です。約90日間発酵させて、エキスを抽出します。

ライスフォースの化粧水、美容液、クリームなどには、このライスパワーNO11が配合されています。

肌は簡単には内部に成分を通さないようになっています。お風呂に入っているとき、肌に水分がどんどんしみ込むことはないですよね。肌内部に成分を届けるためには、美容成分を小さくする必要があります。ライスパワーNO11は小さい分子なので、角質層までグングンと浸透をします。

ライスパワーNO11は、肌の水分を保持する力が認められている成分です。塗る前に比べて肌の潤いが2倍に。ヒアルロン酸やコラーゲンなどの潤い成分に続く注目の成分です。

ライスパワーNO11のスキンケアで美肌に近づくためには、ライン使いをすることがおすすめです。

まず洗顔をして清潔にした肌に化粧水をつけます。1回あたりの使用量は3~5振りです。手のひらにとって、両手に広げて、手を顔に押し当ててなじませます。乾燥が気になる部位は過重ねづけをしてください。

次は美容液です。1~2プッシュが使用目安量です。ほうれい線は線に沿って、目元は目頭から目尻に向かってなじませす。目元はデリケートなので、トントンと優しくこすらずになじませましょう。

最後にクリームを使用します。使用目安量はあずき粒大です。顔全体に広げて、手のひらで顔を包み込んでなじませます。

乾燥肌に働きかける成分がライスパワーNO11です。ライスフォースはいち早くこの成分に着目して製品化しました。ライスパワーNO11は小さな分子なので肌にグングン浸透、内側から潤いのある肌へと導きます。もっちり肌、しっとりした手ざわりなどの変化を実感している方もいます。

⇒公式ホームページ:たっぷり10日分・・・しっかり試せてうるおうお肌へ『ライスフォース トライアルキット』


②米肌

%e7%b1%b3%e8%82%8c%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0

高いものが安く手に入ると聞けば、

「気分転換に使ってみよう~」

とお肌のご褒美として試してみる私。

そして肌が劇的に変われば購入し、まぁまぁであればそのまま使い切るだけ!(←スキンケアは自分にすごく合う、まぁまぁ合う、合わないの段階で個々の肌によって違いますが、私はすごく合うときにだけリピートしています)

今回はあの高級化粧品メーカー”コーセーの化粧水”をお試ししました♪

米肌(MAIHADA)とは?

%e7%b1%b3%e8%82%8c%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%83%91%e3%83%af%e3%83%bc

肌の水分の保持能力を高める目的で作られたのが米肌です。

毛穴が目立つ原因は、年齢による、

“潤い不足(乾燥)が原因です”

肌の潤い不足が進行する一番の原因は、歳を重ねるとともに”セラミド”が減少するためです。

*セラミドとは、各層の細胞と細胞とのあいだでスポンジのように水分を抱え込む「超保湿成分」です↓↓

セラミド

だ・か・ら・こ・そ、

“セラミド”をつくりだし、”水分保湿能”を改善する必要があるのです!

コーセーの米肌は名前のとおり、ライスパワーNo11を配合したスキンケアです。

ライスパワーNo11がセラミドを作り出し、肌のバリア機能を向上させることで、肌の水分保持能力を飛躍的に向上させることができるのです!

原料は私たちが食べている米100%。米を蒸した後、何日もかけて独自の方法でエキスを抽出。このエキスに酵母や乳酸菌などを加えて長期間発酵、熟成して有効成分ライスパワー®No.11が生まれます。発酵から熟成にかかる期間は約90日間。数十種類のアミノ酸や豊富なペプチド・糖類をバランスよく含有しており、同じものを人工的に合成してつくることはまず不可能です。ライスパワーエキスは、異なる機能のものが幾種類もありますが、『水分保持能の改善』が認可されたのはNo.11だけです

