【ストールとスカーフの巻き方、結び方】おしゃれコーデにピッタリです!

定番コーデにプラスするだけでオシャレ感がぐっとあがる「ストール」と「スカーフ」。

しかし、

『てきとうに巻いていては、オシャレ感が半減しますよ!!』

ストールやスカーフは巻き方次第で、様々なオシャレ感&表情をあらわすことができるのです。

外は日差しが熱くて紫外線が怖いのに、一度屋内に入るとクーラーの風が寒くて鳥肌が立つ…という様に、夏場の体温調節が上手くいかずに困っている女性は本当に多いものです。

首元が寒い時や映画館などでは膝が冷えたり、外での紫外線はしっかりとガードしたい!など、一番上に羽織るものに困ることがよくあります。

無難にカーディガンで良いのだろうけれど、屋内に入ると邪魔になったりかさばったり、首元だけが気になるときなど、便利なようで不便な点も多いのです。

そんな悩みを解決して、更にはオシャレとしても最適なのがストールマフラーなのです。

ストールマフラーは名前の通りですが、ストールとマフラーの両方を兼ね備えたアイテムです。

必ずではないのですが、多くのストールマフラーには袖を通す穴が付いているので、カーディガンとしても着用できます。カーディガンよりもかさばらず、コンパクトにしまえますし、マフラーとして首元を温めることもでき、ストールとして肩からふわりと紫外線をカットできるので、屋外でも涼しく過ごすことができるのです。

大きく広げるとストールとして便利に使えますし、なんといってもカラーバリエーションが豊富なので、マフラーとして首元に巻いた時に可愛いさし色になります。

パッと見た感じは、大きめの長方形のストールのサイドに穴が開いており、一瞬不格好にも見えるのですが、穴に手を通した瞬間にカーディガンになり、肩に羽織るとストールになり、首に巻くとサマーマフラーになり、太ももに乗せるとひざ掛けとして使えるのです。

実際にカーディガンを使っていた時とどのくらい違うのか?というと、とにかく体温調節がしやすい点です。

最近は割と大判なタイプも売っているので、自分の体型にも合わせられますし、首元だけ、足元だけ、肩回り…と気になる部分に合わせて形を変えることができて本当に便利です。

カラーバリエーションも豊富ですが、柄も沢山あるので、カーディガンだと定番職を選びがちなタイプの方でも、様々な柄に挑戦できるので結果的にコーディネートの幅も広がります。

夏場は熱かったり寒かったりと体温調節が難しく、カーディガンだけでは対応できないこともあります。そんな時、少し大判なストールマフラーを一枚持っておくだけで、暑さも寒さもしっかり対策できて、更にはオシャレの幅も広がりますよ。

ここでは、

2019最新版!ストールの巻き方、結び方 6種類

klj

を写真付きで分かりやすく紹介していきます♪

ストールとは?

ストール(stole)は、マフラーと同じように襟巻きとして使われることも多いため混同されるが、本来は肩掛けである。マフラーよりも生地は薄く、幅が広くて長いものが多い。ストールの生地は様々であるため、季節によって適した生地を選ぶことで、オールシーズン利用できる。また、柄のあるデザインのものが多く、アクセントとしても使用できる。主に女性が使用するものであったが、現在は男女問わず使用される。

どれも簡単にできる巻き方なので、是非皆さんも挑戦してみてください!

ストールファッション

景色に彩りが出る春。花も木も太陽の下で生き生きとしている姿をみると、私たちも明るい気持ちになりますよね!そんな素敵な季節にもってこいのおしゃれアイテムがストールです。

ストールはショールやスカーフとは異なり、マフラーよりも薄い生地の首元を温めるアイテムを指します。ただし、英語ではスカーフという単語が襟巻全般を意味するため、一部の雑誌ではストールもスカーフと同じカテゴリに分類されていることがあります。

今回はそんな春に大活躍のストールの活用法についてのご紹介です。

まだまだ冬の名残で寒色系の服の出番も多い春。秋と併用のジャケットを使いまわしている方も多いと思います。でも、なんだかいまいち春らしさに欠けてしまう…。秋も春も同じような恰好しているような…。

