Youtuber「ますお(Masuo)さん」紹介のボジョレヌーボー

人気チャンネル「MasuoTV」のユーチューバー「ますおさん」が紹介していたボンジョレヌーボーを紹介します♪

ボンジョレヌーボーとは?

ボジョレとは、フランスのパリの北部に広がる地区のことを指します。

ボジョレー地区で夏の終わりに収穫したぶどうを、その年のうちに仕上げた新酒。それが

「ボジョレー ヌーヴォー」

です。

ボジョレヌーボーは、赤ワインのみ認められています。

<< ボジョレヌーボーの特徴 >>

ワインの作り方が他の地区と違い、

一般的に、発酵の前にぶどうを破砕するのですが、ボジョレー地区では収穫した「ぶどうの房」を、そのままタンクにいれて発酵させます。

こうすることで、ぶどうの重さでぶどうが潰れ果汁が流れ出て自然に発酵が始まり、タンクの中に炭酸ガスが充満します。

そして、ぶどうの実の内部でさまざまな成分が生成され独特の風味が生まれます。

皮から色素が溶け出し、タンニンの少ないきれいなルビー色のワインになるのです。

味わいは、フレッシュでフルーティな魅力にあふれています。この伝統的なボジョレーワインのおいしさのために、ぶどうをていねいに房ごと収穫する「手摘み」にこだわってます。

<< ボジョレヌーボーの解禁日 >>

ボジョレヌーボーの解禁日は、11月の第3木曜と定められています。

なぜか?

ボジョレー ヌーヴォーが世界で注目を集めはじめた頃、ワインの売り手たちは、いち早く出荷しようと競いはじめました。その結果、質の悪いワインも出回ってしまい、せっかく世界に認められたボジョレーの評判を落としかねないほどでした。そこで1967年、フランス政府は、ワインの品質を下げないために解禁日を定めたのです。それが11月15日。解禁されるまでは販売も飲むことも禁じました。ところがフランスは安息日に働かないお国柄で、この日が土日や祝日になると運送がストップして出荷ができなくなってしまいました。1985年、フランス政府は安息日に重ならないように配慮し再び解禁日を定めます。それが現在の「11月の第3木曜日午前0時」。日付変更線の関係上、日本では本国フランスよりも早く解禁日を迎えるのです。2015年は11月19日が解禁日です。

マスオさんが紹介していたボジョレヌーボーの種類

左からの順です。

① Madone Beaujolais-Villages Nouveau

rghf

平均樹齢35年のぶどうを収穫を遅らせて完熟を待ち、自然酵母のみで通常のワインと同じ方法で発酵させ、月と潮の動きを見てワインが済んだ状態になるのを待ち、ろ過を減らしてつくったこだわりのヌーヴォー。

② Paul Baudet Beaujolais Villages Nouveau 2015

fregf

軽やかなヌーヴォーよりも、味わいの凝縮感やボディにおいて、一歩上。ポール・ボーデは毎年安定的に「華やかかつ飲み応えのある、エレガントなヌーヴォ」を造り出しています

③ Pierre Marie Chermette Pierre Chermette Beaujolais 2015

マスオさんが一番美味しいと言っていたこちらの商品…。

“すみません!情報が少ない!”

名前しか分からなかったです。

そのため、私がおすすめのボジョレヌーボを紹介します♪

Beaujolais Villages Nouveau Non Filtre 2015
efgdf

31店ものミシュラン星付きで愛用される極上ヌーヴォーは今年も期待度NO1!

11年連続当店一番人気!!あまりの注文殺到に買えない方が続出!

【一度飲むと忘れられない!!モノ凄いヌーヴォーが今年もまたやって来ます!!!】

濃厚で、フランス地元評価誌が満点5つグラスをつける凄い造り手です。

こちらからも↓

京橋ワインリカーショップ

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
芸能人も愛用!2017年大人気の化粧品をまとめています
失敗しない!2017年の新感覚ベストコスメはこれ!←クリック