米肌のライスパワーって本当にすごいの?他社と比較してみました

ライスパワーの効力で肌の保湿力を向上させる人気のメーカーは3つあります。

  1. 米肌(まいはだ)
  2. 肌極(はだきわ)
  3. ライスフォース

どれも安く試せるキャンペーンをやっていたので、試してみました。

まず、3つとも化粧水自体の質感は、最高です!テクスチャーは柔らかく、とろみがあります。お肌にのせると、伸びがいいです。

そして、気になるのは、伸ばした後の「浸透感」。

米肌とライスフォースは、すぐに馴染み、お肌への奥へずんずん浸透していき、浸透力が抜群です!本当に肌の奥まで潤いが届いているのを実感できます。

一方、肌極は伸ばした後、少しベタつきがあります。なのに肌の内側までは保湿されていない感じがしました。私の肌では浸透力がイマイチな印象でした。さらに伸ばして数時間経っても、やはりしっとり感、ハリ感、弾力が不満足でした。個人的に、肌極は人工的な花の香りと、アルコール感が少し感じられ、敏感肌には向かないかなとも感じました。

コーセーの米肌は、私が想像していた「アルコール感が強く、また香りが強そう=普通肌の人向けスキンケア」とは全然違って、とても優しく肌にすーっと浸透していき、季節変わりで乾燥気味になりやすい時期でも、しっかり馴染み、潤いが持続します。しっとり感、ハリ感、弾力感もすぐに実感でき、コスパ的にも優れた逸品です!

ライスフォースも、付け心地が濃厚で濃密で、好印象でした。その後の肌の感じも潤い、ライスフォースと米肌は個人の肌との相性で優劣が付くかと感じました。

<<結論>>

同じお米系スキンケアで「ライスパワーNo11」を主としたブランドでも、その配合量や他の成分、処方のこだわり(無香料・無着色)によって、その使用感や効果は全然違いました!お値段が手頃なのは、肌極。濃厚で濃密感があり「付けてる」と実感できるのはライスフォース!処方や効果、保湿感の高さを求めるなら、米肌がおすすめです!

その他の口コミ

他サイトの口コミやブログをチェックしたところ、

まず、”高い!”という声を発見。

米肌の化粧水は通常であれば1本120mlで、

5000円。

「え!∑(゚□゚;)」

「私が使っているのとほぼ変わらない」

これ以下の価格の化粧水を使っている方は、この機会に少し高めの化粧水を使ってみることをおすすめします!良いですよ♪

トライアルセットは非常にお得な値段なので、是非試してみてださい↓

%e7%b1%b3%e8%82%8c%e5%8f%a3%e3%82%b3%e3%83%9f

『5点セットで14日間試せます!』

「化粧水だけじゃないんですね!石鹸、クリーム、パックも付いて、1,389円(税抜き)!?」

「化粧水は30mlと少ないですが、この価格なら良しです」

「送料無料もありがたい!」

⇒公式ホームぺージ:米肌で理想的な素肌を

第3位 小林製薬のヒフミド

ヒフミドは化粧水で有名ですが、ヒフミドのトライアルセットなら全部で5品の商品を試すことができます!

ヒフミドはセラミド不足で乾燥してしまった肌に潤いを与えて、若々しい肌を築き上げる働きがあります。保水力3倍のヒト型セラミドを使っており、肌の奥までしっとりと浸透させ、保湿させます。

ヒフミドは洗顔石鹸、ローション、エッセンスクリーム、UVプロテクトベース、マイルドクレンジングの5品があるのです。特にソープは泡立てネットがなくても、もっちりとした泡が立つので、肌に刺激を与えずに洗顔することができるのです。セラミドは肌を守る働きをする必要不可欠なもので、特にヒト型セラミドはヒトの皮膚に吸収される働きが素晴らしく、肌がしっとりとするのです

ヒト型セラミドの効果

セラミドは、私たち人間の皮膚の表皮の角質層の中に存在しています。

角質層の中には、角質細胞間脂質と呼ばれるものが隙間なく埋めるように存在し、水分を抱え込むことで蒸発を防いでいるのです。この水分を抱え込む力こそが、先ほどご紹介したセラミドなのです。

セラミドは水分を蓄えて肌を保湿するとだけではなく、肌を外敵から守るバリア効果を高めてくれます。

乾燥した状態の肌にセラミドを補充してあげることで、肌自体が本来のようにセラミドに満ちた状態になり、肌に潤いが保たれるようになるのです。

セラミドを効果を一番実感できる方法

最近、特にセラミドの保湿力が注目され、色々なメーカーからセラミドが配合された化粧品が販売されるようになってきました。これから保湿のために化粧品を選ばれるのならば、是非セラミドが配合されている化粧品を選ぶようにして下さいね。そして、毎日のケアに取り入れるようにして下さい。

また、セラミドは体の内側からも取り入れることができます。

セラミドは、食品でいうと、こんにゃくやひじきやワカメなどに多く含まれています。しかし、肌への効果を実感するためには途方も無い量を食べなくてはいけません。

そこで、有効なのがサプリメントです。体の外からだけではなく、体内からも補充することで、より肌の保湿効果を高めることができるのです。ですが、サプリメントは長期間続けて効果を実感できます。すぐにでもお肌の変化を感じたい方は、化粧水やクリームがおすすめです。

セラミド化粧品を選ぶ際は、必ず「ヒト型セラミド」!