そんなときは首元にふわっと一枚ストールを巻くだけで春の訪れを感じさせるスタイルになります。

ストールはファッションに彩りを加えるだけではなく、首回りに巻いた際には小顔効果も期待できます。毎日小顔マッサージをしてもなかなか効果を感じにくいもの。そんな悩みもストール1枚で解決です。

色は春らしいピンクやホワイトなど明るい色の中から自分の肌色に合うものを見つけましょう。色白の肌色にはピンク系が、褐色の肌色にはオレンジ系が似合います。

紺や黒のジャケットには、ホワイトや淡いサーモンピンクが全体を明るく見せる手助けをしてくれます。一方、明るい色の上着、例えば春の定番であるベージュのトレンチコートには薄いブルーやイエローを組み合わせると春らしい装いになります。

パステルカラーも全体の雰囲気を柔らかく見せ、親しみやすいオーラを出す効果があるのでおすすめです。

また、色だけではなくデザインもストールには欠かせないポイントです。シンプルな無地のデザインは服を選ばない万能アイテムとして一枚持っておくと便利でしょう。

同時に、ストライプやチェック、花柄などデザイン入りのスカーフもコーディネートをワンランク上げるのに活躍すること間違いなし。

今日の服装は少し地味かな?というときにもストールのデザイン次第で華やさをだしてくれます。初デートや取引先との打ち合わせなど場面に合わせた色と柄を選びましょう。

また、少し肌寒いけれどもジャケットを着るほどでもないな、といった気候の時には大判の肩から羽織れるサイズのストールが役立ちます。軽く、小さく折りたためるので暖かい気候の時にも鞄に入れいつも持ち歩くといいでしょう。

このようにとっても万能で手軽に取り入れられるおしゃれアイテムとして優秀なストール。世の女性の中にはいつも紺や黒など無難な色の服を選択してしまい、同じようなコーディネートの繰り返しになっている方も多いかと思います。でも、季節は春。私自身も春らしいお洒落を楽しみたい、でもいきなりクローゼットの洋服すべてを買い替えるなんて無理、そんな悩みを持った過去があります。

そして、ある日友人から淡く美しいライトグリーンのストールをプレゼントしてもらいそれを身に着けだしたところ、今までのさえない見た目が一気に明るい雰囲気となりました。見た目への自信は性格まで前向きにする効果があります。

少しの変化で大きな効果をもたらすストール。皆さんもストールを使った春の装いで生き生きと毎日を過ごしてみませんか。

1.ミラノ巻き

ミラノ巻きとは?

ピッティ巻きとも呼ばれる、程良いボリュームと立体感が出る巻き方です。

コーディネートにカジュアルなリッチ感と華やかさをプラス!さらに首元のボリューム感が小顔効果を発揮する巻き方です。

grtjfd

2.ボリューム巻き

ボリューム巻きとは?

名前の通り、首元にボリュームを出す巻き方です。

高い防寒が期待でき、寒い時期にはピッタリ!シンプルコーデの良いアクセントになり、また視覚が上がることでスタイル良く見える効果も期待できます♪

hytk

3.スヌード巻き

スヌード巻きとは?

いくどかに巻き重ね、スヌードの様に楽しむ巻き方です。

端をしっかり巻き固定されるので、崩れにくい!ふんわりとルーズなシルエットがカジュアルな雰囲気を出します♪

hsdf

4.ショール風

ショール風巻きとは?

折り方を工夫することで、こなれ感を作り出せる巻き方です。

羽織りやポンチョの代わりにもなり、さらにストールの形や大きさを変えることで、多様なスタイルを楽しむことができます!

afgg

5.羽織る

羽織るとは?

ストールの柄や質感をエレガントにアピールする羽織り。

シンプルに肩から羽織るスタイルで、アウターの上からでも可能ですね♪

thk

6.その他の大判ストールのお洒落な巻き方

パターン①

パターン②

パターン③

いかがでしたでしょうか?

お気に入りの巻き方が見つかったならば、是非試してみてください♪

人気の売れ筋ストールブランド

冬はマフラーやストールなど首元のおしゃれも楽しみな季節ですね。首元が寂しいと季節感がなく寒そうに見えたり、コーディネートに何か一つ足りないな…という印象になってしまいます。

そこで今年は大判のストールをプラスしましょう!