セラミドには、色々な種類があります。

  • ヒト型セラミド
  • 擬似セラミド
  • 植物セラミド
  • 天然セラミド

などです。

よりセラミドから保湿効果を得たいならば、必ず『ヒト型セラミド』と表記されているものを選ぶようにして下さいね。

上の図のようにヒト型セラミドは他のセラミドより保湿性能に優れており、それにより肌のバリア機能も格段に違ってきます。

また、セラミドの含有量や、分子の細かさなどでも身体への効果は変わってきます。もちろん、セラミドがたくさん含まれており、分子は細かいほど身体に吸収されやすいです。各メーカーからたくさんのセラミド化粧品やサプリメントが販売されているので、ぜひお気に入りの商品を見つけて下さいね。

このように、セラミドは体の外側からも内側からも取り入れることができ、身体の保湿に役立ってくれます。セラミドの効果は研究で実証されており、今、最も注目されている保湿成分のひとつです。乾燥は肌に様々なトラブルを引き起こすため、肌にとって一番良くありません。

是非、セラミドを身体の外側からも内側からからも取り入れ、しっとりとしたお肌を目指して下さいね。

ヒト型セラミド「ヒフミド」の化粧水(ローション)が人気

ヒフミド エッシェンスローション(化粧水)がおすすめです!

この化粧品はしっかりと保湿、潤いを保ってくれるので弾力とハリのあるお肌へ導いてくれます。セラミドという乾燥を改善する成分が配合されているのでお肌を潤しながらさらにシミの原因であるメラニンの生成を抑えます。そして、アルコール、香料、紫外線吸収剤が無添加なので敏感肌の人も安心して使えます。

<<プチプラコスメの入っているセラミドとは違う!保湿力3倍!>>

ヒフミドのエッセンローションには「ヒト型セラミド」という人間の肌に存在しているセラミドと同じ構造をしたものしか使っていません。そのため、肌の潤いを長時間キープしてくれます。肌の水分を逃さず、長時間キャッチするのです!

使い方

使い方はとても簡単です!

ヒフミドのマイルドクレンジングでメイクをオフして、ソープで洗顔します。朝はUVプロテクトベースを塗って日焼け止めにも気を配ります。

夜はUVプロテクトベースの代わりにエッセンスクリームを使います。とっても肌がしっとりとして、肌の乾燥が気にならなくなってきます。特にエッセンスローションとエッセンスクリームの相性が非常に良くて、肌がとてもしっとりとします。エッセンスローションは直接手にとって肌になじませることもできますし、コットンにとって肌につけることもできるので、どちらでも肌がしっとりとするので良いです。

ソープは泡立ちがいいので、手の中で数回転がすだけでモコモコの泡が出てきます。

『雨が降ったような感じ!』

肌が乾燥している時は、何を使っても肌がガサガサになってしまって、なかなか潤わないものですが、ヒフミドのソープで洗顔した後は肌がつっぱることがなくて、ローションをつけるまでしっとりとしています。手触りが違ってきて、肌が手に吸い付くような感じがして、芯から潤っているということを感じることができるのです。

ローションをたっぷりとつけると肌がとっても潤うので、お化粧のノリも良くなって気持ちがいいです。

ヒフミド化粧水(ローション)の口コミ

敏感肌、乾燥肌、オイリー肌の私が使ってみた感想を紹介します。27歳になった頃から、

  • 肌の回復力が弱くなってきて、ガサガサ肌に衰えてきたこと、
  • インナードライがむごくなってきたこと

が悩みで、ずっと自分に合うスキンケアはないか探していました。

ネット上で、ヒフミドのスキンケアが良いと紹介されていたので試してみることに。

これまでセラミド系の化粧品はキュレルや、その他ブランドのものをいくつか試してきましたが、肌が覆われて呼吸できないようなベタつき感が苦手で止めていました。吹き出物ができたこともありました。けれど口コミも良いし安いし、製薬会社のセラミドなら大丈夫かなと、ヒフミドのトライアルセットを使ってみたら・・・本当に良かった!

私は敏感肌なので、添加物やベタツキのある化粧品を使うと吹出物が出てしまうのですが、ヒフミドの化粧品は大丈夫でした。全く刺激がなくて、安心して使えています。

テクスチャーは少しとろみがあり、2回に分けてプレスしながら付けていく肌の内側にしっかり浸透し、しっかり潤います。

1度の使用量は3滴 (10円玉サイズ) で十分です。伸びが良く、少量で潤うところが経済的です♪夜つけると、翌朝のテカリが激減しており、その分インナードライが解消されていると実感しています。香りは無く、薬品のツンとする臭いも全く感じません。

肌の内側はローションが潤いを保ち、外側のクリームがハリのあるもっちりな肌にしてくれます。その後使い続けても、肌荒れのない綺麗な肌になり、セラミドによる保湿ケアの効果を感じています。

ニキビや不安定肌の女性におすすめしたいスキンケアです!

ネット上の口コミ

980円のトライアルセットのバッグが可愛い♪

以下の公式ホームページからネット注文すると、以下の5つの化粧品が可愛いバッグに入ってやってきます♪

⇒公式ホームページ:【小林製薬】ヒフミドトライアルセット


第2位 乾燥する季節におすすめ!セラミド配合「エトヴォス」

セラミドは多くの化粧品に配合されている成分なので、一度は見聞きしたことがあるのではないでしょうか?

セラミドは、私たちのお肌でも作られている成分です。お肌の角質層の水分を逃さないように働いてくれる成分なので、保湿系の商品に配合されることも多い成分のひとつです。

ただ、生活習慣の乱れやストレス、加齢などによって、お肌で作られるセラミドの量は減ってしまいます。そうするとお肌は水分を保持することができなくなり、カサカサと乾燥や毛羽立ちなどが目立つようになってしまいます。

お肌の乾燥と言うと冬のイメージがありますが、紫外線やエアコンなどで年間を通して、お肌は乾燥しやすい環境にさらされています。カサつきが気になる、メイクのノリが悪い、グレーっぽく黒ずんだくすみが出やすい、などが当てはまる方はセラミド不足の乾燥が原因かもしれません。

自分の肌で十分なセラミドを作り出すことができていないのなら、足りない分を化粧品で補ってあげると乾燥肌が改善しやすくなります。

お肌の乾燥は、肌の老化や敏感肌の原因にもなるので、セラミドでお肌の潤いをキープすることでエイジングケアや刺激に負けない健康なお肌作りをサポートすることができます。

化粧品に配合されているセラミドは、原料によっていくつかの種類に分けられます。

原料の違いによって各々にメリット・デメリットがあって、商品の効果や金額にも差が出てきます。

化粧品の原料としてのセラミドは大別すると4種類あります。

①1つ目は、天然セラミドです。

動物由来のセラミドで、馬が使われていることが多いです。肌に浸透しやすく保湿力にとても優れていますが、価格が高いのがデメリットです。

②2つ目は、ヒト型セラミドです。

バイオセラミドとも呼ばれ、人のお肌にあるセラミドに真似て酵母から作られたセラミドです。人のお肌にあるセラミドと、ほぼ同じ構造になっているので、肌に優しく天然セラミドに負けない保湿力があります。天然セラミドに比べると価格は安いものの、配合量が多くなれば価格も高くなります。

③3つ目は、植物性セラミドです。

米やトウモロコシ、こんにゃくなど植物由来のセラミドです。天然セラミドやヒト型セラミドと比べると浸透力や保湿力は劣りますが、肌に優しく商品価格が手頃なものが多いのがメリットです。