マフラーではボリュームが少ない為全体のバランスを取ることが難しく少し子供っぽい印象になってしまいます。ボリュームのあるストールは相手の視線を上に向けるのでスタイル良く見えるという嬉しい効果もあります。

なんだかコーディネートがまんねりだなぁと思った時や、冬のブラックコーディネートのアクセント、全体をバランスよく見せたいなという時に大判のストールをクルッと一巻きするだけで華やかでスタイル良く見えますよ!

今年の流行を抑えながらも大切にお手入れすれば長年使える2018年の新作おすすめストールを今年の合わせ方と共にご紹介していきましょう。

ジョンストンズ

もはや毎年の定番になっていますが、今年はいつにも増してチェック柄が大流行の年なので更に人気を集めています。

赤のチェック柄はもちろんですが、ユナイテッドアローズ別注の今年のトレンドカラー焦げ茶色を使った「MOCA」やHAUNT代官山別注の「white×black×camel」は辛子色に淡いブラックのチェックが入って、今年の流行のくすみカラーになっているので、冬のキーワードであるスウェットカジュアルスタイルなどに巻くだけで旬の顔になり周りと差がつきますよ。

アクネストゥディオズ

なんとなくグレーを選んでしまいがちなアクネストゥディオズのストールですが、今年はあえて、新作の華やかなピンク色の「ライラックパープル」やくすみピンクの「オートミール」といったピンク系を選んでみましょう。

2018年の冬はピンク系が流行カラーの一つですので冬のダークなコーディネートにワンポイントとして華やかなカラーを取り入れてみましょう。

ジョシュアリエス

ジョンストンズはみんなが持っているから個性を出したいという人にはこちらがおすすめ。ユナイテッドアローズ別注の「イエロー」が2018冬の新作一押しカラーです。黄色や赤のブリティッシュなチェック柄は今年の外せない流行です。

華やかな黄色ですが、大人っぽい柄のチェックなのでデニムにもスカートにも、カジュアルなジャケットにもぴったりです。巻いた時に柄が左右非対称にデザインされている為テクニックなしでいい具合に巻くことができます。

その他のストール

ボリューミーなふわふわストール

アルパカ混素材を使用した暖かくボリュームのあるストールです。フリンジも長く、太くなっています。アルパカ混素材はウールより暖かく、柔らかいのが特徴です。

ツイストフリンジストール

今年流行りの起毛感たっぷりのストールです。ふわふわな肌触りも自慢で、首回りを柔らかく包んでくれます。ツイスト仕様のフリンジで存在感ある一着です。

楽天人気NO.1 カシミヤストール 12カラー

カシミア100%で作られたストールです。

カシミヤと言えば、暖かさだけでなく、肌触りが驚くほどに良い素材として有名ですよね。

軽くて使い勝手が良く、落ち着いたカラーラインナップは上品な大人の女性の雰囲気をアシストしてくれます。幅広のサイズ感なので肩にかけたり、ひざにかけたりと、シーンに合わせて活躍しそうです♪

カシミヤ素材を扱う世界的ブランド「ジョンストンズ」の作り手がてがける熟練の技術と高級感溢れるストールは信頼できる一品です

 

 

ソフトタッチシンプルストール 18カラー

淡い綺麗な色合いが好評のシンプルストールです。

 

 

ソフトタッチシンプルストール 15カラー

hgere 5hgf 3fdhd hege

<< ソフトタッチシンプルストール 15カラー の特徴>>

  1. 大判のため使いやすい
  2. 短めフリンジがおしゃれ
  3. 透け感のある薄い素材のため、日焼け対策に活用できます

 

三尋木奈保さんコラボストール

%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%ab%e5%b7%bb%e3%81%8d%e6%96%b9 %e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%ab%e7%a8%ae%e9%a1%9e

三尋木奈保さんとコラボしたストールです。

カシミアの高級感と暖かさを十分に感じられる贅沢な素材感が特徴!