④4つ目は、合成セラミドです。

擬似セラミドとも呼ばれ、石油原料をセラミドの構造に似せて化学合成された成分です。

構造上は似ていますが、やはり本来のセラミドとは別物なので、天然セラミドやヒト型セラミドと比べると保湿力は劣ります。

大量生産ができるので商品価格が非常に安価なのがメリットです。

4つの中で1番オススメなのは、ヒト型セラミドです。効果を実感できて続けられる価格を考えると、ヒト型セラミドが一番コストパフォーマンスに優れていると思います。

ヒト型セラミドの成分表示は、「セラミド1」「セラミド6」などとなっています。

実は人の肌には11種類のセラミドがあり、それぞれ働きが違います。「セラミド」のあとに付いている数字が、どの種類のセラミドなのかを表しています。保湿目的で選ぶなら、この数字が1・2・3・6のどれか、もしくは全部が配合されたものがオススメです。

ヒト型セラミド配合の商品で人気なのが、エトヴォスのモイスチャーラインです。

ヒト型セラミド1・2・3・5・6の5種類がバランス良く高濃度で配合されていて、トライアルセットが1,900円とかなり良心的です。

肌の乾燥が気になる方は、セラミドが不足している可能性があります。セラミドとは、人の肌のもともと存在している細胞間脂質を構成している成分です。肌の水分保持力の80%は細胞間脂質が担っています。角質層にセラミドが規則正しく並んでいることで、肌の潤いが保たれているのです。

ところが、年齢を重ねるとともに肌のセラミドが減少をします。セラミドが不足をすると水分保持力が低下をして、肌が乾燥をします。乾燥をすると肌のバリア機能が低下をするので、肌トラブルが表れることも。

でも、セラミド配合化粧品でケアをすることで、肌の水分を保ち、外部刺激から守ることができます。

肌の専門家が考えたセラミド配合化粧品が、「エトヴォス モイスチャーライン」です。

4つのステップでケア

エトヴォスモイスチャーラインは、保湿力に優れたヒト型セラミドが配合されています。人の肌に存在するセラミドと構造が同じなので、なじみがよいです。

モイスチャーラインは4つのステップでケアをします。

①まずは洗顔です。

洗顔石けんには、セラミドやリピジュアなど、保湿成分がたっぷり配合されています。潤いを守りながら、余分な皮脂を落とします。

②洗顔後に最初につけるのは化粧水です。

ポスカを配合することで、細胞同士を接着させて水分蒸発を防ぐタイトジャンクションの形成を促進します。

③5種類ものヒト型セラミドを贅沢に配合したものが美容液です。

肌の水分保持力をアップさせ、潤いを長く持続させます。

④最後にクリームで潤いを閉じ込めます。

ヒト型セラミド、ヒアルロン酸、アミノ酸、シアバターなど、さまざまな保湿成分が高配合されています。

4ステップケアで潤いあふれる肌へと導きます。

使い方

洗顔料はよく泡立てて、肌をこすらないように洗います。

化粧水はコットンまたは手に適量とり、顔全体になじませます。美容液やクリームは、適量を手にとって、肌をこすらないように顔全体に広げます。

4つのステップでケアをすることがおすすめです。

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • エトヴォスのモイスチャーラインは保湿力が優秀です。化粧水の後に美容液をつけていますが、香りに癒されます。肌荒れすることなく、肌の潤いがアップした気がします。
  • 保湿力が抜群です。つけた後の保湿力に驚きます。翌朝には肌がもちもち。保湿力がある化粧品はべたつきやすいけれど、この化粧品はなじみがよくてべたつきません。
  • インナードライで季節の変わりめは肌の調子が悪くなります。そこで、エトヴォスのモイスチャーラインを使ってみました。今までは肌がカピカピになることがあったけれど、美容液を使うとカピカピになりません。吹き出物も減って助かっています。

乾燥肌はセラミドが不足している可能性があります。人の肌になじみがよいヒト型セラミドを配合した化粧品が、エトヴォスのモイスチャーラインです。

4つのステップすべてにヒト型セラミドが配合されています。4ステップケアをして、潤いあふれる肌を目指しませんか。

公式ホームページでは2週間のお試しセットが1,900円で販売されています。

⇒公式ホームページ:モイスチャーライントライアルキット



第1位 新しいオルビスユーで肌細胞の潤いと美肌力を活性させる

「これまでのケアとは違うオルビスユー!」

何だか最近肌の調子が悪い、化粧品の効きが悪くなってきた気がする。これらの不調は、細胞脱水のサインかもしれません。

肌細胞に潤いを届ける化粧品が「オルビスユー」です。

これまでのエイジングケアは与えるだけでしたが、オルビスユーは与えるだけのケアではありません。これまでとは違う細胞フィットネススキンケアで肌をサポートします。

肌細胞のうるおい活性化

肌の調子がイマイチなのは、細胞脱水を起こしているからかもしれません。年齢とともに肌のすみずみに水分が行きわたらなくなり、肌細胞が脱水した状態に。その結果、ハリの低下、くすみ、乾燥などの不調が表れてきてしまうのです。