コンパクトに折りたためるのも嬉しいポイントです。

肌に優しく、肌触り最高な老舗ブランドの上質なカシミアストールがおすすめです。

チェックストール

おしゃれな印象グンっ上がるチェック柄のストールです。こっくりした色合いが秋冬の雰囲気にピッタリで、他のアイテムとも合わせやすいです♪

ストールを巻く時のポイント!

ストールは空気を含ませるようにざっくりと左右非対称に無造作に巻きましょう。左右の長さが対称になってしまうとせっかくの抜け感が無くなりおしゃれさが激減してしまいます。

コートやジャケットの上から普通に肩掛けするのも大判のストールならバランスよく決まります。肩掛けした上から今年流の太ベルトをしても脚長効果が得られるのでいいですね。

いかがでしたか?

質のいいストールは柄がとても素敵なのでアクセサリーの代わりにもなります。大切に使えば一生物なので買っておいて損はありません。

真冬でもコートを着るほどではない車での移動の時やコートがいらなくなる春先まで大活躍すること間違いなし、冬の新作ストールで周りと差をつけてみてはいかがでしょうか?

2019最新版!スカーフの巻き方、結び方 5種類

春と言えば、色とりどりの可愛いお花をイメージしますね。そこで、まずは春色を洋服のどこかに取り入れてみましょう。

ビビッドカラーの様なパンチのある色合いもいいですか、できれば春らしく淡いパステルカラーや明るく元気なイメージのブライトカラーが素敵です。
一番取り入れやすいのはスカーフなどの巻物です。

常備服の首元に春カラーのストールやスカーフを巻いてみましょう。

首元なので、ご自分の顔色に合ったカラーが良いでしょう。暖色系が似合う方、寒色系が似合う方がいますので、購入する際は一度、顔の近くにストールを当てて、顔の印象を確認してから購入しましょう。春先はまだ朝晩は肌寒いですので、春色の巻物は防寒対策にもなり、また巻物の素材によってはより上品になります。首元にシルクのスカーフはとてもお洒落で大人な雰囲気です。

シルクでなくてもシフォンの様なやわらかい生地もおすすめです。定番カラーのスプリングコートに差し色で春カラーのストールを巻いたり、羽織ったりするだけでイメージはかなり春に近づきます。ストールを首元から長く垂らすだけでも良し、肩を覆うように羽織るのも良し、アレンジ結びで華やかに装うと上品さが更に増しますね。

スカーフ一枚で楽しめる春ファッション

暖かい日も増え、だんだんと春の足音が近づいてきていますね。モノクロの冬服を脱ぎ捨てて、華やかな色合いのファッションを楽しみたくなってくる頃です。しかし、春と言ってもまだまだ肌寒いのも事実。どうやって春の訪れをファッションに取り入れようか悩んでいる30代女子も多いのではないでしょうか。

そんな女性たちにこの春、是非おすすめしたいアイテムがあります。

それは「スカーフ」です。

スカーフをちょい足しすることで、たくさんのいいことがあるのです。

まず、スカーフを巻くことで様々な自分を演出することができます。

スカーフの色合いや巻き方次第では華やかな印象を与えたり、時にはクールな印象を与えます。なので、その日の気分に応じて手軽にファッションを楽しむことができます。

また、スカーフは春先の肌寒い時期の防寒にも役に立ちます。

マフラーやスヌードを身につけるまでではない気温の時はとても重宝することでしょう。

そんなスカーフですが、その巻き方の種類は豊富にあります。今回はたくさんある巻き方の中から4種類ご紹介します。

①まずはライニング。スカーフを綺麗に折って首にかけるだけです。シャツやジャケットとの相性が抜群です。

②2つ目はネクタイ結び。ライニングからネクタイと同じように結びます。スカーフの柄が映える結び方です。

③3つ目はバンダナ結び。ライニングから固結びをします。形や長さを調整しながら、再度固結びをします。短いスカーフにおすすめの結び方で、こなれた感が出ます。

④最後はループノット。ライニングから首の真ん中の位置で結び目を作ります。次に両端を首の後ろで交差させ、前の結び目に一つずつ通していきます。結び目の調整が自由自在で、様々なシーンで役に立つ結び方の一つです。

実は私もスカーフユーザーなのですが、特に春先のスカーフは重宝しています。ニットだけや長袖シャツだけではファッション的にも防寒的にも心もとないときにスカーフを身に付けています。