オルビスユーがたどり着いたのは、「肌細胞のうるおい活性化」です。これまでのエイジングケアは与えることが中心でしたが、オルビスユーは肌細胞のうるおいを活性化させることに着目しました。

化粧品の力を実感するためには、潤いの通り道を作ることが大切です。オルビスユーは潤いの通り道を作り、角質層への浸透力を高めます。そして、細胞が潤いで満たされることで、ハリや透明感のあるイキイキとした肌に近づくことが期待できます。

必要なケアは行いますが、不要なものは与えないシンプルな3ステップケアです。

ステップ1:オルビスユーウォッシュ

モロッコ溶岩クレイを配合。皮脂や毛穴の汚れをスッキリとさせ、明るい肌へと導きます。

ステップ2:オルビスユーローション

リッチなテクスチャーですが肌に触れた瞬間にスーッと浸透。内側からふっくらとした肌を叶える超浸透化粧水です。

ステップ3:オルビスユーモイスチャー

リッチなコクがあるの軽快な使い心地。みずみずしいヴェールで肌を包み込んで、もっちとした手触りの肌に。

3ステップすべて、オイル、香料、着色料は不使用、アレルギーテスト済みです。

使い方

洗顔料、化粧水、保湿液の順番で使用をします。

  1. 洗顔料は、よく泡立てて、泡を転がすように洗ったら、すすぎを丁寧に行います。
  2. 化粧水を手に取り、顔を包み込むようになじませます。
  3. 最後に、保湿液を適量手に取り、顔の内側から外側に向かってなじませます。

口コミ

細胞フットネス?アクアポリン?ちょっと聞きなれない言葉ですが、new ORBISのキーワードです。

普段はSK-Ⅱを使っていますが、やっぱり高価すぎるので変えてみようと思っていたところでした。

アクアポリン(AQP)は細胞の水の輸送を支配するたんぱく質で、年齢や肌ストレスで減少し、ハリの低下やたるみの原因になります。

New ORBISはこのAQPを増やす効果がある3つの成分「キーポリンブースター」を全ての商品に配合しました。

【3種のアクアポリンを発現させる成分】

AQPの活性化で肌が本来持っている力を最大限引き出すように細胞レベルで鍛えることこそが細胞フィットネスです。

ふと力がぬけた瞬間に感じる自然体で美しい肌への充実感「美しさのここち」を実感できますように。

現在使用しているのSK-Ⅱはこんな感じです。

「早速、NEW ORBISを使ってみました!」

シンプルな3STEPと新しいテクスチャーが魅力です。

STEP1:洗顔、泡はまるでメレンゲパック

  1. 顔と手を水かぬるま湯で洗う
  2. 洗顔料を1㎝程泡たてネットに出して少し水を足してキメ細かい泡を作る。
  3. 顔の中心から外側方向へ泡を転がしながら汚れを絡めとる。パックしたように包むので肌を直にこすることはない。
  4. 丁寧にしっかりとすすぐ。20回くらいがよい。

感想は、洗い上りがととにかくすっきりしている。なのにしっとりしていて突っ張りません。気持ちよくて思わずこのまま寝てしましいそうです。顔が明るくなった感じです。ハイドキャッチ成分が次の化粧水のなじみをUPさせているように感じました。

STEP2:化粧水、肌はまるでスポンジ吸収

  1. 手のひらに化粧水を5滴おとす。
  2. 下から上に包み込むようにつける。
  3. 最後に5秒間頬全体をおさえるようにハンドプレスする。

感想は、とろっとした感じが肌に触れると溶けて流れだしてくる”とろパシャ”!つけると、驚くほどスーッと浸透し手には何も残りません。ヴェールを作るのでいったん浸透した後に追加してもかえってべたつきます。なので5滴で十分す。