やはりスカーフを身に付けると、30代の落ち着いた印象になりますし、心までも引き締まる気持ちになります。たとえ、暗い色のトップスを着用していても、スカーフを明るくすれば、その印象は一気に華やかなものになります。

また、スカーフの良い点はハイブランドでも手に入りやすい価格設定になっている点です。普段遣い用と大事な時用とでスカーフを使い分けてみるのもいいかもしれません。

さて、今までは首に巻くスカーフについてのご紹介をしてきましたが、スカーフの用途はまだまだあります。例えば、ヘアバンド、ターバン巻きといったようにヘアアレンジに用いたり、高見えするバッグアレンジにも用いたりします。

首に巻くだけでなく、時にはヘアアレンジやバッグアレンジに用いることで、お洒落上級者の仲間入りができるのではないでしょうか。

このようにスカーフはちょい足しするだけでファッションの幅がことがグッと広がるアイテムなのです。特に普段遣いのスカーフはお手頃価格で手に入るので、たくさん種類を持っていても損はないでしょう。

一枚のスカーフでここまでファッションが楽しめることは嬉しいですね。春本番間近。スカーフを用いて、春先ファッションを楽しんでみませんか。

hrsg

スカーフも様々な表情があり、色々な巻き方を楽しむことができます。

スカーフとは?

スカーフ(scarf)は、正方形の薄手の布で、マフラー・ストール・ショールに比べてかなり小さい。頭を覆ったり、首に巻く装飾用のもので、他のように防寒に用いられない。主に、女性が使用するものだが、男性の使用も増えている。日本でいうスカーフは上記のようになるが、英語では襟巻きや肩掛け、結びネクタイなど幅広い意味で使われている。

首元や手首などのアクセサリーとして、

sdt dfhdfhd

ヘアアクセサリーとしても、

wsfdh

バッグのアクセントとしても、

hersdh ehhf

おしゃれでユニークなスカーフが種類豊富にあるため、各人に合ったものが必ず見つかります♪

地味なコーデを華やかにしてくれるのがスカーフ

黒やグレー、紺色など、オフィス着として使い勝手の良い服は色が地味になりがちです。モノトーンの洋服に慣れてしまうと、コーディネートがワンパターン化しやすく、仕事のないオフの日もモノトーンの組み合わせになってしまう事はありませんか?

しかし、そんな時にいきなり色物を取り入れるのはとても勇気のいることです。

また、どんな色が自分に合うのか、そして使いやすいのか、選ぶのにも悩んでしまいます。

モノトーンのコーディネートはシンプルで真面目な印象を与えますが、パッと華やぐような印象は与えてくれません。ちょうど季節は春です。出会いの場が増えるこの時期に、モノトーンを脱出して、第一印象美人を目指しませんか?

モノトーンコーデを脱出する第一段階にオススメしたいのが、スカーフです。

①小物なのでまずは求めやすい価格であることが嬉しいです。

顔まわりを華やかに印象付けてくれるので、色々な色や柄にチャレンジすることて、自分に似合う色や柄をじっくり試すことができます。

②次に嬉しいポイントは、防寒対策できること。

春は季節の変わり目です。朝は暖かかったのに夕方はひんやりすることも多々あります。そんな時は、スカーフを一巻きしているだけで首回りが温かくなるので、健康にも良いでしょう。

③さらにスカーフは巻き方をアレンジできるのがオシャレです。

その日の気温やコーディネートの雰囲気、ヘアスタイルなどに合わせて、色々な巻き方を楽しむことによって、ファッションの幅が広がります。同じスカーフでも、巻き方を変えれば印象がぐっと変化するので、毎日のコーディネートに使っても飽きません。

④最後に、スカーフには着やせ効果もあります。

スカーフを首にかけて膝上くらいまで真っ直ぐたらせば、コーディネートに見事な縦長ラインができます。冬から春にかけて、薄着になるにつれ、体のラインが気になりますが、目の錯覚を使ってうまくカバーできたら素敵ですね。

また、首回りにくしゅくしゅっと巻き、モノトーンのコーディネートのワンポイントアクセントにすると、自然と目線が上の方に行くので、ウエストやヒップラインなどは特にカバーしなくても目がいかないので気になりにくいという効果もあります。ヒラヒラしたスカーフの女性的な印象が強調されて、とても素敵なファッションになります。

私はこの季節に必ず使うスカーフがあります。白黒にピンクや黄色、ベージュ、グレーなど色々な配色のスカーフです。たくさんの色が入っているので大抵のモノトーンコーデには合います。スカーフを巻くだけで一気に春らしい印象になるので気分も上がります。

人の第一印象はファッションや身だしなみで決まると言われています。真面目で誠実な印象も良いですが、笑顔の似合う明るい印象を目指して、ストールコーデにチャレンジしてみませんか?

色物に慣れてきて、自分の好みや似合う色がわかってきたら、トップスやパンツ、バッグや靴など様々なポイントにカラーを取り入れて、ますます魅力的なファッションを目指すこともできます。春色ストールで、身も心もフレッシュに、オシャレで暖かく、スタイルアップした自分で新年度を迎えてみてはいかがでしょうか。

秋のレディーススカーフファッション

入道雲からうろこ雲に変わる季節ですね。ファッションも夏色から秋色に興味が引かれるようになります。

2018年の秋は何を着ようかな。今年のファッションのトレンドは何だろう。ファッションにトレンドは取り入れたいけど、トータルでのコーディネートは色々な面で難しそう。そんな時に活躍してくれるのが、スカーフです。今年は形や大きさが様々なスカーフがたくさん登場しています。

ファッションに取り入れやすく今っぽい雰囲気も楽しめて、そして、お財布にやさしい。

さらに、スカーフは20代、30代、40代、50代、年齢を超えて着用できる万能アクセサリー。首や手元、バック、シューズなど色々なところに巻き付けて楽しめるのもいいですよね。

そんなお気に入りのスカーフを纏って2018年秋をスタートさせましょう!

風に秋を感じると、ファッションにも秋を取り入れたくなる女心。そんなビートに応えてくれるアイテムの1つがスカーフです。また、注目したいのはスカーフの防寒機能。「風」にも冷たさが増しますのでスカーフを首や頭に巻けば、暖かく過ごせますよ。

美容効果としては、年齢が出やすい首をオシャレにカバー出来ます。

スカーフは、大判、小さめ、細長、繊細な生地、ナイトフラワーなど、柄・形・素材・サイズが様々あり、いつものコーディネイトにプラスするだけで、今っぽさが演出できる便利アイテムです。

100センチ四方の大判スカーフは、シャツの襟に1回巻いてそのまま長く垂らしておくと今年の気分が表現できます。色はシックにダークな色のスカーフがお勧めです。

青、緑、ピンクなどネオンカラーのスカーフは、ロックなスピリットが纏えます。辛口のコーディネートのスパイスになります。

スカーフを半分に折って、頭に巻けば、英国のレディー風になります。今年の5月に結婚したヘンリー王子のおばあさんである英国のエリザベス女王も頭にスカーフを巻いて外出されます。

 

50センチ四方よりも小さいスカーフは、小さいお子様がいる方や首元でスカーフがヒラヒラするのが気になる方にお勧めです。首元のタイトな感覚が気になる方には、あまりお勧めではありません。

今年おすすめのスカーフの種類

今年の狙いめは、大判のスカーフと小さめのスカーフ、スカーフのシュシュです。

<<大判のスカーフ>>

 

<<小さめのスカーフ>>

 

<<スカーフのシュシュ>>

 

個人的にスカーフでいつも気になるのが結んだあとスカーフの端がヒラヒラすることですが、今は様々な種類のスカーフ留めをお店で見つけることができるので、大判のスカーフでもヒラヒラ問題を解決できます。また、小さめのスカーフもヒラヒラ問題フリーです。小さめのスカーフはネックレスとの重ねづけも楽しめます。

スカーフのシュシュは、髪の毛に潤いが無くなる季節に着けると、髪に潤いをプラスしてくれます。手頃な価格のものも多いので様々な色やプリントを楽しめます。

大判のスカーフは生地が多いので首に何重も巻くことが出来るので、防寒にも最適です。

「女心と秋の空」そんな移ろいをしっかり受け止めてくれるファッションアイテムであるスカーフ。この変幻自在で遊び心あるファッションアクセサリーで、今年の秋を満喫してくださいね。

和柄スカーフもおすすめ!