STEP3:保湿ジェル、まるでスフレケーキのよう

  1. てのひらにスパチュラに軽く1杯(小豆1個分)を取る。
  2. 顔全体にやさしくなじませる。
  3. 目元、口元など乾燥が気になる部分には重ねつけする。

感想は、モチっとした感じがスフレケーキのようだが、べたつくことなく、しっとりしてきます。保湿ヴェールを作るためなのでつけすぎには注意すること。

使用した後の肌効果

リッチな成分=べたつくの予想に反して、さっぱりしていて朝までしっとり感がキープされます。ピローの跡がつかなくなりました( ´∀` )頬を少しつねってみるとモチっとして、これがここち良いんです。

「あのピテラに変われるか?」

⇒正直やっぱりNOです。

確かに保湿力は負けていません。かさつき感は全くなくて、あのアクアポリンが働いたんだなと思いました。念のため使用前後でSK-Ⅱマジックリンクで肌年齢をチェックしました。やっぱり数値は説得力がありますよね。

まあ、数値の出し方にいろんな要素が入るとの批判もありますが、はっきり言って驚きました。野菜中心の食生活に改善したので肌チェックさせてくださいとお願いした3週間後のデータです。

でも鏡の前に立った感想はちょっと違いますほうれい線のあたりが、ちょっと下がった感じがあります。それと毛穴が目立ってきました。

どうしてなの?繊維芽細胞がつくるももの「コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸」

New ORBISは繊維芽細胞の増殖に必要なアクアポリンを活性化するブースターを配合していましたね。つまり繊維芽細胞の活性化です。でもその線維芽細胞が加齢で弱っていればどうでしょうか。

New ORBISは肌が本来持っている力を前提として働きかけるので、エラスチンが急激に減少してくる30代にとっては、とても効果的な方法です。

でも私と同世代であれば、コラーゲンやエラスチンをある程度補ってやる必要があると思います。なので、食事でコラーゲンを取るように意識するとか、オルビスのコラーゲンザビューティーを試してみようと思っています。

最後になりますが、New ORBISは「ちょっと使い続けてみよう!」と思いたくなるスキンケアでした。

いちばん気に入ったのは洗顔です。洗い上りがすっきり明るくなった感じでしかもしっとりしていて、これまでの使用経験から最高ランクです。

New ORBISはSK-Ⅱに負けない保湿力があって、リーズナブルな価格なのでコスパは抜群です。今までちょと我慢していたおしゃれや素敵なランチも楽しめるので、もう少し使い続けてみようと思います。

その他の口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • 肌につけた瞬間にスーッとなじんで、しっとりとして手ざわりになります。べたつきは気になりません。朝起きたときに肌のしっとり感が持続していてうれしくなりました。これからも使い続けたいです。
  • 夜に3ステップでケアをして、翌朝驚きました。脂性肌なのでいつもなら皮脂が結構出ているのですが、オルビスユーでケアした翌日はテカることがなく、肌がしっとりしていました。水分で潤うということを始めて体感しました。肌の調子がよくなってきています。
  • さらっとしていて浸透しやすいところが気に入っています。丁寧にケアをして翌日肌のハリを実感できました。洗顔料は泡がもっちり、化粧水はべたつかない使い心地、保湿液もべたつかずしっとりしました。

オルビスユーは与えるだけのエイジングケアではなく、肌細胞のうるおい活性化に着目しています。肌細胞に潤いが生まれることで、ハリのあるイキイキとした肌に。年齢を重ねるとともに肌細胞は脱水してきます。

潤いを与えてぷりっとしたハリとしっとり感のある肌に近づいてみませんか。

公式ホームページではお得なトライアルセットのキャンペーンを実施中!

7日分のトライアルセットと、ふわふわで抗菌・防臭加工をほどこしたフェイスタオルが付いて「1,000円(税込み、送料無料、翌日発送)」です。新しくなったオルビスユーを是非試してみてください。

⇒公式ホームぺージ:“見た目を変える”化粧水があなたの肌運命を変える




関連記事:

【30代、40代必見】化粧水、アンチエイジングのコスメランキング

乾燥肌を完全保湿!プチプラおすすめ化粧水ランキング

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
芸能人も愛用!2018年大人気の化粧品をまとめています
失敗しない!2018年の新感覚ベストコスメはこれ!←クリック