トレンドばかりを気にしすぎて、日本独自のファッションを忘れてはいませんか?

古風な和柄を日常的に取り入れる事で、偏りがちな友達のファッションと差をつける事により、男性たちからのアプローチもきっと変わること間違い無し!

今回は季節を通して身につけられる和柄ファッションをご紹介します。

和柄とは着物などでよく目にする日本独自の柄です。今世界でも注目を集めている和柄ですが、日本で和柄ファッションをとりいれる時期といえば、浴衣を着る機会の多い夏と限定されがちです。

そんな和柄、実はアイテム次第で毎日のコーディネートにも重宝し、周りの友達とも差をつけられるオシャレ度満点な必須アイテムに変身させることができます。

人気の模様

鱗(うろこ)模様は悪霊を避けるという意味が込められていることはご存知ですか?

麻の葉(あさのは)模様は、成長を意味しています↓

このように、和柄はもともと意味がこめられているものが数多くあり、昔から愛用されてきました。色もシンプルなものから、何色もあるゴージャスなものまで幅広い種類があります。

一番簡単で効果が出やすいのは首に巻くスカーフ、又はそれを髪にまくパターンです。スカーフをチョイスするときは、トップスの色を、和柄と同じトーンの色に合わせる事が最大のポイントです。

同じ色でも、トップスに柄が入っている物を着用すると柄同士が喧嘩して、せっかくの和柄を引き立たせることができなくなって、コーティネートとして台無しになってしまいます。

※気をつけなければいけない点は和柄を合わせすぎることです!

浴衣を例にとって考えてみましょう。浴衣の柄がどんなに派手でも、帯に浴衣と同じ様な柄や、浴衣に対抗するような柄が入る事はほとんど無いはずです。浴衣と帯の色のバランスもきちんと考えられてコーティネーとされていますよね。このように、一つ柄を持ってくればその周りのアイテムを一歩抑えた色にすることが和柄を引き立たせるポイントになります。

私は和柄のスカーフをいつも持ち歩くくバックにつけています。コーディネートによって和柄のスカーフを変え、着ている洋服にあった色に合うように心がけています。
意味合いも確認することによって、身につけている時に自然とパワーを貰えます。

周りに和柄アイテムを身につけている人が少ないときは、ユニークなファッションで差をつけられるチャンスです。和柄なので、派手過ぎないさりげないアクセントとして活躍する他、柄によっては女性らしい清楚感をを保つ事ができます。

和柄アイテムに気づいた男性からは、「古風な感じで可愛い。」「日本人らしくて素敵。」など、特に外国から来た方にはとても良い印象を与える事が出来るようです。

さりげないところに和柄アイテムを取り入れ、オシャレ度をアップさせることができる他にも、自分が気に入った和柄の意味を調べて理解し、その和柄アイテムを身につける事で、毎日のファッションを深く楽しむ事ができるのではないでしょうか。

毎日のファッションの幅を広げる為にも、和柄を取り入れ、日本の心をアピールするのもワンパターン化しているコーディネートにスパイスを加えるという意味で、是非トライしてみてくださいね。

楽天で人気のレディーススカーフを見てみる

【12月冬女性の服装】大人レディースファッションコーデ2019

2019.12.01

【20代大学生の女性の服装】冬のレディースファッションコーデ2019

2019.09.05

【30代アラサー女性の冬デート服】服装は?レディースコーデ2019

2019.09.04

【30代アラサー女性必見】冬トレンドレディースファッションコーデ2019

2019.09.04

20代、30代女性の流行り!人気の髪型「大人ショートボブ」2019

2018.12.26

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
・美容家による今年一番のおすすめスキンケアです。
SK-Ⅱや資生堂ホワイトルーセントを使っている女性たちも絶賛!今年一番おすすめしたいオルビスユーのスキンケアの特徴・比較・口コミ←クリック
・ファッショニスタによる今月一番おすすめしたい服装です。
【今月の女性の服装】大人レディースファッションコーデ2019←クリック